インドの建国の父が誰か?


告知欄


■インドの建国の父が誰か?

現在表示しているスレッドのdatの大きさは512KBです。

1 名前: 恵也 :2011/01/10(月) 10:02:19 ID:SHgAl5AC

インド国会議事堂に3人の写真が飾ってある。
真ん中がチャンドラ・ボースだが、右にガンジー、左にネール。

万能の力を持つ神様や仏様を祭る場合は、中心に本尊を祭り 左右に
強い神様を並べて本尊を守る。

しかし国民に真習ってほしい偉人を祭る場合、右から左に並べて祭る。
だから右に一番見習って欲しい偉人、左のほうに次に見習って欲しい偉人と
ランクの上から順に順番に並べるもの。
だから端のほうが、偉人の場合がランクは上というわけだ。

ガンジーを慕って集まってた連中の中で、ボースは非暴力抵抗運動にあきたらず
暴力抵抗運動に走って国外逃亡したが、ネールは最後までガンジーに従った。
ガンジーが成功した大きな要因は、ボースの暴力でありコインの裏表の関係がある。

宇佐神宮では真ん中に比売大神、右に武の神である八幡大神、左に
八幡大神を生んだ母親である神功皇后。
俺は比売大神を卑弥呼と信じてるが、万能の力を持つ神様と、人間の偉人
とは並べ方が全く違う。

宇佐神宮はデカマラの道鏡が天皇になろうとしたときに、天皇家の使者が
神意を聞きに来て、天皇にしないという結論を出した神宮です。
http://www.usajinguu.com/guide.html

31 名前: no name :2011/01/11(火) 18:34:12 ID:VX53Mqz3

>>29
>親しかったからこそ、小沢一郎の危険性に気づき憎み始めたのだろう

妄想しか書けないのか?
wikiも読めないのかよ?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E5%B7%9D%E9%9B%84%E4%B8%80

市川雄一は既に政界を引退していた身でありながら、去年の1月に公明党の常任顧問に返り咲いている
当時権勢を振るってた小沢一郎とのパイプを期待されての登板に決まってんだろ、バカ!
そして小沢が失脚しても、党常任顧問をクビになってない点についても、お前はガン無視かよw

32 名前: 恵也 :2011/01/11(火) 19:20:34 ID:/Gpp6OHe

>>28 インドの話をしろって言われてんのに、日本神道の話で煙にまくな!

何で俺が知りもしないインドの話を強制されるんだ?
知ってる範囲で討論してるんだろ、それが気にいらんなら参加しなければいい。

ロクに知りもしないで、他人のHPを信じるだけで書き込む奴より、知ってる範囲で
書く人間の話の方がはるかに得るところはある。

>>改革には「悪い物もある」、だから「改革するのが必ずしも良いとは限らない」という発想は出来ないのか?
そんな当たり前のことを書いても・・・・・
改革とは試行錯誤で行うもので、守旧勢力にとっては何でも反対する。

小泉が行った医療改革も、地方公立病院に医師の不足が出来てしまった。
大学での研修医制度を、2004年にどこの病院でも研修医が自由に出来る
ようにしたためである。

これは完全に医療改革の失敗ではあるが、改革には失敗はつきもの。
問題はそのフォローなんだよ。小泉にはそのフォローがなってない。

>> 政治学や経済学、政治思想に学術的に反論が出来ないからって
アンタは政治学、経済学を自然科学とでも誤解してるのじゃないの。
自然科学であれば、条件を同一にしたら再現実験が出来て証明できる。
しかし政治や経済は、再現実験が出来ず理論の証明が不可能なの。

>> 政治学や政治思想の話をしてるのに、道徳論に話をそらすな!
政治学というほどの物じゃない。
ただの時間つぶしを、政治学の勉強とでも思ってるのかね、アンタは!
それに悪魔の釣針の話は、道徳論じゃないよ。お経の話で宗教だ。

宗教とは人間が生きていくためのコンパスになる話。
お金を持ったりして強者になったら、そのとたんにお金に縛られるのは
2500年前のお釈迦さんの時代から、人類普遍の原則。

あなたは、その原則も知らないで空理空論をもて遊んでるだけなんだよ。
人生経験が少ないから、そんな砂上の楼閣をつくる論理を作るの。
少しは人間の心理を悟り、歴史の荒波を超えてきたお釈迦さんを見習いなさい。

33 名前: no name :2011/01/11(火) 19:34:45 ID:VX53Mqz3

>>32
>何で俺が知りもしないインドの話を強制されるんだ?

ハイ!
>>1はインドについてろくに何も知らない嘘つきのハッタリ野郎の妄言である事が本人の手によって証明されました〜w
インドについて語れない以上、お前の敗けは明らかだねw
負け犬恵也、憐れw

34 名前: no name :2011/01/11(火) 19:48:15 ID:VX53Mqz3

>>26
>同じ餌だけじゃ、アンタだって飽きるのじゃないかな

単純に「北朝鮮が先に攻撃したか?」の論点が完全に論破されたから逃げたんだろ?負け犬w
どんなに論破されても負けを認めずに次々と論点すり替えて「勝利宣言」するのがキチガイ恵也だもんなw

>そこまで調べる力が俺にはないのでね

つまり「フランスとかの事例は無視して日本だけを非難する」と言うわけだなw
死ねよ、非国民!
そんなに日本が嫌いなら日本から出てけば良いだろ?
塩まいて見送ってやるよ

他国との厳密な比較検討を行った上で「やっぱり日本は悪い」とほざくならともかく、他国との比較なんて一切無視だからな、お前は

>「考えないといけない」と言うのならアンタがその見本を見せてくれ

見せてやれば見せてやったで、「難癖」「イチャモン」付けるだけのくせに
チャーチルを一冊も読みもしないで「チャーチルの思想はこうだ!」などと妄想だけで断定するキチガイが何をほざいてんだ?
欧米政治思想史を無視して「民主主義万歳」をほざいた上、司法にまで民意を持ち込もうとするキチガイがw
お前は「司法」の言葉の意味や役割も分かってないだろ?

