外国人参政権について part2


■外国人参政権について part2

現在表示しているスレッドのdatの大きさは512KBです。

499 名前: no name :2010/05/09(日) 17:05:34 ID:icaPOZG+

>>491
>張作霖を殺したのが痛かったな。

張作霖は日本から支援を受けていながら反日に寝返ったのだから殺されて当たり前
そもそも「ソ連がやった」という説もあるんだけど

>おまけに中国共産党と蒋介石が統一戦線を組んでしまっては「統一政府」を日本が作ってやったようなものだろう。

それは「統一政府」とは言わない
数ある「軍閥政府」の中の、最有力「軍閥」と呼ぶべきだ。
実際、近衛首相が「国民政府を対手とせず」と発言した時には、
数ある軍閥政府の中で「蒋介石政府だけ対手にせず」という意味であった(後に撤回したが)

>これは事実と思うが、繊維製品など極端に安く洪水みたいに流れ込んできたら
>アメリカが国内企業保護で、その対応をするのは当たり前だろう。

それが「自由貿易」「資本主義」というものではないの?
アメリカは1980年代「日本市場は閉鎖的」とか言って散々非難したよね?
そのアメリカが50年前には国内産業保護のために日本製品を締め出したわけよ
矛盾にもほどがある

それにアメリカは散々中国に進出する日本やヨーロッパ諸国に対して「門戸開放」「機会均等」を訴えてきた
中国市場に出遅れたアメリカが、アメリカの国益のために「門戸開放」「機会均等」を訴えていたはず。
それなのに、自分の国は門戸を開放しない…機会も均等に与えない…

アフガンやイラクの時のアメリカを非難する恵也は、なぜこのアメリカの自己チューな矛盾には非難しないの?
中国の門戸開放や機会均等を説くなら、当然アメリカ市場だって門戸解放、機会均等しないとおかしい

アメリカはいつもこうなんだ
自分で勝手にルールを決めて、そのルールで勝てなくなると勝手にルールそのものを作りかえる
長野五輪で勝てなかったから日本に不利なようにルールを変えた・・・
WBCで勝てなかったからWBCのルールを変えた・・・
それと同じように中国市場とアメリカ市場とは都合よく言い分ける二枚舌・・・

そのようには考えられないの?

名前
メール
コメント
新着レスの表示 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50