韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析W


■韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析W

現在表示しているスレッドのdatの大きさは512KBです。

1 名前: 恵也 :2010/09/04(土) 07:58:31 ID:IS1wO1P3

小型の北潜水艦の魚雷の爆風で、哨戒艦が真っ二つになるものだろうか。
密閉状態での爆発ならともかく、ここは解放状態での爆発でそんな破壊力はない。

むしろハワイでの練習艦「えひめ丸」と原潜との衝突沈没事故を思い出す。
「えひめ丸」も「天安」も半数くらいの乗組員が死亡してる。
最新鋭の設備を備えていて、なんで衝突事故を起こしたのか調べてみた。

潜水艦はソナーで前は見えるが、後ろはスクリューの起こす雑音で見えない。
そのため海中での戦闘行為を想定した演習では、方向転換をたくさんすることで
全方位の艦船の位置を把握する。

[えひめ丸」事件でのソナー解析官は、1,8kmの位置に船を計算したが艦長の
潜望鏡観測で見えなかったからと、独断で8.0kmに地図を改ざんしてます。
方向転換するため、計算が複雑になり計算間違いも多発してたのではないかと思う。

見学者が司令室に16人も入り、見学者に遠慮して声が出せなかったせいもあるが、
艦内におけるソナー解析官と艦長の「権威」に雲泥の差があるためにやった行為。

この行為によって艦長は、急速潜行と急速浮上を命じたために衝突したもの。
潜望鏡は1.5mくらい海面から上げてますが、じっくり見てれば1.8km範囲
に船があれば見えたはずだが、ソナー解析官との二重チェックを過信した為のミス。

哨戒艦「天安」でも同じような経緯で衝突し、原潜までが当たり所が悪く沈没
運転不能になり、韓国潜水捜索部隊が救出に向かい、そのためにハン准尉が
死亡したものと思います。

「天安」は原潜を相手に戦闘演習を行っていたが、いくらなんでもぶつかって来るとは
思わずにいたため、待避が出来なかったんだろう。
だからこの沈没した原潜を見れば、強度的に弱い司令塔付近が損傷してるはずだ。

ーーーー引用開始ーーーー
慰霊祭には米国のスティーブンス駐韓国大使や在韓米軍のシャープ司令官も
列席し、ハン准尉の栄誉をたたえ、ハン准尉の遺族に見舞金を出した。

米高官の参列や見舞金は、韓国軍の中に「米軍の事情で天安艦の捜索が遅れ、
米軍の無理な秘密捜索作戦のせいで殉職者が出た」という反米感情が湧くのを
おさえるためだったのだろう。
http://tanakanews.com/100507korea.htm

2 名前: 恵也 :2010/09/04(土) 07:59:45 ID:IS1wO1P3

>>536 メルプの町では全員の首を切らせて、それぞれ男、女、子供の生首の山

こんな話は何かの本に書いてあったというだけだよ。
南京虐殺みたいに、裁判の上で認定されたというものじゃないだろう。
噂はどれだけでも大きくなる性質がある。

イランを長い間、モンゴル王が支配したのを考えると全く信じられん話だ。
モンゴル人は少数民族なんだから、恨みを買っては支配は不可能。

>>543 漢字が「共通語」なわけないじゃん

十分可能性はある。
ホラズム国民とモンゴルのジンギスカンの会話だ。
文化的にはジンギスカンは位置から考えても中国の影響を強く受けてる。

メソポタミア文化をよく知ってるわけではないが、紙の発明など言語的
には中国文明のほうがこの当時は上だと思ってる。

ローマ法王やフランス国王が北京まで、使節を送るほどなんだしね。
現在の世界で例えたら、モンゴルがアメリカ並みの軍事力・文化力を持
ってるわけなんだから中国語・漢字が共通語だったはず。

モンゴルでは駅伝制が発達し、馬などをそこで交換できたという。
狼煙や鏡による信号で、情報の伝達も瞬時に出来たのだろう。
そう考えないと、モンゴル王の死亡などが遠征軍に瞬時に伝わる訳がない

3 名前: 恵也 :2010/09/04(土) 09:30:53 ID:TZyfyktc

>>539 3万人程の人数で、当時の主力武器である弓の矢がすぐに尽きる程度の準備

いろんな数字があるんだね。
俺は第一陣の元寇は4万人だったと思ってたけど…
鎌倉時代の日本の人口を600万人としても、異常な大軍だよ。

それに弓矢というのは、武器として補給が行われるものじゃないのかな。
日本軍が南京虐殺した時にも、食料を補給できなくても武器弾薬の補給
だけは何とか無理して行っていたという。

――――引用開始――――
「こんな無茶な作戦計画があるものか、こんな計画では到底経理部長とし
ては補給担当の責任は持てないから、離任して内地へ帰えらして貰う」
といきりたった程で、参謀長田辺盛武少将の口添えでその場はおさまった
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/kenpei.html

4 名前: 恵也 :2010/09/04(土) 09:32:51 ID:YlSCAdf+

>>549 タリバンにはパキスタンやイランから銃や銃弾が流れてきてる

これは密輸でしょう。
パキスタン政府もイラン政府もアメリカの手前、援助は出来ん。
国民の一部が内緒で行ってる行為を、摘発するのは簡単には出来ません。

あなたの主張は「銃弾を生産できない国が勝てない」という意味で
書いてるのじゃないの?それならアフガンは全く対極の話だろう。
中国政府もロシア政府も。イスラム過激派には弾圧を加えてる立場だ。

>> 「南京市民が激減するなんて有り得ない」と書けるんだ?
俺はそんな事を書いた覚えはない。
南京市民は戦争前には100万人いたけど、首都移転と戦争の混乱で
60万人くらいに激減したと見てる。

この数字にはいろんな意見があるが、逃げ込んでくる人や逃げ出して
る人でグチャグチャになってる時には、人口調査なんて役人に出来る
筈がない。俺の60万人が虐殺者数を見ても正しいだろう。

>> 日本は中国戦線では連戦連勝だよ
日本軍が支配できたのは、都市と道路だけで田舎は中国軍の支配。
形だけの連戦連勝にゴマカサレないように!

5 名前: 恵也 :2010/09/04(土) 09:34:47 ID:cx/5ryNQ

>>554 「スイス人のほとんど全員はバイリンガル」と何の関係も無いだろ

関係あるだろ。
バイリンガルとは故郷の言葉以外に、もう1カ国語を故郷の言葉並み
に話せる人間のことだ。

スイスではそういった人がほとんどという意味だから、ドイツ語圏がスイス
国内で大きければ、ドイツ語が喋れる人がスイスでは多数派ということ。

>> 「フランス語さえ話せりゃ充分」のはずじゃないのかよ?
旅行する程度ならそれで十分だろう。
あなただって旅行する程度なら、英語も何とか通じるのじゃないかね。

>>中世史、モンゴル史の 専 門 家 じ ゃ な い んだけど
彼らは専門家の範囲じゃないかね。
現在の医者もだけど、変な細分化で役に立たない医者が多い。
あなたみたいな専門家だと、役に立たない歴史学者という「専門家」
になりそうだ。

彼らは大学で歴史学を教えてる立場で、論文を出したり特に力を入れ
てるのが「日本政治思想史」とかいうのじゃないの。

南京虐殺では否定派の方に多いのは、歴史学どころか全く別系統の
大学教授がいる。
東中野修道教授なんて、東ドイツ社会主義の研究や吉田松陰の研究が専門
こんな連中と混同しないように!

6 名前: 恵也 :2010/09/04(土) 10:52:03 ID:igaaC35x

>>543 フランス語圏の兵隊はフランス語圏でしか戦わないのか?

日本の軍隊もむかしは徴兵制で、地元の人間が集められて師団を作ってた。
スイスは徴兵制だから、師団単位で同じような地方の人間で作ってるだろう
その方が競争心も沸くし、師団に対する誇りも出てくる。

――――引用開始――――
それではわが郷土の第六師団はこの南京事件にどんな役割を果たしたの
だろうか。

中国側軍事裁判の資料によれば虐殺された者は四十三万人、うち第六師団
によると推定される者二十三万人。第十六師団十四万人、その他六万人と
いう数字をあげている。
http://www.geocities.jp/yu77799/kyoudobutai.html

7 名前: no name :2010/09/04(土) 10:56:28 ID:KJcNhNLF

なにスレ建ててんだよ?
もう有るだろうが!

8 名前: no name :2010/09/04(土) 11:00:38 ID:FXpWs/S3

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283535925/l50
スレッドが有るんだからコッチでやれよ!
同じタイトルのスレッドを建てる必要がどこにあるんだ?
>>1すら証明できずに論破されたくせによ

9 名前: 恵也 :2010/09/04(土) 13:12:58 ID:/NPkt9zG

>>505 4億円はどこから来たのか?

小沢一郎個人のお金を後援会に貸したというわけだ。
直接貸したら個人と後援会の資金がグチャグチャになってしまうので
間に銀行を入れて、資金の峻別をしたわけだ。

政治家を引退しても、後援会のお金は次の後継者の政治家に引き継ぐが
個人のお金は家族が継ぐ。
田中角栄の東京地検捜索をみて、個人のお金と後援会のお金を峻別する
ようになったんだろうが、これを逆に東京地検に悪用されたわけだ。

企業献金を受けてる政治家の中では、小沢一郎は最高にクリーンだよ。
田中角栄弾圧を見て、田中角栄を反面教師として学んだんだろう。

この4億円を小沢個人→銀行定期→小沢個人→後援会→土地の持ち主
と渡ったらそれだけで16億円が使途不明と騒いでるのがアンタ方だ。
朝日新聞の星浩と同じ、子供のイチャモンというべき!

――――引用開始――――
農地法5条による農地の転用許可の関係で、2004年10月の売買
契約にかかる不動産登記が2005年1月にずれ込んだ。売買を行う
際に銀行融資が間に合わず、一時的に小沢氏が資金を立て替えた。

建て替えは報告書に記載しないでよいこととされていたために記載し
なかった。これが「虚偽記載」だとされた。
 
この資金の出入りを、すべて別々に足し合わせると18億円の数字に
なるが、この問題を18億円とする人は、この世には一人もいない。
何も知らない市民が18億円と聞けば、18億円の問題だと考える。
その効果を狙って18億と発言したことは明らかだ。
 
 星浩氏の記者生命は、社会的にはこの発言一つでジ・エンドだ。
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/787.html

10 名前: 恵也 :2010/09/04(土) 13:19:48 ID:2ILyuH/7

>>8 証明できずに論破されたくせによ

見解の相違。俺は論破してるつもりだが…
お囃子はお囃子の身分で、我慢しておきなさい!
アンタには、俺を指導出来るだけの知恵がない。
知識が不足してるんかな・・・・

11 名前: no name :2010/09/04(土) 13:39:43 ID:OEYAryR/

>>10
よく言うよw
天安が魚雷でも沈むと教えられても理解できないキチガイのくせに

ま、アメリカ軍が激突した証拠なんてお前は何一つ出してないから論破されたのはお前だよ

キチガイだけが論破したと勝手に考えてるだけだ
2ちゃんねるでも論破されて逃げ出したキチガイ恵也さんw

12 名前: no name :2010/09/04(土) 16:47:58 ID:ty1YqfCL

>俺は論破してるつもりだが…

スゲー
ジンギスカンが虐殺狂だった事も知らなかったくせに
「蒙古襲来絵詞」にモンゴル軍の騎兵が書いてあるのに「書いてない」と主張したり
ありとあらゆる文献より「自分の妄想」の方が上と思ってたり
貸した金は絶対に返ってこないとか勝手な条件を付加したり
日本の借金を語るのに純債務と粗債務の違いもわからないし
魚雷で沈む証拠動画を載せても「魚雷で哨戒艇は沈まない」と言い張ったり
「証拠出せ」って言われてるのに何一つ証拠出せないキチガイが

論 破 し て い る

鼻で笑っちゃうよ

お前の妄想なんか支持する奴はお前のこと知らない奴か、同じくキチガイだけだから
自作自演大好きなキチガイの自演の可能性もあるけど

13 名前: 恵也 :2010/09/04(土) 18:32:58 ID:lwiPzeKF

>>12 「蒙古襲来絵詞」にモンゴル軍の騎兵が書いてあるのに「書いてない」と主張したり

これは「ほとんど書いてない」と書くべきだった。
実際に見てもモンゴル軍騎兵は歩兵より圧倒的に少なく、むしろ日本軍の
騎兵の方が多いい。本物のモンゴル兵なら1人で5頭くらいの馬を持って
進撃するものなのに「蒙古襲来絵詞」では船に隠れ歩兵がはるかに多い。

だから俺は、このモンゴル兵はモンゴル武装をした朝鮮や中国の敗残兵と
見てるわけなんだよ。司令官クラスは本物のモンゴル人と思うが…

――――引用開始――――
画面中央は馬を射られて苦戦する季長と、弓・槍で季長を襲う3人の蒙古兵
http://record.museum.kyushu-u.ac.jp/mouko/index.html

>> 魚雷で沈む証拠動画を載せても「魚雷で哨戒艇は沈まない」
バカかお前は!
魚雷が直撃したら哨戒艦だって沈むが、離れた距離で爆発しバブルジェットで
哨戒艦が沈むはずがないと言ってるの。意味が違うだろ!

14 名前: 恵也 :2010/09/04(土) 18:43:54 ID:EaNoc9ki

ーーーー引用開始ーーーー
福島第一原発には、常に、もう失うものを何も持たない者達のため
の仕事がある。松下さんが、東京公園で、住居としていた4つの
ダンボールの間で眠っていた時、二人の男が彼に近づき、その仕事
の話を持ちかけた。

特別な能力は何も必要なく、前回の工場労働者の仕事の倍額が支払
われ、48時間で戻って来られる。
http://www.asyura2.com/09/genpatu6/msg/626.html

15 名前: no name :2010/09/04(土) 19:06:13 ID:ty1YqfCL




ところでエナリはこれ見たのか?
経済を語るならこれの感想を教えてくれ

>>13
>実際に見てもモンゴル軍騎兵は歩兵より圧倒的に少なく、むしろ日本軍の騎兵の方が多い

根本的にツッコムなら、「蒙古襲来絵詞」って竹崎の自慢話だから
竹崎の武勇伝なんだからそれほど信用性は無い
http://www.h3.dion.ne.jp/~oneone-p/ii/tetsuhau.html
それにリアルタイムで書いてるわけでもないしな
竹崎の自慢話を実際に見ていない絵師がまとめたものだし(ウィキより)

>本物のモンゴル兵なら1人で5頭くらいの馬を持って進撃するものなのに「蒙古襲来絵詞」では船に隠れ歩兵がはるかに多い。

だから、125000頭の馬をどうやって輸送するんだ?どうやって面倒見るんだ?
モンゴル軍だけ馬を持ってると仮定しても、125000頭必要なわけだが?
高麗兵や船乗りの分の馬を含むなら40000×5で200000の馬が必要になる
20万頭分の排泄物処理や水や食料はどうすんだっての

そ ん な に 輸 送 で き な か っ た と考えるのが自然だろ

>画面中央は馬を射られて苦戦する季長と、弓・槍で季長を襲う3人の蒙古兵

この絵は有名な絵だけどお前「てつはう」の存在を知らないの?
「てつはう」ってどういう武器だったか解る?
今で言えば「非致死性手榴弾」みたいなもので、殺傷力はあまりないんだよ
あれは「殺傷」が目的ではなく「威嚇」が目的なの

だからモンゴル軍がてつはうの前で馬に乗るはずもない
馬って「音」に敏感な生き物なんだよ
どんなに訓練された馬だって「何かの音に驚いて暴れ馬になってしまった」なんて話はよくある
なんで大音響を発する威嚇装置の前でモンゴル軍が馬に乗る必要がある?
常識的に考えればてつはう部隊は敵の馬をびびらせて、ひるんだ隙に弓矢を浴びせる方がベストだろ

16 名前: no name :2010/09/04(土) 19:26:49 ID:ty1YqfCL

これは長篠の戦いの時の話だが・・・

http://naturalreload.blog77.fc2.com/blog-entry-102.html
>井沢元彦氏の連載では、馬は音に敏感なので銃声を響かせただけで暴れ馬となってしまっただろうと言います。

http://homepage3.nifty.com/k-haruaki/ka-nagasino.htm
>火縄銃の大きな音で武田軍の指揮者が乗っている多くの馬が混乱したことは想像出来ます。

(3000丁であれ1500丁であれ)「音に敏感な馬が混乱した」と書いてある
日本の侍や馬にとって、「てつはう」は初めて見る音響兵器だ
人間はすぐに慣れても、馬は簡単には慣れないだろう
何せ「てつはう」対策の訓練すら出来ないんだから

敵の鎌倉武士側の馬が「てつはう」によってひるむのが解ってるのに、わざわざモンゴル側が馬に乗る必要がどこにある?
敵がひるんでる隙に弓矢乱射の方が危険も少ないしよっぽど安全だろ
モンゴルの馬はさんざん「てつはう」の音を聞いて慣れていたとしても、
やっぱり「暴れ馬」に変貌する可能性も無いわけじゃないからな

まぁ、単なる竹崎季長の「自慢話」でしかない絵(しかも後世の勝手なつけくわえもあるという)はあまり根拠にならないし
モンゴル軍が馬に乗ってる絵もいくらでもある
お前の引用したサイトにも書いてあるだろ
http://record.museum.kyushu-u.ac.jp/mouko/index.html
>画面左は負傷して退却する蒙古兵と、麁原 [そはら] に陣取る蒙古軍の本隊

>だから俺は、このモンゴル兵はモンゴル武装をした朝鮮や中国の敗残兵と見てるわけなんだよ。
>司令官クラスは本物のモンゴル人と思うが

文永の役に中国兵は存在しない
お前の妄想

でも確かに高麗はかなり蒙古かぶれになっていたから高麗の可能性はある
でもそれを主張するからには証明せねばならない・・・だろう?
理由は言わなくても解るよな?

馬に乗ってるモンゴル軍の姿も上記のようにお前の引用したサイトにも書いてあるんだから

でも繰り返しになるが、
「蒙古襲来絵詞」は竹崎の自慢話であり、
絵師は直接見た人ではなく、
しかも「後世の書きこみ」も存在する・・・
これにはあまり信憑性は無い
文永の役は実際には鎌倉武士は大敗したのに、竹崎は「大勝した」みたいに書いてるしな

17 名前: no name :2010/09/04(土) 21:22:11 ID:qyQkUYxx

>>バカかお前は!
>>魚雷が直撃したら哨戒艦だって沈むが、離れた距離で爆発しバブルジェットで
>>哨戒艦が沈むはずがないと言ってるの。意味が違うだろ!
おや?
バブルジェットで沈む証拠動画なら何度も貼られたが、
魚雷が直撃した証拠動画なんて「韓国哨戒艦〜解析」スレで一回でも貼られた事があったか?
「韓国哨戒艦〜解析」のスレに貼られたという、魚雷直撃の証拠動画を出してくれ。
出せないなら、「バカかお前は!」は謝らん限り自分に跳ね返ってくえうぞ。

18 名前: no name :2010/09/04(土) 23:54:24 ID:ty1YqfCL




こういうのもあるんだぜ・・・
クソフイタw

19 名前: no name :2010/09/05(日) 00:47:37 ID:zaHC/Pxh

お前らみんなキモいよ。

キチガイとか言ってるくせにここまでこのスレを続けちゃって、お前らもキチガイだよ。自重しろや。

20 名前: no name :2010/09/05(日) 03:10:29 ID:F47Bs+Oh

ニコ動における「恵也」の足跡
外国人参政権についてPart2
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1268155974/
外国人参政権についてpart2
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1268139842/
外国人参政権についてpart3
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1273759053/

韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/
韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1277890140/
韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析2
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/
韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析3
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/
韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析W
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/

番外
韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析4
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283535925/
こちらは恵也の大ファンが出現し、恵也の過去の犯罪を棚に上げ、
また恵也自身が発した罵詈雑言・誹謗中傷を無かった事にして、
間違った知識・常識を持った恵也に正しい知識・常識を学ばせようと
四苦八苦してきたボランティアの方々に対して、恩を仇で返す事を勧めています

21 名前: 恵也 :2010/09/05(日) 07:32:01 ID:mCdDmZmK

>>15 竹崎の武勇伝なんだからそれほど信用性は無い

肝心の信用性の中身が書いてない。
普通竹崎氏のエバリたい物だけは眉に唾をつけて慎重に考え客観性が
必要ではあるが、それ以外に関しては経験者として信用性はある。

しかし竹崎氏の立てた手柄は、交渉の上責任者に認められて馬をご褒美
に貰えたというだけだ。
自分の馬を射られ、命からがら仲間に助けられという話からするととて
もじゃないが間尺に合わないもの。鎌倉幕府のケチさがわかる。

蒙古の船に乗り込んで戦ったという話は、たぶん難破船で戦える状態の
軍隊じゃなく一方的な殺戮行為だったのだろう。

しかし蒙古の騎馬と歩兵の割合、戦闘服、武器などは竹崎氏のエバリたい
という欲望とは全く関係のないことだから、信用性はあるんだよ。

>> 輸 送 で き な か っ た と考えるのが自然だろ
輸送する必要がなかったとみるべき。
騎馬兵というのは、誰でも簡単に出来るものじゃなく、子供の頃から慣れ
親しんでる蒙古人と、全く馬に乗らない農耕民である朝鮮人じゃ天と地の差

輸送というのは、最強の戦闘方法を考え兵員・武器・食料を準備し送るもの。
もともと馬に乗れもせず、落ちて怪我するような歩兵に馬は有害無益。

>> 大音響を発する威嚇装置の前でモンゴル軍が馬に乗る必要がある?
これは日本軍に対して蒙古が初めて使ったんだろ。
新兵器で対応法がわからず、驚いたというだけの代物。
手榴弾というより、めったに当たらない命中率の極端に悪い鉄砲の原型だろ。

22 名前: 恵也 :2010/09/05(日) 07:34:27 ID:vx4Zmk5z

>>16 人間はすぐに慣れても、馬は簡単には慣れないだろう

慣れるだろ。
フランス革命でも騎馬隊は大活躍してたし、第二次大戦でも日本軍は
馬を兵器として使ってます。

>> 文永の役は実際には鎌倉武士は大敗したのに
日本が勝ったからこそ蒙古は退却したんだよ。
鎌倉武士が大敗してれば、九州に蒙古軍の橋頭堡を作り、傀儡政府を
つくり日本人の傀儡軍を作って、朝鮮から軍事物資がどんどん流れてくる。
橋頭堡を作るのに、大きな犠牲が出るの。

>>17 「韓国哨戒艦〜解析」のスレに貼られたという、魚雷直撃の証拠動画を出してくれ。

意味不明!

23 名前: no name :2010/09/05(日) 08:43:13 ID:CVfh4o3e

>>21
>肝心の信用性の中身が書いてない。

そんなのお前のいつもの姿だろ
なんで他人には「中身」を要求するんだ?勝手に妄想だけで憶測して「デマ」「信用性がない」とか断言するのはどこの誰?

>普通竹崎氏のエバリたい物だけは眉に唾をつけて慎重に考え客観性が必要ではあるが、それ以外に関しては経験者として信用性はある。

だ か ら 書いた画家は「経験者」じゃないんだっての!

>しかし竹崎氏の立てた手柄は、交渉の上責任者に認められて馬をご褒美に貰えたというだけだ。

単に「売り込み方がうまかった」というだけであり、「信用性があった」とは別問題、キチガイが

>鎌倉幕府のケチさがわかる。

バ カ 言 う な キ チ ガ イ
対外戦争ならともかく、この戦いは鎌倉幕府が一方的に侵略されただけの戦いだ
つまり恩賞に与えられる土地など一寸たりとも鎌倉幕府は手に入れていない
「ケチだった」とか頭がおかしいのか?

>蒙古の船に乗り込んで戦ったという話は、たぶん難破船で戦える状態の軍隊じゃなく一方的な殺戮行為だったのだろう。

その証拠を出せよ、オイ!
なんでモンゴル軍の攻撃は無罪放免なのに、日本側の攻撃は旧日本軍であれ鎌倉幕府軍であれ悪い方に悪い方に捉えるんだ?
お前、本当に日本【だけ】を極悪非道にでっちあげるよな?ふざけんじゃないよ!

>しかし蒙古の騎馬と歩兵の割合、戦闘服、武器などは竹崎氏のエバリたい
>という欲望とは全く関係のないことだから、信用性はあるんだよ。

http://record.museum.kyushu-u.ac.jp/mouko/index.html
お前が引用したサイトにも「この蒙古兵を後世の追筆とする説もある」と書いてあるわけだがw
http://www.h3.dion.ne.jp/~oneone-p/ii/tetsuhau.html
このサイトはもっと詳しく「信用性」を考察している
後世の勝手な書きこみがある以上、信用性などほとんど有り得ないね

24 名前: no name :2010/09/05(日) 09:02:40 ID:XhMll9hW

キチガイは今日も元気ですね

25 名前: no name :2010/09/05(日) 09:05:56 ID:Ky444gFQ

ろくに知識も無いくせに威張って知ったかぶりするんだからな

26 名前: no name :2010/09/05(日) 09:06:02 ID:CVfh4o3e

>>21
>騎馬兵というのは、誰でも簡単に出来るものじゃなく、子供の頃から慣れ親しんでる蒙古人と、全く馬に乗らない農耕民である朝鮮人じゃ天と地の差
>輸送というのは、最強の戦闘方法を考え兵員・武器・食料を準備し送るもの。
>もともと馬に乗れもせず、落ちて怪我するような歩兵に馬は有害無益。

その話ならモンゴル兵25000人だけでも125000頭の馬が必要だろうが
計算ができないほど頭がおかしいのか?
「モンゴル人一人につき馬五頭」とは、お前が出した話だぞ
さあ、さっさと125000頭の馬の餌・水・排泄などを証明しろよ

>これは日本軍に対して蒙古が初めて使ったんだろ。
>新兵器で対応法がわからず、驚いたというだけの代物。
>手榴弾というより、めったに当たらない命中率の極端に悪い鉄砲の原型だろ。

ハイハイ、また勝手な妄想か
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E7%A0%B2

>鉄砲(てつはう)が銃を意味する言葉になったのは、銃が伝来してからだと言われています。
>「てつはう」は、元寇のときは「火薬を使用した音の出る武器」という意味でしたが、
>銃が伝来すると、それがこの「てつはう」と同じように火薬を使用した音の出る武器だったので、
>「鉄砲」の字が当てられ、そう呼ばれるようになったといいます。

てつはうが「鉄砲の原型」なんて有り得ない
第一お前が「信用性がある」としてる絵にも手榴弾のよう爆発している「てつはう」が書いてあるだろうが
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/11/43/a6m5zeke1941/folder/1133050/img_1133050_29428697_7?1235043211

これのどこが「鉄砲の原型」だ?
お前は「音が同じ」という一点だけで、歴史も時間も全て無視して「てつはう=鉄砲」扱いするのか

27 名前: 恵也 :2010/09/05(日) 09:12:55 ID:zu7WaIMw

>>20 間違った知識・常識を持った恵也に正しい知識・常識を学ばせようと

あなたの知識・常識が間違っていないことを証明してから書きなさい。
常識というのはマスコミに影響を受け、正義の味方として信じてしまう。

田中角栄が東京地検特捜部に逮捕され、検察リーク情報で世論誘導され
最高裁まで戦ったけど政治力を失って死なれた。
常識からきた極悪人田中角栄、逮捕の本質が洗い出される時期かも知れん。

――――引用開始――――
マスコミや検察の「正義」が絶対的なものではないということは、成熟し
た民主主義の下では当たり前のことだろう。ところが、「有罪率が100
%近い」という近代国家ではあり得ない事態の下、日本人は、長らく、
マスコミと検察は絶対正義であるという「幻想」の魔法の下にあった。

・・魔法がとけて見ると、田中角栄さんのことが気になり始めた。
あの一連の出来事は、一体何だったのだろう? あの一切の異論、反論を
許さないような報道の嵐の中で、本当に「正義」はなされたのか? 
田中角栄さんは、マスコミが描こうとしたような、極悪人だったのか?
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/839.html

28 名前: no name :2010/09/05(日) 09:20:20 ID:8xgvvT3O

恵也って人、妄想ばっかり
2ちゃんねるでもYahoo!掲示板でも世論調査.NETでもみんなにキチガイ扱いされてる不憫な子なんだね

29 名前: no name :2010/09/05(日) 09:20:25 ID:CVfh4o3e

>>22
>慣れるだろ。

どうやって?
日本にはてつはうの製造技術が無いのに
つまり日本側がてつはう対策の訓練すら出来ないのに

>フランス革命でも騎馬隊は大活躍してたし、第二次大戦でも日本軍は
馬を兵器として使ってます。

鎌 倉 時 代 の 日 本 の 話 を し ろ
キチガイはなんで時代も空間も無視するんだよ?
あくまで「鎌倉時代の日本」の話をしてんのに、なんで勝手に違う時代の話にすりかえるかな?
ナポレオンの時代や旧日本軍なんて、その時代は大音響を発する鉄砲や大砲が山ほどある時代だろ!
「てつはうを初めて見た鎌倉武士や馬」と比較にならないんだよ!

>日本が勝ったからこそ蒙古は退却したんだよ。

「矢が尽きたから」と元史には書いてあるんだが?
元々威力偵察なら長居は無用だし

>鎌倉武士が大敗してれば、九州に蒙古軍の橋頭堡を作り、傀儡政府を
つくり日本人の傀儡軍を作って、朝鮮から軍事物資がどんどん流れてくる。
>橋頭堡を作るのに、大きな犠牲が出るの。

それ以前に「補給路」はどうすんだよ?
お前旧日本軍を批判してながら、言ってること牟田口レベルじゃねえかw
対馬海峡と玄界灘を越えてモンゴルは補給線を構築しなくてはならない
にも関わらず、特に玄界灘は今でも難所の中の難所で頻繁に高麗とピストン輸送出来る土地柄ではない
これは秀吉の朝鮮出兵の時もそうだったのだから、モンゴルだって同じだと容易に想像できる

モンゴル軍は「橋頭堡」以前に補給が大変だから退いたんだよ
それにこれだけ大勝すれば、鎌倉幕府が恐れおののいて膝を屈すると思ったからな

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87
>1275年(日本の建治元年・元の至元12年)、クビライは再び礼部侍郎杜世忠を正使とする使者を日本に送る。

だからモンゴルは再び日本に使者を送ってんだろうが
モンゴルが大勝利したどころか大敗したのに、なんでモンゴルが使者を送る?
キチガイの理屈は意味不明

30 名前: no name :2010/09/05(日) 09:39:33 ID:8xgvvT3O

>>27
妄想はいい加減にしろや

31 名前: no name :2010/09/05(日) 09:40:25 ID:CVfh4o3e

>>27
>あなたの知識・常識が間違っていないことを証明してから書きなさい。

まあ、どこの掲示板サイト行っても「キチガイ」扱いのお前には常識は無いよな

>常識というのはマスコミに影響を受け、正義の味方として信じてしまう。

学校教育とか、職場生活なんかで教わるものも数多くあるんだけどね
お前はろくに学校も行かなかったし、仕事はすぐ辞めたからな・・・

>田中角栄が東京地検特捜部に逮捕され、検察リーク情報で世論誘導され最高裁まで戦ったけど政治力を失って死なれた。

「政治力を失って」は誰のせいだか解ってる?
お 前 の 大 好 き な 小 沢 一 郎 の せ い な ん だ よ
田中はロッキードで失脚した後も「闇将軍」として権力を振るっていた
しかし田中が可愛がった竹下登が田中を裏切って「経世会」を設立した
この火付け役が竹下派七奉行の筆頭「小沢一郎」なんだよ

http://www.news.janjan.jp/column/0904/0904010679/1.php
>なるほど、小沢は田中・金丸に引き立てられ、後継者として大事に育てられた。
>しかし、小沢は政権の座に就きたいために恩人の2人を後に裏切っている。
>小沢にとって、田中を「師」とする認識はなく、政界の人物すべてが「利用する」対象でしかないのではないか。

>しかし小沢は角栄を裏切った。
>1985年1月末、事実上の竹下(登)派結集であった創政会結成の動きが表面化した。
>角栄は阻止しようとしたが果たせず、「勉強会」として認めた。
>2月7日初会合を開いたのだが、この田中派内政局で、小沢は「竹下派結集」の急先鋒だったとされる。
>角栄は子飼いの議員たちに裏切られた悔しさのあまり、昼間から酒に浸る日々を送り、20日後の27日、脳こうそくで倒れ、入院した。
>その日以降、政局は「田中不在」となった。

>常識からきた極悪人田中角栄、逮捕の本質が洗い出される時期かも知れん

一番最初に「田中角栄悪者論」を主張したのはお前の好きな立花隆だったはずだが?

32 名前: no name :2010/09/05(日) 10:02:58 ID:tkF+aftU

>>あなたの知識・常識が間違っていないことを証明してから書きなさい。
せめて自分でスレ立てした>>1ぐらいは間違っていない事を証明してから書いて下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=hKiT6NnO_uw

33 名前: 恵也 :2010/09/05(日) 12:42:00 ID:FSrs7qi1

>>26 その話ならモンゴル兵25000人だけでも

バカだね、俺の書いてる文章の意味がわかってないようだ。
この25000人という数字が怪しいと前から書いてるはずだが…
どうやってモンゴル兵だと判ったのかが怪しいの。

蒙古来襲絵詞には「兵員28000人」という表現だが、この表現の方が
信頼できる。戦った竹崎氏が戦闘後20年ほどして書いた言葉であり
日本軍当事者の話として、日本軍関係者の見解が判る。

あなたの言うモンゴル兵25000人、高麗兵8000人の話が怪しいの。
だいたいモンゴル人と朝鮮人を分けて誰が数えたのかさえ判らん話だ。

>> 手榴弾のよう爆発している「てつはう」
そんなのは俺のパソコンには見えん。見えもしないものは信用できん。
だいたいその絵は、鉄砲の弾が着弾した砂埃じゃないの。

本当に役に立つ手榴弾みたいな兵器だったら、兵器として伝わってる筈
伝わってないということは、命中しないビックリするだけの鉄砲だったの。

34 名前: no name :2010/09/05(日) 12:59:26 ID:rDnh+Pxz

テスト

35 名前: no name :2010/09/05(日) 13:19:28 ID:CVfh4o3e

>>33
>この25000人という数字が怪しいと前から書いてるはずだが…

「ウィキにソースが書いてある」とも指摘されてるはずだが…

>蒙古来襲絵詞には「兵員28000人」という表現だが、この表現の方が
信頼できる。

船は誰が漕ぐんだ?後方支援要員は?
ホントお前牟田口並みのキチガイ司令官だなw

そもそも、モンゴル軍の兵員の数を調べるのに「元史」や「高麗史」を無視してどうするw

>モンゴル人と朝鮮人を分けて誰が数えたのかさえ判らん話だ。

元史や高麗史調べれば?

>そんなのは俺のパソコンには見えん。見えもしないものは信用できん。

お前のパソコンが低能すぎるだけだろ
俺のでは確認できるし

じゃあ、お前が引用したサイトのを見ろよ
http://record.museum.kyushu-u.ac.jp/mouko/index.html
http://record.museum.kyushu-u.ac.jp/mouko/e_04.html

この真ん中の絵が有名な奴だよな
鎌倉武士の左上を見ろよ
これがてつはうだろ?

>本当に役に立つ手榴弾みたいな兵器だったら、兵器として伝わってる筈

どうやって製造方法を知るんだ?

>伝わってないということは、命中しないビックリするだけの鉄砲だったの。

だからそう書いてんだろ
お前が「非致死性手榴弾」(>>15)である事を否定してんだろが(>>21
「てつはうは鉄砲の原型だった」など大間違いのタワゴト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E7%A0%B2

そりゃ至近距離で炸裂すれば死んだり怪我したりするだろうが、基本的には「音響」で敵を威嚇する兵器なんだよ
特に音に敏感な馬相手なら、てつはうに驚いて暴れ馬になって操作できなくなったりするだろ
そんな敵を討ち取るのにモンゴル側がなんで馬に乗る必要があるんだよ?

36 名前: no name :2010/09/05(日) 13:52:28 ID:uEPY75bM

>>33
>そんなのは俺のパソコンには見えん。見えもしないものは信用できん

本当のことを書けよ
面倒だから見てもしないだろ?
他人の挙げたソースは見ないでシカトするのがキチガイ恵也のいつもの姿だからな

だって俺の携帯から普通に見れるしw
携帯から見れるのにパソコンで見れないはずないだろwww

37 名前: 恵也 :2010/09/05(日) 15:53:59 ID:juNUW9nB

>>31 「政治力を失って」は誰のせいだか解ってる?

アメリカの意思だよ。
それによって東京地検特捜部が動き、マスコミが動かされリーク情報
という暴力で田中角栄を潰したの。
東京地検特捜部とは日本の愛国者を摘発する組織。

――――引用開始――――
岩上「それを摘発する東京地検というのは、愛国者を摘発する勢力……」

孫崎「愛国者という言葉を避けると、その時の政府に、その時の日本の権力者に
歯向かう役割で特捜部はスタートしているわけですよ。

じゃあ誰が後ろ盾にいるかというと、米軍がいたわけですよ。それが今日まで続
いているわけです」

岩上「そうなんですか、なるほど。日本国内の、国民に選ばれた正当な政治権力
に対しても特捜部は歯向かう。

その背後には、そもそも出発点からアメリカの存在があった。ということは、東
京地検が日本が対米隷属から離れて、独立独歩の道を歩もうとする政治家をねらい打ちにしてきたのは、ある意味で当たり前なんですね」
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/583.html

38 名前: 恵也 :2010/09/05(日) 15:55:54 ID:k1c/NkbZ

>>29 玄界灘は今でも難所の中の難所で頻繁に高麗とピストン輸送出来る土地柄ではない

よくそんないい加減な話をデッチアゲれるね。
海の便は天気を見ながら、日和の良い日に風向きを見て行くものであり、いつ
もいつも難所なんていう様なものじゃない。
そんな事を言ったら邪馬台国の時代から中国への使節なんて送れるものか!

台風により元寇の船がなくなって、制海権をなくし輸送網が全滅したから
諦めたもので制海権の再構築と南宋を攻撃するために7年の時間が必要だっ
たと見るべき。

>> 秀吉の朝鮮出兵の時もそうだったのだから、
この出兵は制海権を中国・朝鮮連合軍に負け失ってしまったから撤退したの。

>> 日本側がてつはう対策の訓練すら出来ないのに
銅鑼でも太鼓でも訓練なら出来るだろ。
馬に耳栓やったって良いだろうに、いろんな対策はあるよ。

火薬の入手だって、密輸でも何だってやって製造技術を手に入れれるはず。
武田の騎馬軍団など、後には馬の優秀性が発揮されてる。
「てつはう」なんて対応策さえやれば、屁みたいな役立たずだったんだよ。

>> 「矢が尽きたから」と元史には書いてあるんだが?
そんな話は信用できない。
矢が尽きそうなら、その前に軍隊として、補給するのが当たり前。
逃げ帰った軍隊の責任逃れの言い訳に過ぎない。

>> 元々威力偵察なら長居は無用だし
タカが600万人の日本に、4万人の軍隊を送って偵察だなんてアンタ
ボケてるんじゃないの?

>> なんでモンゴルが使者を送る?
最優先の戦争相手国は南宋なんだよ。
各個撃破が戦争の原則。

39 名前: no name :2010/09/05(日) 16:47:00 ID:UHMrwuEa

>>37
お前さあ、>>31をろくに読みもしないで妄想を書いてんじゃねーよ
田中はロッキード事件以降も「闇将軍」として君臨していた
その権力が失われたのは竹下登と小沢一郎のせいだろうが

小沢が竹下をそそのかして田中派から経世会を分離させたんだよ
それに大きな衝撃を受けた田中は酒に溺れるようになったと書いてあるだろうが!

ロッキード事件自体では田中はまだ政治力が残っていたんだよ
竹下か当時バリバリのアメリカ万歳主義者の小沢がやった事じゃねーか!
ふざけるのも大概にしろ!


お前は小沢が自民党員だったことも、アメリカ万歳論者だったことも知らんのか

40 名前: no name :2010/09/05(日) 17:02:54 ID:UHMrwuEa

>>38
>よくそんないい加減な話をデッチアゲれるね

「デッチアゲ」はお前の専売特許だろ、アホ


>海の便は天気を見ながら、日和の良い日に風向きを見て行くものであり、

>いつもいつも難所なんていう様なものじゃない

言うよ、世間知らずのドアホウ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%98
>灘(なだ)は、沖合の中で波が荒く、潮流が速い所を指す。
>洋とも書き表わされる。
>さんずいに難という字の如く古くから航海が困難な場所とされ、そのため沿岸には避難港が発達している。


>そんな事を言ったら邪馬台国の時代から中国への使節なんて送れるものか!

だから遣唐使とかも「ウン十年に一回」の派遣だったんだろ
日中間がそんなに便利に行き来できるなら鑑真が五回も渡海に失敗するわけがない
阿部仲麻呂が月を見て故郷を嘆くわけもない

>台風により元寇の船がなくなって、

文永に台風は来ていない
竹崎季永も記録していない

>制海権をなくし輸送網が全滅したから諦めたもので

端的に言って「矢が尽きたから」なんだけど

>制海権の再構築と南宋を攻撃するために7年の時間が必要だったと見るべき

キチガイ恵也の「見るべき」は当てにならない妄想だともう解ってるから
お前、それで今まで何万回論破されたっけ?

41 名前: 恵也 :2010/09/05(日) 17:33:37 ID:vNDjywJI

>>35 船は誰が漕ぐんだ?後方支援要員は?

元寇の船に乗った連中は、全員が兵員だよ。
漕ぎ手だろうと後方支援だろうと、船に乗って攻めて来たのは兵員。
だから蒙古襲来絵詞の28000人の軍勢で攻めてきたというべき。

変に詳しいというのは逆に怪しいんだよ。ソースが判らん。
攻めて来た元寇の兵員がいろいろ書いてはあるが、どれが本物なのか
断定なんて出来そうもない。

――――引用開始――――
兵は、蒙古人・女真(じょしん)人・中国人合わせて約2万人、高麗軍
8千人、舵とり・水手6千7百人、総勢約3万5千人。船は大船三百艘、
快速船三百艘、小舟3百艘、合計9百艘。
http://www1.cts.ne.jp/~fleet7/Museum/Muse036.html

42 名前: no name :2010/09/05(日) 17:36:21 ID:UHMrwuEa

>>38
>この出兵は制海権を中国・朝鮮連合軍に負け失ってしまったから撤退したの

関係ないから
撤退したのは秀吉が死んだからだし、少なくとも日本は釜山までは輸送できている(石田三成が記録している)
しかし釜山と博多の間に位置する対馬は「食糧危機に陥った」と書いてあるのを見れば、
対馬釜山間の方が、博多対馬間より楽だったのがすぐわかる

>銅鑼でも太鼓でも訓練なら出来るだろ

全部キチガイの妄想だな
訓練に銅鑼や太鼓で何とかなるか、キチガイのアホ

>馬に耳栓やったって良いだろうに、

馬用の耳栓なんて今ですら存在しないのにw
頭大丈夫か?

>いろんな対策はあるよ

キチガイのアホ妄想ならな

>火薬の入手だって、密輸でも何だってやって製造技術を手に入れれるはず

火薬を作るには硝石が必要なんだバーカ
日本は硫黄はたくさん取れたが硝石がほとんど取れなかったから戦国時代の末期まで輸入に頼っていた
日本が硝石を自給自足出来たのは戦国時代の末期から江戸時代の初期だと解っている(wiki参照)

43 名前: no name :2010/09/05(日) 17:37:18 ID:4uEBkBbR

>武田の騎馬軍団など、後には馬の優秀性が発揮されてる

「武田に騎馬軍団などいなかった」が今の定説だけどw
相変わらずアホだな

>そんな話は信用できない

お前が信用できないのは勝手だが、お前は頭が狂ってるキチガイだからね?

>矢が尽きそうなら、その前に軍隊として補給するのが当たり前

その間どうやって敵の攻撃を食い止めるんだ?
博多から高麗まで日帰りで輸送出来たとでも言うのかw
元寇から700年後の日清戦争の頃ですら以下の通りなのに

>博多湾は水深が浅く(明治海図)、船は沖合遠くに停泊した。
>日清戦争の時でも陸から海上への移動は、朝から夕方までかかっても、一日1万人が限界であった
(同書での陸軍少佐竹内栄喜の発言、敵の攻撃がない場合)

恵也は嫌いなはずの牟田口並みに輸送を考えないキチガイだからな

>タカが600万人の日本に、

600万人である証明もしてないくせに
アンタボケてるんじゃないの?

>4万人の軍隊を送って偵察だなんてアンタボケてるんじゃないの?

お前こそ「10人」で威力偵察できるなんてボケてるんじゃないの?
偵察と「威力偵察」の違いぐらい理解しろよ、底無しのキチガイ

>逃げ帰った軍隊の責任逃れの言い訳に過ぎない

逃げ帰った割りには高麗史でも元史でも処罰されてないけど
最初から撤退が計算済みの行動だからなんだよ

>最優先の戦争相手国は南宋なんだよ

南宋は弘安の役の頃には滅んでるよw

44 名前: no name :2010/09/05(日) 17:44:24 ID:4uEBkBbR

>>41
>元寇の船に乗った連中は、全員が兵員だよ
>漕ぎ手だろうと後方支援だろうと、船に乗って攻めて来たのは兵員だ

馬鹿すぎw
モンゴルには海戦のノウハウがほとんど無かったわけだがw
もし日本が海上で攻撃してきた時は誰がどうやって指揮を取るんだw

日本の檀の浦の戦いでも、はたまた同時期のモンゴルのチャンパ遠征でも、兵員と船員を分けていたわけだが

お前の引用したサイトも兵員と船員は分けてるだろキチガイが
自分の引用したサイトも読めないのか?

45 名前: 恵也 :2010/09/05(日) 18:46:08 ID:vzSVI/tt

>>39 バリバリのアメリカ万歳主義者の小沢がやった事じゃねーか!

アメリカ万歳主義者なんて小沢と違うだろ。
むしろ岸・福田・森派に繋がる連中のことだ。

田中角栄を初め、政治と金で東京地検特捜部に狙い撃ちされてきたのは
日本独立派の連中で、CIAのスパイだった岸信介など噂だけで捕まらん。

――――引用開始――――
いまだに日本ではタブーだが、我々はアメリカのCIAによる間接統治の
実態をきちんと知るべきだ。

アメリカはかつてのA級戦犯のうち、情報機関への協力を約束した有力
者を釈放している。冷戦の最中、自主外交を主張した石橋堪山首相が3
ヶ月ももたず、体調不良を理由に辞職し、元A級戦犯の岸信介が首相に
なって、日米新安保を強行したのはなぜか。
http://www.asyura2.com/09/senkyo73/msg/661.html

46 名前: 恵也 :2010/09/05(日) 18:47:53 ID:wazQEs/D

>>40 文永に台風は来ていない

アンタ多くの記事を、自分の目で読んでないのじゃないの?
真面目に読みなさい!

――――引用開始――――
志賀島西海岸(供養塔)に漂着したので、捕まえた百二十人位の内、幹部
級五人を鎌倉に送り、他の者は引き並べて頸を切ったという。
ところが、その夜、突然の大嵐となり、一夜にして元の船を沈めてしまっ
たのである。
http://www1.cts.ne.jp/~fleet7/Museum/Muse036.html

>> 古くから航海が困難な場所とされ
困難と不可能とは違うんだよ。
この当時の航海術は非常に発展して、弘安の役の120年後には中国の
鄭和という人が中国からインド、アフリカまで大艦隊で貿易促進の
キャラバン船まで派遣してます。

外洋航海が出来るのに、こんな日本海の対馬あたりで航海が困難なんて
笑わせるんじゃないよ。
アンタは航海術の発達を無視してるのじゃないかね。

――――引用開始――――
鄭和が率いた大艦隊は東南アジアからインド洋・ペルシア湾にいたり、
一部はアフリカ東岸にまで達し、南海諸国の対明朝貢をさかんにした。

鄭和の大航海はヴァスコ・ダ・ガマに匹敵し、その規模はヨーロッパ
の大航海時代を担ったどの艦隊も凌いでいる。
http://www1.cts.ne.jp/~fleet7/Museum/Muse059.html

47 名前: no name :2010/09/05(日) 19:18:20 ID:4uEBkBbR

>>45
>アメリカ万歳主義者なんて小沢と違うだろ

なんでこんな嘘が平然とつけるかね
田中が政治力を失ったのは「竹下と小沢が裏切ったから」と書いてあるのに頭悪くて理解できないんかね?

自民党時代の小沢はアメリカマンセーだったのも調べりゃすぐに解るのに
http://plaza.rakuten.co.jp/heitei48kagawa/diary/200801040003/
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/467.html
http://yomi.mobi/read.cgi/news23/news23_news_1184268495
http://blogs.yahoo.co.jp/nisekoannnuburi/23359728.html
http://ameblo.jp/dfvdzsfv/entry-10322294239.html

どうせお前は、都合が悪いソースは無視するんだろ

48 名前: no name :2010/09/05(日) 19:30:46 ID:4uEBkBbR

>>45
>冷戦の最中、自主外交を主張した石橋堪山首相が3ヶ月ももたず、体調不良を理由に辞職し

ハイハイワロスワロスw
実際に石橋は肺炎と脳梗塞で死にかけてたわけだが、匿名の陰謀論なんか根拠にするとはますます屁理屈が苦しくなってきたなw
石橋が首相に就任した時、石橋は72歳だ
「大院君はボケ老人だ」がキチガイ恵也の持論だったはずだろ?
当時の平均寿命から換算すれば、キチガイ理論では120歳を越えるはずだろ

よくこんなデタラメな匿名書きこみを根拠にするねぇ

49 名前: no name :2010/09/05(日) 19:42:21 ID:4uEBkBbR

>>46
>アンタ多くの記事を、自分の目で読んでないのじゃないの?
>真面目に読みなさい!

全部そっくりお前に返すよ
キチガイ恵也の理論では、「極悪非道な日本軍と違ってモンゴル軍は略奪や虐殺なんかやらない」はずじゃなかったのか?
お前の引用したサイトには何を書いてあるんだ?

>資国らは、たちまち、討ち死にし、小茂田の家屋は焼き払われ、焦土と化した
>この際、島の男は見つけ次第殺し、島の女は掌に穴を開けられ縄を通して船縁に吊るされたと言う。
>後世「蒙古高句麗(むくりこくり)がやってくるぞ」と子供を諌めるときにいわれる所以である
>志賀島の住民は、和白、立花を経て、宇美、太宰府方面に避難したが、逃げおくれた者は、惨殺されたらしい

「虐殺はホラズムだけが例外」じゃなかったんかい?
それに余りの恵也の馬鹿さにクソフイタんだけどw

>二十一日の朝、夜が明けると、博多湾の元船は皆引き上げてしまっていた。

こう書いてありますがw
台風は 全 く 関 係 な い よねw

50 名前: no name :2010/09/05(日) 19:59:45 ID:4uEBkBbR

>>46
>困難と不可能とは違うんだよ

話をすり替えんなキチガイ!
誰も「不可能」なんて言ってないから
お前が「いつもいつも難所なんていう様なものじゃない」と>>38で書いたんだろ?
「灘」という言葉の意味自体「いつもいつも難所」を意味する単語なのにw

>この当時の航海術は非常に発展して、弘安の役の120年後には中国の鄭和という人が
>中国からインド、アフリカまで大艦隊で貿易促進のキャラバン船まで派遣してます

日 本 の 話 を し ろ
日本に鄭和並みの航海術があったのか?

それに「120年後」ってw
そんな莫大にかけ離れた時間を同一視すんのかよwww
じゃあ今から120年前の1890年には、日本にもうインターネットが有ったんだ?w
新幹線や電気自動車、航空機が存在したんだ?w
キチガイ理論では、1890年の科学技術を語るのに「アンタは科学技術の発達を無視してるのじゃないかね」とか言い出せるんだ?w
なんかスゲートンデモ理論だぞ


>外洋航海が出来るのに、こんな日本海の対馬あたりで航海が困難なんて笑わせるんじゃないよ

それ日本の話じゃないし、日本は遣唐使を廃止してから300年近く航海術を発達させてないんだけど?
遣唐使ですら「ウン十年に一回」の出来事なのに、廃止してから300年後の日本には遠洋航海技術が存在したんだ?w
鑑真や阿部仲麻呂はなんで苦労したんかねぇ

>アンタは航海術の発達を無視してるのじゃないかね

アンタは時間も場所も世界も無視してるのじゃないかね
1890年の科学技術と2010年の科学技術が同じに見えるお前は精神病院行けよ

51 名前: 恵也 :2010/09/05(日) 22:41:44 ID:azGOnRIt

>>44 モンゴルのチャンパ遠征でも、兵員と船員を分けていたわけだが

分けて何かに書いてあるだけの話だろ。
だから何なの?
アンタの浅い知識を見せびらかせたいだけなのかな。

何のために兵員と船員を分ける必要があるんだろうね。
兵員兼船員にしておけば良いだけなのに。

源平の合戦で、源義経ははじめに兵を狙わず漕ぎ手を狙って殺し
船が動けないようにして平家の軍を滅ぼしたという。
分ければ良いというものじゃあるまい!

――――引用開始――――
卑怯な義経は平家の船の漕ぎ手だけを狙って矢を射って船を動けな
くしたんです。あそこで潮の流れが変わらなければ絶対平家が勝っ
ていましたから、歴史は変わっていたんですよ。」

いやはやご立派、ここまで先祖を敬い八百年経っても敵を許さないなんて。
http://homepage3.nifty.com/kazgoto/world/fugu07.htm

52 名前: no name :2010/09/05(日) 22:44:58 ID:tkF+aftU

>>アンタ多くの記事を、自分の目で読んでないのじゃないの?
>>真面目に読みなさい!
あれ?
別に>>40氏が真面目に読んでないという事に賛同する気は無いが、
・自分が出したサイトの文章も真面目に読まない
・相手が出したソースは「何で俺が読まなきゃいけないんだ」
・自分のパソコンで見られないソースは価値が無い
がお前のロジックだったはずだろ?
何で他人にはこんな居丈高に吼えられるんだ?

>>この当時の航海術は非常に発展して、弘安の役の120年後には中国の
>>鄭和という人が中国からインド、アフリカまで大艦隊で貿易促進の
>>キャラバン船まで派遣してます。

>>外洋航海が出来るのに、こんな日本海の対馬あたりで航海が困難なんて笑わせるんじゃないよ。
>>アンタは航海術の発達を無視してるのじゃないかね。
お前さあ、元が玄界灘を越えてピストン輸送出来る事をお前が証明しなければ、
お前の論理は破綻するって分からないのか?
何が「120年後」だよ。
そもそもモンゴル帝国の話自体も近代軍隊が戦争を終わらせる終わらせない
で苦し紛れに出したもんだしな。

53 名前: no name :2010/09/05(日) 23:11:35 ID:tkF+aftU

>>分けて何かに書いてあるだけの話だろ。
>>だから何なの?
>>アンタの浅い知識を見せびらかせたいだけなのかな。
お前が>>41で「元寇の船に乗った連中は、全員が兵員だよ」
なんて言うから>>44氏がわざわざ教えてくれたんだろ狂ったのか?

と言うか>>51のレスは要するに「元寇の船に乗った連中は、全員が兵員だよ」
が間違いなを認めてるんだよな?
何でいい加減な事を書いた事に対する謝罪も
自分の間違いを訂正してくれた事への感謝も書かずに
「アンタの浅い知識を見せびらかせたいだけなのかな」
こんな気色の悪い煽りでしか返せないんだよ?
と言うか「浅い知識」と言うなら、その「浅い知識」すら知らないお前は何なんだ?

で、結局恵也は、ジンギスカンが虐殺者だった事は理解出来たのかよ?
お前これに関してはお仲間の妄想家すら引っ張ってこられないって事は、
お前の定義では「ジンギスカンは虐殺してない」はお前一人の「主観的な妄想」って事だよな。
それが認められないから元寇に話を引っ張ってきて、
論破されるのを先送りにした気になってるだけじゃないだろうな?

54 名前: no name :2010/09/05(日) 23:12:21 ID:3lMZidi3

>>51
>だから何なの?
>アンタの浅い知識を見せびらかせたいだけなのかな

それはお前の話だろw

>何のために兵員と船員を分ける必要があるんだろうね
>兵員兼船員にしておけば良いだけなのに

何をやってもド素人の人生破綻者らしい暴言だなw
そんな簡単にやれるならみんなやってるよ、お前みたいなキチガイに言われなくても

どう見ても兵士も船員も「片手間」で出来る仕事内容じゃないだろ

釜山から対馬を落としたあと、そのまま博多まで来て兵を揚陸するのに1日はかかるんだけど
1日エンヤコラと船を漕いだあと、今度は休みなしで合戦だってかw

「牟田口並み」というのは訂正するわ
お前は「牟田口未満」だ
お前は兵の「疲労」とか全く考えないんだな

また、万一日本が強すぎて退却する可能性があるかも知れない
出港準備は誰がやるんだ?

55 名前: no name :2010/09/06(月) 00:23:17 ID:b8xCZdWM

>>51
>何のために兵員と船員を分ける必要がある んだろうね
>兵員兼船員にしておけば良いだけなのに

http://blog-imgs-35.fc2.com/3/k/s/3kstyle/lrg_16615536.jpg

オール漕いだあと休みなしに戦闘かw
血も涙もないクソ指揮官だな

56 名前: 恵也 :2010/09/06(月) 10:37:45 ID:XIlM9Ek+

>>39 その権力が失われたのは竹下登と小沢一郎のせいだろうが

竹下と小沢は田中角栄を支えていたんだよ。
それでもアメリカと東京地検特捜部、マスコミの総攻撃に支えきれず
とうとう逃げ出して、独自の道を歩みだしたの。

だからこそ田中角栄裁判をすべて、小沢一郎は傍聴して研究した人間。
これだけ義理固い人間はめったにいないよ。
その証拠に、田中真紀子とも完全に仲直りしてるだろう。

ロッキード事件はアメリカ議会で問題になり、日本に波及したもの
だけど、そもそもアメリカ政府によって提起されたもので、角栄に
対する罠だったんじゃないかね。

角栄は最後まで自分では「違法行為を行ってない」と無実を信じて
たのだろうが、インターネットのない世の中では情報戦に完敗した。
今だったら角栄の論理も聞けたと思うけど、あの時はマスコミ情報
量に対抗できず俺も聞くことは出来なかった。

57 名前: 恵也 :2010/09/06(月) 10:40:39 ID:UufgU2P3

>>42 訓練に銅鑼や太鼓で何とかなるか、キチガイのアホ

この意味が判らんかね、アンタには。
馬の耳を、音に鈍感にさせたら良いだけだろ。
耳栓も良いと思うよ。人間に使えて馬に使えないはずがない。

>> 戦国時代の末期まで輸入に頼っていた
日本人の特徴として、火薬の威力をみれば物真似に夢中になるだろう。
まず、元から火薬を手に入れ製造技術をスパイしたり大騒ぎしてでも
似たようなものは作れたんじゃないかね。
大量生産までは行かなくても、日本人なら試験的生産はやってるよ。

>>43 「武田に騎馬軍団などいなかった」が今の定説だけどw

アンタだけの定説だろ。
山梨県にはいたことがないけど、長野県では天皇家の御料牧場と
いうのがあったが、昔から馬の育成は藩の最優先事項だったんだぜ

>> その間どうやって敵の攻撃を食い止めるんだ?
矢がなくなるずっと前に補給の段取りをするの。
それが出来ないような軍隊じゃ、とてもじゃないが軍隊とはいえん

>> 日清戦争の時でも陸から海上への移動は、朝から夕方までかかっても、一日1万人が限界であった

それは兵員移動の港が小さかったからだろう。
弘安の役では14万人の元寇が来たというけど、彼らの乗り降りは小船を
使い、港じゃない場所で乗り降りしたんじゃないかね。

>> 600万人である証明もしてないくせに
鎌倉時代の人口は600万人というのは、俺なりにネットで調べた数字
だけど、なんだったらアンタも自分で調べたら?
「鎌倉時代 人口」で検索したらいろいろ出てくるよ。

>> 逃げ帰った割りには高麗史でも元史でも処罰されてないけど
あなたは高麗史や元史をぜんぶ読んだのかね。
すごいね、俺には読む手段さえないよ。
普通考えると戦争で攻め込んで失敗したら、大金もかかってるし人も
死んでるし、失敗の責任問題は発生すると思うけど…

>> 南宋は弘安の役の頃には滅んでるよw
元から日本に使節が来たのは文永の役の翌年だろ。
その頃の南宋は、元の最大の敵国。

58 名前: Delivorync :2010/09/06(月) 10:49:26 ID:Uq1u5je/

Good Night everybody!
Thanks for possibility to write here,
it is very interesting!
I知 still hoping there will be more posts on this site.
Thanks! Good article.Keep it up
My own online pharmacy =) Consider this fact:

<a href= http://buy-cheap-tadacip.vox.com/ >buy tadacip online
generic</a>

59 名前: no name :2010/09/06(月) 13:21:00 ID:+yvZk5Yv

>>56
また話をそらすw

何度も同じこと言わせるな!

ロッキード事件以降も、田中角榮は「闇将軍」として君臨していたんだっての!

確かに総理大臣には返り咲く事は無かったが、総理大臣だけが日本の権力を計るメルクマークじゃなかろうに
ロッキード事件自体は田中の政治権力を死に追いやるものではなかったんだよ

完全に田中を追いやったのが、竹下と小沢による「経世会分離」だったんだよ


>それでもアメリカと東京地検特捜部、マスコミの総攻撃に支えきれずとうとう逃げ出して、独自の道を歩みだしたの

いつものお前なら「アメリカに屈したヘタレ!」とか言ってボロクソに非難するくせに、相手が小沢なら無罪放免ってか

>これだけ義理固い人間はめったにいないよ

それは経世会分離前の話だから
経世会分離後の話をすべきなのに、なんで経世会分離前の話に時間軸を巻き戻しするんだ?

>そもそもアメリカ政府によって提起されたもので、角栄に対する罠だったんじゃないかね

だからって、この事件単体では田中の政治権力には影響は出ていない
何度も繰り返すが、田中の政治権力が失われ、田中の死期を早めたのは竹下と小沢の裏切りだから

>あの時はマスコミ情報量に対抗できず俺も聞くことは出来なかった

お前が不勉強で無知なだけ
小室直樹ってお前が嫌いそうな保守の評論家は、田中を最初から最後まで擁護していたぞ
保守の側には結構田中を弁護する人が多かったんだよ

60 名前: 恵也 :2010/09/06(月) 13:23:16 ID:46bZDfRA

>>53 その「浅い知識」すら知らないお前は何なんだ?

そんな話は知らなくったって、お互いドングリの背比べだろ。
問題は知識じゃなく、知恵なんだけどね。

>> ジンギスカンが虐殺者だった事は理解出来たのかよ?
伝説で伝えられてるほど酷い虐殺者だったら、世界征服なんて無理。
もっと公平で自分の部下からも、戦争で征服された住民からも支持を
うける政治をしてなければ、あれだけ巨大な存在にはなれない。

ジンギスカンは虐殺をしたが針小棒大な「デマ」が伝説には混入し
てるというのが俺の自論。
いろんなHPを検索しても虐殺行為伝説は盛りだくさんだが、俺み
たいに伝説に異議を唱えてる人はいないね。

それだけ俺には人とは違った独特のヒラメキがあるわけだ。
アンタみたいに、人と同じ考えだと安住する人間じゃない。
俺は逆に、人と変った考えを自分でとくに大切にしたがってる人間。

61 名前: 恵也 :2010/09/06(月) 13:26:11 ID:5iCjriWO

>>54 どう見ても兵士も船員も「片手間」で出来る仕事内容じゃないだろ

兵士も船員も短時間の訓練で、片手間で出来る部門がある。
トラブルが起こった時や、指揮命令をするにはそれだけの経験や知識
が必要だが、一兵卒や平船員なら健康であれば十分なの。

アンタは主婦にまで竹やりを持たせて、軍事訓練した昔の日本を知
らないようだね。イスラエルでは女性でも兵隊にされるぞ。
スイスでは短期間の軍事訓練で、いつもは普通の仕事をしててイザとなったら兵隊に早代わりだ。これこそ方手間の兵士だろ。

>> 兵を揚陸するのに1日はかかるんだけど
兵を揚陸させるには、橋頭堡を作らんといかん。
敵の兵力にもよるが、橋頭堡を確保するだけでも1日以上かかるよ。

橋頭堡を確保する専門部隊が、普天間にいる米海兵隊だ。
よその国に侵攻する尖兵の活躍は、作戦の成功・失敗に直結するもの。
元寇の場合は、この橋頭堡の確保に失敗した実例。

>> 1日エンヤコラと船を漕いだあと、今度は休みなしで合戦だって
船を漕ぐのは交代だよ。
交代で休まなければ、腕は動かなくなってしまう。
速度を得るには、適度に休み、適度に食べ、適度に眠らなければ
ならないのは常識。熱中症で死んじゃうぞ!

>> 出港準備は誰がやるんだ?
俺の経験からいうと、船を動かさない時には3人くらいで十分。
逃げ出す時には、乗り込んだ連中に手伝ってもらえばいいの。

62 名前: 恵也 :2010/09/06(月) 13:30:51 ID:XqtevjhC

>>55 オール漕いだあと休みなしに戦闘かw

当たり前だろ。
戦闘は生きるか死ぬかの、紙一重で戦う行為。
死んだら取り返しはつかん。

ダイタイ船においては、船の運航と仕事は一緒にするもの。
俺がマグロ船に乗ったときにも、機関部で仕事はしても漁期
になると、全員で縄を引き上げるもの。

忙しい時には全員が動員されるのは当たり前なんだよ。
それが命がけの戦闘の時に、休むバカがいるか!!!

63 名前: no name :2010/09/06(月) 13:39:10 ID:+yvZk5Yv

>>57
>馬の耳を、音に鈍感にさせたら良いだけだ

キチガイの妄想
馬は人間以上に音に敏感だから伏兵とか人間よりすぐに気づいてくれる
八幡太郎と呼ばれた源義家や奥州藤原氏の藤原清衡などは馬のお陰で伏兵の難を逃れている
その馬の耳をツンボにするなどキチガイの妄想は全く非常識だ

>似たようなものは作れたんじゃないかね
>大量生産までは行かなくても、日本人なら試験的生産はやってるよ

証拠出せよ、オラ
日本には火薬の原料となる硝石が戦国時代末期まで産出しなかった
ほとんどを輸入に頼っていたから南蛮貿易港の堺を押さえた織田信長は強大化したんだよ
硝石無しにどうやって火薬を作れるのやらw

>アンタだけの定説だろ

キチガイがモノを知らなすぎなだけだ

>山梨県にはいたことがないけど、長野県では天皇家の御料牧場というのがあったが、昔から馬の育成は藩の最優先事項だったんだぜ

だから何だよアホ
それのどこが武田に騎馬軍団がいた証拠なんだ?
「藩の最優先事項」ってお前頭おかしいなw
藩って江戸時代から使われる単語なんだよ
戦国時代の武田に用いられる事は絶対に有り得ないんだよ
つまりその「藩の最優先事項」は武田では有り得ない

http://www.spacelan.ne.jp/~daiman/rekishi/takeda04.htm
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1744903.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E7%AF%A0%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84#.E6.AD.A6.E7.94.B0.E9.A8.8E.E9.A6.AC.E8.BB.8D.E5.9B.A3.E3.81.AE.E5.AD.98.E5.9C.A8

武田に騎馬軍団はいなかったという事実すらキチガイは認めないらしい

64 名前: no name :2010/09/06(月) 13:55:22 ID:+yvZk5Yv

>>57
>矢がなくなるずっと前に補給の段取りをするの

バカかお前?
じゃあ船が補給のために戻ってる最中に、もし万が一モンゴル軍が大敗したらどうやって逃げるんだ?

そもそも「矢がなくなった」は元史に出てくる話である
元の側が自分で言ってるのにキチガイは証拠も出さないでそれを疑うとかw

なんで妄想で歴史を語るかね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87#.E6.96.87.E6.B0.B8.E3.81.AE.E5.BD.B9
>なお、文永の役は侵攻というより、威力偵察ではないのかとの説もある。
>根拠として、本来モンゴル帝国の軍事行動では、事前に兵力100〜1万規模での敵地への威力偵察を数度段階的に行った後、
>本格的な侵攻を行う場合が多くまた『元史』「日本伝」には元軍の矢がすぐに尽きたという記述が見られることと、
>3万人程度(中には非戦闘員もいる)という少ない兵力からこの説も根強い
>『元史』「日本伝」は元側の記録であり、自分達で矢が尽きたと記録しているため信憑性は高いと見られる。
>本格的に侵攻し領土とする、または服属させるには、
>3万人程の人数で、当時の主力武器である弓の矢がすぐに尽きる程度の準備で来るとは考えにくい。
>元軍は大陸での野戦でも、騎馬兵の機動力を生かし、敵と一定の距離を保って馬上からの騎射で相手を損耗させる事を主な戦法の一つにしている。
>つまりこの準備不足の侵攻劇が、日本を見くびっていた故の判断ミスではなく、はじめからおり込まれていたという説である

「日本を見くびっていた」であれ「威力偵察」であれ、「矢が尽きた」は事実とされてるんだが

>それが出来ないような軍隊じゃ、とてもじゃないが軍隊とはいえん

つまりお前の想定する「軍隊」は軍隊じゃないってこった

>彼らの乗り降りは小船を使い、港じゃない場所で乗り降りしたんじゃないかね

小船で灘に来るとはよほどの命知らずだと思うけどw
それにしたって、小船を漕ぐための船員が必要だよなぁ?
むちゃくちゃに漕いだって船はまっすぐに進まないんだから
そんなの公園のボートで誰でも体験できるよ
彼女が出来なかった知的障害者は知らないらしいがw

65 名前: no name :2010/09/06(月) 14:02:15 ID:BnxICDAf

>>57
>あなたは高麗史や元史をぜんぶ読んだのかね
>すごいね、俺には読む手段さえないよ

図書館行けよw
元史だって全部なんか読む必要が無い
フビライの日本がらみの部分と日本伝を読めば良いだけの話だ
高麗史だってほとんど同様

キチガイの屁理屈では、頭から終わりまで全て読まないと読んだ内に入らないのか

>元から日本に使節が来たのは文永の役の翌年だろ

弘安の役の2年前にも送ってるけどw

66 名前: no name :2010/09/06(月) 15:05:56 ID:BnxICDAf

>>60
>そんな話は知らなくったって、お互いドングリの背比べだろ

お前以外の人間はみんなお前よりは上だから
少なくともお前みたいにマイクロソフトを違法コピーしないし

>問題は知識じゃなく、知恵なんだけどね

無知恵也の精一杯の反撃ですね?解りますw
知恵すら無いくせに笑わせんな

>伝説で伝えられてるほど酷い虐殺者だったら、世界征服なんて無理

そんな事言ってるのはお前だけだし、そもそもジンギスカンは「世界征服」なんて達成してないわけだが

>もっと公平で自分の部下からも、

略奪品は部下に分配するなら部下の支持は得られるよなw

>戦争で征服された住民からも支持をうける政治をしてなければ、あれだけ巨大な存在にはなれない

その証拠を出してくれよ
聖人君子が天下を治めるなんて、秦の始皇帝の時代には破綻してんだよ
秦のどこが民衆の支持があったんだ?漢のどこが民衆の支持があったんだ?新のどこが民衆の支持があったんだ?

バカじゃねーの?このキチガイ

>いろんなHPを検索しても虐殺行為伝説は盛りだくさんだが、俺みたいに伝説に異議を唱えてる人はいないね

つまり、キチガイ一人の妄想だって証拠だね
お前自身モンゴルの専門家でもなんでもないくせに

>それだけ俺には人とは違った独特のヒラメキがあるわけだ

つまりお前はお前自身の書いた定義によって「気違い」になるわけだ

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/431n
>キチガイとは気違いと書き、普通の方と違い幻が見えたり、幻聴が聞こえて自立した生活が一人で出来ない方のこと


>アンタみたいに、人と同じ考えだと安住する人間じゃない
>俺は逆に、人と変った考えを自分でとくに大切にしたがってる人間

だからってお前の意見が「正しい」事の根拠には何にもならないわけだが
むしろ晩年のヒトラーみたいに「根拠なき直感」を振り回す分始末に悪い

67 名前: no name :2010/09/06(月) 15:43:52 ID:BnxICDAf

>>61
>兵士も船員も短時間の訓練で、片手間で出来る部門がある

バカ?
「出来る部門がある」と「出来る」は意味が違うだろ

>これこそ方手間の兵士だろ

お前、スイスバカにしてんのか?
片手間どころか猛訓練だぞ

>敵の兵力にもよるが、橋頭堡を確保するだけでも1日以上かかるよ

「船を漕いで」から「揚陸する」までがこの文章にはかかるんだよ、アホ
敵が全く存在しなくても1日は必要なんだけど

>元寇の場合は、この橋頭堡の確保に失敗した実例

それは弘安の役の話
文永の役の時はモンゴルは上陸してるし元の圧勝なんだが
まあ局地戦では日本側が有利だった部分も有ったがね

>船を漕ぐのは交代だよ

誰もそんな事言ってねーよ、アホ
交代制だろうが何だろうが、合戦の前に兵隊の体力を無駄遣いするバカがどこにいる?
兵員と船員を分けるのはそういう理由だろうが

兵員は船の中で体力を温存し戦闘で活躍する
船員は船を漕ぐのに集中して戦闘では後方にいて体力を温存する

それが当たり前なんだよ

>俺の経験からいうと、船を動かさない時には3人くらいで十分

お前、こんなガレー船みたいなの漕いだ「経験」があるのかw
お前がマグロ漁船に乗ってたのは知ってるけど、マグロ漁船ってこんなガレー船みたいな物だったのかwww

>逃げ出す時には、乗り込んだ連中に手伝ってもらえばいいの

バカ丸出し
モンゴル軍には海戦のノウハウが無いんだっての!

68 名前: no name :2010/09/06(月) 15:55:59 ID:BnxICDAf

>>62
>俺がマグロ船に乗ったときにも、機関部で仕事はしても漁期になると、全員で縄を引き上げるもの

お前のマグロ漁船はガレー船みたいなのなのに、なんで「機関」が有るのかね?
明らかに元寇時代の船乗りより機械技術の進歩で楽になってんだろ

800年前の元寇を語るのに、今の機械エンジン付きのマグロ漁船を例に出すんじゃねー!

>それが命がけの戦闘の時に、休むバカがいるか!!!

いるね
断言してやるよ

戦うにしても武芸の心得=訓練を受けてなければ戦闘力の役に立たない
武器が無ければやはり戦えない
いざ負けそうになって退却するときは船乗りが一番必要になる
無駄に死なせるなど有り得ない

元寇時代の船を、マグロ漁船で語るキチガイかよ
話にならねえ

69 名前: 恵也 :2010/09/06(月) 16:22:31 ID:mJVUPWvc

>>50 日本に鄭和並みの航海術があったのか?

ここで話してるのは元の航海術だろ。
元には4万人の兵員をいっぺんに日本に送るだけの造船能力
航海術・企画力を元が所有していたわけだ。
それが弓矢が不足したからと、逃げ帰るというのには疑問がある。

>>49 台風は 全 く 関 係 な い よね
その艦隊が移動した翌日には、大風が吹いてるだろ。
関係は十分あるよ。

>>「極悪非道な日本軍と違ってモンゴル軍は略奪や虐殺なんかやらない」はずじゃなかったのか?
俺はそんな事を言ってない!