>自分で出来ないことを人に強制するな!

お前にそれだけの才能がないからってひがむなよ、俗物w

35 名前: no name :2011/01/11(火) 20:07:05 ID:VX53Mqz3

>>26
>本当に頑張ってるから余裕がなくなり、あらゆる手段を使ってしまうの

そんな事実はない
証拠出せよ
お前の出したエンロンは、「本業を頑張らずに虚業に走った」典型例だろうが

>会社の儲けに非合法スレスレの手段まで使い、強引にやるのが企業の常識

そんな常識なんかもないので
会社社長や取締役はおろか、現場監督にすらなった事がない無能素人のお前が妄想で何を語ってんだ?

お前の妄想が本当なら、TOYOTAやHONDAはとっくに「非合法スレスレの手段まで使い、強引にやる」というのが明るみに出ている
明るみに出ていない時点で、キチガイのハッタリだろ?

「本当に頑張る」のなら、そんな社会的な信用を失う暴挙などはやらない
本業が売れなくなったら困るのは自分だからだ
頑張る意志がないから、本業をおろそかにして虚業に走って暴利をむさぼろうと企む

>あなたがインドネシアの極一部の政治家の一言半句を出して、言い訳しただ けだ

インドネシア以外にも無数にあった発言は無視かw
そもそもジャカルタにあるインドネシア独立記念館には、スカルノやハッタの書いた原文の独立宣言文書が奉納されている
そこには「05年」と書いてある事実も無視だからな、お前は
西暦なら「45年」もしくは「1945年」と書くから全然違う
イスラム歴とも違う
この「05年」とは、日本の皇紀「2605年」の意味なのは明白だし、スカルノもハッタも一切修正していないというのに
感謝は素直に貰っておけば良いだろうに、なんでこのキチガイは勝手に彼等の感謝の気持ちを全否定して踏みにじるのかね?
「日本軍は絶対悪」というお前の妄想に都合が悪いからだろ?

ウルトラマンシリーズでも、仮面ライダーシリーズでも、「絶対悪」の悪の組織なんてまず無いんだがね
悪にだってそれなりの「良い面」があるのは常識だし
お前は子供向け特撮番組にすら及ばない知能レベルだ

36 名前: 恵也 :2011/01/11(火) 20:09:34 ID:7FRPYPKV

>>32 当時権勢を振るってた小沢一郎とのパイプを期待されての登板に決まってんだろ、バカ!

逆に小沢一郎との戦いに、本腰を入れだしたともいえる。
去年の1月なら鳩山・小沢政権が本格的にマスコミと検察に攻撃されて
耐え切れなくなり4ヵ月後の5月には鳩山が退陣した時期だろ。

たしかウィキリークスでも2月に北朝鮮が民主党に接近してるとして米外交
責任者のキャンベルが岡田外相、菅財務相との直接協議すると言ってたね。
海千山千の市川雄一が動いた力もあったのかもな。

ーーーー引用開始ーーーー
キャンベル米国務次官補:東アジア、太平洋の外交責任者

>>27 自民党政権では出ていこうとするアメリカを引き留めた奴

俺はアメリカ軍は日本から追い出すべきだと昔っから思ってる。
第七艦隊さえ不要だと思ってるよ。

日本は今でも十分に、国土防衛できるだけの軍事力を持ってる。
アジアの緊張緩和が喫緊の必要事項。

>> アメリカは建国以来政治家が「democracy」と発言すれば政治生命が絶たれるタブー語
そんな話はデマだろ。
イギリスから、アメリカに住んでる民を主にするという民主主義で建国したんだろ。

アメリカの建国がフランス革命に非常に大きな力を与えたと読んだこともあるし
たしか自由の女神もフランスから送られて、非常に仲が良かったのじゃないの。

37 名前: no name :2011/01/11(火) 20:30:09 ID:VX53Mqz3

>>26
>日本軍が占領したところでは、大和民族としての優越感と

当時の「民族学」の流行も知らないキチガイ乙
ナチスドイツの民族学は有名だが、アメリカですら「民族学」の研究は盛んでルーズベルト大統領も信じていた
つまり世界中どこの国でも見られた話に過ぎない

しかも日本の場合、彼ら欧米白人国家の民族学よりはるかに緩かった
現地人を人間扱いしていなかった欧米白人国家と違い、日本人は現地人を人間扱いした
そして努力次第で欧米白人と対等に戦えるという事を示した
これは中国・韓国以外のアジアの常識だ

>「生きて虜囚の辱めを受けず」という思想で民族差別と資源の争奪で現地住民が大迷惑を受けたのは事実なんだよ。

ハァ?
「生きて虜囚の辱めを受けず」がなんで民族差別思想なんだw
キチガイ恵也は日本語も読めないのかよ?

そしてそのお前の忌み嫌う戦陣訓には以下のような一文も書いてある

「敵産、敵資の保護に留意するを要す。徴発、押収、物資の燼滅等は総て規定に従ひ、必ず指揮官の命に依るべし。」
「立つ鳥跡を濁さずと言へり。雄々しく床しき皇軍の名を、異郷辺土にも永く伝へられたきものなり。」

何が「民族差別」だw
戦陣訓を一回も読んでないのが明白

>資源のある土地は永久に、日本領土にしようとしてます

嘘だね
「まだその機にないから」という理由であって、「永久に」はお前の嘘だから
それも当たり前の話で、インドみたいに日本軍が来る前にチャンドラボースらの独立運動が始まっていた地域と、
欧米白人国家に良いようにもてあそばれ独立運動が無かったマレーみたいな地域では扱いが変わるのが当たり前
アメリカだって、パナマで同じようにやっていたくせに

38 名前: no name :2011/01/11(火) 20:56:02 ID:VX53Mqz3

>>36
>4ヵ月後の5月には鳩山が退陣した時期だろ

バカ丸出し乙
その頃の鳩山は辞任の兆候など微塵も見せていなかった

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1273759053/116
>116 名前: 恵也 : 2010/05/21(金) 13:31:41 ID:J0H+F6Qm
>今は鳩山由紀夫が本物の独立戦争を戦ってるんだよ、足を引っ張るんじゃない

小沢信者って頭悪いな
5月下旬時点で自分で鳩山が「戦っている」などと思っていたくせに、
その4ヶ月"前"に既に「鳩山のドタキャン辞任」を公明党が予想していたなどと書くとはw
公明党はどんな予言者集団なんだw
逝田犬作の千里眼でもあったのかね?

