韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析W


■韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析W

現在表示しているスレッドのdatの大きさは512KBです。

318 名前: 恵也 :2010/09/16(木) 07:52:49 ID:yyf4sJCf

>>310 事実を主張すれば「戦争だ!」とか言ってくる国

事実はお互いに主張するものだろ。
しかし今の状態でガップリ四つに対立すれば、日本が折れざるを
得ない。軍事力でも、核でも、経済成長でも、国家の独立性でも。

俺がアメリカ大統領の立場でも、これからの世界を考えれば中国
への輸出増大と輸出産業を考えると、中国ビイキになるよ。
国家指導者としては、国家利益が最優先だ。

そういえばヒットラーが領土問題でチェコともめた時に、安全保障
を約束してのに、チェコはフランスには裏切られて国家消滅になった。

――――引用開始――――
領土拡張を目論むドイツは、ドイツ系住民が多数住むズテーテン
地方の割譲をチェコスロバキアに強要したが、チェコスロバキア
政府はこれを断固として拒否し、動員令を発令し戦争を辞さない
姿勢をとった。

また、フランスとソ連(当時)はそれぞれ1924年、1935年に
チェコスロヴァキアに対する援助条約を結んでいたので、ズデー
テン・ドイツの問題が大きな戦争に発展する危険が生まれた。

戦争拡大をおそれたヨーロッパ列強は、戦争回避の方法を模索し、
イタリアの仲介でミュンヘンでチェコ問題を話し合った。参加
国はイギリス(ネヴィル・チェンバレン首相)、フランス(ダラ
ディエ首相)、ドイツ(アドルフ・ヒトラー総統)、イタリア(ベ
ニト・ムッソリーニ首領)。

…国家主権・領土保全を条件にドイツへのズデーテン地方割譲
を認めるというヒトラーの主張がそのまま盛り込まれた。・・
領土割譲を英仏から強いられたチェコスロバキアは当てにして
いた国際的な支援の道が絶たれたことに落胆し(1938年9月
30日午前2時15分チェンバレンは隣室で待っていたチェコス
ロヴァキア代表に結果を報告。そのとき代表は落涙したという。)
(ミュンヘン会議(1938年9月29日〜30日)、チェコスロバキア解体(1939年) より)

名前
メール
コメント
新着レスの表示 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50