70 名前: 恵也 :2010/09/06(月) 16:24:33 ID:6H5CJVLD

>>52 そもそもモンゴル帝国の話自体も近代軍隊が戦争を終わらせる
>> 終わらせないで苦し紛れに出したもんだしな。

ジンギスカンには昔から興味はあったよ。
あんなに少ないモンゴル民族を率いて、しかも民族の統一の前に
は弱小部族だったのに45歳くらいで統一し、20年ほどで世界
一の強い国家になり子孫が世界を征服するまで行ってしまった。

ジンギスカンの虐殺伝説と30万人も殺したという南京虐殺事件
との類似性を見ると、あなたはそんな英雄に興味はないのかな。

大虐殺をした中島今朝吾中将や、朝香宮鳩彦中将のフランスで
のジンギスカン伝説知識が悪影響を与えたとみてる。
実体験ではなく、机上の知識で命令を下した雰囲気がある。

――――引用開始――――
第16師団の一砲兵観察分隊長沢田正久の証言によると:

「捕虜の数が1万くらいに達した時、軍司令官に報告され、司令部
から即時銃殺せよと命令された。」

この命令は明らかに上海派遣軍参謀長の飯沼守からのものだと容易
に見てとれるであろう。なぜならば、沢田は彼を更にこう批判して
いる、「5か月前、東京で飯沼の講演を聞いた時、飯沼守はまだ捕虜
には寛大に対処すべきだと言っていたが、今は一転して”即時銃殺
…このような重大な問題について決して自分の意志で決めることは
できない。日本軍司令官朝香宮鳩彦王は日本天皇裕仁の叔父であり
松井(華中方面軍総司令官に昇格した)に引き継ぎ1937年12月2
日から天皇によって上海派遣軍司令官に任命され、12月5日に前線
に赴任していた。
http://www.come.or.jp/hshy/j95/11si1.html

71 名前: 恵也 :2010/09/06(月) 16:26:25 ID:smMfXL+T

>>59 田中の死期を早めたのは竹下と小沢の裏切りだから

俺は裏切りとはみない。
あのまま竹下と小沢が田中派にいたら、竹下も小沢も零落せ
ざるを得なかったろう。日本のためには逃げ出して正解。

アメリカの日本マスコミや政府への影響力は無視できない。
確かに立花隆氏の見解の通りだ。
しかし東京地検特捜部がこれど腐敗した存在とは思わなかった。

――――引用開始――――
もう30年ほど前になるが(大平内閣の頃だったと記憶する)、ある
とき、日本のトップ官僚の最右翼的立場にある人と、くだけた懇談
をする場に居合わせたことがある。

はじめその人は、私が「角栄研究」の筆者と知って警戒心をもって
私に接していたが、座がかなりくだけてきたところで、いきなり、
私に向き直って、 「立花さん、あなたは、日本の政治(政策)を
動かしているパワーの中で最大のものは何だと思いますか?」
と正面きった質問をぶつけてきた。

私は自民党の大派閥のボスたち、財界、圧力団体、イデオロギー
的指導者、大マスコミなど、一般にその問いに対する答えと考え
られているものをいろいろならべたが、彼はニコニコしながら、
その答えのすべてに頭をふり、その後で、スパッと、

「アメリカの意志ですよ」

といった。
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050811_kaigai/index2.html

72 名前: no name :2010/09/06(月) 16:32:08 ID:K9Mky2c7

>>69
>元には4万人の兵員をいっぺんに日本に送るだけの造船能力航海術・企画力を元が所有していたわけだ

元じゃなくて、船を作ったのは高麗だろ
しかも120年後の明の時代に存在した航海術を元寇に当てはめて何の意味がある?

底抜けのアホ

>その艦隊が移動した翌日には、大風が吹いてるだろ

「翌日」に吹いてんのに、なんで関係があるんだよ?
バカか?

>俺はそんな事を言ってない

ハーテ?キチガイは自分で書いた事も平然と忘れるw
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/480n

73 名前: no name :2010/09/06(月) 17:55:04 ID:P3HTWEe3

>>70
>子孫が世界を征服するまで行ってしまった

そんな事実はないね
いつ世界征服したんだ?
日本は服従しない、インドには侵入していない、ベトナムでは大敗した、インドネシアでは利用された挙げ句に追い出された
世界征服なんて達成してないんだがね
ジンギスカンの孫の代には、ジンギスカンの一族同士で内戦してるし

>大虐殺をした中島今朝吾中将や、朝香宮鳩彦中将のフランスでのジンギスカン伝説知識が悪影響を与えたとみてる

証拠出してくれよ
朝香宮がフランスでジンギスカンを研究したなんてサイトは見つからない

そもそもここでも「極悪非道な日本軍とそうじゃないモンゴル軍」という対比で書いてんだろ
何が「そんな事書いた記憶がない」だw
頭悪い奴だ

>>71
>俺は裏切りとはみない
>あのまま竹下と小沢が田中派にいたら、竹下も小沢も零落せざるを得なかったろう。

じゃあなんで田中は酒浸りになって脳溢血か何かで倒れたんだ?
なんでロッキード事件ですら「闇将軍」としてチヤホヤされて権勢を振るっていた田中が、全く影響力が消滅したんだ?
キチガイは嘘つき過ぎ!

>日本のためには逃げ出して正解

それを裏切りと言うんだよw

田中を意地でも守るのが真にアメリカから独立を目指す者がやる行動だろ


小沢がアメリカマンセーだった過去については理解したのか?

74 名前: 恵也 :2010/09/06(月) 18:08:09 ID:4V0DkpYz

>>63 硝石無しにどうやって火薬を作れるのやらw

アンタよりは俺のほうが知識が多いようだ。
硝石はなぜ必要なのかを考えないのかな。

火薬の原料に窒素が必要で、窒素が沢山あるのは硝石ではあるけど
人糞にもあるんだぜ。いわばクソを代わりに出来るの。
たしか海鳥の糞も硝石の原料じゃないかね。

戦国時代の武将には、軒下に人糞を撒いて火薬の材料にしてたという。
あなたも実験してみたらどうだね。

――――引用開始――――
そこで戦国武将達は軒下に人糞を撒いておいて
硝酸菌による硝酸の生産をしていたことがあるそうです。堆肥など
は硝酸菌により硝酸を作るのです。
http://hyocom.jp/blog/blog.php?key=39244

>>64 船が補給のために戻ってる最中に、もし万が一モンゴル軍が大敗したら

文永の役でも数百隻の船で来てるんだろう。
10%の船に補給のために戻ってもらったら、戦力には影響しないだろ
なんだったら5%位でも、弓矢だけなら十分おつりが出ると思うけど。

>> 威力偵察ではないのかとの説もある。
説というのはWiki著者の妄想なんだよ。
4万人の兵力派遣を威力偵察なんて、俺は非常識な論理と思うよ。

Wikiの妄想は、根拠も出さずに断言してるが、俺の推測は根拠
が出てる。他人の妄想を事実かのように書いて、俺の推理を妄想と
片付けないでくれ。

75 名前: no name :2010/09/06(月) 18:09:57 ID:NS8MXkuI

>>71
>確かに立花隆氏の見解の通りだ

その「立花隆氏」は、田中角榮を激しく金権政治家と非難した御仁だがw
民主党も嫌いみたいだし
キチガイ恵也は自分の都合が良い時だけは引き合いに出すが、相手がどういう人なのかは調べようともしないらしい

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E8%8A%B1%E9%9A%86
>1974年(昭和49年)『文藝春秋』に「田中角栄研究〜その金脈と人脈」を発表。
>資料を駆使し、多人数による取材に裏打ちされた記事は大きな反響を呼び、田中退陣のきっかけを作ったとされる。
>文藝春秋は角栄批判から手を引くが(その為単行本は講談社で出された)、
>その後も発表場所を変え、折に触れて田中金脈問題を取り上げ、ロッキード事で田中が逮捕された後は東京地裁での同事件の公判を欠かさず傍聴し、
>一審判決まで『朝日ジャーナル』誌に傍聴記を連載した。
>また同誌上で「ロッキード裁判批判を斬る」を連載し、俵孝太郎、渡部昇一ら田中角栄擁護論者を「イカサマ論法にして無知」と批判した。

76 名前: no name :2010/09/06(月) 18:37:07 ID:NS8MXkuI

>>74
>人糞にもあるんだぜ。いわばクソを代わりに出来るの

バーカw
硝石と硝酸塩は意味がちげーよ
しかもお前の引用した奴「匿名」「証拠なし」じゃねーか

勝手に言ってるだけの話がソースとか、相変わらずキチガイだなぁ


>説というのはWiki著者の妄想なんだよ

妄想だったらwikiには「ノート」ってのがあるから訂正されるはずだ
お前みたいなキチガイの妄想よりよっぽどましだ


>4万人の兵力派遣を威力偵察なんて、俺は非常識な論理と思うよ

http://yamasita.on.arena.ne.jp/konohana/frame/zuikanroku/syouka/genkou/genkou.html
>また、合戦はいきなり白兵戦になるのではなく、えんえんと弓矢を射掛けるのが常套戦術であり、それは蒙古高麗連合軍も同じです。
>弓矢の尽きた蒙古高麗連合軍は留まることなく、本国に撤退しました。
>おそらく、威力偵察で日本の出方を見たり、どこにどんな城や町があるのか探ってたのかも知れません
>文永の役の頃の蒙古高麗連合軍は長期に渡る占領をあきらめ、本国に戻りました


>Wikiの妄想は、根拠も出さずに断言してるが、

ハァ?書いてあるけど?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87
少しはまとめに読めよ…


>俺の推測は根拠が出てる。
>他人の妄想を事実かのように書いて、俺の推理を妄想と片付けないでくれ

どこに「根拠」があるんだ?キチガイ
お前の推理=「妄想」だって言ってんだよ

77 名前: no name :2010/09/06(月) 21:18:37 ID:/5dqXUCw

>>馬の耳を、音に鈍感にさせたら良いだけだろ。
>>耳栓も良いと思うよ。人間に使えて馬に使えないはずがない。
その耳栓を使ったという資料なり実際に使われた耳栓は?
出せなければ妄想でしかないね。

>>まず、元から火薬を手に入れ製造技術をスパイしたり大騒ぎしてでも
>>似たようなものは作れたんじゃないかね。
>>大量生産までは行かなくても、日本人なら試験的生産はやってるよ。
どこで作ってたの?
作った火薬に関する資料は?
出せなければ妄想でしかないね。

>>>>「武田に騎馬軍団などいなかった」が今の定説だけどw
>>アンタだけの定説だろ。
事実かどうかは分からないが、
当時の馬の体格や甲陽軍艦の記述から、
>>43氏の様に推察する説は根強く存在する。
少なくともお前の「ジンギスカンは虐殺しなかった」よりは
よほど資料面での裏付けがあり、人口に膾炙し、まっとうに議論されてる説だ。
「アンタだけの定説だろ」というのは調べもしないで吐いた妄言だな。
どうせお前は謝らないだろうけど。

78 名前: no name :2010/09/06(月) 21:39:54 ID:ojg98MNv

>>57
>アンタだけの定説だろ

物知らずのキチガイのために以下を引用してやるからありがたく思え
キチガイは知識が無さすぎ
ろくに知識も無いくせに、「自分の妄想だけが世界一正しい」とか思いこんでる誇大妄想狂

http://homepage3.nifty.com/k-haruaki/koborehanasi.htm
>戦国時代のテレビや映画では、無敵の武田騎馬軍団等と言っているのがあります。
>しかし本当は戦国の武田家には、騎馬軍団がいませんでした。
>「戦国合戦本当はこうだった」(藤本正行著洋泉社)では、戦国大名の兵士は家臣がその知行地から、
>騎馬武者1人、長柄鑓持ち5人、持ち鑓5人、弓何人、鉄砲1人、旗持ち・手明何人などと各村から農民を集めて兵士にします。
>この場合騎馬武者は、多くは指揮者などの上級兵士が多かった。
>当然騎馬武者だけを集めて、集団生活や訓練などは出来ません。
>訓練などは知行地ごとの、いわば各村ごとにしか出来ないはずです。
>当然のことながら騎馬軍団を造れなかったわけです。
>おおよそ騎馬武者一人に付き、7人〜10人の歩兵が一つの基本単位となって、行動しています。
>その騎馬武者の割合も、上杉家等他家と比較しても、武田家が特別高い割合でもなかったことを考えると、
>やはり武田騎馬軍団は存在していなかったことになります

79 名前: no name :2010/09/06(月) 21:47:05 ID:/5dqXUCw

>>そんな話は知らなくったって、お互いドングリの背比べだろ。
>>問題は知識じゃなく、知恵なんだけどね。
相手が知っててお前が知らないという時点でドングリの背比べはありえない。
そもそもお前が知らない事を知ってる相手を「いばりたいのか」とかほざく、
相手を一切敬わない、相手から一切学ぼうとしない、罵倒から入るそのスタンスが問題。
それが分からないならお前に知恵を語る資格は無い。

>>伝説で伝えられてるほど酷い虐殺者だったら、世界征服なんて無理。

>>まあ今の俺なら、鹿を殺した長い鉄のバールを持って戦うのかもね
>>歩哨がいても、こいつ等も油断することがあるだろうから、敵兵が寝てるところを襲うくらいかな
こういう事を言うお前みたいな奴を生かしておいて、世界征服が出来る訳無いだろ。

>>ジンギスカンは虐殺をしたが針小棒大な「デマ」が伝説には混入してるというのが俺の自論。
>>いろんなHPを検索しても虐殺行為伝説は盛りだくさんだが、俺みたいに伝説に異議を唱えてる人はいないね。
お前にとってのソースは
>>俺の主張が主観的な妄想じゃなくほかにも同じような主張が存在してるという証明
のはずだろ。
>>俺みたいに伝説に異議を唱えてる人はいないね
だったらお前の主観的な妄想だろうが。

>>それだけ俺には人とは違った独特のヒラメキがあるわけだ。
ただの「主観的な妄想」だろ勘違いすんな。
と言うか「ジンギスカンは虐殺してない」は単なる「独特のヒラメキ」の産物で、
根拠が出せるものではないとお前にも分かっているという事か。
よくお前個人の「独特のヒラメキ」のために歴史家や資料を罵倒出来るな。

>>アンタみたいに、人と同じ考えだと安住する人間じゃない。
>>俺は逆に、人と変った考えを自分でとくに大切にしたがってる人間。
歴史の定説を主観的な妄想で否定するために歴史家を罵倒してるだけの妄想家のくせに
よくそこまで自分を綺麗な言葉で飾れるものだ。
「武田に騎馬軍団は存在しなかった」という歴史の定説に一石を投じる資料に基づいた意見には
「アンタだけの定説だろ」で済ませるくせに。

80 名前: no name :2010/09/06(月) 21:50:47 ID:ojg98MNv

>>57 アンタだけの定説だろ。

妄想クソ野郎の恵也が必死だな

http://homepage2.nifty.com/inutomononohu/newpage(takedasinngenn14).htm
>彼らの戦いのイメージとしては、
「馬にまたがった将や兵達が、合図とともに一斉に敵軍に突撃し、華麗に戦場を駆け抜けながら、敵を薙ぎ倒す」
>というものだと思いますが、実はそれができたかどうかは、非常に怪しいのです
>というのも

>壱 武田軍の中で、騎馬隊の割合というのは意外に少ない。
>内藤昌豊・山県昌景・馬場信房など、騎馬隊を多く割り当てられた者でさえ、その数はわずかに三百騎・二百騎であり、
>少ない者になると、十五騎・十騎などである。
>戦の規模にもよるであろうが、これだけの数で敵陣に突撃したり、敵を薙ぎ倒すなどのことができたのだろうか?

>弐 当時の日本馬というのは、サラブレッドなどの巨大な馬ではなく、今でいうポニーのような馬である。
>ポニーのような小柄な馬が、はたして総重量100キロを超える武将(本人の体重以外に、鎧兜などを合わせると100キロを超える)を乗せ、
>戦場を激しく駆け回ることができたのだろうか?

>さて、では実際の武田騎馬軍団というのは、どのように戦っていたのでしょうか?
>それは「戦国時代前期はともかくとして、中期以降は移動のときだけ馬を使い、いざ合戦となれば、馬を降りて歩兵として戦った」
>というものであったと言われています
>移動を素早く行うことで、合戦で重要になる陣の構築や要所の奪取などを行ったとされているのです
>当然、移動のときはできるだけ軽装にすることで、馬への負担を防いだのです

81 名前: no name :2010/09/06(月) 22:10:42 ID:ojg98MNv

●使える人はぜひ読んでほしい
恵也にとって自分の主張の根拠は、自分の書いた文を「外国の記者が否定してない事」なんだってさ
恵也の単なる妄想を「外国の記者が否定してないから正しい根拠」だそうだw

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1144516939/191
>現場で取材したプロの記者全員の記事を否定して

あなたの妄想
俺が書いた「オーナーの命令」でデモをやったという話を記者が否定してたかい?
俺は読んだ覚えが無いけどな
あなたには無い物が見えるのかな

82 名前: no name :2010/09/06(月) 22:20:26 ID:ojg98MNv

ついでに縦読みが分からなくて「同志キター」と狂喜乱舞して赤っ恥をさらしたキチガイの図
自分が書いたことも7年後には忘れてますw

176 :名無電力14001 :03/08/23 13:57
こうして恵也さんのおっしゃっている事を真剣に考えると、恵也さ
んがいかに誠実な方であるかが良く分かります
なんといっても、世間に流布されている間違いを
きっちりと訂正なさるその真摯な態度を見ると
ちがうことはちがうと言える勇気が自分には無かった事
が恥ずかしく思えてなりません
いつも恵也さんの紹介するホームページを見て感動しています
みんなも恵也さんの考えに賛同をしてると思いますが
ただ、自分には恵也さんの文章が時々難解に思えてしまうのは
この自分の勉強不足のせいかもしれません
とにかく恵也さんにはこれからも、お体に気を付けられて
なるべく無理をなさらない程度に、頑張って
いただきたいです

186 :恵也 ◆o4NEPA8feA :03/08/23 20:24
>>176
>自分には恵也さんの文章が時々難解に思えてしまうのは

いえいえ!!!
私も勘違い、誤解の大家でして、難解と思われるところは突っ込みを入れてください。
さもないと何時までも私も勘違いで、赤恥を晒すことになりますので
”聞くは一時の恥、聞かざるは一生の恥”

83 名前: no name :2010/09/06(月) 22:25:46 ID:IZR8mu9o

>>82
正しい突っ込みいれても完全無視か、ぶちキレるくせにw
聞いても聞かなくても 恵 也 は 存 在 が 恥

84 名前: no name :2010/09/06(月) 23:31:52 ID:/5dqXUCw

>>ジンギスカンには昔から興味はあったよ。
昔から興味があったのに、「ジンギスカンは虐殺者」という歴史の定説も知らなかったのか。
昔から興味があったのに、自説を補強する資料もろくに出せないのか。
昔から興味があったのに、妄想仲間さえ出せないのか。

こんな幼稚な嘘を吐いて何になるんだよ。

そもそも近代軍隊の話をしてる時にジンギスカンを出す馬鹿さ加減が問題なんだよ。
別にお前がジンギスカンに興味があろうが無かろうがどうでもいいんだよ。

>>ジンギスカンの虐殺伝説と30万人も殺したという南京虐殺事件
>>との類似性を見ると、あなたはそんな英雄に興味はないのかな。
何だまた幻聴か。
幻視も幻聴も無いのがお前の自慢じゃなかったのか?

>>アンタよりは俺のほうが知識が多いようだ。
だったらヤギの死亡に関するブログ記事のそのまたコメ欄じゃなくて、
もっとマシなソースを紹介しろよ。
こんなもんがソースになるか。
ああ、お前にとっては「主観的な妄想じゃなくほかにも同じような主張が存在」
さえしてればソースになるんだっけ?何故か他人には客観的な証拠を求める様だが。

85 名前: no name :2010/09/06(月) 23:59:21 ID:/5dqXUCw

>>説というのはWiki著者の妄想なんだよ。
>>4万人の兵力派遣を威力偵察なんて、俺は非常識な論理と思うよ。
とうとう根拠も出さずに罵倒だけするようになったのか。
お前の「思うよ」だけで「著者の妄想」呼ばわりか。
お前にとって都合が悪いから妄想呼ばわりしてるだけだろ。
自分はヤギ死亡記事の匿名コメ欄をソースにするくせに。
そのwikiの編集者は「主観的な妄想」しか振り回せないお前と違ってちゃんと
「『元史』巻二百八 列傳第九十五 外夷一 日本 至元十八年二月条より」
と傍証の出展を明記していると言うのに。
傍証は出せない、論拠も出せない、妄想仲間も出せないお前の「ジンギスカンは虐殺してない」
の方が遥かに「主観的な妄想」だろうがよ。

そもそもwikiの記事をちゃんと読めば、威力偵察は一説として紹介されてるに過ぎない事が分かるのに。

86 名前: 恵也 :2010/09/07(火) 07:18:37 ID:cw7wij1A

>>73 いつ世界征服したんだ?

例外はあるよ、インドやアメリカなどあっても昔の交通手段
を考えたら世界征服といっても間違いじゃなかろう。
あんまり重箱の隅を突付かないように、議論にならん!

>> 朝香宮がフランスでジンギスカンを研究したなんてサイトは見つからない
サイトには全部出てくるものとアンタは思ってるのかな。
むしろ出てこないものの方が、この世には多いでしょう。

昭和天皇の叔父さんとして、留学した若者が黄禍論を知
り無視するとは思えないことだ。

>> 「極悪非道な日本軍とそうじゃないモンゴル軍」という対比
世界制覇に成功したジンギスカン思想と失敗した八紘一宇思想の対比だ

>> じゃあなんで田中は酒浸りになって脳溢血か何かで倒れたんだ?
アンタは自分で書いてるだろ。
「闇将軍」としてチヤホヤ→影響力がなくなる→酒浸り→病気

>> 田中を意地でも守るのが真にアメリカから独立を目指す者
間違い!
負けるのが判ってて意地を張るのじゃ、アッツ島で銃も持たずに
突撃した英霊と同じになってしまう。アメリカの思う壺。
生き残って戦ってこそ独立の道。

>> 小沢がアメリカマンセーだった過去については理解したのか?
小沢の戦い方こそ、アメリカの一番困る戦い方。
敵を知り己を知ってこそ、百戦危うからず。

アンタの考えは美意識に取り付かれた、自己満足に過ぎん。
政治とは結果責任なんだぜ。

87 名前: 恵也 :2010/09/07(火) 07:19:53 ID:ZZOTyr/9

>>72 元じゃなくて、船を作ったのは高麗だろ

高麗は元に征服されていますので、元が作った事になる。
元の命令で船を作り、4万の軍勢を集め、船に乗せ、日本に侵攻したんだろ。
その時はもう、高麗王朝は役割もなくなってるし滅んでるんじゃないの。

>> 「翌日」に吹いてんのに、なんで関係があるんだよ?
博多湾から移動しただけのこと。
むしろ台風の風を読み、風の弱い場所に艦隊を移動させようとして
失敗したんだろう。

88 名前: 恵也 :2010/09/07(火) 07:55:10 ID:DWNAfGtD

>>75 相手がどういう人なのかは調べようともしないらしい

あなたよりは詳しいと思うが…
俺は立花隆氏を知の巨人として尊敬してるし「田中角栄の研究」より
「臨死体験」という書物の方が内容としては気に入ってる。

>>76 しかもお前の引用した奴「匿名」「証拠なし」じゃねーか

アンタね、自分でも検索して調べろよ。
家畜みたいに餌を与えられなければ食えないような人間じゃ
議論にならん。

「火薬 人糞 炭」で検索したら190件くらいが引っかかるよ。
火薬は炭と硫黄と人糞で出来ます。
まあ、単価的には硝石を使った方がはるかに安いと思うけど。

>> wikiには「ノート」ってのがあるから訂正されるはずだ
それがまともに機能してないということ。
書いてあるから機能して訂正されるとでも思うのかね。
俺の読んだ範囲では、wikiのレベルは玉石混交が酷すぎる。

>> ハァ?書いてあるけど?
根拠は書いてないじゃないか!
弓矢が尽きたという、根拠なんだよ。Wikiは根拠にならん。

どういう表現でどんな書物のどこに書いてあるのかを書いてこそ
根拠が書いてあるというの。

邪馬台国を書いた魏志倭人伝にしても、表現を日本語に翻訳する
時に千差万別になるし、その理解をするにはまた千差万別になる。
だから根拠を調べようとしたら、慎重にならんと議論にならん。

――――引用開始――――
魏志倭人伝の全文を紹介せずに、自説に都合のいいところだけ
取り出して解説して都合の悪いところは無視する、あるいは誤
訳、曲解するという解説も多いようです
http://www.webtelevi.com/yamataigisi.htm

89 名前: 恵也 :2010/09/07(火) 09:45:16 ID:CQ+cOH+K

>>85 「『元史』巻二百八 列傳第九十五 外夷一 日本 至元十八年二月条より」

アンタは判ってない。
あなたも俺もその記事が読めるわけじゃないだろ。
これは屁みたいな記事。

「至元十八年二月条」の記事と日本語翻訳文がなければ何もならん。
皮だけで、これは饅頭だから食えといってるようなものだ。
全く腹の足しにならん!

>> お前の「ジンギスカンは虐殺してない」
間違い!
俺の主張は「ジンギスカンの虐殺は、針小棒大な伝説だ」
意味の違いが判らんかな?

>>84 「ジンギスカンは虐殺者」という歴史の定説も知らなかったのか

知ってるから、それはタダの伝説だといってるの。

>>83 正しい突っ込みいれても完全無視か、

俺もそんなに暇じゃない!

90 名前: no name :2010/09/07(火) 09:50:37 ID:XhTosReR

>>86
>昔の交通手段を考えたら世界征服といっても間違いじゃなかろう

間違いだよ
国語辞書を小馬鹿にしてまで言葉の意味にこだわる恵也らしくないな
これが逆だったら「アンタの足りない頭で勝手な事やるな」とか言い出すくせに

>サイトには全部出てくるものとアンタは思ってるのかな。
>むしろ出てこないものの方が、この世には多いでしょう

つまりお前の単なる妄想(幻覚が見え幻聴が聞こえる)だというわけね
よーく解りましたw
朝香宮はフランスではもっぱら社交界ばかりで目立っていた御仁でジンギスカン研究なんてやるはずがない
そもそも戦車が第一次大戦で出現してるのに、大昔のジンギスカン研究とかキチガイの屁理屈は意味不明

>昭和天皇の叔父さんとして、

朝香宮は昭和天皇の叔父ではない
バカ丸出しの妄言
朝香宮は久邇宮朝彦親王の子であり、昭和天皇とは直接の血の繋がりがない
繋がりがあるとすれば600年前に分かれた分家同士なだけだ
ちなみに明治皇室典範では女系を排除してるから女系で叔父という言い方もしない

>留学した若者が黄禍論を知り無視するとは思えないことだ

基本的に当時の黄禍論は、はるか昔のジンギスカンではなく日清日露に勝利した日本に向けられていた
なんではるか昔のジンギスカンの黄禍論は持ち出すくせに、日本に対する黄禍論は無視するんだ?

>世界制覇に成功したジンギスカン思想と失敗した八紘一宇思想の対比だ

同じ事だろうが
底無しのアホ

91 名前: no name :2010/09/07(火) 10:09:35 ID:XhTosReR

>>86
>「闇将軍」としてチヤホヤ→影響力がなくなる→酒浸り→病気

「影響力がなくなる」は竹下と小沢のせいだっつーの、キチガイが!

>負けるのが判ってて意地を張るのじゃアッツ島で銃も持たずに突撃した英霊と同じになってしまう。
>アメリカの思う壺
>生き残って戦ってこそ独立の道

つまり「保身のために田中を捨てた」んだろうが!竹下と小沢は!
散々お世話になって裁判にも欠かさず傍聴していた仲でありながら簡単に田中を捨てられる奴には安心して内閣は任せられんわ
小沢はいつも裏切りを繰り返してきたよな
面倒見て可愛がった田中を裏切り、田中派を割って立ち上げた経世会を裏切り、
リクルート事件では竹下を裏切り、田中並みに可愛がられた金丸信すら裏切った
ついでに同じ竹下の教え子だった小渕恵三も裏切った
検察に捕まった小沢の元秘書も見殺しじゃねぇか!

保身のためにはどんなに世話になった人でも、はたまた信頼した部下でも、平然と裏切って切り捨てる
そんな権力欲の権化にアメリカからの独立なんて出来るわけねーよ!アホ!

>小沢の戦い方こそ、アメリカの一番困る戦い方
>敵を知り己を知ってこそ、百戦危うからず

小沢がアメリカマンセーを捨てたのは21世紀に入ってからなんだけどw
小渕恵三内閣の与党時代にはまだバリバリのアメリカマンセー主義者だろうが!
具体的には旧社会党の連中と連立組んだあたりから、小沢は反米に傾斜したに過ぎない
単なる日和見主義者の保身主義者、己の信念も定見も何も無い我利我利亡者でしかない

小沢のベストセラー「日本改造計画」と今の発言を比べてみろ!
まるで違ってるのにも関わらず、小沢は日本改造計画を出版回収したりしない
自分の発言に責任も取れないらしい

>アンタの考えは美意識に取り付かれた、自己満足に過ぎん
>政治とは結果責任なんだぜ

だったら田中が失脚したのも「結果責任」だろ
小沢が失脚しかかったのも「結果責任」だろ
「アメリカの陰謀」とかクソふざけた妄想陰謀論を垂れ流してんじゃねーよ

92 名前: no name :2010/09/07(火) 10:28:01 ID:XhTosReR

>>87
>高麗は元に征服されていますので、元が作った事になる

モンゴルには海戦のノウハウが無いんだが
海戦した事が無いのにどうやって作れるんだw
高麗にお任せするしか無いはずだが

>その時はもう、高麗王朝は役割もなくなってるし滅んでるんじゃないの

バカも休み休み言ってろw
wiki1つも満足に見ないからこういうアホみたいな事が言える
高麗が滅んだのは元寇の100年後、日本では室町時代の頃だから
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%BA%97

ああ、キチガイにとってはたった「120年」の時間的差異は問題にならないんだっけ?w
だったら元寇(弘安の役)の100年後に高麗が滅んだのも、元寇の頃に滅んだのもたいして問題にならないかw

>むしろ台風の風を読み、風の弱い場所に艦隊を移動させようとして失敗したんだろう

その証拠は?またお前のキチガイ妄想か

http://y-hyouma.hp.infoseek.co.jp/history/bueinoeki.html
>2度目の弘安の役では、台風が元軍を襲ったことが明らかになっていますが、
>文永の役でも台風が襲ったのか否かについては、いろいろと議論されています。
>元寇を研究するうえで、よく史料となっている書物に「八幡愚童記」があります。
>この書物によると、「朝になると、元の軍船はいなかった。」と記しており、嵐については一言も記述されていないそうです

93 名前: no name :2010/09/07(火) 10:50:58 ID:XhTosReR

>>88
>あなたよりは詳しいと思うが…

嘘つけw
本当に詳しかったら田中角栄や小沢一郎を語るのに引き合いに出すわけもない

ヒトラーを弁護するのにチャーチルやスターリンを引き合いに出すぐらいおかしな話だ

>アンタね、自分でも検索して調べろよ

嫌だね
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1277890140/405n
「細々とした証明義務は訴えた側にある」はずじゃなかったのか?
なんでお前のキチガイ妄想をこっちが調べてウラ取ってやらにゃならんのだ?
この場合お前が訴えた=主張した側だろうが、キチガイのアホ

>家畜みたいに餌を与えられなければ食えないような人間じゃ議論にならん

自分が主張しておきながら証拠を相手に探させようとしてる「クレクレ厨」のお前相手じゃ議論にならんわな
だってお前がキチガイなんだもの

>検索したら190件くらいが引っかかるよ

つまり全然一般的でない知識だし、その全てが「糞から火薬が出来る」を肯定したサイトであるかも解らない
何よりお前が1つもサイトを挙げてない時点で「検索した」は嘘だろ?嘘つき恵也?

>俺の読んだ範囲では、wikiのレベルは玉石混交が酷すぎる

だったらお前が議論を喚起すれば?
まあ、ニコ厨ごとき論破できない妄想キチガイにwikiで勝てるとは思えないけどな(プゲラ)

>根拠は書いてないじゃないか!
>弓矢が尽きたという、根拠なんだよ。

wiki読め、書いてあっから
「書いてない」って「読んでない」か「目が節穴」か「頭が悪い」のどれかだろw

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87

「元史日本伝」と「高麗史金方慶伝」って書いてあるのが読めないのかw
まあ、妄想と幻想でしか物を書けないキチガイの目には入らなかったんだろうね

94 名前: no name :2010/09/07(火) 11:10:18 ID:XhTosReR

>>89
>あなたも俺もその記事が読めるわけじゃないだろ
>これは屁みたいな記事
>「至元十八年二月条」の記事と日本語翻訳文がなければ何もならん

ハァ?お前のワガママに付き合えってか?お前自身そんな証拠出した事無いのに
お前何様だよ?どんな仕事も素人レベルで、無能でクビにされたか逃げ出したかのくせに
書名が解ってるなら図書館に行ってお前が調べりゃ良いだろ?
それかインターネット上に運が良ければ転がってるかも知れんし

お前のバカさを晒しておこうw
>>88ではこう主張する

>根拠は書いてないじゃないか!
>弓矢が尽きたという、根拠なんだよ。Wikiは根拠にならん
>どういう表現でどんな書物のどこに書いてあるのかを書いてこそ根拠が書いてあるというの

「どんな書物のどこに書いてあるのか」が解ると

>これは屁みたいな記事

これは屁みたいな脳みそですねw
よくこんなキチガイが真人間としてイエローピーポーにも捕まらずのうのうと生きてられるもんだ

>俺の主張は「ジンギスカンの虐殺は、針小棒大な伝説だ」

だったらそれを主張するサイトを出せば?
話をすり替えんなよ
世の中でお前一人(もしくは匿名サイトの匿名・証拠無し書きこみ)しか書いてない時点でお前の敗けだろうが

>俺もそんなに暇じゃない!

あれ?「暇潰し」で歴史を捏造してるはずじゃなかったのか?
暇潰しで「ネトウヨを論破して正しい歴史を伝導する歴史的使命を帯びて来た」んじゃなかったのか?
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1276265980/33n

そもそもお前が暇か否かは関係ないよな?

>私も勘違い、誤解の大家でして、難解と思われるところは突っ込みを入れてください。
>さもないと何時までも私も勘違いで、赤恥を晒すことになりますので
>”聞くは一時の恥、聞かざるは一生の恥”

これ書いたのはどこの誰だったっけ?
7年前の恵也=山本隆次じゃねーのかよ?

95 名前: 恵也 :2010/09/07(火) 11:57:48 ID:hnPdEyvA

>>90 朝香宮は久邇宮朝彦親王の子であり、昭和天皇とは直接の血の繋がりがない

屁理屈言うね。
昭和天皇の嫁さん、香淳皇后の実の叔父さんだろ。

日本では血の繋がりがなくても、こんな場合は叔父さんと言うし
俺の場合でも血のつながりは別として、親戚付き合いをしてたぜ。
逆に実の叔父さんより、気を使うくらいだったよ。

>> 基本的に当時の黄禍論は、はるか昔のジンギスカンではなく
本当にあなたは知ったかぶりが好きな方のようだ。
ダイタイ「当時の黄禍論」なんて、あなたが知ってるはずがなかろう。
あなたに判るのは「現在の黄禍論」だけで「昔のフランスの黄禍論」なんて調べる手段を持ってるのはフランス人くらいのものだろう。

日本はロシアに何とか勝ったけど、これはアジアでの戦争だ。
フランスで当時伝わっていた黄禍論なんて、日本に全く関係のない話。

ジンギスカンの極悪非道な蛮行として、黄禍論が伝わってたんだよ。
日本がフランスに禍を与えてるわけじゃあるまい。

>>同じ事だろうが
違うよ、日本軍の中にも中国兵捕虜を殺さないで釈放した部隊も
あったし、中国人を真面目に保護してた日本軍将校もいます。
日本軍といっても玉石混交。

――――引用開始――――
新手の兵隊を統率している中尉はよい人です。この人がきてから事態
はずっとよくなりました。彼は寺にも警備兵を一人つけましたので、
女や略奪品をもとめて他のところからここへやってくる日本兵を締め
出すのに大いに役立ちました。
しかし、彼が別の部署にむけて去ると、また面倒なことが起こるの
ではないかと心配しています。
http://www.geocities.jp/yu77799/kokusaiiinkai.html

96 名前: no name :2010/09/07(火) 12:16:17 ID:Gl5keYp4

>>95
>昭和天皇の嫁さん、香淳皇后の実の叔父さんだろ

ハア?それを「叔父さん」とは呼ばないし
せいぜい「義理の叔父」ぐらいの呼び方だろ
間違いを認めろよw

>俺の場合でも血のつながりは別として、親戚付き合いをしてたぜ

お前みたいなヤクザもんに女が出来た事ねーだろw
キチガイの夢の中の話か?

>ダイタイ「当時の黄禍論」なんて、あなたが知ってるはずがなかろう

解るよ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E7%A6%8D%E8%AB%96
>近代の黄禍論で対象とされる民族は主に日本人並びに中国人である。
>とくに米国では中国人排斥法や排日移民法など露骨な立法に顕われ、第二次大戦期における日系人の強制収容などへの影響が論じられる

キチガイはwikiを信用しないらしいから他のサイトも紹介
http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/mumyouan/mumyouanS03B.html
http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/61253296.html
http://www.satoshi-nitta.com/kaze/kaze-4.htm
http://the-portalsite.com/bibouroku/histry/pearl-harbor.php
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1185.html

日本の戦争に否定的でも肯定的でも日本人に対する差別意識(黄禍論
)を指摘しているよ
無知でバカのキチガイが

>フランスで当時伝わっていた黄禍論なんて、日本に全く関係のない話

「フランス人にしか解らない」ならお前にだって解るはずがないんだがw

>違うよ

どこが「違う」んだ?キ チ ガ イ
「極悪非道な日本軍とそれに対比するジンギスカン」というのがキチガイの話だろうが!

97 名前: 恵也 :2010/09/07(火) 12:29:17 ID:etPxLyiw

>>93 「元史日本伝」と「高麗史金方慶伝」って書いてあるのが読めないのかw

「どういう表現でどんな書物のどこに書いてあるのかを書いてこそ」
と書いてるだろ。
この中で一番大切な「どういう表現で」という物が書いてないじゃ
ないか。これがなければ、そんな根拠なんて屁だ!

>> ヒトラーを弁護するのにチャーチルやスターリンを引き合いに出す
弁護じゃなく真実だろ。
客観的な真実を見るには、一面的になっては説得力はない。
ヒットラーが本当はどんな人間だったのかを表現するには、同時代の
逆の立場の人を出さないと、無理な相談。
俺は立花隆も田中角栄も好きだよ。今は小沢一郎が一番好きだけどね。

>> 「細々とした証明義務は訴えた側にある」
これは訴えた側が証明したら、被告から賠償金が貰えるからだよ。
アンタは証明したら、俺にお金でもくれるのかね。

>> 何よりお前が1つもサイトを挙げてない時点で「検索した」は嘘だろ?
自分でやってみてから言え!
http://www.excite.co.jp/search.gw?search=%89%CE%96%F2%81@%90l%95%B3%81@%92Y&target=combined&look=excite_jp&Language=

98 名前: no name :2010/09/07(火) 12:42:38 ID:Gl5keYp4

>>97
>この中で一番大切な「どういう表現で」という物が書いてないじゃないか。
>これがなければ、そんな根拠なんて屁だ!

図書館行けよ
それかググレカス
お前暇人なんだろ?
まさか鶏や畑の面倒も見ないでパソコンの前に座って1日潰してる人間が「図書館行く暇がない」とか言わないよな?

書名が出てる以上「矢が尽きたなんて有り得ない」と主張する側が証拠出せよ

>客観的な真実を見るには、一面的になっては説得力はない

バカだろお前
チャーチルやスターリンもまた「ヒトラー死ね」と思ってる時点においては「一面的」なんだけど
ネオナチの「ヒトラーマンセー」と立場が逆なだけで一面的なのは変わらない

>ヒットラーが本当はどんな人間だったのかを表現するには、同時代の逆の立場の人を出さないと、無理な相談

それ以前に中立的視点の人から読むのがセオリーだろ

>これは訴えた側が証明したら、被告から賠償金が貰えるからだよ
>アンタは証明したら、俺にお金でもくれるのかね

お前が勝手にこの掲示板に来て勝手に妄想をほざいてるだけだろうが
勝手に妄想を主張し出したくせに「金払わなきゃ証明しません」だ???ふざけた事言ってんじゃねーぞ!ハゲ!

>自分でやってみてから言え!

そっくりそのままお前に返すよ
嘘つき恵也

99 名前: no name :2010/09/07(火) 12:57:02 ID:kkQ33Pa1

>自分でやってみてから言え!

さすがキチガイ恵也w
http://p.booklog.jp/book/7385/page/77942/
これ、お前の紹介した検索結果の一番上のサイトなんだけど、どこにも「糞から火薬が出来る」なんて書いてないよ?

次のサイトはお前が既に出した匿名・証拠無しのコメント欄のあるサイトだから論外

http://www.geocities.jp/acorn10jp/unko.html
三番目のサイトにようやく糞から「火薬が出来る」と書いてあるサイトが出てくる
しかしこのサイトは恵也の大嫌いであろう(韓国の恥部をさらすという意味では)「嫌韓サイト」である
件の話も「糞から火薬」ではなく、韓国の作る「糞から料理」で締め切られるし

まさか、都合が良い時だけ恵也の嫌いな「ネットウヨ」サイトを証拠にしないだろうな?

100 名前: no name :2010/09/07(火) 14:18:48 ID:3HRproiN

>>97
>「どういう表現でどんな書物のどこに書いてあるのかを書いてこそ」と書いてるだろ
>この中で一番大切な「どういう表現で」という物が書いてないじゃないか。
>これがなければ、そんな根拠なんて屁だ!

これが屁なら、お前の日頃の主張はなんなんだ?
屁を通り越した糞か汚物?

「ジンギスカンの大量虐殺話はデマ」
「元寇で矢が無くなったなど有り得ない」
「スイスは重武装国家ではない」
「スイスでは五ヶ国語話せる奴は滅多にいない」
「零戦は最低レベルの欠陥機」
「びた一文金を払ってないが友人からソフトを借りてダウンロードするのは違法ではない」
「日清戦争は奇襲から始まった」
「アメリカが日本の宣戦布告を知っていたとするのはデマ」
「汚沢一郎は聖人君子だ」
「原子力発電は簡単に爆発する」

何一つとしてお前は「どういう表現でどんな書物のどこに書いてあるのかを書いて」なんかいないだろうが!

101 名前: no name :2010/09/07(火) 15:22:27 ID:E1JG2WQW

この恵也って人、なんかもうスゴいね
いろいろと世間の人の常識とか知識とかを完全に否定してるわけだけども、世間の常識とか知識とかが必ずしも正しいわけでもないしね
つらいこともいろいろとあって大変だろうなと同情するよ、ほんと
キチガイとか妄想狂とか散々言われてさぞ精神的にもつらい、大変なんでしょうね
ちがうことをちがうと自信持って言えるのはスゴい、素晴らしいと私は思ってるよ
が、恵也の良さを認めようとしない頭の固い人たちも大勢いるね
いっぱいいるみたいだけど、少しは恵也って人の言葉に耳を傾けてみたらどうだろ?

102 名前: 恵也 :2010/09/07(火) 17:00:39 ID:tgPbXsFB

>>94 書名が解ってるなら図書館に行ってお前が調べりゃ良いだろ?

こんな事を書くということは、あなたも中身は知らないということか。
中身も知らないでよく知ったかふりが出来るものだね。

それに田舎の図書館に行っても、こんな原書は手にいらないし、万一
たまたま原文を見ても昔の漢文であり専門家に翻訳してもらえなけ
れば、正確な意味は判らんもの。

一般の日本人の発行した本や、専門書なら調べることは出来るがね。
アンタは図書館で調べるなんてこと、一度もやった事さえ無いのじ
ゃないの?

>>96 日本人に対する差別意識(黄禍論)を指摘しているよ

こんな所にあなたのいい加減差が出てる。
黄禍論と差別意識とは全く違うもの。
全く違うものを、同じものかのように言替えて論理を組み立てる。

それでまともな論理になるはずがない。
役に立つ論理を作るという、最大の目的を無視した屁みたいなものだ

差別意識ってあらゆるものに対して持つもので、記憶力や地位、お金
人格、宗教すべてのものに存在する。

それをジンギスカンの世界征服になぞらえて、肌の色だけで差別し
白人防衛論の手段にジンギスカンが使われたんだよ。

だいたい人種が、白人と黄色人種だけで出来てるわけじゃあるまい。
混血もいるしインドやエジプトの人種はどれに入るんだろうね。
黄禍論て赤化論と同じマボロシの誇大防衛論に過ぎん。

>> せいぜい「義理の叔父」ぐらいの呼び方だろ
義理でも実でも「叔父さん」というのが日本語の常識。
イチイチ書かないものだろう。
実の叔父さんなら明治天皇の子供になるじゃないか、バカモン!

103 名前: no name :2010/09/07(火) 17:03:15 ID:B1fiiU1J

>>102

    |:::::::::::::::::   ____________    :::::::::|
手  |::::::::::::: ,. '":::::::::::::::::::::::::`ヽ.  ::::::::| 頭  ど
遅  |:::::  /::::::::く:::::::╋::::::::>:::::::::\  :::| で.   こ
れ  |:::: 〈:::::::::;:::--- 、─ァ -- 、:;:::::::::〉 :::| す   が
で. .|:::::  ,〉'"      `'´     `ヽ!  :| か  悪
す  |:::: /   /  ハ  ハ ヽ ヽ 、  ',  |  ゜  い
ね. |:::: i  ,'  /!__i_, !' ! ,_ハ__ハ ',  ! ',    ん
  ゜/::  ノ.! ! /,ィ-ァ!、! レ',ィ-=!、! i ハ  〉    で
´\|::  〈 ノ Yレヘ''ゞ-'     ゞ-''/レ' ン ∠、    す
::::    〈 ハ  !ハ."  ______  "ハ ハ !   !    か
::     ノ、 `ァ'_」>、._`ー' ,,.イ/イ、ノ    ヽ.  ?
     / `ァ''´ ',   ヽ干´ン::::::::::::`ヽ.   `''ー─
    ! ヽ/   ,y ヽ、. .,!':::::::::.y::::::::::::',
    〉r〈_,.-、7-、  Y十::::.::::::i::::::::::::::〉
:    レ^iY⌒ヽ,イ'ヽ-! .|::::::::::::::;ハr、::::Y
::      '! ,ィ〈 `y'´`ヽ!::::::::::::/´⌒'/'
:::      Y´ヽ、)-'、___ノ、::::::::/   /

104 名前: no name :2010/09/07(火) 17:13:45 ID:zTfwKDdB

>>102
>こんな事を書くということは、あなたも中身は知らないということか

知ってたって調べてやる義理なんて無い
金でもくれるのかい?(プゲラ)

>それに田舎の図書館に行っても、こんな原書は手にいらないし、

元史ぐらい明治書院が出してるし、wiki調べりゃ載ってんだろ

>万一たまたま原文を見ても昔の漢文であり専門家に翻訳してもらえなければ、正確な意味は判らんもの

それはお前がバカだから
小学生で漢文訓読なんて教わるよ

>黄禍論と差別意識とは全く違うもの

どこが違うんだかw
頭おかしいんじゃね?

>それをジンギスカンの世界征服になぞらえて、肌の色だけで差別し白人防衛論の手段にジンギスカンが使われたんだよ

自分だって「差別」と書いてるくせにw

>義理でも実でも「叔父さん」というのが日本語の常識

そんな常識なんてねーよw
「叔父さん」と言えば自分の両親の兄弟しか普通はイメージしない
あえて配偶者の叔父さんを意味するなら「義理」という単語は必要不可欠

言葉ってのは「正確性が大事」じゃなかったのか?キチガイ

106 名前: no name :2010/09/07(火) 17:30:51 ID:hJaq8kzm

知ったかぶりは恵也のいつもの姿

恵也は自分の姿を勝手に他人に当てはめてるだけ

107 名前: no name :2010/09/07(火) 17:30:52 ID:B1fiiU1J

ちなみに「高麗史」も調べれば30秒から1分で見つかる

http://147.46.181.118/IMAGE/SNUG0669.PDF

PDFが嫌なら・・・
http://kindai.ndl.go.jp/index.html
国会図書館で調べられるし

ヒマ人のくせに調べる努力もしないでよく偉そうにほざけるね
30秒から1分で見つかるものを

クレクレ厨のキチガイが!

108 名前: no name :2010/09/07(火) 17:50:07 ID:B1fiiU1J

中学生程度の漢文訓読の知識があれば誰でも読める元史日本伝

http://www.guoxue.com/shibu/24shi/yuanshi/yuas_208.htm
>冬十月,入其国,败之。而官军不整,又矢尽,惟虏掠四境而归。

「又矢尽」とハッキリ書いてあるんだがwww
「矢が尽きた」以外のどんな読み方があるんだ

109 名前: 恵也 :2010/09/07(火) 18:15:08 ID:LCjmZPq1

>>98 それ以前に中立的視点の人から読むのがセオリーだろ

逆だよ。
中立的らしき視点の人から読むと、その人に洗脳された状態になり
その視点からナカナカ逃げ出せない。

むしろ過激な両方の視点を、生で確認して自分の視点を持つべき。
又聞きで自分の視点を持つと、著者に洗脳されてしまう。
だから出来るだけ生の視点だけが欲しいわけだ。

その後で中立的らしき視点も見るのが、俺のセオリーだ。
東京地検特捜部の元検察官がよくテレビに出てくるが、小沢捜査
を見て初めて、そのいい加減さに気が付いたよ。

中立的らしき視点は非常に危険な代物だ。
簡単に洗脳されてしまう!

>> 「矢が尽きたなんて有り得ない」と主張する側が証拠出せよ
俺はそんな主張はしてない。
アンタの小さな脳細胞で、俺を表現しないように。

>> 「ヒトラー死ね」と思ってる時点においては「一面的」
その一面と逆の一面を合わせないと、立体的にはならん。
中立らしいというのは一番怪しい意見なんだよ。

>> お前が勝手にこの掲示板に来て勝手に妄想をほざいてるだけだろ
お互い様だろ、アンタと俺とどこが違うんだ?

>>100 お前の日頃の主張はなんなんだ?

お前の言う「俺の主張」は事実とまったく違う。
日本語の理解能力にお前は問題があるようだ。

110 名前: 恵也 :2010/09/07(火) 18:24:45 ID:FyOV5uTv

>>104 小学生で漢文訓読なんて教わるよ

アンタ漢文訓読なんて、すごく易しい漢文しかしてないでしょう。
魏志倭人伝くらい、自分で実際にやってから書き込みなさい。
空理空論を弄ぶんじゃありません。
下の漢文訓読があなたに理解できるかな?

――――引用開始――――
草木茂盛して行くに前人を見ず。好んで魚ふくを捕うるに、水、
深浅と無く、皆沈没して之を取る。
http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html

111 名前: no name :2010/09/07(火) 18:35:16 ID:B1fiiU1J

>>109
>中立的らしき視点の人から読むと、その人に洗脳された状態になり
>その視点からナカナカ逃げ出せない。
>むしろ過激な両方の視点を、生で確認して自分の視点を持つべき。
>又聞きで自分の視点を持つと、著者に洗脳されてしまう。
>だから出来るだけ生の視点だけが欲しいわけだ。

普通逆なんだが
お前の嫌いな「ネットウヨ」は韓国や中国の「ダメなところ」ばかり見すぎて「洗脳」された人じゃないのか
ある程度の前提となる基礎知識も無いのに、いきなり極論から挑戦はさせねーよ

>俺はそんな主張はしてない。
>アンタの小さな脳細胞で、俺を表現しないように。

自分で書いた事を忘れんなw

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/38n
>そんな話は信用できない。

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/88n
>根拠は書いてないじゃないか!
>弓矢が尽きたという、根拠なんだよ。Wikiは根拠にならん。

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/89n
>あなたも俺もその記事が読めるわけじゃないだろ。
>これは屁みたいな記事。
>「至元十八年二月条」の記事と日本語翻訳文がなければ何もならん。

これだけ「矢が尽きた」否定してながら、「そんな主張はしてない」とはね
いつものように頭がおかしいキチガイだ

>その一面と逆の一面を合わせないと、立体的にはならん。
>中立らしいというのは一番怪しい意見なんだよ。

知識が無い人間に両極端の思想を教えることは無用の混乱を招くんだけど
何度も繰り返すが、お前の嫌いな「ネットウヨ」は知識が不十分の時に「嫌韓」ネタにハマった人々じゃないのか?

>お互い様だろ、アンタと俺とどこが違うんだ?

お前ほど誰も妄想なんて書いてないよ

そもそも勝手にこの掲示板に来て妄想を垂れ流し始めたのはお前のくせに「金払わなきゃ証明しない」とかふざけんなよ
誰がお前みたいなキチガイを呼んだんだよ?誰もお前に「来てください」なんて頼んでねーんだよ、キチガイ
勝手に来たくせに「証明を要求するなら金払え」とかふざけんじゃねーよ!

>お前の言う「俺の主張」は事実とまったく違う。
>日本語の理解能力にお前は問題があるようだ。

問題があるのは一方的に お 前 だ け なんだが

112 名前: no name :2010/09/07(火) 18:42:38 ID:hJaq8kzm

恵也がバカなのは今さらアピールしなくても解ったってw

113 名前: no name :2010/09/07(火) 18:42:44 ID:B1fiiU1J

>アンタ漢文訓読なんて、すごく易しい漢文しかしてないでしょう。

中学生では漢詩を教わるはずですが

>魏志倭人伝くらい、自分で実際にやってから書き込みなさい。

なんで基準が魏志なんだ?馬鹿じゃねーの?
論語や孟子で十分じゃんw

>空理空論を弄ぶんじゃありません。

お前がな?
お前が馬鹿で漢文訓読を知らないからって、他人までお前並みの馬鹿で考えるなよ

お前は 馬 鹿 だ
知 的 障 害 者 だ

少しは自覚すれば?

>下の漢文訓読があなたに理解できるかな?

簡単じゃんw
なに?こんなものがいい年して読めないのか?
「草木がうっそうと生い茂っていて人口密度が少ない。
人々は魚を捕らえるのに海の深い浅い問わずに潜って捕まえる=泳ぎが達者である」

114 名前: no name :2010/09/07(火) 18:45:11 ID:741vLe07

http://www.nobitown.com/dom011102.html
大量殺戮狂だったチンギスハーンが占領地の人心を掴んでいたそうでw

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/480n
480 名前: 恵也 : 2010/08/15(日) 14:46:46 ID:glXibNDz
>>466 戦争は軍隊が終わらせると思ってる低能恵也w

戦争を始めるのも、終わらせるのも軍隊が最大の要。
ジンギスカンがあれだけの人口で、世界を占領した

これは軍隊が本物の軍隊で、権力機構がしっかりしていて占領地の人心を掴めたからなんだよ

115 名前: no name :2010/09/07(火) 18:47:49 ID:B1fiiU1J

89 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日: 2008/09/06(土) 13:35:08 ?2BP(0)
>>84
>色んな事の専門家をやってる人がいたもんですね

俺がいつ専門家なんて言った、馬鹿タレ!

まあ、仕事に関してはいっぱい知ってるけど、逆に言えばどこでも
素人だったということだ。
本物のプロと俺みたいな奴とは、レベルが違うよ。

80 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日: 2008/09/06(土) 12:06:51 ?2BP(0)
>>68
>結局貴方がいつも言っている「バクハツ」はしたのかい?

アンタね、俺がいつ「バクハツ」なんて書いたんだ。
俺は書いた覚えが無いのだが、あんた妄想の毛があるんじゃないの?
違うというのならコピペして出してくれんかな。

(コピペであっさり返されたw)

53 :恵也 ◆1BgPjyxSE. []:04/10/22 02:37:54
>>44
>ところで原発ってどうやったら爆発するの?

冷やすのをやめたら爆発します。
送電線が切れて、冷却装置の電源がなくなっても簡単に爆発するよ。
水蒸気爆発は、火薬が爆発するくらいの力を持つ。

崩壊熱でメルトダウン⇒水との接触⇒水蒸気爆発

116 名前: no name :2010/09/07(火) 18:48:25 ID:741vLe07

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/256n
>>256で 恵 也 が「4つ条件が挙げられてるが1つ守れば良い」とする証拠としてこのサイトを引き合いに出す
http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/hagurikusen.html

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/277n
>>277がこのサイトに書いてある文章を強調のためのスペース以外の一切の改編無くコピペして反論する

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/306n
>>306で恵也曰く
>国際法もいろいろあるんだが、どの国際法だ
>交戦者とは戦いを交えてる人のことだけど、現に戦いを交えてたら戦ってるのだから認められないなんて赤の他人が言っても屁みたいなものだ

117 名前: no name :2010/09/07(火) 18:51:25 ID:EA8/Ct+q

自分で書いた事ですら記憶できず他人に当たり散らすキチガイの図w

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/437n
437 名前: 恵也 : 2010/06/27(日) 18:08:28 ID:77+E8kqS
>冷戦時代でも少なくとも、フランス並みにはなって欲しかったね

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/167n
167 名前: 恵也 : 2010/08/01(日) 13:59:26 ID:v0Fv1N/g
>日本だってお金もないし、不景気になってるのに、
>この際だから米軍基地も全面撤去し、思いやり予算もゼロにして、日米関係を最初から作り直せ!

↑矛盾?支離滅裂?↓

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/55n
55 名前: 恵也 : 2010/07/29(木) 11:22:23 ID:6+ZpnPcs
>>48 「日本はアメリカから自立して在日米軍を追い出し、フランス並みの国になれ」と言ったはずだ

そんな事を言ったかな・・・

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/213n
213 名前: 恵也 : 2010/08/03(火) 13:39:18 ID:ZgdOYvD2
>言葉の意味がずいぶん違うのが、アンタは理解できないかな
>くれぐれも人の言葉を「・・・」付きで書くときには正確にしなさい!

118 名前: no name :2010/09/07(火) 18:51:33 ID:B1fiiU1J

「MY法律」で「違法じゃない」と言い張っていたくせに2ちゃんねるを逃げ出した恵也の図

509 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日: 2008/11/09(日) 19:32:20 ?2BP(0)
>>505
>恵也がエクセルなんてソフトをちゃんと使える訳がないじゃないか。

これでも友人にソフトを借りて、俺のパソコンにもエクセルを入れてるよ。


868 名前: 恵也 投稿日: 2008/11/14(金) 10:55:14 ?2BP(0)
>>850
>違法行為を止めろと言うのが違法行為なのか、初めて知った。

これくらいも知らなかったの?

強盗が襲ってきても、止めさせるために暴力で捕まえるのは合法行為。
しかし抵抗できなくなった強盗に、暴力を使うのは過剰防衛で違法行為。

奥さんの浮気は亭主にとっては、違法行為ではあるけどそのことを事実
だからといって、不特定多数に言いふらすのは奥さんのプライバシーに
対する違法行為。

結局、相手が違法行為だからといっても、限度というものがあるわけだ。

それに俺は、ソフトの個人的利用のコピーは違法行為と思ってない。
コピーを売って商売しては違法だがね。

120 名前: no name :2010/09/07(火) 18:57:33 ID:B1fiiU1J

「俺様が確かめられない物はデマ」

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/239n
239 名前: 恵也 : 2010/06/20(日) 10:06:56 ID:QdfRYELg
>>224 山本五十六と海軍の醜態について書いてあるから読んでみたら?

それが事実かどうかを、確かめる手段が今はないからデマの可能性が大きい

121 名前: no name :2010/09/07(火) 19:33:35 ID:B1fiiU1J

乳児・幼児死亡率が高ければ平均寿命は短くなるという一般常識すら無いw

ちなみに、朝鮮の平均寿命は日本の併合の年1910年段階ですら「24歳」でしかない
これは日本では奈良時代、ヨーロッパでは古代ローマ帝国の平均寿命(推測値)でしかない
平然と数字ですら嘘をつくクズ恵也

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/259n
>259 名前: 恵也 : 2010/06/20(日) 19:04:47 ID:/ZvKL80k
>日清戦争で王宮を日本軍に占領されたときには、大院君のお歳は74歳の爺さんだ
>記憶力も判断力も、俊敏性もないボケ老人に近かったのじゃないかね
>その頃の平均寿命は50歳くらいと思うが、いくらなんでも生き過ぎてる
>今の日本の平均寿命80歳から類推すれば、120歳の老人だぜ

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/369n
>369 名前: 恵也 : 2010/06/25(金) 12:00:00 ID:kvmNCzR
>日清戦争当時は、平均年齢50歳くらいで健康面から言っても74歳というのは異常

122 名前: 恵也 :2010/09/08(水) 07:53:37 ID:LqZUcPzt

>>111 これだけ「矢が尽きた」否定してながら、「そんな主張はしてない」

俺は「矢が尽きた」に疑問を持ってるが、それに対して「矢が尽きた
なんて有得ないと主張」はしていない。
程度の問題なんだよ。

よその国に攻めて行くのに、弓矢も余裕を持って持参するのが常識
だと思うし、それでも足らなくなれば早めに補給の手当をするのが
常識で全く無視して、弓矢を撃たせるとは思えない。

足らなくなる前に、矢の使用の制限をするだろうし段取りが狂った
としたら、それなりの理由がなければ怪しい。

元史という正史の中では最悪の歴史書の、ごく一部の記述だけで矢が
尽きたと決め付けては…
俺は「?」という位置だ。
「疑問を持つ」のと「有り得ないと主張」というのとは意味が違うの。

>> 知識が無い人間に両極端の思想を教えることは無用の混乱
両極端の主張をマジメに知ることで、本当の意味で主権者になれるの。
温室育ちでは、権力者に簡単に誤魔化されてしまう。
麦は踏むことでしっかりした物になるという。

123 名前: 恵也 :2010/09/08(水) 07:55:16 ID:Sa4WtN5e

>>113 論語や孟子で十分じゃんw

それは歴史書じゃないでしょう。
歴史書だといつ頃、誰によって、何の目的で作られたのかを考えな
がら読まないといけない。道徳書とは全く違う。

魏志倭人伝は、魏から晋に政権が平和的移行をした時に書かれた物で
著者が旧政権の情報を全部、引き継がれたと思われるもので信頼性が
非常に高いもの。

他の正史みたいに、戦乱の中で公文書が燃やされたり、100年も経
って記憶も怪しくなった時期に作られたものでもありません。
あなたは漢文が得意なようだ、それはそれで結構なことだ。

124 名前: no name :2010/09/08(水) 21:06:50 ID:XLNsvlXU

>>122-123
とうとう屁理屈しか言えなくなったか、このキチガイは
ろくに調べもせず、妄想だけで発言してればそうならざるを得ないわな

>程度の問題なんだよ

詭弁・屁理屈乙
「疑問を持っている」と「有り得ない」と何が違うのかkwsk
文字が違うだけで意味は同じだろうが

>全く無視して、弓矢を撃たせるとは思えない

キチガイは軍事専門家なのか?
一度も戦ったことのない相手に、的確に「何万本矢を持っていけば足りる」なんて計算できるはずもない
まして、「蒙古軍一人に馬五頭」なら最低でも25000×4=125000頭の馬が必要になる
馬の餌や水を積めばその分矢を積みこめる分量は減る
ましてモンゴルが日本を舐めていたor威力偵察ならば、なおさら物資は減る

>矢の使用の制限をするだろうし

その証拠は?
鎌倉武士はいくらでも後続があるから、力の出し惜しみなんかやれないよ

>段取りが狂っただろうし

キチガイの脳内では、一度も戦ったことのない相手に「段取り」が組めると考えられるのか
どんな天才orキチガイだよ、そいつは?

>段取りが狂ったとしたら、それなりの理由がなければ怪しい

だから「理由」がwikiには書いてあるだろ
・モンゴルは脅しか威力偵察のために日本にやって来た
・モンゴルは日本を舐めていた
最初から舐めていたなら、想像以上の抵抗を見せられれば計算が狂う
そもそも戦ったことのない相手に計算なんか出来ない

>元史という正史の中では最悪の歴史書のごく一部の記述だけで矢が尽きたと決め付けては…

そんなアホ言ってるのはお前だけだから

一分もかければ簡単に見つかる元史を「見つからない」などと嘘を言い、
見つかったら見つかったで「信頼性が低い」などと言い出す
少なくとも、ろくに調べもしていないお前の妄想なんぞよりは百万倍信頼性は上だ

そもそも歴史を捏造するのなら有利になるから捏造する
元の「矢が尽きた」と書くことによって、明になんの利益があるんだ?
そんな明にとってどうでもいい部分を捏造する意味なんかあるのかね?

125 名前: no name :2010/09/08(水) 21:21:43 ID:XLNsvlXU

>>123
>それは歴史書じゃないでしょう

別に「歴史書」に限定する必要ないだろ
お前が勝手に漢文訓読の教科書として魏史倭人伝を出すから、「論語や孟子でもいいだろ」と書いてんだよ
なんで漢文訓読の教科書が「歴史書」限定なんだ?

>100年も経って記憶も怪しくなった時期に作られたものでもありません

少なくとも、キチガイ一人のろくに調べたわけでもない単なる妄想よりは信頼性は上だわな

恵也が色々専門家みたいに調べて、場合によったら考古学的な調査もやった上で「通説」と違うことを言うならまだ解るよ

魏史倭人伝で例えれば、魏史は当たり前として読んだ上で近畿説や九州説双方の文献をよく調べることに加えて、
場合によったら九州なり近畿なりを考古学的に調べて文献を補強する証拠にするという意味だな
それで通説と違う「高知県四万十市」説を主張するならまだ理解できるんだよ

お前さんはそれをまるっきりやってないだろうが
魏史一冊読んだだけで、近畿説も九州説もろくに調べず、考古学的証拠も無しに
いきなり「四万十市が邪馬台国だった」と言い出してるようなもんだ
それで納得するわけもないだろ

126 名前: 恵也 :2010/09/09(木) 10:16:03 ID:5W952UTI

>>124 「疑問を持っている」と「有り得ない」と何が違うのか

疑問を持つとは結論が出てない状態。
有り得ないというのは、自分で調べて100%否定した結論を出す場合

人によって違うと思うが、俺は「疑問を持ってる」という表現は60%
くらいは否定し40%くらいは肯定かな。
あなたは結論が出てない表現を、結論が出たと誤解してるの。

>> 一度も戦ったことのない相手に、的確に「何万本矢を持っていけば足りる」なんて計算

戦争のプロである軍人がそんなことでは失格だよ。
逆に戦ったことがなければ、それだけ慎重に準備するものだろう。
それに鉄砲の弾丸と違って、弓矢は再利用が出来るもの。

戦闘終了後に、クソ真面目に弓を集めなおしてたらマダマダ戦える。
むしろ戦闘部隊が輸送責任者に、大袈裟に輸送を急がせた文書を
見た正史編者が針小棒大に書いたのかも知れん。
可能性にはいろいろあるよ。

>> 簡単に見つかる元史を「見つからない」などと嘘を言い、
漢文じゃ読めないし、見つからないと同じだろ。
日本の口語訳にしたものならともかく、出してくれた漢文じゃ落第。

127 名前: 恵也 :2010/09/09(木) 10:17:43 ID:14sE3vcV

>>125 漢文訓読の教科書が「歴史書」限定なんだ?

ここでは歴史的事実の議論をしてるんだろ。
それなら歴史書の方がいい。

日常的英語を勉強してても、機械工学的英語とは全く違う。
同じ分野の外国語の方が、人には難易度が判りやすいんだよ。

ここに来てる人で魏志倭人伝の原文が完全に理解できる人は少ないでしょう
俺には元史の原文なんて、全く見たこともないない漢字もあり全く判らん。

>> 考古学的な調査もやった上で「通説」と違うことを言うならまだ解るよ
それは専門家や学者先生が議論する場合のことだろ。
素人は素人なりに、わかりやすい議論に徹底したら良いと思うけど・・
あなたは専門家の仲間なのかい?

>> 通説と違う「高知県四万十市」説を主張するならまだ理解
俺の説は邪馬台国宮崎説だ。
これでも近畿説や北九州説を少しは読んだが、宮崎説は少数派

考古学的には宮崎の西都原市には沢山の古墳が存在してますが
宮内庁の所管になっていて、少ししか発掘されてません。

魏志倭人伝では邪馬台国を上海(東治)の真東、平壌(帯方郡)から東南
960km(1200里)という記事がある。

どうして上海の真東と判ったかというと、北極星と水平線の角度(北緯)が同じと
測定された為と考えられたと思える。

これには魏において、主要都市の北極星と水平線の角度を記録したものと邪馬
台国を調査した使節団の数字が一致したのだろう。
上海は北緯31度で、宮崎市は北緯32度でほとんど同じ。

128 名前: no name :2010/09/09(木) 11:30:31 ID:gR6Qt1Uy

>>126
>あなたは結論が出てない表現を、結論が出たと誤解してるの

だからさあ、「有り得ない」も「疑問を持っている」も、恵也が認めてないという意味に於いては同じだろ?

>戦争のプロである軍人がそんなことでは失格だよ

お前さあ、モンゴル軍を「ドイツ参謀本部」か何かと勘違いしてないか?
近代的な「軍人」と違って「戦争のプロ」であるかどうかは解らない
お前自身上杉謙信とか例に出して「兵農未分離」の状態を指摘しただろ?
モンゴル人は農耕民族ではなく狩猟・遊牧民族である点は日本と違うが
普段は遊牧民のオッサンが、戦争の時だけ兵隊に早変わりしてるだけの可能性もあるだろ
狩猟ってのは日本でも鷹狩りなんていう軍事演習が有ったように、それ自体が軍事訓練になるようなもんだ

>逆に戦ったことがなければ、それだけ慎重に準備するものだろう

モンゴル軍が「マトモ」ならな?
しかし連戦連勝の常勝モンゴル軍を鼻にかけて日本を舐めていれば、その前提はもろくも崩れる
おまけに、ホラズム征伐に20万(家族を合わせて60万)を動員したモンゴルが、わずか25000人しか出していない
残りは信用ならない&弱小部隊の高麗軍を合わせて計40000程度だ
40000で日本征服が可能と考えられるお前はおかしい

>それに鉄砲の弾丸と違って、弓矢は再利用が出来るもの

ねーよwww
お前馬鹿だなぁ、やっぱり
人間は兜や鎧を着てるんだよ
それに加えて肋骨や鎖骨とかの骨があるんだよ
矢じりってのはつぶれていくんだよ

だから太平記では楠木正成が立てこもる赤坂城を攻めた北条が楠木の降参が近いと解った
楠木軍が矢じりのつぶれた矢で抵抗を見せ始めたから、「楠木にはもう矢が無くなったと見える」と発言している

元寇から50年ぐらい後の話だけど、少なくとも「120年」よりはマシだろw
「矢はリサイクル出来る」を証明するサイトはどこだ?

129 名前: no name :2010/09/09(木) 12:00:35 ID:gR6Qt1Uy

>>126
>可能性にはいろいろあるよ

「可能性」で歴史を語るなw
そんな可能性が許されるなら、南京大虐殺をやってない「可能性」もいくらでも有るだろうがw
何か特別に別な証拠があるならともかく、文献に書いてあることを前提にするしか無いだろうが

>漢文じゃ読めないし、

「読めない」のは、お 前 が 馬 鹿 だ か ら と何度言われれば気がすむんだよ!
お前の知的レベルが低すぎるのを棚上げするんじゃねーっての!
漢文訓読なんて小・中・高の国語の時間で習うんだよ

>見つからないと同じだろ。

GoogleなりYahoo!なりで「元史」「高麗史」と入力すれば一分で見つかるんだよ
お前が探してないだけだろうが!嘘つきのクズ野郎!


>日本の口語訳にしたものならともかく、出してくれた漢文じゃ落第

お前の劣った知的レベルに合わせてやる義理は無いね
小中高の国語の時間で習う程度の漢文訓読の知識があれば読めるし

そもそも元史の成立は明の時代だ
明の文章は、ほとんど現代中国語に近いのだからYahoo!翻訳なんかで中→日の翻訳をすれば大体の意味は訳してくれる
その程度の労力も使わないクレクレ厨のキチガイなんぞに、なんの資料を渡しても所詮は宝の持ち腐れだ

>>127
>ここでは歴史的事実の議論をしてるんだろ
>それなら歴史書の方がいい

いいや、漢文訓読の教科書として使用すべき漢文の話なんだけど

>>110
>アンタ漢文訓読なんて、すごく易しい漢文しかしてないでしょう
>魏志倭人伝くらい、自分で実際にやってから書き込みなさい

このように書いたのはどこの誰だっけ?
漢文訓読の教科書としていきなり「魏志倭人伝」なんか持ち出すから、「論語や孟子でも良いだろ」と言われてんの

普通は孟子か韓非子から読み始めるものなんだけどね
孟子なら五十歩百歩、韓非子なら守株(北原白秋「待ちぼうけ」の元ネタ)になる
もしくは李白や杜甫などの漢詩からか

いきなり歴史書なんて言う漢文の教科書なんて見たことがない!

130 名前: 恵也 :2010/09/09(木) 12:14:02 ID:mMCW9kn/

>>113 草木がうっそうと生い茂っていて人口密度が少ない。

「人口密度が少ない」なんて書いてないよ。
チャンと人口は4千戸と書いてあるのだし、人口のことを
同じ文章の中に、二重に書くはずがない。

俺はこっちの解釈を正しいと見る。
アンタはマダマダ知識不足!

――――引用開始――――
前の人が見えないほどに草木が生い茂っている。水の深い浅い
に関係無く住民はもぐって魚や鰒(あわび)を捕る。
http://www.webtelevi.com/yamataigisi.htm

>>121 日本の併合の年1910年段階ですら「24歳」でしかない

よく調べたじゃん。
朝鮮の当時は、衛生観念が悪くて平均寿命が極端に悪かったんだろう

日本のお年寄りに聞いても、茶碗をロクに洗わず前日の食べ物を
翌日に食べたり、手を洗わなかったり…

そんな世の中において74才で政治権力者になるなんて化け物並みだ。
モウロク爺さん大院君を日本軍が無理やり、政権の座につけたんだよ。

131 名前: ggoff :2010/09/09(木) 12:42:14 ID:gUZBQaFf

新品財布の通販専門店
┏バッグ┏時計┏財布┏小物
お客さんたちも大好評です:
新品種類がそろっています。
S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
品質がよい、価格が低い、実物写真!
当社の商品は絶対の自信が御座います。
100%品質保証 !
満足保障100%!
経営方針: 品質を重視、納期も厳守、信用第一!
超格安価格で、安心、迅速、確実、にお客様の手元にお届け致します。
豊富な品揃えで最新作も随時入荷致しておりますのでごゆっくりとご覧ください。
http://wuzhicheng.109.sql.sh.cn
http://www.ggoff.com
http://www.abbbao.com

132 名前: no name :2010/09/09(木) 13:15:31 ID:gR6Qt1Uy

>>127
>ここに来てる人で魏志倭人伝の原文が完全に理解できる人は少ないでしょう

「でしょう」で語るなよキチガイが!
お前がバカで劣等だからって、なんで他人までバカで劣等扱いなんだ?
お前の予想に反してニコ厨が読めてるだろうが(>>113)

>俺には元史の原文なんて、全く見たこともないない漢字もあり全く判らん

それはお前が 特 別 に 馬 鹿 だ か ら
何度でも言ってやるよ

お前が中学で習ったはずの漢文の知識すら忘れてるのが問題なんだろ

それにこれまた繰り返すけど、明時代の文章は現代中国語に近いからYahoo!翻訳や翻訳ソフトの中日辞典で訳せるし
解らないなら解らないなりにあがいてみろよ
暇なくせに何も自分ではやらないキチガイが
http://honyaku.yahoo.co.jp/url
http://www.excite.co.jp/world/chinese/web/

>それは専門家や学者先生が議論する場合のことだろ
>素人は素人なりに、わかりやすい議論に徹底したら良いと思うけど・・
>あなたは専門家の仲間なのかい?