歴史の捏造は恵也の得意分野だからな
これでよく「ネトウヨによる歴史の捏造」を非難する資格があるもんだ
自分はたった7ヶ月前〜一年前すら捏造するくせに

>日本は今でも十分に、国土防衛できるだけの軍事力を持ってる

低能バカはいい加減黙れよ
お前に軍事知識は無いだろ!
自分の理想とする具体的な軍備も語れなかった無知野郎がw
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1287925662/42n
日本の「国土防衛できるだけの軍事力」は「全然足りない」んだよ、バカ!

既に論破された話を蒸し返す
お前、ボケがひどいよ?

>アジアの緊張緩和が喫緊の必要事項

だったらまず、中 国 と 北 朝 鮮 に 言 え よ
あの二国が黙ってくれるだけでアジアの緊張など瞬時に無くなるわ!

39 名前: no name :2011/01/11(火) 21:35:18 ID:VX53Mqz3

>>36
>そんな話はデマだろ

出たよ
米英政治思想の専門家が言ってる事でさえ、キチガイの脳内で勝手に全否定
書名は前スレに書いてあるから、書の名前が解ればググれば良いだろ、カス

>イギリスから、アメリカに住んでる民を主にするという民主主義で建国したんだろ

大間違いです
アメリカはデモクラシーを嫌悪し、デモクラシーを制限する事を絶対として、
イギリス中世時代の主権者は法のみとする「法の支配」を土台として建国された国です
ワシントン(初代大統領)やジョン・アダムス(二代目大統領)らの発言を見ればそれは明らかです

そもそも世界で初の大統領制度が選挙人制度で民衆の直接選挙を排していたり、
はたまた上院議員は選挙の対象外だった過去を見れば、ワシントンやアダムス、ハミルトンらに「民主主義万歳」の思想など微塵も有りません
ワシントンの親友、ハミルトンはこう言っています

「デモクラシーは、歴史を顧みれば、これほど政治におけるインチキは他に例を見ない。
アテネなどの古代デモクラシーでは市民自身が議会に参加するが、決して良い政府を持った試しがなかった。
デモクラシーの性格は専制的であり、その姿は奇形である」
(1788年6月21日、ニューヨーク邦の米国憲法批准会議において)

ハミルトンがこの発言によってワシントンやマディソン、ジェイらの他の同志に非難されたという事実はありません
ろくにアメリカについて知らないくせに、妄想を語らないでくれますか?
そもそもワシントンの退任演説もお前は知らないんですね

40 名前: no name :2011/01/11(火) 21:46:33 ID:VX53Mqz3

>>36
>アメリカの建国がフランス革命に非常に大きな力を与えたと読んだこともあるし

それは一面しか見てませんね
ワシントンやアダムスらは、フランス革命にいかがわしさを感じて「中立」に立ったんですよ
敵 対 的 な中立にね
そもそもアメリカは「フランス王国」と軍事同盟を組んでイギリスと戦いました
独立戦争を助けてくれたフランス国王をギロチンにかけたような狂気のフランス革命など支持するわけありません
ただ、宣戦布告するには独立したばかりで国力が足りなかったから見送っただけです
後には戦争もやりました
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%AC%E4%BC%BC%E6%88%A6%E4%BA%89

>たしか自由の女神もフランスから送られて、非常に仲が良かったのじゃないの

これまた一面しか見れないキチガイの典型ですね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%A5%9E%E5%83%8F_(%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF)
確かにアメリカ独立「100年後」に送った事実は有りますが、だから何?
アメリカがフランス革命政府と友好的だった証拠にはならないので

41 名前: no name :2011/01/11(火) 22:06:22 ID:5lAe+89N

いい加減放置しろよ・・・
どうせ言葉なんか通じないんだから
あんまり言いたく無いけど、ハンディ持ちなんだろ?
お前らも時間の無駄以外の何物でも無いことに気が付けよ

42 名前: no name :2011/01/11(火) 22:12:20 ID:VX53Mqz3

>>26
>日本の天皇家の神道は、

単に「神道は」って書けば良いだろ
「天皇家」の個人事業みたいに書くお前は、天皇に悪意でもあるの?

>インド仏教の影響を非常に受けている

嘘だね
中国化した中国仏教の影響は受けただろうが、「インド仏教の影響」ではない
そもそもビルマとかタイとかの仏教を見れば解るように、本当の意味での「インド仏教」は、日本の仏教とは似て非なる物である
上座部仏教(小乗仏教)と大乗仏教の違いも解らないのか

そしてお前は根本的に馬鹿なんだけど、
イ ン ド で は 仏 教 は と う に す た れ た
という事実も知らんらしい
日本のインド仏教の影響を百歩譲って認めても、当のインドでは仏教はすたれて見る影もない
従って、日本神道を基準に語るお前は100%バカ丸出しの知的障害者だ

43 名前: no name :2011/01/11(火) 22:34:42 ID:VX53Mqz3

>>29
>それは間違った一つの理論に過ぎん

前スレで「経済学は解らない」と認めたくせに、無知恵也が必死だな
経済学に無知なお前が何を根拠に「間違った」なんて言う資格があるんだ

>税金も足らなくて、大赤字の時に隠れ失業者を養うなんて言語道断
>真面目に失業者にして、失業保険で面倒見るべきだろ

どっちも赤字なんですけど?バカだろ、お前?
しかも失業保険は何も生まないが、0.4人の利用者があるだけバス会社は働いている
比較にならない

ただでさえ不況で、国民に金がないんだ
だったら通貨発行権を持つ国家が金をばらまけば良いだけの話だろ
官僚の給料を今の10倍にするだけでも、生活に余裕の出来た官僚や家族がその金を使う
そしてその使われた金はさらに使われ…無数の連鎖を産み出す
金がたくさん流通するようになれば、民間企業も給料を増やしたり雇用を増やしたりする
乗数理論も知らない経済学無知は引っ込めよ

ばらまかれた金は、「タンス預金」でもされない限りは「消滅」しない
無限に広がって波及効果をもたらす
これがケインズ経済学の常識だから

>お金の使い方が間違ってる

使い方が間違ってるのは同意だが、お前のは政策がイカレてる
小泉改革以上の無能、暴挙だと断言できるよ

不景気の時こそ、国家は通貨発行権でも何でも駆使して公共事業やバラマキを行うのが当たり前
その金は多ければ多いほど良いのだし、ばらまかれたお金は消滅したわけではない

お前はろくに経済学を知らない
国家の経済学を、お前の小遣いと同レベルで考えてんだろ?嫉妬野郎?

44 名前: no name :2011/01/11(火) 22:45:31 ID:VX53Mqz3

>>30
つまり「直接民主制じゃないから指導者は強くなれない」というのはお前の嘘・ハッタリだったわけだ
直接民主制か間接民主制かなんか関係ない
指導者の強弱を決めるのは、本人の資質に決まってる

で、「首相公選制」を世界中の先進国が採用していない以上、問題があるから採用されないのは明らかであり、お前の話はキチガイ沙汰
世界中、ほとんどどこでも首相は間接民主制で議会の第一党から選ばれる
村山内閣みたいにたまに第一党じゃない場合もあるけど、それでも議会を無視して民意を問うなど論外

10年前に小泉に狂っていながら、今では手のひら返して批判しているお前みたいに移ろいやすい民意などを
金科玉条として神様仏様みたいに拝み奉るなんて話にならねぇんだよ
だから外国では絶対王政や貴族制と同じぐらいデモクラシーをも強く疑う
恵也にはその程度の良識、理性も働かないバカ
「民意絶対教」とでも言えるオウムや統一教会のような宗教狂信者と同じだよ

45 名前: no name :2011/01/11(火) 22:59:50 ID:qxPR5ttN

>>32
>改革とは試行錯誤で行うもので、

試行錯誤するぐらいなら最初から改革などしない方が良い
試行錯誤している過程で一番迷惑をこうむるのは守旧派以上に国民自身ではないか
だから自由主義の思想家エドマンド・バークは言うのだ
「全く新しく改革などするぐらいなら、悪いまま残しておく方がまだマシ(ベター)である」と。
バークは悪い点の修正は認めるが、それだって「歴史や伝統、習俗を鑑みて、過去の叡智を再発見する形でなければならない」と言っている
つまり、過去の叡智など微塵も考えていないキチガイ恵也の理屈など、話にならない暴挙という事だ

>改革には失敗はつきもの

「失敗はつきもの」程度で国民の迷惑を省みないお前に、小泉改革を批判する資格などない
改革が試行錯誤する物で失敗はつきものであるなら、国民自身の利便を考えても改革など無用である
失敗はつきもの程度で、改革の傷跡に無く民を切り捨てる上から目線の差別思想の持ち主である恵也が、
よく「民主主義万歳」とか言えるもんだ

46 名前: 恵也 :2011/01/11(火) 23:18:22 ID:orMrz6sL

>>35 「日本軍は絶対悪」というお前の妄想に都合が悪いからだろ?

俺が「日本軍は絶対悪」なんて言ったかね、記憶にないけど。
あなた自身、悪とは何かロクに考えてないのじゃないかな。
絶対悪なんて存在するのかい?

悪行とは、苦をもたらすもの。
日本軍兵士に結果的に苦を与えたものが、悪行なんだよ。

上海戦で勝ったからといって、食料も持たず300kmも南京に向けて進撃させ
て兵士を凶暴化させ、南京虐殺を引き起こした。
この場合、勝手に進撃命令を出した松井石根大将が南京市民にとって悪だし
その後の中国戦線で苦戦した兵士にとっては、南京虐殺をした兵士が悪だったの。

47 名前: no name :2011/01/11(火) 23:18:25 ID:AyY99a8u

>>32
そもそも「改革が必要」だとしても、それは「元気な時」に行うのが当たり前である
死にそうに弱体化した老人に「健康のためにマラソンやれ」「健康のために食事制限しろ」というような改革の何が称賛に値するのか?
小泉改革とはまさに死にそうな人間をさらに三途の川の向こう側に突き飛ばす暴挙だったし、
お前の言う「小さな政府」への改革など、三途の川をはるか越えた閻魔大王前に投げ飛ばす自殺行為である

死にそうなほど弱体化した人間には、まず栄養を与えるのは常識ではないか
なぜ小泉登場時点で10年も不景気に苦しんでいた病み衰える日本政府には、マラソンや食事制限を強いるのだろう?
小泉も、そんな小泉をもてはやした上未だに「もっと改革しろ」などとほざく恵也も、二人揃って頭がおかしい

>政治学というほどの物じゃない

お前はバカだから政治学の話が出来ないんだろ?