お前は何しにここに来たんだよ?
「ネトウヨに騙くらかされてる人々に正しい歴史を伝導する歴史的使命がある」とか言ってただろ

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1276265980/33n
>多くの日本人が冷凍庫に入れて凍結させ、忘れようとしていたのですが、それでは日本の子供たちに伝えることが出来ませんので、
>その悪行を伝えるという歴史的使命があり愛国者ですので、日本という国家の将来の為にも根絶させないようにしてください

実際にはネトウヨ云々以前にニコ厨一人も論破できずに涙目じゃねーかw
仮にも議論しようとするなら、専門家でも素人でもやる事は一緒だろ
専門家並みに調べるノウハウが無くても専門家の後塵を拝するぐらいは出来る
お前はそれすらやってないだろうが

邪馬台国に関しては「物の例え」として出ているに過ぎない
お前がそんなに長々と力説するべき話ではない

133 名前: no name :2010/09/09(木) 13:17:03 ID:z1ObK61x

>魏志倭人伝では邪馬台国を上海(東治)の真東、平壌(帯方郡)から東南960km(1200里)という記事がある

まさにキチガイ恵也はこうだったなw
http://www.webtelevi.com/yamataigisi.htm
>魏志倭人伝の全文を紹介せずに、自説に都合のいいところだけ取り出して解説して都合の悪いところは無視する、
>あるいは誤訳、曲解するという解説も多いようです
(>>88)

お前の言う「上海(東治)の真東、平壌(帯方郡)から東南960km(1200里)という記事がある」なんてどこに書いてあるんだ?

http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
>その道里を計るに、当に会稽の東治の東にあるべし

「会稽」は今の上海じゃなくて「紹興」市のことだよ?
直線距離でも上海から南に150〜200キロはある
その時点でお前の妄想は破綻してるわけだがw
紹興市から真東と言えば東シナ海か屋久島ぐらいだし

「1200里」という数字もどこから出たんだ?
魏志に出てくる数字を足せば7000+1000+1000+1000+100=10100里+α(水行とか陸行の分)になる
1200里どころの話ではない

そもそも1200里=960キロという換算のしかたも解らない
当然ながらこの「里」は魏や晋の時代の単位を基準にしなければならない
http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs/275
一里=432メートルなら1200里=960キロにもならない

全部恵也の妄想かよw

134 名前: no name :2010/09/09(木) 13:30:52 ID:z1ObK61x

>>130
>チャンと人口は4千戸と書いてあるのだし、

お前の引用した文章にそんな事が書いてあったっけ?
>>110の「引用開始」のどこに書いてあるんだ?
お前は自分が何を質問したかすら覚えてないのかw

>そんな世の中において74才で政治権力者になるなんて化け物並みだ

自分で「衛生観念」が良ければもっと寿命が長かったと認めてるわけだがwww
大院君みたいな王公貴族が不潔で衛生観念が無かったとは信じられないし、栄養だって民百姓を搾取していいもん食ってるわけで
長生きする可能性はいくらでもあるね

>モウロク爺さん大院君を日本軍が無理やり、政権の座につけたんだよ

「モウロクしていた」とする証拠を出しなさい
幼児死亡率が高ければ平均寿命は下がるだけの話で、今の70歳も当時の70歳もほとんど変わらないんだよ
まったく一緒とは言わないがね

そもそも「閔妃を庶民に降格する」との詔勅は大院君が出してるわけだが
日本は井上馨に「死ねば皆仏と言いますから勘弁してあげてください」とお願いしている

どこが「モウロクジジイ」で「日本の傀儡」なんだ?

135 名前: 恵也 :2010/09/09(木) 13:36:52 ID:U3NTkwiR

>>128 普段は遊牧民のオッサンが、戦争の時だけ兵隊に早変わりしてるだけ

ジンギスカンの軍隊は、千戸制という軍事組織を持ってる。
すべての兵士は10人組に入っていて、9人の人間を1人の組長が
指導して、10人の組長から100人指導者が選ばれ、その上の1000
人指導者という組織だ。

だから遊牧民のオッサンというより、ジンギスカンの命令一下で即
集団で動ける軍隊組織なんだよ。戦闘訓練と仕事を両立してた組織。

――――引用開始――――
彼らは困苦に耐え、快楽を喜び、命令に忠実である。それは賃金や
封土や収入や昇進めあてではない。……出征に際してはその目的の
ために必要なすべてのものを点検する。……点呼の時には装備の
検閲を受け、少しでも欠けたものがあると責任者は処罰される
http://www.geocities.jp/timeway/kougi-41.html

>>ホラズム征伐に20万(家族を合わせて60万)
家族まで連れてってるのかね。迅速な移動が命のモンゴル軍が。
むしろ日本の場合は、船の問題だろう。
間に海があっては、モンゴル軍の陸での移動とまったく違う。

文永の役では南宋との戦争が主で、日本には南宋との戦争に日本を
協力させたかったんだろう。
当時の日本人口が600万人として、3万人くらいの援軍でも出して
欲しかったのじゃないかな。それでも日本の今の人口1億3000万
の割合からいえば、65万の大軍だぜ。自衛隊は25万人だったっけ。

>>矢じりってのはつぶれていくんだよ
当たる矢ばかりじゃないだろ。
砂や土に落ちれば、ほとんど潰れない。海岸での戦闘なら助かる
矢じりも沢山出るよ。あなたの出した話はリサイクルやってる証拠

>>小中高の国語の時間で習う程度の漢文訓読の知識があれば読めるし
それなら元史を口語訳で出してくれよ。
俺は英語の翻訳を翻訳機でやったことがあるけど、ほとんど役に立
たなかったよ。英語でさえまだまだ完成の域には達してないよ。

136 名前: no name :2010/09/09(木) 14:09:18 ID:2wlEpV41

>>135
>戦闘訓練と仕事を両立してた組織

だからって、ドイツ参謀本部みたいに戦ってもない相手に完璧な作戦計画をたてられるわけじゃないなw

>家族まで連れてってるのかね。迅速な移動が命のモンゴル軍が

前紹介されたサイトに書いてあっただろうが
「モウロクジジイ」は大院君じゃなくてお前だ!
http://www.eonet.ne.jp/~chushingura/p_nihonsi/episodo/051_100/epi065_01.htm
>1219 年、チンギス=ハンは兵力20万人、後方の家族を入れると60万人が当時繁栄を極めていたホラズムを征服しました

>文永の役では南宋との戦争が主で、日本には南宋との戦争に日本を協力させたかったんだろう

もしくは邪魔されたくなかったか、な
いずれにしても、本気で征服しようと考えてなかったのが文永の役だろうが

>砂や土に落ちれば、ほとんど潰れない。海岸での戦闘なら助かる矢じりも沢山出るよ

モンゴル軍の弓矢の命中率はそんなに低いのかね?
それに矢を広い集めるのは誰の仕事だ?
後方支援要員をまったく計算しない牟田口以下の無能恵也w

>あなたの出した話はリサイクルやってる証拠

バカすぎるw
本来リサイクルなんてしないのにリサイクル始めたから北条方に「敵の矢は尽きた」と判断させたんだろw

>それなら元史を口語訳で出してくれよ

金でもくれるのかい?(>>97)
人にはこのように言いはなっておきながら、自分は原文が出されても駄々こねるのなw

>俺は英語の翻訳を翻訳機でやったことがあるけど、ほとんど役に立たなかったよ。

安物か無料の奴を使ってるからだろw
俺の5万ぐらいしたソフトにはそんな不都合はほとんど無いね

>英語でさえまだまだ完成の域には達してないよ

無料か安物しか使ってないくせによく断言できるね
せめて5万ぐらいの奴を使ってからほざけよ、貧乏人w

5万でも翻訳ソフトの中ではまん中からやや安い方だし

137 名前: 恵也 :2010/09/09(木) 15:12:32 ID:gkoPAZwm

>>132 実際にはネトウヨ云々以前にニコ厨一人も論破できずに涙目じゃ

あなたはネトウヨだというわけかな。
だから言葉の理解力さえないのだろ。
アンタの小さな脳ミソで「俺の文章」を要約しないで!

>>133 「会稽」は今の上海じゃなくて「紹興」市のことだよ?

少しは知ってるようだが、会稽には上海付近という説もあります。
崇明島は上海の北にある大きな島。
会稽東冶を台湾の側の福建省という説もあります。

――――引用開始――――
会稽東治は揚子江河口の崇明島を中心として、南岸は呉の国、北岸
は魏の国と位置づけると魏の立場にあって陳寿が示した会稽東治
は、揚子江北岸チードン付近依り以北でなければならない。

広儀に見て揚子江の正に東、高千穂峰が有る。
http://www.btvm.ne.jp/~g-taka/yamaichikoku/nara_kunimiyama6.htm

>>「1200里」という数字もどこから出たんだ?
悪い、印刷ミスだ。一桁違う。
自郡至女王國萬二千餘里
「帯方郡から女王国にまで一万二千余里ある。」

>>960キロという換算のしかたも解らない
●1里は何kmと計算すべきか?
 倭人伝では韓国から壱岐まで2000里となってる。
 釜山から壱岐まで160kmとして、1里=0.08km

138 名前: 恵也 :2010/09/09(木) 15:49:10 ID:u2d0gPM5

>>136 前紹介されたサイトに書いてあっただろうが

サイトに書いてあったからといって、サイト全部を信用するバカタレ。
もっと自分の頭を信用しなさい。

俺はグルメで、信用するに値する中身のある文章は信じるけどさも
ないと信じないよ。

アンタは忠実な《犬》並みの人間かもね。
聖書を全部信用する信者とそっくりだ、アンタ!

――――引用開始――――
「猫のように生きたい。どこのベランダに行くかは自分で決める」
が正直な気持ちだそうです。自分の生き方について人からあれこ
れ指図は受けたくないということでしょう。まったく同感です。

また佐藤さんは「社会の8割は《犬》でいい。が2割は《猫》が必要。
自分は猫でいたい」とも述懐されていました。
http://kihachin.net/klog/archives/2005/09/satou3.html

139 名前: no name :2010/09/09(木) 15:52:40 ID:2wlEpV41

>>137
>あなたはネトウヨだというわけかな

イミフ
誰もネトウヨだなんて書いてないんだが

>だから言葉の理解力さえないのだろ

そっくりそのままお前に返すよ
「具備」程度の日本語も解らないキ チ ガ イ恵也

>アンタの小さな脳ミソで「俺の文章」を要約しないで!

要約なんてどこにも書いてねーよ
お前の書いた通りの文章だろ

>少しは知ってるようだが、会稽には上海付近という説もあります

嘘つけ!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%A8%BD
一説としてすら「会稽=上海」説なんて存在してない
そもそも魏から晋の時代には「会稽郡」というものが存在した
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%A8%BD%E9%83%A1

何が「上海」だよw

>崇明島は上海の北にある大きな島

そんな話、魏志のどこにも書いてねーよアホ
http://www.g-hopper.ne.jp/bunn/gisi/gisi.html
>諸国の文身各々異なり、あるいは左にしあるいは右にし、あるいは大にあるいは小に、尊卑差あり。
>その道里を計るに、当に会稽の東治の東にあるべし。
>その風 俗は淫らならず。

どこに崇明なんて単語が出てくるんだ?

陳寿の時代の会稽と言えば、秦末から唐初に存在した「会稽郡」の話に決まってる
実際、紹興市の南には呉越同舟とかで有名な「会稽山」が今でもある

キチガイ理論では、地理から捏造しないと始まらないのかw

140 名前: no name :2010/09/09(木) 16:04:27 ID:2wlEpV41

>>137
またキチガイは自爆するwww
お前の引用したサイトの人はこういう人なんだけどw

http://www.btvm.ne.jp/~g-taka/yamaichikoku/nara_kunimiyama6.htm
>三国志魏志倭人伝の著者陳寿の性格は、普書陳寿傳のままだとすると私に とって好都合である

お前は晋書陳寿伝の記述を認めてないんじゃなかったのか?

>釜山から壱岐まで160kmとして、1里 =0.08km

ねーよw
バカすぎるだろwww
中国よりずっと土地の狭い日本ですら、

1里 = 3.92727273 キロメートル

なんだぞ?
「千里眼」とか「千里を走る名馬とか」わずか80キロの話かよw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8C
まだ1里=500メートルの方が理解できるわ

141 名前: no name :2010/09/09(木) 16:14:08 ID:5THBnEUF

>>138
>サイトに書いてあったからといって、サイト全部を信用するバカタレ
>もっと自分の頭を信用しなさい

少なくとも自分一人の「根拠なき妄想」を「歴史的真実である」などと思いこむどこぞのキチガイほどにはボケてないですから
基本的にどこぞのキチガイみたいに「自分は全知全能で何でも知っている」みたいに思い上がってもないし

ドーソンとか元史とかwikiなどの先客がいるなら、まずはそれから学ぶし
お前みたいに何の根拠もない自分の妄想だけで全否定するなど絶対に有り得ないから

別に特別聖人君子をアピールしなくても普通ならそうする

142 名前: no name :2010/09/09(木) 16:17:20 ID:pJWCeNKq

>>138 恵也は犬猫以下のウジ虫かゴキブリだもんなw

143 名前: 恵也 :2010/09/09(木) 16:58:07 ID:VedavtIK

>>139 秦末から唐初に存在した「会稽郡」の話に決まってる

曾稽東冶之東であって、問題は東冶なんだよ。
それに土地の名前は変化するものだし、会稽郡という名前も
東冶も今じゃなくなってるだろ。

だから今の地名で有名な場所として、近くの上海を言ったの。
会稽郡といっても広いんだぜ。

――――引用開始――――
「その道里を計るに、まさに会稽東治の東にあるべし。」は、後漢
時代に会稽郡の郡庁は山陰県(浙江省紹興市)に移され、呉・東晋
・ 南朝時代も江南に割拠した各王朝の中心地でした。まさに会稽
・ の真東が肥後に当たります。
(邪馬台国ってどこ より)

144 名前: 恵也 :2010/09/09(木) 17:21:38 ID:1gr+haPM

>>140 1里 = 3.92727273 キロメートル

それは今の日本の単位だろ。
長さの単位である里も時代や国によって変化してる。
有名なのでは短里と長里があるが、出来れば同じ書物の中で
距離がはっきりしている場所を特定して、里を決めた方がよい。

狗邪韓国→対馬の間が1000里
対馬  →壱岐の間が1000里
対馬は長い島で測りつらいから、韓国から壱岐までを基準にしたの。

――――引用開始――――
中国では細かな変化はあったとしても、おおむね、周(短里)→秦・漢(長里)→魏・
晋(短里)→東晋以降(長里)という変遷をたどったと考えられますが、それぞれの時
代にどのような長さの単位が使われていたかを正確に知ることが出来る資料は極め
て少なく、また、現在残っている史料等は何回かの書写を経てきたものですので、後
代の解釈による修正等の影響があったり、古い時代からの史料等を寄せ集めたた
めに同じ資料の中でも異なった長さの単位が使われている形跡が見られる
http://home.b06.itscom.net/kodaishi/page003.html

145 名前: no name :2010/09/09(木) 17:39:19 ID:twmnDjOP

>>143
>それに土地の名前は変化するものだし、

「位置」は変化しないよw

>会稽郡という名前も東冶も今じゃなくなってるだろ

無くなってるが比定は出来る
だから「現代の紹興市」だと解るんだろうが

>だから今の地名で有名な場所として、近くの上海を言ったの

直線距離でも150〜200キロは離れてるのに「近く」かよw
「120年」程度の時間的差異は問題にしないわ、200キロの地理的差異は問題にしないわ
キチガイの脳内はどうなってんだ?

東京から200キロと言えば静岡や浜松だが、もし静岡や浜松が邪馬台国だったとした場合「現代の東京」の近くとか言うのかw
お前の四万十市から見れば岡山市や徳島市が直線距離で200キロだが、「近く」なのかね?

ちなみに会稽は会稽で呉越同舟とか臥薪嘗胆の故事で有名だし、紹興だって「紹興酒」とかで有名な都市だ
わざわざ上海を持ち出す意味がない

146 名前: no name :2010/09/09(木) 17:48:33 ID:twmnDjOP

>>143
>曾稽東冶之東であって、問題は東冶なんだよ

東冶は会稽よりもっと南の「福建省」にあるんだがw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B6%E7%9C%8C
会稽のはるか北、上海とは真逆だな

キチガイの妄想乙

147 名前: no name :2010/09/09(木) 18:17:09 ID:twmnDjOP

>>144
>それは今の日本の単位だろ

中国よりずっと狭かった日本ですら4キロあるのに、中国は0.08キロかよ
千里を走る名馬は、わずか80キロの話かよw

>長さの単位である里も時代や国によって変化してる

そんな話はお前に言われなくても知ってるよ
ただ、中国の里は概ね500メートル=0.5キロぐらいで推移している

>有名なのでは短里と長里があるが、

「短里はなかった」とする説も根強いけどね
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/blog-entry-1836.html

そもそも1里が何メートルであれ、陳寿は日本に行ってない
韓国にすら到達してない
陳寿のソースにした人物は、わざわざ帯方郡から物差しや巻き尺を持参して計りながら日本に向かったのかね?
海上でもちゃんと間違えなく計りながら進んだのかね?

それ考えてもいい加減な話だとすぐ解る
なんで韓国にすら行ってない陳寿の与太話が正確なんだよ?

148 名前: 恵也 :2010/09/09(木) 18:30:25 ID:/WjjVHi6

>>134 「閔妃を庶民に降格する」との詔勅は大院君が出してるわけだが

それが本当なら「モウロクしてる証拠」だろ。
閔妃が行方不明で、何がどうなってるかわからん状態で行う事じゃない

149 名前: no name :2010/09/09(木) 18:41:17 ID:twmnDjOP

>>148
それが本当なら「モウロクしてる証拠」だろ

コジツケないと証拠が出せないんですね?分かります
詔勅ってとても荘厳な文章で書かないとならない
ボケ老人に書けるはずもないんだがね

恵也みたいなボケ老人を見てればそうでもないかw

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E5%AE%A3%E5%A4%A7%E9%99%A2%E5%90%9B
>10月10日 - 大院君の提言で閔妃が王妃の身分を剥奪され平民とされる

>閔妃が行方不明で、何がどうなってるかわからん状態で行う事じゃない

ハイハイワロスワロス
実行犯の禹範善か目の前で見ていた高宗・純宗に聞けばいいだろ
そもそも黒幕なのに知らないはずもないだろ
乙未事変の朝鮮側黒幕だろうが

150 名前: 小情人 :2010/09/09(木) 18:45:47 ID:iDTncqOw

無色無味の液体です。ドリンクに溶かして飲む、 15分後には、
胸がときめき、吐息は熱くなり、ムズムズし、目には渇望が現れ、
急に欲しくなります。あなたとともに愛欲の川を渡る、
このとき女性の情熱はほとばしり、ほれているようになります。
サイズは携帯にも便利です、小さな容器です。
セックスドロップ ドイツ小情人:http://www.okkanpo.com/Product/88.html
sex drops :http://www.okkanpo.com/Product/88.html

151 名前: no name :2010/09/09(木) 18:52:21 ID:twmnDjOP

>>148
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E5%AE%A3%E5%A4%A7%E9%99%A2%E5%90%9B
>10月10日 - 大院君の提言で閔妃が王妃の身分を剥奪され平民とされる

(1906年統監代理長谷川好道韓皇謁見始末報告(國分書記官通訳并筆記))
>「王妃を殺したのは、不貞の私の部下だ」と現場に居た高宗が証言

(往電31号)
>「国母を殺したのは、禹範善だ」と現場に居た息子の純宗が証言
(後に純宗は刺客を放ち、禹範善を暗殺)

(在本邦韓国亡命者禹範善同国人高永根魯允明等ニ於テ殺害一件)
「王妃を殺したのは、私です」と実行部隊隊長の禹範善の証言

(「朝鮮旅行記」)
>「計画の首謀者は、大院君だ」と記したロシアの参謀カルネイエフ

152 名前: 巨人倍増 :2010/09/09(木) 18:53:59 ID:iDTncqOw

ペニスを大きく成長させる効果もある驚きの巨人倍増の力一時的にセックスの力をアップさせるだけでなく、巨人倍増にはペニスそのものを大きく成長させる働きがあります。細胞の再生力を促進、睡眠時の睾丸の働きを活発化させ、ペニス組織の発育を促進することによってペニスの大きさそのものを更に成長させます。
巨人倍増: http://www.xxkanpo.com/product/38.html
巨人倍増枸杞カプセル: http://www.xxkanpo.com/product/38.html
キョジンバイゾ: http://www.xxkanpo.com/product/38.html
巨人倍増販売: http://www.xxkanpo.com/product/12.html

153 名前: no name :2010/09/09(木) 22:21:19 ID:AaXTuHHZ

>>137 あなたはネトウヨだというわけかな

いいえ、通りすがりの正義の味方ですw
マイクロソフトや韓流ドラマを違法コピーしたあげくに2ちゃんねるを逃げ出したお前に、偉そうなことを言える筋合いは無いな


509 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿 日: 2008/11/09(日) 19:32:20 ?2BP(0)
>>505
>恵也がエクセルなんてソフトをちゃんと使える訳がないじゃないか

これでも友人にソフトを借りて、俺のパソコンにもエクセルを入れてるよ

870 名前: 恵也 投稿日: 2008/11/ 14(金) 11:55:58 ?2BP(0)
>>856
>どうしてトリップ無くなったの?

どんな状況になっても、裁判で勝つための選択肢を増やしたいから
裁判は勝たなきゃ正義にならん
俺は過激な言葉を平気で使うけど、用心深い性格でね

121 : 恵也:2008/11/22(土) 11:06:30 ? 2BP(0)
>>117
>やましい事があるからトリップを消して書き込んでいる
>自分が正しいと思ったらそんな事しないよな

単細胞!
人間は不必要な揉め事には、近づかない本能がある
降りかかった火の粉は払うのに全力を尽くすけど、火の粉の下に無理して入るバカはいないよ
あんたはバカの仲間だ!

405 名前: 恵也 : 2010/07/20(火) 12:00:12 ID:3xAYO0Pu
>>394 裁判が怖いからってトリップ消してんじゃねーよ

すべてマイクロソフトさんに証明してもらおうと思ってね
細々した証明義務は裁判に訴えた原告の方にあるんだよ

510 名前: 恵也 : 2010/07/24(土) 11:34:56 ID:PSpNBfFg
>俺も韓流の映画はDVDコピーでよく見てるが、キモウヨさんにはDVDコピーを貸してくれる友人さえいないのじゃないかな

54 名前: 恵也 : 2010/07/29(木) 10:31:55 ID:aDBe0e1+
>録画したDVDを友人から借りて、タダで見させてもらったことは10回以上はある。
>しかしそれだと、好みの韓流映画が見れない。
>今は「明成皇后」という閔妃暗殺をテレビ映画化したのを、1巻140円で借りて見てる

154 名前: 恵也 :2010/09/09(木) 23:05:58 ID:DzANyw9X

>>146 東冶は会稽よりもっと南の「福建省」にあるんだがw

これは福建省にも東冶があったという意味。
魏志倭人伝でいう東冶は、会稽郡にあった東冶なの。

伝説の王朝といわれる夏王朝の時代から、王子が統治した場所が
揚子江の河口地帯:会稽郡であるが、東冶は会稽郡の地方都市なの。
会稽郡は昔は大きかったんだよ。

>>147 中国の里は概ね500メートル=0.5キロぐらいで推移している

概ねなんて無関係。
ここで一番大切なのは、魏志倭人伝の1里が何キロかということ。
他の書物は関係ありません。

>> 千里を走る名馬は、わずか80キロの話かよw
千里を走る名馬は、魏志倭人伝でいう1里とは違うでしょう。
同じ書物の距離を考えないと…・

>> わざわざ帯方郡から物差しや巻き尺を持参して計りながら
天文観測道具を持参して、現在地を測定しながら邪馬台国に行ったの。
だからこそ邪馬台国の位置を、帯方郡から12000里という数値
がを出すことが出来たの。

その為、天気のいい日には現在地が測定できたが悪い日には測定
不能でかかった日数でしか書けなかったもの。
魏志倭人伝にはその為に、いろんな表現をしてあるだろう。

だいたい広大な中国で巻尺なんかで、測定できるとでも思ってる
のかな。少なくとも天文観測技術なしには遠距離の旅は不可能。

>> 韓国にすら行ってない陳寿
でも陳寿は、魏時代の使節団の公文書が見れる立場なんだよ。
邪馬台国に訪問し魏に帰ってきた役人の、生の公文書で測定した
天文観測値まで全部を見ることが出来るの。これは強い!

155 名前: 恵也 :2010/09/09(木) 23:39:13 ID:BGoXC3+n

>>146 東冶は会稽よりもっと南の「福建省」にあるんだがw

これは福建省にも東冶があったという意味。
魏志倭人伝でいう東冶は、会稽郡にあった東冶なの。

伝説の王朝といわれる夏王朝の時代から、王子が統治した場所が
揚子江の河口地帯:会稽郡であるが、東冶は会稽郡の地方都市なの。
会稽郡は昔は大きかったんだよ。

156 名前: no name :2010/09/10(金) 00:06:39 ID:BwNpQ9KR

>>154
>これは福建省にも東冶があったという意味
>魏志倭人伝でいう東冶は、会稽郡にあった東冶なの

ハイハイワロスワロス
キチガイはまたこんな詭弁をもてあそぶ気か
wikiの「会稽郡」調べれば「東冶」がどこか解るのに
会稽郡の東冶=福建省の東冶だから
その他の東冶が会稽郡にあるなら、今すぐ証明しろよ
どうせ出来ないくせになw

>揚子江の河口地帯:会稽郡であるが、

バカ丸出しw
揚子江には「呉郡」という地域もある
会稽郡はもっと南よりの地域だ

>概ねなんて無関係

ハイハイ、キチガイに都合が悪ければ無視するわけだw

>ここで一番大切なのは、魏志倭人伝の1里が何キロかということ

魏・西晋でも436メートルと書いてあるが?

>他の書物は関係ありません

日本語は正しく使えよ
「恵也の妄想以外関係ありません」
だろ?

>千里を走る名馬は、魏志倭人伝でいう1里とは違うでしょう
>同じ書物の距離を考えないと…

ハァ?( ゚Д゚) ポカーン
お前なぁ、三國志には「呂布」っていう名将がいてなぁ、その彼の乗る赤兎馬は「千里を駆ける」と評されてたんだよ
そんな事も知らないのか?
まさか「呂布は三國鼎立以前に死んでるから同じ書物ではない」とか言い出すのか
魏志倭人伝を語るくせに三國志をろくに知らないんだな

>天文観測道具を持参して、現在地を測定しながら邪馬台国に行ったの

証明しろよ、アホ
「調べもしないで勝手に言ってるだけ」という説も未だに絶えないんだがな

中国人のアバウトさは有名な話だろ
黄河の長さが突然伸びてミシシッピー川を抜いたとか
今でも人口統計や国家予算が信用できないと言われたり

蛮族の地に行くのに、そんな律儀に正確に調べたと言うのかよw

>だいたい広大な中国で巻尺なんかで、測定できるとでも思ってるのかな。
>少なくとも天文観測技術なしには遠距離の旅は不可能

巻き尺以外にどんな測定器具が有るのか言ってみろ
方位磁石も羅針盤も存在しない時代だぞ

そもそも緯度経度を測るのは、1300年後の大航海時代だって至難の技だったのによ

157 名前: no name :2010/09/10(金) 00:14:13 ID:LUkln1Az

>>154
>生の公文書で測定した天文観測値まで全部を見ることが出来るの

「測定した」とする証拠を出せよ
ホント懲りないねぇ、この妄想キチガイ

そもそも7000里から始まって1000里1000里1000里とキリが良すぎる単語が連続する時点で怪しいと思えよ

お前のメディアリテラシーはどこにあるんだよ

158 名前: no name :2010/09/10(金) 01:24:56 ID:RiA+ysnB

>>154
魏志から1500年後の明清時代にすらこんな地図しか作れなかった中国に、まともな地図作成技術があったというのか、このキチガイは
http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/muroga/img/karae.jpg

ちなみに同じ頃の日本で作られた地図
http://www.asahi-net.or.jp/~KR5T-HRKS/t16fap17.jpg

159 名前: no name :2010/09/10(金) 09:12:50 ID:i58OvgF8

キチガイ恵也はさっさと死ね!

160 名前: 恵也 :2010/09/10(金) 09:28:33 ID:wBr26+U/

>>156 wikiの「会稽郡」調べれば「東冶」がどこか解るのに

wikiを信用過ぎだよ。
会稽郡の東冶と福建省の東冶とは場所が違います。
魏志倭人伝には会稽郡が2回出てますが、これは上海の付近のこと。

福建省に会稽郡って俺は聞いたことがないのだけどね。
ここは昔から揚子江ほどの大河がなく、漁業や出稼ぎ、貿易が盛んな
ところで夏王朝ころから文明が進んでるとは思えない。

その点、上海の側であれば揚子江の河口で肥沃な土があり、農業の
生産性が非常に高かったと思える。
紀元前1500年ころの夏王朝で、福建省に高度な文明があるとは思えん
wikiは玉石混交だから、慎重に読まないと…・

>> 揚子江には「呉郡」という地域もある
会稽郡が分割されて、新会稽郡と呉郡に分けられたことがありますが
土地の範囲は非常にあいまいです。

>> 魏・西晋でも436メートルと書いてあるが?
どんな書物に誰がどんな表現で書いてるのだね。
一番大切なことを書かないで、書いてあるなんていっても屁みたい!

>> 「調べもしないで勝手に言ってるだけ」という説も未だに絶えないんだがな
天文学があれほど中国や朝鮮で盛んになったのは、占いだけでなく
軍事に直結してたからなんだよ。西安の王様が北京の王様と戦争す
るとなると600kmほど移動することになるけど、福岡→東京の距離
1日20km歩くとしても30日間かかる。

これを権謀術策の渦巻く戦闘時に、迷子にならずに目的地点で集合し
戦闘を行うというのは、天文学で現在地の確認なしには出来ん。
だからこそ最高の軍事機密になるし、門外不出の学問になる。
あなたが考えてるよりはるかに、当時の天文学は進んでたよ。

俺だって四国を2回88ヶ所徒歩遍路をやったけど、5回くらいは
人のいない所で迷子になったことがある。
これが戦争となったら嘘の方向を教えるようなことも意識的にやるだろうな。

>> 方位磁石も羅針盤も存在しない時代だぞ
方位磁石と羅針盤は同じものだろ。磁石くらい使ってた奴は居ただろう
記録には残らないにしてもね。

161 名前: 恵也 :2010/09/10(金) 10:15:32 ID:JOH7N4pE

>>156 緯度経度を測るのは、1300年後の大航海時代だって至難の技

原理は簡単なものなんだけど…
緯度は北極星が見える角度で簡単にわかる。

今の経度はイギリスのグリニッジを基準に0度として、地図を作って
るが魏志倭人伝のころも魏のどこかを基準にして測ってたんだろう。
経度は日の出、もしくは日没時の星座の角度で計算できる。
(基準地の年間測定値が必要だが)

イギリスの凄いところは、門外不出として伝承してきた天文学なのに
これを公開する事で世界基準を確立したこと。

>> 7000里から始まって1000里1000里1000里とキリが良すぎる
これは測定誤差の範囲が大きいため。
魏志倭人伝では陸上では100里が最小単位になってるが、8km以
上に正確には天体観測からは現在地を計算できなかったんだろう。
海上での釜山から対馬は80km、対馬から壱岐は80km、壱岐から
松浦は40kmと記録しても正確の範囲だろう。

>>158 魏志から1500年後の明清時代にすらこんな地図しか作れなかった中国

これは政権交代のたびに、地図は最高機密として前政権が処分して
いたためほとんど発達できなかったと思える。

たしか江戸時代に、シーボルトに日本地図を流した人は死刑になっ
たんじゃないかな。国家防衛のためには正確な地図は重要だったの。
いい加減な荒っぽい地図なら、民間でも残せたと思うけどね。

162 名前: 英子SS :2010/09/10(金) 10:18:02 ID:vtkXTqPg

98shopping.com 激安問屋
2009年-2010年人気最新品、新素材!
には、ルイヴィトン、シャネル、グッチ、コーチ、ロレックス、プラダ、 ディオール、ブルガリ財布 その他小物等、
ブランド品、、ルイウ゛ィトン、PRADA、Coach、GUCCI、CHANEL、BVLGARI、デュポン、ROLEX時針
各種海外有名ブランド品を豊富に取り揃え、しかもお客様を第一と考えて、驚きの低価格で提供しております
運賃は全て無料です。
商品の品質はA品です。
商品は全く写真の通りです。
激安、安心、安全にお届けします.品数豊富な商
スピードを発送するのは速い!
4-6日にきっと引き渡す.
税関没収する商品は再度無料で発送します。
期待,ご注文の方は!
↓↓↓
■HP:URL: http://www.98shopping.com

163 名前: 恵也 :2010/09/10(金) 10:46:16 ID:xSmsmliU

>>156 巻き尺以外にどんな測定器具が有るのか言ってみろ

昨日見たテレビで、平安時代の陰陽師が測定してた模型の
天体観測器具が出されていた(NHK歴史秘話ヒストリア)

俺がビックリしたのは、陰陽師が大きな石版に溝を十字に掘り
その溝で模型が動かなくしてることだ。
そこまで正確な天体観測を、陰陽師が行う必要があったという
事には驚いたよ。タダの占い、悪霊退散だけの仕事ではない。

台座の大きな石版を作るだけでもずいぶん金がかかるはず。
その上に、模型の観測装置を作るわけだから技術もいる。
現代でいえば高級車の値段以上の費用がかかるのじゃないかね。

古代の遺跡で何のために作ったのか判らない、溝を掘った石が
あるけど天体観測装置の台座だったのかも知れん。

164 名前: 恵也 :2010/09/10(金) 11:10:12 ID:2EBXvUNm

>>157 「測定した」とする証拠を出せよ

証拠なんてなんにでも存在するとでも思ってるのかね。
この世のほとんどは証拠を残さない出来事ばかりなんだよ。

アメリカのネオコンが小沢一郎の総理になるのを妨害してるが
これなど証拠を残すようなバカはいないだろ。

証拠がなくてもいろんな情報や行動をみて類推するのが大人の
考えなの。アンタはまだ子供並みの類推しか出来んのだろうね。
田中真紀子は大人だよ。

――――引用開始――――
田中真紀子議員:「アメリカのネオコンとその手下のマスコミが小沢
先生を総理大臣にしないようにしている」
http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/861.html

166 名前: no name :2010/09/10(金) 12:11:43 ID:8flIkzqQ

怎么没人理我?我中国的手机号13858028194

167 名前: no name :2010/09/10(金) 15:00:07 ID:sQjnETgN

>>160
>会稽郡の東冶と福建省の東冶とは場所が違います。
>魏志倭人伝には会稽郡が2回出てますが、これは上海の付近のこと。

その証拠はどこにありますか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%A8%BD%E9%83%A1
>後漢が成立すると冶県は東冶県に改められ

東冶県とは・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B6%E7%9C%8C
>現在の福州市中心部及び閩侯県の一部に相当する。

全然シャンハイ関係無いでしょ
そもそも「上海」という名前が生まれたのは宋の時代だよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B5%B7

歴史捏造癖はやめなさい
お前の妄想は鼻で笑うレベルの無知蒙昧です

>福建省に会稽郡って俺は聞いたことがないのだけどね。

勉強してなければ「聞いたことがない」のは当たり前でしょ・・・
お前が知らない=存在しないじゃないだろ
だからお前は「キチガイ」なんだよ

>ところで夏王朝ころから文明が進んでるとは思えない。

なんで夏王朝?
「会稽郡(かいけい-ぐん)は中国にかつて存在した郡。秦代から唐代にかけて設置された」
このようにウィキに書いてあるのが読めませんか?

そもそも「夏王朝」は実在しないのですが
伝説や神話を「歴史」に加えてしまうなら、「ウガヤフキアエズ王朝」とかも認めてくださいよ

>その点、上海の側であれば揚子江の河口で肥沃な土があり、農業の
生産性が非常に高かったと思える。

「思う」は証拠になりません
「上海」は宋の時代まで名前すら存在しません
それに上海が経済発展して大都市になったのは、アヘン戦争で清国が敗北して外国の租界が作られてからです
つまり、日本の「横浜村」と同じです
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B5%B7
>アヘン戦争を終結させた1842年の南京条約により上海は条約港として開港した。
>これを契機としてイギリス、フランスなどの租界が形成され、後に日本やアメリカも租界を開いた。
>1865年に香港上海銀行が設立されたことを先駆として、欧米の金融機関が本格的に上海進出を推進した。
>1871年には香港と上海を結ぶ海底通信ケーブルが開通し、日本の長崎にも延伸された。
>1920年代から1930年代にかけて上海は極東最大の都市として発展し、
>イギリス系金融機関の香港上海銀行を中心にアジア金融の中心となった。
>上海は魔都或いは東洋のパリとも呼ばれナイトクラブ・ショービジネスが繁栄した。

168 名前: no name :2010/09/10(金) 15:25:40 ID:sQjnETgN

>>160
>どんな書物に誰がどんな表現で書いてるのだね。
>一番大切なことを書かないで、書いてあるなんていっても屁みたい!

じゃあ、お前の「0.08メートル」はどこに書いてありますか?
自分も「屁みたい」な証拠しか出せないくせに

http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs/275

以前紹介されているここには、『周髀算経(しゅうひさんけい)』と振り仮名付で引用されているよね?
『十六国春秋』というのも書いてあるよね?
書いてあるのに「屁みたい」ですか?
お前の頭が「屁みたい」なだけじゃないですか?

>天文学があれほど中国や朝鮮で盛んになったのは、占いだけでなく軍事に直結してたからなんだよ。
>西安の王様が北京の王様と戦争するとなると600kmほど移動することになるけど、福岡→東京の距離1日20km歩くとしても30日間かかる。

だからなんですか?話をはぐらかさないでほしいのですが?
魏志倭人伝の距離が正確であるとする証拠を出してください

「勝手に言ってるだけ」とはおそらく次の話とかですね

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%8F%E5%BF%97%E5%80%AD%E4%BA%BA%E4%BC%9D
>また一方で、岡田英弘など魏志倭人伝の史料としての価値に疑念を投げかける研究者もいる。
>彼らは位置関係や里程にズレが大きく信頼性に欠ける点を根拠として挙げている。

http://home.att.ne.jp/banana/history/Dai28-Gisiwajinden.html
>岡田英弘氏の「日本史の誕生」によれば、魏志倭人伝は、今日的な意味での歴史書ではない。
>それは、作者である「陳寿」の立場とそれを作らせた晋の首席秘書官・張華の個人的かつ政治的な意図が色濃く影響していると提唱している

お前の妄想よりはまだアテになります

>これを権謀術策の渦巻く戦闘時に、迷子にならずに目的地点で集合し戦闘を行うというのは、天文学で現在地の確認なしには出来ん。

だから、お前の妄想でなしに証拠をどうぞ
三国志の時代は、まだ非科学的な与太話が通用する時代ですから
例えば「頭から角が生える夢を見たら不吉だ」とか「合戦前に旗が風で倒れてきたから不吉だ」とか・・・
本編にいくらでも出てくるんだよ

>俺だって四国を2回88ヶ所徒歩遍路をやったけど、5回くらいは人のいない所で迷子になったことがある。

「馬鹿だから」だと思ってください
地図を片手に迷うはず無いでしょ
分からなければ通りすがりの人に道を聞けばいいのでは?

169 名前: no name :2010/09/10(金) 15:27:50 ID:QGGEOffg

取り敢えず、恵也はバカだ

170 名前: no name :2010/09/10(金) 15:28:18 ID:sQjnETgN

>>160
>方位磁石と羅針盤は同じものだろ。

違います
羅針盤は「回転して北を指すように作った機械」です
磁石は機械ではありません

>磁石くらい使ってた奴は居ただろう
>記録には残らないにしてもね。

磁石を世界で始めて使ったと書物に出るのは・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E4%BD%8D%E7%A3%81%E9%87%9D
>11世紀の中国の沈括の『夢渓筆談』正確には「真貝日誌送」にその記述が現れるのが最初だとされる

11世紀の話なのに、いくらなんでも2〜3世紀の中国であり得ないでしょ

171 名前: no name :2010/09/10(金) 15:38:53 ID:sQjnETgN

>>161
>原理は簡単なものなんだけど…
>緯度は北極星が見える角度で簡単にわかる。

そんな簡単だったら大航海時代で迷子になって死んだとかあるはずないでしょ
そもそもコロンブスの時代は「天動説」が時代の学説なんだから

>今の経度はイギリスのグリニッジを基準に0度として、地図を作って
るが魏志倭人伝のころも魏のどこかを基準にして測ってたんだろう。

その証拠を出してください
「だろう」で勝手な妄想やらないでください
考古学的発見があったのですか?文献学的発見があったのですか?

>経度は日の出、もしくは日没時の星座の角度で計算できる。

それはお前が「地球球体説」を知ってるから言えることです
コロンブスやマゼランの時代は「地球は平面で世界のはしに行くと大きな滝があって虚空に落ちている」というのが一般的な知識です
中国だって、インドから伝来した話では「三頭の大きな亀がこの大きな大地の入ったお盆を持ち上げてる」という説明でした
お前が当たり前のように知っている「地球は丸い」とか、なんではるか昔の古代人が知ってますか

>(基準地の年間測定値が必要だが)

・・・それ以前にあなたは「文献」か「考古学」の「証拠」を出す「必要」があるのではないですか?

>正確には天体観測からは現在地を計算できなかったんだろう。

そもそも「測定していた」とする証拠を出してくださいよ

>これは政権交代のたびに、地図は最高機密として前政権が処分して
いたためほとんど発達できなかったと思える。

その証拠は?
国が滅ぶという時に、真っ先に隠滅すべきは「地図」なのですか?

むしろ王朝の変わり目の「内戦」で破壊されたと思うのですが
人間も地図や文献も

172 名前: no name :2010/09/10(金) 16:02:40 ID:sQjnETgN

>>163
>平安時代の陰陽師

「平安時代」は魏志倭人伝の時代から500年後なんですよ?
「500年」という言葉の重み、分かってますか?

>古代の遺跡で何のために作ったのか判らない、溝を掘った石があるけど天体観測装置の台座だったのかも知れん。

面白い=興味深い説だけど、証拠を出して証明しない限り「単なる妄想」でしかないよね?

>>164
>証拠なんてなんにでも存在するとでも思ってるのかね。

存在するでしょ
少なくとも「測量した」のに証拠が無いわけないだろ
太閤検地で使われた「尺」や「升」、伊能忠敬が使った測定器具は残ってるわけだが
本物でなくても再現されたレプリカが存在するでしょ

測定って、そんな簡単に出来る物じゃないんだよ?
道路の白線を引くのに測量するのだって2人か3人一組で細かい計測装置を使って測量している
まして、古代のように文化や技術、知識が遅れてるならなおさらだ
もっともっと大人数で調べ上げなきゃならないだろ

>アメリカのネオコンが小沢一郎の総理になるのを妨害してるがこれなど証拠を残すようなバカはいないだろ。

単純に党内からも人気が無いだけですが・・・
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1332313&media_id=20
>■民主代表には…菅氏66%、小沢氏18%
(読売新聞 - 09月05日 22:14)

まあ、小沢一郎の「実績」を見ればさもありなんでしょう
お前の好きな言葉では「自業自得」「自らまいた種」じゃないのですか?

>田中真紀子議員:「アメリカのネオコンとその手下のマスコミが小沢先生を総理大臣にしないようにしている」

そもそもネオコンなんてアメリカですら落ち目なんですが・・・
ブッシュ大統領時代、既に政権から放逐されていたのに、オバマのアメリカのどこにネオコンがいるのやら

173 名前: 恵也 :2010/09/10(金) 16:13:59 ID:kGOReOVO

>>157 巻き尺以外にどんな測定器具が有るのか言ってみろ

秦の時代には指南車という車があったという。
ひとつの方向だけしか指さないで、磁石を利用してたようだ。

他に記里鼓車という理数を測る車までありました。
ずいぶん正確な地図を秦は持ってたと思うよ。
どんな記述をしていたのか興味があるけど…

――――引用開始――――
地理測量は「記里鼓車」や「指南車」が発明される遥か以前の
太古の文明時代から基本は、あくまでも“人の歩幅にヨル里値”
「短里」だったという事。
http://www1.ocn.ne.jp/~gengoman/MyPage/menu1.html

>>158 1500年後の明清時代にすらこんな地図しか作れなかった中国

戦争に使えるような地図と、民間で出回る地図とはずいぶん違うと思うよ
俺の住んでる四万十市でも、タダで配ってくれる観光地やお寺、お店
学校などの地図だと、判りやすいけどいい加減だよ。

どちらの地図が残りやすいかといえば、大量に出されてる略図だろう。
本当に大切な地図なら、敵に渡す前に処分してしまうよ。
ジンギスカンの軍隊が使っていたような地図なんて、見てみたいね。

174 名前: no name :2010/09/10(金) 16:20:35 ID:sQjnETgN

>>173
>ずいぶん正確な地図を秦は持ってたと思うよ。

「秦は持ってた」としても、あなたが>>161で書いてるじゃないですか

>これは政権交代のたびに、地図は最高機密として前政権が処分していたためほとんど発達できなかったと思える。

「地図」だけじゃなくて、実際には王朝交代の内戦で何万も死んでるはずですが

>戦争に使えるような地図と、民間で出回る地図とはずいぶん違うと思うよ

その証拠はどこにありますか?
日本では「国土地理院」が地図を作っていますが、その前では陸軍省が作成してました
なんでわざわざ民間用と軍事用を分ける必要がありますか

単純にあなたが>>161で書いたように、王朝交代の内戦で資料や人間が死んでるからと考えるべきではないですか

175 名前: 恵也 :2010/09/10(金) 17:09:33 ID:ajXYBmIv

>>167 このようにウィキに書いてあるのが読めませんか?

あなたにとってはウィキが水戸黄門の印籠のようだが俺には
ただの信頼性の低いポケット辞書に過ぎない。見解の相違かな。

夏王朝とは殷王朝の前で、遺跡が確認されたわけではない。
しかし書物に書いてある紀元前1600年以上前に存在したらしい
王国なんだよ。それを推理するのが面白いの。

魏志倭人伝でいう「昔 夏王朝の少康王の子は、会稽の領主にされた」
という記述からいうと夏王朝に時期から会稽は存在していたと推理できる
ウィキに書いてあるのが間違いといえる。

――――引用開始――――
昔 夏王朝の少康王の子は、会稽の領主にされたとき、髪を切って、
体に刺青をして、蛟龍の害を避けた
http://www.webtelevi.com/yamataigisi.htm

>> 「上海」は宋の時代まで名前すら存在しません
今の世界で一番有名な場所で、位置がわかりやすいから出しただけ。
会稽東冶とは俺は、上海のもっと北の場所だったと思ってる。
歴史の中で消えたんだろう。

消えた名前なら近くの有名都市で代替しても当然だと思うけどね。

176 名前: no name :2010/09/10(金) 17:32:59 ID:sQjnETgN

>>175
>あなたにとってはウィキが水戸黄門の印籠のようだが俺にはただの信頼性の低いポケット辞書に過ぎない。見解の相違かな。

ろくに証拠を出してないお前よりは少なくともマシですが・・・
ウィキには少なくとも「思う」「見る」「べき」なんて言葉は出てきませんから
お前と違って「書名」も書いてありますし

>夏王朝とは殷王朝の前で、遺跡が確認されたわけではない。

古代史は考古学的物証が無い限り文献だけでは判断しないのが原則ですが
「書いてあるだけ」で実在になるのなら、古史古伝に書いてある「ウガヤフキアエズ王朝」も実在ですか?
古事記や日本書紀には「神武天皇」とかいますが、あれも実在ですか?
あなたは神武以下10代は実在を認めていないのではないですか?

>しかし書物に書いてある紀元前1600年以上前に存在したらしい王国なんだよ。

「存在した」などと証明されてませんが

>それを推理するのが面白いの。

「推理する」のは勝手ですが、会稽郡の話を勝手に推理されては困りますね
会稽郡が出来たのは秦の始皇帝の時代であり、夏も殷も周も関係ありません

>魏志倭人伝でいう「昔 夏王朝の少康王の子は、会稽の領主にされた」
>という記述からいうと夏王朝に時期から会稽は存在していたと推理できる
>ウィキに書いてあるのが間違いといえる。

「都市名」としての「会稽」と、魏晋の時代の「会稽郡」の違いも分からないんですか?
ちなみに「呉越同舟」や「臥薪嘗胆」の故事で有名な越の国の首都が「会稽」です
位置はやはり現在の紹興市ですよ
越と争った呉の国が今の南京より南なんだから
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%89_(%E6%98%A5%E7%A7%8B)
さっさとあなたが、魏志倭人伝の「会稽」は今の上海であるとする証拠を出せばいいだけではないですか

177 名前: no name :2010/09/10(金) 17:36:27 ID:sQjnETgN

>>175
>今の世界で一番有名な場所で、位置がわかりやすいから出しただけ。

だったら全く上海は関係ないじゃないですか・・・
何をこんなツマラナイ事に固執してるんですか?
あなたが素直に間違いを認めれば済むだけの話じゃないですか
「聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥」じゃなかったのですか?

>会稽東冶とは俺は、上海のもっと北の場所だったと思ってる。

ばかばかしい妄想ですね
これだけ証拠を出されてもそんなことが言えるのですから
上海より北と言えば春秋戦国時代には「斉」や「宋」があるのですが
彼らの領土はどこに消えてしまうのでしょう

>歴史の中で消えたんだろう。

その証拠も出してくださいよ
上海の名前は「北宋」の時代に成立したと、上海市のホームページ(ウィキにアドレスあります)にすら書いてあります
http://www.shanghai.gov.cn/

もう一度再掲
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%A8%BD
地名
会稽山 - 中華人民共和国浙江省紹興市南部に位置する山
行政区画名
会稽郡 - 紹興市一帯に設置された郡(前233年-758年)
会稽県 - 紹興市の旧称。

178 名前: 恵也 :2010/09/10(金) 17:38:39 ID:lYBDlILj

>>168 じゃあ、お前の「0.08メートル」はどこに書いてありますか?

これは計算上出てきたと書いてただろ。
韓国→壱岐までが計2000里が160kmとみて1里が0.08km
書物から出てきた数字だから、確実と思うけど…

里というのは時代によっても、本によっても違う距離。
それを時代も本も違うものを出しても屁だよ。

>> 晋の首席秘書官・張華の個人的かつ政治的な意図
魏から晋に平和的に移行したが、どんな政治的意図が考えれるかね
晋の正当性を訴えることは考えれるけど、倭人伝は日本の記述だろ。
政治的意図なんて介入する個所は考えられんけど…

>> 「頭から角が生える夢を見たら不吉だ」
あなたは正史の「三国志」と明の時代に作られた「三国志演義」と
混同してるのじゃないの。
三国志演義は面白くするために、いろんな架空の話もたくさん付け
加えてつくられた小説です。

――――引用開始――――
『三国志演義』は明の時代、羅貫中によって著された歴史小説である。
晋の時代、陳寿によって著された『三国志』(一般に正史と呼ばれる)
が国に認められた正統な歴史書であるのに対し、『三国志演義』の方は
これを題材に虚構を交え、物語としての面白さを追及した歴史小説である。
http://www.hum.ibaraki.ac.jp/kano/student/00shimokawabe.html

179 名前: no name :2010/09/10(金) 17:47:51 ID:sQjnETgN

恵也のためにもう一度引用しておきます
別に「水戸黄門の印籠」ではなく、これが一番まとまりがいいから引用しているのです
勘違いしないでください

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%A8%BD%E9%83%A1
>現在の中華人民共和国浙江省紹興市付近がその中心である。
>後漢が成立すると冶県は東冶県に改められ

「東冶県」とは・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B6%E7%9C%8C
>現在の福州市中心部及び閩侯県の一部に相当する。

「福州市」とは・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B7%9E%E5%B8%82
>福州市(ふくしゅうし)は、中華人民共和国福建省の省都である

「閩侯県」とは・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E4%BE%AF%E7%9C%8C
>閩侯県(びんこうけん)は中華人民共和国福建省福州市に位置する県。

つまり「東冶」とは福建省の福州市のことでしょうが

180 名前: no name :2010/09/10(金) 17:58:44 ID:sQjnETgN

>>178
>これは計算上出てきたと書いてただろ。

つまり勝手に「捏造した」わけですね?

>韓国→壱岐までが計2000里が160kmとみて1里が0.08km
>書物から出てきた数字だから、確実と思うけど…

「短里説」は未だに一般的なものではありません
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/blog-entry-1836.html
ここ見ても明らかだし、そもそも近畿説の人は短里説を認めていません
九州説の中の「古田武彦」という古代史の専門家でもなんでもない人が、勝手に言い始めた説です

>里というのは時代によっても、本によっても違う距離。
>それを時代も本も違うものを出しても屁だよ。

ろくに証拠も出せないあなたの方が「屁」だと思いますが・・・
それに『周髀算経(しゅうひさんけい)』『十六国春秋』という書名もあるのに
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E9%AB%80%E7%AE%97%E7%B5%8C
この周髀算経という本は・・・
>成立時期は不明であるが、『呂氏春秋』からの引用と考えられる箇所があることから戦国時代末期から前漢にかけての著作とされ、
>蓋天説が発生した紀元前2世紀前後の著作と考えられている。

当然魏晋も含むのですが・・・

>魏から晋に平和的に移行したが、どんな政治的意図が考えれるかね
>晋の正当性を訴えることは考えれるけど、倭人伝は日本の記述だろ。
>政治的意図なんて介入する個所は考えられんけど…

「東方の蛮族が徳を慕って朝貢してきました」と捏造すればいいではないですか

>三国志演義は面白くするために、いろんな架空の話もたくさん付け
加えてつくられた小説です。

三国志にもその手の話はいくらでもありますよ

181 名前: no name :2010/09/10(金) 18:11:55 ID:sQjnETgN

>>178
>魏から晋に平和的に移行したが、どんな政治的意図が考えれるかね
>晋の正当性を訴えることは考えれるけど、倭人伝は日本の記述だろ。
>政治的意図なんて介入する個所は考えられんけど…

晋は魏から政権を簒奪しました
従って魏が「正統」でなければ偽者王朝から位を譲られたことになってしまいます
だから陳寿は魏を美化する必要があります

「蛮族が朝貢しに来るほど徳が広まっていた」と捏造する可能性もあります
元々捏造なら位置関係や距離方角がいい加減でも一向に構わないわけですし

そもそも古代時代にそんな正確に測量できたとは思えませんね

あとちなみに「平和的」は嘘っぱちですね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B9%E7%88%BD
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E6%AC%BD
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%B8%E8%91%9B%E8%AA%95
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E7%B7%9D
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B9%E9%AB%A6

これだけ殺しておきながら「平和的」はないでしょ・・・

182 名前: no name :2010/09/10(金) 18:26:43 ID:sQjnETgN

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97_(%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%9B%B8)
>外国に関する記事に関して、魏に朝貢した北方や東方、西方の民族の記事は存在するものの、
>蜀(蜀漢)や呉に朝貢していた可能性が高い南方の異民族の国々については伝が立てられていない。
>たとえば、192年に南方で区連が後漢に反旗を翻し、林邑を建国した。
>子孫は呉に朝貢したが、これらの記事は『三国志』には一切見られない
(『晋書』では「四夷伝」に林邑の項目があり、そこで触れられている)。
>ただ、これはあくまでも魏を正統であり、蜀(蜀漢)と呉はあくまでも地方政権としての扱いなので書けなかったという事情がある。

このように、「蛮族の朝貢」1つ見ても魏を美化するために使われているわけだ
魏を美化すれば、魏から政権を引き継いだ晋をも美化されるわけだ

だから何としても魏を美化するためにも、例えいい加減でも「蛮族の朝貢」の話を書かねばならない
だから陳寿は一切自分で確認してないし、部下を派遣して確かめてもいない

火星やアンドロメダ星雲からやってきたエイリアンと同じように思っていたのだから
「はるか遠く」をアピールするためにとんでもなく遠いように記述したとも考えられる

いずれにせよ、魏志倭人伝は「必ずしも正確ではない」ぐらいのことは知ってていいんじゃん?
それが「メディアリテラシー」だろ?恵也さん?

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/66n
>マスコミの情報を批判的に見ることだから、日本の共産党支持者は日本のマスコミ
>を信用してないから「メディアリテラシーの持ち主」だ。

「魏志倭人伝はマスコミじゃないから疑う必要はない」とかアホラシイことは言わないでね

183 名前: no name :2010/09/10(金) 18:50:33 ID:D37HC/Y/

ネタでこんだけ引っ張れれば満足だろ

キチガイ恵也はさっさとニコニコの掲示板から失せろよ!

ソースが書いてあるwikiよりお前のソース無き妄想の方が上だとかいい加減にしろよ

184 名前: no name :2010/09/10(金) 20:02:54 ID:JVsH9fCK

>>137
>会稽には上海付近という説もあります

大見得切って断言しといてこのザマかw

http://www.e-asianmarket.com/asia/shaoxing10.html
>というのも、紹興という街は、かつては会稽(かいけい)という名で歴史のあちこちに登場している街だからです。

http://www.e-asianmarket.com/asia/keyan12.html
>紹興と言う場所は、昔は会稽(日本語読みだと「かいけい」)と言われていましたが
>会稽が紹興と名前を変えるのは、南宋の時代の1131年、元号だと紹興元年ですが、
>会稽にこの地域を治めるための府が設置されたことを契機に、元号をとって、「紹興」と名づけられ、以来現在の紹興市に至っているわけです

http://blogs.yahoo.co.jp/moguma1338/59391479.html
>紹興といえば、紹興酒のふるさととして知られているが、街の歴史は、春秋時代(紀元前770年から紀元前403年)にまで遡りとても古い。
>さらに、伝説によれば古代の帝王禹(う)が諸侯と会した地であり、その故事によって会稽(かいけい)と呼ばれた。

http://kentei.cc/q/1344066/
>会稽*地名**( ) - 中華人民共和国浙江省紹興市南部に位置する山
>行政区画名**会稽郡-紹興市一帯に設置された郡
**会稽県-紹興市の旧称。

185 名前: no name :2010/09/10(金) 21:33:57 ID:T5Kf1qLr

恵也の屁理屈スゲーw

算数を知らない野蛮人が「俺は1+1=2なんて聞いたことがない」と言いさえすれば「1+1=2」じゃなくなるんだw?
普通なら「お前が物知らずなだけだろ」とツッコムべきところなんだが
それをゴチャゴチャ屁理屈こねて「1+1=2がどんな書物のどこに書かれているか証明しろ!」とか吠えてるのがキチガイ恵也だな

186 名前: no name :2010/09/10(金) 22:33:22 ID:82+Rdghh

>>161
>>158だけど証拠出せよな?このキチガイが

1500年もたてば三国志の時代よりはるかに技術的にも学術的にも発達しているはずなのに、中国にはいい加減な地図しかなかった
それを見れば三国志の時代の地理学なんて大したレベルじゃないのは想像できるだろ、アホ

お前のキチガイ理論は「日帝が燃やしたニダ」と同レベルの話じゃねーか

187 名前: 恵也 :2010/09/10(金) 23:01:17 ID:Io6M40X1

>>168 分からなければ通りすがりの人に道を聞けばいいのでは?

通りすがりどころか、人家も全くないところではドモならん。
自動車が通りかかって、やっと迷子が判ったよ。
それとか歩き遍路では車道を遠慮するので、人家のないところが
沢山あります。都会と混同しないように!

>>170 磁石は機械ではありません

方位磁石とは方位を指し示す磁石。
棒磁石の真ん中を紐で吊るせば、方位磁石になるだろ。
立派な羅針盤だろ。

鉄を使うようになったときには、使ってる奴はいたんじゃないかね。
磁鉄鉱を材料に鉄を作れば、気が付く人間も出てくると思うけど・・
たとえ作っても、記録に残すとは限らない。

188 名前: 恵也 :2010/09/10(金) 23:03:11 ID:HJgwltml

>>171 コロンブスの時代は「天動説」が時代の学説なんだから

危ういところあなたの似非科学理論に引っかかるところだった。
緯度や経度には、天動説でも地動説でも関係ありません。
ただ精度の点で天動説の方が高いだけだ。

>>172 太閤検地で使われた「尺」や「升」、伊能忠敬が使った測定
>> 器具は残ってるわけだが

これは例外的に奇特家がいてくれたから、残せたの。
例外と一般を混同しないように!

>> 古代のように文化や技術、知識が遅れてるならなおさらだ
こんな断言は出来ません。
むしろ石を切ったり運んだりする人力での技術は、建設機械に頼
り退化してます。

>> そもそもネオコンなんてアメリカですら落ち目なんですが・・・
日本では元気いっぱいで、ただいま全開中!
アメリカとは時間差があるんだよ。

189 名前: 恵也 :2010/09/10(金) 23:05:38 ID:o3ZpcKTJ

>>176 会稽郡が出来たのは秦の始皇帝の時代であり、

会稽は夏王朝の時代から知られた先進地。
郡を付けただけで、新しく生まれて出来たようにいわないように。
それに魏志倭人伝には「会稽東冶」であって会稽郡なんて書いてないよ。

>> あなたは神武以下10代は実在を認めていないのではないですか?
俺は認めてるよ。
⒑代くらいで政治権力に革命があったのかも知れんけどね。

――――引用開始――――
古い時代の天皇が、六、七世紀ごろに、机上でつくられたもので
あるならは、古い時代の天皇の皇妃なども、六、七世紀の諸天皇
の皇妃の出自にならってつくられるはずである。
しかし、事実はそうなっていない。
http://yamatai.cside.com/tousennsetu/nendai.htm

190 名前: no name :2010/09/10(金) 23:45:10 ID:S11jG+CQ

>>188
>緯度や経度には、天動説でも地動説でも関係ありません

>>166で次のように書いたキチガイが一番の「似非科学」だからw
>緯度は北極星が見える角度で簡単にわかる
>今の経度はイギリスのグリニッジを基準に0度として、地図を作ってる

天動説か地動説かによって角度はおおいに変わるんだよ、キチガイのアホ

>例外と一般を混同しないように!

証拠が出せないだけだろw
キチガイは言い逃れや屁理屈だけは一流だな

さすがどんな仕事も逃げ出した無能男w

>こんな断言は出来ません

だったら近代・現代の知識や技術より進んでる証拠出して

>むしろ石を切ったり運んだりする人力での技術は、建設機械に頼り退化してます

ハイハイワロスワロス
人が少なく済むようになったのが「退化」とか、キチガイの妄想は面白いでちゅねぇw

191 名前: no name :2010/09/11(土) 00:01:57 ID:7VVRi4bT

>>187
>たとえ作っても、記録に残すとは限らない

なるほどw
その理屈なら三国志の時代にジャンボジェット機やICBMが存在した可能性もあるねぇw
「たとえ作っても、記録に残すとは限らない」のだから

>>189
>会稽は夏王朝の時代から知られた先進地

先進とは笑わせる
実在の可能性すら疑われてる夏王朝の、これまた神話的存在の禹の時代から知られてたとする証拠を出してよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E8%B6%8A
そもそも中国人は「閩越」とか呼んで差別してきたのに「先進」かw

>郡を付けただけで、新しく生まれて出来たようにいわないように

へぇ、またふざけた理屈だねぇw
その理屈では、「大坂という地名は元々有ったから大阪府は明治政府が新しく廃藩置県で作ったわけではない」とか言えるんだ?w
「会稽」と「会稽郡」って、「大阪」と「大阪府」「栃木」と「栃木県」「長野」と「長野県」みたいな関係なんだけど

>それに魏志倭人伝には「会稽東冶」であって会稽郡なんて書いてないよ

バカかお前?
その「会稽」は当然自分で三国志に書いた「会稽郡」の話に決まってる
「東冶」とまで書いてあれば「会稽郡東冶県」で今の福建省福州市の話だ

屁理屈こねて逃げ回ってんじゃねーよ

さっさと「会稽=上海」の証拠を出せよ!

192 名前: no name :2010/09/11(土) 07:25:13 ID:yhFdZpRW

>>191
>>たとえ作っても、記録に残すとは限らない

>なるほどw
>その理屈なら三国志の時代にジャンボジェット機やICBMが存在した可能性もあるねぇw

うめぇwwwwww
文献に書いてなくても考古学的な物証も無くてもOKなら
な ん だ っ て 言 え る よ なw

バカは死ななきゃ治らないから恵也はさっさと死ね

193 名前: 恵也 :2010/09/11(土) 07:33:26 ID:eU8SwyFj

>>184 紹興という街は、かつては会稽(かいけい)という名で歴史のあちこちに登場

問題は会稽じゃなく東治。
紹興市が会稽と呼ばれたり、会稽郡の中心都市であったことを否定
してるわけじゃない。

魏志倭人伝でいう「会稽東治」がどこを指すかが問題で、いささか
会稽という場所が広いんだよ。いろんな記事を見ても会稽郡とは
上海のずっと北の方から紹興市のずっと南まで範囲になっていた
可能性があるし、面積も変化してる。

福建省の東冶という話もあるが、これは後漢史などから来た説だ
がこの正史は魏志倭人伝の後であり、しかも後漢が滅びて200年
くらいしてから作られた時代遅れのもの。

しかし魏志倭人伝は著者が、卑弥呼と同時代の方で公文書を見た人。
後漢史では、魏志倭人伝の引き写しでそれも記載ミスの可能性もある。
同じ正史というランクでも、証拠価値に天と地の差があるというべき。

>>181 これだけ殺しておきながら「平和的」はないでしょ・・・

ここで言ってるのは官僚組織が生き残れたという意味なんだよ。
普通の政権交代では、地方の軍が政権奪取するもので戦争になる。
魏→晋では政権実力者が、皇帝から政権を禅譲させたもの。
だから公文書が完全に残ることが出来る。

194 名前: 恵也 :2010/09/11(土) 08:23:54 ID:fT4Tf+4M

>>190 天動説か地動説かによって角度はおおいに変わるんだよ、

アンタ物理は苦手だったでしょう。
天動説でも地動説でも、星を観測する角度は同じです。
どちらも宇宙を科学的に理解する手段に過ぎず、学者が観測して
記録する星の角度が違うはずがないだろう。

もっと詳しく書くと、北緯は北極星と水平線との間の角度。
これが1度違うと約110kmの差になる。
赤道から見ると0度だが、北極から見ると90度になるわけだ。

東経の差は、日の出の時の北斗七星など星座の回天角度で判るけど
これが1度違うと、日本の付近では約90kmの距離。

平壌から北経で7度、東緯で5度違ってる場所の距離はピタゴラス
の定理から(110X7)の二乗プラス(90X5)二乗をルート
したら距離が出る。

890kmくらいになるがそれで円を書いたら邪馬台国の位置と
いうわけだが、上海の真東とすると宮崎県串間市かな。
串間市では、中国皇帝が王に与えたという玉で出来た穀璧という
国宝が出土してます。
しかし俺の推測では、宮崎県西都原古墳群が邪馬台国だけどね。

――――引用開始――――
宮崎県の串間(鹿児島県境の海岸)から周〜漢にかけて皇帝が
諸侯に与えた「穀璧」という玉器が江戸時代に完全品で発見さ
れ国宝となっています。直径33.3cmです。

鏡は富裕者なら入手できるでしょう。しかし硬玉製の穀璧は
次元が違います。まさに国宝です。
(穀璧と支石墓 より)

195 名前:  ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :2010/09/11(土) 08:38:17 ID:QldKqplh

     ____
   ,/:::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |:::::::::::|_|_|_|_|_|
 |_|_ノ∪ \,, ,,/ ヽ
 |::( 6  ー─◎─◎ )
 |ノ  (∵∴∪( o o)∴)
 |   <  ∵   3 ∵>
/\ └    ___ ノ
  .\\U   ___ノ\
    \\____)  ヽ

196 名前: no name :2010/09/11(土) 08:39:03 ID:VrZLLPtk

>>193
>いろんな記事を見ても会稽郡とは上海のずっと北の方から紹興市のずっと南まで範囲になっていた可能性があるし

じゃあその「いろんな記事」を出せよ、嘘つき!

197 名前: 恵也 :2010/09/11(土) 11:01:41 ID:4PJOLel4

>>190 だったら近代・現代の知識や技術より進んでる証拠

昨日テレビを見てたら、金の装身具製造をやっていた。
現在の世の中でも難しい0.5mmほどの金の玉をいっぱい装身具
につけることをやっていたが、少しでも温度が高いと溶けてしま
うし低いと台金にくっ付かない。

そんな小さな金玉を無数にくっ付けて、装身具を美しくしてる。
この技術は現代では判らず、極小のガストーチを作って1個ずつ
ピンセットでつける方法で挑戦をしておられた。

英国のビクトリア朝時代の職人技はそんな気の遠くなるような時
間のかかるものだったとは思えない。技術が退化したんだろう。

今の技術者で、ペルーのマチュペチュの遺跡みたいに複雑な大石を
ぴったりくっ付ける技術は持ってないでしょう。
一度見に行って本物の石を見てみたいものだ。

198 名前: no name :2010/09/11(土) 12:19:12 ID:XxyjxGLL

>>193
>いろんな記事を見ても会稽郡とは上海のずっと北の方から紹興市のずっと南まで範囲になっていた可能性があるし、

その証拠は?
肝心の「いろんな記事」の実在を見せてみろ

>福建省の東冶という話もあるが、

「説」以前に、東冶は福建省以外有り得ない
東冶が上海である証拠を出せよ、アホのキチガイ!

>これは後漢史などから来た説だが

「後漢史」なんて本は存在しない
キチガイはこの世に存在しない本から「説」が生まれるというのかw


>この正史は魏志倭人伝の後であり、しかも後漢が滅びて200年くらいしてから作られた時代遅れのもの

じゃあ漢書地理誌と照らし合わせれば?
漢書は後漢が作った資料だよ

いずれにせよ「東冶=上海」の証拠を出せ

>卑弥呼と同時代の方で

お前、それ否定されただろw
キチガイはもう忘れたのか

卑弥呼の使者が来たとき、陳寿は6歳だ!
おまけに魏ではなく蜀の人間だ!

>公文書を見た人

嘘だね
三國志は中国皇帝から「作れ」と命じられて作られたわけではない
私家版として個人的に作ったものが死後「正史」に認定されたのだ
晋政府の積極的協力など受けていない

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B3%E5%AF%BF
>『三国志』は私家版(陳寿が仕えていた蜀では、史書を編纂する役人をほとんど置いていなかった)だったが、
>陳寿の死後、西晋の恵帝の時代に范頵らの上表により、正史と認定された。

199 名前: no name :2010/09/11(土) 12:41:20 ID:X3yUv/Y8

>>194
>天動説でも地動説でも、星を観測する角度は同じです

キチガイはなんでコペルニクスが地動説を発見したか知らないらしい

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E5%8B%95%E8%AA%AC
>大航海時代以前、航海は沿岸航海であり地の見える場所しか船を運航しなかった。
>何も目印のない大海原では、行き先が分からず、航海もできなかった。
>しかし羅針盤の登場がそれを可能にし、磁石と正確な星図があれば遠洋でも自分の緯度が正確に把握できるようになったのである。
>しかし当時の星表には問題がかなりあった。
>特に惑星の位置は数度単位での誤差が常にあった

>学者が観測して記録する星の角度が違うはずがないだろう

だったらまた「Wikipediaは信用できない」とかほざきだすか?
『天球回転論、誰も読まなかったコペルニクス』という名前の本にも書いてあるらしいよ

200 名前: no name :2010/09/11(土) 13:34:38 ID:MrEjXIhz

>>197
>職人技はそんな気の遠くなるような時間のかかるものだったとは思えない

「職人技」は「気の遠くなるような時間のかかるもの」ですが?
お前が知らないだけだろ!キチガイ恵也!

http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/d03e21be137f7386fd3e561634a2b2ba

ペルシア絨毯など、子供の頃から織らされて完成する頃には老いさらばえている「職人技」なんて世界中にいっぱいある
スペインかどっかには500年以上建設中の教会もある
「職人技」が「時間がかからない」など、無知なお前の勝手な妄想だろ

本当に実際に「気の遠くなるような時間のかかる」仕事場で実際に働いている・働かされている人に失礼な野郎だ

201 名前: no name :2010/09/11(土) 13:50:15 ID:sGVgThvk

恵也は「ジンギスカンは大量虐殺者じゃなかった」の根拠を未だに証明できないキチガイ老人ですから
「会稽=上海」もしくは「東冶=上海」の証拠も出せるわけありません

だってバカでアホで無知で不勉強で妄想ばかりなキチガイだから

202 名前: no name :2010/09/11(土) 14:17:16 ID:mSfomLcr

>>193
>紹興市が会稽と呼ばれたり、会稽郡の中心都市であったことを否定してるわけじゃない

おやおや?>>137の次の文はなんだね?
「東冶」ではなく「会稽」が「上海付近」と書いてあるぞ?
二重人格?痴呆症?

>少しは知ってるようだが、会稽には上海付近という説もあります

203 名前: no name :2010/09/11(土) 14:27:34 ID:mSfomLcr

>>188
>日本では元気いっぱいで、ただいま全開中!
>アメリカとは時間差があるんだよ

お前の妄想が「全開中!」なだけだから
なんでもかんでも「日帝のせい」扱いするどこぞのバ韓国人と同レベルだなぁ

204 名前: 恵也 :2010/09/11(土) 18:17:02 ID:cJ2o93Bj

>>196 じゃあその「いろんな記事」を出せよ、

少しは自分でも検索したらどうだね?

――――引用開始――――
かっては江蘇省から浙江省、福建省にかけて置かれた郡の名であった。
会稽山の太古の名は茅山と云う。夏の兎帝がこれを会稽山と改称した。
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/yamataikoku/kaisetu5.htm

205 名前: no name :2010/09/11(土) 18:54:22 ID:mSfomLcr

>>204
で、それのどこが「会稽=上海」の証拠だ?
キチガイ恵也は何が自分に問われてるのかさっぱり理解してないな

206 名前: no name :2010/09/11(土) 19:06:06 ID:mSfomLcr

>>204
で、相変わらず自分の引用したサイトですらろくに読んでない様子w
キチガイ恵也の愚かな臆測を完全否定してるじゃないか!