>ただの時間つぶしを、政治学の勉強とでも思ってるのかね、アンタは

お前は暇つぶしで嘘やハッタリを繰り返してるけどな、
こっちはあくまで政治学や政治思想、経済学を語ってんだよ
学術的な水準に及ばない知的障害者は引っ込んでろよw

>宗教とは人間が生きていくためのコンパスになる話

道徳も同じだろw
あ、道徳の無い恵也には理解できない話か

>あなたは、その原則も知らないで空理空論をもて遊んでるだけなんだよ

ハイハイ、学術論争に敗れた 負 け 犬 の 遠 吠 え として了解しておきますw
政治学や政治思想を語っていたのに突然仏教の話に話題をそらしたお前が、
「空理空論をもて遊んでるだけ」などと他人様を批判するとはね
御釈迦様が目の前にいたら、アンタぶん殴られるでしょうね

>人生経験が少ないから、そんな砂上の楼閣をつくる論理を作るの

負け犬の遠吠えが心地良いですw
ここまで学術論争に敗れた事がショックだったのかw

48 名前: no name :2011/01/11(火) 23:25:04 ID:1dRWKWnW

>>32
>ただの時間つぶしを、政治学の勉強とでも思ってるのかね、アンタは!
>あなたは、その原則も知らないで空理空論をもて遊んでるだけなんだよ

自分で「暇潰し」「時間つぶし」で「空理空論をもて遊んでます」と宣言してる奴が、
よそ様を「空理空論をもて遊んでる!」と言って非難するとか、頭狂ってんなw
どう見てもバカで世間知らずで教養がなくて「空理空論をもて遊んでる」のは、お前、山本隆次だから

死ねよ、さっさと、アフガン人を見習って

49 名前: no name :2011/01/11(火) 23:34:38 ID:PKXLe658

>>46
>俺が「日本軍は絶対悪」なんて言ったかね、記憶にないけど

三歩歩けば忘れるニワトリ頭の「記憶」が信用ならないのは、もう何度も証明されてるだろ
それにお前の常日頃からの主張を見ていけば「日本軍は絶対悪」という思想の持ち主なのは容易に理解できる
「お前の足りない頭で〜」とかキチガイが何をほざこうが、そういう理解しか与えられなかったお前自身の責任だから

>南京虐殺をした兵士が悪だったの

司令官としての職責も務めず敵前逃亡した唐生智が悪じゃないとか、やっぱりお前頭がおかしいじゃん
日露戦争のロシア司令官や第一次大戦の青島のドイツ司令官が敵前逃亡したかよ?

50 名前: no name :2011/01/11(火) 23:44:34 ID:DWnXGiG4

>>同じ看板じゃ面白くないと思ってね。
そんな事は聞いてない。
他人様が出してくれたソースは「金がかかるから」調べないとほざいたお前が、
他人様に迷惑掛けるニコ動掲示板へのスレ立てはいけしゃあしゃあとやってるんだよ。
スレ立てるだけ立てて、どうせ議論に関わる事は「金がかかる」で逃げるくせによ。

>>「考えないといけない」と言うのならアンタがその見本を見せてくれ。

「何のために俺がそんな事をしないといけないのかね、金でもくれるのかい?」

そもそもお前が官僚のインチキを主張し、
「日本の場合は隠れ公務員が多すぎる」と主張してるんだろうが。
何で自分の主張の根拠を他人に調べさせようとしてるんだよ。
お前が、お前自身の主張のために、お前が自分で調べるんだよ。
それが出来ないなら「官僚の嘘」はお前の嘘で、公務員は少ないという事なので。
万が一俺が「見本」とやらを見せる事になったら、お前は更に恥の上塗りだから。

それはそれとして、仮に調べる能力の乏しい議論相手から調べ物を頼まれたとして、
代わりに調べてやる事ぐらいは、まあ、吝かではないが、
お前のための調べ物は純粋に嫌です。
普段から「幼稚」「あんたの貧弱な脳」「脳内妄想が激しすぎる」「馬鹿としか言えない」
ぐらいに他人を罵倒してるんなら、それぐらい自分で調べたらどうですか?

お前が「ジョージ・トランブル・ラッド博士なんてネトウヨサイトしか見付からない」
と主張した時、俺はラッド博士を取り扱ったネット左翼(この呼び方も失礼だが)のサイトと、
ラッド博士が、お前と同じ閔妃殺害の黒幕が日本人だと考えていた人物である事も教えた。
お前が孫引きしたまま逃げっ放しだったジョンズ・ホプキンス大学の
イ・ビョンホン教授についても、俺が調べた。
お前が「英語の原文はどんな表現になってるんだろう?」でオシマイにしていた
チャーチルの台詞も、俺が調べて教えた。
お前が礼を言った事が一度でもあったか?
お前みたいな奴の主張の根拠を、何でこっちで調べてやらなきゃならんのだ。

51 名前: no name :2011/01/11(火) 23:59:36 ID:DWnXGiG4

>>本当に頑張ってるから余裕がなくなり、あらゆる手段を使ってしまうの。
>>会社の儲けに非合法スレスレの手段まで使い、強引にやるのが企業の常識。
反論になってない。
お前が他人のレスを都合良く削って引用し意味を捻じ曲げた事を指摘してるんだけど?

>>あなたがインドネシアの極一部の政治家の一言半句を出して、言い訳しただけだ。
インドネシアの極一部の政治家が言ってる時点で、
「アンタが言ってることだろ」「ホラ話もタイガイにしときな!」
は全く根拠の無い嘘じゃないか?何でそれを謝らないんだ?
それと、「インドネシアの極一部の政治家の一言半句」も嘘だね。
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1291165155/339n
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1291165155/340n
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1291165155/341n
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1291165155/342n
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1291165155/373n
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1291165155/374n
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1291165155/375n
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1291165155/376n
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1291165155/377n
いちいち全部貼らないとすぐばれる嘘を吐くのか。
一応言っておくと、俺は最初に「太平洋戦争がなければあと50年植民地」と
言った人間ではないし、上の根拠も一枚も貼ってないので。
俺はソースをすぐに出せるほどこの辺の歴史には詳しくないので、
この話には口を出さなかったんだよ。
お前と違って知ったかぶりはしないので。
そしてそんな俺から見て、罵倒するだけ罵倒して反証が出たら
謝るでも反論するでも反証を出すでも無く逃げ回るお前の方が純粋におかしいんだよ。