お前みたいなキチガイに発見されて引き合いに出されるサイトも可哀想だな
都合が悪ければ「屁みたいなもの」とか言われて引用した当人に全否定されるのだから

以下引用

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/yamataikoku/kaisetu5.htm
>「東冶」の場合は、台湾対岸の福建省「東冶」(福建省びん候県付近にあった県名)の東方海上に位置するとしてしていたことになる。
>こうなると、沖縄から台湾北部の範囲が該当することになる。
(中略)
>会稽東冶といえば、会稽郡東冶県のことになる。

207 名前: 恵也 :2010/09/11(土) 22:11:41 ID:WZ0PNDj7

>>198 >公文書を見た人・・嘘だね

陳寿が魏の公文書を見ないで、魏志倭人伝が書けると思うのかね。
魏の使節が実際に邪馬台国に行ったからこそ、公文書に書いて報告
し、陳寿が倭人伝を書けたんだよ。

邪馬台国に馬や牛、カササギがいないと見もしないでは書けないだろ。
死ぬと棺だけで埋められるなんて、実際に見た人間が使節団にいて
こそ報告書に書けるし、その公文書を陳寿が読めたわけだ。

魏に報告された公文書も見ず、噂だけでこれらの事が晋の著作朗と
いう官僚の立場で書けるとでも、あなたは言いたいのかい?
使節団とも同時代の人間であり、その人も生きてるのに出版できるかな

俺にはあなたが魏志倭人伝さえ、熟読してないように思える。
それとも文章自体が理解が出来ないのかな。

――――引用開始――――
蚕をに桑を与えて糸を紡いで、絹糸や綿糸などを作る。
牛、馬、虎、豹、羊、鵲などはいない。武器には、矛、楯、木弓
などをもちいる。
http://www.webtelevi.com/yamataigisi.htm

208 名前: no name :2010/09/11(土) 22:40:16 ID:xBvDPuvp

>>207
>陳寿が魏の公文書を見ないで、魏志倭人伝が書けると思うのかね

その話自体捏造すれば書けるだろ?
そもそも後漢書東夷伝にも漢書地理志にも倭は登場する
あとは噂話を集めればそれで一つの小説が書ける

そもそも陳寿は日本に行って確認したわけではないし部下を派遣したわけでもない
「メディアリテラシー」などまるで働きようもないのだが
「メディアリテラシーとは疑うこと」のキチガイ恵也理論はどこに吹っ飛んだのやら

公文書が有ろうが無かろうが、陳寿や部下が確認したわけではないものに信憑性など無い

209 名前: no name :2010/09/11(土) 22:52:35 ID:pfPhqxFB

>>207
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?
会稽=上海の証拠はまだかね?

210 名前: no name :2010/09/11(土) 23:08:31 ID:XWfxn5FS

恵也はキチガイっていうけどさ
寧ろ恵也以外の奴の文の方が口が悪くてキチガイに見えね?
暴言合戦ならどっちもどっちだな

211 名前: no name :2010/09/11(土) 23:29:47 ID:6H8MWezg

>>210
救いようのないバカだな…

212 名前: no name :2010/09/11(土) 23:37:04 ID:Kji+6YP1

>>210 恵也がキチガイ呼ばわりされるのは相応の理由がある件については無視ですか、そうですか
マイクロソフトのソフトや韓流ドラマを泥棒していながら
自分を「一切の過ちが無い聖人君子」かのように振る舞ってるから批判されるんだろ


509 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿 日: 2008/11/09(日) 19:32:20 ?2BP(0)
>>505
>恵也がエクセルなんてソフトをちゃんと使える訳がないじゃないか

これでも友人にソフトを借りて、俺のパソコンにもエクセルを入れてるよ

870 名前: 恵也 投稿日: 2008/11/ 14(金) 11:55:58 ?2BP(0)
>>856
>どうしてトリップ無くなったの?

どんな状況になっても、裁判で勝つための選択肢を増やしたいから
裁判は勝たなきゃ正義にならん
俺は過激な言葉を平気で使うけど、用心深い性格でね

121 : 恵也:2008/11/22(土) 11:06:30 ? 2BP(0)
>>117
>やましい事があるからトリップを消して書き込んでいる
>自分が正しいと思ったらそんな事しないよな

単細胞!
人間は不必要な揉め事には、近づかない本能がある
降りかかった火の粉は払うのに全力を尽くすけど、火の粉の下に無理して入るバカはいないよ
あんたはバカの仲間だ!

405 名前: 恵也 : 2010/07/20(火) 12:00:12 ID:3xAYO0Pu
>>394 裁判が怖いからってトリップ消してんじゃねーよ

すべてマイクロソフトさんに証明してもらおうと思ってね
細々した証明義務は裁判に訴えた原告の方にあるんだよ

510 名前: 恵也 : 2010/07/24(土) 11:34:56 ID:PSpNBfFg
>俺も韓流の映画はDVDコピーでよく見てるが、キモウヨさんにはDVDコピーを貸してくれる友人さえいないのじゃないかな

54 名前: 恵也 : 2010/07/29(木) 10:31:55 ID:aDBe0e1+
>録画したDVDを友人から借りて、タダで見させてもらったことは10回以上はある。
>しかしそれだと、好みの韓流映画が見れない。
>今は「明成皇后」という閔妃暗殺をテレビ映画化したのを、1巻140円で借りてみてる

213 名前: ちょっとしたゆとり :2010/09/11(土) 23:39:34 ID:lZBDuTd5

>>210
詩を作ってレスしていたのはどうかしたのかって思ったけどそこまでじゃない

214 名前: 恵也 :2010/09/12(日) 05:50:14 ID:QHLO4xAV

>>200 ペルシア絨毯など、子供の頃から織らされて完成する頃には老いさらばえている「職人技」

ペルシャ絨毯が作成に時間がかかるというのは知ってるが、そこまで
酷くはないでしょう。
本当にあなたの言う通りだったら、その子供はどうやって生活費を
稼ぐのだろうね。絨毯が売れるまでお金がないんだけど…

それに子供の頃は、経験してないのだから職人技を身に付けてないだろう。
絨毯を売る商人の口先三寸に、簡単に騙されるアホ!

職人技というのは、普通の人よりはるかに短い時間できれいに丈夫に
失敗せずに作れる技術のこと。
絨毯の職人技も、多くの絨毯を作りながら完成していくものなんだよ

>> スペインかどっかには500年以上建設中の教会もある
俺もこのニュースは見たことがあるけど、これは職人技で時間がか
かるというより、教会というボランティアでつくるので作業員も集め
にくく、お金も集めにくくてのんびり作ってるのじゃないかな。

215 名前: no name :2010/09/12(日) 08:03:05 ID:lUmp11yt

>>214
また勝手な妄想か

>ペルシャ絨毯が作成に時間がかかるというのは知ってるが、

本当に知ってたのか?このキチガイ

>そこまで酷くはないでしょう

酷くなかったら、イラン政府が国連で避難されるはずもない
http://www.ilo.org/ipec/lang--en/
その他にもすさまじい児童労働による「職人技」=奴隷労働の実態がある
お前が知らないだけだろ!

そもそもアラビアの石油王の家に敷く絨毯とかになれば、何十年もかかるものだ

>本当にあなたの言う通りだったら、その子供はどうやって生活費を稼ぐのだろうね。
>絨毯が売れるまでお金がないんだけど…

お前馬鹿すぎるだろ
奴隷労働してる人に向かって「どうやって生活費を稼ぐ」なんて尋ねるか、普通
雇い主の側は金持ってるだろ、常識的に考えて
雀の涙ほどの給料は与えてるだろ

>それに子供の頃は、経験してないのだから職人技を身に付けてないだろう

即座に叩き込まれる=出来なきゃ雇ってもらえないという現実も知らんのか

>絨毯を売る商人の口先三寸に、簡単に騙されるアホ!

自分が無知だから知らなかった事を棚上げして、他人を批判するキチガイ

>職人技というのは、普通の人よりはるかに短い時間できれいに丈夫に失敗せずに作れる技術のこと

そんな勝手な妄想定義をでっち上げるなキチガイ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%AE%97
>享保4年(1719年)、江戸幕府8代将軍徳川吉宗が本阿弥光忠(こうちゅう)に命じて作成させた、
>いわゆる『享保名物帳』には当時の現存名物刀157口、焼失したもの77口の計234口が収載されているが、
>この中で正宗は56口(現存刀39口、焼失の部17口)を占めている
>(『名物帳』の写本によっては収録総数248口、うち正宗59口となっているものもある)。


刀で「正宗」と言えば職人技の中のマスターみたいな人だ
しかし生涯に作った名物刀は「56」でしかない
正宗が職人技の持ち主ではないとするなら話は別だがw

>絨毯の職人技も、多くの絨毯を作りながら完成していくものなんだよ

どの職場も素人レベルにしかなれなかったお前に、そんな事を断言できる資格無いだろ?

216 名前: no name :2010/09/12(日) 08:14:04 ID:lUmp11yt

「知らないことをいとも簡単に断言するあなたは世間知らずの愚か者」(by恵也)

恵也はペルシア絨毯を織った経験があるのか?
お前の自慢する「仕事に関してはいっぱい知ってる」は、全 部 日 本 国 内 の話だろ!
しかもどの仕事場でもバックれたか、クビにされたか「どこでも素人」だったんだろ?
なんらの実績もないお前なんかに、仕事や労働・職人技を語ってもらいたくないな

89 名前:恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日 2008/09/06(土) 13:35:08 ?2BP(0)
>>84
>色んな事の専門家をやってる人がいたもんですね

俺がいつ専門家なんて言った、馬鹿タレ!
まあ、仕事に関してはいっぱい知ってるけど、逆に言えばどこでも素人だったということだ。
本物のプロと俺みたいな奴とは、レベルが違うよ。

217 名前: 恵也 :2010/09/12(日) 14:05:42 ID:SAoyaNsi

>>212 相応の理由がある件については無視ですか、そうですか

相応の理由は、個人個人で千差万別。
あなたには俺の思想に、相応の理由があることが理解できないよう
だが俺としては、個人で納得し変えようとは思ってないイデオロギー。

相手のイデオロギーが理解できないからといって、短気を起こすも
のじゃない。もう少し人生経験を積めば理解できるようになるだろう
今のところ理解できるのはあなた自身のイデオロギーだけなんだよ。
まだ幼過ぎ!

>>210 暴言合戦ならどっちもどっちだな

暴言がなければ面白くないだろ。
味噌汁やうどんにトンガラシ入れないで喰っても旨くない。
入れて喰ったら、独特の旨味が出てくるのと同じだよ。
でもトンガラシばかりじゃ、喰えたものじゃない!

>>208 公文書が有ろうが無かろうが、陳寿や部下が確認したわけ
>> ではないものに信憑性など無い

ここにもあんたの幼さが出てる。
アンタには歴史的事実の信憑性を、どういった事から導き出すのか
経験がないのじゃないの?

歴史の荒波の中では、陳寿や部下の確認も消えてなくなる存在。
確認が無くなったからといってたら、すべての歴史的事実はなくなる。

陳寿の場合は、三国史を完成したのが289年。
卑弥呼が魏から金印を受け取ったのが239年
金印を受け取ってから、魏と邪馬台国が国交を行ってるあいだに生
きていた人間であり、280年に成立した晋の歴史担当役人。

しかも魏から晋には戦争の災禍に見舞われてない幸運がある。
この幸運の中で、陳寿が客観的な公文書情報を集めて魏に遠慮
しないでまとめれた正史の歴史書なんだよ。

他の正史は時間がたちすぎて、政権が滅びて300年後くらいに
作られるようなもので信頼性はない。
噂話とフィクションの集大成にならざるを得ない。

300年といったら30才で1世代変るとしても、10世代が変る
大昔のことで実体験した人もいないし、嘘をいっても判らんもの。
70年前の南京虐殺を否定するのは、戦争経験者が少なくなった
から出来る芸当。

218 名前: 恵也 :2010/09/12(日) 15:06:47 ID:RbYRZALq

>>206 台湾対岸の福建省「東冶」

これは後漢書の記載ミスだよ。
魏志倭人伝を読んだ後漢書作者が「東治」を「東冶」と
間違えたものに過ぎん。

後漢政府は、倭を知っていたはずだけど、作られたのが
後漢書の作者は後漢が滅びて、200年後に作成した。
その間には、陳寿の魏志倭人伝なども作られた時代遅れ。

だいたいその200年間に、三国時代→晋→南北朝と激変してる。
信頼できる公文書なんてほとんど燃えてるでしょうから、噂話や
魏志倭人伝を流用せざるを得ないのは判るが、東治を東冶と間違
えるなんて言語道断!

>>215 児童労働による「職人技」=奴隷労働の実態がある

あなたは職人技と児童労働を混同してる。
職人技と児童労働による安物つくりとは全く違うよ。

職人技とは、無数の労働と工夫の後にやっと手にいられる技。
児童が作れるものは、日本語では職人技とはいいません!

>> 刀で「正宗」と言えば職人技の中のマスターみたいな人だ
正宗は偽物がほとんどだろう。
あまりにも名前が売れて、高くなりすぎたので、経験を積んだ
職人が正宗の真似をして偽物を作ったため。
素人には高い偽物は作れないよ。

219 名前: 恵也 :2010/09/12(日) 17:05:28 ID:Ffa3Is3a

>>215 奴隷労働してる人に向かって「どうやって生活費を稼ぐ」なんて尋ねるか、

ここではペルシャ絨毯の話だろ。
ペルシャ絨毯を「子供の頃から織らされて完成する頃には老いさら
ばえている「職人技」」なんていうバカに、それは奴隷労働とは言わ
ないし、そんな絨毯は存在しないと説教してるの。

今の世の中に奴隷なんているのかな。
児童労働という子供に労働させることは聞くけど、奴隷労働という
言葉は聞いたことがない。
辛い労働という意味か、それとも長時間労働という意味かわけ判らん。

220 名前: no name :2010/09/12(日) 17:34:56 ID:f/f9I4RE

>>217
>相手のイデオロギーが理解できないからといって、短気を起こすものじゃない

癇癪起こしてるのは一方的にお前じゃないの?

>アンタには歴史的事実の信憑性を、どういった事から導き出すのか経験がないのじゃないの?

片っ端から論破されてるお前に言われたくないねw
「文献的な証拠」と「考古学的な証拠」を合わせて導きだすんだろ?

問題は「文献的な証拠」が中国側の三國志や後漢書しか無い点なんだよ
日本に文字がないのだから当たり前なのだが、日本の事を調べるのに中国の歴史書を全面的に信用するのはおかしいだろ
「疑うこと」がメディアリテラシーっつうのはどうしたんだ?

以前も指摘されてるが、三國志の1500年後に成立した「明史」の日本伝のレベルは以下の通りだ

・秀吉は薩摩国の奴隷出身で本名は平秀吉
・信長は山城州の頭目
・参謀に阿奇支なる者がおり、罪を得て、信長は秀吉にこれを討たせた
・その最中に部下の明智が謀反し、秀吉はこれを討つ
・その後信長の三子を廃し、関白を僭称し、信長の衆をことごとく収めた
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1322.html


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%83%E8%A8%BC%E5%AD%A6
>考証学(こうしょうがく)とは、 中国において、清代に入って流行した学問であり、
>諸事の根拠を明示して論証する学問的態度のことをこう呼んでいる


明史の成立した清時代と言えば「考証学」の盛んな時代だ
日本と中国の交流は三國志時代よりはるかに頻繁である
にも関わらず、この低レベルなのが中国から見る他国の歴史だ
ろくに交流も無い、陳寿自ら確かめたわけでもない魏志倭人伝が信用出来るなんて頭がおかしい

そもそも陳寿は最初から正史として三國志を作ったのではない
「私家版」として個人的に作ったのが、陳寿の死後正史に認定されたのだ
その時点で「陳寿が晋の資料を閲覧した」は疑問だし、そもそも閲覧していたとしてもその内容が正しいわけでもない

221 名前: no name :2010/09/12(日) 18:01:12 ID:O7SpWi0x

>>218
>魏志倭人伝を読んだ後漢書作者が「東治」を「東冶」と間違えたものに過ぎん

また後出しジャンケン的な屁理屈キターw
散々「東冶=上海」と主張してきたくせに、証拠が無くて証明出来なくなると「記載ミス」として勝手に文字を捏造する

やっぱり恵也は『キチガイ』でした
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/431n
>キチガイとは気違いと書き、普通の方と違い幻が見えたり、幻聴が聞こえて自立した生活が一人で出来ない方のこと


>東治を東冶と間違 えるなんて言語道断!

その主張、お前が今初めてやり始めた事だから
突然後出しジャンケン式に言い出す態度の方が「言語道断!」だろ

>職人技とは、無数の労働と工夫の後にやっと手にいられる技

手に入れた事がない無能人間のくせに、よく断言できますね
「知らないことをいとも簡単に断言するあなたは世間知らずの愚か者」じゃなかったんですか?

そもそも、職人にだって子供の頃があったわけで、大抵は子供の頃から働いてるだろ

>正宗は偽物がほとんどだろう

その証拠は?
徳川吉宗が刀の専門家に調べさせた結果が、前述の「56」という数字なんだけど
キチガイの無能人間のくせに、よく専門家の見解を否定できるよね

222 名前: no name :2010/09/12(日) 18:29:28 ID:O7SpWi0x

>>219
>それは奴隷労働とは言わないし、

へぇ、キチガイ恵也はILOの見解を否定するんだ?
学校にも行かせてもらえずに雀の涙ほどの賃金で働かされるのを「奴隷労働」とは言わないんだ

>そんな絨毯は存在しないと説教してるの

証拠出してよ
ILOが嘘ついてるって事になるんだから

一度もイランに行った事も無いくせに、よくキチガイの分際でILOを否定できるよね

>今の世の中に奴隷なんているのかな

無知乙
またお前が知らない=無いと断定するキチガイの妄想か

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B4%E9%9A%B7
>しかし、工業化の進んでいない発展途上国では、商品経済に飲み込まれながらもその対価が払えない貧困層が絶えず生まれ続け、
>それを供給源とする奴隷売買が公然と行われている地域がある。
>また、先進国・発展途上国の別によらず、暴力等によって拘束して売買し、性産業に従事させる犯罪が後を絶たず、非合法の奴隷とみなされる。
>世界には今でも2700万人もの奴隷がいると言われている

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080326_slave_haiti/
http://www.youtube.com/watch?v=lhlamc00NCg

223 名前: no name :2010/09/12(日) 19:29:57 ID:fLpyrgbu

>>217
>70年前の南京虐殺を否定するのは、戦争経験者が少なくなったから出来る芸当

よくほざくよw
お前にとって都合が悪い証拠や証言は勝手にデマ呼ばわりか無視するくせに
お前が一番「戦争経験者」を無視するよな

おまけに本多勝一みたいな「文句があるなら中国に言え」と開き直った奴を美化するんだから

224 名前: no name :2010/09/12(日) 19:53:08 ID:fLpyrgbu

>>217 「戦争経験者」を尊重するなら、次の証言も認めろよキチガイが!

「虐殺?全然見たことも聞いたこともありません。夜は皆集まりますが、そんな話は一度も聞いたことはない。
誰もそういうことを言ったこともないし、朝日新聞では話題になったこともありません。
難民区は兵隊や憲兵がいて入れませんでした。ですから市民は安全でした。
一般市民の屍体というのは一つも見ていません。紅卍字会の人が戦死体をかたづけたりしていました。」
(山本治 大阪朝日新聞記者)

「南京事件ねえ、全然聞いてない。もしあったとすれば、記者の中で話が出るはずだ。
記者というのは、少しでも話題になりそうなことは、互いに話をするし、それが仕事ですからねえ。
噂としても、聞いたことがない。 朝日では、現地記者を集め、座談会もやったが、あったなら話がでるはずだ。
報道規制?何も不自由は感じていない。思ったこと、見たことはしゃべれたし、書いていた。
(橋本登美三郎 朝日新聞南京派遣記者団キャップ)

「私が編集局長の時、南京に特派した記者たちを集めて、一人一人聞いてみたが、
そのようなことは見たことも聞いたこともない、と いう返事ばかりだ。
何万、何十万なんていう虐殺など、絶対にない。」
(細川隆元 朝日新聞編集局長)

「(南京陥落の12月13日から)翌年の1月10日頃までいました。
この間、南京のあちこちに行きましたが、虐殺といわれることは見ていません。 」
「東京裁判の南京事件はすべてデッチ上げ」
(五島広作 大阪毎日新聞記者)

「しかし、虐殺については聞いていない。
・・・捕虜を捕えたところも殺しているところも見たことはない。
・・・南京では放火も、女子供に対する乱暴も見なかった。」
(平松儀勝 東京朝日新聞記者)

「見ていません。虐殺があったといわれてますが、16,7日頃になると小さい通りだけでなく、大通りにも店が出てました。
また、多くの中国人が日の丸の腕章をつけて日本兵のところに集ってましたから、とても残虐行為があったとは信じられません。」
(佐藤振寿 東京日日新聞カメラマン)

225 名前: no name :2010/09/12(日) 21:08:12 ID:r4IY4GDJ

>お前にとって都合が悪い証拠や証言は勝手にデマ呼ばわりか無視するくせに

ネトウヨそのまんまじゃん

226 名前: no name :2010/09/12(日) 21:14:41 ID:6b9laBHJ

キチガイ恵也は自分の矛盾に気づかないのかね?

「ジンギスカンは大量虐殺者だった」は、ありとあらゆる嘘と詭弁とこじつけをつけて疑うくせに
「魏志倭人伝は正確だ」は一切疑わないのがメディアリテラシーだってか

ジンギスカンが虐殺者なのはドーソンの蒙古史、イブン・バトゥータの旅行記、元史などなど色々出てくるが、
卑弥呼時代の倭国を記録した本は三国志以外に無いんだがね
たった一冊しか無い、たかだか2000文字程度の、しかも確認もしてない記述は100%正しいとか気でも狂ってるのか?

227 名前: no name :2010/09/12(日) 21:20:28 ID:6b9laBHJ

>>225
>ネトウヨそのまんまじゃん

キチガイ恵也みたいに何の証拠もなしに勝手に「デマ」呼ばわりするネトウヨなんて見たことないね
一応曲がりなりにも資料を駆使して反論する点、恵也よりマシ
「証拠出して」と言えばちゃんと証拠出すし

お前何言ってんだ?一年前から粘着してるネトウヨ連呼厨か?
アイツも恵也並みにバカだったな〜
証拠出してと言われただけでうろたえ騒ぐキチガイだったし

228 名前: no name :2010/09/12(日) 21:51:19 ID:r4IY4GDJ

>「証拠出して」と言えばちゃんと証拠出すし

ペルシャ絨毯を「子供の頃から織らされて完成する頃には老いさら
ばえている「職人技」
その素晴らしいペルシャ絨毯見てみたいな
その作品見せてー証拠出してー証拠マダー?

229 名前: no name :2010/09/12(日) 23:39:02 ID:6b9laBHJ

>>228
ILOのサイトに出とるがな、このキチガイw
自分で探せよ

230 名前: no name :2010/09/12(日) 23:44:29 ID:6b9laBHJ

>>228
http://www.ilo.org/global/Themes/Child_Labour/lang--en/index.htm

ここでIranかPersianという文字に注目して調べればすぐに解るよ

否定しないということは、お前さんは一年前から粘着してるネトウヨ連呼厨なんだね?
ニートの暇人なんだねぇ(プゲラ)

231 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 07:20:28 ID:s3kATkbu

>>222 ILOの見解を否定するんだ?

あなたはILOの見解とやらを理解して書いてるのかな?
言葉の説明もせず、否定してるといわれても答えれないよ。

あなたの出してくれたwikiの解説をILOの見解と誤解してる
ようだが、これはwiki解説者個人の見解なんだぜ。

国連で決めたのは、人身売買と売春ピンハネの禁止。
これを有効にするために、国内法で法律を作って違反者に罰則
をかけるようにしている訳だ。

だから国連の見解を、俺が否定するという言葉からしてアンタ
の知能程度が知れる言葉なんだよ。

>そんな絨毯は存在しないと説教してるの
これはド素人である子供の時代から、延々と毎日仕事することで
職人になれて、老人になり一つの絨毯を作るなんてことをやれば
一つの絨毯にド素人の作品と職人の作品が同居する事になる。

それじゃ、商品価値がない。
だからそんな商品価値のない絨毯は、今の世界には存在しない。

232 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 07:22:27 ID:zm3sNE0/

>>223 本多勝一みたいな「文句があるなら中国に言え」と開き直った奴

それはデマだよ。
本多氏は、記事に疑問があれば中国人発言者の名前も虐殺の場所も
明記してるのだから、自分で調べてくれという意味のことを言ったの。
意味を捏造してデマを流さないように!

>>224 難民区は兵隊や憲兵がいて入れませんでした。

これもデマ。
難民区の国際委員会から、日本軍に対していろんな要望書を出し
てますが難民区の安全確保に衛兵をナカナカ日本軍は派遣してません

南京を占領したら、軍幹部が兵隊にやりたい放題でやらせるという
餌を付けていたので、兵隊が暴走してしまったの。
しかも委員会の警官まで連行し殺して、警備する人間がいない状態。

――――引用開始――――
第六号文書 1937年12月17日

ところが、昨夜の八時から九時にかけてわれわれの職員で委員会
のメンバーである五人の西洋人が安全区をまわって状況を視察し
たところ、当方は区内あるいは出入口を巡回している日本軍衛兵
の姿を一人も見ることはできませんでした。

昨日の脅迫と警官の連行によって当方の警官は全員路上から姿を
消してしまいました。われわれが見たものは、二、三名の日本兵
が連れだって安全区の路上をうろついている姿ばかりで、現在私
がこの手紙を書いている間にも、安全区内の各所から統制もなく
侵入する兵隊がひきおこす強盗・強姦事件の報告が刻々と耳に入
ってきます。
http://www.geocities.jp/yu77799/hoshou.html

233 名前: 2010年財布 :2010/09/13(月) 08:29:37 ID:Txe3akAb

◆信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です。
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います。
◇ S級品質 シリアル付きも有り 付属品完備!

当社唯一のURL:http://safe.mn/2VP

234 名前: 山本 静 :2010/09/13(月) 08:31:19 ID:gVdteGwl

98shopping.com 激安問屋
2009年-2010年人気最新品、新素材!
には、ルイヴィトン、シャネル、グッチ、コーチ、ロレックス、プラダ、 ディオール、ブルガリ財布 その他小物等、
ブランド品、、ルイウ゛ィトン、PRADA、Coach、GUCCI、CHANEL、BVLGARI、デュポン、ROLEX時針
各種海外有名ブランド品を豊富に取り揃え、しかもお客様を第一と考えて、驚きの低価格で提供しております
運賃は全て無料です。
商品の品質はA品です。
商品は全く写真の通りです。
激安、安心、安全にお届けします.品数豊富な商
スピードを発送するのは速い!
4-6日にきっと引き渡す.
税関没収する商品は再度無料で発送します。
期待,ご注文の方は!
↓↓↓
■HP:URL: http://www.98shopping.com

235 名前: no name :2010/09/13(月) 08:58:57 ID:LQdyQ6rl

>>231
>あなたの出してくれたwikiの解説をILOの見解と誤解してる

お前が英語が読めないだけだろ
wikiの解説はILOの統計が元ネタなんだけど

>国連で決めたのは、人身売買と売春ピンハネの禁止。
>これを有効にするために、国内法で法律を作って違反者に罰則をかけるようにしている訳だ

加盟国でなければそんな義務はないし、そもそも法律があったってザル法だったらこれまた意味がない
キチガイ恵也はろくな人生経験が無いから、法律の紙切れ一枚で物事が良い方に解決されるとか思えるのか
おめでたい頭だな、部落差別なんて150年近く前の四民平等令で廃止されたはずなのに、現実として部落差別はあるだろうが
インドのカースト制度だって、法律の抜け穴を駆使して未だに続いている

法律を制定すれば解決されるとか頭悪すぎるんじゃないの?

>それじゃ、商品価値がない
>だからそんな商品価値のない絨毯は、今の世界には存在しない

アラビアの大富豪の家に行け
あるから

そもそも絨毯なんて慣れようが慣れまいがやってる事はほとんど一緒だろ
スピードが早いか遅いかの違いだけで

キチガイ恵也の「職人技」ってそんな定義じゃなかったっけ?

236 名前: no name :2010/09/13(月) 09:20:43 ID:8u4oX3gw

>>232
>本多氏は、記事に疑問があれば中国人発言者の名前も虐殺の場所も明記してるのだから、自分で調べてくれという意味のことを言ったの

「無責任だ」という点は変わらないだろうが!
散々「ノンフィクション」としてちゃんとウラ取ったかのように発表しておきながら「中国共産党の用意した人からただ聞いただけ」って何だよ?
キチガイの屁理屈もいい加減にしろ!
当時の中国は中国共産党が認めない人物はジャーナリストですら入国できない
文化大革命の真っ最中なんだよ
そんな時代に「中国へ行って自分で調べろ」が「誠意ある回答」
かよ

キチガイ恵也は本当に頭がおかしいな
通常、発表した当人に問いただすのが当たり前だろうが

>難民区の国際委員会から、日本軍に対していろんな要望書を出してますが難民区の安全確保に衛兵をナカナカ日本軍は派遣してません

占領してからわずか「4日目」の話が「ナカナカ」って頭大丈夫か?
南京は唐生智とかいう臆病者の無能司令官のせいで、13日の占領した日にピタッと戦闘が収まったわけではない
その頃の日本軍は「残敵掃討」に大忙しの時期だ

文句があるなら安全区が中国兵を受け入れないよう努力すれば良かっただろ?上海の時みたいに
安全区が中国兵の立ち入りを止めようとしなかったし、その能力も無いから日本が残敵掃討を行ったのだ
安全区がきちんと安全区であろうと努力しておけば日本軍がそんな苦労をする必要などなかった

そもそもキチガイ恵也は「6号文書」を嬉々として持ち出すけど、6号文書には「南京人口20万人」と書いてあるんだがね
自分で墓穴を掘るのはいつもの恵也の姿か

>言いかえれば、13日に貴軍が入城したときに我々は安全区内に一般市民のほとんど全体を集めていましたが、
>同区内には流れ弾による極めてわずかの破壊しかなく、なんら略奪は見られませんでした(略)
>もし市内の日本兵の間でただちに秩序が回復されないならば、20万の中国市民の多数に餓死者が出 ることは避けられないでしょう。

237 名前: no name :2010/09/13(月) 10:51:01 ID:8YvDoLD+

ネトウヨの集団発狂スレです

238 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 10:59:53 ID:yDTW3njE

>>224 そのようなことは見たことも聞いたこともない、と いう返事ばかりだ。

なぜそんな証言になったかということを考えなさい。
細川氏は朝日新聞記者として南京に行っているけど「そのようなこと」
とは何を意味しているのかで全く内容が変ってしまう。

当時の新聞は軍の管理下にあり、軍の評判を落とすような記事は書
けないし、書いて新聞に載せたりしたら発禁処分をうけ新聞社が潰
れるほどの打撃を受ける。

細川氏が言ってるのは「無辜の南京市民を大量虐殺した」という意味。
日本軍が中国兵容疑者や中国兵を殺したという事実は、当たり前の
戦闘行為として認めてるんだよ。

しかし俺なんかは、容疑者であろうと正規兵であろうと南京市民で
あろうと武器を持ってない抵抗しない人を殺すのを虐殺としてる。

その虐殺した総合計が30万人以上だったというわけだ。
俺と細川氏の虐殺定義が違ってるのに注意してくれ!

戦争経験者というのは、兵隊として最前線で直接自分の手を汚した人
決して司令部の中で、命令するだけのエライサンや手柄を聞くだけの
新聞記者ではありません。

――――引用開始――――
わずか3時間の睡眠で出発、山を越えて東方に向かう。途中、部落に
火を放ち、敵の拠点となるのを防ぐ。さらに中隊長命により、農村とい
えども、女も子どもも片っ端から突き殺す。残酷の極みなり。

一度に、50人、60人。かわいい娘、無邪気な子ども。泣き叫び手を合
わせる。こんな無残なやり方は、生まれて初めてだ。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/juugun/sub_jugun.html

239 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 11:01:26 ID:ugMCMx2d

>>226 「魏志倭人伝は正確だ」は一切疑わないのが

何でそんな不正確な記憶をしてしまうのだろう。
劣等生かな、アンタは!

魏志倭人伝の記事でも魏の使節団が、地元の人間から聞いた2次
情報は非常に怪しいと疑ってるよ。
「東へ千里ほど海を渡って行くと、また国がある。みな倭と同じ
人種である。その南には小人の国がある。身長は三、四尺である」
なんていう記事は又聞き情報。

俺の西都原古墳説からいうと、東北に80kmで四国の足摺岬が
あるが、南320kmの小人の国は南西の徳之島あたりだが小人
じゃない。

俺はジンギスカンが大量虐殺をしてないとは言ってない。
ただ針小棒大に伝説化された話が残されてしまったと言ってるの。
もう少し複雑な脳ミソにしなさい。

240 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 11:42:56 ID:19+Crs05

>>235 wikiの解説はILOの統計が元ネタなんだけど

アンタ統計と見解は全く意味が違うのを理解してるのかな。
解説者がILOの統計を見ようが、他の資料を見ようが関係ない。

解説者の見解を、国連の見解かのように誤魔化すんじゃない!
ダイタイ俺は英語は嫌いだけどね。
11年間も英語を勉強させられて、いまだに聞き取れず喋れず読めん
アレルギー体質完成だ!

>>236 ちゃんとウラ取ったかのように発表しておきながら「中国
>> 共産党の用意した人からただ聞いただけ」って何だよ?

「ウラを取ったかのように」というのは間違い!
中国共産党の用意というのもデマだよ。

本多氏は朝日新聞記者として、中国の新聞協会の世話で戦争中の戦禍
の後をたずねて記事にしたもので、内容が違うよ。

中国人通訳を間にして、被害者からの証言を非常に詳しく調査して
おられるし、ウラを取るなんて本多氏がやることじゃないだろ。

現場に行き、現場を案内されて、証言してもらえばそれで十分。
あなたの言う「ウラを取る」というのがどんなことをイメージして
るのか理解できんよ。

>>そんな時代に「中国へ行って自分で調べろ」が「誠意ある回答」
今ならずいぶん変ってるのだから、あなたが自分で行って調べたら?
まだ間に合うと思うよ。

>>占領してからわずか「4日目」の話が「ナカナカ」って頭大丈夫か?
占領直後が一番必要な時期だろ。あんた頭大丈夫か?

>>安全区が中国兵を受け入れないよう努力すれば良かっただろ?
ラーベ氏らは、中国兵の武装を解除し一ヶ所に集めて日本軍に命を
助けるように交渉してますが、その中国兵は結局全員殺されてます。

中国兵の生き残るチャンスは、一般人の中に逃げ込んだ方が少しは
生き残れる可能性が多かったので、中国兵としては最善の策。
最終的に生き残れた中国兵は、大使館の中などでじっと隠れていた
人たちでした。

一般人の服装で安全区に逃げ込む人を、安全区委員会が拒否する
ことは不可能でしょう。ボランティア団体なので強制権はない。
でも軍服を着て銃を持ってれば、断ってたよ。

241 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 11:44:22 ID:76tYyMEz

菅総理は、外交センスがないのじゃないかな。
尖閣諸島で中国漁船を拿捕して「厳正に処分する」なんて言ってたが
ここは中国との領有権が確定した土地じゃない。

そんな場所で、厳正に処分なんてやってたら中国の権力者の面子が
なくなって国境紛争になりかねん。
むしろ「尖閣問題を早急にまとめたい」とかいう表現にすべき。
漁業の目的で来てるのなら、大目に見てやっても良いと思うがね。
小沢一郎ならどんな表現をするだろうか???

242 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 11:54:55 ID:JP/2V+XA

谷啓氏が死なれたが、これは飛び降り自殺じゃないかな。
脳挫傷ということだけど、テレビを見ていてもどこから落ちたのか
まったくでてこない。

少なくとも高いところだったら、落ちないように手摺りなどがある筈
だし、現在のテレビ局の取材力の低下は情けないくらいだ。

週刊誌の取材力は少しはましだから、週刊誌にはいろんな情報が出て
くると思うのでこの際、谷啓氏の自殺を予想しておこう。
来週の週刊誌が楽しみだよ!

243 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 12:12:18 ID:OgLvT7Nh

>>235 絨毯なんて慣れようが慣れまいがやってる事はほとんど一緒だろ

俺は絨毯はやったことがないけど、俺の経験からいうといろんな差
がど素人と職人の間には、製品に出てくる。

布地というのは、糸の目の詰み方にいろんな差があるもので、高級
品は詰み方が細かくて、糸の太さもベストの一定の太さを持ってる。
しかし低級品は、糸の太さが大きく雑で洗ったりしたら縮んでしまう。

ド素人だと緻密なところや粗雑なところなどバラバラにってしまう。
だからド素人には、高級品にまったく手を触らすわけにはいかない。
専門家が製品を見たら資材や道具が同じでも、一目瞭然だよ。

245 名前: no name :2010/09/13(月) 12:36:49 ID:fbnXn41d

>>237
出た出たw
1年前から進歩なしのネトウヨ連呼厨哀れだな

246 名前: hr5ujhyty :2010/09/13(月) 12:46:46 ID:97SclubE

プロコミルスプレー:http://www.chinakanpo.com/Product/ps.html
SexSlave:http://www.chinakanpo.com/Product/fgxn.html
v26 カプセル:http://www.chinakanpo.com/product/sxjf.html
v26 ダイエット:http://www.chinakanpo.com/product/suxiaojfw.html
v26 薬:http://www.chinakanpo.com/product/vel.html

247 名前: no name :2010/09/13(月) 12:53:22 ID:fbnXn41d

>>238
>細川氏は朝日新聞記者として南京に行っているけど

ハァ?
「朝日新聞編集局長」の肩書きが読めないのか?お前の目は節穴か?

>当時の新聞は軍の管理下にあり、軍の評判を落とすような記事は書けないし、
>書いて新聞に載せたりしたら発禁処分をうけ新聞社が潰れるほどの打撃を受ける

「そんな事実はない」と以下のように橋本登美三郎は言っているが
「報道規制?何も不自由は感じていない。思ったこと、見たことはしゃべれたし、書いていた」

実際、言論統制の締め付けが厳しくなったのは1942年(昭和17年)からだと歴史が証明しているし
南京戦は1937年(昭和12年)の話なんだよキチガイ恵也
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%AD%A6%E5%A0%B1%E5%9B%BD%E4%BC%9A
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%A8%80%E8%AB%96%E5%A0%B1%E5%9B%BD%E4%BC%9A

そもそも記事にしたくても出来なかったというなら戦後になってからベラベラ話し始めるだろ
な ん で 戦 後 に な っ て も 一 人 も い な か っ た ん だ ?

>日本軍が中国兵容疑者や中国兵を殺したという事実は、当たり前の戦闘行為として認めてるんだよ

当たり前だろうが
なんで戦闘行為で死んだのまで「虐殺」扱いされなければならん
文句があるなら敵前逃亡した司令官の唐生智に言うべきだろうが

>しかし俺なんかは、容疑者であろうと正規兵であろうと南京市民であろうと武器を持ってない抵抗しない人を殺すのを虐殺としてる

キチガイ一人の勝手な妄想定義乙
そんなキチガイ一人の勝手な妄想定義に付き合ったら「虐殺」人口が山ほど膨れ上がるわ!

248 名前: no name :2010/09/13(月) 13:09:41 ID:fbnXn41d

>>239
>魏志倭人伝の記事でも魏の使節団が、地元の人間から聞いた2次情報は非常に怪しいと疑ってるよ

魏志倭人伝は、全て伝聞の「二次三次以下の資料」だと何度言えば理解するんだ?
他に文献が無いからやむを得ず援用しているに過ぎないという常識ぐらい持てば?

>>240
>アンタ統計と見解は全く意味が違うのを理解してるのかな

ILOが出した資料がILOの組織としての「統一見解」ではないと言い出すのか
キチガイの詭弁は面白いなw
例えば財務省が「日本の借金は世界最悪」とする統計を発表していても「これは財務省の見解ではない」とかほざくんだな

>解説者がILOの統計を見ようが、他の資料を見ようが関係ない

関係あります、気でも狂ったのか?

>解説者の見解を、国連の見解かのように誤魔化すんじゃない!

キチガイの理屈は意味不明
出してる統計はその出してる機関の統一見解と見なすのが一般常識
国土地理院発行の日本地図を「これは国土地理院の見解ではない」と言うのか?

>ダイタイ俺は英語は嫌いだけどね
>11年間も英語を勉強させられて、いまだに聞き取れず喋れず読めん
>アレルギー体質完成だ!

あれ?お前、「英文法が得意」じゃなかったのかw
聞けず、話せず、読めない阿呆が、サンフランシスコ平和条約の講釈を垂れ、英文法学者を批判していたのか・・・

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/101n
>>71 「英文法学者」をよく小バカに出来るもんだ

俺はこれでも英文法は得意だったんだよ
どうも英語の単語の記憶力がなくて、英会話やリーダーは苦手だったな
だから逆に、英文法学者という人は信用してない

249 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 13:23:26 ID:ktkzP7vG

>>212 マイクロソフトのソフトや韓流ドラマを泥棒していながら

あんたの好みのニュースがあったよ。
こんな警官がいるんだけど、俺はこれを正常な警官だと思うけど
あなたはなんと言って世の中に文句をいうのか、楽しみだよ。

俺が警官でも同じような対応をするでしょう。
規則というものは、柔軟に適用すべきなの。
悪質な犯罪と、善意の犯罪とは峻別すべきなんだけどね。

――――引用開始――――
二人の警察官は「いい人」だった。速度違反は目を瞑ってくれた。
免許証不携帯も不問。通行区分違反の1点だけ、反則金は6000円。

ガス欠の危機に続いて、またまた命拾いをした。レンタカーは無事
返したが、延長料金プラス次の客の料金まで、追加で負担する羽目
になった。

こうして、私たち夫婦の波乱万丈の札幌チラシ撒き紀行は終わった。
一生の語り草になるに違いない。
http://www.asyura2.com/10/senkyo94/msg/754.html

250 名前: no name :2010/09/13(月) 13:42:33 ID:fbnXn41d

>>240
>「ウラを取ったかのように」というのは間違い!

何が「間違い!」だ。このキチガイは
朝日新聞連載当時の「中国の旅」に、
「この話は本多記者がただ相手の言ってることをそのまま無批判に垂れ流してるだけです」
とか、こんな注意書なんか有ったかな?
「事実」として、垂れ流したんじゃないのか?

>中国共産党の用意というのもデマだよ

キチガイの話の方が「デマ」だよ
文化大革命当時の中華人民共和国に、中国共産党と無関係の「新聞協会」など存在しないと何度となく指摘されてるだろうが
事実を認識できないキチガイ恵也が

>中国人通訳を間にして、被害者からの証言を非常に詳しく調査しておられるし、

どこが「調査」したんだw
ただ相手の言ってることをそのまま無批判に受け売りするのが、キチガイ恵也の「調査」なのか
メディアリテラシーはどうしたんだっつーの?

>ウラを取るなんて本多氏がやることじゃないだろ

「事実」と主張するなら、そのように主張する側がウラを取るのが常識
なぁ、キチガイの山本よ?マイクロソフトがお前を訴えたらマイクロソフトの側に証明義務が有るんだったよなぁ?
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1277890140/405n
>細々した証明義務は裁判に訴えた原告の方にあるんだよ


>現場に行き、現場を案内されて、証言してもらえばそれで十分
>あなたの言う「ウラを取る」というのがどんなことをイメージしてるのか理解できんよ

「それが本当に日本軍や日本人がやった事なのか」とか、
「中国人が言うような事件を日本側で記憶してるものがいないか」とか、
「そもそもこの話は事実なのか?共産党に言わされてないか」とか、
色々やらねばならないはずだがね
それをやってないなら、「この連載は中国人の証言をそのまま垂れ流してるだけで事実確認はやってません」と一言但し書き付けるのが筋だ

何らの注意書も無しに天下の朝日新聞が中国の証言を垂れ流してるなど誰が予想するか

251 名前: no name :2010/09/13(月) 13:53:02 ID:fbnXn41d

>>240
>今ならずいぶん変ってるのだから、

どこが!?
共産党一党独裁で言論の自由が無いのは変わらないだろうが
ブラッド・ピットが入国禁止になってるような国のどこを見れば「変わってる」と思えるんだ?

>あなたが自分で行って調べたら?まだ間に合うと思うよ

肝心の日本側証言者も中国側証言者も恵也の言葉では「ボケ老人」になってるはずだ
生きててもボケ老人、恐らくは死んでるのに、何が言論の自由の無い国で「調べろ」だ、キチガイ恵也

>占領直後が一番必要な時期だろ。あんた頭大丈夫か?

ま だ 日 本 は 戦 闘 中 な ん だ っ て ば
唐生智とかいうバカ司令官のせいで、南京城内にはまだ中国側の兵隊がたくさんいた
日本はまだ「占領統治」なんてやり出す時期じゃなかったんだよ
キチガイは本当に頭が悪いなw

とりあえず文句があるなら部下も市民も見捨てて自分だけ敵前逃亡してバックれた唐生智に言いなよ

>ラーベ氏らは、中国兵の武装を解除し一ヶ所に集めて日本軍に命を助けるように交渉してますが、その中国兵は結局全員殺されてます

嘘だね
ラーベはそんなことやってないし、そもそも虐殺現場を見てもいない

日本側にラーベから捕虜を渡されたという記述もない

>中国兵の生き残るチャンスは、一般人の中に逃げ込んだ方が少しは生き残れる可能性が多かったので、中国兵としては最善の策 としては最善の策

罪の無い南京市民にとっては最悪の策という発想は無いのか?
衣服は追い剥ぎされる、ゲリラ狩りされる・・・
何が最善だ!このキチガイ爺が!

>不可能でしょう

上海ではそれが出来てたわけだが
だから虐殺も無かったし

>でも軍服を着て銃を持ってれば、断ってたよ

どうやって?その銃で「入れろ」と強要されたらどうすんの?

252 名前: no name :2010/09/13(月) 14:08:11 ID:hEQPOrHS

>>243
>専門家が製品を見たら資材や道具が同じでも、一目瞭然だよ

いつもは「専門家」を口を極めて罵るくせに勝手な御仁だw

>>249
>悪質な犯罪と、善意の犯罪とは峻別すべきなんだけどね

なーにが「善意の犯罪」だwww
「裁判が怖いから」とトリップ消した臆病者のくせにw

870 名前: 恵也 投稿日: 2008/11/ 14(金) 11:55:58 ?2BP(0)
>>856
>>どうしてトリップ無くなったの?

どんな状況になっても、裁判で勝つための選択肢を増やしたいから
裁判は勝たなきゃ正義にならん
俺は過激な言葉を平気で使うけど、用心深い性格でね


自分の行動が「善意の犯罪」だと思ってるなら、堂々と自信持ってトリップ付け続ければ良いだろ
泥棒の恵也はそんな事も考えないのか

253 名前: no name :2010/09/13(月) 14:16:25 ID:Npm3801I

>>249
>規則というものは、柔軟に適用すべきなの

そんなんだったら「法律」の意味ねーだろ
何のために法律ができたんだよ?

そもそも警察官とお前とじゃ話が違うだろうが
警察官は法律の適用するのが仕事だが、お前はただ法律破りをしただけの犯罪者だろうが
「柔軟に適用する」のは裁判所か警察官の仕事であって、お 前 の や る こ と で は な い

たかが犯罪者のクズ野郎のくせに、なにを威張ってんだ?

254 名前: no name :2010/09/13(月) 14:21:48 ID:RZ5ZRUSC

>>249
ハイワロハイワロ

日本軍へのハーグ陸戦法規の適用には厳密に適用しようとする奴が、
自分の著作権法破りの犯罪には柔軟に適用しろとか

頭膿んでるのか?もう手遅れかw

255 名前: no name :2010/09/13(月) 15:57:48 ID:RaLdGAYI

>>242
外れたら責任とれよ?他人様の死を勝手にゲスの勘繰りしてんだから

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%95%93
>ハナ肇の付け人を務め、長く親交があったなべおさみによると
「2008年ころから(谷さんは)物忘れがひどくなっていた。
今年(2010年)春に見舞いに訪れた際にはもう私(なべおさみ)のことが判らないようだった」
>と語り、晩年の谷啓に老人特有の症状があった ことを示唆している。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100912-677372.html

256 名前: no name :2010/09/13(月) 16:22:20 ID:RaLdGAYI

>>241
さすが売国奴の恵也だ

>ここは中国との領有権が確定した土地じゃない

確定してるよ
日清戦争後の下関条約と、サンフランシスコ平和条約、そして沖縄返還諸条約などで日本の領有権は疑われてもいない
中国が大々的に領有権を主張し出したのは、豊富な海底資源が存在することが解ってからだ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E9%A0%98%E6%9C%89%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C
>日本は、 日清戦争中の1895年1月14日から一貫して尖閣諸島を領有しており、 沖縄県石垣市に属するとしている
>1895年、日本政府は尖閣諸島の領有状況を調査し、いずれの国にも属していないことを確認したうえで沖縄県に編入した。
>国際的にも日本の領土と認められ、日本人の入植も行われた
>無人島になってからも日本の実効支配は継続している。
>第二次世界大戦後は一時連合国(実質的にはアメリカ合衆国)の管理下に置かれたが1972年に沖縄県の一部として日本に返還されている。
>島は開拓者の子孫が所有する民有地であり、アメリカの管理下にあった時も2007年現在も日本政府が貸借契約を結んでいる


中国が領有権を主張しだしたのは1971年からだから

>漁業の目的で来てるのなら、大目に見てやっても良いと思うがね

バカも休み休み言ってろ
漁業が目的で上陸する必要がどこにある?

キチガイの屁理屈では「名目」がついていれば「実質」は無視して良いのか
これ、大陸国家だとしたら・・・
「狩りの目的で来てるのだから国境線をまたぐぐらい大目に見ろ」
と言ってるに等しい愚かなざれ言なんだけど

257 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 17:27:57 ID:TudSgz3q

>>247 戦 後 に な っ て も 一 人 も い な か っ た ん だ ?

あなたが読んでないだけの話。
南京に行った多くのマスコミ人が喋ってるはずなんだけどね。
もっと調べてみて書きなさい。

――――引用開始――――
中へ入ってみると兵営のような建物の前の庭に、敗残兵だろうか
百人くらいが後ろ手に縛られて坐らされている。彼らの前には5
メ‐トル平方、深さ3メートルくらいの穴が、二つ掘られていた。

 右の穴の日本兵は中国軍の小銃を使っていた。中国兵を穴の縁
にひざまザかせて、後頭郡に銃口を当てて引き金を引く。発射と
同時にまるで軽業でもやっているように、回転して穴の底へ死体
となって落ちていった。

左の穴は上半身を裸にし、着剣した銃を構えた日本兵が「ツギッ!」
と声をかけて、座っている敗残兵を引き立てて歩かせ、穴に近づく
と「エイッ!」という気合いのかかった大声を発し、やにわに背中
を突き刺した。中国兵はその勢いで穴の中へ落下する。
佐藤 振壽(元毎日新聞記者)

朝日新聞の今井正剛記者は、1956年12月号の『文芸春秋』に、
「南京城内の大量殺人」を書いた。1937年12月15日の夕日
がさす中、朝日新聞支局附近、大方巷で見た大量殺人の光景を次の
ように書いている:

〔支局近くの夕陽の丘だった。空き地を埋めてくろぐろと、4、5
百人もの中国人の男たちがしゃがんでいる。空き地の一方は崩れ残
った黒煉瓦の塀だ。その塀にむかって6人ずつの中国人が立つ。

2、30歩離れたうしろから、日本兵が小銃の一斉射撃、バッタリ
と倒れるのを飛びかかっては、背中から銃剣でグサリと止めの一射
しである。
http://www.jca.apc.org/nmnankin/liu02.html

258 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 17:30:52 ID:aqlXuzKD

>>247 報道規制?何も不自由は感じていない。思ったこと、
>> 見たことはしゃべれたし

そらこの人は、旧軍隊と同じ思想の方で、何の不自由も感じないよ。
遺体の報道は残酷だからという理由で、報道しないし中国兵の
捕虜処刑も当然の戦闘行為だという信念をお持ちなんだから。

まあ武器を捨て降伏した敵兵を、平気で殺せるような人非人なんだろ
俺にはとてもじゃないけど殺せそうもないよ。

報道規制は1928年蒋介石が中国を完全統一した時から行われてて
この頃から軍部と内務省の中国への野心が、本格化したというべき。
国内の報道を反戦から好戦に転換させたんだろう。

逆にいえば目障りだったから、こんな通達を出したんだよ。
今でいえば小沢一郎に対する検事総長談話を完全に無視する日本の
マスコミと同じ状態が当時の朝日新聞の記者魂。

――――引用開始――――
1928年5月21日 内務省警保局長より各庁府県長官宛通牒 
「軍事活動写真フィルム検閲に関する件」
今次の山東派兵に関する時事の実写「フィルム」中、左記各項の
ものは其の映写を禁ぜられ度旨、陸軍当局より申越候に付、該
「フイルム」の検閲に当たりては特に御留意相成度


軍機秘密に亘る事項
軍機風紀に関する事項
軍部に反感を抱かしむる虞ある事項
惨忍の感を与ふる事項
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/DATA.html
日本記者クラブで大林宏検事総長が「小沢氏を有罪にする証拠はない」
と断言したことについて、記者クラブ所属の新聞・テレビがこれを
一切報道しないことで、怒り心頭だというのです。
http://www.asyura2.com/10/senkyo94/msg/754.html

259 名前: no name :2010/09/13(月) 17:45:36 ID:RaLdGAYI

>>257
>あなたが読んでないだけの話
>南京に行った多くのマスコミ人が喋ってるはずなんだけどね
>もっと調べてみて書きなさい


そうじゃねーだろ、キチガイ恵也
なんでこの人たちが戦後になっても「無かった」と主張してんのか聞いてんだよ
それと「今井正剛」は嘘つきだと証明されてるから無価値だよ

・同じ南京で今井と同宿した者が、誰も「虐殺を見た」という今井の姿を記憶してない
・「あの人は自分の目で見て書く人じゃなかった」と同僚から証言されるぐらいの虚言癖の持ち主
・先述の細川氏が今井本人に確認した時には「嘘だ」と認めている
(「嘘ですよ。でも嘘でもなんでもそっちの方が需要があるんでね」)

260 名前: no name :2010/09/13(月) 18:06:22 ID:RaLdGAYI

>>258
出た出たw
都合が悪い証言は罵詈雑言で無価値扱いするのが恵也だからな

>そらこの人は、旧軍隊と同じ思想の方で何の不自由も感じないよ

「同じ思想の方」である証拠は?ウィキぐらい読めよな?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E6%9C%AC%E7%99%BB%E7%BE%8E%E4%B8%89%E9%83%8E
お前の大好きな田中角栄に連座して失脚した人なんだけど


>遺体の報道は残酷だからという理由で、報道しないし中国兵の捕虜処刑も当然の戦闘行為だという信念をお持ちなんだから

何度も言われてるくせにキチガイは理解しないねぇ
「捕虜資格」が無ければ捕虜にはなれないんだよ、キチガイ恵也

>まあ武器を捨て降伏した敵兵を、平気で殺せるような人非人なんだろ

違法戦闘集団の殺害は虐殺にならないから
そもそも違法に戦闘してる方が間違いだろうが
ハーグ陸戦法規も知らない愚か者

>俺にはとてもじゃないけど殺せそうもないよ

ハイハイ嘘つきだねw
自分だって同じ場所にいたら同じ事やるくせに

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1268139842/349n
>やりたくはないけど食料調達するためには、血を見ることもあるだろう
>たぶん虐殺行為に慣れて、南京につく頃には殺すことに無感覚になってたでしょう
>命令であればどんな残酷なことでも平気で実行できるかもな

>報道規制は1928年蒋介石が中国を完全統一した時から行われてて

その証拠は?
どこの省庁が何の法的根拠で行ってたの?
お前の引用したのは「フィルム」だけなんだけど

それに「蒋介石が完全統一」?バカも休み休み言ってくれ
山西軍閥や広西軍閥、西北三馬、雲南軍閥などの存在を知らんのか

261 名前: no name :2010/09/13(月) 18:15:17 ID:RaLdGAYI

いい加減、自分が引用したサイトぐらい読めよな
キチガイ恵也はろくに自分が引用したサイトも読まないからな

http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/hagurikusen.html
>第1〜3条は交戦者の資格を表しています。
>陸戦条約を適用されるには、この交戦者の資格を満たしていなければいけません
>資格の条件としては

(1)軍隊としての組織を作っておく事ですね。自分勝手に戦っては駄目です
(2)遠くからでも判る標識を身に付ける事。自衛隊の場合、軍服+日の丸の組み合わせが必要ですね
(3)自分は交戦者であるとの意思表明をしなくてはなりません
(4)この国際法を守ること。当然ですね

>の4項目からなり、これを守っていれば軍隊(組織)の適用がされます。
>と同時に敵に発見され次第、問答無用で攻撃されるのですが
>条約の中には捕虜の人道的扱いについての規定があるので、資格の無い兵士(ゲリラ兵)は捕虜として扱ってもらえない事になります。
>大抵は犯罪者として良くて裁判、最悪の場合その場で射殺ですね

262 名前: no name :2010/09/13(月) 18:34:39 ID:cyR9GNEO

>>258
で、恵也は「中国がハーグ条約を批准してきちんと遵守していた証拠」は見つけたのか?
ハーグ陸戦条約は、交戦国双方がハーグ条約を批准している事が前提条件だぞ

http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/kaisetsu/other/hague_rikusen.html
第二条[総加入条項]
第一条ニ掲ケタル規則及本条約ノ規定ハ、交戦国カ悉ク本条約ノ当事者ナルトキニ限締約国間ニノミ之ヲ適用ス

263 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 18:37:17 ID:RAtiqG4d

>>256 日清戦争後の下関条約と

この条約で台湾や尖閣諸島などを日本領土にしたの。
だから第二次大戦後の台湾放棄の時に、一緒に放棄すべきだったの。
それが沖縄と一緒に、米軍の管理下になったのが最初の間違い。

サンフランシスコ平和条約、そして沖縄返還諸条約では中国の代表は
参加してませんので、中国に対する拘束力はありません。

田中角栄が結んだ日中共同声明でも、田中角栄と周恩来の間で棚上げ
ということで合意してます。

――――引用開始――――
田中総理: 尖閣諸島についてどう思うか?私のところに、いろいろ
言ってくる人がいる。

周総理: 尖閣諸島問題については、今回は話したくない。今、これ
を話すのはよくない。石油が出るから、これが問題になった。石油
が出なければ、台湾も米国も問題にしない。
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPCH/19720925.O1J.html

264 名前: no name :2010/09/13(月) 19:04:16 ID:cyR9GNEO

>>263
>この条約で台湾や尖閣諸島などを日本領土にしたの

それ以前に日本は先に領有権を主張してる国が無いか調べてから併合してるわけだが
そもそも日清戦争は完全に中国(清)の侵略戦争だし
勝手にしかけて、勝手に負けて、それで「下関条約は無効だ」かよ
ふざけた野郎だな

>だから第二次大戦後の台湾放棄の時に、一緒に放棄すべきだったの

中国が領有権を主張すべきだったんだろ?考え違いすんじゃねぇよ売国奴
中国はサンフランシスコ平和条約で領有権を主張していない
韓国ですらGHQに訴えてるのに中国はそれすらしていない

>サンフランシスコ平和条約、そして沖縄返還諸条約では中国の代表は参加してませんので、中国に対する拘束力はありません

キチガイの屁理屈w
なるほど、確かに中国はサンフランシスコ平和条約にはいない
しかしその一年後に日本は中華民国と平和条約を締結している
内容はサンフランシスコ平和条約に準じるものだから、蒋介石も領有権主張などしていない
1970年以前の地図や地理の教科書は「日本領尖閣諸島」で問題にもなっていない

中華人民共和国についても同様だ

266 名前: no name :2010/09/13(月) 19:23:44 ID:zVWpv9bP

>>263
なんで「アメリカの手先」は批判するくせに「中国の手先」は批判しないのか、恵也の思想的背景が見て取れるな
中国人の回し者が偉そうに振る舞ってんなよ

267 名前: no name :2010/09/13(月) 22:18:31 ID:5xmqXmSn

中国の漢詩にこんなのがあるな

>何が事実かは政府が決める、何が事実でないかは民衆が決める。
>民衆にそんな難しいことができるのかって?できるさ。
>政府の言う「事実」は全部嘘だから

日本では万葉集に相当する中国古典の詩経に出てくる話だ
今ではそれが変化して「上に政策あれば、下に対策あり」という中国のことわざになっている

中国人自身、自国政府の言ってることを信用してないのに恵也はなんで無批判に中国政府に都合がいい話をするのだろうか?
中国人に都合が悪い話はなんで無視するのだろうか?

「売国奴」「非国民」と呼ばれるのも当たり前だと思う
これすら満足に読めないからねえ
http://www.tamanegiya.com/sinajinnhainunekoika22.3.17.html

268 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 23:02:23 ID:zwyIKYNW

>>264 しかしその一年後に日本は中華民国と平和条約を締結している

その時は蒋介石が台湾に逃げ込んで、第七艦隊のおかげで助かって
いたんだろ。中国の正当な権力者とはいえないよ。
いわば権力もないのに、有るふりして条約結んでも詐欺だろ。

>> 内容はサンフランシスコ平和条約に準じるものだから
あんたサンフランシスコ条約読んでから、書いてるのかな?
どうも疑問なんだけど…・

領土に関しては、日本が放棄するものとして台湾や澎湖諸島が書い
てありますが尖閣諸島が明記されてないというだけの話。

なぜ台湾や澎湖諸島を放棄するのか理由を考えなさい。
これは日清戦争で日本が手に入れたもので、尖閣諸島もそのドサクサ
に沖縄県にしたから、終戦の時に沖縄県として処理されたもの。

あなたの話は、いかにもサンフランシスコ条約に尖閣諸島帰属が明記
されてるかのように書いて、読んでみると尻尾しかない。
肝心の中身がない話なんだよね。
詐欺師がよく使うもので、竜頭蛇尾理論という。

――――引用開始――――
沖縄の友人諸氏の援助をうけて、私は、いわゆる「尖閣列島」のど
の一つの島も、一度も琉球領であったことはないことを確認できた。

のみならず、それらの島は、元来は中国領であったらしいことも
わかった。ここを日本が領有したのは、一八九五年、日清戦争で
日本が勝利したさいのことであり、ここが日本で「尖閣列島」と
よばれるようになったのは、なんと、一九〇〇年(明治三十三年)、
沖縄県師範学校教諭黒岩恒の命名によるものであることを知った。
http://www.mahoroba.ne.jp/~tatsumi/dinoue0.html

269 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 23:05:32 ID:nnnOg+OQ

>>264 日本は先に領有権を主張してる国が無いか調べてから併合

この話は怪しいよ。
日清戦争の真っ最中に、領有権を調べれるものかな。
戦争してる相手に、尖閣はあなたの島ですかなんて聞けるかい?

――――引用開始――――
一八八五年には、政府は、釣魚諸島に公然と国標をたてたならば、
清国の『疑惑ヲ招キ』紛争となることをおそれたのだが、いま
日本が釣魚諸島に標杭をたてても、清国には文句をつけてくる
力などはない。たとえ抗議してきても一蹴するまでのことである。

政府はすでに台湾占領作戦を決定し、講和のさいには必ずここ
を清国から割き取ることにしている。この鼻息荒い政府が、台湾
と沖縄県との間にある釣魚島のような小さな無人島は、軍事占領
するまでもない、

だまって、ここは沖縄県管轄であると、標杭の一本もたてれば
すむことである、と考えたとしてもふしぎではない。
http://www.geocities.jp/ktakai22/murata.html

>>勝手にしかけて、勝手に負けて、
逆だよ。
日本が先に朝鮮王宮を占領(1984年7月23日)してから、清国
艦隊を奇襲攻撃(7月25日)してそれから、宣戦布告(8月1日)
を行ってます。仕掛けたのは清国ではなく、日本軍が先です。

270 名前: 恵也 :2010/09/13(月) 23:08:05 ID:tFidL2Uo

>>266 なんで「アメリカの手先」は批判するくせに「中国の手先」は批判しないのか

俺は中国の手先なんて、日本にいるとは思ってない。
アメリカだと日本占領後、検察権力やマスコミ権力を手中にしたと
思ってるけど、中国が日本を占領したわけではない。

田中角栄のように最高権力者といえども、アメリカの尾を踏んだら
罠にはめられて検察・マスコミの集中砲火を浴び政界追放だ。
日中の国交回復が、虎の尾だったんだろう。

おかげさんで今でも米軍基地が日本で大威張りで存在してしまった
角栄が健在だったら、日米安保は第七艦隊だけになってたかもな。

その点、菅直人じゃ日本はアメリカの使用人で終わりそうだよ。
こいつは財務省の使用人にまで成り下がってる感じだ。

――――引用開始――――
橋本首相発言に関するマスコミ報道はこの間の普天間基地報道そっ
くりそのまま。また、橋本首相発言に対する大蔵省次官の反応は、
宮内庁の羽毛田さんの対応そっくりではないか。

ひょっとして日本国民は、日常的に米国のエージェント新聞やテ
レビを目にさせられ、税金で米国のエージェントを雇っている?
http://www.asyura2.com/10/senkyo76/msg/517.html

271 名前: no name :2010/09/13(月) 23:40:13 ID:KTONzEgR

>>270
>俺は中国の手先なんて、日本にいるとは思ってない

いるじゃねーか、目の前の お 前 とか

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/334409/
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51533721.html
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2009/12/post-c441.html?optimized=0

こういう奴は中国の手先じゃないんかい

お前が好んで引用する中帰連なんて中国の手先そのものだろうが
ふざけんなよ、このクズ!

272 名前: 恵也 :2010/09/14(火) 06:54:11 ID:JRVsEl50

>>264 それで「下関条約は無効だ」かよ

下関条約は有効だよ。
日清戦争に勝ったから台湾や尖閣諸島を手に入れ、下関条約が出来、
第二次大戦で負けたから下関条約が無効になったの。

今日のみのもんた朝ズバを見てたら、尖閣諸島がずいぶん石垣島に
近づけて書いてあったが、これも情報操作なのかな。

尖閣諸島は台湾の突端の先、黒潮の激流にある島で、台湾から尖閣に
行きやすいけど、沖縄からは黒潮を横断して行くので行き難い。
そのため、昔からここは台湾漁民の大切な漁場になっていた。

今回の海上保安庁の中国漁船追い出しは、歴史的に見ても暴走行為
というべき。明治政府でさえも尖閣を手に入れても漁業権は台湾
漁民に認めてました。

菅直人の厳正に処分するという表現は、外交センスのない最低の
声明だよ。こんなこと言ってたら中国政府も引くに引けなくなる。

――――引用開始――――
台湾の漁民にとって、もっと重要な問題に漁業権がある。戦前の
日本の国会は、尖閣諸島と与那国、基隆(キールン)の漁業権を
台湾に譲っている。戦後になって、日本政府は何も言ってこない。
真剣に考えてほしい。
(台湾前総統の李登輝 より)

273 名前: no name :2010/09/14(火) 08:32:38 ID:VW6RVjh5

>>272
>第二次大戦で負けたから下関条約が無効になったの

ポツダム宣言にもサンフランシスコ平和条約にも、中国との平和条約にも「下関条約は無効である」なんて書いてないけど
台湾と澎湖諸島の領有権を日本が「放棄する」と書いてあるだけだ
尖閣諸島は名前すら出てこない
そもそも「放棄」した台湾などが「中国領土になる」などとはどこにも書いていない

そもそも「日清戦争に勝ったから台湾や尖閣諸島を手に入れ」だ?
嘘ついてんじゃねーよ
下関条約では尖閣諸島は名前すら出ていない

http://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/92e0af4b13e8f62801534cd3a150bcbc
>台湾の沖合いにある澎湖諸島の日本への割譲は下関条約で決められたが、尖閣諸島は議題にはならなかった


>尖閣諸島がずいぶん石垣島に近づけて書いてあったが、これも情報操作なのかな

妄想乙
世界地図ぐらい調べてから発言しろハゲ
石垣島と尖閣諸島間は地図上の縮尺で調べても150から200キロ以内だが、台湾から尖閣諸島は優に200キロ越える
中国大陸からでは400キロ越える位置にあるのが尖閣諸島だ

>今回の海上保安庁の中国漁船追い出しは歴史的に見ても暴走行為というべき。

暴走行為は貴様の頭だ、キチガイ恵也
お前の言い分は大陸国家だとしたら「狩りの目的であれば国境線をいくらでも越えていい」というに等しい
お前の好きなスイスでは、そんな事は許されるのか?
絶対に退去命令されるだろうし、従わなければ脅しの発砲だってされるかもしれない
陸と違って国境線が見えないからって、そんな簡単に国境線突破を許すとはね

>明治政府でさえも尖閣を手に入れても漁業権は台湾漁民に認めてました

ハイハイ、相変わらずバカ丸出しだねw
台湾は下関条約で日本領に割譲され、現地人は「日本国籍」を与えられた日本人だ
日本人が日本の領内で漁業やれるのは当たり前だろ、キチガイ

274 名前: no name :2010/09/14(火) 09:25:12 ID:VW6RVjh5

>>272
そもそもこのクズは、中国は近代以前尖閣諸島どころか「台湾すら実効支配した事が無い」という事実を知らんのか?

台湾は明史以前の中国の歴史書に出てこない
台湾を「発見」したのは1544年のポルトガル人である
そして1624年に来たオランダ人によって植民地化された
台湾を発見して統治したのはヨーロッパ人だ

その後浄瑠璃で有名な「国姓爺」、鄭成功がオランダ人を退けて台湾を支配するがわずか1年で死去
鄭の子供が後を継ぐがわずか20年で清に降伏する

後を継いだ清は、台湾を「化外の地(野蛮人の住む土地)」として見下しており、積極的に統治した事は一度もなかった
台湾一島にすら、清の威令は届かなかった

明治時代、台湾で宮古島の島民が現地人に殺された時、日本の抗議に清は答えた

「あそこは我が領土ではない」

・・・鄭成功の時代から200年も経っても、清(中国)は台湾を自国領とは思っていなかった

そんな中国が尖閣諸島に領有権がある???
ふざけんじゃねーよ、まったく

275 名前: no name :2010/09/14(火) 09:26:43 ID:abMiTeXR

>>272
そもそもこのクズは、中国は近代以前尖閣諸島どころか「台湾すら実効支配した事が無い」という事実を知らんのか?

台湾は明史以前の中国の歴史書に出てこない
台湾を「発見」したのは1544年のポルトガル人である
そして1624年に来たオランダ人によって植民地化された
台湾を発見して統治したのはヨーロッパ人だ

その後浄瑠璃で有名な「国姓爺」、鄭成功がオランダ人を退けて台湾を支配するがわずか1年で死去
鄭の子供が後を継ぐがわずか20年で清に降伏する

後を継いだ清は、台湾を「化外の地(野蛮人の住む土地)」として見下しており、積極的に統治した事は一度もなかった
台湾一島にすら、清の威令は届かなかった

明治時代、台湾で宮古島の島民が現地人に殺された時、日本の抗議に清は答えた

「あそこは我が領土ではない」

・・・鄭成功の時代から200年も経っても、清(中国)は台湾を自国領とは思っていなかった

そんな中国が尖閣諸島に領有権がある???
ふざけんじゃねーよ、まったく

276 名前: no name :2010/09/14(火) 09:42:56 ID:kM40ajAY

>>272
>(台湾前総統の李登輝より)

さすが自爆大好き恵也クンw
李登輝がどういう人なのか知らずに引用するらしい

言っとくけど李登輝は恵也の大っ嫌いな 小 林 よ し の り の 親 友 で 
中国のブラックリストに載ってる台湾独立主義者、
おまけに「戦前日本統治時代は良かった」と主張する人物だ
ついでに「尖閣諸島は日本領」と認めている台湾では知らぬ者がいない親日家だ
売国奴の恵也とはまるで思想的に合わなそうな方なんだけどね

ついでに嫌いな人は恵也みたいに「卑怯な人」らしいからね
戦前日本の学校教育や軍隊教育で「卑怯者にだけはなるな」と厳しく叩き込まれたそうだからな

どんな仕事場も無責任に逃げ出し、自分の発言にも責任を取らない卑怯者の恵也は嫌われるだろうね

http://www.news.janjan.jp/world/0810/0809268194/1.php
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/016eb5bc2e99edff24028d06935e845d
http://www.kin-birei.com/magazine/0301.html

277 名前: no name :2010/09/14(火) 10:11:32 ID:arurZfCh

>>268
>その時は蒋介石が台湾に逃げ込んで、第七艦隊のおかげで助かっていたんだろ。
>中国の正当な権力者とはいえないよ
>いわば権力もないのに、有るふりして条約結んでも詐欺だろ

勝手な屁理屈だなぁ
日本は中華民国と戦争していたのであって、中華人民共和国は全く関係がない
ならば平和条約は中華民国と結ぶのが当たり前だろ

そして、蒋介石は「大陸反攻」を主張していた
中国の統一政府を自認していたのだから、まず交戦状態の和解も含めて蒋介石から和平を結ぶのが当たり前だろ

>あんたサンフランシスコ条約読んでから書いてるのかな?どうも疑問なんだけど…・

キチガイ恵也が一番読んでない、読んでも理解できないんだろ

>領土に関しては、日本が放棄するものとして台湾や澎湖諸島が書いてありますが尖閣諸島が明記されてないというだけの話

何が「だけの話」だ!キチガイの売国奴が!
明記されてないのは重大な問題だし、そもそも日本が放棄した領土を「中国領土にする」とも書いてない

>これは日清戦争で日本が手に入れたもので、尖閣諸島もそのドサクサに沖縄県にしたから、

ハイ嘘ですね
日本は日清戦争の10年以上前には領有権を主張しています
ただ、欧米列強の領有権主張が無いかとか、中国との摩擦を避けるために1895年まで控えていただけです

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E9%A0%98%E6%9C%89%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C#.E5.B9.B4.E8.A1.A8
>1859年(安政6年)以降に大城永保が調査し、 1885年(明治18年)に沖縄県庁の石澤兵吾に無人島である事を報告した
>1885年 10月9日:内務卿・ 山縣有朋は「清国所属の証拠は少しも見えない」として、外務卿・井上馨と協議

278 名前: no name :2010/09/14(火) 10:17:06 ID:stBFnX6/

>>268
>あなたの話は、いかにもサンフランシスコ条約に尖閣諸島帰属が明記されてるかのように書いて、読んでみると尻尾しかない

>>264のどこに「明記してある」なんて書いてあるんだ?
キチガイには普通人には見えないものが見えるのか?
サンフランシスコ平和条約には尖閣諸島は名前すら出てこない
日本が「放棄」した台湾などを、中華民国領土にするという規定も無い
そもそも明記されてもなければ、領有権の主張すらやってない事を指摘してんだよ

279 名前: no name :2010/09/14(火) 10:32:32 ID:stBFnX6/

>>269
>日清戦争の真っ最中に、領有権を調べれるものかな

日清戦争は世界大戦みたいな総力戦じゃないし、そもそも日本は日清戦争の10年以上前には調査を始めていた
調査結果待ちと、中国との摩擦を避けるためだけに10年間放置していたにすぎない

>戦争してる相手に、尖閣はあなたの島ですかなんて聞けるかい?

中立国を介して聞けば?
トラウトマン工作とか、探せばそんな事例はいくらでもあるんだがね

そもそも台湾ですら自国領と思っていなかった清国が、台湾を無視して尖閣諸島だけの領有権を主張するなど有り得ない
日本はなんで台湾出兵したのか調べてから言え!

>逆だよ
>日本が先に朝鮮王宮を占領(1984年7月23日)してから、

それ以前に清軍が東学党の討伐のために大軍を朝鮮に派遣したのは無視か
天津条約では、日本と清国が出兵する時には先に通知するのが義務にもかかわらず清国は無断で朝鮮に出兵した
天津条約を無視するな!