>>前段階税額控除って、消費税を輸出大企業がネコババする言い訳に過ぎん。
>>何で俺が言い訳をあなたにしてあげる必要があるのか、意味がわからん。
>>「輸出戻し税」賛成派のあなたが説明するものだろ。
お前が「勉強した」と主張するからだよ。
お前が自分で説明しないと、お前の「勉強した」は嘘になるんだよ。

まあ輸出戻し税に関しては、誤解されている方もいるようなので、
その人達に説明するのは意味がある。
しかしお前には説明したくない。

52 名前: no name :2011/01/12(水) 02:35:07 ID:M2C3bii9

そもそも恵也以外にどこの誰が
「俺様は主権者様々だ!専門家は俺様の前にひざまずけ!」
なんて傲慢なことを言ってんだ?
恵也自身のこの傲慢極まる態度こそ民主制の欠点の現れじゃないか
主権者とは不特定多数の集合名詞であってお前独りの独占物じゃない
そして、誰か一個人が勝手に「主権者としては」なんて不特定多数の主権者の意思を代弁する権利などはない
誰もお前にそんな権限を与えていない
日本人で20歳以上であれば誰だって日本国憲法に則って主権者だ
しかし恵也以外にどこのバカが「俺様は主権者様々だ」などと振りかざしているだろうか?
せいぜい酔っぱらいのチンピラに見られるかも知れない程度だ
俺だって日本国憲法上「主権者」だが、口が裂けても「主権者としては」なんて傲慢なことは言わねえよ
俺に日本国民全体の総意を代表して発言する資格も権限も無いと自制してるからな
お前にはそんな自制心もない
だから勝手に不特定多数の集合名詞の主権者の意思を語り、その上「俺様は主権者様々だ」などと振りかざせる
そして専門家だって20歳以上で日本国民なら主権者なのに彼らの主権は無視して「専門家は俺様にひざまずけ」などと言い出すわけだ
お前の全人生が惨めで他に何の取り柄もない無能だから主権者様であるのを振りかざすしか能がない哀れさには同情してやるよ
でもだからってそれでお前が専門家以上のご身分になるわけもないし専門家を馬鹿にする権利もない
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1287925662/452n
ここやお前が散々見せつけているお前自身の傲慢さこそが「デモクラシーの問題点」だと気づけよ

53 名前: no name :2011/01/12(水) 06:08:07 ID:Dm6W9ELZ

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5190.html

恵也は統計も見れないんだな
小学一年生からやり直せ

54 名前: 恵也 :2011/01/12(水) 08:29:41 ID:SBSSyNUj

>>47 死にそうに弱体化した老人に「健康のためにマラソンやれ」「健康のために食事制限しろ」

面白いたとえだけど、老人だったらどの道、先がないから日本国家で言うのなら
永遠に若者でなければ可笑しい。

弱体化した病人に、あなたは手術をするな、薬は副作用が恐いから飲むなと
ベッドに寝かせて美味しい食べ物だけを与えてるようなもの。
大きなオデキがマスマス大きくなるばかりで、病気が長引くばかりだ。

元気なときには、変に切ったり薬を飲ませるべきではないが、病気になったら
病変部を切り取り、薬を飲ませるのが早く回復する鉄則で今がそのチャンス。

俺は時々断食もするが、断食をすると細胞を活性化させ少々の体の不調は
良くなってしまう。胃の不調にはとくに効果がある。
だが今の日本の経済状態じゃ、断食だけでは治りそうもないよ。

小泉元総理は切る位置も薬の選定も間違えた、ヤブ医者だったの。
肥大化した財務省を中心にした公務員、隠れ公務員というシロアリを退治し
スリム化する手術が必要なんだよ。

こんな時じゃないと権力を持つ公務員というのは、決してスリム化は出来ない。
スリム化が出来てこそ、未来の日本で本物の戦力になる。
今の公務員・隠れ公務員にはシロアリが多すぎる。

俺の村には小学生が1人だけいるが、30戸あまりの家庭に全戸に学校の
パンフレットを送ってくるが、見もしないでゴミになる。
こいつらは前例という、惰性でしか仕事をしない連中だ。

むかし独裁権を持つ天皇でさえ、官僚には”前例がありません”と妨害されて
ナカナカ動けずとうとう頭にきて
”俺が前例だ”
とドヤシつけたとかいうけど、今の官僚は政治家を操ってるくらい力がある。
シロアリを退治して子供手当などに回すべきなんだよ。

55 名前: 恵也 :2011/01/12(水) 09:55:09 ID:VROfzufq

ーーーー引用開始ーーーー
「イラク戦争は間違いだった」と断言しました。しかし、愛国主義一色
でアメリカが染め上げられていたとき、アメリカで「イラク戦争に反
対」と言うことには勇気のいることも事実なのです。

社会が雪だるまのように転がり始めたとき、「NO」と言ってその前に
立ちふさがるのは困難です。私は番組を見ながらそう強く思うと同時
に、日本で今起きている現象に思いをはせました。

「政治とカネ」。このキーワードは菅直人首相はじめ与党議員から
自民・公明の野党議員、さらに新聞・テレビ・雑誌の全マスコミ、
そして一般市民の7割以上が普通に使い、小沢一郎氏に説明責任
を迫っています。

小沢氏への追及が始まった西松建設違法献金事件、そして資金管理
団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件。私自身はこの二つの事
件を巡る東京地検特捜部の動きとマスコミの連動を当初から検証し
ていますが、特捜部が見立てをし、その通り捜査を行ったものの、
結局はその見立ては何ら証明されず、最後は不起訴に終わった、
いわば“巨大な虚構”に過ぎませんでした。
http://www.asyura2.com/11/senkyo104/msg/213.html

56 名前: 恵也 :2011/01/12(水) 10:40:52 ID:9mSIG56w

>>47 道徳も同じだろw

道徳と宗教は似て非なるもの。
心の中で命じるものが宗教であり、外部の社会が正しいとして命じるものが道徳。

道徳を守らなければ、社会から白い目で見られるだけが、自分の信じてる宗教を
守らなければ、自信がなくなり自己卑下してしまう影響が出る。

>>政治学や政治思想を語っていたのに
あなたの話は、学なんていえる学問の程度のものかな。

俺にはなんか小さなヒヨコが、大きな格好をしたくて小さな羽根を目いっぱい
拡げて相手を脅しつけてる感じがする。ヒヨコはヒヨコ並みで良いと思うけど・・・

>>49 敵前逃亡した唐生智が悪じゃないとか

唐生智をそんなに責めてもね、殺される立場じゃ俺だって逃げるよ。
大人しく南京に留まって、日本軍の標的になってもな。
最終的には処刑されてしまった沈博施参謀みたいになっても・・・・

ーーーー引用開始ーーーー
田山隊長の紹介で捕はれの沈参謀と対面した、

兵営からまる腰で出て来た沈参謀は長躯白眥、年齢わづか三十歳の好男子
で、外套の襟のらつこといひ、軍服の立派さといひ、みるからに中央軍中有数
な青年将校とみうけられた。南京戦に面やつれした姿も淋しく

勝敗は時の運で仕方がありません、日本軍は私らの想像以上に強かつたの
です、私は紫金山要塞の参謀を努めてをり、南京戦の全戦局を語る資格を
持ちませんが、句容の一線が防げなかったのがそもそも失敗でした。

私は奉天省生れで奉天中学の出身中国十五年(昭和七年)奉天の陸軍
大学を卒業しましたが、満州事変には参加してをりません、後でいろいろ申
上げます、私の心が静まるまでこれ以上きいて下さいますな
http://www.geocities.jp/yu77799/bakuhuzan.html

>>51 いちいち全部貼らないとすぐばれる嘘を吐くのか。

あなたの出してくれたURLなんて見る気がしないから、遠慮しとく。
そんなものを見てる人がいるのかな。

>>しかしお前には説明したくない。
反論されたら、アンタが簡単に負けるからだろ。
そんな程度の知識で、知ったかぶりされても・・・・

57 名前: 恵也 :2011/01/12(水) 11:43:21 ID:NhPDJNst

>>49 「日本軍は絶対悪」という思想の持ち主

あなたは知らないようだが、ここで最初に米兵が日本兵捕虜を飛行機から突き
落とし殺したリンドバーク証言を出したのは俺だよ。どこにでもいるよこんな奴は!

そういえばこの前見た。米国立公文書館から見つかったフィルムの中で、沖縄戦
をテレビでやってたが負傷して動けなくなった日本兵を、米兵が撃ち殺す場面があった。

長勇みたいなのが軍の幹部にいたら、どこの軍でも暴走してしまうのは当たり前。
どこにでも悪はいるぞ。

ーーーー引用開始ーーーー
日本軍に包囲された南京城の一方から、揚子江沿いに女、子どもをまじえた市
民の大群が怒涛のように逃げていく。そのなかに多数の中国兵がまぎれこんでいる。

中国兵をそのまま逃がしたのでは、あとで戦力に影響する。そこで、前線で機関
銃をすえている兵士に長中佐は、あれを撃て、と命令した。中国兵がまぎれこん
でいるとはいえ、逃げているのは市民であるから、さすがに兵士はちゅうちょして撃
たなかった。それで長中佐は激怒して、

「人を殺すのはこうするんじゃ」

と、軍刀でその兵士を袈裟がけに切り殺した。おどろいたほかの兵隊が、いっせい
に機関銃を発射し、大殺戮となったという。長中佐が自慢気にこの話を藤田くんにしたので、
http://www.geocities.jp/yu77799/nihonjin.html

>>52 俺だって日本国憲法上「主権者」だが、口が裂けても「主権者としては」なんて傲慢

傲慢で良いだろ。傲慢でないから主人面した公務員がエバルの。
主権者ってのは良いとこばかりじゃなく、それなりの義務だって多いんだぜ。

>>不特定多数の集合名詞の主権者の意思を語り
家族などは集合名詞だが、主権者は個別概念だろ。
これを集合概念にするのなら「全主権者」「主権集団」という表現にしないと・・・・

58 名前: 恵也 :2011/01/12(水) 12:26:50 ID:pr9XQTHV

>>52 日本国民全体の総意を代表して発言する資格も権限も無いと自制してるからな

国民全体の総意というのは、国民投票をやらないと出てきません。
総意というのは国民1人1人(主権者)が自由に発言し、討論のなかで思考し、
全主権者の投票ではじめて、総意というものが出てくるもの。

あなたの論理は、代表とされた人が全ての方針を決めれるという暴論。
諫早湾堤防みたいに、食糧不足で水田を作る計画が状況が変わったのに
50年に一度の大水害や台風にも万全にとか屁理屈をつけてでも数千億円
も無駄使いして、だれも責任を負わないのは異常だよ。

利権業者のバシリになってる政治家や官僚には、動き出したら止めることは
出来ないから、第三者の主権者の判断がいるの。

ーーーー引用開始ーーーー
「干拓事業と市街地の洪水対策は全く関係ない」と言い切るのは関西学院
大学の片寄俊秀教授。
「諫早湾で、どのような事業を行おうとも、河口から一定の距離以上の市街
地には防災効果は及ばない。そのことは科学の常識であるにもかかわらず、
あたかも諫干事業が諫早大水害級の洪水対策であるかのように宣伝され
てきた」と指摘する。