>清国艦隊を奇襲攻撃(7月25日)して

お前バカすぎるだろ?
「奇襲攻撃は無かった」と言われてるだろうが!
ろくに反論できなかったくせに、未だに妄想の「奇襲攻撃」を信じてやがるのか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E5%B3%B6%E6%B2%96%E6%B5%B7%E6%88%A6

>それから宣戦布告(8月1日) を行ってます。

その前に、日本はイギリスを介して和平提案してるんだけど
拒否したのは清国だから

ろくに歴史を知らないキチガイが

280 名前: no name :2010/09/14(火) 10:38:01 ID:V80nPMCh

>>269 ど こ が 奇 襲 攻 撃 だ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E5%B3%B6%E6%B2%96%E6%B5%B7%E6%88%A6
>吉野艦隊は朝鮮の北西岸豊島沖で会合する予定だった通報艦「 八重山」と旧式巡洋艦「武蔵」を捜していた。
>二条の煙を発見し近付いてみると清国の巡洋艦「済遠」と「広乙」であった。
>清国艦隊もあとから陸兵を乗せてやってくる予定の清国商船「高陞」(こうしょう)とその護衛の清国軍艦「操江」の露払い役であった。
>2対3の巡洋艦が対峙することとなった

281 名前: no name :2010/09/14(火) 18:39:35 ID:FU00j5LA

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/

>>276のこのサイトは面白いなw
キチガイ恵也の沖縄関連の妄想主張を沖縄県民が全否定してるじゃないかwww

282 名前: 恵也 :2010/09/14(火) 19:11:58 ID:06eOeG08

>>273 「下関条約は無効である」なんて書いてないけど

あんたは書いてなくては何にも理解できない人かい?
日本はポツダム宣言を受託して、無条件降伏をしたがこの宣言には
カイロ宣言を履行するとなってます。

カイロ宣言には、下関条約で清から手に入れた「台湾及澎湖島の如
き日本国が清国人より盗取したる一切の地域を中華民国に返還」と
なってますので、条文を素直に読めば尖閣諸島もこれに入ります。

「日本国は又暴力及貪欲に依り日本国の略取したる他の一切の地域
 より駆逐せらるべし」を読めば日清戦争のドサクサに沖縄県領に
した尖閣諸島を日本領土とするのは無理。

オマケにポツダム宣言では日本本土と、連合国が決める諸島だけが
日本領土となってます。
連合国に中華民国がいるんだから尖閣も当然取られるよ

台湾の漁師はむかしから、尖閣に漁業権を持ってたのだし、今回の
海上保安庁の行為は官僚による暴走行為というべき。

宮内庁官僚の暴走より、今回の暴走が日本にとっては深刻な問題だ。
レアメタル不足で日本の貿易は、ガタガタになるかも知れん。

>> 簡単に国境線突破を許すとはね
国境線が両国の間で確定してないのだから、突破とはいえません。
見解の相違になるから、この火は大火事になる可能性もある。
俺が中国人で船を持ってたら、わざと尖閣諸島で魚釣りするかもな。
それで死んだら英雄に祭り上げられてしまうよ。

283 名前: 恵也 :2010/09/14(火) 19:18:07 ID:MkxmmEO3

>>274 台湾を「発見」したのは1544年のポルトガル人である
発見なんてそれは言い過ぎ。
明の時代1400年頃、鄭和は大艦隊でアフリカまで行っていたんだぜ。

明の永楽帝の積極外交政策南方版が、鄭和の南海遠征。
永楽2年(1405年)から宣徳8年(1433年)まで前後7回行われた。

1回の航海に62隻の大船が出かけ、その乗組員は総勢2万8千人
を数えたという。
東南アジア・インド、そして一部の者はメッカやアフリカのマリン
ディまで行った。
当時としては大変な航海だった。

目的は、明朝の勢威を見せつけ、朝貢貿易を促すことだったらしい。
かつて100年ほど前、元朝の侵略軍を乗せた船が航海したルート
を平和的な貿易促進キャラバン船が行く。
http://www1.cts.ne.jp/~fleet7/Museum/Muse059.html

284 名前: no name :2010/09/14(火) 19:34:02 ID:avoTBPtR

>>282
>あんたは書いてなくては何にも理解できない人かい?

条約とか法律ってそういうもんだろ
なんだ?このキチガイ?

>素直に読めば尖閣諸島もこれに入ります

入らねーよ、バーカ
尖閣諸島は下関条約と 無 関 係 に手に入れた地域だ
下関条約で尖閣諸島は議題にすらなっていない
もし入るんだったら米軍統治前に接収されてるはずだろ、常識的に考えて

>日清戦争のドサクサに沖縄県領にした尖閣諸島

ふざけたキチガイの妄想だな
日清戦争の10年以上前には日本は領有権の主張をしてるのに

>オマケにポツダム宣言では日本本土と、連合国が決める諸島だけが日本領土となってます
>連合国に中華民国がいるんだから尖閣も当然取られるよ

じゃあ、ポツダム宣言に基づいて中国が尖閣諸島を自国領だと主張した証拠を出せよ
石油発見以前、中国が領有権を主張した事実は皆無だから

285 名前: no name :2010/09/14(火) 19:44:42 ID:avoTBPtR

>>282
>国境線が両国の間で確定してないのだから、突破とはいえません

馬鹿らしw
その理屈ではカシミールは国境が確定してないからパキスタン人が勝手に無断でインドのカシミールに入っても構わないわけか
やるのは勝手だけど、インド兵に見つかって射殺されても文句は言えねーよ?

ゴラン高原にシリア人がイスラエルの許可なく立ち入って無事で済むのか
イスラエル兵に殺されても文句は言えねーぞ

陸の国境ですらそうなら、海の国境はもっと厳しくあるべきだろ
林子平が江戸時代に書いたように、東京(江戸)とロンドンは海を挟んだ隣同士なんだから
恵也は江戸時代の林子平の水準にすら及ばないドアホウだな
上海から尖閣諸島と、上海から東京と、距離が違うだけで間は海という点は変わらないんだよ

286 名前: no name :2010/09/14(火) 20:00:04 ID:avoTBPtR

>>283
>明の時代1400年頃、鄭和は大艦隊でアフリカまで行っていたんだぜ

ハイ、ダウトーw
鄭和はアフリカに行ってません
艦隊の一部がアフリカに到達しただけの話です

そもそも鄭和の艦隊はみんな、中国から 南 に 行ったのであり、台湾方面に行ったわけではありません

「1544年にポルトガル人が発見した」は台湾の歴史教科書にすら出てくる話です
キチガイの物知らずのくせに教科書を否定できるとは驚嘆しますわ

287 名前: no name :2010/09/14(火) 21:46:09 ID:100sfSjx

>>282
もうテメーは来んじゃねえよ!クソ売国奴!
必ず何かって言えば中国の肩ばかり持ちやがってよ
そんなに中国が好きならさっさと引っ越せ!
二度と日本に帰ってくるなよ!

288 名前: no name :2010/09/14(火) 23:41:37 ID:3hT4flwi

お前ら相手にするな
>もうテメーは来んじゃねえよ!クソ売国奴!
ってお前が来てんじゃねーかよ

相手にするな

289 名前: no name :2010/09/15(水) 00:06:41 ID:lkwUYcYN

>>282
>あんたは書いてなくては何にも理解できない人かい?

恵也は書いてあっても何にも理解できない人だからねw

509 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日 2008/11/09(日) 19:32:20 ?2BP(0)
>>505
>恵也がエクセルなんてソフトをちゃんと使える訳がないじゃないか

これでも友人にソフトを借りて、俺のパソコンにもエクセルを入れてるよ

http://www.sofurin.org/htm/activity/kb_qanda.htm
>購入したソフトを、中古店に売ったりバックアップ・コピーを手元に残しておくことは、著作権法違反に当たります

http://www.daiichi.gr.jp/publication/scientist/21.html
>コンピュータ・プログラムにはさまざまなものがありますが、代表的な例としては、
>ワープロソフトのWordや一太郎、表計算ソフトのExcelなどがあります。
>これらは市販されていますので そ れ を 購 入  し 、パソコンにインストールして使用することはできますが、
>原則として一つのソフトは1台のパソコンにしか使用が許されていません。
>したがって、一つのソフトを購入し、それを複数のパソコンにインストールして使用することは著作権の侵害にあたることになります

290 名前: no name :2010/09/15(水) 00:09:18 ID:lkwUYcYN

書いてあっても何にも理解できない(キチガイ)恵也の図w

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/431n
>キチガイとは気違いと書き、普通の方と違い幻が見えたり、幻聴が聞こえて自立した生活が一人で出来ない方のこと

http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/0000ozomasii4.htm
>そのやり方は、(当時の)熟達した騎馬による戦闘能力、手段を選ばない卑劣な戦法
(捕虜を盾として先頭に押し出すショック吸収部隊、退却と見せかけて守備軍が出て来たところを包囲・殲滅する、
同盟して戦い勝利してから同盟国を裏切り滅ぼす、など)、
>容赦の無い全員抹殺、覇権を争う親類や国内の族長らの抹殺、自分を一種の”神”とする絶対服従の強要であり、
>その残忍で無慈悲な殺戮はヨーロッパでは”地獄の使者(タルタロス=タタール)”として恐れられた。
(中略)
>若い男はモンゴル側に連行され、次の戦闘で盾として先頭に押し出され、敵の攻撃のショックを吸収する部隊として用いられた

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/501n
>ジンギスカンはその点、占領地の若者を信じて武器を与えて敵に向かわせたという意味で若者を信じてたわけだ。
>俺はジンギスカンの方がすごいと思う。
>一歩間違えたら自分たちの命の心配をしなければいけないのに、元の敵に対して武器を与えたんだからね

291 名前: no name :2010/09/15(水) 00:11:10 ID:lkwUYcYN

書いてあっても何にも理解できない恵也の図(その3)

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/256n
>>256で 恵 也 が「4つ条件が挙げられてるが1つ守れば良い」とする証拠としてこのサイトを引き合いに出す
http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/hagurikusen.html

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/277n
>>277がこのサイトに書いてある文章を強調のためのスペース以外の一切の改編無くコピペして反論する

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/306n
>>306で恵也曰く
>国際法もいろいろあるんだが、どの国際法だ
>交戦者とは戦いを交えてる人のことだけど、現に戦いを交えてたら戦ってるのだから認められないなんて赤の他人が言っても屁みたいなものだ

292 名前: no name :2010/09/15(水) 00:40:40 ID:lkwUYcYN

書いてあっても何にも理解できない恵也の図(その4)

http://www.tamanegiya.com/sinajinnhainunekoika22.3.17.html
「まず、中国人はゴミ出しができませんね」
>と語るのは、芝園団地自治会の瀬川剛一会長(八十)である。

恵也曰く
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1268155974/355n
>この巨大団地の名前もわからんし、責任者の自治会長名もないタワゴト話に過ぎん。

293 名前: no name :2010/09/15(水) 00:47:19 ID:lkwUYcYN

書いてあっても何にも理解できない恵也の図(その5)

http://www.nobitown.com/dom011102.html
ジンギスカンは大量殺戮者だったという事実も知らずに賛美する恵也w

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/480n
480 名前: 恵也 : 2010/08/15(日) 14:46:46 ID:glXibNDz
>>466 戦争は軍隊が終わらせると思ってる低能恵也w

戦争を始めるのも、終わらせるのも軍隊が最大の要。
ジンギスカンがあれだけの人口で、世界を占領した

これは軍隊が本物の軍隊で、権力機構がしっかりしていて占領地の人心を掴めたからなんだよ

294 名前: 恵也 :2010/09/15(水) 06:18:00 ID:7OS+Kka9

>>287 「1544年にポルトガル人が発見した」は台湾の歴史教科書にすら出てくる話

アンタ日本語翻訳力に問題があるんじゃないの?
日本でも鉄砲を伝えてくれたポルトガル人が、種子島に漂着したが
「1543年にポルトガル人が種子島を発見した」なんて日本教科書に
書いてあるかな?

少なくともポルトガル人が来たという、翻訳じゃないかね。
主人公を誰だと思ってるだろう。

295 名前: 恵也 :2010/09/15(水) 06:25:38 ID:n02+soPl

>>285 陸の国境ですらそうなら、海の国境はもっと厳しくあるべきだろ

逆だろ。陸の国境と海の国境を混同するな!
海とは通り道なんだから、無害航行は世界的に認められた権利。
しかも昔から中国人が漁場としてる場所を、四角四面に日本領だ
といって追い出しては、中国政府も認めるわけにはいかんだろう。

それに海の国境は、漁業資源保護のために無理やり広げたもの。
海上保安庁の連中も、アンタと同じような四角四面野郎なんだろう

――――引用開始――――
しばらくはどの国も3カイリを領海としていましたが、第二次世界
大戦後になると海洋資源や漁業資源の専有を巡って紛争が頻発。

3カイリ以上の幅を領海と主張する国も現れ、国際的な法律の必要
性が高まってきました。
http://www.ladyweb.org/magazine/news/news28.html

296 名前: no name :2010/09/15(水) 08:39:14 ID:xtP/j51H

>>294
日本語能力に問題があるキチガイ恵也にほざく資格は無いだろ

>「1543年にポルトガル人が種子島を発見した」なんて日本教科書に書いてあるかな?

古事記の国産み神話の時代から存在が確認されている種子島と、
鄭成功が来るまで一度も中国人に存在を認識されていなかった台湾と比較になるかな?
海賊や倭冦の根拠地として台湾が利用された事は有っても、中国歴代王朝が領有したのは清の時代まで無かった台湾と一緒にするな!アホ!

>少なくともポルトガル人が来たという、翻訳じゃないかね
>主人公を誰だと思ってるだろう

「認識台湾」っていう日本語に翻訳された台湾の国定歴史教科書があるんだよ
そこにはハッキリと「発見」とカッコ付きで書いてあるから
それ以前に文献に残る歴史が無い、中国王朝の歴史書にも登場しないなら当たり前の話だ

297 名前: no name :2010/09/15(水) 08:52:38 ID:8KSr+CyU

>>295
>海とは通り道なんだから、無害航行は世界的に認められた権利

だったら「公海」を通れよ
「領海」を通るんじゃねーよ

しかも今回の件は単なる「無害航行」じゃないだろうが!
今年の3月にも東シナ海で挑発行動を繰り広げた連中のどこが「無害」だよ

>しかも昔から中国人が漁場としてる場所を、四角四面に日本領だといって追い出しては、中国政府も認めるわけにはいかんだろう

だったら中国人は中国政府に言えよ
中国政府は日本政府と交渉して漁業権を与えてもらえよ
あいつらは平和的に外交交渉していたわけじゃないだろうが

東シナ海のガス田もそうだし、尖閣諸島もそうだし、日本政府は自民党時代も民主党時代も「平和外交」を念願としてるんだよ
何度話し合いで解決しようとしても、条約破りを繰り返すのが中国だろうが
条約は守らない、話し合いには応じない、下手に出てれば付け上がる、
戦前から全く変わらない中国の姿だな

>それに海の国境は、漁業資源保護のために無理やり広げたもの

文句があるなら国際連合に言えよ、キチガイ恵也!

298 名前: no name :2010/09/15(水) 09:17:01 ID:vF14qoVM

中国の代弁者のクズ山本は小沢一郎もちゃんと批判しろよ?

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100905/stt1009051132003-n1.htm
>菅直人首相は5日のNHK番組で、中国海軍の軍備増強について
>「日米両国だけでなくベトナムなど多くの国が懸念を持っている。海軍の過大な増強は注意深くみて必要があれば懸念を中国に伝える」
と述べた。

>民主党の小沢一郎前幹事長も同様の懸念を示した上で、中国が領有権を主張している尖閣諸島(沖縄県石垣市、中国名・釣魚島)に関し
>「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」
>と述べ、毅然とした対応の必要性を指摘した。

「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」
「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」
「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」
「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」
「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」
「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」
「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」
「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」
「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」
「歴史上、中国の領土になったことは一度もない」

299 名前: 恵也 :2010/09/15(水) 09:54:19 ID:MdI5QJwQ

>>284 日清戦争の10年以上前には日本は領有権の主張をしてるの

適当な日本語を使う人だ。
そんなにいい加減に使ってたら、自己催眠に落ち入ちゃうよ。
あなたはどんな主張をしたのか知ってるのかな?

これは無人島を探検した人が尖閣諸島を開拓したいので、許可を
くれと申請しただけだけで、政府は受理しませんでした。
あなたと言う「領有権の主張」とはまったくの別物。

――――引用開始――――
この探検の詳細な記録は残っておりませんが、何か期するところ
があったのでしょう。翌明治十八(一八八五)年、 父は明治政府
に開拓許可を申請しています。

しかし、この申請は受理されませんでした。当時の政府の見解と
して、 まだこの島の帰属がはっきりしていないというのがその
理由だったようです。

ところが、父の話を聞いた、当時の沖縄県令西村捨三がたいへん
興味を持ちまして独自に調査団を派遣しました。
調査の結果、島は無人島であり、かつて人が住んでいた形跡もな
いことがはっきりしまして、以後西村は政府に日 本領とするよう
しきりに上申しまた。
(古賀辰四郎という人 より)

300 名前: 恵也 :2010/09/15(水) 09:56:32 ID:xerP9PPR

>>284 石油発見以前、中国が領有権を主張した事実は皆無だから

無人島なんだし、中国は台湾問題でそれどころじゃなかったようだぜ。
日本政府だって尖閣諸島なんて、アメリカ軍の射爆場になってるのを
知ってるくらいで、ほとんど関心がなかったようだ。お互い様だろ。
石油が出なければ、屁みたいなもんだ。

――――引用開始――――
1954年3月26日参議院大蔵委員会

「○成瀬幡治君 そうしますと、魚釣島ですね、リイン島というの
ですか。日本の領海になるところですが、あの辺のところはどうい
うふうになっているのですか。
○ 政府委員(伊関佑二郎君) あれは行政協定の問題になりますか
どうか、ちょっとそういう話がございまして……沖繩の南でござい
ますね。私のほうもあの点は詳しいことは存じません。」

 いくら当時はアメリカの統治下であるとはいえ、自国の領土と
いうにはあまりにお粗末な答弁である。それどころか、

米軍占領下に黄尾嶼、赤尾嶼は米軍の射爆場にされてきたのだが、
そのことをもって「尖閣列島で米軍の射爆場なんかがあってけし
からぬじゃないかと、こういうお話ですが、
http://www.geocities.jp/ktakai22/murata.html

301 名前: no name :2010/09/15(水) 10:33:48 ID:mdq3SswO

>>299
>これは無人島を探検した人が尖閣諸島を開拓したいので、許可をくれと申請しただけだけで、政府は受理しませんでした

キチガイの屁理屈は絶えないねぇ
中国は調査すらしてないんだよ、アホが

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E9%A0%98%E6%9C%89%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C#.E5.B9.B4.E8.A1.A8

>1859年(安政6年)以降に大城永保が調査し、1885年(明治18年)に沖縄県庁の石澤兵吾に無人島である事を報告した
>1885年(明治18年):福岡県出身の実業家・古賀辰四郎が尖閣諸島での事業展開のため沖縄県に借地契約を請求
>1885年:古賀の請求を受けて沖縄県庁は内務省に相談。内務省は沖縄県庁にこの島の調査を内々に命令する
>1885年 9月22日:沖縄県令・西村捨三は、
「久場島、魚釣島は古来より本県に於いて称する島名ではあり、しかも本県所轄の久米・宮古・八重山等の群島に接近している無人の島であるので
沖繩県下に属しているのであるが、『中山伝信録』(中国の古文書)に記載されている
釣魚台、黄尾嶼、赤尾嶼と同一のものではないと言いきれないの で、慎重に調査する必要がある」
>と、内務省に報告。 雲出丸による現地調査の結果を追って伝えると連絡
>1885年10月9日:内務卿・山縣有朋は「清国所属の証拠は少しも見えない」として、外務卿・井上馨と協議
>1885年 10月21日:外務卿・ 井上馨は、
「清の新聞が自国の領土である花瓶嶼や彭隹山を日本が占領するかもしれないなどという風説を流していて、
清の政府や民衆が日本に対して猜疑心を抱いている。
此んな時に、久場島、魚釣島などに国標を建てるのは徒に不安を煽るだけで好ましくない」
として「国標を建て開拓等に着手するは、他日の機会に譲り候方然るべしと存じ候」と山縣に回答
>1885年11月5日:沖縄県令は
「出雲丸報告書で熟考すると最初は何方に属するかは甚だ決断しないで上申したが、今回の復命及び報告書によれば、本県の所轄と決定した。」
>として本県所轄の標札建設を上申した
>1885年11月24日:沖縄県令は国標建設に就いて、
「清国との関係が無いとも言えず、万一不都合が生じては申し訳ないので如何すべきか早く指揮してほしい」との上申書を内務卿へ提出

302 名前: no name :2010/09/15(水) 10:55:03 ID:SJRs+Clm

>>300
>無人島なんだし、中国は台湾問題でそれどころじゃなかったようだぜ

そんなの中国の勝手な都合だろ
今まで何ら日本の領有に異議を唱えてないのに、石油が見つかってから領有権を主張するなど恥を知れ

大正8年、中華民国は「日本帝國沖繩縣八重山郡尖閣列島」の人々が海で難破した中国漁民を救ってくれた事に感謝状を出している
http://plaza.rakuten.co.jp/kawamurakent/diary/200904080000/

303 名前: no name :2010/09/15(水) 11:05:09 ID:blaC5mVd

キチガイ恵也の妄想は通用しないな
もう尖閣諸島を一生涯かけて調べあげた郷土史家が結論を出してんだよ
お前みたいなバカで無知でキチガイの恥知らずが口出せる話じゃないんだよ

http://akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/page075.html

ちなみにこの論文は中国語訳されて中国大使館と台湾総統府に送付されているが、彼らからの反論は一切無かったそうだ
学術的に調べあげれば、日本領有の根拠は疑うべくもないんだよ

304 名前: no name :2010/09/15(水) 11:25:00 ID:P9pUocum

キチガイ恵也はいい加減にしろ

尖閣諸島は日清戦争も下関条約も 無 関 係 に日本が領有した地域だ
当時の国際法では無主地の先占が合法だったんだっての

305 名前: no name :2010/09/15(水) 11:29:08 ID:itxjX9ey

文句があるなら韓国も誘ってハーグにいらっしゃい(プゲラ)
恐くてハーグに出てこれないヘタレのくせに(プゲラ)

306 名前: 恵也 :2010/09/15(水) 12:40:03 ID:V94uDrU3

>>297 「領海」を通るんじゃねーよ

そんな事を言ったら、中国から言わせたら尖閣は中国領土だからね。
日本の漁船どころか、海上保安庁の艦船に対しても「領海」を通る
んじゃねーと軍艦を送ってくるかも知れんぞ。

そうなったら日本は、第二の日中戦争でもやるのかね。
100円ショップの商品は、日本に来なくなるかも…

俺は今回の事件を、海上保安庁官僚による民主党政権への反乱と見てる。
尖閣の現状を見たら大火事になる心配もある案件なんだから、官僚
風情が「無害な漁業操業を追い払う」とは考えられん。

宮内庁官僚、検察官僚、外務省官僚、海上保安庁官僚とバカ官僚は
民主党政権に対してちょっと暴走しすぎだよ。昔の青年将校みたいだ
こいつ等は、ただの召使に過ぎないのに…・
官僚集団はガタルカナルみたいに兵力の逐次投入をするのかね。

――――引用開始――――
特捜部の捜査は、戦略目的も定まらないまま、兵力を逐次投入して、
米国軍の十字砲火の中に白兵銃剣突撃を繰り返して膨大な戦死者を
出し、太平洋戦争の戦局悪化への転換点となったガダルカナル戦に
似た様相を呈している。

 こうした状況の下で、新聞各紙は連日、1面トップで、今回の
事件の捜査の展開や見通しを報じている。従来は、特捜事件に関す
る報道が「検察リーク」によるものと批判されてきたこともあって、
記事は、「関係者によると」としたうえで、被疑者側の犯罪性や悪性
に関する事実が述べられ、そこには「東京地検特捜部もこの事実を
把握しているもよう」とつけ加えられるというのが、一つのお決ま
りのパターンだった。
http://www.asyura2.com/09/senkyo60/msg/347.html

307 名前: no name :2010/09/15(水) 12:47:26 ID:Sx5lBsgU

>>306
>そんな事を言ったら、中国から言わせたら尖閣は中国領土だからね

なんで恵也って中国側の見方しかしないの?
中国が尖閣諸島を問題にしたのは国連の海洋調査で海底資源が発見されてからじゃん
具体的には1971年からなんだよ

中国の代弁者はさっさと中国に帰れよ

308 名前: 恵也 :2010/09/15(水) 12:50:45 ID:zTE2RSTM

>>302 大正8年、中華民国は「日本帝國沖繩縣八重山郡尖閣列島」
>>の人々が海で難破した中国漁民を救ってくれた事に感謝状を出している

日清戦争の後ですので、台湾も尖閣も日本領土になってるのは当たり前
問題は台湾の付属諸島として、台湾と一緒に返還すべきだったの。

>>304 尖閣諸島は日清戦争も下関条約も 無 関 係 に日本が領有した地域だ

尖閣諸島の日本領有は、日清戦争と深い因果関係が存在します。
むしろ下関条約やカイロ宣言、ポツダム宣言に明記はされなかったが
非常に関係は深い。

309 名前: 恵也 :2010/09/15(水) 13:02:32 ID:GTjzaJG7

>>307 なんで恵也って中国側の見方しかしないの?

孫子の兵法に「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という
話があるけど現在のマスコミでは、中国側の見方がまったく見えない

敵をまったく知らないで兵を使えば、第二次大戦の二の舞になってしまうぞ
昔の英語教育まで禁止した、旧日本軍の真似をしたいのかい、アンタは!

>>具体的には1971年からなんだよ
日本だってたいして変らん。
何も価値のない島なら、問題にもならんけど石油資源が存在してる
となって、初めて大問題になるの。
さもなけりゃ両国とも無視してるから、話し合いも出来てたろうに。

310 名前: no name :2010/09/15(水) 13:03:44 ID:Uyq7G7dm

>>306 100円ショップの商品は、日本に来なくなるかも…

事実を主張すれば「戦争だ!」とか言ってくる国の商品なんかいりませんから
別に中国なんかに頼らなくても、世界中に安い労働力はあるわけですから
日本政府がちょっと補助金つけて中国市場から撤退を促せば大体の企業は喜んで従いますよ

>俺は今回の事件を、海上保安庁官僚による民主党政権への反乱と見てる

自民党時代だって、尖閣諸島に近づく違法集団は追い払ってたからw
勝手な妄想しないでね?妄想しか取り柄がないキチガイ☆爺さん

でいつものようにソースは「匿名」「証拠なし」の阿修羅かw
ヴァカなんじゃないの

>尖閣の現状を見たら大火事になる心配もある案件なんだから、

「大火事になる」のは中国が悪いからです
日本の責任ではありませんから

>官僚風情が「無害な漁業操業を追い払う」とは考えられん

お前自身、官僚になったことがないくせによく勝手に断言できるね
官僚の仕事は、決まりや規則を厳格に適用する事だから

>バカ官僚

少なくともお前なんかよりは百万倍頭が良いよ
かたや中卒のキチガイ妄想爺、かたや東大法学部(のような一流大卒)なんだから

>こいつ等は、ただの召使に過ぎないのに…・

主人が無能なら召使は軌道修正する権利があります
主人が無能なのが悪いんでしょ

311 名前: no name :2010/09/15(水) 13:11:01 ID:8KuogRMB

>>308
>問題は台湾の付属諸島として、台湾と一緒に返還すべきだったの

その理由は?法的根拠は?蒋介石が要求したのか?アメリカが認めたのか?
キチガイ恵也

>尖閣諸島の日本領有は、日清戦争と深い因果関係が存在します

「存在」の証拠出せよ

>むしろ下関条約やカイロ宣言、ポツダム宣言に明記はされなかったが非常に関係は深い

キチガイの脳内妄想ではなw
現実には蒋介石は領有権主張してないので終わりだからw

そもそも中国が尖閣諸島を領有していたならどこの「省」のなんて「郡」のどういう「県」に属していたのか証明しろよ?

キチガイには絶対不可能だろうがねw

312 名前: no name :2010/09/15(水) 13:22:15 ID:8KuogRMB

>>309
>孫子の兵法に「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という話があるけど

恵也自身、「己」も「敵」も知らないんだから説得力ゼロ
お前の勘違い妄想が、事実によって反論されて黙らされたのは何万回だ?
2ちゃんねるでも論破され、Yahoo掲示板でも論破されて逃げ出した挙げ句、今やニコ厨にすら論破されてんだろw

>現在のマスコミでは、中国側の見方がまったく見えない

嘘つくなよ
TBSとかテレビ朝日のニュースや報道番組見ればいくらでも中国側におもねった報道が見れるだろうが

>敵をまったく知らないで兵を使えば、第二次大戦の二の舞になってしまうぞ

ハァ?
二次大戦の日本の指導者は、みんな海外留学体験してますから
松岡洋右とか山本五十六とか、アメリカをよく知る「知米派」が実際には何にも知らなかったのが問題なんだろ

>日本だってたいして変らん

1885年には探査船を送って調査していた国と、何が「たいして変らん」だ
キチガイ恵也w

313 名前: no name :2010/09/15(水) 14:02:35 ID:wBRrELDE

>>306
そんな恵也さんにこの動画
コイツを見てくれ。コイツをどう思う?


314 名前: no name :2010/09/15(水) 14:42:55 ID:gNgER50V

小沢信者で中国の代弁者の恵也涙目www
「小沢総理」誕生は中国人も望んでいない件w

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0906&f=politics_0906_002.shtml
>テレビ討論会で小沢氏が尖閣諸島について
「歴史上、中国の領土と認められたことはない。われわれは、この点を言わねばならない」、
「日本は果断な措置で、中国による軍事的脅威に対応せねばならない。そして、中国には国際社会における政治的責任を果たしてもらう」
>などと発言したと伝えた

>環球網の同記事には、非難が殺到した。
>歴史上、中国は日本人を「人」として認めていないと見出しをもじった書き込みや、日本に原爆を落とせなど過激な意見が目立つ。
>中日関係は安定を保てなくなるので、小沢一郎氏に首相になってほしくないとの意見もある

315 名前: no name :2010/09/15(水) 21:51:26 ID:8OLuBtUe

>>308
ヤレヤレ
このキチガイの売国奴は相変わらず年表も論文も都合が悪いからガン無視か
無視するだけじゃなく手前勝手な妄想で補うんだからな

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E9%A0%98%E6%9C%89%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C#.E5.B9.B4.E8.A1.A8
http://akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/page075.html

316 名前: no name :2010/09/15(水) 22:01:42 ID:8OLuBtUe

http://hi.baidu.com/71540476/blog/item/3d7643222b1564fbd7cae22d.html

上海在住の中国人が恵也の妄想を完全否定してるなw
どうせ恵也はこういう親日的な中国人の存在も無視するんだが

317 名前: no name :2010/09/15(水) 23:11:43 ID:3NNpeEO1

在日のネトサヨ、および小沢教信者の恵也に質問。

どうして中国韓国は反日が多いのに、台湾は親日が多いの?
あと、南方諸島の人々も。
中国韓国と「同じ」ことをしたっていうのに。

それと、貴方テレビ見てますか?
偏向報道ばかりして視聴率稼いでるマスゴミが偏向しないわけがないでしょう?

318 名前: 恵也 :2010/09/16(木) 07:52:49 ID:yyf4sJCf

>>310 事実を主張すれば「戦争だ!」とか言ってくる国

事実はお互いに主張するものだろ。
しかし今の状態でガップリ四つに対立すれば、日本が折れざるを
得ない。軍事力でも、核でも、経済成長でも、国家の独立性でも。

俺がアメリカ大統領の立場でも、これからの世界を考えれば中国
への輸出増大と輸出産業を考えると、中国ビイキになるよ。
国家指導者としては、国家利益が最優先だ。

そういえばヒットラーが領土問題でチェコともめた時に、安全保障
を約束してのに、チェコはフランスには裏切られて国家消滅になった。

――――引用開始――――
領土拡張を目論むドイツは、ドイツ系住民が多数住むズテーテン
地方の割譲をチェコスロバキアに強要したが、チェコスロバキア
政府はこれを断固として拒否し、動員令を発令し戦争を辞さない
姿勢をとった。

また、フランスとソ連(当時)はそれぞれ1924年、1935年に
チェコスロヴァキアに対する援助条約を結んでいたので、ズデー
テン・ドイツの問題が大きな戦争に発展する危険が生まれた。

戦争拡大をおそれたヨーロッパ列強は、戦争回避の方法を模索し、
イタリアの仲介でミュンヘンでチェコ問題を話し合った。参加
国はイギリス(ネヴィル・チェンバレン首相)、フランス(ダラ
ディエ首相)、ドイツ(アドルフ・ヒトラー総統)、イタリア(ベ
ニト・ムッソリーニ首領)。

…国家主権・領土保全を条件にドイツへのズデーテン地方割譲
を認めるというヒトラーの主張がそのまま盛り込まれた。・・
領土割譲を英仏から強いられたチェコスロバキアは当てにして
いた国際的な支援の道が絶たれたことに落胆し(1938年9月
30日午前2時15分チェンバレンは隣室で待っていたチェコス
ロヴァキア代表に結果を報告。そのとき代表は落涙したという。)
(ミュンヘン会議(1938年9月29日〜30日)、チェコスロバキア解体(1939年) より)

319 名前: 2010年財布 :2010/09/16(木) 07:54:15 ID:0o6kEC6D

2010年財布最新品、新素材入荷!!

ルイヴィトン、ブラダ、シャネル、エルメス、バレンシアガ、
グッチ、ティファニー、フェンディ、クロエ、バーバリー、セリーヌ 、
ドルチェ&ガッバ―ナ、ミュウミュウ

◆ スタイルが多い、品質がよい、価格が低い、実物写真!
◆ イ入金頂いてから最速4日、遅くとも7日程度でご指定場所へ発送出来る予定でございます
◆ 商品送料を無料にいたします
◆信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です。
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います。
◇ S級品質 シリアル付きも有り 付属品完備!

当社唯一のURL:http://safe.mn/2VP

320 名前: 恵也 :2010/09/16(木) 07:56:04 ID:GqZznD8X

>>310 日本政府がちょっと補助金つけて中国市場から撤退を促せば

日本はあなたが考えるほどもう強くないよ。
むしろそんな事をやれば、電化製品のビタミンといわれるレアメタル
の輸出を停止されたら、日本の輸出産業は大打撃を受ける。

レアメタルの生産量では、種類にもよるが中国が世界を独占してます。
中国でしか生産できない金属があるが、日本にはそんなものはない。

日本の最大の貿易相手国は、アメリカを抜いて中国になってるんだよ。
今では経済的に嫌がらせが出来るのは、日本ではなく中国なの。

――――引用開始――――
我が国と中国の関係について見てみると、貿易総額では、中国(香港
を含む)は2003年8月から米国とほぼ同じシェアを占めており、我
が国にとって最大の貿易相手国となっている(第1-4-33図)。輸出に
ついては、中国のシェアは着実に高まりつつあるとともに、輸入に
おいては、中国(香港を含む)は2002年7月以降最大の輸入相手国
となっている
(グローバル化の進展とマクロ経済の動向 より)

>>310 自民党時代だって、尖閣諸島に近づく違法集団は追い払ってたからw

違法なんていうけど、中国船は尖閣諸島を中国領土と見てるんだよ。
中国船としては合法だろ。何でそんな適当な言葉を使うのかね。

>> 「大火事になる」のは中国が悪いからです
国家間の問題は良い悪いの問題じゃないの。
国家利益のためだったら、どんな言い訳だって出来るのが現実。
イラクのように無実の罪でも、占領されたらドモならん。

321 名前: no name :2010/09/16(木) 09:52:31 ID:NFTHnFOY

>>318
>しかし今の状態でガップリ四つに対立すれば、日本が折れざるを得ない。
>軍事力でも、核でも、経済成長でも、国家の独立性でも

なるほど、ますます「大国の横暴」がまかり通るわけですか、そうですか
人類の歴史は弱肉強食の帝国主義時代よりは多少マシになったはずなんだけど、恵也は歴史の歯車を逆に回したいのか

なんで恵也はアフガン戦争やイラク戦争を非難していたんだ?
「軍事力でも、核でも、経済成長でも、国家の独立性でも」アフガンやイラクが「折れざるを得ない」はずじゃないのか?
アメリカに折れずに突っ張ったから叩き潰されて今やひどい国に落ちぶれ果てたんだろ

それとも「中国の回し者」の恵也は、「アメリカの横暴」は批判するが「中国の横暴」は批判する必要は無いと思ってるのか?
複数政党制で言論の自由があって民主主義があって情報公海制度があって、間違いを犯したらいくらでも修正するアメリカと、
一党独裁で言論の自由が無く民主主義も無く主席も全人代の代表も選挙できない情報公海制度もない中国と、
ど っ ち が 危 険 だ よ

「軍事力でも、核でも、経済成長でも、国家の独立性でも」日本は劣ってるから、「努力して追いつこう」じゃなくて、
「折れざるを得ない」って何だそら?
だからより一層の日米同盟緊密化が必要なのに、恵也は「在日米軍はいらない」という主張の持ち主だったよな?
軍事力や核が「劣ってる」という自覚があるなら、それを補おうとするのが普通の感覚だろうが
この際アメリカが「好き」とか「嫌い」とか関係ないんだよ
少なくともアメリカは中国よりはマシだから手を組む必要があるんだよ

322 名前: no name :2010/09/16(木) 10:14:20 ID:NFTHnFOY

>>320
>レアメタルの生産量では、種類にもよるが中国が世界を独占してます

オーストラリアやアフリカでも取れますが
少なくとも、事実を主張すればすぐ「戦争だ」とか「核を落とせ」「中日関係を悪化するから首相にするな」などなど言ってくる国と
マトモに付き合いたくはないのは国民感情ですから

>今では経済的に嫌がらせが出来るのは、日本ではなく中国なの

嘘だね
中国市場から日本企業が撤退したら中国は失業者が激増して社会混乱が起こる
今でさえ失業者が内陸部含めて1億はいると言われてる中国が、その痛みに耐えられるはずもない
それに2005年の反日騒動の時も、日本の電化製品と漫画喫茶だけは焼き討ちの対象外だったように、
日本の漫画やアニメ、電化製品を中国人が失うのはやはり耐えられないことだ

何よりも、中国市場から撤退した日本企業がベトナムやインドに進出するのは中国にとって非常に困る事態だ
カシミールではインドと中国は領土問題を抱えてるし、ベトナムとは歴史的に仲悪いしな

日本だって立ち回り次第では優位に立てるんだよ
わざわざ波風起こしてまで優位に立ちたいとは思わないけど、中国が「対等な友好国」の存在を認めないならそうするまでだ
日本は聖徳太子の時代からずっと、中国の属国じゃなかったしな

>違法なんていうけど、中国船は尖閣諸島を中国領土と見てるんだよ
>中国船としては合法だろ。何でそんな適当な言葉を使うのかね

話をそらすんじゃねぇよ、このキチガイ
お前が「民主党政権を困らせるために海保が暴走してる」とか妄想をほざいたんだろうが
こんなのが「海保の暴走」なら、自民党時代からずっと「海保の暴走」してるんだよ、アホが
お前、海上保安庁って何をやる組織か知らんのか?
恐らく映画の「海猿」ぐらいのイメージしか無いんじゃねぇの?

323 名前: no name :2010/09/16(木) 10:39:11 ID:NFTHnFOY

>>320
>違法なんていうけど、中国船は尖閣諸島を中国領土と見てるんだよ
>中国船としては合法だろ。何でそんな適当な言葉を使うのかね

そもそも、だ か ら な ん だ よ
ここは日本か?中国か?
日本なら日本の物の見方をするのが普通だろ
中国が領有権を主張したのは1971年からだっつーの!
1885年に日本が10年がかりで地質から歴史からあらゆる事を調べていた時期、中国から抗議も調査船も来てないんだよ
恵也はアホだから尖閣諸島が下関条約と関係あるかのように思ってるが、たまたま時期が同じだっただけで全く関係ないから
日清戦争が仮に無くても、1885年からの10年越しの調査の結果として日本が領有していただろうね

そもそも尖閣諸島の10年越しの調査報告が有ったのは
1894年12月15日
尖閣諸島の領有を認める閣議決定は
1895年1月14日
下関条約は
1895年4月17日

3ヶ月も違うのに「関係ある」とか思える恵也はやっぱりアホだな

>イラクのように無実の罪でも、占領されたらドモならん

イラクのフセインが「無実の罪」とか、頭大丈夫か?
無実だったのは「大量破壊兵器」の一件だけで、クルド人虐殺やシーア派の迫害、イランイラク戦争や湾岸戦争の侵略、
その後の国連決議違反の数々は「無実」じゃないんだけど?

やっぱりここでも、「アメリカの横暴」は非難するくせに「中国の横暴」は非難しないんだな
つい最近また動きがあった南沙群島(スプラトリー諸島)については無視ですか、そうですか
中越戦争や中印戦争についても無視ですか、そうですか

324 名前: no name :2010/09/16(木) 11:22:49 ID:jZpLn/ET

>>321 恵也は「在日米軍はいらない」という主張の持ち主だったよな?

恵也はそれに加えて「核シェルターはいらない」「MDはいらない」「イージス艦はいらない」というキチガイですからw

http://muboubihokan.tripod.com/

無防備マンと同じレベルですw

敵地攻撃能力が無いイージス艦を「専守防衛じゃない」とか兵器のスペックに 恐ろしく無知です

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/175n
>イージス艦は専守防衛じゃないよ

325 名前: 恵也 :2010/09/16(木) 12:51:29 ID:11Mayw50

>>312 TBSとかテレビ朝日のニュースや報道番組見ればいくらでも中国側におもねった報道

俺の知識ではまったく逆だよ。
昨日も尖閣諸島の歴史を解説してたテレビがあったが、沖縄県領土
になったというのが「日清戦争のドサクサの真っ最中」という話は
全くやらなかった。

なんでこの重要な問題を語らないで、歴史の解説が出来るのかね。
日清戦争は日本の圧勝に終わって、この時に手に入れた島だ。
これは弱いよ!

戦争に負けた方は、日本がアメリカに負けた時と同じで相手の
いいなりにならざるを得ない。この時期が悪すぎる。

日清戦争が1894年8月〜1895年3月
尖閣諸島に沖縄県領土と標杭を打つ閣議決定が1895年1月
戦争の真っ最中によくやったものだ!

>> 二次大戦の日本の指導者は、みんな海外留学体験してますから
留学体験で敵が知れるのなら簡単だね。
孫子はそんな事は言ってないと思うけど…・

山本五十六は留学じゃなく、駐アメリカ日本大使館に武官として勤務
したのじゃなかったかな。そしてアメリカの軍事力や気質、経済力を
知っていたので対米戦に反対する有名人として、反対派の将校から命
を狙われたという。

松岡洋右は語学才能はあったけど、先見性はゼロだよ。
昭和天皇までも、松岡はヒットラーから買収されたんじゃないかと
疑ったくらいなんだぜ。

>> 中国が尖閣諸島を領有していたならどこの「省」のなんて「郡
>> のどういう「県」に属していたのか証明しろよ?
1941年の漁業権の紛争をみると、台湾の台北州の管轄じゃないかな。

――――引用開始――――
日本の統治下にあった沖縄と台湾は、漁業問題に起因して釣魚島で
争いを起こしており、東京の裁判所は釣魚島を「台北州」の管轄と
の判断を下している。
http://www.pekinshuho.com/04-15/15-diaoyudao.htm


>>310 かたや東大法学部(のような一流大卒)なんだから

東大卒だってバカが多いのを知らないのかな。
オーム真理教信者にもいたんじゃないかね。
たしか財務省の官僚が、銀行の接待でノーパンしゃぶしゃぶ
に行って鼻の下を伸ばしながら、店員の下半身を見つめていた
連中もほとんどが東大卒。

こいつ等は、世間のことをまったく知らない新人のくせに、地方
の税務署では税務署長として年長者からチヤホヤされて、腐敗し
たんだよ、
ロクにチェックをされないで権力を持ったら俺だって暴走する。

326 名前: 恵也 :2010/09/16(木) 12:53:01 ID:YdC+Kv7b

>>314 小沢信者で中国の代弁者の恵也涙目www

俺は信者じゃないよ。
今回の代表戦では小沢一郎になった方が、日本の利益だとは
感じてたし、検察の暴走を止めれると思ってたがね。

また中国の代弁者でもない。
客観的な領土問題での「事実の情報」が欲しいだけの話だ。
事実かどうかは議論を戦わせてこそ、初めて確認できる。

さもないと事実確認ができず、平面的な情報しか入らない。
光をいろんな視点から当てないと、立体的には物は見えないよ。
ここには平面情報だけで満足してる人がたくさん居られるけどね。

>> 日本に原爆を落とせなど過激な意見が目立つ。
日本のネットの過激な意見を見てると、中国にも居ることだろう。
旧日本軍が行った大陸での残虐行為「赤ん坊を上に投げて銃剣
で突刺したとか」の話を聞かせられたら、強烈な印象になって
残ってしまうもの。

加害者は昔のことだと忘れても、被害者の子孫は100年以上は
伝説化して恨みを残すものだ。
出来れば恨みというガソリンに、火を着けたくないものだが…

327 名前: 安心してご購入ください :2010/09/16(木) 13:29:38 ID:YHeDQhHh

安心してご購入ください
※信用 第1,サービスが行き
http://goo.gl/oRRR

328 名前: no name :2010/09/16(木) 13:38:00 ID:jZpLn/ET

>>325
>沖縄県領土になったというのが「日清戦争のドサクサの真っ最中」という話は全くやらなかった

だって全く関係ないしw
「関係ある」と思ってるのはお前みたいなキチガイだけだから

日清戦争の10年以上前から日本は調査をやってんだよ、国家も民間も

>日清戦争は日本の圧勝に終わって、この時に手に入れた島だ

下関条約を百回読み返せ、キチガイ

・尖閣諸島の領有宣言
1895年1月
・下関条約
1895年4月

何が「この時に手に入れた」だ!嘘つきのキチガイ恵也!www

>戦争の真っ最中によくやったものだ!

調査船の派遣は1885年=戦争の10年前にはやっているわけだが
民間レベルでは30年近く前にやってるし

日清戦争は関係ねぇんだよ、キチガイが

329 名前: no name :2010/09/16(木) 13:59:05 ID:jZpLn/ET

>>325
>留学体験で敵が知れるのなら簡単だね
>孫子はそんな事は言ってないと思うけど…・

少なくとも海外に行った事も無いキチガイ恵也よりは、敵を知ってるだろ

>山本五十六は留学じゃなく、駐アメリカ日本大使館に武官として勤務したのじゃなかったかな

無知乙w

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%85%AD
>大正8年(1919年)4月5日にアメリカに駐在、 ハーバード大学に留学した


>松岡洋右は語学才能はあったけど、先見性はゼロだよ

松岡はアメリカで苦学して大学を卒業した知米派中の知米派ですが
「知らない者が失敗した」(>>309)は間違いじゃねぇか

>昭和天皇までも、松岡はヒットラーから買収されたんじゃないかと疑ったくらいなんだぜ

ずっと後の話な?
少なくとも日米戦争の頃の話じゃねーだろ
勝手に時間軸をすり替えるな、キチガイが
ここでは>>309の「知らない者が失敗した」は正しいか否かしか争点じゃねぇよ

>1941年の漁業権の紛争をみると、台湾の台北州の管轄じゃないかな

お前、バカだねぇw
当時の台湾は 日 本 領 だっつーの

中国のナニ省、ナニ郡、ナニ県か「証明しろ」って言われてんだよ

ちなみに、清朝の官吏傳雲竜が「遊歴日本図経」を書き上げ、1889年(明治二十二年)に総理衙門に提出しているが、
このなかでは 尖 閣 諸 島 は 琉 球 諸 島 の 一 としてある
日清戦争前に、もう清国は領有権を放棄していた証拠だろうが

330 名前: no name :2010/09/16(木) 14:08:47 ID:jZpLn/ET

>>325
そもそも百万歩譲って尖閣諸島が清国の領土だとしても、今の中華民国(台湾)にも中華人民共和国にも領有権は有り得ない
清国は漢民族の王朝ではなく、満州民族の王朝だ
民族がそもそも違う

中国の領有権主張は、「ジンギスカンが占領した地域は中国の領土である」と言ってるに等しい
こんなふざけた理屈が許されるなら、インド人はイギリスやオーストラリア、カナダなどに領有権が主張できる
それらは全て「大英帝国」の領土だったからだ

>東大卒だってバカが多いのを知らないのかな

まあ、少なくともお前よりはマシだな

331 名前: no name :2010/09/16(木) 14:36:04 ID:jZpLn/ET

>>326 俺は信者じゃないよ

へぇ、「虚偽記載」はともかく(それも問題だが)、
小沢自身責任感じて党首を辞任した「西松献金」すら、嘘や詭弁で小沢をかばうようなキチガイが「信者じゃない」ねぇw
どっからどう見ても「信者」そのものです。本当にありがとうございました。

>今回の代表戦では小沢一郎になった方が日本の利益だとは感じてたし

あれ?「中国人の感情」はここでは無視?w
いつも、いつでも中国人の代弁ばかりする恵也らしくないねぇ
「産経新聞は信用できない」とか言い逃れさせないためにも、サーチナの記事を引用してあるわけだが

「中日関係は安定を保てなくなるので、小沢一郎氏に首相になってほしくない」

恵也の恐れおののいてひれ伏す中国の人民様がこんな事を言ってますよ〜w

>客観的な領土問題での「事実の情報」が欲しいだけの話だ

じゃあなんでwikiや件の論文は無視するんだ?
「日清戦争で強奪した」とかふざけた妄想にひたってるんだ?

日清戦争を「日本の侵略」なんて言ってる国は世界中に二つしかいない
中華人民共和国と大韓民国だけだ
台湾でさえ、認識台湾では日本の正当性を認めている
即ち、朝鮮半島に強大な国(特に欧米列強の勢力)がやって来ると日本の安全保障が保てなくなる
だから日本は清国に両国の退去と両国による朝鮮の内政改革を要求したが清国が拒否したから戦争になったと

少なくともキチガイ恵也よりはマトモな歴史観を持ってるよ

>ここには平面情報だけで満足してる人がたくさん居られるけどね

特にお前がな?
尖閣諸島に限らず、中国の主張だけが正しいと思い、日本の主張は絶対的に間違ってると勝手に裁定を下すお前が一番の平面野郎だろ

日米開戦の経緯にしたって、1924年には排日移民法、1930年には関税法でアメリカ市場から追い出された日本の苦境は無視、
日米通商航海条約破棄や対日禁輸、日本資産凍結、石油禁輸、ハルノートなどのアメリカの圧迫は無視
全て「日本が悪かった」で済ませるキチガイ平面野郎はどこの誰だよ?

332 名前: no name :2010/09/16(木) 14:58:17 ID:jZpLn/ET

>>326
>旧日本軍が行った大陸での残虐行為「赤ん坊を上に投げて銃剣で突刺したとか」の話を聞かせられたら強烈な印象になって残ってしまうもの

そんな事あるわけないだろw
またソースは「中国の代弁者」ホンカツか?w

あのさあ、銃剣って結構簡単に曲がるんだけど
日本軍はケチなのか補給が無いからなのか、破損してもなかなか交換してくれなかったんだよ
銃剣みたいな消耗品でもな

交換できないのにそんなアホみたいな殺し方やるわけない
それで万一銃剣がへし曲がったり折れたりすれば、いざというときに支障をきたす
だから「銃剣術」なんてものがあって、銃剣をいかに破損しないで敵を殺すかというものもあった

銃剣って「ただ突き刺せばいい」なんて甘いシロモノじゃないんだよ

俺のじいちゃんは銃剣道五段でその当たりの話は詳しかったからな

>被害者の子孫は100年以上は伝説化して恨みを残すものだ

そんなの世界中に中国と韓国だけです、ハイ
ドイツとフランスやイギリスは争っていたはずですが、今やEUを形成してるはずですが
他にも今ハンガリーとロシアは仲が良くなってますが、ソ連時代にハンガリー動乱でハンガリー人は多数殺されてます
インドだってイギリスの迫害はすごかったのに、イギリス人に恨みをぶつけてなどいません
イギリス連邦の一員ですし

これが大人の対応なんですよ

中国や韓国は「反日」で国をまとめないと立ちいかないガキの国だって証明ですね

「戦争被害」は「戦争被害」、「付き合い」は「付き合い」
「それはそれ、これはこれ」といい加減に理解しませんかね?

333 名前: 恵也 :2010/09/16(木) 16:18:31 ID:xmPLGj3t

>>321 人類の歴史は弱肉強食の帝国主義時代よりは多少マシに

あんたは甘い!
イラクやアフガン、グルジア、チベットを見ても弱肉強食は
いまだに続いているよ。

その中でどんなやり方で国家利益を守っていくのかが問題なの。
200年以上も戦争の災禍から免れてるスイスを先生にしたいね。

――――引用開始――――
フランスとの「攻守同盟」締結を強制された(1798)。このことに
より、スイスは中立を放棄させられた。
第2次対仏連合の戦争の際は、「攻守同盟」によりフランスに援軍
を送らねばならなかったが、スイス国内のナポレオンの圧制に対
する反感が強かったため、必要人数を集めることができなかった。

第3次対仏大同盟戦争で、スイスは「中立」と宣言し、ナポレオ
ンもこれを容認するものの、実質は「中立」とは裏腹に、戦場で
のナポレオンの手先であった。

この「中立」の中断によって、スイスを取り囲む対仏の国々から
敵とみなされ、攻撃を受ける危険が出てきた。このことで、スイ
ス国民は改めて「中立」における「平和」の認識をし、「中立」を
守ることの意義の確認をすることとなった。

そして、「スイス」としての共通の敵ナポレオンができたことによ
り、「スイス」(1つ)としての自覚が高まった。

8、世界の「スイス中立」の承認(注8)
 ナポレオンの没落による体制の崩壊後、盟約者団会議(1814年9月)
は外交使節に「スイスの同盟体制を一瞥すれば、もし中立が不確かで
あったり、政治や戦争の変化にただ放っておかれれば、スイス国民ほ
どヨーロッパの中で不幸な国民はいないことを直ちに納得させられる
だろう。
(なぜスイスは「中立」をとったのか。 より)

334 名前: 恵也 :2010/09/16(木) 16:20:37 ID:JTDPsCY5

>>321 一層の日米同盟緊密化が必要なのに、恵也は「在日米軍はいらない」

対等な立場での緊密化と召使とは違うよ。
今の普天間問題を見ても、日本は完全な召使だ。

それも思いやり予算というお金を、ご主人に払う召使。
なんでアメリカの遠征部隊のために、住宅地の側に基地を造ってや
らないといけないのだろう。

アメリカはアメリカの国家利益のために遠征部隊を置いてる
それを日本防衛の部隊かのように言替えてゴマをする菅直人!
もっと肝っ玉を大きくしろ!

>> 全人代の代表も選挙できない情報公開制度もない中国と、
アメリカの方が情報公開は、中国より進んではいるけど程度
の問題。インデアンを開拓の名で滅ぼした国家なんだけどね。
あまり信用しすぎるのも…

>>322 オーストラリアやアフリカでも取れますが

レアメタルでは俺のほうが詳しいようだ。
メッシュメタルなどの希土類は、ハイブリッド車に10kgkgくらいの
量を使うけど、世界の95%は中国で採掘される。
蓄電池などに使うアンチモンは90%の採掘だ。

技術で立国してる日本という貿易大国に、原材料が入らなくなったら
アウトだ。最先端のIT関係には甚大な影響が出てくるよ。

>> 「中日関係を悪化するから首相にするな」などなど言ってくる国
13億人も中国人がいればいろんなのがいる。
日本人1億3000万人いればアンタのような単細胞がいるようにね

335 名前: 恵也 :2010/09/16(木) 16:22:20 ID:HvVbopKD

>>323 歴史からあらゆる事を調べていた時期、中国から抗議も
>> 調査船も来てないんだよ

無人島を外国から調査されても、常識的には判らんでしょう。
あんたは海に行ったことがないのかも知れんが、海は桁外れに大きい
よほどの問題がなければ、無人島の監視なんてやれるものじゃない。
人が政府に知らせてこそ政府が動けるんだよ。

>> 3ヶ月も違うのに「関係ある」とか思える恵也はやっぱりアホ
タッタ3ヶ月ということ。
日清戦争は日本軍の完全勝利で終わり、清の艦隊も全滅して抵抗する
手段が陸軍だけになった状態で、清の降伏交渉が行われてた時期なの。
戦争賠償金額や台湾の割譲なんて、即決出来はしないぞ。

>> クルド人虐殺やシーア派の迫害、イランイラク戦争
これらの事はアメリカと仲がいいときの話なのだけど…
アメリカの了解さえあれば、無罪放免なのかね。

336 名前: no name :2010/09/16(木) 16:25:15 ID:iyMNc+6I

>>325 ハァ( ゚Д゚) ポカーン
日本がどんだけスゴくてもなあ、そもそも領有してないモノを奪い取る事なんて不可能なんだよ!w
金を持ってない人間から金を奪い取る事が出来ないのと同じ理屈だ

尖閣諸島が中国領土だった事は日清戦争前から見ても一度もない
魏志倭人伝ですら「会稽東冶」とか書いてあったのに尖閣諸島にはそれすら無い

いい加減に死ねよ、キチガイのハゲ

337 名前: no name :2010/09/16(木) 16:30:40 ID:GMa70VCu

>>333 あんたは甘い!

「多少マシ」の文字が読めないらしいな、このキチガイは

>200年以上も戦争の災禍から免れてるスイスを先生にしたいね

スイスは重武装国家であるという一般常識すら持ってないのは誰だっけ?
一人当たりの軍事費を比較しても日本より平時で上なのに

338 名前: ggoff :2010/09/16(木) 16:32:19 ID:9AGtNB2y

偽物(コピー)ブランド市場(www.ggoff.com)
超Sクラス優良店-お買い物情報、新品入荷、送料無料!
商品の数量は多い、品質はよい、価格は低い、現物写真!
ロレックス ブルガリ シャネル カルティエ
オメガ ヴィトン
バッグ、財布注文特恵中
店長:ggoff
↓↓↓
http://wuzhicheng.109.sql.sh.cn
http://www.ggoff.com
http://www.abbbao.com

339 名前: no name :2010/09/16(木) 16:46:27 ID:GMa70VCu

>>334 なんでアメリカの遠征部隊のために、住宅地の側に基地を造ってやらないといけないのだろう

じゃあ日本が遠征部隊を保有するのか?憲法九条を盾に嫌がるだろうくせに
日本がやれないことを代わりに頼んでるんだよ

そもそも「住宅地のそばに基地を作った」のではなく、「基地のそばに住宅地が広がった」のが正しい理解だから
キチガイだから事実が理解できないんだろうが

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AE%E5%A4%A9%E9%96%93%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%A0%B4
>基地の周りに住宅地が密集している状況については、二つの側面がある。
>ひとつは、普天間基地の周辺は沖縄戦での激戦地区で、戦後は、日米両軍の不発弾の埋もれた危険地域であり、
>米軍により不発弾処理がなされたあと、民間人の収容所として確保された点である。
>もうひとつは、基地建設後、本土復帰以降に顕著となった日本政府の思いやり予算に則した基地行政などにより、
>周辺住民が基地に依存した地域社会を形成し現在のような住宅密集地域となった事実である


>それを日本防衛の部隊かのように言替えてゴマをする菅直人!

実際、日本を攻撃した敵のミサイル基地なり飛行場や港なり、
それを叩いてくれるのは「日本防衛」に繋がるんだよ
抑止力も知らない阿呆が

>アメリカの方が情報公開は、中国より進んではいるけど程度の問題。

キチガイの脳内では民主主義国と全体主義国が「同レベル」なのかw

>インデアンを開拓の名で滅ぼした国家なんだけどね

滅んでませんからw
少ないなりにちゃんと生き残ってますよ

>あまり信用しすぎるのも…

少なくとも 中 国 よ り は マ シ なんだよ
戦前からずっと、契約は守らない、条約は守らない、約束は守らない
そんな国よりは、まだアメリカの方がマシだ

「アメリカが好きとか嫌いとか関係ない」と書いてあるのも読めんのか?キチガイだから

340 名前: no name :2010/09/16(木) 16:54:10 ID:GMa70VCu

>>334
>技術で立国してる日本という貿易大国に原材料が入らなくなったらアウトだ。
>最先端のIT関係には甚大な影響が出てくるよ

世の中には「横流し」って言葉があるんだよ、キチガイ恵也
日本が買わなくてもアメリカあたりから横流ししてもらえば済むこと

それに日本が世界中に大々的に中国の非を鳴らせば、追随する外国企業が続くだろうね
「中国で商売したいなら最新機械の設計図をよこせ」とか言ってくる非常識な国にはみんな苛ついてるんだよ

そもそもやりたきゃやれば良いけど、普通にWTO違反だからw


>日本人1億3000万人いればアンタのような単細胞がいるようにね

その単細胞一人論破できないくせにw
キチガイの脳内では「連戦連勝」なんだろうが

341 名前: 恵也 :2010/09/16(木) 17:05:50 ID:VjY98ApY

>>328 だって全く関係ないしw

戦争の真っ最中に、尖閣に標識杭を打つなんてただ事じゃない。
日清戦争は朝鮮という領土の支配権をめぐって行われたもの。
尖閣諸島という領土が関係がないはずないだろ。

今だって尖閣諸島の帰属問題だけで戦争の可能性だってあるんだぞ。
領土問題で戦争になった歴史はたくさん有るだろ。
領土が「だって全く関係ない」なんていうのは子供の論理だ。

むしろ10年前から尖閣を狙って、調査していたというべき。
客観的に言うなら、この時点から清と日本は交渉すべきだったんだよ。
日本が勝手に内緒で調査したということは、後ろめたさがあったんだよ。

342 名前: no name :2010/09/16(木) 17:07:05 ID:GMa70VCu

>>335
>無人島を外国から調査されても、常識的には判らんでしょう

無人島だった=中国が統治した事が一度も無かった証拠だねwww
そもそも中国と台湾の間、台湾と尖閣諸島の間もろくに通行が無かった証拠だ
日本は10年もかけて大々的に尖閣諸島を調査していたんだから、台湾の人が見つけないはずがない

>戦争賠償金額や台湾の割譲なんて、即決出来はしないぞ

出来ますよ
日本はあと一歩で北京占領出来たわけで、実際福沢諭吉や板垣退助なんかは北京占領を主張してました
首都占領されるよりは急いで講和しようと清も日本も必死でしたから
長期戦になれば欧米列強(特にロシア)が圧倒的な力で介入してくるのは明らかだし

そもそも中国は尖閣諸島どころか、台湾ですら自国領と思っていなかったわけで
清が自国領と考えていなかったから、日本は台湾出兵したんだよ

>これらの事はアメリカと仲がいいときの話なのだけど…

少なくともアメリカがフセインに「やれ」と命令したわけじゃないだろ
フセインが調子に乗って、勝手にやった事だ
話をすり替えるんじゃないっての!

343 名前: no name :2010/09/16(木) 17:19:57 ID:GMa70VCu

>>341
>戦争の真っ最中に、尖閣に標識杭を打つなんてただ事じゃない。

はぁ?10年前から念入りに準備していた成果だろ

>日清戦争は朝鮮という領土の支配権をめぐって行われたもの
>尖閣諸島という領土が関係がないはずないだろ

お前、アジア地図が解っててモノ言ってるかw?
朝鮮問題を尖閣諸島にからめるキチガイなんて初めて見たよwww
尖閣諸島を占領する事で、朝鮮問題にどう進展があるのやらw

>今だって尖閣諸島の帰属問題だけで戦争の可能性だってあるんだぞ

日本のせいでなくて、中国のせいでね
考え違いするなよ?キチガイ
日本が挑発してるわけじゃないからな?

文句があるなら韓国も誘ってハーグに来いよ
法廷で相手になってやろうじゃねぇか
戦争より法廷の方がよっぽど建設的だけど、どうせ勝ち目がないから逃げるんだよな?

>むしろ10年前から尖閣を狙って、調査していたというべき
>客観的に言うなら、この時点から清と日本は交渉すべきだったんだよ

バカじゃん?
なんで無関係な奴に交渉しなくちゃならんの?
中国が尖閣諸島を占領した事なんて一度も無いんだよ
お前自身、ナニ省のナニ郡ナニ県か説明できないじゃねぇかw

交渉というのは権利を持ってる奴相手にやるんだよ

344 名前: no name :2010/09/16(木) 17:42:31 ID:rwdG8wmV

今回の尖閣諸島の件でキチガイ恵也は何が問題なのかサッパリ理解してないな
領海侵犯だけじゃねーんだよ

http://specificasia.seesaa.net/article/100108228.html
>こしきが確認作業のため接近すると連合号がジグザグ航行を始めた。
>こしきが連合号の船名を確認した際、連合号が急に右側に方向転換したため、こしきの左舷船首部と連合号の右舷船橋付近の外板が衝突したという。
>こしきは船体に塗装がはがれる程度の損傷を受けた
(琉球新報)

停船命令も聞かずに「ジグザグ航行」とか繰り返した挙げ句、海上保安庁の船に体当たりしたのが問題なんだろうが

万一海保の船が大破したり、乗組員に怪我があったらどうすんだよ?
もしくはこの中国船が海賊船とかで軽機関銃とか搭載してたらどうすんだよ?

お前の博愛精神はどうしたんだよ?
日本人に向けられる事は絶対に無いのな
死ねよ

345 名前: no name :2010/09/16(木) 17:59:00 ID:8VvkGW21

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/55
>共産党支持者なんてむかしから、日本ではメディアテラシーの持ち主だろ

キチガイ恵也の話では共産党はメディアリテラシーの持ち主らしいねw
まるでメディアリテラシーの意味が理解できてないのは置いとくとして、共産党の見解を載せとく
キチガイ恵也は感謝するように!

↓恵也も認める「メディアリテラシーの持ち主」共産党の尖閣諸島の見解↓

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-04-01/20040401_faq.html
>一八八五年(明治十八年)以降、日本政府は再三にわたり現地調査し、
>これが無人島であるだけでなく、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを確認の上
>一八九五年一月十四日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行ない、日本の領土に編入しました。
>その後、日本人が居住して、かつお節工場がつくられるなど、日本が実質的に支配してきました

>この時期が日清戦争(一八九四年八月〜九五年四月)と重なっていたことか ら、中国は、日本が戦争に乗じて尖閣諸島を不当に奪ったと主張しています。
>しかし、尖閣諸島の編入は不当な領土拡張ではなく、日清戦争とはまったく無関係です

>日清戦争終結のための日清講和条約(一八九五年四月)は、台湾・澎湖諸島の日本割譲を決めました。
>これが日本側の不当な領土拡張であることは明らかですが、このなかに尖閣諸島は入っていません。
>交渉過程でも尖閣諸島の帰属問題はとりあげられませんでした

>この事実から、尖閣諸島の領有権が日本にあることは明らかですが、一九七一年以後、中国も領有権を主張しています
>日本共産党は、領有権問題は平和的な話し合いを通じて、解決することが必要だと表明しています。

346 名前: 恵也 :2010/09/16(木) 18:24:45 ID:fV4upxpI

隣の国の間の島なら、自国領と宣言する前に話し合うのが当たり前。
武力に物をいわせて台湾を割譲させた時に、勝手に宣言してはまずいよ
紛争地点だからこそ、日本だって喉から手が出るほど欲しい石油開発
を尖閣諸島ではやらなかったのに、海上保安庁に逮捕させるとは・・

激励にしに行くという、中国の神経を逆なでしてるのを見ると、以前
は官僚の暴走だと思ってたが、前原大臣の暴走なのかな。

347 名前: no name :2010/09/16(木) 19:25:43 ID:N22dZQtw

>>346
いい加減にしろよ!キチガイ!

お前はいい加減日清戦争当時の国際法に基づいて発言したらどうだ?
当時の国際法は、無主の地に対しては「先占権」を認めている
先に領有した者が正義なんだよ

だから南米のフォークランドはアルゼンチンに近いのにイギリス領なんだろ

竹島だって尖閣諸島だって、侵略うんぬんとは関係ないんだよ
当時の国際法に則って先占権を行使したに過ぎない
話し合うべきだったなんて、お前が現代人だからほざけるタワゴトだろ

1885年、日本が尖閣諸島の調査を開始した年、イギリスが朝鮮の巨文島を「先占権」を行使して占領した事例もあるんだよ

いい加減に、当時の人の気持ちを少しは考えられないのか?

348 名前: no name :2010/09/16(木) 19:34:17 ID:N22dZQtw

フォークランドで思い出したけど
キチガイ恵也は、イギリスは遠く南米の資源も取れない島を守るために戦争したという事実くらい知ったらどうだ?

長らく「英国病」を患って国力が落ち込む一方だったイギリスだって、アルゼンチンの侵略には断固たる措置を取っている
日本の海保の行動なんてまだまだ甘すぎるんだよ

キチガイ恵也の理屈では、イギリスの行動は何と呼ぶんだ?
海保ですら「暴走」なら、イギリスはなんだ?

349 名前: no name :2010/09/16(木) 20:02:47 ID:VrgKbuxr

まぁキチガイ恵也の屁理屈はキチガイ本人と狂った中国人にしか通用しないわけで
まともな日本人と中国人なら相手にされない妄言だな

「尖閣諸島は誰が何と言っても日本領である。全く疑う余地はない」(金美齢)
「尖閣諸島は日本の物。中国が領有権を持ち出すなど厚かましいにも程がある」(李登輝)
「尖閣諸島を占領した日本の行動は合法である。当時の国際法に照らせば見事すぎる手続きを踏んでいる」(黄文雄)
「中国は国民の不満を外国にそらそうとするのはやめろ。尖閣諸島問題は日本の問題ではなく中国指導部の問題である」
(http://hi.baidu.com/71540476/home)

350 名前: no name :2010/09/16(木) 20:31:23 ID:8mLpT6zR

( ゚д゚)ノ ハイ!質問!
最近何かと話題な沖縄米軍基地ですが
あそこに米軍がいるおかげで中国が直接沖縄の領有権を騒いでないと思うんですが
当の沖縄県民は米軍基地いらないといっていますよね?
しかも基地はいらないといいながらほかにどうやって守るか。という案を出してないし。
これは 沖縄県民は全員望んで中国領になりたいって思ってるという判断でよろしいのでしょうか?

351 名前: no name :2010/09/16(木) 21:06:00 ID:kDQ+sdps

>>350
沖縄県民は米軍はおろか自衛隊すら大嫌いみたいだからね
ウルトラマンの産みの親、金城哲夫は沖縄県民に殺されたようなもんだ

「在日米軍が沖縄に集中するという異常事態になっている。もっと自衛隊を誘致して段階的に米軍に出ていってもらうようにしたらどうか
結果的に沖縄の米軍基地が減るのだからそっちの方がよろしいのではないか?」

これをラジオで言っただけで抗議が殺到、番組降板に追いやったのが沖縄県民だ
(その後金城氏は酒に溺れるようになって事故死する)
ウルトラマンのファンなら誰でも知ってる実話

本当に沖縄県民は何がやりたいのやら
ろくな軍事力が無かったから薩摩に攻められたくせに

352 名前: no name :2010/09/16(木) 21:29:40 ID:52UQByQs

>>350
沖縄県民の中でも、沖縄本島の人と西表や石垣みたいな先島諸島の人じゃ全然違うよ

むしろ沖縄本島の連中と一緒にするなと言ってるってよ

俺の実家は与那国島にあるけど、自民党の麻生の頃に「頼むから基地を下さい」ってお願いしたんだよ
政権交代で約束が反故にされたけど

与那国島は東京は勿論、沖縄本島より台湾に近いからね
中国の脅威は嫌でも感じるんだよ
領海侵犯なんて日常茶飯事って言ってもいいね

だから米軍でも自衛隊でも良いから基地が欲しいわけさ

沖縄本島が一番人口が多いから過激に見えるだけで、先島諸島の人はまともだよ

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925

俺の好きなこの人も沖縄県民だけど、本島の過激派とは違うね

353 名前: 恵也 :2010/09/17(金) 06:19:47 ID:Tv37CAKp

>>328 「関係ある」と思ってるのはお前みたいなキチガイだけだ

日清戦争と尖閣と関係ないと思う方がキチガイだよ。
なぜ標識杭を打つ沖縄県知事の申請を、何回も日本政府が無視した
かというと、大国である清の抗議が恐かったからなんだよ。

標識杭を打つ閣議決定は日清戦争停戦前に出ましたが、実際に標識
杭が打たれたのは第二次大戦が終わって沖縄返還される前の、石油
埋蔵がわかってからです。

――――引用開始――――
明治二十三年にも二十六年にも、政府はまだ日清戦争をはじめては
いない。さらに二十七年に古賀が釣魚島開拓を願い出た月日が、日
清戦争前であればもとよりのこと、たとえ開戦直後であっても、ま
だ日本は清国に全面的に勝利していたわけではない。

だが、その年十二月初めには、すでに日本の圧倒的勝利は確実となり、
政府は講和条件の一項として、清国から台湾を奪い取ることまで予
定している。これこそが、釣魚諸島を取ることに関連する「事情」の、
以前といまとの決定的な「相異」である。
(井上  清 氏より)

354 名前: 恵也 :2010/09/17(金) 06:46:20 ID:/c9R48kU

>>329 大正8年(1919年)4月5日にアメリカに駐在、 ハーバード大学に留学した

有難う、これは俺の勘違いだ。

>> 少なくとも日米戦争の頃の話じゃねーだろ
いやこれは松岡がヒットラーと日独防共協定を結んで帰国した頃の
話で、昭和天皇としては日本の将来に危惧を持たれたようだ。

たしかにこの協定のせいで、米英との対立が激化して米英の中国支援
を招き、世界から孤立化してしまった。この日独同盟がなければ
対米戦まで行かないで済んだでしょう。

>> 当時の台湾は 日 本 領 だっつーの
判って書いてるんだけどね。
台湾の漁民は沖縄の漁民よりずっと昔から尖閣諸島という場所で
漁業をやっていた証拠として出したので、台湾の漁民の島であって
「無主地」という誰も知らない島じゃなかったということ。

福建省から沖縄に明の使節団が行く場合にも、尖閣諸島を目印にして
行ってますし、尖閣諸島までを明の領土だという意味の日記も残っ
てます。

石油の埋蔵が明らかになった1971年に中国政府の声明文でも明の
時代の海上防衛圏が尖閣諸島まで含んでいたとしてます。

――――引用開始――――
これらの島嶼はすでに中国の海上防衛区域のなかに含まれており,
それは琉球,つまりいまの沖縄に属するものではなくて,中国の
台湾の付属島嶼であった。

中国と琉球とのこの地区における境界線は,赤尾嶼と久米島との
あいだにある。中国の台湾の漁民は従来から釣魚島などの島嶼
で生産活動にたずさわってきた。
http://www.panda.hello-net.info/data/chougyotou.htm

>> 清朝の官吏傳雲竜が「遊歴日本図経」を書き上げ、
これは日本を調べるために日本に来て調査した報告書であって
日本の地図を使ったのじゃないかね。俺が中国を調べて日本政府に
伝えるとしたら中国の詳細地図を使うよ。チョッと証拠価値は??

355 名前: 恵也 :2010/09/17(金) 08:04:43 ID:J1Zl5QPZ

>>347 当時の国際法は、無主の地に対しては「先占権」を認めている

あなたのいう「当時の国際法」て具体的にどんな法なの?
具体的な条文を出して説明して欲しいね。

それに無主地というけど、漁場として台湾の台北州の人が使ってた
地域なのだし、常識的に考えると財布が落ちていたとしたら可能性
のある所有者に聞くものじゃないの。

聞きもしないで落ちていたから、俺の物だとは言えないよ。
最低限、沖縄県知事が標識杭を打ちたいとしたらその時点で中国や
朝鮮に日本領土にしたいが異議があるかどうか通告べきじゃないかね。
さもないといくら軍事力があるとしても、未来に禍根を残すのは当然。

小笠原諸島ではアメリカやイギリスに日清戦争の30年ほど前に通告
して日本領土宣言を行ってますが、尖閣諸島では外国には通告してません
これは引け目があったんだろう。

――――引用開始――――
1873年(明治6)に同諸島の本格的経営が廟議決定し、1875年に日本
領再回収を宣言しました。このころ、日本は同島に関係の深い米国、
英国と何度も折衝し、その了解を得ました。さらに1876年、欧米
12か国に対して日本の同諸島管治を通告しました
http://www.han.org/a/half-moon/hm069.html

>>だから南米のフォークランドはアルゼンチンに近いのにイギリス領なんだろ
これはイギリスの軍事力だよ。
いつかアルゼンチンの民族主義の洗礼を受けてしまうかも知れんよ。
今は軍事力・経済力に雲泥の差があるから黙ってるようだが…

>>竹島だって尖閣諸島だって、侵略うんぬんとは関係ないんだよ
竹島は日露戦争のドサクサ、尖閣は日清戦争のドサクサに火事場泥棒
して軍事力で日本領土にした島だ。戦争に負けたから仕方なかった。

356 名前: 恵也 :2010/09/17(金) 08:06:50 ID:dKhBaNkU

>>348 日本の海保の行動なんてまだまだ甘すぎるんだよ

軍事力・経済力をみれば海保の行動は国家利益にあわない。
むしろ完全に尖閣諸島を中国領土にする心配さえある。

田中角栄と周恩来がせっかく交渉で棚上げして、子孫に任せてくれ
たのにこれじゃ、最悪の結果になってしまうよ。
アメリカも今後のことを考えたら、中国の肩を持つ可能性だってある。

――――引用開始――――
キッシンジャーは「台湾海峡の両側の中国人が中国は一つであると主
張することにチャレンジしない」と言った。これはキッシンジャー
の傑作である。

 ヨーロッパ問題について言えば、今、ヨーロッパの連中は平和の
幻想を抱いている。しかしこれはソ連にだまされている結果である。

田中総理: 尖閣諸島についてどう思うか?私のところに、いろいろ
 言ってくる人がいる。

周総理: 尖閣諸島問題については、今回は話したくない。今、これ
 を話すのはよくない。石油が出るから、これが問題になった。石油
 が出なければ、台湾も米国も問題にしない。
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPCH/19720925.O1J.html

>>沖縄県民は全員望んで中国領になりたいって思ってるという判断でよろしいのでしょうか?

それはないでしょう。
むしろ米軍基地の広大な土地に、関税のかからない自由貿易工場を
誘致して経済発展を狙ってるのじゃないかな。

もともと琉球王朝ころには、軍事力もなしに自治国家でいたんだし
日本に占領されたら王様は中国に逃げ出したのだからね。
第二の琉球王朝にして、アジアのルクセンブルグにして世界一の
生活水準にしたいのじゃないかね。
2002年度1人あたりのGDP世界一はルクセンブルクで、日本の1.6倍。

>>352 中国の脅威は嫌でも感じるんだよ

むしろ実際の戦闘を経験してないからだろう。
沖縄本島は米軍と日本軍の激戦で「軍隊の正体」を見た人が多いけど
先島諸島では、激戦の経験をしていない。

357 名前: no name :2010/09/17(金) 10:28:00 ID:eJYC0Ael

>>353
>大国である清の抗議が恐かったからなんだよ

違います
考古学や歴史学、法学その他あらゆる事例を調べあげて、「清国領有の証拠が無い」事を証明するために10年もかけたのです
悪魔の証明って言ってね、無いことを証明するのは非常に難しいんだよ

>標識杭を打つ閣議決定は日清戦争停戦前に出ましたが、
>実際に標識杭が打たれたのは第二次大戦が終わって沖縄返還される前の、石油埋蔵がわかってからです

嘘つくなよw

>1895年1月21日:内務大臣から沖縄県知事に魚釣、久場両島に沖縄県所轄の標杭を建てるよう指令

日本はもう即座に指令してるんだよ
wikiぐらい読めよ、カス
中国がここまでやった証拠を出してもらいたいものだ

>(井上 清 氏より)

この井上って人…
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E6%B8%85_(%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%AE%B6)
>戦後は在野にあって、歴史学研究会などで講座派マルクス主義の立場からの日本近代史研究の第一人者として活躍
>『天皇制の歴史』で天皇制を批判した
>同じ時期には文化大革命や全学共闘会議の活動を支持し
>毛沢東思想学院の講師としても、精力的に活動した
>昭和から平成へと代わる時期に、歴史学的立場から、元号問題について「元号ではなく、西暦を採用すべきだ」という趣旨の発言を行った
>1997年中国社会科学院から名誉博士号を授与される


ど う 見 て も 中 国 の 回 し 者 で す 。本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た 。

358 名前: no name :2010/09/17(金) 10:48:23 ID:eJYC0Ael

>>353
>(井上 清 氏より)

ちなみにキチガイ恵也は、この井上氏はまともな尖閣諸島問題の研究家からは全く相手にされてない事も知らないらしい
日本中見渡しても、誰も井上論文に感化された政治家も、井上論文に続く大学教授の論文も存在しないのがその証拠だ

一度、尖閣諸島の専門家がまともな反論をしただけで、この井上氏は論争から逃げた(そのくせ自分の間違いだらけの本は回収しなかった)御仁だ

さすがキチガイ恵也w
人間的にクズであったり、どう見ても中国贔屓を通り越したキチガイであっても都合が良ければ引用するらしい

http://akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/page084.html

これが井上清を黙らせた専門家の論文だ
井上清の罵詈雑言(以下参照)が延々と続く日記のような「論文」と比べてどれだけ格調が上だろうか

>井上氏は筆者の主張をして、居直り強盗とか帝国主義的強盗の論理をむき出しにしたものとして、非難している。
>同様に、政府を「故意に歴史を無視している」 「佐藤軍国主義政府」、
>日本共産党を「反中国の日共」「軍国主義と二セ愛国主義をあおりたてることにやっきになっている」と罵倒している。
>井上氏はさらに朝日新聞社の「社説」、「朝日アジアレビユー」(第10号)の巻頭言その他にも攻撃の矢を向けている。

359 名前: no name :2010/09/17(金) 11:05:33 ID:UAqrNrWm

>>354
>有難う、これは俺の勘違いだ

日本語は正しく使えよな?
「勘違い」じゃなくて、「無知で不勉強だから知らなかった」んだろ?
いつもいつでも妄想だけで語ろうとするからそういう事になるんだよ

恵也はバカで無知で不勉強の物知らずであるって少しは自覚して 反 省 しろよ!

>いやこれは松岡がヒットラーと日独防共協定を結んで帰国した頃の話で、

ちげーよ
「松岡はドイツに買収されたものと思われる」の発言は、終戦後、「昭和天皇独白録」で現れた表現だ
戦前の話ではない
嘘だと思ったら調べ直してみろよ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E6%B4%8B%E5%8F%B3
>『昭和天皇独白録』にも
「松岡は帰国してからは別人の様に非常なドイツび いきになった。恐らくはヒットラーに買収でもされたのではないかと思われ る」

そもそも松岡は「防共協定」には何の関与もしていない
防共協定が結ばれた当時、松岡は日本にすらいなかった
松岡は満鉄総裁として満州にいたんだよ
遠く満州にいた松岡が防共協定に何の関与が出来たんだよ?

お前、以前にもこれ説明されてるよな?
なんで理解しないの?

バカで無知で不勉強の物知らずだからって、以前にも指摘されてる事を忘れる理由にはならねぇぞ?

360 名前: no name :2010/09/17(金) 11:43:10 ID:s9tayoEH

>>354
>「無主地」という誰も知らない島じゃなかったということ

バカ?
「無主地」って「誰も知らない島」の意味じゃないんだけど?w

そもそも1941年といえば、台湾人は併合されて46年目
日本の教育を受けて知ったんだよ

>福建省から沖縄に明の使節団が行く場合にも、尖閣諸島を目印にして行ってますし、

目印にしただけで即領有権かw
くだらねぇ

おまけにこのキチガイは、明の使節は「琉球王朝の派遣する先導が必要不可欠だった」という事も知らないらしいw
明の使節は、独力では琉球はおろか、尖閣諸島や台湾にすら行けなかったんだよ

http://akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/page084.html
>第二に、尖閣列島とその航路についての琉球人と中国人の熟知程度であるが、
>これについて は、陳侃『使琉球録』(一五三四年)巻一が十分あきらかにしている。
>すなわち閩人の方がこの海路に熟知していないこと、
>そのために陳侃は閩人だけの航海に非常な不安を覚えていたこと、
>それだけに渡琉前年の11月に琉球の進貢船が入港したことを知り、航海の詳細を聞く事ができると非常に喜んでいた事を右の使録は誌している

>また琉球の次期国王(世子=尚清)は冊封船を操る術に閩人が十分慣れていないことを心配して、
>看針通事(中国語のできる針路士)と舟を十分に扱いうる琉球人三〇人を乗せた迎接船を福州まで派遣し、
>冊封船の先導と操船にあたらせたことを記し、そうして陳侃自身これを非常に喜んだことをあきらかにしている


解った?キチガイ恵也?バカだから解らないよね?
中国人だけでは台湾にすら行けなかったくせに「尖閣諸島を目印にしていたから領有権」ねぇ…

361 名前: no name :2010/09/17(金) 11:48:43 ID:+0qgtEtB

>>354
>尖閣諸島までを明の領土だという意味の日記も残ってます

ハイハイ、嘘だねぇ
苦し紛れの嘘はつかなくていいよw
もしそんな本が本当にあるなら、今ごろお前が嬉々としてナニ省ナニ郡ナニ県か「証明」してるはずだもんな
そもそも、明は台湾すら領有してないのに台湾の先の尖閣諸島だけは領有していたとか頭おかしいんじゃないの?

>明の時代の海上防衛圏が尖閣諸島まで含んでいたとしてます

その証拠は?
明が台湾すら領有してなかったのは少し歴史を調べれば誰でも解ることだ
台湾を無視して尖閣諸島だけは領有していたのかw

で、相変わらずお前の引用するサイトはForbiddenなのか何なのか見れないし…

>これは日本を調べるために日本に来て調査した報告書であって

その通り、清国の公式使節であり、報告書は清国の総理衙門に提出された清の公式見解だ

>日本の地図を使ったのじゃないかね。

その証拠は?
そもそも日清戦争前だから、日本はまだ調査中の時代なんだが

>チョッと証拠価値は??

お前のキチガイ妄想よりは少なくとも上だよ
何と言っても、清国の総理衙門に提出された報告書なんだから

魏志倭人伝については「証拠価値」なんて疑いもしなかったくせに、自分の都合が悪い文献については「証拠価値」かよ
ふざけた屁理屈もあるもんだな

362 名前: no name :2010/09/17(金) 12:55:10 ID:+0qgtEtB

>>355
>具体的な条文を出して説明して欲しいね

キチガイ恵也はバカだから、自分自身、先占権を日々行使している事も知らないらしいw
http://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%AC%AC239%E6%9D%A1
民法第239条
1、所有者のない動産は、所有の意思をもって占有することによってその所有権を取得する

恵也は昔、2ちゃんねるで「魚釣りが好き」とか言ってたよな?
お前は魚釣りで釣った魚を交番に届けるのか?w
今の季節、野山に行けば山菜が採れるはずだけど、お前は収穫した山菜を交番に届けるのか?w
お前自身、「無主先占」を行使してんだよ

で、不動産の規程はこうだ

2、所有者のない不動産は、国庫に帰属する

これは今の法律だけど、大昔は動産と同じ規程だったんだよ
坂本龍馬も読んだ「万国公法」をまさか知らんはずもあるまい?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E5%9B%BD%E5%85%AC%E6%B3%95
>さらに「未開国」と認定されると、その国家主権などは一切認められず、その地域は有力な支配統治が布かれていない「無主の地」と判定される。
>近代国際法は「先占の原則」(早期発見国が領有権を有する原理)を特徴の一つとして持っていたので、
>「未開国」は自動的に「無主の地」とされ、そこに植民地を自由に設定できるということになる


>それに無主地というけど、漁場として台湾の台北州の人が使ってた地域なのだし、

それだけで領有権の根拠にはならないんだよ、アホ
お前って「無主」の言葉の意味が全く理解できてないのな

363 名前: no name :2010/09/17(金) 13:14:40 ID:+0qgtEtB

>>355
>常識的に考えると財布が落ちていたとしたら可能性のある所有者に聞くものじゃないの

バカは黙れw
財布の落とし物は「無主」って言わないんだよwww
明らかにそれは遺失物だろ

無主物ってのはな、お前が魚釣りで獲得した魚(漁業権を侵害する量じゃダメ)、
もしくは山菜採りで得た山菜(これまた所有者の権利を侵す事は許されない)
もしくは竹やぶで何百万の札束の山を見つけた(たまにニュースになってるよな?)
こういうのを指すんだよ
「札束の山」の場合は大体警察に届け出るけどな
警察じゃないと無主か否か解らないし
で「無主」と判断されれば、発見者に全額与えられるというわけだ

なんで「落とし物の財布」が「無主」なんだよ、キチガイ恵也?

>その時点で中国や朝鮮に日本領土にしたいが異議があるかどうか通告べきじゃないかね

アホか?
尖閣諸島に朝鮮が何の関係があるんだよ?
お前、アジアの地理が解ってないだろ?
尖閣諸島がどこにあるかすら理解してないだろ?


>小笠原諸島ではアメリカやイギリスに日清戦争の30年ほど前に通告して日本領土宣言を行ってますが、

小笠原と尖閣諸島は状況が違うんだよ、キチガイ
小笠原諸島はペリーが石炭貯蔵庫を築いたり、イギリスが「無主地」として植民地化を狙っていた地域
日本はだからアメリカとイギリスに「小笠原は日本が先占している」と主張したんだよ

尖閣諸島は全く状況が違う
尖閣諸島を中国が領有した事は一度もない!
源平合戦や関ヶ原の頃から知れていた小笠原と比べるとは話にならない

364 名前: no name :2010/09/17(金) 13:40:34 ID:HZFPezmq

>>355
>これはイギリスの軍事力だよ

無知乙
フォークランド諸島は1592年にイギリスのジョン・デービスが「発見」し、1833年にイギリスの実効支配が行われた
れっきとしたイギリス領土だ

>いつかアルゼンチンの民族主義の洗礼を受けてしまうかも知れんよ

有り得ないね
現地人の大多数がアルゼンチンよりイギリス領土を願ってる
イギリスがろくにフォークランドの面倒を見てくれなくても、アルゼンチンの方が生活に関わっていてもイギリスの方が良いのだ

>今は軍事力・経済力に雲泥の差があるから黙ってるようだが…

一回、アルゼンチンは戦って負けたんだよ
そのまま平和交渉を進めていれば香港か沖縄みたいに平和的に返還されたかも知れなかったのに
アルゼンチンのお偉いさんは今の中国政府みたいなバカ揃いでね、圧倒的な武力で押せばイギリスは震え上がるとか思ってたんだよ
でも実際にはロイヤルネイビーの空母二隻に大敗

で、結局平和的に返ってくるかも知れない島はイギリスの態度の硬化によっておじゃんになったわけだ
今(2010年)、フォークランドでは石油が発見されたらしく、再びアルゼンチンがいけしゃあしゃあと出てるけどバカらしいね
平和的に交渉してれば香港みたいに返ってきてるかも知れなかったのに、自分で自分の首を絞めたんだよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E8%AB%B8%E5%B3%B6
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%B4%9B%E4%BA%89

>竹島は日露戦争のドサクサ、尖閣は日清戦争のドサクサに火事場泥棒して軍事力で日本領土にした島だ。
>戦争に負けたから仕方なかった

ハイハイ、また嘘だね
そんな事実は無いから
下関条約に尖閣諸島なんて明記されてないし、そもそも議題にすらなっていない
ポーツマス条約に竹島なんて明記されてないし、そもそも議題にすらなっていない

365 名前: no name :2010/09/17(金) 14:02:52 ID:HZFPezmq

>>356
>軍事力・経済力をみれば海保の行動は国家利益にあわない

ハイハイ、中国様の軍事力と経済力に「震え上がってろ」というのがキチガイ恵也の本音ですねw
フォークランドをアルゼンチンの侵略から守ったイギリスとは偉い違いだ
イギリス並みにすらなれない日本が、恵也の言う「スイス並み」になんかなれるものかよ

>田中角栄と周恩来がせっかく交渉で棚上げして、子孫に任せてくれたのにこれじゃ、最悪の結果になってしまうよ

バカに言っとく
「棚上げ論」は日本は一度たりとも「合意」したことは無い
「問答無用の一体不可分の我が領土」というのが日本の主張だ

>もともと琉球王朝ころには、軍事力もなしに自治国家でいたんだし

嘘だね
少ないながらも兵力はありました
関ヶ原でも精強さを見せつけた薩摩隼人の前には吹けば飛ぶ代物ですがw
軍事力が「無かった」わけではありません

>琉球王国には種子島の火縄銃伝来(1543年)よりも100年早く、中国製の鉄砲の一種「火矢(ヒャー)」が伝わっています。
(琉球新報2001年1月4日)

その火矢の実際に撃つ瞬間(わずか四秒の動画なんだから見ろよ)
http://www.youtube.com/watch?v=M2V41dmFi3Y&feature=youtube_gdata_player

http://obiekt.seesaa.net/article/108750166.html
>尚真王は翌1478年に刀狩りを行っており、秀吉の日本統一が1590年、刀狩が1588年なのと比べても、
>琉球の方が日本本土よりも約100年早く統一と刀狩を先行して行っていた事が分かります
>当然の話ですが「刀狩」とは武器を捨てて平和な国家を築こうとするものではありません。
>武器保有を為政者側のみに限定し、民衆の反乱を防ぐ政策です。
>それは日本本土も琉球諸島もやっていることに変わりはありません。
>ただ、100年ほど施行の時期がズレていただけです

よくこんな無知のくせに、琉球史を語れるなw

366 名前: no name :2010/09/17(金) 14:20:44 ID:HZFPezmq

>>356
>日本に占領されたら王様は中国に逃げ出したのだからね

嘘つかないで証拠だしてね?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%9A%E5%AF%A7%E7%8E%8B
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%9A%E6%B3%B0%E7%8E%8B

薩摩征服の時も、明治の廃藩置県の時も「中国に逃げ出した王様」などは存在しない
お前のやってる事は「名誉毀損」「誹謗中傷」って言うんだよ
キチガイで売国奴のくせに、琉球王朝の名誉毀損まで行うのは、お前の言葉で「言語道断!」じゃないのか?

死ねよ、人間のクズ

>むしろ実際の戦闘を経験してないからだろう

誹謗中傷は止まらないなw
琉球史に無知なくせに

>沖縄本島は米軍と日本軍の激戦で「軍隊の正体」を見た人が多いけど先島諸島では、激戦の経験をしていない

被害者意識に凝り固まる阿呆じゃなくて済んだとも言えるね
そもそも沖縄本島だって、騒いでるのは那覇とか直接米軍基地と関わってない地域の人がほとんどなんだけど?
地元の人にとっては生活費を稼ぐ為なんだから「嫌だ」なんて言えないよ

反基地運動の実行者も日本本土からの左翼と、那覇市の活動家がほとんどだし
地元の人にとっては邪魔でたまんない存在だよ

せいぜい意義があるとすれば、アイツらが反基地で盛り上がってくれれば土地代がさらにはねあがるだけだね

偉そうに沖縄を語るお前は、反基地の「一坪地主」でもやってるのか?
所詮「ヒマツブシ」で沖縄を語ってる偽善者のくせに

367 名前: 恵也 :2010/09/17(金) 14:24:48 ID:Vmia7JBa

>>345 共産党の見解を載せとく

竹島でも日本共産党の見解は、日本領土だから想像は付いてたよ
しかしまあ、有難う。
この原因は、選挙目当ての民族主義のせいなのだろう。

368 名前: no name :2010/09/17(金) 14:41:55 ID:HZFPezmq

>>367
>この原因は、選挙目当ての民族主義のせいなのだろう

つまり「メディアリテラシーの持ち主」ってのは嘘だったのか?

>日本共産党は、領有権問題は平和的な話し合いを通じて、解決することが必要だと表明しています

この一文が読める?
勝手に領海侵犯したり、抗議船を送ったり、深夜に大使を呼びつける非礼な真似をする国の行動は「平和的な話し合い」じゃないんだよ

平和的な話し合いに応ずる意志があるならハーグの国際司法裁判所で冷静に話し合うべきだろ
国際司法裁判所の判決で「尖閣諸島は日本領土にあらず」と言われたら素直に従うよ
万が一にも有り得ないけどな、中国が裁判官に賄賂でも渡さない限り

日本が素直に国際司法裁判所の判決に従うから、中国も韓国も国際司法裁判所の判決に従ってくれよ

これこそが平和的な話し合いだろ
領土問題なんていつまでも先送りなんて不可能なんだよ

369 名前: no name :2010/09/17(金) 15:17:08 ID:mCXmTRuB

http://www.youtube.com/watch?v=m9VuW6vhV-E&feature=youtube_gdata_player

"民主党"は民主党でもスウェーデンの民主党は良いなぁ
日本の民主党に爪の垢を煎じて飲ませてやりたいよ

370 名前: 恵也 :2010/09/17(金) 16:36:31 ID:4ECjw0DY

>>357 日本はもう即座に指令してるんだよ

指令というより、沖縄県知事に標杭打ちの許可を与えたというべき。
沖縄県知事は政府に対して、標杭を建設する上申書を1890年と1893
年に出してますがそれに対して1895年に閣議で許可を与えてますが、
ホッタラカシになってます。

実際に沖縄県が杭を打ったのは、米軍治世下の1969年5月5日だ。
台湾を手に入れたから安心したのかもナ。

――――引用開始――――
沖縄県が、じっさいに現地に標杭をたてたという事実すらない。
日清講和会議の以前にたてられなかったばかりか、その後何年
たっても、いっこうにたてられなかった。

標杭がたてられたのは、じつに一九六九年五月五日のことである。
すなわち、いわゆる「尖閣列島」の海底に豊富な油田があること
が推定されたのをきっかけに、この地の領有権が日中両国側の
争いのまととなってから、はじめて琉球の石垣市が、長方型の
石の上部に左横から「八重山尖閣群島」とし、その下に島名を
縦書きで右から「魚釣島」「久場島」「大正島」およびピナクル
諸嶼の各島礁の順に列記し、下部に左横書きで「石垣市建之」
と刻した標杭をたてた(註)。これも法的には日本国家の行為ではない。
http://www.mahoroba.ne.jp/~tatsumi/dinoue0.html

371 名前: 恵也 :2010/09/17(金) 16:39:19 ID:Tqee1VbI

>>358 井上論文に続く大学教授の論文も存在しないのがその証拠だ

存在しないなんて、あなたは論文を見たことあるの?
俺はあるんだが…・

――――引用開始――――
日中国交回復時における周恩来総理の対応に学ぶべき
であろう。彼は1972年7月28日に当時の竹入義勝
公明党委員長と会談した際に「尖閣列島の問題にも
触れる必要はない。国交回復することに比べると、
問題にならない」[1]と指摘した。

この竹入メモについては今日、より詳細な内容が公開
されており、それによれば「尖閣列島の問題にもふれ
る必要はありません。

竹入先生も関心が無かったでしょう。私も無かったが
石油の問題で歴史学者が問題にし、日本でも井上清さ
んが熱心です。この問題は重く見る必要はありません。」
とのこと
(村田忠禧(横浜国立大学)より)
http://www.geocities.jp/ktakai22/murata.html

>>これが井上清を黙らせた専門家の論文だ
それは専門家の論文というより、ド素人の罵詈雑言だよ。
格調はゼロ!

372 名前: 恵也 :2010/09/17(金) 16:47:36 ID:Tqee1VbI

>>359 終戦後、「昭和天皇独白録」で現れた表現だ

よく知ってるジャン。
でも昭和天皇独白録で公表された、日独防共協定頃の話。

――――引用開始――――
「松岡は二月の末にドイツに向かい四月に帰ってきたが、
それからは別人の様に非常なドイツびいきになった、
恐らくは『ヒトラー』に買収でもされたのではないかと
思はれる」。
http://blog.goo.ne.jp/khosogoo_2005/m/200607

373 名前: no name :2010/09/17(金) 16:50:17 ID:1IFCdjmN

>>370
>台湾を手に入れたから安心したのかもナ

だから?
その頃の中国は調査して、閣議決定なんてやったのかい?

あとから何とでもイチャモンをつけられるなら、
「ジンギスカンは源義経という説があるからジンギスカンの征服した地域は日本領」
とか言えるのかい?

お前さんの屁理屈はそのぐらいのレベルなんだよ

374 名前: no name :2010/09/17(金) 17:02:48 ID:1IFCdjmN

>>371
>存在しないなんて、あなたは論文を見たことあるの?

毛沢東と文化大革命を賛美したバカの論文なんて見る気にもならないね
でも、お前と違って食わず嫌いじゃないからネット上で探してきて読んだよ

>俺はあるんだが…

また売国奴のお仲間かw

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E7%94%B0%E5%BF%A0%E7%A6%A7
>中国共産党史専門家。 毛沢東研究の権威的な人物

なんでこういう思想的背景丸わかりの人物しか出さないの?w
キチガイ恵也は本当に売国奴が大好きだよね

>それは専門家の論文というより、ド素人の罵詈雑言だよ

罵詈雑言部分は、全部井上清の書いた部分だからw
文句があるなら井上に言えよ

この論文の作者は、こういう井上の罵詈雑言の態度をたしなめてんだよ
日本語が解らないキチガイ恵也

>格調はゼロ!

その「格調ゼロ」の論文に論破された井上があわれだねぇwww

>しかしそれにしても、井上氏には妙なところで妙な才能があるものだと感心したことも事実である。
>敵対者に対して考えつくあらゆる戦闘的文句を並べたてる必要があるような戦時には、
>まず余人には代えがたい貴重な人となるであろうことは確かである
>だが戦争の無い日本社会で、しかも領土の帰属問題を論じる時にまで、このような敵対的文句を並べたてることは、
>私などには、場ちがいに思えてならない
>そればかりか、かえって井上氏の主張の弱さをご自身認識しておられるため、あえて言わざるをえないと考えたくなるというものである

375 名前: no name :2010/09/17(金) 17:14:20 ID:FtwtBfPY

>>372
>よく知ってるジャン

お前と違って「調べる」「勉強する」ってみんな知ってるからな
知らない事を知ったかぶりでハッタリをかますどこかのボケ老人とは違うんだよ

>でも昭和天皇独白録で公表された、日独防共協定頃の話

なんでだよw
「二月の末にドイツに向かい四月に帰ってきた」という表現を見る限り防共協定はあり得ねーよw
松岡洋右は防共協定締結時代は満鉄総裁なんだっての
日本の外交に関与するどころか、日 本 国 内 に す ら い な か っ た んだよ!

いい加減にしろよ、バカの恵也

松岡がドイツを訪問したのは1941年(昭和16年)であって、三国同盟だって結ばれた「後」の話だ

376 名前: no name :2010/09/17(金) 17:27:52 ID:0mM6PA64

>>371
>それは専門家の論文というより、ド素人の罵詈雑言だよ。
>格調はゼロ!

都合が悪い論文は「ド素人の罵詈雑言」をぶつけて一読もしないのが恵也だもんな

まぁ、大見得切って論争をふっかけた挙げ句に逃げ出したのが井上ですからw

377 名前: no name :2010/09/17(金) 17:57:06 ID:JEPoFsJT

小泉時代の日中関係、政治は冷えきったが経済は加熱した
だから>>334はキチガイの単なる被害妄想だな
政治と経済を分けるのが普通の国だ

恵也は知恵遅れのキチガイだから政治と経済を分ける事が出来ないんだな

378 名前: no name :2010/09/17(金) 22:00:27 ID:TGCHtnW0

>>334
そんな妄想☆恵也にこの動画を紹介

379 名前: no name :2010/09/17(金) 22:51:34 ID:+4HPdJGP

キチガイ恵也はさっさと死ねよ!
違法コピーの犯罪者のくせに
お前ごときが偉そうに説教垂れる資格があんのか?

509 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日 2008/11/09(日) 19:32:20 ?2BP(0)
>>505
>恵也がエクセルなんてソフトをちゃんと使える訳がないじゃないか

これでも友人にソフトを借りて、俺のパソコンにもエクセルを入れてるよ

http://www.sofurin.org/htm/activity/kb_qanda.htm
>購入したソフトを、中古店に売ったりバックアップ・コピーを手元に残しておくことは、著作権法違反に当たります

http://www.daiichi.gr.jp/publication/scientist/21.html
>コンピュータ・プログラムにはさまざまなものがありますが、代表的な例としては、
>ワープロソフトのWordや一太郎、表計算ソフトのExcelなどがあります。
>これらは市販されていますので そ れ を 購 入  し 、パソコンにインストールして使用することはできますが、
>原則として一つのソフトは1台のパソコンにしか使用が許されていません。
>したがって、一つのソフトを購入し、それを複数のパソコンにインストールして使用することは著作権の侵害にあたることになります

380 名前: 恵也 :2010/09/17(金) 23:17:12 ID:qfMvBbti

>>363 尖閣諸島に朝鮮が何の関係があるんだよ?

少しでも可能性のある国にはすべて通告するもの。
小笠原の時でさえ日本はアメリカ・イギリス以外に10カ国にも
通告してます。

フィリピンやロシアまで通告するのが、国家の指導者には必要だよ。
通告するだけで子孫の危険が減るのならその費用なんて安いものだ。

>>関ヶ原の頃から知れていた小笠原と比べるとは話にならない
尖閣諸島も関が原の頃の1562年の記事があります。

――――引用開始――――
郭の使録には、一五六二年五月二十九日、福州から出洋し(閏五月
初一日、釣嶼ヲ過グ。初三日赤嶼ニ至 ル。赤嶼ハ琉球地方ヲ界スル
山ナリ。再一日ノ風アラバ、即チ姑米山(久米島)ヲ望ムベシ」とある。

上に引用した陳・郭の二使録は、釣魚諸島のことが記録されている
もっとも早い時期の文献として、注目すべきで あるばかりでなく、
陳侃は、久米島をもって「乃属琉球者」といい、郭汝霖は、赤嶼に
ついて「界琉球地方山也」と書 いていることは、とくに重要である。

381 名前: no name :2010/09/17(金) 23:19:23 ID:7zNgxq+4

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100917/plc1009170313005-n1.htm

菅の経済政策が終hる件について
日本経済の復活どころか日本経済は奈落の底に沈むだろうな

常識的に考えて不況の真っ只中に増税と歳出抑制なんてやるべきじゃない
不況の時は減税と大幅な公共事業を起こすのが常識

382 名前: no name :2010/09/17(金) 23:31:13 ID:01d7NrKs

>>380
>少しでも可能性のある国にはすべて通告するもの

その金は誰が負担するの?お前がポケットマネーから出すのか?
そもそも、当時は「通告」なんてしないで一方的な領有宣言だけで領有していた国がほとんどだから
アメリカのハワイしかり、イギリスのビルマ・オーストラリアしかり、フランスのインドシナしかり

日本が特別律儀だったのを勘違いすんなよ?キチガイ恵也

>フィリピンやロシアまで通告するのが、国家の指導者には必要だよ

当時、「フィリピン」なんて国は影も形も存在しないんだよ、キチガイ恵也
頭がおかしくてそんな事実も知らないのか

>尖閣諸島も関が原の頃の1562年の記事があります

お前の引用したのは井上清の受け売りだろうが、井上は
「中国使節は琉球王朝の先導が無ければ琉球に行けなかった」
という事実を知らない時点で無価値

当然中国使節より琉球王朝の使節の方が尖閣諸島は頻繁に通過しており、琉球名まで付いている
井上はそんな事も知らない

キチガイ恵也は井上みたいな哀れな毛沢東主義者なんか賛美してんなよw

383 名前: no name :2010/09/17(金) 23:50:19 ID:01d7NrKs

>>380
>陳侃は、久米島をもって「乃属琉球者」といい

その「陳侃」氏は、琉球人に尋ねるまで久米島を知らなかったと書いてあるわけだが
やっぱりキチガイ恵也は、都合が悪い論文は一読もしないんだな

http://akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/page084.html
>陳侃は、厳従簡『殊域周資録』によれば、久米島すら、それが琉球であることを、琉球人に質問してはじめて知ったとされている。
>陳侃が、井上氏の主張されるように、久米島より手前の島々を中国領であると意識して「乃属琉球者」と記したものでないことは、
>この事実によっても分るし、上述した歴史的事業とも一致する


>郭汝霖は

この「郭汝霖」氏についても井上清の捏造が多分に含まれている事も先述のサイトには書いてあるわけだが
やはりキチガイ恵也は都合が悪いから読んでないらしい

http://akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/page084.html
>同様に郭汝霖の時代(一五六ニ年)も、台湾、彭佳、花瓶等の島嶼はいまだ中国領にされていなかったわけであるから、
>汝林が「赤嶼者・界琉球地方山也」と記していることをもって『琉球と中国とを界する』と解しえないことはもちろんである。
>まして「琉球と中国とを界する」という表現を直接にとらなかったのは
「とくにその必要がなければ書かないのが普通である」
>といった井上氏の主張は我田引水的解釈以外のなにものでもない

384 名前: no name :2010/09/17(金) 23:59:42 ID:F7qqkTus

キチガイ恵也の妄想屁理屈では、

「明王朝は尖閣諸島より手前の台湾も澎湖諸島も領有してなかったが、尖閣諸島だけは領有していた」

こうなるのかw
「九州の邪馬台国は本州も四国も北海道も領有してなかったが、遠く離れた千島列島は領有していた」
というに等しい詭弁だなぁwww

385 名前: 恵也 :2010/09/18(土) 07:20:30 ID:k4JaDavl

>>359 そもそも松岡は「防共協定」には何の関与もしていない

有難う。
これは日独防共協定ではなく、イタリアまで入れた軍事同盟である
日独伊三国防共協定の勘違いだった。

ここから日独伊の枢軸陣営と米英仏の自由主義陣営に二分化されて
しまった為、石油や鉄の輸出禁止が行われるようになりました。

386 名前: 恵也 :2010/09/18(土) 07:33:43 ID:b1NARSX2

>>377 小泉時代の日中関係、政治は冷えきったが経済は加熱した

経済も冷えてたよ。
小泉が総理になって10年くらいの間に、西欧先進国のGDP
はずいぶん伸びましたが、日本だけが足踏み状態だった。

中国との貿易が、小泉でなく田中角栄だったらもっと増えて
たろうし、新幹線も日本が全線を中国から受注したかも知れん。
小泉のおかげで日本は大打撃を受けてる!

387 名前: 恵也 :2010/09/18(土) 07:51:04 ID:FrkM+lWe

>>366 薩摩征服の時も、明治の廃藩置県の時も「中国に逃げ出した王様」などは存在しない

薩摩征服の時に琉球王は中国の福建省に逃げ出して、18年後に客死してます
清の応援を受けて、再興をやろうとしてました。

――――引用開始――――
琉球王国は1609年に島津氏に征服されたが、他方15世紀ごろから清国にも
朝貢していた。琉球国の中山王は降伏したのではなく中国大陸の福建に逃れ、
福州の琉球王府から清の皇帝に琉球王国の奪還を毎年上奏しつづけていたので
ある。これが18年も続いたが、琉球王の客死によって途絶えた。
(尖閣諸島の歴史的帰属 より)

388 名前: 恵也 :2010/09/18(土) 08:04:58 ID:tsMVZMzs

>>383 陳侃は、厳従簡『殊域周資録』によれば、久米島すら、それ
>> が琉球であることを、琉球人に質問してはじめて知ったとされている。

当たり前の話だと思うけど。
陳侃は明政府を代表して、琉球に行って外交交渉をするのがメインの仕事

そんな無人島のことなんて、利用価値もないのにエライサンである陳侃
が知らないのは当たり前で、人に聞いて印象に残ったから日記に書いたの
最初から知ってれば、エライサンの日記に残りはしないよ。

389 名前: 恵也 :2010/09/18(土) 08:24:50 ID:NAp1J72W

>>365 「棚上げ論」は日本は一度たりとも「合意」したことは無い

中国の要人が日本で記者会見を行い、田中角栄との合意をバラシてます
この棚上げをやらなければ、日中平和条約は出来なかったでしょう。

――――引用開始――――
記者団から尖閣列島についての質問された際の発言である。ケ小平
は以下のように答えている。

「尖閣列島をわれわれは釣魚島と呼ぶ。呼び名からして違う。確か
にこの問題については双方に食い違いがある。国交正常化のさい、
双方はこれに触れないと約束した。

今回、平和友好条約交渉のさいも同じくこの問題に触れないことで
一致した。中国人の知恵からして、こういう方法しか考えられない。

というのは、この問題に触れると、はっきりいえなくなる。確かに
、一部の人はこういう問題を借りて中日関係に水をさしたがっている。

だから両国交渉のさいは、この問題を避けるがいいと思う。こういう
問題は一時タナ上げしても構わないと思う。十年タナ上げしても構わ
ない。われわれの世代の人間は知恵が足りない。

われわれのこの話し合いはまとまらないが、次の世代はわれわれより
もっと知恵があろう。その時はみんなが受け入れられるいい解決方法
を見いだせるだろう。」
http://www.geocities.jp/ktakai22/murata.html

390 名前: 恵也 :2010/09/18(土) 09:14:39 ID:k5BjjB6i

>>368 深夜に大使を呼びつける非礼な真似

俺はこの行為に中国政府の怒りを感じてしまう。
テレビでは中国人の手前、過激な行動を中国政府がしてるかのように
説明してるけど、これは世論操作による誤誘導だよ。

1万人の観光客まで来なくなったけど、前原外務大臣じゃこの問題は
過熱化せざるを得ないから、貿易にも大影響が出そうだ。

中国人船長を抑留してるけど、国家利益を考えれば早く返すべきだ。
これ以上混乱を大火事にすべきじゃないけど、大火事になりそうだね。
日本やアメリカの軍産複合体の計画なんだろうか、この事件は日本
の利益にはまったくならん。

アイゼンハワー大統領が警戒してた軍産複合体が始動し出したのかね。
この日本でも!

――――引用開始――――
遅くとも1950年代には、すでにアメリカ当局者のお家芸だったこ
とになる(戦前にはドイツにニセ情報をつかませる作戦などもあった)。

1953−61年に大統領だったアイゼンハワーはこの策略を嫌い、
冷戦派を「産軍複合体」(軍産複合体)と呼び、警戒するよう次期
大統領のケネディに忠告したが聞き入れられず、ケネディはベトナム
戦争にのめり込み、エスカレートさせた。
http://tanakanews.com/d0801war.htm

391 名前: no name :2010/09/18(土) 10:06:40 ID:umCJwtu0

>>385
>有難う

いやいやいやw
これ、お前以前もツッコミ入れられてるはずだし
多分もう三回目なんだけど?
で、何にも理解してないと…

>これは日独防共協定ではなく、イタリアまで入れた軍事同盟である日独伊三国防共協定の勘違いだった

だ〜か〜ら、防 共 協 定 じ ゃ ね ー っ て の 
日独(1936)だろうが、日独伊(1937)だろうが、たかが1年ズレただけで、松岡はやっぱり満鉄総裁として満州にいるんだよ

松岡が満州から日本に帰ってきたのは1939年2月だと解ってるんだよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E6%B4%8B%E5%8F%B3
>特にみるべき政治活動もないまま1935年(昭和10年)8月には再び満鉄に、今度は総裁として着任する(1939年2月まで)

おまけに「防共協定」は「軍事同盟」じゃないし
お前、防共協定の条文が解ってんのか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%8B%AC%E9%98%B2%E5%85%B1%E5%8D%94%E5%AE%9A
>日本の参謀本部は提携には積極的であったが、軍事同盟には消極的であった。
>しかし日ソ戦の際にドイツが「好意的中立」を保ってくれることを希望していた。
>ドイツ側はソ連を刺激することを恐れ、協定内容を対ソ連ではなく
>「コミン テルンによる国際共産主義運動が自国に波及する事を防ぐ」
>という婉曲的な内容にしようとした。
>しかしドイツ外務省や国防軍の抵抗を受け、交渉は一時停滞した
(中略)
>外相有田八郎は駐独大使武者小路公共に「両国間に事項を限定しない漠然た る約束」をする趣旨の指令を行った。
>しかし参謀本部は大島少将に「日ソ戦が勃発した際に中立を守る」規定を盛り込むように指令した
(中略)
>しかしドイツ外務省も軍事同盟は諸外国を刺激するため、内容をできるだけ骨抜きにするよう努めている
(中略)
>防共協定は交渉過程において実効性をもたない骨抜きの条約となり、交渉当事者にも「背骨無き」同盟と評価されていた

防共協定が軍事同盟じゃないから、改めて1940年に日独伊三国軍事同盟を締結するんだろうが、キチガイが
防共協定=軍事同盟ならなんで二回も締結する必要があるんだ?

392 名前: no name :2010/09/18(土) 10:19:55 ID:hmx0AWYS

>>385
>ここから日独伊の枢軸陣営と米英仏の自由主義陣営に二分化されてしまった為、

ハイ、間違いですね
防共協定成立自体は他国に何の影響をも与えていませんから
ソ連を除いてね
当時は世界中で共産主義者は大弾圧を受けていたんだよ
だからこの時点では、日独伊を「応援しよう」(我々は手を汚さないでソ連に対する尖兵にしよう)という声の方が一般的でした(特にアメリカ)

その風潮が変化したのは日中戦争の長期化やスペイン内戦への独伊の関与などが複合的にからみあってからです
単細胞のキチガイにはそこら辺が理解できないんだね

実際、日中戦争開戦は1937年、日米通商航海条約破棄は1940年だから
鉄や石油禁輸は通商航海条約破棄の後の話だし

>石油や鉄の輸出禁止が行われるようになりました

自由主義陣営だからなんて理由じゃないから
ルーズベルトが戦争がやりたかったからだろ

393 名前: no name :2010/09/18(土) 10:25:39 ID:U56TQqtt

>>386
>小泉のおかげで日本は大打撃を受けてる!

そういうのは統計を一つは出してから言えよな?
嘘 つ き の 売 国 奴

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/boeki.html

どこが「冷えてた」んだ?キチガイの脳内だけだろ?
「政治と経済は別」…そんな事も解らないお前に日中関係を語る資格なんて無い!

394 名前: no name :2010/09/18(土) 11:19:36 ID:U56TQqtt

>>387
この琉球王の名前は?
「毎年上奏した」というからには上奏文が残ってるんでしょ?
証拠出してね?

島津と書いてある以上、当時の琉球王は「尚寧」しか有り得ないんだけど
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%9A%E5%AF%A7%E7%8E%8B
>尚寧王は薩摩藩によって江戸に連行され、征夷大将軍の徳川秀忠に謁見、後に琉球に戻った

一体、徳川秀忠は誰に会ったのかw
幽霊にでも会ったのか?
それともWikipediaは信用できないとか言い出すか?
Wikipedia以外にも、尚寧のヤマト滞在を詳しく書いているサイトはいくらでもあるわけだが、コイツら全員「妄想」なのかw

http://373news.com/_bunka/jikokushi/113.php
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2010/04/post-bd7c.html
http://spysee.jp/%E5%B0%9A%E5%AF%A7%E7%8E%8B/23001/
http://www.wonder-okinawa.jp/003/histry.html
http://okirekisi.livedoor.biz/archives/50176131.html

そもそも「清の応援を受けて」なんて 絶 対 に 有 り 得 な い
島津の琉球征伐が1609年、清王朝の満州での成立は1636年、中国大陸を支配したのが1644年である
1609年と言えば清の開祖のヌルハチすら即位してないのだがwww
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85
ついでに琉球王が清国の冊封を受けたのは1644年(だが親明派と親清派で争った為に正式ではない。1653年に正式に清の冊封を受け入れる)
清国の台湾領有に至っては1684年の話である

キチガイ恵也は、亡命琉球王は存在しない清王朝に助けを求めていたというのかwww

395 名前: no name :2010/09/18(土) 11:23:56 ID:71/oaM8G

>>388
つまり尖閣諸島を明が領有していたなんて有り得ないって事ですね?解りますw
存在すら知らないのに領有権なんてあるかよ、バーカw

396 名前: no name :2010/09/18(土) 11:36:07 ID:WTo8vCAs

>>389
当の日本政府は同意していないと反論しているがw
さすが売国奴の恵也
日本の主張は全て無視か

397 名前: 恵也 :2010/09/18(土) 11:48:47 ID:NTVwizfh

>>368 日本が素直に国際司法裁判所の判決に従うから、中国も
>> 韓国も国際司法裁判所の判決に従ってくれよ

アンタすごいね、日本政府を動かせるんだ。
俺は日本国民の1億分の1だから、多数決に従わざるを得ないけど
あなたは日本政府の権化なのかな。

国際司法裁判所は国内の裁判所と異なり、強制力を持ちません。
だから判決が気に入らないからといって破っても、処罰できない

日本は一度だけ、竹島問題で韓国に司法裁判所を提案した事が
ありましたが、日韓協定が決まってからは二度と提案してません。
たぶん日韓協定でも沖縄返還協定と同じような秘密協定があると思える

398 名前: no name :2010/09/18(土) 11:56:14 ID:WTo8vCAs

>>390
>俺はこの行為に中国政府の怒りを感じてしまう

なにが「中国政府の怒り」だw
日本は恫喝すれば震え上がって言うことを聞くと舐められてんだよ
相手が日本じゃなくてアメリカだったら中国は同じことやるか?やるわけがない!

>テレビでは中国人の手前、過激な行動を中国政府がしてるかのように説明してるけど、これは世論操作による誤誘導だよ

どこがどう「誤誘導」なのか詳しく
まあ、中国キチガイの恵也に出来るわけもないがな

>1万人の観光客まで来なくなったけど、

政治と経済は別、そんな事も解らない連中に来て頂かなくても結構だ

>前原外務大臣じゃこの問題は過熱化せざるを得ないから、

中国には折れるとか譲歩するって考えがないから過熱するんだろうが、アホ
なんで、なんでもかんでも日本が一方的に折れなければならないんだよ

>貿易にも大影響が出そうだ

実際に小泉時代だって日中貿易は拡大の一途でした
そういう事は統計の一つも提示してから言うべきだろ
そもそも「政治と経済は別」という一般常識すら無い連中に日本製を買ってもらわなくても結構だし
日本製が買えなくなれば困るのは中国人だよ

>中国人船長を抑留してるけど、国家利益を考えれば早く返すべきだ

それで金正男やよど号ハイジャック犯を送り返した日本は世界の物笑いになったんだが
キチガイ恵也は「歴史に学ぶ」って本当にやらないねぇ

そもそも今回の問題は領海侵犯だけじゃなくて、停船命令を無視して海保の船に体当たりしたのが問題なんだよ
お前って、本当に体当たりされた日本人の側には同情しないな
そんなに中国が好きならさっさと中国に引っ越せよ!
それか全財産を中国様に献上して土下座でもすれば?
そんな事もやらない偽善者のくせに

>日本やアメリカの軍産複合体の計画なんだろうか、

証拠は?

>この事件は日本の利益にはまったくならん

問題を起こしたのは日本じゃなくて中国(台湾)だろ?考え違いすんじゃねーよキチガイ!

399 名前: no name :2010/09/18(土) 12:14:57 ID:WTo8vCAs

>>397
>アンタすごいね、日本政府を動かせるんだ

アンタすごいね、日本語が全く読めないんだ
どこにも「日本政府を動かせる」なんて書いてないよね?

>俺は日本国民の1億分の1だから、多数決に従わざるを得ないけど

だったら警察に自首して素直に裁きを受けなさいよ
マイクロソフトを違法コピーした 犯 罪 者

>あなたは日本政府の権化なのかな

どこにもそんな事書いてないから
国際司法裁判所の判決に従うからお前(中国・韓国)も従えと言ってるだけだろ

>国際司法裁判所は国内の裁判所と異なり強制力を持ちません

昔の話な
今は少しずつ権威だって付いてきてるよ
http://www.icj-cij.org/homepage/index.php
学者をバカにできるほど「英文法が得意」ならこの程度読めるよな?

>だから判決が気に入らないからといって破っても、処罰できない

世界中から信用を失うけどな
国際司法裁判所がそんなに無価値なら、なんで東チモールは独立できたんだよ、キチガイ恵也
50年前のインドの判決破りの時代とは比較にならないんだよ

とにかくお前みたいな売国奴って国際司法裁判所から逃げ回るねぇ
そんなに裁判に自信が無いのか?

400 名前: no name :2010/09/18(土) 12:42:42 ID:YD3xXpK+

>>397 俺は日本国民の1億分の1だから、多数決に従わざるを得ないけど

「中国国民の15億分の1」の間違いだろ?
お前が日本国民のはずがない
本当に日本国民なら少しぐらいは日本の主張に耳を傾けるもんな

お前の心の祖国は中国なんだろ?

401 名前: no name :2010/09/18(土) 15:05:42 ID:MzAmS4hA

>>390
話をそらすなよ、卑怯者のキチガイ恵也!

お前はかつて「共産党はメディアリテラシーの持ち主」と言ったよな?
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/55

その「メディアリテラシーの持ち主」の尖閣諸島に対する見解を出したら>>367で答えるって頭おかしいんじゃねーのか?
恵也の腐った脳みその中では
「共産党はメディアリテラシーの持ち主」と
「選挙目当ての民族主義者が事実をねじ曲げている」とが両立してんのか?

どんな状態だよw
キチガイの頭は意味不明だからさっさと死ねば?

402 名前: 恵也 :2010/09/18(土) 15:17:32 ID:YBpt3IbV

>>391 防共協定=軍事同盟ならなんで二回も締結する必要があるんだ?

有難う。
混同していた。訂正し出直します。

403 名前: 恵也 :2010/09/18(土) 20:22:59 ID:pNHNW+Tc

>>394 島津と書いてある以上、当時の琉球王は「尚寧」しか有り得ないんだけど

いろいろ調べてみると、どうも俺が読んだHPの著者の勘違いのようだ。
訂正させていただく。
下のHPの著者はチョッと信頼性がない、失礼しました!
http://www.vanyamaoka.com/senryaku/index212.html

404 名前: no name :2010/09/18(土) 20:50:00 ID:W4jeNs6Q

>>403
通常…と言っても自分の乏しい人生経験の中の乏しいネットサーフィンの経験から申し上げるが、
こういうサイトには掲示板なりメール欄なりがあるはずだが、このサイトにはそれすら無い
もしかしたら「15世紀」=1400年代に清王朝があって、「琉球王」が亡命していたのかも知れないがw
どのような根拠でこういう事を書いたのか管理人に質問すら出来ないんだが…

それと恵也はこの人の論文は読んだの?恵也の主張に真っ向から逆らう論文なんだけど?
末尾二行を引用する↓

>尖閣問題になると中国、台湾、日本、いずれも感情的になって、抗議やらデモやら繰り返しているが、いずれも不毛の論争に終わっている。
>尖閣諸島の所属がハッキリしているなら、日本はもっと強く主権を主張すべきでないか。
>李登輝氏が言うとおり、日本のものであるのは確実だから、キッパリと中国に抗議すべきである。
>日本政府の態度が煮え切らないから問題が長引いているのである

405 名前: 恵也 :2010/09/19(日) 08:23:37 ID:fj6h/svw

>>398 領海侵犯だけじゃなくて、停船命令を無視して海保の船
>> に体当たりしたのが問題なんだよ

この話は海保のいいわけだが、ビデオで判るのかね。
俺はむしろ海保が漁船を止めようとして、漁船の進路妨害をした
可能性が大きいと見てる。
衛星写真でも出てきたら面白いのだが、海保のビデオでは???

>>399 「英文法が得意」ならこの程度読めるよな?

遠慮させていただく。
英文法は出来ても、単語の記憶力に問題があり何度覚えても、覚え
たことは記憶にあっても意味を忘れてしまうのでドモならん。

辞書を片手にして読めば何とかなるけど、面倒くさくてとてもじゃ
ないけどヤットレン。中学生頃にはすごい記憶力があったけどあの
時にぜんぶ覚えておくんだった!

>>国際司法裁判所がそんなに無価値なら
無価値とは言ってないよ。
強制力が国際司法裁判所にないことから、たとえば中国から判決を
無視されたらマスマス国連の権威はなくなってしまう。

406 名前: 恵也 :2010/09/19(日) 09:21:52 ID:d/cN6JGS

>>404 恵也の主張に真っ向から逆らう論文

これは知ってたよ。
俺は結論は無視して内容さえ正しければ、後は個人の自己判断と見てる。
この著者のは、内容的にも間違いがあるようだ。

しかしこの際、沖縄の歴史を少し調べたが薩摩の影響がこれほど強い
とは思ってなかった。今のアメリカの日本への影響よりはるかに上だ。

盲従した従属政権になると、こんな目にあうというのがよく判ったよ。
今まで西郷隆盛が好きで、薩摩藩をヒイキしてたんだけどね。

407 名前: ちょっとしたゆとり :2010/09/19(日) 09:29:56 ID:pjVONUXO

>>405
>俺はむしろ海保が漁船を止めようとして、漁船の進路妨害をした
>可能性が大きいと見てる。

どちらにしても僚漁船が悪いのは悪いのは事実だよな

408 名前: no name :2010/09/19(日) 10:35:32 ID:gED+PzfG

>>405
恵也は何が問題なのか未だに理解してないのか

領海侵犯+違法操業+停船命令無視+公務執行妨害+巡視船破損

100%中国船が悪いんだよ!

第一この漁船が自分のやってる行動にそんなに自信があるなら逃げないよな?
尖閣諸島は「中国領」であって、日本が「不法占拠」してて、自分は正しい事をやってると主張するなら、海保が来ても堂々とするよ
捕まっても法廷闘争で堂々と尖閣諸島の領有権と日本政府の不法性を訴えるよ
それを停船命令を無視して慌てて逃げようとした事自体、中国の漁船が自分の正当性を信じてない証拠だ
まるで、マイクロソフトからの裁判が怖いからとトリップを消した誰かさんにそっくりだw

恵也や中国政府のキチガイ妄想を例えるならこういう事か↓

『警邏中のパトカーが盗難車輌を発見し停車を命じたにも関わらず、これを無視して逃走。
追跡するパトカー2台に相次いで車体をぶつける妨害行動を取った挙げ句に現行犯逮捕。』

これの一体何処が「問題」なのだろう?
恵也や中国政府の主張は正にこれに等しく、まともに聞いていては、こちらの頭がどうにかなる。そう言ったレベルなのである。
ましてや、「釣魚島は昔から中国の領土」と嘯いているが、支那が実際に領有権を主張しだしたのは、1968(昭和43)年に、
ECAFE(連合国アジア極東経済委員会)が発表した報告書『支那・東支那海と朝鮮海峡の海底地層と石油展望』の中で、
尖閣諸島周辺海域に石油を含む豊富な海底資源が埋蔵されている可能性が高いと報告されてからの事である。
更に、「日本の巡視船が周辺海域でいわゆる主権保護活動をしないよう要求する」共述べているが、
そんな事を日本がすれば、支那・台湾・ベトナム・フィリピン・マレーシア・ブルネイの6ヶ国がそれぞれに領有権を主張している
南沙諸島(英語名:スプラトリー諸島、日本名:新南群島)に於いて、フィリピンが管理下に置いていたミスチーフ礁を、
1995年、モンスーン期でフィリピン海軍が警備活動していない間隙を突いて占領、建造物を構築し実効支配してしまった事件と同様に、
「前科のある」支那海軍が上陸占領するであろう事は目に見えている。

409 名前: no name :2010/09/19(日) 10:41:42 ID:zJ2hhYUi

>たとえば中国から判決を無視されたらマスマス国連の権威はなくなってしまう

いいじゃん
元々権威なんて無いも同然なんだし(ソマリア・ボツワナ・イラクなどの内戦調停失敗など)
むしろそんな無駄な組織に大金を出してる日本の行動が責められるべきだな

410 名前: no name :2010/09/19(日) 11:05:58 ID:cVEERJYV

>>406
>俺は結論は無視して内容さえ正しければ後は個人の自己判断と見てる

「結論」が一番重要だろうが!アホか!

1、○○という説がある。
2、しかし「かくかくしかじか」の理由で○○なんて有り得ない。
3、結論としては○○なんて有り得ないので、もっと××すべきである。

こういう論文があったとするなら、普通の人間なら「3」を重要視するはずなんだが…
恵也は単なる物の喩えとして出されたに過ぎない「1」を重要視するのかw

>薩摩の影響がこれほど強いとは思ってなかった。

いや、そんなん常識ですけど…
琉歌・琉球舞踊・琉球空手・陶器…などなど、今に残る沖縄文化は薩摩の侵攻によって生まれた文化ですし
「侵略は何も産み出さない」なんて有り得ないんですよ
世界中の歴史を見たって

例えばインドが曲がりなりにも統一国家を維持できるのはイギリスの植民地支配があったからです
具体的には英語が普及したから、言語的にバラバラだったインドが統一出来たんですよ
今だって独立してから60年経っても、英語は公用語の1つですし
カレーライスも、イギリスの植民地支配があったから生まれたようなものです
イギリスがインドのスパイス料理をイギリス本国に輸入する→イギリス留学中の日本人が日本本国に輸入する
そういう経緯です

沖縄だってそれと同じことがあったんですよ

恵也の嫌いな小林よしのりが、沖縄論という漫画を書いてるから一度読んでみれば?
ブックオフとか行けば一冊ぐらいあるでしょ

全面的に正しいなんて言わないけど、琉球史を語る上での最低限の基礎知識は手に入るよ
小林とは思想的に相容れないはずの日本共産党の瀬長亀次郎を非常に賞賛してるし
むしろ小林の「同志」であるはずの「保守派」を激しく批判している本だよ

恵也も溜飲が下がるはずだよ

411 名前: no name :2010/09/19(日) 12:34:19 ID:jxZs4G4+

沖縄県知事らが尖閣諸島の標杭建設を再三要請したのは
沖縄県下で当時同諸島に漁業を試みるものがいたことが原因なんだけどね
領土編入の理由は日清戦争と関係がないんだよ。
引用大好きみたいだから、上申書等の公文書はわざわざやらなくても
確認できるよね。

あと台湾漁夫等が古来より漁業を試みていた事を示す資料があるなら
教えてくれよ、興味ある

412 名前: no name :2010/09/19(日) 12:49:59 ID:jxZs4G4+

>>353
傳雲竜「遊歴日本図経」において、尖閣諸島に関する記述で珍しい点は
ちずもさることながら、同書中に掲出している『島表』にある。
新風・資料ガイド5巻によると日本全国にある島名を集めて一覧表にしてあるそうだ
その表中に石垣〜与那国〜尖閣群〜低牙吾蘇と記されている。
日本の尖閣諸島領土編入以前、日清戦争以前、に中国の大臣が日本の島々だと
勘違いしてしまっていると言うお話だね。

413 名前: no name :2010/09/19(日) 12:51:32 ID:jxZs4G4+

アンカー間違た
>>353×
>>354

414 名前: 恵也 :2010/09/19(日) 17:17:51 ID:iaJ+Ukxg

>>129 明の文章は、ほとんど現代中国語に近いのだからYahoo!翻訳
>> なんかで中→日の翻訳をすれば大体の意味は訳してくれる

ぜひあなたには、中国のネットに入って中国人と議論して欲しいね。
特に尖閣諸島では、中国人には過激な思想の方が多いと思うぞ。

日本人の俺でさえ「日清戦争のドサクサに入れた」尖閣諸島には引け
目を感じてるのだから、罵詈雑言もすごいはず。

>>399 そんなに裁判に自信が無いのか?

個人である俺には裁判へ訴える決定権はない。あるのは国でしょう。
しかし尖閣諸島の帰属で「国際裁判をしたい」と意思表示をしてる
国はないよ。日本は解決済みという立場で裁判以前だ。

>>400 本当に日本国民なら少しぐらいは日本の主張に耳を傾けるもんな

俺は圧倒的に、日本の主張しかみてないよ。
日本語で書いてあるHPは日本外務省の言い訳のオンパレードだ。
中立的解説のHPは10%もないのじゃないかな。
それでも日本の主張には論理的に無理があると、俺は理解した。

>>404 李登輝氏が言うとおり、日本のものであるのは確実だから

俺は李登輝は台湾独立という目的から、日本と中国の対立を望んで
漁夫の利をえて目的達成をしたいの。

中国人としての自覚を持ってる人は、こんな思想にはなれないと思う。
日清戦争を朝鮮沖で、日本艦隊が清艦隊への奇襲攻撃して始めたの
が1894年7月。同年9月清艦隊大敗。同年11月旅順陥落。

尖閣諸島に閣議で沖縄県の標杭を打つ許可を出したのが1895年1月。
講和条約で台湾などを手に入れたのが、同年4月。

どう考えても戦争と無関係に、沖縄県に許可を出したとは思えない。
ドサクサにまぎれてコッソリと沖縄県領にしたから複雑化してしまった
終戦直後に台湾と一緒に台湾の付属諸島として戻すべきだった。

415 名前: RED ZONE :2010/09/19(日) 18:10:59 ID:3jR4/4aR

あ〜恵也ここにいた〜

416 名前: 恵也 :2010/09/19(日) 18:18:34 ID:KE8fgP+W

>>408 第一この漁船が自分のやってる行動にそんなに自信があるなら逃げないよな?

普通の漁船なら逃げるでしょう。
巡視艇に止められて、漁業が出来なければ金にはならない。
その間の漁業補償を巡視艇がしてくれるわけじゃないでしょう。

俺が漁船のオーナーなら、延縄や網を入れた状態で逃げれないなら
止まるけど、動いてる状態で停戦命令を受けても黙って逃げるよ。
金にならない対応はしない。
乗組員には給料を出さないといけないのだからな。

>> 捕まっても法廷闘争で堂々と
それはお金にならんから、船長は追いつめられてドモならん時には
やるよ。でも船長は、法廷闘争まで行かないでしょう。

その前に日本政府が帰すよ。さもないと中国の対応がエスカレート
して日本企業への許認可をしなかったり、政府関係がもっと悪化し
て貿易にまで影響してしまう。
尖閣諸島で中国漁船がデモ行進するかもな、巡視艇で対応できるかな

>>これの一体何処が「問題」なのだろう?
その例は、日本領土で日本のパトカーが強制力を持ってるからなの。
領有権の紛争地で、日本の巡視艇が強制力もなしに取り締まりは不可能
乗組員を帰し、船を返し、後は船長だけだろ。
後は何を日本は出来るのか考えなさい!

>>409 無駄な組織に大金を出してる日本の行動が責められるべきだな

いや、世界の長期的未来を見れば国連を強化して、今のアメリカの
行動を、もっと公平に平和的にして国連にさせるべきだ。
金も権威も与えるべきではあるけど…

>>410 1、○○という説がある。

最初は事実だよ。OOという事実がある。「かくかくしかじか」の
理由で××という説が考えられる。だからOOが一番大事。

417 名前: no name :2010/09/19(日) 19:15:19 ID:0sZ8puLz

>>414
>日本人の俺でさえ「日清戦争のドサクサに入れた」尖閣諸島には引け目を感じてるのだから、

お前が感じなくて良いものを勝手に「引け目」を感じてるだけだろ
日本政府の外務省や日本共産党ですら主張するように、尖閣諸島の領有と日清戦争には何の関係もない!

>罵詈雑言もすごいはず

事実を冷静に主張して罵詈雑言で返すなら、自分の主張に自信がない証拠だね
大声で恫喝して黙らせようとする態度が丸見えだ
言論の自由の無い共産党一党独裁の中国ならそれで済むんでしょうがね

>個人である俺には裁判へ訴える決定権はない。

中国の大使館や知り合いの中国人などにハーグへ行けと勧める事が出来るだろうが
言っとくが俺はそれをやってるぞ
俺がよく仕事帰りに立ち寄る中華料理屋には中国人の店長はじめバイトもたくさんいる
連中の暇な時を見計らって、自信があるつもりなら恫喝ではなくハーグに裁判起こせと大使館などに言ったら、と伝えている
まあ、彼ら日本留学中の中国人は中国政府を信用してないがねw

>あるのは国でしょう。
>しかし尖閣諸島の帰属で「国際裁判をしたい」と意思表示をしてる国はないよ。
>日本は解決済みという立場で裁判以前だ

当たり前だ
中国が裁判に訴えれば良いだろ?
まさか韓国を裁判に誘ってる国が、自分は裁判から逃げるなんて有り得ないしな

>それでも日本の主張には論理的に無理があると、俺は理解した

お前の頭の方が「論理的に無理がある」の間違いだろ
未だに尖閣諸島の領有と日清戦争には何の関係もないという事実すら理解できないしなw

418 名前: no name :2010/09/19(日) 19:40:08 ID:0sZ8puLz

>>414
>中国人としての自覚を持ってる人は、こんな思想にはなれないと思う

あのなぁ、キチガイ恵也…
台湾にはれっきとした中国人ではない「台湾人」が住んでるんだよ
お前はそういう台湾人の存在に罵詈雑言をぶつける気か?

そもそも自分が賞賛して嬉々として持ち出した人のくせに、都合が悪くなると罵詈雑言かw

沖縄の歴史も台湾の歴史もろくに知らない無知蒙昧のくせにいい加減にしやがれよ?
台湾には独自の台湾語(閩南語・ハーリー語)もある
たまたま蒋介石が台湾を利用して大陸に反撃しようとしていたからって、それで台湾人が死に絶えたわけがないだろ?
台湾は1683年以前は中国王朝の領土になった事がない
清王朝が領有してからも清はろくに台湾の面倒を見ないでほったらかしにしていたのだから台湾人には何の影響も与えていない
50年に及ぶ日本統治時代が台湾人に大きな影響をもたらし、その後の蒋介石軍のあまりの低レベルさに衝撃を受けたのが台湾人だ
蒋介石にくっついて逃げてきた者を除けば、「我々は中国人とは違う」と考えている台湾人は多いんだよ

>どう考えても戦争と無関係に、沖縄県に許可を出したとは思えない

それはお前がキチガイのアホウだから
1885年…日清戦争の10年前には調査を開始しているし、民間レベルでは30年近く前から尖閣諸島の調査と領有権主張は始まってる
日清戦争の10年も前には調査を開始していて、その調査結果が出たのが1894年だったというだけの話だ
キチガイに何度でも繰り返すがな、「悪魔の証明」と言ってな?無いことを証明するのはなかなか難しいんだよ
だから日本は慎重の上に慎重に調査を進めて10年もかかったんだよ
ショベルカーやダンプ、削岩機も無い時代に地質学的な調査はさぞかし大変だったろうねぇ

>ドサクサにまぎれてコッソリと沖縄県領にしたから複雑化してしまった

そんな事実はないから
日本共産党も言うように「尖閣諸島の領有と日清戦争には何の関係もない」で話はオシマイ
お前の頭がおかしいだけなんだよ

>終戦直後に台湾と一緒に台湾の付属諸島として戻すべきだった

バカじゃないの?蒋介石が領有権を主張すべきだったんだろ?

相変わらず恵也はキチガイのアホウですか…
少しは自分の無知を知って恥じ入ったかと思えば…

419 名前: no name :2010/09/19(日) 20:04:10 ID:0sZ8puLz

>>416
>巡視艇に止められて、漁業が出来なければ金にはならない。
>その間の漁業補償を巡視艇がしてくれるわけじゃないでしょう

裁判で自分の主張を認めさせれば?
裁判で国を訴えれば「和解」でも莫大な金が支払われるはずだが

>俺が漁船のオーナーなら、

安心しろ
お前みたいなキチガイは「素人レベル」で逃げ出すのが関の山だ
オーナーになんかなれるわけねーよ
なった事も無いくせに勝手な妄想を垂れ流すのは、恵也に言わせれば「世間知らずの愚か者」のやる事だったよな?

>延縄や網を入れた状態で逃げれないなら止まるけど、動いてる状態で停戦命令を受けても黙って逃げるよ

つまり、自分の行動に自信がないんだなwww

>金にならない対応はしない

裁判に勝てば金になるだろ

>乗組員には給料を出さないといけないのだからな

つまり、裁判に訴えても「勝てない」と恵也も認めるわけかwww
台湾の領海でやるか、日本政府と交渉して漁業権を得てからやれよ
それなら何の文句もねーよ

お前だってマグロ漁船時代にオーストラリアに行ったらしいが、無断で違法に操業していたのか?
ちゃんとオーストラリア政府なり近海の諸国の許可を得た上で操業していたはずだろ

>それはお金にならんから、船長は追いつめられてドモならん時にはやるよ。
>でも船長は、法廷闘争まで行かないでしょう

自信がないからね

>その前に日本政府が帰すよ。

日本は弱腰だからね

>尖閣諸島で中国漁船がデモ行進するかもな、巡視艇で対応できるかな

海上自衛隊だって動くし、アメリカだって安保に則って動くよ
オバマが再確認していたけど、尖閣諸島も「日米安保の範囲内」だから

>領有権の紛争地で、

そう思ってるのは世界中で中国だけだ
インドの首相やフィリピンの首相などは中国の領海侵犯とその行動を非難してるから
彼らにとっては「明日は我が身」だしな


>日本の巡視艇が強制力もなしに取り締まりは不可能

キチガイは物事の順序が解ってないねぇ
強制力があるから「取り締まり」が出来るんだよ

>乗組員を帰し、船を返し、後は船長だけだろ

当たり前だろ
停船命令無視のジグザグ航行や、海保の船への体当たりは船長の責任だろうが

万一海保の船が大破してたり、中の乗組員が怪我したらどうするつもりだったんだ

420 名前: no name :2010/09/19(日) 20:10:38 ID:0sZ8puLz

>>416
>いや、世界の長期的未来を見れば国連を強化して、今のアメリカの行動を、もっと公平に平和的にして国連にさせるべきだ

無理です
そういう事はソマリアやイラクの内戦を止めてみてから言えよ、役たたず

アナンみたいに汚職するしか能が無いくせに

>だからOOが一番大事

お前、国語の試験は零点ばっかだったろ?w
「この文章は何を伝えたいのか?」これが解らない奴には国語の試験は解けないもんな

421 名前: no name :2010/09/19(日) 20:17:26 ID:xmVSNwGa

>>416
ねぇねぇ、恵也は「人道主義」とか「博愛」とか言ってなかった?
テロリストやゲリラにすら人道や博愛を説く野郎が、日本の巡視船の乗組員には一切人道も博愛も認めないとかどういうこと?

恵也の言う人道や博愛って、日本軍とか日本の海保乗組員は含まないものなんだ〜

そんなに中国人が大事なら、さっさと中国に行って帰化しなさいよ
文字通り売国奴の非国民

422 名前: 恵也 :2010/09/19(日) 21:07:03 ID:3ccKYd2N

今日のPM9時から邪馬台国の決着は付くかなんてテレビがあるが
たぶん近畿説の学者先生の話だろう。

確かに邪馬台国時代に、近畿に文明が存在しなかったはずがない。
しかしその文明を時代が同じだから「邪馬台国だ」なんて子供の論理だよ

問題は当時の「大陸からの文物が発見」されるかどうかなんだけどね。
魏の時代の鏡が出てくるとか、漢や魏、晋の金印が出てくればともかく
銅鐸文明の形跡や中国で出土しない三角縁神獣鏡じゃ話にならん。
京都大学はバカばっかりだ!
アカンNHKスペシャル変更になった!!!!

――――引用開始――――
(3)三角縁神獣鏡は、卑弥呼の活躍した3世紀の古墳からは出土せ
ず、そのほとんどは4世紀〜5世紀に築造された古墳の出土品である。

(4)後漢・三国時代の鏡では径が18cmを超えるものはないが、
三角縁神獣鏡はあるかに大きく、その径は22cm〜25cmにも達する。

このため、考古学者の森浩一氏や産能大学の元教授・安本美典氏、
宮崎公立大学の元教授・奥野正男氏などは、三角縁神獣鏡をもって
邪馬台国は畿内と主張するのは不自然であり、この鏡は中国から輸
入された鏡ではなく、わが国で作られた鏡であろう、と主張している。
(三角縁神獣鏡に抱く個人的な疑問 より)

423 名前: no name :2010/09/19(日) 21:33:33 ID:WcJcTPch

>>422
それを言うなら、お前の宮崎説だって物的証拠は皆無のはずだがw
魏志倭人伝の手前勝手な解釈だけだろ?
魏志倭人伝に少しでも間違いがあれば脆くも崩壊する説のくせに

>京都大学はバカばっかりだ

そういう事は京大並みか上回る大学に入学してから言えよ
中卒のひがみ乙w

424 名前: no name :2010/09/19(日) 22:15:35 ID:jxZs4G4+

>>414
沖縄県知事らが尖閣諸島の標杭建設を再三要請したのは
沖縄県下で当時同諸島に漁業を試みるものがいたことが原因なんだけどね
領土編入の理由は日清戦争と関係がないんだよ。
引用大好きみたいだから、上申書等の公文書はわざわざやらなくても
確認できるよね。

あと台湾漁夫等が古来より漁業を試みていた事を示す資料があるなら
教えてくれよ、興味ある

>どう考えても戦争と無関係に、沖縄県に許可を出したとは思えない。
明らかに無関係ではないね、当時の明治政府の態度は今で言う親中派にしか見えない。
1885年、1890年、1893年、1894年、と再三の沖縄県の要請を握り潰してまで
清国に配慮している。
が、日清戦勝が確実になる事で、清国への配慮が不要になったんじゃないのかな。
>終戦直後に台湾と一緒に台湾の付属諸島として戻すべきだった。
沖縄県が出した上申書の経緯を見れば1895年の領土編入以前から
当時の漁夫が尖閣諸島に進出して漁業を営んでいた事がわかる。裏付けを示す資料もある。
>>412の傳雲竜「遊歴日本図経」に見られるように、台湾の付属島嶼ではなく日本の島々として
一部では認識されていたと思われる。
要するに、台湾の付属島嶼という認識はなかったんだよ。下関条約に記される筈もない。

425 名前: no name :2010/09/19(日) 23:07:09 ID:V8KlFpRb

>>424に同意
恵也は日本共産党ですら理解している事も理解できない売国奴

中国が台湾を領有をする(1683年)前に、日本=琉球はとっくに尖閣諸島の航路を開拓している
明の冊封使や中国の船乗りは、琉球王朝の先導が無ければ琉球にたどり着けなかった
当然台湾も支配していない

台湾も支配してないのに、なんで中国から見て台湾より先の尖閣諸島だけは中国が支配していたと思えるのやら
そもそも明の使者は尖閣諸島を見て琉球人に聞いてようやく認識したぐらいだ

島の存在すら知らなかったくせに、何が「明の海上国防圏」かw
笑わせるのもいい加減にしろ、中国の回し者のキチガイ恵也

おまけに、日清戦争前に日本を訪問した傳雲竜は「琉球諸島の一つ」として尖閣諸島を紹介し疑問にも思っていない
清の外務省(総理衙門)に提出された公式の報告書だ

恵也は頭が悪すぎ

426 名前: 恵也 :2010/09/19(日) 23:32:24 ID:emv0OLXs

>>417 中国の大使館や知り合いの中国人などにハーグへ行けと
>> 勧める事が出来るだろうが 言っとくが俺はそれをやってるぞ

アンタがそれが役に立つと思うのなら、ドンドンやったらいい。
しかし俺は、そう思わんからやる気はない。

国際裁判で白黒を決めると負けたほうに憎しみが残るので、尖閣
周辺の共同開発というグレーで解決して欲しいものだ。

今回の衝突で、共同開発委員会が無期延期になってしまった。
共同開発を妨害したがってる連中の謀略かな…・

――――引用開始――――
トンキン湾事件
1964/8 CIAはトンキン湾で、北ベトナム軍に、アメリカの駆逐艦
マードックスが攻撃を受けたという偽装工作を展開した。
ジョンソン大統領はこれを口実に、ベトナムへの兵力を増強し、
北ベトナムを空爆を開始した。

ジョンソン大統領(当時)「アメリカの駆逐艦マードックスがトンキ
ン湾で攻撃されました。公海上の意図的な攻撃です。いわれのない
攻撃です。」と演説。
http://atfox.hp.infoseek.co.jp/xfile/cia/cia01.htm

>>412 日清戦争以前に中国の大臣が日本の島々だと勘違いして

日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ。
清の大臣って、そんなに暇があったのかね。

一応、清の皇帝まで見せたのだから、駐日本大使館の暇な雑役役か
山本五十六みたいな、留学生かな。暇な若者じゃなければ出来ん仕事。

そんな暇な人間が日本の地理を調べようとしたら、日本の図書館で
あらゆる地図を取り寄せて、日本を調査記録するもの。
決して清の地図で「日本図経」なんて調べれるものじゃないぞ。

>>411 当時同諸島に漁業を試みるものがいたことが原因なんだけどね

申請した古賀辰四郎は、海鳥の羽毛と海産物の採取が目的です。
後には鰹節工場まで作ったというから、産業振興が目的というべき

427 名前: no name :2010/09/19(日) 23:50:04 ID:jxZs4G4+

>>426
当時日本の地図に記載されていたかは知らないよ

あなたが言うように、あらゆる地図を取り寄せて日本の島々と報告書に明記したのなら
領土編入以前から、尖閣諸島は日本の島々と認識されていたことになるね。
それなのに清国に配慮して、中国名もついているから、国境付近に位置する島々だからと
沖縄県の上申を握り潰していたのが明治政府。
>>411
古賀の申請(1894,1895)以前から、尖閣諸島には漁夫が集団で渡島しているよ。
知らないようだから、今度まとめて書き込もうか

428 名前: no name :2010/09/20(月) 00:01:27 ID:selZ3VrE

>>426
>国際裁判で白黒を決めると負けたほうに憎しみが残るので、

普通の国なら有り得ません
公正な裁判で「中国領」と定められたなら俺は従うよ
まあ、絶対にそんな事有り得ないけどね

>尖閣周辺の共同開発というグレーで解決して欲しいものだ

なんで権利が無い奴にわざわざ権利を分け与えねばならんの?
お前、馬鹿じゃないの?

>今回の衝突で、共同開発委員会が無期延期になってしまった

事件があろうが無かろうが、中国は信用できないからやる時はやるよ
毒餃子事件の時散々日本に責任転嫁したくせに、最近になって手のひら返して毒餃子メーカーを批判しただろうが
日本には一向に謝罪しなかったが

1995年にフィリピンの南沙諸島を侵略した件についてはどうしたんだ?
中国はこういう国なんだよ


>共同開発を妨害したがってる連中の謀略かな…・

中国の謀略だろうねw
世界中で一番共同開発したがらないのは、何を隠そう中華人民共和国だから

>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ

バカすぎw
お前の広辞苑って脳内ソースなのか?

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E9%81%8A%E6%AD%B4&dtype=0

「遊学」に「遊ぶ」という意味がないのと同じく、「遊歴」には遊ぶという意味は無い

>清の大臣って、そんなに暇があったのかね

傳雲竜は「大臣」じゃないんだけど

>決して清の地図で「日本図経」なんて調べれるものじゃないぞ

だから何だよ?
傳雲竜には調べられないが、お前のキチガイ妄想なら調べられるとでも思ってんのか?

429 名前: no name :2010/09/20(月) 00:17:07 ID:KReLY+wt

>>426 遊歴もわからないキチガイが京大をバカにしてんじゃねーよwwwwwwwwwww

430 名前: no name :2010/09/20(月) 00:30:38 ID:ufoMgQBF

>>426
>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2d/95/0fcf9c4645ec307f6b44948ef9f8cd98.jpg

431 名前: 恵也 :2010/09/20(月) 08:23:09 ID:KZ22y4hr

>>424 あと台湾漁夫等が古来より漁業を試みていた事を示す資料

俺のネット環境は最悪で、電話回線しか使えない。
先日NTTから電話があり光ファイバーで加入するかの連絡があり
喜んで頼むといったら、2時間くらいして俺の住所は圏外でダメとなった

俺が出してる多くの資料は、俺のパソコンで蓄えてる資料で電話回線
で検索すると遅くて金がかかって仕方がない。
ご自分で「台湾 尖閣 漁業 紛争 申請」とかいれて検索してくれ。

>>425 琉球王朝の先導が無ければ琉球にたどり着けなかった

針小棒大な暴論。
明の時代にはアフリカにまで大艦隊を派遣するだけの技術を持っていた
針みたいな書物の極小文章を拡大してもね。

琉球王朝はこの後、海運力がなくなり、外国の船にばかり頼るよう
になり薩摩から博多商人の船も妨害を受けるようになら、薩摩の支
配下になってしまいました。

>>傳雲竜は「琉球諸島の一つ」として尖閣諸島を紹介し疑問にも思っていない

傳雲竜のソースは日本の図書だろ。
日本はこの頃には全土の正確な地図を持ってたはずで、清は外国
の地図は持ってない。

むしろこの当時の清の地図を検索すべきなんだよ。
清から中華民国に変る時に、清の国内で戦乱がおき政府の地図など
被害を受けたはずだが、それが残っていれば面白いのだがね。

432 名前: 恵也 :2010/09/20(月) 08:57:26 ID:e/9Vrv/r

>>427 領土編入以前から、尖閣諸島は日本の島々と認識されていたことになるね。

あなたは日本の無人島をどれだけ知ってるかね。
まったくニュースにもならない、一文の金にもならない島の名前を
普通の人は関心もないし、調べようともしないでしょう。

尖閣諸島なんて、戦前の中国人や日本人で認識してた人はほとんどゼロ
ただ日本の資料に日本領土と記載があった証拠にはなるでしょう。

>>世界中で一番共同開発したがらないのは、何を隠そう中華人民共和国だから

俺はそうは思わない。
現在中国がガス田を掘って、運営してるけどこれは尖閣諸島が日本
領と計算した時の、中国領土内だ。
これは遠慮しながら、共同開発の芽を残しての苦渋の選択。

ネットではストローで日本のガスを吸い取ってるという罵詈雑言が
あるけど、共同開発を希望してる証拠だと俺は見てる。
上海までの海底パイプラインは完成してるのだから、後は共同開発は
ずいぶん割安で作れると思うよ。

433 名前: no name :2010/09/20(月) 09:23:38 ID:w34v38k4

>>431
>明の時代にはアフリカにまで大艦隊を派遣するだけの技術を持っていた

だから何だよ
明は二度と艦隊を派遣してないが?

そもそも明は 台 湾 す ら 領 有 し て な い んだっての

>針みたいな書物の極小文章を拡大してもね

その「針みたいな書物」を先に出したのはキチガイ恵也だがwww(>>380)
都合が悪くなると自分の持ち出した根拠ですら「針みたいな書物」扱いかw
無責任な口から出任せの嘘つき野郎が!

>琉球王朝はこの後、海運力がなくなり、外国の船にばかり頼るようになり薩摩から博多商人の船も妨害を受けるようになら、
>薩摩の支配下になってしまいました

ハイハイ証拠出しな
キチガイの妄想だろ?

「海運力がなくなり、外国の船にばかり頼るようになり」

これを証明しろよ! 嘘 つ き 恵 也

>日本はこの頃には全土の正確な地図を持ってたはずで、清は外国の地図は持ってない

ハァ?w
李氏朝鮮ですら15世紀の世界地図が(不正確だが)存在するのに、中国には19世紀末になっても世界地図が無かったってかw
http://yamatai.cside.com/tousennsetu/image/konitu.png

キチガイ恵也って中国をバカにしたいのか?

434 名前: no name :2010/09/20(月) 09:39:04 ID:AWeu3DBr

>>432
>尖閣諸島なんて、戦前の中国人や日本人で認識してた人はほとんどゼロ

証拠出せっての!
日本は1940年まで尖閣諸島の開発を続けていたわけだが

そもそも「認識」が有ったから1885年に調査を開始し(民間レベルではもっと早い)、1895年には調査結果を踏まえて併合出来たんだろ?

>これは遠慮しながら、共同開発の芽を残しての苦渋の選択

違うね
中国も自分の主張には客観的正当性が無いことを知ってんだよ
だから日中中間線の向こう側に逃げてんだよ

>ネットではストローで日本のガスを吸い取ってるという罵詈雑言があるけど

お前、「大陸棚」って知ってる?
「遊歴」程度の意味も分からないバカだから知らないよね?

何が罵詈雑言だよ

中国様に都合が悪い発言は「罵詈雑言」、中国様に都合が良い人物は文化大革命や毛沢東を賛美するようなアカでも採用する
キチガイ恵也には「中立的視点」なんてカケラも無いんだな

>後は共同開発はずいぶん割安で作れると思うよ

やる必要がない
日本も単独でやるだけの話だ

そもそも自国でエネルギーをまかなえない中国が、日本に融通するはずもない

中国と結んだ国際条約はほとんど必ず破られる

これが「歴史に学ぶ」って事なんだよ

435 名前: no name :2010/09/20(月) 09:50:19 ID:motjI3Km

遊歴についてはどうしたのかしら?w
広辞苑には「遊んで通りすぎる」なんて書いてあるのかしら?

>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ
>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ
>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ
>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ
>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ
>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ
>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ
>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ
>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ
>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ

436 名前: no name :2010/09/20(月) 15:43:22 ID:6j0ii81P

>>435
ただでさえ広告がうざいんだ、無駄な行を使わんでくれるか

437 名前: no name :2010/09/20(月) 18:05:31 ID:+VHG+TVa

>>恵也
http://file.aorigazo.blog.shinobi.jp/Img/1199876595?r=1&guid=ON

438 名前: 恵也 :2010/09/20(月) 22:55:01 ID:Yd/oelb/

>>428 公正な裁判で「中国領」と定められたなら俺は従うよ

公正な裁判なんて空論。
国際法とはもともと、世界を欧米人の武力で占領し、その支配権を
混乱なく分けるための法理で、公正な国際法なんて元々ないの。

――――引用開始――――
ヨーロッパのある絶対君主は理不尽な侵略戦争を始めるとき、国際法
を心配した側近にむかってこのようなことをいったそうです。
 「余の行為を、国際法学者が正当化してくれるだろう」

国際法といっても、条約の有効性に関するかぎり、その実体は20世紀半
ばまで規定法はなく、単なる「国際慣習」に過ぎないわけですが、その慣習も
いってみれば帝国主義国家間の暗黙の申し合わせであり、「狼たちの談合」で
あったわけです(注1)。
そのような狼たちの慣習なので、たとえ「ひとかけらの正当性もない不当
な」保護条約であっても、それを正当化しようと思えば、国際法学者が専門知
識をふりかざして「違法とはいえない」と強弁するのは簡単かもしれません。
http://www.han.org/a/half-moon/hm056.html

439 名前: 恵也 :2010/09/20(月) 22:57:36 ID:TEuknw+i

>>428 権利が無い奴にわざわざ権利を分け与えねばならんの?

権利があるから問題なの。
日本が尖閣諸島を日本領土とした時に、小笠原の時みたいに世界に向
かって公表してれば、こんな事にはならないけど内緒でやってるからね。

歴史的には中国領。
しかし70年ほど日本と米軍の施政下に尖閣諸島が存在していた
という実績は、日本にとっては強い。
結論的には、軍事力・経済力・政治力で帰属は決まってしまうもの。

440 名前: no name :2010/09/20(月) 23:02:18 ID:8DEk0EdJ

>>433
こいつうぜーな
なんかジャイアンが引きこもりになったみたいだなw

441 名前: no name :2010/09/20(月) 23:06:59 ID:95aKX6fH

>>438
やれやれ、このキチガイは今度は国際法を批判し出したかw

このキチガイが戦前の日本軍や、イラク戦争のアメリカ軍を批判することが出来るのも国際法が存在するからなんだがw
国際法=無価値なら、このキチガイが批判に使える武器が消滅するんだが

このキチガイは、そんな無価値な物がなんで世界中に広がって受け入れられたかさっぱり解ってない
大方「大英帝国や戦後はアメリカが力づくで押し付けた」とでも思ってやがるのだろう

そして「証拠」として持ち出すのが 在 日 の半月城か…
文革や毛沢東の賛美論者といい、在日といい、恵也の持ち出すのってこんなのばっか

442 名前: no name :2010/09/20(月) 23:12:11 ID:itDIWrOW

>>440
そういうお前は、一年前から粘着してるキチガイネトウヨ連呼厨にそっくりだw

443 名前: no name :2010/09/20(月) 23:23:56 ID:D4SliaiW

>>439
>日本が尖閣諸島を日本領土とした時に、小笠原の時みたいに世界に向かって公表してれば、こんな事にはならないけど内緒でやってるからね

小笠原と尖閣は「状況が違う」と何度も指摘されてるだろうが、キチガイのアホ!
小笠原諸島はアメリカが石炭貯蔵庫を築いたりイギリスが植民地化を狙っていた地域
尖閣諸島には、差し迫って植民地化を狙っていた国などは無かった(放っておけば外国に「先占」されただろうが)

まるで状況が異なるのに、なぜ同列で語れるのか?

>歴史的には中国領。

証拠出せよ、嘘つきが
一度たりとも領有した事なんて無かったくせに
琉球人に尋ねるまで島の存在そのものも知らなかったくせに
日清戦争前に日本に来た使者が「琉球諸島の一つ」として紹介したぐらいのくせに

キチガイ恵也は完全論破された妄想をいつまで振りかざせば気が済むんだ?
論争相手がお前の詭弁や嘘に愛想を尽かして立ち去るまでか?

444 名前: no name :2010/09/20(月) 23:49:21 ID:OOKJHOBd

>>439 歴史的には中国領
ハイハイw
その証拠はまだかね?

「歴史的に」、一体いつ尖閣諸島を中国が領有したんだね?
何の証拠もないくせにw

445 名前: no name :2010/09/21(火) 00:00:35 ID:5HRaVJ5H

http://mainichi.jp/select/world/news/20100818ddm001030020000c.html

いけないなぁ
売国奴の恵也は「沖縄は中国領」と主張しなさいよ
中国様は尖閣諸島だけで諦める気は毛頭無いそうですが
お前のやってることは中国様のご意向に逆らうことだからw

それにしても「沖縄は中国領」の屁理屈って、「かつて中国王朝に朝貢した国々は全て中国領」って意味だろ?
だったら朝鮮半島もベトナムも日本も「中国領」とか言い出せるよな〜

さっさとキチガイの売国奴恵也はそれを主張しろよ!
「邪馬台国が魏王朝に朝貢していたから日本は中国領」だとな!

446 名前: no name :2010/09/21(火) 00:46:25 ID:B06/NAMa

つまり仮に中国が19世紀のうちに10年かけて尖閣諸島を調査して、
どこの国にも属していない事を確認した上で上で領有権を主張して、
尖閣諸島が国際的に中国の領土と認められていたとしても、
日本が後から解った豊富な海底資源目当てにいけしゃあしゃあと
領有権を主張し、中国の巡視船に漁船をぶつけてても、
恵也は「歴史的には日本領」と主張してくれる訳だ。

だったら日本は尖閣諸島を調査したり領有したりせずに放置し、
海底資源が見付かってから後出しで領有権を主張すればよかったな。
少なくとも、恵也の脳内では。

こう言ってもどうせ「中国が尖閣諸島を所有した歴史的事実を無視するな」
とか何とか言うんだろうが、お前自身が証拠を出せないような
「歴史的には中国領」なんざ単なる論外の妄想だ。
存在しない歴史的事実は採用する事も無視する事も出来ないね。

いい加減お前は「平均寿命」「具備」「遊歴」程度の日本語すら
ろくに分かっていない程度の人間だと理解しろよ。

動画作成のためにスレを離れていたんだが、
結局「ジンギスカンは虐殺者じゃない」は、
尖閣諸島問題を踏み台にしてまた逃げっ放しか。

447 名前: no name :2010/09/21(火) 01:04:20 ID:IibbMSMt

>>438
>国際法といっても、条約の有効性に関するかぎり、その実体は20世紀半ばまで規定法はなく、

このバカは、トルデシリャス条約やウェストファリア条約も知らないらしい
17世紀には既に国際法の「規定法」はあるのにそんな事も知らない
坂本龍馬をはじめ幕末の志士たちがむさぼり読んだ「万国公報」も知らないらしい
戦時国際法のハーグ陸戦法規は1907年には締結されてるわけだが、それすら知らないようだ
何が「20世紀半ばまで規定法がない」だwww

>単なる「国際慣習」に過ぎないわけですが、

なんでそんなつまらん「〜に過ぎない」と言ってのけられる物が「国際慣習」にまでなったのかすら幼稚な頭には理解できないらしい

>そのような狼たちの慣習なので(中略)と強弁するのは簡単かもしれません

「狼たち」が勝手に作った国際法ならば、この半月城はさっさと日本から出ていけば?
自分自身「在日韓国人」として、「狼たちの」国際法に保護されてるご身分のくせにw
今さら説明するのもバカらしいが、在日という存在自体「日韓合併条約」という国際法に端を発するものだ
そして韓国は「ポツダム宣言」と「サンフランシスコ平和条約」という国際法によって独立が認められた
その時、「日本から切り離されたとはいえ、元は同じ日本人だから」という理由で与えられたのが「在日」という身分だ

自分自身、日韓合併条約の恩恵を受けてるくせによくこんな屁理屈を垂れられるものだw

448 名前: no name :2010/09/21(火) 01:27:33 ID:TBWw3Yl8

矛盾?分裂病?↓

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/55
>共産党支持者なんてむかしから、日本ではメディアテラシーの持ち主だろ

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-04-01/20040401_faq.html
>一八八五年(明治十八年)以降、日本政府は再三にわたり現地調査し、
>これが無人島であるだけでなく、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを確認の上
>一八九五年一月十四日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行ない、日本の領土に編入しました。
>その後、日本人が居住して、かつお節工場がつくられるなど、日本が実質的に支配してきました。
>この時期が日清戦争(一八九四年八月〜九五年四月)と重なっていたことから、中国は、日本が戦争に乗じて尖閣諸島を不当に奪ったと主張しています。
>しかし、尖閣諸島の編入は不当な領土拡張ではなく、日清戦争とはまったく無関係です。
>日清戦争終結のための日清講和条約(一八九五年四月)は、台湾・澎湖諸島の日本割譲を決めました。
>これが日本側の不当な領土拡張であることは明らかですが、このなかに尖閣諸島は入っていません。
>交渉過程でも尖閣諸島の帰属問題はとりあげられませんでした。
>この事実から、尖閣諸島の領有権が日本にあることは明らかですが、一九七一年以後、中国も領有権を主張しています。

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/367n
>この原因は、選挙目当ての民族主義のせいなのだろう。

449 名前: no name :2010/09/21(火) 01:31:48 ID:8dPHs2VK

捕まりさえしなきゃ何やったっていい
恵也と中国人のメンタリティは同一だな

509 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿 日: 2008/11/09(日) 19:32:20 ?2BP(0)
>>505
>恵也がエクセルなんてソフトをちゃんと使える訳がないじゃないか

これでも友人にソフトを借りて、俺のパソコンにもエクセルを入れてるよ

870 名前: 恵也 投稿日: 2008/11/ 14(金) 11:55:58 ?2BP(0)
>>856
>どうしてトリップ無くなったの?

どんな状況になっても、裁判で勝つための選択肢を増やしたいから
裁判は勝たなきゃ正義にならん
俺は過激な言葉を平気で使うけど、用心深い性格でね

121 : 恵也:2008/11/22(土) 11:06:30 ? 2BP(0)
>>117
>やましい事があるからトリップを消して書き込んでいる
>自分が正しいと思ったらそんな事しないよな

単細胞!
人間は不必要な揉め事には、近づかない本能がある
降りかかった火の粉は払うのに全力を尽くすけど、火の粉の下に無理して入るバカはいないよ
あんたはバカの仲間だ!

405 名前: 恵也 : 2010/07/20(火) 12:00:12 ID:3xAYO0Pu
>>394 裁判が怖いからってトリップ消してんじゃねーよ

すべてマイクロソフトさんに証明してもらおうと思ってね
細々した証明義務は裁判に訴えた原告の方にあるんだよ

510 名前: 恵也 : 2010/07/24(土) 11:34:56 ID:PSpNBfFg
>俺も韓流の映画はDVDコピーでよく見てるが、キモウヨさんにはDVDコピーを貸してくれる友人さえいないのじゃないかな

54 名前: 恵也 : 2010/07/29(木) 10:31:55 ID:aDBe0e1+
>録画したDVDを友人から借りて、タダで見させてもらったことは10回以上はある。
>しかしそれだと、好みの韓流映画が見れない。
>今は「明成皇后」という閔妃暗殺をテレビ映画化したのを、1巻140円で借りてみてる

450 名前: no name :2010/09/21(火) 01:39:13 ID:QY8s2Lf+

もう分かった分かった恵也
ジンギスカンを見習って、漁船の乗組員や抗議船の乗組員を皆殺しにすれば良いんだろ?
ついでに中国人も皆殺しにすればなおよしだよな
そうじゃないと「本物の軍隊で、権力機構がしっかりして」いないから征服なんて不可能だもんね


http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/480n
480 名前: 恵也 : 2010/08/15(日) 14:46:46 ID:glXibNDz
>>466 戦争は軍隊が終わらせると思ってる低能恵也w

戦争を始めるのも、終わらせるのも軍隊が最大の要。
ジンギスカンがあれだけの人口で、世界を占領した

これは軍隊が本物の軍隊で、権力機構がしっかりしていて占領地の人心を掴めたからなんだよ

451 名前: no name :2010/09/21(火) 03:33:37 ID:zM75Oda+

ところで、恵也は自分の住所や本名等の個人情報を晒された事についてどう思ってる?
必要とあれば晒される事も許すし、その事を非難したりしないの?

平たく言えば、恵也は他人に自分の個人情報を晒される事を認め許可するの?

返答が無いなら「認め許可する」ものとさせてもらうけど、是非恵也の意見を聞いてみたいな

452 名前: 恵也 :2010/09/21(火) 07:18:27 ID:BPV+Sc55

>>434 中国と結んだ国際条約はほとんど必ず破られる

どこの国でも国際条約というものは、都合が悪くなったら破るもの。
日ソ不可侵条約も、ソ連とドイツが戦争しだしたら関特演という軍事
演習を満州で行い日本が攻め込む振りをし、終戦直前にはソ連が日本
に実際に攻め込んでしまった。

「中国」が破るというのじゃなく「国際条約」とはそんな物なんだよ
利害関係が一致してる間しか信用は出来ないもので、環境が変れば
対応が変化するのは当たり前!

国内であれば政府の強制力で、ナカナカ破れないような法が実行で
きるが国際社会では世界政府が存在せず、軍事的強制力がない。

今回の巡視船による漁船逮捕は、尖閣諸島の環境を変えたことに
なるかも知れん。
尖閣を棚上げして田中角栄が結んだ日中友好条約、激変するかも・・

>>日本は1940年まで尖閣諸島の開発を続けて
「日本」という国家じゃなくて、個人がカツオ節工場をやっていた
が他所との競争に負け撤退したということ。あなたは大袈裟だ。

>>435 遊歴についてはどうしたのかしら?w

遊んで通り過ぎるで良いと思うがね。
広辞苑では「諸国を巡ること」になってるが気楽な旅をすることだろう

453 名前: 恵也 :2010/09/21(火) 09:25:11 ID:+u7sJmo5

>>441 イラク戦争のアメリカ軍を批判することが出来るのも
>> 国際法が存在するからなんだがw

間違い!
国際法や憲法、法律が作られる前の、法がよって立つ思想があるの。
その思想から批判は生じるもので、そんな実定法が根拠じゃないの。

実定法と自然法の違いが判らんかね。
一番人間の思想に影響があるのは自然法なんだよ。
自然法に逆らってる実定法は、変更されていくもの。

>>国際法=無価値なら、このキチガイが批判に使える武器が消滅する
無価値とは言ってない。それなりの価値や効果はある。

454 名前: 恵也 :2010/09/21(火) 09:27:34 ID:aiFErNqJ

>>443 小笠原諸島はアメリカが石炭貯蔵庫を築いたりイギリスが植民地化を狙っていた地域

日本が小笠原領土宣言を通告したのは、12カ国なんだよ。
あらゆる可能性を考えて、通告するのは常識だろ。

とくに中国や朝鮮など周りの国に、通告もしないで領土宣言しても
それはオナニーみたいなもの。特に日清戦争という時代で経度や緯度
など共通のモノサシが出来てる時代に、国内だけで宣言しても屁みたいなものだ。

>>琉球人に尋ねるまで島の存在そのものも知らなかったくせに

逆だよ。
日本が尖閣列島の名前をつけたのは1900年だぜ。

――――引用開始――――
私は、いわゆる「尖閣列島」のどの一つの島も、一度も琉球領で
あったことはないことを確認できた。のみならず、それらの島は、
元来は中国領であったらしいこともわかった。

ここを日本が領有したのは、一八九五年、日清戦争で日本が勝利し
たさいのことであり、ここが日本で「尖閣列島」とよばれるように
なったのは、なんと、一九〇〇年(明治三十三年)、沖縄県師範学校
教諭黒岩恒の命名によるものであることを知った。
(なぜ釣魚諸島問題を再論するか より)

455 名前: 恵也 :2010/09/21(火) 09:28:41 ID:l63wltZS

>>446 10年かけて尖閣諸島を調査して、

この表現が間違いなの、相手にも自分にも誤解を与える。
内務省が尖閣諸島を沖縄県知事に調べさせて報告させた時点から、
領有の閣議決定まで10年かかったというだけの話。

沖縄県知事は最初、中国でいう釣魚台、黄尾嶼、赤尾嶼ではないかと
心配して、内務省の意向に反対する意見を1885年に申告してます。

それが日清戦争に勝てた状態で、やっと閣議で日本領土にしたの。
どこの国にも属していないと確認したというのは言い訳に過ぎません。

――――引用開始――――
中山伝信録ニ記載セル釣魚台、黄尾嶼、赤尾嶼ト同一ナルモノニ
コレ無キヤノ疑ナキ能ハズ。
http://www.geocities.jp/ktakai22/murata.html

>>447 何が「20世紀半ばまで規定法がない」だwww

あなたには「有効性に関するかぎり」という文章が理解できないようだ
条約は書いてあるだけでなく、その条約を破った時の処罰の実績が
なければ有効性はないでしょう。

456 名前: no name :2010/09/22(水) 00:00:34 ID:PwoDnTP5

ageるよ

で、恵也は>>451の質問には答えてくれないの?
恵也から何かしらの返答があるまでの間は
「恵也は他人が自分の個人情報を晒す事を認め許可している」
と判断させてもらうね
前もって言っておいたんだから異存は認めないよ

これでネトウヨ連呼厨も涙目だね
そのまま中国に帰ったらいいのに

457 名前: 恵也 :2010/09/22(水) 07:02:49 ID:+Q1xI1AB

なぜ検察幹部(前田恒彦)が証拠の改ざんまでやり、仲間の検事が
上司に半年前に報告したのに放置されたのか?

三井環氏の検察裏金告発が失敗したからと思う。
菅直人とも連絡し国会で追求する予定だったのに、小泉純一郎
に潰され腐敗検察幹部が蔓延してしまった。
総理大臣になったヘタレ菅直人に健全化できるのだろうか!

――――引用開始――――
詳細を暴く内部告発文書が大手新聞社や菅直人国会議員らに送られた。
この事実は法務省、検察庁にも伝わった。

これに対し、法務省は1月から2月にかけて、2ないし3回、8高検
の次席検事を東京に集めて緊急対策会議を開いた。この会議では、今
後は裏金作りはやめるべきであり調活費を返上すべききであるとの意
見が多かった。

しかし、法務省や検察庁は、調活費予算を返上すると今まで調活費を
何に使ってきたのかを説明しなければならず、裏金作りをしていた
とも言えないので、返上しないこととし、そのかわりに、検察庁の
調活費予算を3割減らしてその分を公安調査庁等に回すことにした。
(検察庁における裏金 より)

458 名前: no name :2010/09/22(水) 11:47:33 ID:flhAhWbw

>>452
>どこの国でも国際条約というものは、都合が悪くなったら破るもの

だったらなおさら中国との条約なんて結ぶだけ無駄だねw
都合が悪けりゃ破るだけなんだから

>関特演という軍事演習を満州で行い日本が攻め込む振りをし

ハイハイ、嘘ですね
関東軍特殊演習は事前にソ連に通告してますし、未だ独ソ戦の始まっていない一年前から計画されていた予定行動ですから
むしろ一年前から計画して予算もつけてありソ連にも通告してある軍事演習を、よくまあ、このキチガイは中止出来るとか思えるな

ソ連の中立条約破りとは比較にならないんだよ

>尖閣を棚上げして田中角栄が結んだ日中友好条約、激変するかも・・

そんな名前の条約なんて存在しないし、日本は「棚上げ論」に合意してないんだよ、キチガイのアホ

>「日本」という国家じゃなくて、個人がカツオ節工場をやっていたが他所との競争に負け撤退したということ。あなたは大袈裟だ

お前はキチガイだ
その「個人」とやらは、日本政府の許可を受けて開発していたわけだが

>広辞苑では「諸国を巡ること」になってるが気楽な旅をすることだろう

とうとう広辞苑すら否定しだしたかw

459 名前: no name :2010/09/22(水) 11:56:52 ID:flhAhWbw

>>453
近代法学は自然法を 排 し て 発展してきたと以前も説明されたよな?
キチガイはもう忘れ果てたのか

成文法が無く、「人間の理性」でしか感知出来ない自然法なんて、フランス革命の時代に大失敗が判明してんだよ
ロベスピエールとジャコバン党は「自然法」「理性」の名の下に、大量にフランス人をギロチンに送ったわけだが

そもそも、恵也には「理性」が無いから自然法なんて知覚不可能だろ?

460 名前: no name :2010/09/22(水) 12:08:13 ID:VJ51psSL

>>454
>とくに中国や朝鮮など周りの国に、通告もしないで領土宣言してもそれはオナニーみたいなもの。

つまり、今の中国の振る舞いは「オナニーみたいなもの」となりますねw

>特に日清戦争という時代で経度や緯度など共通のモノサシが出来てる時代に、国内だけで宣言しても屁みたいなものだ。

中国領有の根拠がまったく見られないからなんだよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E9%A0%98%E6%9C%89%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C#.E5.B9.B4.E8.A1.A8
>1885年10月9日:内務卿・山縣有朋は「清国所属の証拠は少しも見えない」として、外務卿・井上馨と協議。

調査を始めて即、中国が領有したり開発したりした証拠は無いことがすぐに分かったわけだ
それでも日本は地質学や埋もれた地底遺跡まで捜し求めて10年もかけて調査を進めたんだよ

>逆だよ。
>日本が尖閣列島の名前をつけたのは1900年だぜ。

「毛沢東賛美主義者」のタワゴトなんて 無 価 値 で す か ら
そんなに毛沢東と文化大革命が大好きなら、自分も行って殺されてくればよかったのにね

>>455
>それが日清戦争に勝てた状態で、やっと閣議で日本領土にしたの。

下関条約の「3ヵ月前」なのに「日清戦争に勝てた状態」ですか・・・
アンタ馬鹿ですか?馬鹿なんですねw

>どこの国にも属していないと確認したというのは言い訳に過ぎません。

だったら、「尖閣諸島が中国が領有していた証拠」を出しなさいよ

>あなたには「有効性に関するかぎり」という文章が理解できないようだ
>条約は書いてあるだけでなく、その条約を破った時の処罰の実績がなければ有効性はないでしょう。

それを言うなら「20世紀半ば」だって「処罰」なんて無いはずだがwww

461 名前: no name :2010/09/22(水) 12:21:44 ID:dJCHpG7A

やれやれ、キチガイ恵也は「尖閣諸島が中国領土だった証拠を出せ」と言われてるのに全く出せないんだな
やるのは「日本領である」証拠に『ド素人の罵詈雑言』を浴びせるだけか…

462 名前: no name :2010/09/22(水) 16:26:37 ID:VJ51psSL

恵也は普通にいらないからさっさと死ねばいいのに

日本軍がゲリラ狩りをやった事に関しては「博愛主義」とか意味不明な屁理屈を垂れたくせに今度はどんな屁理屈だよ?

日本の巡視船に体当たりした件に関しては、巡視船乗組員の身体とか気遣わなくてかまわないのか?
万一巡視船が当たり所悪かったり、巡視船員に怪我があったりしたらどう責任取るつもりだ?

何が「人道」だ!何が「博愛主義」だ!
日本軍のゲリラ狩りに関しても、巡視船への体当たりも、恵也は「中国人の立場」しか語らないじゃねぇか

463 名前: 恵也 :2010/09/22(水) 18:11:55 ID:5RxdnsQE

>>458 都合が悪けりゃ破るだけなんだから

都合が悪くならない間は、日本も安心できるというのが条約の限度。
だから中国政府の面子を考えながら、尖閣諸島も取締りをすべきだったんだよ。
この機会に根源的な解決を、中国政府は狙ってるかもね。

>> 未だ独ソ戦の始まっていない一年前から計画されていた予定行動
勘違いをしてるようだ。
大動員をした対ソ戦用の関東軍特種演習と、前から計画してた関東軍
特別演習とは違います。

――――引用開始――――
関東軍は大規模な演習を予定しており、この演習は関東軍特別演習
と呼ばれていた。対ソ連の開戦準備では、関東軍特種演習と呼ぶ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E6%9D%B1%E8%BB%8D%E7%89%B9%E7%A8%AE%E6%BC%94%E7%BF%92

>>そんな名前の条約なんて存在しないし、
細かいね、アンタは。
それじゃ中身の話は出来ないよ。
正確には日本と中国との間の平和友好条約だろう。

>>その「個人」とやらは、日本政府の許可を受けて開発していたわけだが
日本政府が日本国内で勝手に宣言しただけの島だ。
無主地で日本領土にするというのなら、可能性のある諸外国には通告
してこそ有効になるもの。日清戦争のドサクサに日本領土にしてもね。

464 名前: 恵也 :2010/09/22(水) 18:17:54 ID:nq7ZvxKX

>>460 外務卿・井上馨と協議。

井上馨が反対したから、放置されたんだろ。
ここで賛成してたら1885年に国標は杭打ちされていたでしょう。

>> 日本は地質学や埋もれた地底遺跡まで捜し求めて10年
そんな話は初めて聞いた。
どこの学者の誰が、地質学や地底遺跡を調査してどこに報告したの?
特捜部検事みたいな改ざん記事じゃないの。
怪しい話なんだよね、確かいじっていたら改ざんしてしまったとか言う検事さんのいい訳は止めてくれよな。

>> 下関条約の「3ヵ月前」なのに「日清戦争に勝てた状態」ですか・・・
清の海軍や陸軍は、下関条約「4ヶ月前」前年の11月頃には日本軍に
完敗してます。

>> 「20世紀半ば」だって「処罰」なんて無いはずだがwww
ドイツや日本を連合国が処罰したのは、20世紀半ばじゃないの。

465 名前: no name :2010/09/22(水) 18:22:13 ID:T7F3A3ry

>>463
>都合が悪くならない間は、日本も安心できるというのが条約の限度

勘違いすんな
お前の説では「条約なんて破るのが当たり前」だろ?
だったら結ぶだけ無駄だろうが

>大動員をした対ソ戦用の関東軍特種演習と、前から計画してた関東軍特別演習とは違います

何が「違う」んだ?頭がおかしいのか?
wikiには両者は同じものとして扱われているが

そもそもwikiは「信用できない」がお前の主張だろ?
都合次第でコロコロ主張を変えるなよ、恥知らず

>日清戦争のドサクサに日本領土にしてもね

日清戦争は一切関係がないと日本共産党ですら言ってるが?
いつになったらキチガイ恵也は一般常識を身につけるんだ?

466 名前: no name :2010/09/22(水) 18:32:24 ID:T7F3A3ry

>>464
>井上馨が反対したから、放置されたんだろ

井上は「もっと調査しろ」と言ったんだよ

>そんな話は初めて聞いた

お前がキチガイなんだろw
前々から指摘されてるだろうが

>どこの学者の誰が、地質学や地底遺跡を調査してどこに報告したの?

以前紹介されたサイトに書いてあります
クレクレ厨のキチガイには付き合っていられません
少しは他人が紹介したサイトを読めよ

>清の海軍や陸軍は、下関条約「4ヶ月前」前年の11月頃には日本軍に完敗してます

だから?
日本の調査報告は1894年12月の話だが

>ドイツや日本を連合国が処罰したのは、20世紀半ばじゃないの

後にも先にもそれだけだろうが、キチガイ
せいぜいフセインの裁判が含まれるか?

いずれにせよ、「国際法違反」で裁かれたんじゃなくて、戦勝国の横暴、集団リンチに過ぎないだろうが

「人道に対する罪」とやらは、裁判が始まるまで存在しなかったのに急遽でっち上げたくせに

467 名前: 恵也 :2010/09/22(水) 18:37:02 ID:FI3wgsMc

>>458 日本は「棚上げ論」に合意してないんだよ、

田中角栄と周恩来の記事が、あなたには理解できないのかい?
中国も引くに引けない重大問題なのがわからんのかね、アンタには。
前原外相の「尖閣列島での領土紛争はない」というのは嘘なんだよ。

――――引用開始――――
田中総理: 尖閣諸島についてどう思うか?私のところに、いろいろ
言ってくる人がいる。

周総理: 尖閣諸島問題については、今回は話したくない。今、これ
を話すのはよくない。石油が出るから、これが問題になった。石油が
出なければ、台湾も米国も問題にしない。
国交正常化後、何カ月で大使(館)を交換するか?

大平大臣: できるだけ早く必要な措置を講じていくが、共同声明
のなかに、何カ月以内にとは書けない。もし1日でもたがえたらよ
くないことだからだ。総理と私とが中国を訪問した以上、2人を信用
してもらって、できるだけ早く大使の交換をやるということで御了承
願いたい。

周総理: 「できるだけ早く」で結構だ。お2人を信用しましょう。
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPCH/19720925.O1J.html

468 名前: no name :2010/09/22(水) 18:45:39 ID:T7F3A3ry

>>467
どこに「合意する」と書いてあるんだ?

さっさと尖閣諸島を中国が領有した証拠を出せってーの
キチガイ恵也は日本語が解らない?

469 名前: no name :2010/09/22(水) 18:51:05 ID:T7F3A3ry

中国が台湾を領有したのは1683年の清の時代だっつーの!
台湾すら領有してないのに、中国本土から見て台湾より先の尖閣諸島だけは領有していたとか有り得ねーっての

470 名前: no name :2010/09/22(水) 18:58:01 ID:T7F3A3ry

『明史』では、台湾は東蕃として「外国列伝」に入れられている。
つまり、日本や李氏朝鮮と同レベルの「外国」なんだよ
台湾北部の鶏籠山(今の基隆)も「外国列伝」に含まれている。
このように、明代には、尖閣諸島はもちろんのこと、台湾の北部(基隆)や台湾北東の彭佳嶼、花瓶嶼、綿花嶼、などに中国の支配は及んでいない。
また、中国は領有の意志も持ってなかった。

台湾すらこんなんだから、何度も繰り返すが尖閣諸島が「中国領」なんて有り得ねぇよ

キチガイ恵也は、さっさと「尖閣諸島は中国領」の証拠出せよ

471 名前: no name :2010/09/22(水) 19:39:23 ID:ZONGcQI/

>>463 >>465のツッコミ忘れを発見したのでツッコミしとくw

>細かいね、アンタは

何が細かいだ、アホw
存在しない条約を勝手に捏造する方がよっぽど問題あるだろ
これが逆なら鬼の首を取ったかのようにギャーギャー罵るくせに

かつてホンカツの名前を「本田勝一」と書いただけで次のように書いたのはどこのキチガイだっけ?(正しくは本「多」勝一)

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1277890140/221n
>おまけに本多を本田に言替えてしまう。これは単細胞にしか出来ないトリック

ちなみに、恵也自身次のように「本田勝一」と書いているのは恵也が「単細胞」である証拠だよね?w

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/77n
>本田勝一の書物を俺は読んだことがあるが

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/82n
>俺が好んで引用してるのは、本田勝一氏の著書じゃないよ

>それじゃ中身の話は出来ないよ

存在しない条約を勝手に捏造する方が中身の話は出来ないよ
第一お前にマトモな知識がないんだから中身の話になるわけがない

>正確には日本と中国との間の平和友好条約だろう

バwカw丸w出wしw
田中角栄はその時内閣総理大臣かw

「これは単細胞にしか出来ないトリック」!www

472 名前: no name :2010/09/22(水) 19:49:25 ID:ZONGcQI/

>>464
>そんな話は初めて聞いた

何度も過去に書いてあるものを「初めて聞いた」のですか
痴呆老人並の忘却力だなw
>>1から改めて見直せよクソジジイ

>どこの学者の誰が、地質学や地底遺跡を調査してどこに報告したの?

何が「敵を知り己を知れば百戦危うからず」(>>309)だ!
このクソジジイが最も敵を知ろうとしてないじゃん

紹介されたサイトすら読まず、自分が引用したサイトすら読まない
都合が悪ければ自分が引用したサイトや人にすら唾を吐き散らかしてケチをつける

お前みたいなクソジジイはさっさと氏ね!

473 名前: 恵也 :2010/09/23(木) 07:58:50 ID:kJje2oOw

>>471 田中角栄はその時内閣総理大臣かw

勘違いしていた、
田中角栄は日中共同宣言のときの総理大臣で、日本と中国の最初
の橋をかけた方だった。
この時には、周恩来との「尖閣棚上げ会話」が残ってます。

日中平和友好条約は福田総理の時で、ケ小平の「尖閣棚上げ会話」
が日本記者クラブで残ってます。
あなたは細かいことは知ってるようだけど、内容を知らないようだね。

――――引用開始――――
国交正常化のさい、双方はこれに触れないと約束した。今回、平和
友好条約交渉のさいも同じくこの問題に触れないことで一致した。
中国人の知恵からして、こういう方法しか考えられない。
http://www.geocities.jp/ktakai22/murata.html

>>何度も過去に書いてあるものを「初めて聞いた」のですか
勝手に地質学や地下の考古学を調査研究したといっても、無人島で
人も楽に住めない島じゃ、目的がわからん。
確かに沖縄では、水中の遺跡も発見されたが最近のことだろう。

日清戦争のころに、無人島の地下の考古学をやる理由が判らん。
地質学なんて石油の埋蔵が噂されたのは戦後20年してからだろ。
それとも日清戦争のころに、尖閣の石油探査までやってたのかい?

474 名前: 恵也 :2010/09/23(木) 08:06:41 ID:Ry2eGaWV

>>469 中国本土から見て台湾より先の尖閣諸島だけは領有していたとか有り得ねーっての

明と沖縄が貿易していたのはわかってるだろ。
その時に公的使節団が、尖閣諸島を目標にして航海し沖縄の久米島
からを沖縄領土として記載してます。

――――引用開始――――
夕方に古米山が見えた。これは琉球に属するもので、夷の人は舟上
で歌い踊り、故郷への到着を喜んでいる。
(訳注)」(1)古米山は姑米山(島)とも呼ばれ、現在の沖縄県久米
島を指す。夷人は、当時船上にいた琉球人のことを指す。
http://www.pekinshuho.com/04-15/15-diaoyudao.htm

475 名前: no name :2010/09/23(木) 10:49:46 ID:Gw2qMw4B

>>474
だから?
「琉球人の先導が無ければ明の使者は琉球はおろか尖閣諸島や台湾にすら行けなかった」というツッコミが既にある
そもそも明の使者は琉球人に質問しなければ「島の存在そのもの」をすら知らなかったというツッコミも無視か

476 名前: no name :2010/09/23(木) 10:57:49 ID:Gw2qMw4B

明→琉球より、琉球→明の渡航の方がはるかに回数が多いんだよ、キチガイ恵也
琉球は決められた貿易船とは別に謝恩使とか迎恩使とか様々な名目で中国に送っている
たかだか50年とかそこらに一度渡航したに過ぎない明の使者なんぞより、はるかに琉球の方が頻繁に尖閣諸島海域を航行していたんだよ

そもそもキチガイ恵也は質問に全く答えてないな

未だ台湾にすら行けなかったし領有してなかった明が、なんで尖閣諸島だけは自国領だと認識してたんだよ!
バカジャネーノ

477 名前: no name :2010/09/23(木) 11:10:50 ID:Gw2qMw4B

>>473
>あなたは細かいことは知ってるようだけど、内容を知らないようだね

それはキチガイ恵也だろ
日本は棚上げ論に合意していないというツッコミも無視するくせに

そもそもケ小平を持ち出すなら、
「このような事(領海侵犯)は二度と無いように努力する」
とケ小平が発言した事はなんで無視するんだ?
実際には「努力」なんて口先ばかりで何ら対策しなかったくせに

そもそも中国の海軍すら領海侵犯を繰り返すのだから、ケ小平の「努力する」は全く嘘八百だったわけだが

>無人島で人も楽に住めない島じゃ、目的がわからん
>日清戦争のころに、無人島の地下の考古学をやる理由が判らん

バカかオメー?
「悪魔の証明やる為」と書いてあるはずだろ
中国が領有して「ない証拠」を探すために慎重を期したんだよ
「ある証拠」を証明するのはたやすい(どこかのキチガイじじいみたいにそれすら出来ない奴もいるけどなw)
「ない証拠」を見つけるのは大変なんだよ、キチガイ恵也
だから、日本は文献だけでなく考古学的な分野まで持ち出して「中国が領有してなかった証拠」を10年かけて探したんだっての
10年も調査して「中国領有の証拠」が出てこないなら、これはもう「ない証拠」になるだろうが

キチガイ恵也にはメディアリテラシーなんて微塵も無いから、「メディアリテラシーの持ち主」共産党様の見解も理解できないらしい

478 名前: no name :2010/09/23(木) 12:13:46 ID:YpqyLGQP

>>474
>尖閣諸島を目標にして航海し沖縄の久米島からを沖縄領土として記載してます

どこをどう読めば「沖縄の久米島からを沖縄領土として記載して」いる事になるんだ?

>夕方に古米山が見えた。これは琉球に属するもので、夷の人は舟上で歌い踊り、故郷への到着を喜んでいる

こう書いてあるだけだろうがw

未だ近代以前の世界に、近代的な「領土」なんて概念があるわけ無いだろ

479 名前: no name :2010/09/23(木) 14:12:57 ID:7pQkMKo0

自分の発言に責任とらない
それが恵也のジャスティス

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/55
>共産党支持者なんてむかしから、日本ではメディアテラシーの持ち主だろ

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-04-01/20040401_faq.html
>一八八五年(明治十八年)以降、日本政府は再三にわたり現地調査し、
>これが無人島であるだけでなく、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを確認の上
>一八九五年一月十四日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行ない、日本の領土に編入しました。
>その後、日本人が居住して、かつお節工場がつくられるなど、日本が実質的に支配してきました。
>この時期が日清戦争(一八九四年八月〜九五年四月)と重なっていたことから、中国は、日本が戦争に乗じて尖閣諸島を不当に奪ったと主張しています。
>しかし、尖閣諸島の編入は不当な領土拡張ではなく、日清戦争とはまったく無関係です。
>日清戦争終結のための日清講和条約(一八九五年四月)は、台湾・澎湖諸島の日本割譲を決めました。
>これが日本側の不当な領土拡張であることは明らかですが、このなかに尖閣諸島は入っていません。
>交渉過程でも尖閣諸島の帰属問題はとりあげられませんでした。
>この事実から、尖閣諸島の領有権が日本にあることは明らかですが、一九七一年以後、中国も領有権を主張しています。

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/367n
>この原因は、選挙目当ての民族主義のせいなのだろう。

480 名前: 恵也 :2010/09/23(木) 18:45:58 ID:P9wQQWGo

>>475 明の使者は琉球人に質問しなければ「島の存在そのもの」をすら知らなかったという

明の国家を代表した使者というのは、国家のエリートだろう。
船乗りならともかく、そんな見たこともない無人島の所属までは知
らないのが当たり前だよ。だから日記に書いたの。

>>未だ台湾にすら行けなかったし領有してなかった明
どうもソースがわからん。アンタ誤解してるんじゃないの。
台湾に行けなかったというのが、怪しい話だ。
むしろインドからアフリカまで大艦隊を作って行ってた鄭和の記録
があるのに、明の時代で台湾に行けないなんて信じれんよ。

481 名前: no name :2010/09/23(木) 18:57:32 ID:Bz1d6aO+

>>480
>明の国家を代表した使者というのは、国家のエリートだろう

「属国」に皇帝の上意を下達するだけの使いパシリが「国家のエリート」なわけがない
恵也はキチガイだから「冊封体制」という時代がまるで解ってない
近代的な「対等な国家関係」じゃねーんだよ、アホ

そもそも本当に「エリート」でるなら、知らないんじゃなくて「知ってて当たり前」のはずだ
国の国境なんだぞ?アホか!

>台湾に行けなかったというのが、怪しい話だ

お前の頭がキチガイ同然だからね
中国人が文献上、台湾に達したことが解るのは鄭成功の時代だと解っている
しかも鄭成功は中国王朝の正式な人間ではなく、ただのパルチザン・ゲリラの類いだ
中国が正式に台湾に領有の意思を示したのは1683年、先述の鄭氏台湾を清が下してからだ

キチガイはろくに台湾の歴史を知らないんだろ?
知ったかぶりはやめなさい
お前の知ったかぶりは見てて恥ずかしくなる痛々しいレベルなんだよ

482 名前: no name :2010/09/23(木) 19:14:07 ID:om6GHbpe

この頭のおかしい恵也とかいう奴は、なんかことあるごとに口を開けば
「日清戦争のドサクサにまぎれて隠密に中国から奪った」とかほざくよな?
この理屈が正しいか否かは置いといても、恵也にそんな偉そうなことをほざける資格は有るのか?

恵也がマイクロソフトから泥棒した時、恵也はちゃんとマイクロソフトに正々堂々と宣言したんだろうな?
利用規約に同意してないのに「同意する」を大人の自由意思でクリックしたはずだよな?

はたまた韓流ドラマを違法コピーした時、恵也は韓国のテレビ局に正々堂々と宣言したんだろうな?

人間のクズの恵也なんかより、よっぽど日本の尖閣諸島領有の方がキチンと体裁を整えてるよな

483 名前: no name :2010/09/23(木) 19:21:47 ID:ZZ0gVgdt

自分はマイクロソフトにもビルゲイツにも無許可で違法コピーした犯罪者のくせに
尖閣諸島に全く関係の無い朝鮮にまで「通告すべきだった」とかほざくくせに、恵也は誰にも宣言してないだろうが
売国奴の犯罪者!

509 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿 日: 2008/11/09(日) 19:32:20 ?2BP(0)
>>505
>恵也がエクセルなんてソフトをちゃんと使える訳がないじゃないか

これでも友人にソフトを借りて、俺のパソコンにもエクセルを入れてるよ

870 名前: 恵也 投稿日: 2008/11/ 14(金) 11:55:58 ?2BP(0)
>>856
>どうしてトリップ無くなったの?

どんな状況になっても、裁判で勝つための選択肢を増やしたいから
裁判は勝たなきゃ正義にならん
俺は過激な言葉を平気で使うけど、用心深い性格でね

121 : 恵也:2008/11/22(土) 11:06:30 ? 2BP(0)
>>117
>やましい事があるからトリップを消して書き込んでいる
>自分が正しいと思ったらそんな事しないよな

単細胞!
人間は不必要な揉め事には、近づかない本能がある
降りかかった火の粉は払うのに全力を尽くすけど、火の粉の下に無理して入るバカはいないよ
あんたはバカの仲間だ!

405 名前: 恵也 : 2010/07/20(火) 12:00:12 ID:3xAYO0Pu
>>394 裁判が怖いからってトリップ消してんじゃねーよ

すべてマイクロソフトさんに証明してもらおうと思ってね
細々した証明義務は裁判に訴えた原告の方にあるんだよ

510 名前: 恵也 : 2010/07/24(土) 11:34:56 ID:PSpNBfFg
>俺も韓流の映画はDVDコピーでよく見てるが、キモウヨさんにはDVDコピーを貸してくれる友人さえいないのじゃないかな

54 名前: 恵也 : 2010/07/29(木) 10:31:55 ID:aDBe0e1+
>録画したDVDを友人から借りて、タダで見させてもらったことは10回以上はある。
>しかしそれだと、好みの韓流映画が見れない。
>今は「明成皇后」という閔妃暗殺をテレビ映画化したのを、1巻140円で借りてみてる

484 名前: no name :2010/09/23(木) 22:11:27 ID:BMLzFe8p

>>明の国家を代表した使者というのは、国家のエリートだろう。
>>船乗りならともかく、そんな見たこともない無人島の所属までは知らないのが当たり前だよ。
国家のエリートなら国境近くの「無人島の所属」なんざ「知ってて当然」だろ狂ったのか?
あと誤解している様だが、お前の言うエリート様が知らなかったのは
「無人島の所属」ではなく「無人島の存在」だから。

お前が言っているのは「明の『エリート』でさえ諸島の存在すら知らなかった」という事でしかない。
つまり1971年に中国政府が出したという明代の防衛権に関する声明は、
中国政府の嘘だったとお前自身が証明したに他ならない。
何しろ無人島の存在を知らなかった旨の日記を残したのは、
恵也お墨付きの「国家のエリート」だからな。

>>どうもソースがわからん。アンタ誤解してるんじゃないの。
>>台湾に行けなかったというのが、怪しい話だ。
だったら「明は台湾を知っていた」という証拠を自分で出したら?
お前は自分で出したソースですら都合が悪けりゃ「屁みたいなもの」呼ばわりするけど、
お前の「怪しい」「信じれんよ」なんか「屁みたいなもの」にもならないよ。

>>むしろインドからアフリカまで大艦隊を作って行ってた鄭和の記録があるのに、
>>明の時代で台湾に行けないなんて信じれんよ。
そりゃ台湾の存在を知ってりゃ明の時代でも台湾には行けるだろ。
台湾が明に知られてなかったから行けなかったという話しであって、
「アフリカに行けたから台湾にも行ける」なんていう、航海技術の話じゃないんだよ。
それを否定したけりゃお前が出すべきは鄭和の話ではなく、
明が台湾を知っていた、台湾に行っていた事を示す証拠。

485 名前: 恵也 :2010/09/23(木) 22:45:44 ID:0qS99aPO

>>478 自分の発言に責任とらない

あなたの文章理解力に問題があるんだけどね。
理解力がなければ、議論相手にもならんよ!
「冷静に」としかいえない前原外務大臣と同じ程度の理解力なんだろう
大火事になりそうなのが理解できないようだ。

台湾は2008年の台湾漁船の沈没で、尖閣に巡視艇を送り日本と台湾
の巡視艇同士が睨み合いになり、台湾政府が軍艦の派遣をするという
脅しをしたら、一転して3000万円を麻生総理が漁船に払って解決しました

今回も中国政府の軍艦派遣まで行かないと、この事態の深刻さを前原
程度の脳ミソじゃ理解できないのかもな。

国境紛争では仲の良かったはずのソ連やベトナムとさえ戦火を交え
た国家なんだよ。
くれぐれも、自分が理解できないのを人のせいにしないように!

――――引用開始――――
2008年6月に発生した台湾の尖閣諸島領有を主張する台湾の船舶
「聯合号」が日本の海上保安庁の巡視船「こしき」と衝突し沈没
した「聯合号事件」で、台湾側から一時台湾海軍船舶の現場派遣
を主張するなど、一時緊迫した
(Wikiより)

486 名前: 恵也 :2010/09/23(木) 22:49:11 ID:eoWiRP61

>>478 近代以前の世界に、近代的な「領土」なんて概念があるわけ無いだろ

概念はあるよ。
その考えがなければ「界」とか「属」とかいう言葉が誓われはしない

――――引用開始――――
陳侃は、久米島をもって「乃属琉球者」といい、郭汝霖は、赤嶼に
ついて「界琉球地方山也」と書いていることは、とくに重要である。

この両島の間には、水深二千メートル前後の海溝があり、いかなる
島もない。それゆえ陳が、福州から那覇に航するさいに最初に到達
する琉球領である久米島について、これがすなわち琉球領であると
書き、郭が中国側の東のはしの島である赤尾嶼について、この島は
琉球地方を界する山だというのは、同じことを、ちがった角度から
のべていることは明らかである。
http://www.mahoroba.ne.jp/~tatsumi/dinoue0.html

487 名前: 徹夜野郎 :2010/09/23(木) 22:51:27 ID:cpPL/+rX

お前ら!右上の気持ちになった事あんのか!?

488 名前: no name :2010/09/23(木) 23:45:58 ID:HIMgxu02

>>485
お前は満足に引用も出来ないのか?
お前の批判する>>478の一体どこにお前が批判する文章があるんだ?

まあ恵也がバカでキチガイなのは今さら分かる事じゃないからそれは置いといてやろうw

>あなたの文章理解力に問題があるんだけどね

お前の知的能力に「問題がある」んだよ、キ チ ガ イ
「ジンギスカンは大量殺人鬼だった」という歴史的事実すら理解できず、
「国民」「具備」「遊歴」程度の日本語すら理解せず、国語辞書を読んでもまるっきり理解しないキチガイ恵也に問題があるんだよ
お前は普通の一般人並みの知的レベルにすら到達してない知的障害者!
にも関わらず自分を何でも知ってる全知全能の神かのように思い上がってる精神異常者なんだよ!

>くれぐれも、自分が理解できないのを人のせいにしないように

毎度、毎度それやってるのはお前だろ?精神異常の 山 本 隆 次 !
他人から紹介されたソースは一字一句も読まない
自分が紹介したサイトすら都合が良い所だけつまみ食い的にしか読まない
自分の主張すら、都合が悪くなると論理をねじ曲げる

さっさと気違いは精神病院に入れよ!お前みたいな真正の気違いのタワゴトなんて、まともに取り合う奴なんかいないんだよ!
どの職場行ってもド素人レベルで逃げ出した役たたずのくせに

>(Wikiより)

これまた、気違い山本の支離滅裂な精神異常言動だな
「wikiは信用できない」と書いたくせに、気が狂ってるから自分の言葉にすら責任を感じないんだな

>一転して3000万円を麻生総理が漁船に払って解決しました

あと、これ証拠出せよ?
平然と名誉毀損する気違いが!

お前の発言は麻生の事務所にメールで送っておいたから
裁判を期待して待ってなよ

489 名前: no name :2010/09/24(金) 00:18:33 ID:M/G0j4B3

>>486
それのどこが「近代的な領土の観念を持っていた証拠」だ?
頭おかしいんじゃないの?

毛沢東と文化大革命を賛美した井上清ごときがキチガイ恵也の唯一の根拠かw

井上論文の問題点は以前も紹介されたサイトに書いてあるし、探せばいくらでも出てくるんだけどね
そもそも毛沢東と文化大革命を賛美してる時点で問題ありすぎな人物だろうに

井上はバカだから、中国は1683年まで尖閣諸島どころか台湾すら領有してなかったという歴史的事実すら知らない
陳侃の発言は、清が台湾を領有する150年前の話だ
だから尖閣諸島を陳侃が「領土」などと思うはずもないし、久米島が日中の「国境」だなどと考えるはずもない

そもそもこの文化大革命賛美の井上に言わせれば「水深二千メートル前後の海溝があり、いかなる島もない」のは尖閣諸島だけではない
与那国、西表、波照間、石垣、宮古などの先島諸島も、
井上の話では久米島から「水深二千メートル前後の海溝があり、いかなる島もない」になるはずだろうが
なんで「与那国や石垣は中国領である」と言わないのだろう
頭がイデオロギーで歪んでるから、こんな馬鹿馬鹿しい話になるのだろう

490 名前: no name :2010/09/24(金) 00:40:52 ID:DM8zbpIT

>>>>自分の発言に責任とらない
>>あなたの文章理解力に問題があるんだけどね。
それはつまりお前は自分の発言に責任を持っているつもりなのか?
だったら韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没について責任を持って解析しろよ。
沈没した原子力潜水艦についても責任を持って資料を出せよ。

自分の発言のソースを求められたら「自分で探せ」と返す。
自分の発言に対する都合の悪い質問には「金でもくれるのかい?」「美味しそうな餌を寄こせ」で済ます。
一次資料を出されたら「ここは日本だバカモノ!」と罵倒し
翻訳された資料を出されたら「翻訳が信用出来ない」と根拠無く罵倒する。
エクセルの違法コピーは「マイクロソフトの利用規約が公序良俗に反してるから違法じゃない」
と主張しながら自分はコソコソとトリップを外す。
他人の出すソースには「客観的な証拠」を求めながら、
自分の出すソースは「主観的な妄想じゃなく他にも同じような主張が存在」さえいれば良しとし、
その「同じような主張」さえ出せない=主観的な妄想とせざるを得ない時には
いけしゃあしゃあと「俺には人とは違った独特のヒラメキがあるわけだ」と妄想を逆に威張り出し、
自分と同じ様に歴史の定説に(恵也と違い資料等を添えながら)反する意見を出した相手には
調べもせずに「アンタだけの定説だろ」と罵倒するお前が、どこら辺が自分の発言に責任を持ってるんだよ。

「これは飛び降り自殺じゃないかな」「谷啓氏の自殺を予想しておこう」「来週の週刊誌が楽しみだよ!」
こんな訳の分からないゲスい楽しみのために谷氏の死を自殺呼ばわりし
マスコミを罵倒した事についてどう責任を取る気なんだ?
「何で俺が責任を取らないとイカンのかね?」とかほざくなよ?
お前は他人を罵倒してまで自分は発言に責任を取っていると主張してるんだからな?

491 名前: no name :2010/09/24(金) 03:22:15 ID:ZVLF82Ld

>>486
近代的な概念はない、釣魚台は遠く沖の目印にしか過ぎない。
確かに海路標識としてはそれなりに機能しているように見えるが
陳侃使録に出てくる釣魚台=魚釣島とは厳密に確認出来ない。
まああなたが出来るならしてくれたらいいのだが

492 名前: 恵也 :2010/09/24(金) 05:29:49 ID:YgzP6oBI

>>481 「属国」に皇帝の上意を下達するだけの使いパシリが「国家のエリート」なわけがない

エリートにもピンからキリまでいるんだけど。
国家を代表して、外交交渉をする人間を普通エリートというけどな。
アフリカの小国に行ってる大使館の大使だって、外務省でキャリアとして採用
され、外務省で修行したエリートだろ。

使いバシリ程度の人間が行ってたら、反乱を起こされ戦禍に国家が巻き込ま
れてしまうぞ。それだけ国家を代表するというのは重要な仕事だから厚遇するの。

大使を3年ほどやったら、日本では家が建つという。
国家を代表する人間にはそれだけの厚遇は、必要なことではある。

>> 知らないんじゃなくて「知ってて当たり前」のはずだ
国境の辺鄙な土地の名前なんて、知らないのが当たり前だろ。
あなたは日本の端の無人島の名前をどれだけ知ってるの?

493 名前: 恵也 :2010/09/24(金) 06:13:54 ID:Tfs8AO5a

>>484 台湾が明に知られてなかったから行けなかったという話しであって、

簡単に「台湾が明に知られてなかった」と断定してるけどソースは何なの?
あなたは中国の明時代の歴史書をすべて読み、その中で台湾の名前がないと
でも結論を出したのかな、どうも判らん。

俺が知ってる範囲でも、中国が明から清になるときには明の支持者が台湾に
立てこもって30年ほど抵抗したが、最終的には清に破れたという記事は見
たことがある。

このことは逆に、明の支持者が多く台湾にいたという証拠で明が台湾を知
っていた有力な証拠になるはずなのだがね。

日本での源平合戦にしても、平家は源氏に破れても平家の支持者が多い西国
に逃れてながら抵抗し、壇ノ浦で破れたがそれでも九州や四国の支持者の多い
地方の山の中に隠れ住んでいたという。

普通の常識だと政治権力を持っていた時期の、平家が特に世話をした地方の
有力者が危険を承知で、落武者を匿い恩を返したと理解するのだがね。

494 名前: 恵也 :2010/09/24(金) 08:16:12 ID:+Hz1iYF8

>>489 与那国、西表、波照間、石垣、宮古などの先島諸島も・・水深二千メートル前後の海溝があり

海溝なんてないが、あなたは自分で詳細な海底地形図を見てないでしょう。
そこが専門家と素人の違いなのかな。

沖縄の近くは西の方にドン深の海溝と、東の方にもドン深の海溝があるの。
太平洋のプレートが沖縄に押し寄せてそんな構造になってるのであって、あな
たのネット環境なら、海底地形図を見てから言えよ!

>>中国は1683年まで尖閣諸島どころか台湾すら領有してなかったという歴史的事実すら知らない

あなたこそ明が台湾をオランダ人に住むことを許可したのを知らないのかな。
俺の浅い知識でも、アンタのは浅すぎるくせに決め付けすぎなのは判るよ。

495 名前: no name :2010/09/24(金) 12:27:17 ID:+UTogzae

>>492
>エリートにもピンからキリまでいるんだけど

ハイハイワロスワロスw
あるのは「エリート」と「非エリート」のはずなんだけど

>国家を代表して、外交交渉をする人間を普通エリートというけどな

だからお前、今 の 話 を し て ん じ ゃ ね ー よ !
冊封時代の国家関係の話をしろよ!
冊封時代の国家関係に「外交交渉」なんて有り得ない!
中国皇帝の命令を、属国の王に伝えるだけのメッセンジャーボーイでしかないんだよ!
属国の側には拒否権は無いんだよ!

>アフリカの小国に行ってる大使館の大使だって、外務省でキャリアとして採用され、外務省で修行したエリートだろ

へぇw
今の中国大使の丹羽宇一郎は「外務省でキャリアとして採用され、外務省で修行したエリート」だったんだw
確か「民間人大使」としてルーピー鳩山が鳴り物入りで登用した人物のはずだがね

そもそも、近代的な国家関係が無い時代の話に「大使」を持ち出すのかw

>国境の辺鄙な土地の名前なんて、知らないのが当たり前だろ

バカか!
国家を代表する「エリート」なら知ってて当たり前だ!

>あなたは日本の端の無人島の名前をどれだけ知ってるの?

「日本の端」なら簡単に分かるでしょw
地図帳とか見れば日本の南端の沖ノ鳥島とか、日本の西端の与那国島とかいくらでも書いてあるし

むしろ日本中の無人島が全て解るか聞くべきだろ?このキチガイ

496 名前: no name :2010/09/24(金) 12:49:39 ID:+UTogzae

>>493
>簡単に「台湾が明に知られてなかった」と断定してるけどソースは何なの?

何度も指摘されてんだろうが!キチガイ恵也!

1、1683年の清の時代まで、台湾が中国領土だった事は無い!

2、清の時代に成立した明史で台湾は、「外国列伝」という所に掲載されている
即ち、日本や李氏朝鮮と同じ扱いでしかない

むしろ>>484氏が言うように、恵也が「台湾が知られてた証拠」を出せよ

>このことは逆に、明の支持者が多く台湾にいたという証拠で明が台湾を知っていた有力な証拠になるはずなのだがね

バカかお前は?
その理屈では、蒋介石が台湾に逃げてきたのは「台湾に中華民国の支持者がいたから」という事になるぞ?
全く関係ないだろうが!

武力を持った勢力が力ずくで押し寄せたから嫌々ながらも従っただけの話だ
事実、鄭成功の孫の代には台湾で反乱が起きて鄭氏台湾は呆気なく倒れている


>普通の常識だと

恵也には「普通の常識」は無いだろうがw
恵也には普通の一般人とは違う「特別なヒラメキ」とやらが有るんだったよな


>政治権力を持っていた時期の、平家が特に世話をした地方の有力者が危険を承知で、落武者を匿い恩を返したと理解するのだがね

有り得ないな
源頼朝の父親である義朝は、「政治権力を持っていた時期の、義朝が特に世話をした地方の有力者」を頼って裏切られて殺された
当時の武家社会はギブアンドテイクが普通で、裏切りなども平気で起こる時代だ
そんな時代に迷える平家の落武者たちが地方の有力者など頼るはずもない

むしろ有力者がいない、追手の手が届かない僻地に住むのが普通なんだよ
実際、「平家の郷」「落武者の郷」と称する場所は未だに交通の不便な山奥や僻地にあるのが普通だしな

キチガイ恵也はろくに歴史を知らない

497 名前: no name :2010/09/24(金) 13:02:30 ID:g8KpJZpp

>>494
>海溝なんてないが、

バカすぎw
お前は国土地理院発行の日本地図も見てないな?

>あなたは自分で詳細な海底地形図を見てないでしょう

海底地形図なんて不要、通常の地図で足りますw

そもそも井上やキチガイ恵也に言わせれば、明の冊封使者は「海底地図」を調べながら「これは日本領」「あれは中国領」と調べたのかよw
海底地図なんて明時代に存在したのかよ
明時代の海底地図を出せよ、キチガイ恵也w


>あなたこそ明が台湾をオランダ人に住むことを許可したのを知らないのかな

知らないね
証拠出せよ?
絶対にそんな事実は無いから

オランダは勝手に台湾を征服したのであり、後にやって来たスペインも明の了解など得ていない
「明が許可を出した」証拠出せよ!

そもそも、明時代は明史外国列伝に台湾が記載されているように、台湾は日本や李氏朝鮮と同じ「外国」の扱いだった
なんで明が「許可」なんか出すかよ

俺の浅い知識でも、恵也のは浅すぎるくせに決め付けすぎなのは判るよwww

498 名前: no name :2010/09/24(金) 13:13:42 ID:DM8zbpIT

>>エリートにもピンからキリまでいるんだけど
お前は>>480で「エリート様は辺境の小島なんか知らなくて当たり前」
と書いている。ピンだろうがキリだろうが関係無い。

国境近くの無人島の「所属」以前の「存在」を知らなかったのが、
恵也お墨付きのエリート様である事に何の変わりも無い。
恵也お墨付きの国家を代表する明のエリート様ですら存在を知らなかった無人島が、
明に属していたなんて事があるはずが無いね。

>>あなたは日本の端の無人島の名前をどれだけ知ってるの?
国家を代表するエリートの話をしていたはずだが?
>>481氏が国家を代表するエリートだとでも思っているのか?
もちろん>>481氏の職業が国家を代表するエリートの可能性もゼロではないが、
お前の眼前にいるのは掲示板の名無しでしかないはずだが?

これから外国に出向する、国家を代表するエリート様は、
国内の掲示板で書き込んでるだけの名無しと同レベルなのか。
国内の掲示板で書き込んでるだけの名無しレベルで務まるんなら、
>>使いバシリ程度の人間が行ってたら、反乱を起こされ戦禍に国家が巻き込まれてしまうぞ。
>>それだけ国家を代表するというのは重要な仕事だから厚遇するの
お前のこれは嘘だね。

499 名前: no name :2010/09/24(金) 13:19:13 ID:jqJxKmDk

>>491に同意
「海路標識」が即「領有」の根拠になるはずもない
そもそも「海路標識」としてなら、明の使者以上に琉球の使者の方が尖閣諸島を利用していたのがもう研究で解っている
見づらいので漢数字を算用数字に改めて引用する

恵也はジンギスカンや毛沢東みたいな大量殺人鬼が大好きな殺戮狂でしかない

http://akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/page084.html
>井上氏はどうも冊封船が往路復路とも琉球船の先導と琉球人の駕乗導引を得ている事実をご存じないらしく、
>現存する史料に記録として残されただけでも281回琉球船(進貢船、謝恩船、迎接船など)が福州へ赴き帰途尖閣列島の航路を通っていたこと、
>さらに琉球の勘合符船が陳侃以前に既に98回、安南・シャムなどとの交易に従事していた事実
>(これらの琉球船も帰路尖閣列島を通っていたことはほぼ間違いない)にも通じておられないように思われる。

>これに対して陳侃以前には10人の冊封使が琉球に赴いていたにすぎず、しかもこれ以外に中国から琉球への公船が派遣されたことはなかった。
>かくして琉球船に対する中国船の派遣率は、実に、32分の1にすぎない。
>しかも陳侃の場合は前使黄旻との間に55年、陳侃と郭汝霖との間は28年というように,非常に大きな空白があった
>(その後の冊封使も同様で、張学礼・林鴻年各30年、徐葆光・周煌各37年、李期元40年、 夏子陽・社三策各27年、汪楫19年、超新28年。
>これに対して琉球船は陳侃以前に毎年約二隻)

500 名前: no name :2010/09/24(金) 13:25:34 ID:J22j26pN

恵也お墨付きの「メディアリテラシーの持ち主」、日本共産党様の公式見解だぞ!
キチガイ恵也は頭がたけぇよ!控えおろう!www

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/55
>共産党支持者なんてむかしから、日本ではメディアテラシーの持ち主だろ

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-04-01/20040401_faq.html
>一八八五年(明治十八年)以降、日本政府は再三にわたり現地調査し、
>これが無人島であるだけでなく、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを確認の上
>一八九五年一月十四日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行ない、日本の領土に編入しました。
>その後、日本人が居住して、かつお節工場がつくられるなど、日本が実質的に支配してきました。
>この時期が日清戦争(一八九四年八月〜九五年四月)と重なっていたことから、中国は、日本が戦争に乗じて尖閣諸島を不当に奪ったと主張しています。
>しかし、尖閣諸島の編入は不当な領土拡張ではなく、日清戦争とはまったく無関係です。
>日清戦争終結のための日清講和条約(一八九五年四月)は、台湾・澎湖諸島の日本割譲を決めました。
>これが日本側の不当な領土拡張であることは明らかですが、このなかに尖閣諸島は入っていません。
>交渉過程でも尖閣諸島の帰属問題はとりあげられませんでした。
>この事実から、尖閣諸島の領有権が日本にあることは明らかですが、一九七一年以後、中国も領有権を主張しています。

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/367n
>この原因は、選挙目当ての民族主義のせいなのだろう。

501 名前: no name :2010/09/24(金) 13:35:31 ID:DM8zbpIT

>>簡単に「台湾が明に知られてなかった」と断定してるけどソースは何なの?
>>あなたは中国の明時代の歴史書をすべて読み、その中で台湾の名前がないと
>>でも結論を出したのかな、どうも判らん。
その理屈でいくなら、お前の「ジンギスカンが虐殺者は嘘」というのも、
同時代の歴史書を全て読んだ上で結論を出さないといけないはずだがね。
お前は自分に関しては「独特のヒラメキ」とやらでオシマイだったが。

502 名前: no name :2010/09/24(金) 13:39:11 ID:9QjeEfGW

>>494
海底地形図が領有の根拠になるのなら、韓国はすぐに竹島から撤退すべきだよね?
鬱陵島と竹島の間には「対馬海盆」という海溝が存在するわけですがw
(一方の隠岐島と竹島の間には海溝は存在しない)

恵也の知能レベルはあまりにも低いから矛盾に気づかないらしいねw

503 名前: 恵也 :2010/09/24(金) 13:43:56 ID:rkR2sood

>>488 「wikiは信用できない」と書いたくせに、

アンタね他人の言動を「 」で書くのならコピペしなさい。
俺はwikiを玉石混交とは書いても(全部を)信用できないなんて書いた覚えはない。

>>>一転して3000万円を麻生総理が漁船に払って解決しました
これは3000万円を日本側が海上保安庁の巡視艇の過失を認めて、払ったとき
2008年12月の総理は麻生太郎。沈没したとき2008年6月は福田康夫総理。

麻生総理の在任期間は、2008年9月〜2009年9月
だから麻生総理の了解の下で払われたというべき。
マスコミは騒がなかったけど、火を消したからこれは珍しく麻生の手柄だよ。

その点、菅直人は火を消す気がないようだ。
海上保安庁の最高責任者である前原国土省大臣を、今度は外務大臣にしてしまった。
大火事になりそうだ!!!

――――引用開始――――
台湾の巡視船など4隻が尖閣諸島沖領海に侵入、海保巡視船とにらみ合い、駐日
代表を召還させる措置をとった。劉兆玄行政院長も立法院(議会)の答弁で、立
法委員(議員)の追及に応える形で「最終手段としての軍艦派遣も排除できない
」との見解を示した。
間も無く日本側が海保巡視船の過失を認め謝罪を表明し、同年12月、3000万円
相当の賠償で和解が成立。
(尖閣諸島領有権問題 より)

504 名前: 恵也 :2010/09/24(金) 13:53:38 ID:Sqhq/QoS

>>489 井上論文の問題点は以前も紹介されたサイトに書いてあるし

どこが問題点なのかまったく判らん。
あなた自身、井上論文の問題点なんて判ってないのじゃないかね。
判ってればレッテル張りの罵詈雑言だけしか、書けないはずがない。

>>491 釣魚台=魚釣島とは厳密に確認出来ない。

明治33年に書かれた黒岩恒の地図では釣魚嶼で出てます。
http://senkakusyashintizu.web.fc2.com/page058.html

505 名前: no name :2010/09/24(金) 14:42:20 ID:LD6nO6Kw

>>503
>俺はwikiを玉石混交とは書いても(全部を) 信用できないなんて書いた覚えはない

お前の記憶は当てにならないから
たった三日前の事ですら忘れ去る鶏並みの頭なんだから

>だから麻生総理の了解の下で払われたというべき

バーカ!w
福田の置き土産だろ、それ
衝突された側の海保の船長を処罰したりしたのは、福田の時代に行われた事だ
麻生一人でどうこう出来るもんじゃねぇよ

それにキチガイ恵也は「3000万円相当の」という日本語すら理解できないのか
「3000万円支払った」はお前の嘘だったわけだ
喜びな、キチガイ恵也
麻生事務所に「法的な対抗手段も検討する」と言質を取ってきたから

506 名前: no name :2010/09/24(金) 15:04:53 ID:LD6nO6Kw

>>504
>どこが問題点なのかまったく判らん

お前が紹介されたサイトもろくに読んでないからな
読まなきゃ「判らん」のは当たり前だ

>明治33年に書かれた黒岩恒の地図では釣魚嶼で出てます

あれ?お前、明治政府が「地質調査した」は認めてないはずだよな?
お前の地図はもろに「地質調査」の結果なんだけどw

507 名前: no name :2010/09/24(金) 15:23:35 ID:+ENKfpCp

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/485n
>台湾は2008年の台湾漁船の沈没で、尖閣に巡視艇を送り日本と台湾の巡視艇同士が睨み合いになり、
>台湾政府が軍艦の派遣をするという脅しをしたら、一転して3000万円を麻生総理が漁船に払って解決しました

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/503n
>間も無く日本側が海保巡視船の過失を認め謝罪を表明し、同年12月、3000万円相当の賠償で和解が成立

「間も無く」と書いてある以上「過失を認め」たのは福田康夫が総理の時代、「和解が成立」したのは麻生太郎が総理の時代。
おまけに「3000万円相当の賠償」と「3000万円払って解決した」はまるで意味が違う。

どう見ても麻生議員に対する名誉毀損です。本当にどうもありがとうございました。

508 名前: 恵也 :2010/09/24(金) 23:29:33 ID:EtueJmt1

>>496 むしろ有力者がいない、追手の手が届かない僻地に住むのが普通

僻地に行くまでに殺されてはドモ並んだろ。
有力者に見逃してもらう必要があるの。
居ついてしまったら、有力者だって一緒に源氏から滅ぼされてしまうよ。

>>500 このなかに尖閣諸島は入っていません。

台湾の付属諸島嶼として、尖閣諸島が入ってます。

――――引用開始――――
台湾およびその付属諸島嶼
http://www3.kiwi-us.com/~ingle/sib/shimonoseki%20treaty.html

>>502 「対馬海盆」という海溝が存在するわけですがw

海溝と海盆とは、まったく違うのだけど???
海盆とは山の平らなもので、海溝は凹んだ海の溝なんだがね。

それに隠岐と竹島の間には対馬海流が流れていて、横断するのは大変だよ。
鬱陵島から竹島だったらたいした事はないけど…・
それに海盆なら魚の宝庫だぜ。

509 名前: no name :2010/09/25(土) 00:12:03 ID:vwSW/37x

沖縄トラフ=沖縄舟状海盆ですがね

510 名前: no name :2010/09/25(土) 00:18:17 ID:vwSW/37x

>>504
私の書いたのは「陳侃使録に出てくる釣魚台=魚釣島とは厳密に確認出来ない。」ですよ
地学雑誌の記事尖閣列島探検記事を読めばわかると思うが、
黒岩恒氏が確認している記述はありません。
文献資料を引用して呼んでいるだけです。

511 名前: no name :2010/09/25(土) 01:22:48 ID:ZaXYgqHk

>>508
>有力者に見逃してもらう必要があるの

キチガイ恵也は、平家の落武者が表街道を使って逃避行するとでも思ってやがるのかw
誰にもバレないように山奥の獣道みたいな所ばかりを選んで断崖僻地に逃げるハズなんだがねw

そもそも当時の人口はキチガイ恵也が自分で元寇時の人口を600万人と書いていたハズだが
今とは全く人口密度も違うんだよ

>台湾の付属諸島嶼として、尖閣諸島が入ってます

嘘つくんじゃねーよ、キチガイ恵也!
キチガイなのはまだ良いとして、嘘つきなのは何とかならねーのかよ

「台湾の付属諸島嶼」に尖閣諸島が入った歴史的事実は無い!
下関条約で尖閣諸島が議題に上がった事も一度もない!

尖閣諸島は日清戦争とは全く無関係に獲得した領土なんだよ!
お前の大好きな毛沢東主義者の井上清ですら、「日清戦争とは無関係」という部分は認めてるだろうが!
よく読めよ!

>海盆とは山の平らなもので、海溝は凹んだ海の溝なんだがね

お前頭おかしいの?また勝手な「オレ日本語」か?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E7%9B%86
>海盆(かいぼんbasin[1][2]、oceanic basin[3])とは、海底にある円形の盆地のこと

何が「山の平らなもの」だ!

512 名前: no name :2010/09/25(土) 01:35:29 ID:ZaXYgqHk

>>508
>それに隠岐と竹島の間には対馬海流が流れていて、横断するのは大変だよ
>鬱陵島から竹島だったらたいした事はないけど…・

嘘 つ く な

https://sites.google.com/site/takeshimaliancourt/Home/location-of-takeshima
>しかし、文献を読んでいくと、朝鮮は、当時、鬱陵島へ渡航するのも相当の覚悟と恐怖で持って渡航していた。
>海底の地形を見てみると一目瞭然だが、朝鮮半島から鬱陵島までは、同じ大陸棚?というかプレート上にあるので、まだマシである。

>海底地形を良く見ると、鬱陵島沖から急に海底が沈降して、水深が深くなっている。
>この対馬海盆は、暖流である対馬海流と、北方からは寒流であるリマン海流が交差している場所であり、非常に海流が激しい場所である。
>また、寒暖の空気がぶつかるところから、大量の水蒸気を発生させる場所なのである。
>このことから、朝鮮側の文献には、ごく一部を除いて、殆ど現竹島の記載がない。
>この海域は、距離が長い半島東岸から鬱陵島よりも更に困難な波であった事が予想される

513 名前: no name :2010/09/25(土) 01:49:55 ID:zHXwiXhQ

>>508
「国民」「具備」「遊歴」「海盆」も解らない日本語能力ゼロのキチガイはさっさと死んでろ

・恵也語録

国民とは…その土地に住んでる者であれば国籍は関係ない
具備とは…いくつか挙げられた条件の内、わずか1つ満たせば構わない
遊歴とは…辞書には「諸国を巡ること」と書いてあるが、遊んで通りすぎる意味である(>>452)
海盆とは…海溝とは全く違って、山の平らなものである(>>508)

514 名前: no name :2010/09/25(土) 07:38:41 ID:MWN2pro2

キチガイ恵也は、「日清戦争のドサクサで尖閣諸島を奪った」と主張するなら以下の点を説明せよ

1、下関条約で議題にすらならなかった理由はなぜか?
2、尖閣諸島が中国領土だった時代、尖閣諸島は中国のなに省・どこ郡・ナニ県に属していたのか
3、中国の領土だったとする根拠は何か?
4、単に海路の目印にしたぐらいの事が領有権の根拠になるのか?
5、1683年の清の時代まで中国は台湾すら領有してなかったのに、台湾より先の尖閣諸島をなぜ領有出来たのか?
6、中国が領有していたはずなのに、日本が10年がかりで探査しても「領有の根拠が見えず」と結論を下したのはなぜか?
7、海底地形図が領有の根拠になるのなら、なぜ竹島への韓国の不法占領については文句を言わないのか?

以下は俺の個人的な質問だ

8、どうしてお前は平然と嘘をつくのか?

海流の話も海盆の話も尖閣諸島の話も、お前の話は嘘ばっかりの妄想に過ぎない
お前がネトウヨが嫌いなのはよく分かるしそれには同意するが、俺はお前がもっと嫌いだ
どうせこの上記の質問についても一切答えないで無視か、詭弁や嘘で言い逃れるか、つまみ食い的にしか答えないのだろうな

515 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 08:09:25 ID:H9im4MIH

>>507 「間も無く」と書いてある以上「過失を認め」たのは福田康夫が総理の時代

逆だよ。
過失を認めて3000万円を払うのはセットなの。
国家が過失を認めたら、3000万円なんて鼻くその金額だろ。
俺たちにとっては100円くらいの金額だぞ。

麻生が総理になって、3ヶ月して払ってるがそんな100円くらい払うのに
ゴタゴタすると思うのかね。3000万円というのは現金とは限らないよ。
そこまで重箱のスミしか突付けないのかな。

>>506 お前の地図はもろに「地質調査」の結果なんだけどw

バカだね、これは地質調査とは言わないよ。
黒岩氏は学校の先生のようだけど、地図の作成というの。
川の名前をつけたり、尖閣列島の名前をつけたり、場所を特定したりして地図
を作成したもの。

地質調査というのは、鉄などの鉱物や石油採掘の目的で地質を調査するもので
たった20日くらいで地図を作るような行動は、そんな名前では表現しない。

>>505 衝突された側の海保の船長を処罰したりしたのは、福田の時代に行われた事だ

海保の連中は処罰されたかな???
俺の読んだ範囲では、漁船がわざと沈めたような表現をしてあったが処罰をして
たら今回の海保の暴走はなかったでしょう。

民主党政権になってから、ハゲタ宮内庁長官をはじめ小沢一郎秘書を取り調べて
いた前田検事、尖閣での海保の艦長など官僚連中の暴走は目に余る。
しかしまあ自衛隊の官僚が暴走してないだけ喜ぶべきかな。

>>497 1683年の清の時代まで、台湾が中国領土だった事は無い!

日本語があなたには通じないようだ。
「台湾が明に知られてなかった」と「台湾が中国領土だった事は無い」とは意味がまったく違うよ。「知ってる」と「支配してる」は違います。

516 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 11:16:50 ID:eHoHb+bo

>>509 黒岩恒氏が確認している記述はありません。

同じような位置で、釣魚台、釣魚嶼、釣魚島、魚釣島、魚釣台、魚釣島、魚釣嶼
という表記があったらすべて同じ島だと解釈するのは当たり前の話。
バカ丁寧な確認なんて不可能なことだ。

釣魚は中国語や英語の文法で、魚釣は日本語の文法。
時代とともに島の名前が変化してしまうのは仕方のない現象なんだよ。
あなたは全文を読んでないのじゃないかね?

――――引用開始――――
○魚釣嶼
釣魚嶼、一に釣魚台に作る、或は和平山の称あり。海図にHoa-pin-su.と記せる
もの是なり。

沖繩にては久場島を以つて通す。左れと本島探検(沖縄人のなしたる)の歴史
に就きて考ふるときは、古来「ヨコン」の名によっ て沖縄人に知られしもの
http://senkakusyashintizu.web.fc2.com/page058.html

517 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 11:23:50 ID:tVrOt0WX

>>511 誰にもバレないように山奥の獣道みたいな所ばかりを選んで断崖僻地に逃げる

あなたは山歩きをしたことがないでしょう。
俺は四国88ヶ所徒歩遍路を2回やり、獣道みたいな道もよく歩いたがそんな路
だけが延々と続いてるということはない。

逆にそんな路は途中で消えてしまうもので、地図を見て方向を考えて大きな道を
主として歩かないと迷子になってしまう。
落武者も一族郎党、家族まで連れて逃げ出してるのだから、寝る場所や食事、水
などを考え知った場所や友人、親戚などを頼りに移動するもの。

俺のいる四万十でも平家の落武者という部落(城ノ川)があるが、中心市街か
らは車で30分くらいかかる場所まで行って、そこから歩いて10分ほと山の上
に登らないといけない。
小川があり、急峻な山道を登り、小川の周りに石積みした田んぼや畑の跡がある。

中心街では平安時代の一条天皇のゆかりの方のお墓もあるし、皇族もだいぶん
流刑で来ていた様だが、それらを頼って世話になり山奥に逃げ込んだんだろう。
あなたみたいな逃げ方じゃ、山奥で一族郎党迷子になって飢え死にしてしまうよ。
少なくともある程度の食料や衣服、台所用品を準備して山奥に行かないとね。

>> 下関条約で尖閣諸島が議題に上がった事も一度もない!
無人島なんだから、台湾につながる付属諸島嶼として無視されたんだよ。
さもなければ条約も結ばず、内緒で日本領土にしたといえる。

>> 井上清ですら、「日清戦争とは無関係」という部分は認めてるだろうが!
そんな事を言うとは、井上氏の記述をあなたは読んでないのじゃないの?
読みもしないでよく断言できるものだ、感心するよ。

――――引用開始――――
日本がここを領有した経過と事情を、明らかにすることである。これは、前回
の小論では、きわめて不十分 であった。今回は、この領有が日清戦争の勝利に
乗じた略奪であることを、当時の政府の公文書によって、かなりく わしく明らかにできた。
(「尖閣」列島−釣魚諸島の史的解明 吉田清氏より)

>> 海底にある円形の盆地のこと
俺の勘違いだ、錐と海盆を混同してた。訂正します、失礼。

518 名前: no name :2010/09/25(土) 13:06:08 ID:KLhbLozg

>>516
陳侃使録に記載されている釣魚台の位置が
尖閣列島探検記事の魚釣島と同位置にあると、どうやって確認できるのでしょうか。
つっかホアピンスなんて英語、あるんすかw

519 名前: no name :2010/09/25(土) 13:10:03 ID:jBlIbplG

>>515
>過失を認めて3000万円を払うのはセットなの

お前はwikiの解説文1つ満足に読めんのか?
>>503でお前書いたよな?

>間も無く日本側が海保巡視船の過失を認め謝罪を表明し、同年12月、3000万円相当の賠償で和解が成立

普通の日本語能力の持ち主なら、「過失を認め謝罪を表明」したのと、「和解が成立」は別の時期である事が容易に理解できる
市価も「謝罪し」と「和解が成立」の間に句読点が入っていればなおさらだ
どこが「セット」だよ

そもそもキチガイ恵也は、日本語も満足に扱えない人物である事はお前自身認めてるはずだよな?
http://2chnull.info/jump/http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/70n
>日本語でさえアップアップなのに習ったことのないフランス語で何で読む必要があるんだね


>国家が過失を認めたら、3000万円なんて鼻くその金額だろ

うわ、出たよw
恵也自身、ろくに稼いでないくせにお前ナニサマなの?
こういう台詞は、キチンと人並みの税金を納めてから言いなよ
貧乏なくせに職場を転々としたから大多数の人より税金納めてないくせに

ちなみに3000万円を稼ぐのに、1日1万円の派遣労働者が休みなしで働いたとしても、10年弱はかかるんだよ、キチガイ恵也
お前、「たった2億円がブルジョワかね」と書いて恥をさらしたくせに、また同じ事やるのか
馬鹿は死ななきゃ治らないなw

>麻生が総理になって、3ヶ月して払ってるがそんな100円くらい払うのにゴタゴタすると思うのかね。

するね。
まして、内閣がこの間変わってんだから状況を把握するだけで精一杯のはずだ
前の内閣が決めた事を勝手に一存で破棄できるわけがない

キチガイ恵也はろくに働いた事も無いから、南京の松井司令官の時もそうだったけど、
2ヶ月や3ヶ月で司令官としての威厳や権威が身につくと思えるらしい
真性のキチガイだな

>3000万円とい うのは現金とは限らないよ

言い逃れキターw
他者から批判されるまで知らなかったくせに、裁判が怖くなって主張をねじ曲げ始めたか
>>485のどこに「現金とは限らない」なんて書いてあるんだ?

>台湾政府が軍艦の派遣をするという脅しをしたら、一転して3000万円を麻生総理が漁船に払って解決しました

お前がwikiの「3000万円相当」を勝手に「3000万円払って解決した」と書き換えたんだろ?
自分の言葉には責任とれよ

裁判頑張ってね〜(^q^)

520 名前: no name :2010/09/25(土) 13:46:14 ID:jBlIbplG

>>515
>バカだね、これは地質調査とは言わないよ

ハァ( ゚Д゚) ポカーン
お前の出した資料は「地学雑誌」からの引用なんだけどw
しかも地図上には「砂岩」とか「珊瑚礁」とか「閃緑岩」とか、地質学的な単語が頻出する
お前、「地学」って何だか解ってる?「地理学」じゃなくて、「地質学」の事なんだよ
最近では天文学も含むけどな
俺は今の大学受験で地学専攻だったからな、キチガイ恵也の詭弁は通じないよ

「地学」の言葉の意味も知らないくせに、よく「地質調査とは言わないよ」なんて笑える事をほざけるな

>川の名前をつけたり、尖閣列島の名前をつけたり、場所を特定したりして地図を作成したもの

「地学雑誌」という名前や、左上の「閃緑岩」とか「砂岩」については無視ですかそうですかw

>地質調査というのは、鉄などの鉱物や石油採掘の目的で地質を調査するもので

それだけの目的じゃありませんから
例えば一見地面が固そうに見えても、雨が降れば底無し沼になったり、はたまた崩落現象を起こしたりする危険を防ぐためでもあります

>たった20日くらいで地図を作るような行動は、そんな名前では表現しない

キチガイの勝手な思いこみは必要ないです
現にこれは「地学雑誌」からの引用なんだし、まして左上の「砂岩」とか見れば「地質学」の資料である事が一目瞭然です

で、この黒岩氏は自分で「回遊」したと書いてあります
18日間同じ島を調べたわけではなく、広く尖閣諸島を巡ったのです
即ち1つの島の土地に名前を付けたり、場所を特定するだけでも精一杯であり、これに加えて地質学的な調査は行えたのか?
日清戦争前、10年に渡って日本が調査してきた結果であると考える方が自然です

最後にキチガイ恵也はろくに資料が読めてません
今に始まった事じゃないですが、この黒岩氏が次のように書いている事は無視しないで頂きたい

>本列島は、釣魚嶼、尖頭諸岐、及黄尾嶼より成立し、渺たる蒼海の一粟なり。
>左れど其位置上の関係よりして、古 來 沖 縄 縣 人 に 知 ら れ 居 れ り。
(中略)
>○魚釣嶼
>釣魚嶼、一に釣魚台に作る、或は和平山の称あり
>沖繩にては 久 場 島 を 以 つ て 通 す。
>左れと本島探検(沖縄人のなしたる)の歴史に就きて考ふるときは、古来「ヨコン」の名によって
>沖 縄 人 に 知 ら れ し も の にして、

521 名前: no name :2010/09/25(土) 14:05:33 ID:jBlIbplG

>>515
>海保の連中は処罰されたかな???

たかだか2年前の事ぐらい自分で調べろよ!
クレクレ厨のキチガイが!
http://www.ab.auone-net.jp/~sekisei/sub99.htm
http://dogma.at.webry.info/200806/article_4.html(コメント欄まで読むように)

これが逆なら「金でもくれるのかい?」とかふざけた事言い出すくせによ

>「知ってる」と「支配してる」は違います

屁理屈だね
知ってたならなんで領土にしなかった?
オランダ人やスペイン人が侵略するのに任せていたんだ?

さっさと、明政府がオランダ人に台湾植民地化の許可を与えた証拠を出せよ
話をそらさないで

522 名前: no name :2010/09/25(土) 14:17:12 ID:pKspohuS

>>515
キチガイ恵也は自分の都合が良い質問にしか答えてないから、再度質問する

1、明の冊封使節は、海底地図を見ながら「これは日本領」「あれは中国領」と確認したのであるか?

2、明の時代に海底地形図など存在したのか?明の時代の海底地形図を今すぐ見せてみなさい

3、>>494に「明が台湾をオランダ人に住むことを許可した」などと書いてあるが、如何なる根拠に基づくものか答えよ

4、「許可」するからには、明が台湾を保有していなければならないが、鄭成功が台湾に来る前に明が台湾を保有していた証拠を出しなさい

5、清の時代に成立した明史という歴史書には、台湾は日本や李氏朝鮮と同じ「外国列伝」に記載されているが、この理由を答えなさい

6、一般的に、中国が台湾を領有したのは1683年の清の時代とされているが、それ以前になぜ尖閣諸島だけは中国領だったのか答えなさい

どうせ「金でもくれるのかい?」とかほざいて、1つも答えずに無視して逃げ出すのが明らかだがね

523 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 14:27:05 ID:1AqRzYuh

>>512 鬱陵島へ渡航するのも相当の覚悟と恐怖で持って渡航していた。

面白く見させてもらったが、著者は勘違いをしてるよ。
鬱陵島は大きな島で、昔から多くの人が住んでました。
この島は古い文献によく出てます。

たしかに朝鮮半島から鬱陵島に渡航するのは、海流が強いと思われるから
荒れた海と推測できるが、しかし鬱陵島から竹島への海流は弱い。
だから鬱陵島と竹島は好漁場として、セットで考えられてたの。

また隠岐から竹島への海流は、対馬海流の通り道で強い。
冬の日本海は荒れるというし小さな船では、恐かったと思うよ。
対馬海流は対馬で二分されて日本側と朝鮮側に流れてるわけだ。

それと海底が深いから流れが速いというわけではないし、リマン海流と
いうのは竹島まで来てません。

気象庁の地図を見ると、沖縄と尖閣諸島の間には、非常に強い黒潮が流
れてるが、台湾と尖閣諸島の間にはほとんど流れてない。

――――引用開始――――
日本近海 旬平均海流
http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/jun/current_jp.html

524 名前: no name :2010/09/25(土) 14:30:44 ID:qDM+euUO

>>516
>あなたは全文を読んでないのじゃないかね?

お前にそんな事言える資格はないな

尖閣諸島は沖縄人にとって名前を付けるぐらい身近な存在だった

これすらお前は知らないのか無視するんだから

http://kunini922.iza.ne.jp/blog/entry/1400346/

尖閣諸島の沖縄名についてまとめたサイトもある

525 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 14:34:12 ID:Smbt06sa

>>514 下関条約で議題にすらならなかった理由はなぜか?

日本としては戦争に勝ってる状態で、3ヶ月前には国標杭を打つ閣議決定
も出してるし日本領土にすでに決定してるから、話す必要も感じない。

清国としては、戦争に負けて山東半島や朝鮮の利権も取られ台湾まで
取られるのじゃ、無人の尖閣諸島なんて「台湾の付属諸島嶼」の一言
でくくられてしまったんだよ。

尖閣に人がいて税金でも取れてるのならともかく、無人で漁師が上陸する
程度の島では、省に入れて記録なんてしてないのじゃないかね。
日本にもいろんな無人島があるけど、実用価値のない島を藩が管理し記録
に残してたのかな。そんなことは無駄な仕事と思うけど…

陳侃の日記では久米島を「そこから琉球に属する」としてるし、郭の日記で
は「5月1日釣魚島を通り、3日赤尾島に来た。赤尾島は琉球との界だ」と
いう表現がある。「界」とか「属」の言葉で十分に判断できると思うけど・・

>> 1683年の清の時代まで中国は台湾すら領有してなかったのに
元は領有してたのじゃないの。
たしか台湾と戦争して、台湾を占領した記事を見たことがあるんだけど…

沖縄に行く使節団は、福建省から出て台湾沖で方向を変え、尖閣諸島で
また方向を変えて沖縄に行ってます。だから台湾の領有は関係ないだろう。

526 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 14:35:42 ID:V6ZJP6xi

>>514 日本が10年がかりで探査しても「領有の根拠が見えず」と結論を下したのはなぜか?

無人島の「領有の痕跡」なんてそんな日露戦争の頃に有るものじゃないだろ。
セイゼイ中国の歴史を調べて、相当する記事かあるのか調べるくらいだと思う
けど、籌海図編(ちゅうかいずへん)(一五六一年の序文あり)という倭寇と
戦った海軍司令官が作った地図くらい調べたのかな。

――――引用開始――――
胡宗憲は、当時中国沿海を荒らしまわっていた倭寇と、数十百戦してこれを
撃退した名将で、右の書は、その経験を総括し、倭寇防衛の戦略戦術と城塞
・ 哨所などの配置や兵器・船艦の制などを説明した本である。
(「尖閣」列島−−釣魚諸島の史的解明 より)

>> 海底地形図が領有の根拠になるのなら
理解力がないねアンタ!
尖閣諸島と沖縄の間には、ドン深の海溝があって黒潮の激流が流れて昔の漁師
には漁場としては不向きな場所だったんだよ。

回遊魚は時たま来ても、地の根魚がいないので沖縄の漁師はめったに尖閣へは
行かなかったけど、台湾の漁師は黒潮から外れていて、尖閣までの範囲が日光
が海底まで届く好漁場だったから、明治時代にも台湾漁師の漁区になってたの。
台湾から漁師が集まってきてたから、台湾の付属諸島という表現をしてるんだよ。

それから俺は勘違いはあっても、嘘はついてないよ。
嘘と勘違いの差くらい理解しなさい!

527 名前: no name :2010/09/25(土) 15:04:34 ID:qDM+euUO

>>517
>俺は四国88ヶ所徒歩遍路を2回やり、

お前のお遍路って、平家の落武者みたいに命の危険を感じながらのものだったのかい?w
全く比較対象にならないよ

>落武者も一族郎党、家族まで連れて逃げ出してるのだから、

ハイ、嘘だね
この場合、そいつらが捕まってしまえば一家断絶になってしまう
従って、出来る限り別行動を取らせて一網打尽を免れるように工夫するのが普通の人間だ
キチガイ恵也には一般常識が無いからな

>寝る場所や食事、水などを考え知った場所や友人、親戚などを頼りに移動するもの

恵也の考える落武者ってずいぶんとワガママな「落武者」様ですねぇ
お前、終戦直後に脱脂粉乳って雑菌バイ菌入りまくりのゴミを飲まされた事に関しては、
「生きれりゃ良いんだよ!アンタ贅沢だね!」
とかほざいてなかったか?

平家の落武者は、終戦直後の日本人の比じゃない命の危険を感じていたはずなんだが?

>あなたみたいな逃げ方じゃ、山奥で一族郎党迷子になって飢え死にしてしまうよ

お前の逃げ方はキチガイのタワゴト
好んで一網打尽になりたがってるようにしか見えない

当然ながら逃亡途中には何人も死者を出すなんて承知の上だ

>少なくともある程度の食料や衣服、台所用品を準備して山奥に行かないとね

ずいぶんと贅沢な落武者様だw
彼らは合戦前に負ける事を前提にしていたのかw

>無人島なんだから、台湾につながる付属諸島嶼として無視されたんだよ

嘘つかないでくれ
「付属諸島嶼」に尖閣諸島は含まれていない!
台湾には尖閣諸島や澎湖諸島以外にも無数の「諸島嶼」が有るんだよ
「花瓶嶼」「緑島」「蘭嶼」「琉球嶼」これらを指すんだよ、キチガイ恵也

>さもなければ条約も結ばず、内緒で日本領土にしたといえる

下関条約の1年前には10年越しの調査が終わって報告書が上がり、3ヶ月前には閣議で領有宣言しとるがな
キチガイは必ず日本の行動には「悪意」でしか論じないな

>そんな事を言うとは、井上氏の記述をあなたは読んでないのじゃないの?
>読みもしないでよく断言できるものだ、感心するよ

読んでないのはお前だな
井上清は「先占権」の問題と、「中国の歴史書に尖閣諸島が出る」の二点を中心に批判していた人物だ
日清戦争についてなど「証明」してないし

528 名前: no name :2010/09/25(土) 15:20:41 ID:qDM+euUO

>>523
>しかし鬱陵島から竹島への海流は弱い

証拠は?
「対馬海盆」も知らないキチガイだったくせに

>また隠岐から竹島への海流は、対馬海流の通り道で強い

隠岐と竹島の間には「海溝」なんて有りませんが

>それと海底が深いから流れが速いというわけではないし、リマン海流というのは竹島まで来てません

その証拠は?
http://kushiro.env.gr.jp/saisei1/uploads/img425f64578a0cb.gif
http://pds.exblog.jp/pds/1/200506/05/63/b0062963_13491363.jpg
どう見ても竹島の近辺まで達してるけど

第一「灘」「海盆」程度の知識も無いお前の海洋学に説得力があると思ってんのか?

>台湾と尖閣諸島の間にはほとんど流れてない

ハァ?お前目んたまおかしいんじゃねーの?
http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/jun/image/HQ/subsJ70_cur_2010092.gif
どこが「ほとんど流れてない」んだ?
精神科だけでなく眼科にも行った方が良いよ

529 名前: no name :2010/09/25(土) 15:41:51 ID:KLhbLozg

>>526
明治期に台湾船が出漁したことを示す資料は確認出来ません。
関連スレで煽ったりもして見たが、戦前期の台湾船についての情報は特に得られないのが実情です。
あなたが明治期の台湾船の出漁について、資料を提示してくれると大変ありがたいとおもている
私の場合だと、基隆港が整備され、総督府補助の下台湾で初めての遠洋出漁可能な
発動機付船が建造されたのは明治44年ごろだったと記憶しています。
その後台湾船の出漁が確認できるのは大正5年ごろになります。

それはそうと>>524のくににブログ、そろそろまた再開しないといけないですね。
ID:qDM+euUOさんみたいに閲覧してくれる人に申し訳ない。
いちおう、戦前期の尖閣諸島における漁業については、一区切りつきました。
尖閣諸島の呼称について付記すると、やはり現在でも沖縄の地元漁民にとっては
多くが魚釣島がクバシマであり久場島がユクンと、そう呼んでおられる。
1890年から2010年までと考えると、ほぼ120年もの間この呼称で呼ばれていることになる。

530 名前: no name :2010/09/25(土) 15:43:57 ID:qDM+euUO

>>525
>無人の尖閣諸島なんて「台湾の付属諸島嶼」の一言でくくられてしまったんだよ

嘘だね
議題にすらならなかったのだから、含まれるわけもない

>省に入れて記録なんてしてないのじゃないかね

つまり「領有した」とする証拠は無いわけだ
証拠も無しに、よく「尖閣諸島は中国領」とかほざけるもんだ

そもそもこの理屈では、魏志倭人伝だって信用性が無くなるはずなんだが
邪馬台国なんて東の野蛮人の住む土地にすら、「会稽東冶」と記録に残した中国が、尖閣諸島に限っては記録に残さなかったのか
手前勝手な屁理屈があったもんだ

>日本にもいろんな無人島があるけど、実用価値のない島を藩が管理し記録に残してたのかな

近 代 国 家 の話をしろよ!
何だよ「藩」って!

>陳侃の日記では久米島を「そこから琉球に属する」としてるし、

そんな事、一言も書いてねーよ!
どこに「そこから」「久米島から」なんて書いてあるんだ?

そもそも「日記」は領有の根拠にはならないから
なんで個人的な私的な日記が、公文書に匹敵する価値があるんだよ!

>赤尾島は琉球との界だ

こんな事も書いてない
嘘をつくのも大概にしろ!

>「界」とか「属」の言葉で十分に判断できると思うけど・・

お前が勝手に妄想してるだけだ!
台湾すら領有してない明の人が、なんで尖閣諸島に限って近代的な国境の概念を振り回す事が出来るんだよ!

>元は領有してたのじゃないの

元は漢民族の王朝じゃないんだよ、キチガイ恵也

>たしか台湾と戦争して、台湾を占領した記事を見たことがあるんだけど…

証拠だして
元史も既に紹介されてるから、証拠出すのは難しくないよな

>沖縄に行く使節団は、福建省から出て台湾沖で方向を変え、尖閣諸島でまた方向を変えて沖縄に行ってます。

だから?
そもそも琉球からの先導が無ければ明の使者は琉球に行けませんでしたが
尖閣諸島だって、そこで初めて琉球人に尋ねて島の存在を知ったぐらいだし

>だから台湾の領有は関係ないだろう

関係あります
「尖閣諸島を中国が領有していた証拠」を出すのがお前の役目だろ
台湾の領有すらなしに、尖閣諸島だけを領有していたなど、普通に有り得ない!

そもそも明は、お前に言わせれば「海上国防圏」とやらを作っていたそうだが、その証拠はどうしたんだ?
いつになったら証拠出すんだ?

531 名前: no name :2010/09/25(土) 16:05:22 ID:qDM+euUO

>>526
>無人島の「領有の痕跡」なんてそんな日露戦争の頃に有るものじゃないだろ

あのねぇ、山内丸山遺跡とか見れば分かるようにねぇ、領有の痕跡は残るもんなんだよ
少なくとも「領有」が本当なら
それとも中国は、領有を放棄して無人島にする時に「徹底して痕跡を隠滅した」とでも主張するのかい?
だとしたら何の為に?

>セイゼイ中国の歴史を調べて、相当する記事かあるのか調べるくらいだと思う

あのねぇ、文献だけじゃ領有の根拠にはならんの
実効支配の方が重要なの
中国が、一体いつ尖閣諸島を実効支配したのか証明しろっての

>籌海図編(ちゅうかいずへん)(一五六一年の序文あり)という倭寇と戦った海軍司令官が作った地図くらい調べたのかな

少なくともキチガイ恵也は調べてないな
既に反論されている井上清の丸写ししか出来ないんだから
以下引用

http://akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/page092.html
>ところで、この井上清の主張は充分維持できるであろうか。
>尾崎重義によると、『壽海図編』巻四には、「福建沿海総図」があり、それには澎湖島は記載されているが、
>台 湾、台 湾 北 東 の 基 隆 嶼、彭 島 嶼 や 尖 閣 諸 島 は い ず れ も 記 載 さ れ て お ら ず、
>「この方が当時の実情に即している」。

>『壽源県志』(明代一六一四年)『寧徳県志』(清代一七一八年)(いずれも官製の地方志)などを見ると
>尖閣諸島が当時福建省のこれらの県の行政範囲に含まれていなかったことが知られるし、
>また同じく官製の『重纂福建通志』(清代一八三八年)の巻一にある「福建海防全図」にも、尖閣諸島は全く記載されていない。

>なお、奥原敏雄によれば、『壽海図』を引用するのであれば
[同書巻一の一七「福建界」が当時の福建省の境界をしめすものとして適当であるといえよう](奥原敏雄「尖閣諸島領有権の根拠」『中央公論』一九七八年七月号)
>が、この地図に示されているのは膨佳山までであって、台湾、尖閣諸島は描かれていない。
>つまり、尖 閣 諸 島 は 福 建 省 に 属 し て い な か っ た の で あ る。

532 名前: no name :2010/09/25(土) 16:25:26 ID:qDM+euUO

>>526
>尖閣諸島と沖縄の間には、ドン深の海溝があって

マリアナ海溝とかに比べたら「ドン深」なんて言いませんよ
そもそもこれがドン深なら、竹島と鬱陵島の間の「対馬海盆」も「ドン深」なんだよ

>黒潮の激流が流れて昔の漁師には漁場としては不向きな場所だったんだよ

その証拠は?
お前は「昔の漁師」を知ってるのか?

元寇の時代のモンゴル軍の船を現代の「マグロ漁船」と同レベルで考えたキチガイのくせに

>台湾の漁師は黒潮から外れていて

キチガイの妄想はいい加減にしろや!
台湾と尖閣諸島の間にも海流があるだろうが!

そもそも中国王朝に何度も船を出していた海運国の琉球が、漁師に限っては尖閣諸島に行けなかったのか
どんな屁理屈だよ!

>明治時代にも台湾漁師の漁区になってたの

その証拠を出してって言われても、お前は全く出さないじゃん
つまりお前の妄想だろ?

>それから俺は勘違いはあっても、嘘はついてないよ

これ自体「嘘」だから説得力ゼロ!

お前が嘘を指摘された時、「よく知ってるジャン」などと書いたのは一度や二度じゃないだろ
つまりお前は自分が嘘をついている自覚があって他人を騙そうとしている前科がいくらでもある
何が「嘘はついてない」だ!

>嘘と勘違いの差くらい理解しなさい!

理解して書いてんだよ
お 前 は 嘘 つ き だ
何度でも言ってやる!
恵也は嘘つきだ
山本隆次は嘘つきだ

それと「嘘と勘違いの差くらい理解しなさい」と言うなら、「勘違いと無知の差くらい理解しなさい」!
お前が「勘違い」と称してる物のほとんど全ては、他人からツッコミを受けた結果だろうが
お前が他人からの批判なく自ら間違いに気づいて訂正した事など、誤字脱字の訂正ぐらいしか無いだろうが

533 名前: no name :2010/09/25(土) 17:16:08 ID:qDM+euUO

>>529
正直勝手に引用して紹介して申し訳ない
でも色々と勉強になります

参考にはならないでしょうが、清の台湾統治はほとんど何もしないに等しく、住民が自力で開発したようです
そして意外だったのは、台湾は南部から北部に向かって開発が進んだという事

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%9C%9D%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E6%99%82%E4%BB%A3_(%E5%8F%B0%E6%B9%BE)
>漢民族の大量移住に伴い、 台南付近から始まった台湾島の開発のフロンティア前線は約2世紀をかけて徐々に北上し、
>19世紀に入ると台北付近が本格的に開発されるまでになった

即ち、19世紀初頭ですら台北開発の段階なのですから、台湾人が尖閣諸島に漁に行ったなんて有り得ませんね

なお、台湾北部の港町で有名なのは基隆ですが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%BA%E9%9A%86
>基隆は日本統治時代以前から対外貿易の拠点となっていたが港湾の水深が浅く岩礁も多かったため大型船の停泊には適さず、
>近代的な港としての発展には限界があった。
>日本政府は台湾統治を開始した4年後の1899年より港湾周囲の浚渫(しゅんせつ)工事と防波堤の建設などを進め、
>1万トン級の船舶が停泊可能な近代港湾として整備した

このように書いてあります
即ち、港町としての機能を獲得したのは日本統治時代以降としても過言ではありませんね

即ち、台湾人が尖閣諸島に漁に行くなど、あなたの仰る通りずいぶんと後の話でしょう

534 名前: no name :2010/09/25(土) 17:24:34 ID:YWjjNQi8

http://ameblo.jp/kriubist/entry-10657588970.html

検察批判が好きな恵也は、なんで官房長官の仙谷由人は批判しないの?
民主党だから?

仙谷由人が元弁護士なのは知ってるよね?
建設国保の偽装加入問題で朝日新聞(徳島)が偽装加入者4000人に取材したところ
「保険料が安くすむと仙谷さんから教えられた」との回答があった。
これが事実だとすると、仙谷の「詐欺教唆」が成立する。
刑法246条及び刑法61条により、量刑は10年以下の懲役となり、弁護士資格ははく奪となるわけだが

535 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 17:43:39 ID:aa0Rfuhu

>>519 前の内閣が決めた事を勝手に一存で破棄できるわけがない

福田内閣で決めてたら、そこで3000万円払って決着してるよ。
決めてしまったら、次の内閣に面倒な案件を残さないのが政治の原則。
払った時点で、最終的な責任は発生するんだよ。

>>520 沖 縄 人 に 知 ら れ し も の にして、

沖縄では知られてはいても、沖縄に属してるとは書いてない。
沖縄で明や薩摩藩も知られてはいても、沖縄領に属するわけじゃない。
ここでは領有権の話をしてるのであって、意味の違いくらい判るよね

>> まして左上の「砂岩」とか見れば「地質学」の資料である事が一目瞭然です

地質学の知識を持った人間が書いたというだけの話。
あんたは地質学の知識のある人が、地図を作成したら地質調査とでも言うのかね。
地学雑誌に書いたら、内容のイカンを問わず、地質調査とでも言うのかな。
そら言い過ぎだろう!

536 名前: no name :2010/09/25(土) 18:43:22 ID:3528Yctw

>>535
>決めてしまったら、次の内閣に面倒な案件を残さないのが政治の原則

政治家になった事もないくせに、よくそんな断言できるね
ルーピー鳩山見れば、面倒な案件を残しまくって退陣してるのが明らかなんだけど

>ここでは領有権の話をしてるのであって意味の違いくらい判るよね

だったら、同じ理屈で「中国に属している」とも書いてないわけだが
日中双方に「属しているとは書いてない」という事なら、即ち「無主地」だろうが
当時の万国公法という国際法では、無主の地は「先占権」が認められてんだよ
先に支配した方が正義なんだっての!

>地質学の知識を持った人間が書いたというだけの話

ハァ?バカじゃないの?
「閃緑岩」なんて地質学以外に使う事は無い単語なんだがね

>あんたは地質学の知識のある人が、地図を作成したら地質調査とでも言うのかね

当たり前だろ
そもそもこれは「地図」として作られたのか?w
「地学雑誌」という雑誌に掲載された以上、地図じゃなく地質学の資料に決まってんだろ

そもそもお前、「地学」は地理学じゃなくて「地質学」という事も知らなかったんだろ?

>地学雑誌に書いたら、内容のイカンを問わず、地質調査とでも言うのかな

内容のイカンを問えよ、キチガイのアホ
地学雑誌に掲載された上、「閃緑岩」とか「砂岩」なんて書いてあれば、「地質調査」に決まってんだろうが

537 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 20:43:33 ID:mGtbe5jI

>527 平家の落武者みたいに命の危険を感じながらのものだったのかい?

一度死にそうになったよ。
ピッチを上げすぎて、足が動かなくなり雨が降ってきて体が冷え暗くなって
来た時にはここで凍死するんじゃないかと思ったね。

運良くお堂があって、布団一組が置いてあったので助かったけど無かったら
あそこで死んでたかも知れん。
四国には接待の習慣があり、お遍路にはずいぶん気配りがしてあるよ。

>> 従って、出来る限り別行動を取らせて一網打尽を免れる
それは無理な相談。
そんな事をしたら、一生会えなくなってしまうよ。
日本人が満州から逃げ出した時にも、途中で別れたらドモならん。

目的地の日本がはっきり安全だったから、日本で合流できたけど安全な場所
が確定してない落武者じゃ、途中で別れたらマズ会えないよ。

>> 逃亡途中には何人も死者を出すなんて承知の上だ
あなたの逃げ方じゃ、源氏に追いつかれて全員滅亡だ。
狭い獣道じゃ、大きな道路を追って来る源氏のスピードに勝てない。

>> 彼らは合戦前に負ける事を前提にしていたのかw
合戦の時じゃなく、逃げ出す時のことだろ。
市街地から山奥に隠れる時のことなんだよ。

>> 日清戦争についてなど「証明」してないし
日清戦争のことが、たくさん書いてあるし、尖閣を日清戦争と無関係だとした
記述はありません。

――――引用開始――――
正確にいえば、台湾と澎湖島は下関条約第二条により、公然明白に強奪した
のであり、釣魚諸島はいかなる条約にもよらず、対清戦勝に乗じて、中国
および列国の目をかすめて窃取したのであった。

しかもこの強奪と窃取は、時間的につらなっているのみか、政治的にも一体
不可分のものであった。このことを論証するのが、本論の第二の課題である。
(なぜ釣魚諸島問題を再論するか より)

538 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 20:45:30 ID:v5SUkXB7

>528 隠岐と竹島の間には「海溝」なんて有りませんが

海溝は海流の速さとは無関係です。
対馬海流が、隠岐と竹島の間を通ってることをあなたは否定したいのかな?

>>529 発動機付船が建造されたのは明治44年ごろだったと記憶しています。

発動機付船が漁船に使われるようになって、沖縄の漁師が尖閣諸島に黒潮を
横断して漁にいけるようになったのであって、その前には漁の為にはいけない。
手漕ぎや帆掛け船では、潮に流されて話にならんだろう。

>>530 「会稽東冶」と記録に残した中国が

その当時は会稽郡は大きな都市だったんだよ。東冶という場所には天文観測
した膨大な記録が存在して、中国にある基準点のひとつだったんだろう。
東冶は上海の少し北の位置だったんじゃないかな。

人が7万戸も住んでる女王国は記録には残しても、人も住んでない無人島の
記録を残す必要性なんて、晋にはほとんどないんじゃないの。

――――引用開始――――
この国はどのあたりにあるかというと、まさに、会稽の東治の東にあたる。
http://www.webtelevi.com/yamataigisi.htm

>> どこに「そこから」「久米島から」なんて書いてあるんだ?
あなたは自分で漢文が読めないのかな
「乃属琉球者」
http://www.mahoroba.ne.jp/~tatsumi/dinoue0.html

539 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 21:03:20 ID:2ZBG/TTS

>>536 「地学」は地理学じゃなくて「地質学」という事も知らなかったんだろ?

あなたよりは俺のほうが知識は上のようだね。
俺はこれでも、少しでも正確に言葉を調べたがる方で、ここで地学という
言葉が出てきたので広辞苑で調べて、正確な意味を覚えてたよ。

地学とは地形学、海洋学、古生物学、地質学、岩石学、鉱物学、地球物理学
地球化学などを含む。
広義には天文地学の略称として、天文学、気象学も含む。
明治後半頃には、地理学にも使った。
(広辞苑 第6版より)

540 名前: no name :2010/09/25(土) 21:23:05 ID:3528Yctw

>>537
>一度死にそうになったよ

そんな事聞いてねーよ、キチガイが!
お前のお遍路は、平家の落武者みたいに指名手配されて命の危険を感じながらだったのか?

ふざけんじゃねーよ

>そんな事をしたら、一生会えなくなってしまうよ

別に良いだろ
家が絶えるよりはよっぽどマシだ!

昔の武家にとっては、本人の命よりも「家」の方がよっぽど重要なんだよ

>目的地の日本がはっきり安全だったから、日本で合流できたけど安全な場所が確定してない落武者じゃ、途中で別れたらマズ会えないよ

会う必要がないんだよ!
会って後つけられて一網打尽にされたいのか?

何がなんでも、家を守るためにリスクを分散するんだろうが、アホか!

>あなたの逃げ方じゃ、源氏に追いつかれて全員滅亡だ
>狭い獣道じゃ、大きな道路を追って来る源氏のスピードに勝てない

バカか?
なんで大軍勢が待ってると解る所に落武者が飛び出すんだ?
大軍勢がいれば通りすぎるまでやり過ごすよ

そもそも源氏はなんで、平家の落武者の進行方向まで熟知してんのやらw
バカじゃないの?

源氏にとっては都合が良い前提を勝手に設けて、平家にとっては都合が悪い前提を勝手に設けてるだけじゃねーか!
だったらどんな逃げ方しようが源氏が有利だよ

>合戦の時じゃなく、逃げ出す時のことだろ

お前の言ってる「落武者に必要な物」って、一朝一夕に簡単に揃えられる物じゃないんだけど
合戦前から準備してなかったら、どうしていざ逃げ出す時に準備が整ってんだよ?

>市街地から山奥に隠れる時のことなんだよ

南京の中国軍みたいに平家の落武者が略奪でもするというのか?
ずいぶんと目立つ「落武者」だなw

普通なら目立たないように目立たないように細心の注意で逃避行を図るはずだがね

541 名前: no name :2010/09/25(土) 21:51:44 ID:3528Yctw

>>538
>海溝は海流の速さとは無関係です

お前がそもそも>>486で尖閣諸島に海溝と海流を持ち出したんだがw
竹島では都合が悪いから無視ですかw


>発動機付船が漁船に使われるようになって、沖縄の漁師が尖閣諸島に黒潮を横断して漁にいけるようになったのであって

ハァ?
>>529氏は 台 湾 の話をしてるんだけど?

「基隆港が整備され、総督府補助の下台湾で初めての遠洋出漁可能な発動機付船が建造されたのは明治44年ごろだったと記憶しています」

キチガイ恵也は日本語が解らないのか?
「台湾で初めての遠洋出漁可能な発動機付船」が「明治44年ごろ」と書いてあるんだよ
なんでそこで「沖縄の漁師」が出てくるの?

>その前には漁の為にはいけない

だからさあ、琉球王朝は何百回となく中国やシャムに船を派遣する技術があったのに、なんで漁師が行けないんだよ?
バカじゃないの?

>手漕ぎや帆掛け船では、潮に流されて話にならんだろう

その理屈では、江戸時代まで日本の漁業は「話にならん」水準だった事になるんだがw
そりゃ現代のマグロ漁船と比べれば「話にならん」水準だったかも知れんがねぇ…

>その当時は会稽郡は大きな都市だったんだよ

だから何だよ?邪馬台国は魏に税金を納めないぞ?
扱いとしては無人島と大して変わらないだろうが
>>525のお前の屁理屈は、税金を納めない無人島だから記載しなかったとかいう屁理屈だろうが

>東冶は上海の少し北の位置だったんじゃないかな

ま〜だこんな寝ぼけたアホな事言ってんのか、このキチガイは!
「東冶」は福建省の福州市の事、つまり会稽のずっと「南」だと指摘されてんだろうが!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B6%E7%9C%8C
>現在の福州市中心部及び閩侯県の一部に相当する

上海は会稽の300キロは北なんだよ!
会稽のずっと南の福州市が、なんで上海の北なんだよ!
キチガイの妄想もいい加減にしやがれ!

>あなたは自分で漢文が読めないのかな

どこに「そこから」なんて書いてあるんですか?w
「乃ち琉球に属す者」としか書いてないんだけど

漢 文 が 読 め な い の は お前だろ!

542 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 21:54:11 ID:Yl/nsZQj

>>536 だったら、同じ理屈で「中国に属している」とも書いてないわけだが

1560年頃に冊封使になった郭汝霖の日記によると釣魚島から赤尾島に来た時に
赤尾島を琉球地方を「界」する山と記載してます。
だから中国に属する島といえる。

――――引用開始――――
初三日赤嶼ニ至ル。赤嶼ハ琉球地方ヲ界スル山ナリ。
http://www.mahoroba.ne.jp/~tatsumi/dinoue0.html

543 名前: no name :2010/09/25(土) 22:08:08 ID:3528Yctw

>>539
ハイハイ、また捏造と妄想の定義ですかw
お前の出したサイトの地図をもう一回読めよ

http://senkakusyashintizu.web.fc2.com/page058.html

地図の上部に英語で"GEOLOGICAL MAP"オブナンチャラって書いてあるよな?
この"GEOLOGICAL"って「地質学」そのものの意味なんだよwww
英語が読めないキチガイ恵也は哀れだねぇw

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch/1/1na/030342000/
[形]地質学(上)の

ちなみに「地理学」の意味なら英語で、"geography"になる
英語で厳密に定義されている上、掲載媒体は「地学雑誌」、地図の左上には「閃緑岩」とか「砂岩」と書いてある
これは地質学の資料以外の意味は無いだろうが!

なに、キチガイ恵也は自分の無知蒙昧な妄想を誇ってんだ?w

544 名前: no name :2010/09/25(土) 22:14:08 ID:3528Yctw

>>542
>赤尾島を琉球地方を「界」する山と記載してます

だから?
どこにも「中国に属する」なんて書いてないだろ
キチガイ恵也は頭が悪すぎる

そもそも何度も繰り返すが、この当時の中国は台湾すら領有していない!
台湾すら領有してないのに、尖閣諸島だけは近代的な意味での「国境」であるなどと考えるはずもない

いい加減にしろや!

さっさと尖閣諸島が明の海上国防圏だった証拠と、明がオランダに台湾植民地化の許可を与えた証拠を出せよ

545 名前: no name :2010/09/25(土) 22:35:19 ID:RTYGeYhd

>>539
恵也は「裸の王様」の話はご存知?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E3%81%AE%E7%8E%8B%E6%A7%98

お前はこの話の王様にそっくりだよ
王様なら裸でもやっていけるだろうがね、お前みたいな人生の負け犬のキチガイが裸の王様やっててどうすんだよ?

「少しでも正確に言葉を調べたがる」割りには、「国民」は解らない
「灘」は解らない、「具備」は解らない、「遊歴」は解らない、「海盆」は解らない
そんなお前が「少しでも正確に言葉を調べたがる」なんて笑わせんなって感じ?

546 名前: 恵也 :2010/09/25(土) 23:02:12 ID:62rMYFKt

>>541 福州市の事、つまり会稽のずっと「南」だと指摘されてんだろうが!

それは一つの説に過ぎない。
東冶は福建省だったが、東治は会稽山の付近ということしか判ってない。
たぶん東治が正しくて、東冶がミスプリントなのだろう。

福建省の東冶は、西暦260年頃には会稽郡から離脱してますが、魏志倭人伝は
285年頃に完成した書物です。

>> 「乃ち琉球に属す者」としか書いてないんだけど
乃をあなたはなんと訳してるの?
辞書を調べてみなさい「そこから」という意味がある。

547 名前: no name :2010/09/25(土) 23:22:51 ID:RTYGeYhd

>>546
>それは一つの説に過ぎない

ねーよ!
「東冶」は福州市!それ以外の「説」など存在しない!

>東冶は福建省だったが、東治は会稽山の付近ということしか判ってない

で、字の間違いだとか後出しで言い出すのか…
普通「墨がたれた」とかで「冶」が「治」になる可能性は考えられるけど、「治」が「冶」になる可能性なんてあるのかよ?

で、そもそも「会稽山の付近」がなんで上海なんだよ?
直線距離でも300キロは離れてんだぞ
まだ、呉の首都だった建業(今の南京)の方が上海に近いんだよ

そもそも今の上海辺りの地域が「上海」を名乗ったのはずっと後の時代だし、上海が今みたいに発展したのはアヘン戦争後だっての!
魏志の時代、上海は「横浜村」や大昔の香港と同じ ひ な び た 寒 村 なんだよ

>乃をあなたはなんと訳してるの?辞書を調べてみなさい「そこから」という 意味がある

嘘つくな!
http://dictionary.infoseek.co.jp/?sc=1&se=on&lp=0&gr=kj&sv=KJ&qt=%C7%B5&qty=&qtb=&qtk=0
「の」か「すなわち」以外の読みはねーよ、アホ!

548 名前: no name :2010/09/25(土) 23:37:41 ID:oE1fyhQh

文長いなw
ネトウヨか?

549 名前: no name :2010/09/25(土) 23:38:41 ID:DJ30oGq1

>>546 辞書を調べてみなさい「そこから」という意味がある

どうして平然とすぐに解る嘘をほざけるかね?さっさと地獄に堕ちろよ!
以下漢和辞典から引用。()の中は俺の補足

[乃]一、ダイ ナイ 二、アイ エ
意味
一、すなわち(太字強調)。そこで、ここに、いまし。(例文略。以下同じ)
やうやく(ようやく)。かへつて(却って)。これ(是)。
無意味の助詞。語勢をとヽのへ、また物を一つ一つあげる時に用ゐる語。

意味
二、さきに。むかし、以前。

意味
三、なんぢ(汝に同じ)

意味
四、(國訓)の。

「そこから」なんて意味は存在しないので悪しからず。

550 名前: no name :2010/09/25(土) 23:45:04 ID:DJ30oGq1

>>548 基地外の恵也が嫌いなだけだろ、常識的に考えて

551 名前: no name :2010/09/26(日) 00:01:59 ID:tZZ/eTgd

>>533
いえ、一応公開してるわけですから遠慮なく使ってください。
台湾の本島人は一部の生蕃の方々以外、海での漁業は苦手だったようです。
大陸からの漢人は淡水魚の養殖を主要な漁業としており、鰹釣漁やトロール等は
主に内地人が操業していた云々台湾の水産業などに記されていたと思います。
手元に資料がないのでおおまかな書き方になって申し訳ない。
>19世紀に入ると台北付近が本格的に開発されるまでになった
当時の感覚では台北台東は未開の地に近い感じだったのでしょうか
当時尖閣まで出漁したという資料があるとするなら、それはそれで面白そうです。

>>538
ところが無動力の帆船で渡島していたのだから驚きです。
笹森儀助の南島探検にはコバシマに置き去りにされた雇い人が、ヤコウガイの採貝に来た
糸満人に助けられ、サバネ二艘に乗り那覇まで送られたという記述があります。
黒岩恒氏と共に尖閣諸島久場島を調査した宮島幹之助の地学雑誌寄港論文「黄尾島」にも
熊本県人伊沢弥喜太が帆船で以て沖縄漁夫を率いて渡島したという記述がある。
伊沢は1893年の出漁の帰路遭難して福州に漂着したりもしています。
1893年の官報には行方不明者として、前年1892年に沖縄県糸満村の漁師三名が漁業のため
尖閣へ渡島したが、石垣港への帰路遭難して行方知れずになった旨を告知している。

こういった内容の、明治期尖閣諸島における台湾船の出漁状況を知りたいのですよ。
資料があるなら是非ご教授ください。

552 名前: no name :2010/09/26(日) 01:12:39 ID:eubOHc+M

>>551 資料があるなら是非ご教授ください

残念ながら「恵也」氏は口から出任せの嘘つきだから資料なんて無いと思いますよ
万一仮に有ったとしても、恵也氏は中国語を知らない・読めない・話せないので尋ねるだけ時間の無駄です


>台湾の本島人は一部の生蕃の方々以外、海での漁業は苦手だったようです

そうでしょうね。
中国は鄭和の大船団の後にも先にも外洋航海なんてやってませんからね
せいぜい、フビライがインドネシアに遠征に行って失敗したぐらいです

確か中国の歴代王朝は、東シナ海を「悪魔の海」とかなんとかマイナスのイメージで呼んでいて、積極的に進出したがらなかったとか
今必死にそれのソースを探してます

今でこそ中華人民共和国は東シナ海を内海にしようと必死ですが、あれは歴代の中国王朝の態度とは全く違うはずですよ

>当時の感覚では台北台東は未開の地に近い感じだったのでしょうか

そうでしょうね。
清の時代に成立した「明史」では、台湾は日本や李氏朝鮮などと同じ「外国列伝」に記載されています。
明の時代における台湾の認識も垣間見られますが、それ以上に清の時代の台湾への認識も垣間見ることが可能です。

>当時尖閣まで出漁したという資料があるとするなら、それはそれで面白そうです

そうですね。
問題は、口からデマカセで嘘ばかりの恵也氏なのですが。

553 名前: no name :2010/09/26(日) 02:40:33 ID:6SUbIgyQ

526 名前: 恵也 : 2010/09/25(土) 14:35:42 ID:V6ZJP6x
>>526 それから俺は勘違いはあっても、嘘はついてないよ。

恵也はこう書いたわずか8時間30分後には平然と嘘をつくんだなw
嘘つきは泥棒の始まりと言うが、確かに恵也はエクセルや韓流ドラマをパクった泥棒だもんなw

546 名前: 恵也 : 2010/09/25(土) 23:02:12 ID:62rMYFKt
>辞書を調べてみなさい「そこから」という意味がある

554 名前: no name :2010/09/26(日) 02:46:43 ID:LX5jdCTj

さすが違法コピー犯罪者は、つくづく自分に甘く他人に厳しい野郎だ
犯罪者はさっさと黙れよ

509 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿 日: 2008/11/09(日) 19:32:20 ?2BP(0)
>>505
>恵也がエクセルなんてソフトをちゃんと使える訳がないじゃないか

これでも友人にソフトを借りて、俺のパソコンにもエクセルを入れてるよ

870 名前: 恵也 投稿日: 2008/11/ 14(金) 11:55:58 ?2BP(0)
>>856
>どうしてトリップ無くなったの?

どんな状況になっても、裁判で勝つための選択肢を増やしたいから
裁判は勝たなきゃ正義にならん
俺は過激な言葉を平気で使うけど、用心深い性格でね

121 : 恵也:2008/11/22(土) 11:06:30 ? 2BP(0)
>>117
>やましい事があるからトリップを消して書き込んでいる
>自分が正しいと思ったらそんな事しないよな

単細胞!
人間は不必要な揉め事には、近づかない本能がある
降りかかった火の粉は払うのに全力を尽くすけど、火の粉の下に無理して入るバカはいないよ
あんたはバカの仲間だ!

405 名前: 恵也 : 2010/07/20(火) 12:00:12 ID:3xAYO0Pu
>>394 裁判が怖いからってトリップ消してんじゃねーよ

すべてマイクロソフトさんに証明してもらおうと思ってね
細々した証明義務は裁判に訴えた原告の方にあるんだよ

510 名前: 恵也 : 2010/07/24(土) 11:34:56 ID:PSpNBfFg
>俺も韓流の映画はDVDコピーでよく見てるが、キモウヨさんにはDVDコピーを貸してくれる友人さえいないのじゃないかな

54 名前: 恵也 : 2010/07/29(木) 10:31:55 ID:aDBe0e1+
>録画したDVDを友人から借りて、タダで見させてもらったことは10回以上はある。
>しかしそれだと、好みの韓流映画が見れない。
>今は「明成皇后」という閔妃暗殺をテレビ映画化したのを、1巻140円で借りてみてる

555 名前: no name :2010/09/26(日) 02:55:08 ID:/Vsgvp/8

裁判が怖くて慌てて主張を転換する卑怯なキチガイm9(^Д^)プギャー

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/485n
>台湾は2008年の台湾漁船の沈没で、尖閣に巡視艇を送り日本と台湾の巡視艇同士が睨み合いになり、
>台湾政府が軍艦の派遣をするという脅しをしたら、一転して3000万円を麻生総理が漁船に払って解決しました

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/515n
>3000万円というのは現金とは限らないよ

556 名前: no name :2010/09/26(日) 03:01:23 ID:JA1U/CEc

http://www.nobitown.com/dom011102.html
さすが大量殺戮者だったチンギスハーンが占領地の人心を掴んでいたなどと正反対に思えるキチガイ恵也だ
相変わらず毎日毎日支離滅裂だね!

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/480n
480 名前: 恵也 : 2010/08/15(日) 14:46:46 ID:glXibNDz
>>466 戦争は軍隊が終わらせると思ってる低能恵也w

戦争を始めるのも、終わらせるのも軍隊が最大の要。
ジンギスカンがあれだけの人口で、世界を占領した

これは軍隊が本物の軍隊で、権力機構がしっかりしていて占領地の人心を掴めたからなんだよ

557 名前: no name :2010/09/26(日) 03:05:30 ID:nxxy61fi

モンゴル軍が征服された人々を単に敵の「弾除け」に使っただけのことを大絶賛するキチガイ恵也の図w

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/431n
>キチガイとは気違いと書き、普通の方と違い幻が見えたり、幻聴が聞こえて自立した生活が一人で出来ない方のこと

http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/0000ozomasii4.htm
>そのやり方は、(当時の)熟達した騎馬による戦闘能力、手段を選ばない卑劣な戦法
(捕虜を盾として先頭に押し出すショック吸収部隊、退却と見せかけて守備軍が出て来たところを包囲・殲滅する、
同盟して戦い勝利してから同盟国を裏切り滅ぼす、など)、
>容赦の無い全員抹殺、覇権を争う親類や国内の族長らの抹殺、自分を一種の”神”とする絶対服従の強要であり、
>その残忍で無慈悲な殺戮はヨーロッパでは”地獄の使者(タルタロス=タタール)”として恐れられた。
(中略)
>若い男はモンゴル側に連行され、次の戦闘で盾として先頭に押し出され、敵の攻撃のショックを吸収する部隊として用いられた

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/501n
>ジンギスカンはその点、占領地の若者を信じて武器を与えて敵に向かわせたという意味で若者を信じてたわけだ。
>俺はジンギスカンの方がすごいと思う。
>一歩間違えたら自分たちの命の心配をしなければいけないのに、元の敵に対して武器を与えたんだからね

558 名前: no name :2010/09/26(日) 03:09:14 ID:+/zsXw7C

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1277890140/221n
>おまけに本多を本田に言替えてしまう。これは単細胞にしか出来ないトリック

恵也自身次のように「本田勝一」と書いているのは「これは単細胞にしか出来ないトリック」w

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/77n
>本田勝一の書物を俺は読んだことがあるが

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/82n
>俺が好んで引用してるのは、本田勝一氏の著書じゃないよ

559 名前: no name :2010/09/26(日) 03:13:35 ID:rrH04/5q

「メディアリテラシーの持ち主」などともてはやしていたくせに、都合が悪いと罵詈雑言を喚き散らすキチガイの姿w

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/55
>共産党支持者なんてむかしから、日本ではメディアテラシーの持ち主だろ

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-04-01/20040401_faq.html
>一八八五年(明治十八年)以降、日本政府は再三にわたり現地調査し、
>これが無人島であるだけでなく、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを確認の上
>一八九五年一月十四日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行ない、日本の領土に編入しました。
>その後、日本人が居住して、かつお節工場がつくられるなど、日本が実質的に支配してきました。
>この時期が日清戦争(一八九四年八月〜九五年四月)と重なっていたことから、中国は、日本が戦争に乗じて尖閣諸島を不当に奪ったと主張しています。
>しかし、尖閣諸島の編入は不当な領土拡張ではなく、日清戦争とはまったく無関係です。
>日清戦争終結のための日清講和条約(一八九五年四月)は、台湾・澎湖諸島の日本割譲を決めました。
>これが日本側の不当な領土拡張であることは明らかですが、このなかに尖閣諸島は入っていません。
>交渉過程でも尖閣諸島の帰属問題はとりあげられませんでした。
>この事実から、尖閣諸島の領有権が日本にあることは明らかですが、一九七一年以後、中国も領有権を主張しています。

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/367n
>この原因は、選挙目当ての民族主義のせいなのだろう。

560 名前: no name :2010/09/26(日) 03:15:59 ID:RLNrs/++

「遊歴」程度の日本語も解らないキチガイ恵也w

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/426n
>日本に来て「遊歴」とは遊んで通りすぎる意味だろ

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E9%81%8A%E6%AD%B4&dtype=0
>[名](スル)各地をめぐり歩くこと。巡歴。歴遊。「諸国を―する」

561 名前: no name :2010/09/26(日) 03:20:51 ID:OtR+gch/

自分が持ち出したサイトですら、都合が悪いと「屁みたいなもの」と言って罵詈雑言を喚き散らす

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/256n
>>256で 恵 也 が「4つ条件が挙げられてるが1つ守れば良い」とする証拠としてこのサイトを引き合いに出す
http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/hagurikusen.html

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/277n
>>277がこのサイトに書いてある文章を強調のためのスペース以外の一切の改編無くコピペして反論する

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/306n
>>306で恵也曰く
>国際法もいろいろあるんだが、どの国際法だ
>交戦者とは戦いを交えてる人のことだけど、現に戦いを交えてたら戦ってるのだから認められないなんて赤の他人が言っても屁みたいなものだ

562 名前: no name :2010/09/26(日) 03:22:51 ID:04fI8OpL

自分で書いた事ですら記憶できず他人に当たり散らすキチガイの図w

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/437n
437 名前: 恵也 : 2010/06/27(日) 18:08:28 ID:77+E8kqS
>冷戦時代でも少なくとも、フランス並みにはなって欲しかったね

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/167n
167 名前: 恵也 : 2010/08/01(日) 13:59:26 ID:v0Fv1N/g
>日本だってお金もないし、不景気になってるのに、
>この際だから米軍基地も全面撤去し、思いやり予算もゼロにして、日米関係を最初から作り直せ!

↑矛盾?支離滅裂?↓

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/55n
55 名前: 恵也 : 2010/07/29(木) 11:22:23 ID:6+ZpnPcs
>>48 「日本はアメリカから自立して在日米軍を追い出し、フランス並みの国になれ」と言ったはずだ

そんな事を言ったかな・・・

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/213n
213 名前: 恵也 : 2010/08/03(火) 13:39:18 ID:ZgdOYvD2
>言葉の意味がずいぶん違うのが、アンタは理解できないかな
>くれぐれも人の言葉を「・・・」付きで書くときには正確にしなさい!

563 名前: no name :2010/09/26(日) 03:32:07 ID:2+rZvJr5

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/517n
平家の落武者の逃避行を、お遍路で例えるキチガイの図w

564 名前: 恵也 :2010/09/26(日) 09:44:47 ID:per4pMIk

>>540 何がなんでも、家を守るためにリスクを分散するんだろうが、

家族を守るのが家長の義務だろ。
それを家長が家族を見捨てて、バラバラに逃げ出してはヘタレの行動
としか言えない。

>>541 琉球王朝は何百回となく中国やシャムに船を派遣する技術があったの
>> に、なんで漁師が行けないんだよ?

船の種類が違うだろ。
冊封使をのせ貢物を送って何十人も送迎する船舶と、数人の漁師が小さな舟に
乗って、波の荒れない天気のいい日に漁に行くのを一緒にしても…

>>543 これは地質学の資料以外の意味は無いだろうが!

確かにそうだね。
黒岩氏の地図には地質学的資料もあるのは認めざるをエン。

565 名前: 恵也 :2010/09/26(日) 11:38:56 ID:QaikuieM

>>547 「治」が「冶」になる可能性なんてあるのかよ? 

十分可能性はある。
昔は記録は人が書き写していたために、東治と東冶を書き間違え気が付かず
後世に残した可能性は十分に有ります。

魏志倭人伝では東治になってますが、後漢書では東冶になってる。
制作年代では魏志倭人伝が100年ほど先で、後漢書がそれを書き損じた可能性
もある。

――――引用開始――――
すなわち、「東冶」とするのは以下のように後漢書・晋書・翰苑の三書に過ぎません。

三国志版本
 会稽東治
後漢書・晋書・翰苑
 会稽東冶
梁書・隋書・北史
 会稽
通典
 会稽間川
その他漢籍
 記載なし
後漢書の成立は5世紀前半で三国志の成立(280年代)より遅く、後漢書
倭伝は三国志魏志倭人伝を参考としながらも、誤った改変を加えたことは、
多くの識者が指摘しています。「東治」→「東冶」と改変したのもその一つです。
(方向誤認の理由 - 邪馬台国の位置 より)

>>549 「そこから」なんて意味は存在しないので悪しからず。

それじゃあなたの解釈が判らないけど。
あなたは、ただ相手に罵詈雑言を浴びせたいだけの方なのかな。
別の辞書で調べるより、本屋さんに広辞苑はあるから、そちらで調べたら?

566 名前: no name :2010/09/26(日) 12:40:58 ID:c5P3XvnY

>>564
家ってそういう意味じゃねーよw
平「家」とか、織田「家」とか、足利「家」とか、いわゆる「家制度」の事だよ
頭悪すぎじゃないの?

567 名前: no name :2010/09/26(日) 12:48:13 ID:1OeWFeCh

>>564 船の種類が違うだろ

ハァ?
遠洋漁業って、現代のマグロ漁船ですら「数人の漁師が小さな舟に乗って」やる事じゃないだろ
今ですらそうなら、あの当時はかなりの人手が必要不可欠だろうが

>確かにそうだね

オイオイ…お前が今まで散々反対してたんだろ

568 名前: no name :2010/09/26(日) 13:13:27 ID:1OeWFeCh

>>565
>魏志倭人伝では東治になってますが、後漢書では東冶になってる

あのなぁ、その理屈では三国志の版木の方が間違えてる可能性だってあるだろうが
第一、会稽東冶なら「会稽郡東冶県」で意味が通じるが、会稽東治では意味が通らない
第一その他の魏志東夷伝では、次のように県名まで触れてるのを見ればおかしい
http://www.geocities.jp/thirdcenturyjapan/gisi-toi.html
高句麗の場合「西安平県の北に小水あり」
東沃沮の場合「玄菟郡となす(略)別に領東七県を主(す)べる、時に沃沮また皆県と為る」
シ歳の場合「楽浪に属し、領より以東七県」

>別の辞書で調べるより、本屋さんに広辞苑はあるから、そちらで調べたら?

あのさぁ、漢字の意味を調べるのは広辞苑じゃなくて 漢 和 辞 典 なんだよw

569 名前: no name :2010/09/26(日) 13:26:53 ID:XO8Ch70y

なんで漢字の意味を調べるのに広辞苑なの?
バカの一つ覚えのように、辞書と言えば広辞苑しか知らないの?
漢字の意味を調べるのは漢和辞典か漢字辞典でしょ
どこに「そこから」なんて意味があるんだよ?え?

http://ksbookshelf.com/DW/Kanji/Kanji02.htm
【乃】 [丿/2] [ダイ、ナイ/の] すなわち、汝(なんじ)

570 名前: 恵也 :2010/09/26(日) 14:55:14 ID:FKkbXHUF

>>529 明治期に台湾船が出漁したことを示す資料は確認出来ません。

明治期に台湾に漁民がいなかったとでも言いたいのかな?
倭寇という海賊が13世紀〜16世紀に頑張っていたが、これらは漁民や
貿易業者の成れの果てだろう。

彼らは朝鮮から中国沿岸、台湾にかけて荒らしまわっていたが発動機も
ない時代に活躍したのだから、明治の19世紀に漁船の操船技術がなく
なってるとは思えない。

この倭寇というのは、最初は日本人が多かったようだが後にはいろんな
国の連中がやってたが、豊臣秀吉の禁止などで弱くなった。そんな国際
時代に台湾漁船が黒潮から外れた流れの遅い尖閣諸島という好漁場を無駄
にするとは思えないよ。

無人島である尖閣まで200kmくらいの距離を、航海して魚をとる技術
はとっくに人間は持ってるよ。蒙古襲来では14万の大軍が朝鮮や中国
から九州まで攻めてきてます。

571 名前: no name :2010/09/26(日) 14:59:27 ID:Gbz+aliE

>>570
いや、あなたの出口のない推論に付き合うのはもういいです。
知らないなら知らないで良いじゃないですか。

572 名前: no name :2010/09/26(日) 15:27:10 ID:XO8Ch70y

>>570
>明治期に台湾に漁民がいなかったとでも言いたいのかな?

ハァ?「遠洋漁業出来る技術が有ったか?」なんだけど

>漁船の操船技術がなくなってるとは思えない

技術ってのは使わなきゃ無くなるんだよ、キチガイ恵也
例えば伊達政宗は国産の西洋船を作ってヨーロッパに支倉常長を送っているが、
江戸時代250年間大船建造禁止令が有ったせいで幕末には日本の造船技術は廃れていた
技術ってのは使わなきゃ廃れるんだよ、アホのキチガイ!

573 名前: no name :2010/09/26(日) 15:31:13 ID:EfsZlpks

>台湾漁船が黒潮から外れた流れの遅い尖閣諸島

このバカは自分が引用した気象庁の資料も読めんのか
眼科行けって言われてんだろ!
http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/jun/image/HQ/subsJ70_cur_2010092.gif

574 名前: no name :2010/09/26(日) 16:32:52 ID:Np0rZUB1

なんというふざけた二枚舌だ!
わずか五時間で全く正反対のことを説明するとは…
恵也は精神分裂病なんだろ?

※琉球人の漁船が尖閣諸島に行ったかどうかについては

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/564n
564 名前: 恵也 : 2010/09/26(日) 09:44:47 ID:per4pMIk
>船の種類が違うだろ
>冊封使をのせ貢物を送って何十人も送迎する船舶と、数人の漁師が小さな舟に乗って、波の荒れない天気のいい日に漁に行くのを一緒にしても…


※台湾人の漁船が尖閣諸島に行ったかどうかについては

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1283554711/570n
570 名前: 恵也 : 2010/09/26(日) 14:55:14 ID:FKkbXHUF
>彼らは朝鮮から中国沿岸、台湾にかけて荒らしまわっていたが発動機もない時代に活躍したのだから、
>明治の19世紀に漁船の操船技術がなくなってるとは思えない
>台湾漁船が黒潮から外れた流れの遅い尖閣諸島という好漁場を無駄にするとは思えないよ
>無人島である尖閣まで200kmくらいの距離を、航海して魚をとる技術はとっくに人間は持ってるよ
>蒙古襲来では14万の大軍が朝鮮や中国から九州まで攻めてきてます

名前
メール
コメント
新着レスの表示 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50