 日本地質学会会員の布袋厚さんも「効果は全くない」と次のように説明する。

河口から一定の距離で、川の水面の高さに対して潮の干満の影響が全く及
ばなくなる地点が生じる。これを「水位の収れん」と呼ぶ。水位が収れんする
地点は川の断面、流量などで決まる。本明川で洪水が起きた場合、水位が
収れんするのは河口から二キロ。
諫早大水害で多数の犠牲者が出た市街地はこれより上流だ。
(諫早湾は今 より)

59 名前: 恵也 :2011/01/12(水) 15:18:39 ID:ZdWuCTLQ

>>50 ラッド博士が、お前と同じ閔妃殺害の黒幕が日本人だと考えていた人物である事も教えた。

俺は覚えてないのだが、酒飲んでたせいかな・・・・
でもラットさんが何者であっても俺はたいして興味はない。
今の俺に、なんかの役に立つのかね。

>>51 一応言っておくと、俺は最初に「太平洋戦争がなければあと50年植民地」

この話はネトウヨの連中がよく使うが、50年植民地というのは不可能でしょう。
第二次大戦が始まった頃はすでに、民族自決の機運が強くそれに対抗は出来んでしょう。
いろんな国で独立運動が盛んになり、フィリピンでもアメリカやスペインに弓を引いてたし
アメリカがこれだけ巨大軍事国家になってさえも、イラクでは追い出されようとしてる。

しかし今、イラクから追い出されたらイランと結んで巨大産油国が中東に出来て
イスラム教徒シーア派の巨大国家が出来るかも知れんな。
でもイラクから日本が石油を輸入できんのが腹が立つ。

ーーーー引用開始ーーーー
イラク侵攻の結果、フセイン政権は転覆され、その後のイラクは「民主化」
によってシーア派主導の国になり、必然的にイランとイラクが結束し、イラク
駐留米軍を追い出す方向に動いている。イランとイラクの石油利権は米国のも
のにならず、主に中露など反米非米的な勢力によって開発されている。
http://tanakanews.com/110106iraq.htm

60 名前: 恵也 :2011/01/12(水) 16:40:17 ID:JKvejzYn

>>52 お前自身の傲慢さこそが「デモクラシーの問題点」

日本のデモクラシーの問題点は、制度がデモクラシーに追いついてないこと。
日本全国で使いもしない港や空港、干拓地を大金を使って作り出しても
主権者がそれを止める止めることが出来ない。

お役人様と利権業者、政治家の暴走で肝心の主権者は蚊帳の外だ。
少なくとも主権者全体にそのたびにチェックさせるべきだろう。
チェックさせる仕組みが出来てるのは、今の世界ではスイスくらいのもの。

レマン湖の橋を作るくらいのことでさえ、国民投票が出来るんだぜ。
こういった仕組みだからこそ、自分の国だとし愛国心も旺盛になるんじゃないかな。
日本じゃ一回も出来ないのに!!!!!!!!!!!

ーーーー引用開始ーーーー
ジュネーブにおける横断道路計画の否決
  住民投票(votation)の対象になったのは、ジュネーブ市内のモンブラン橋
の北側、レマン湖の幅が大きくなった部分に、横断道路を橋またはトンネルで
建設する計画である。州政府のプロジェクトで、トンネル案は全長一五〇〇
メートル、建設費四億九〇〇〇万スイスフラン(一フラン=約八九円)、橋案
は一六四二メートル、四億三〇〇〇万スイスフランとなっている。

 一九八八年に、横断道路の実現を求めるイニシアティブが六八%の賛成で
成立したのを受けて、政府が二種類の建設計画を策定したあと、建設着手を
求めるイニシアティブを商工会議所や自動車クラブでつくる委員会があらためて
起こしていた。

61 名前: 恵也 :2011/01/12(水) 16:42:35 ID:Xka+uB0K

 一九八八年に、横断道路の実現を求めるイニシアティブが六八%の賛成で
成立したのを受けて、政府が二種類の建設計画を策定したあと、建設着手を
求めるイニシアティブを商工会議所や自動車クラブでつくる委員会があらためて
起こしていた。
  
州政府は案内パンフレット「州政府から市民へのメッセージ(4)」を発行した。
これは二四ページにわたって、次のような内容を詳細に掲載している。
  ・州政府(Conseil d’Etat)の主張「横断道路の推進」
  ・イニシアティブ委員会の主張「橋にもトンネルにも賛成を」
  ・反対派の主張「一〇億フランの大規模プロジェクトは破壊的で不必要」
  ・州議会(Grand Conseil)と政府からのお願い「横断道路の建設を認めてください」
  ・トンネル案の計画地図と費用等
  ・橋案の計画地図と費用等
  ・投票の手引き
  ・政党、各種団体(約四〇)による賛否の立場表明の一覧表
州議会の政党の立場は分かれた。賛成は、与党の自由党(二七議席)、急進
党(一五)、キリスト教民主党(一四)、反対は、野党の左翼同盟(二一)、社会
党(一五)、緑の党(八)であった(5)。賛成派は、一〇〇議席のうち五六を占め
ていたことになる。
  
ジュネーブの住民投票は、環境に影響の大きい大型公共事業の是非を問うもの
として内外で注目された。街には賛否両派のポスターが整然と並び、新聞にも意
見広告が連日載せられた。賛成派は雇用創出と都心の渋滞緩和を主張し、反
対派のポスターは、レマン湖の白鳥がブルドーザーにおびえている絵や、人々が湖
に札束を投げ込んでいる写真などで訴えた。

結果は、膨大な建設費と景観・自然破壊を批判する反対派の宣伝が効を奏し
、圧倒的多数で、橋とトンネルの二案がともに否決された。投票率も六〇%とい
う「例外的な」高さに達した。トンネル案にいっそう反対票が多かったことから考え
ると、環境・景観の視点からだけでなく、財政面から計画に反対した市民も多かったといえる。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/96-6/murakami.htm

62 名前: no name :2011/01/12(水) 18:41:08 ID:Dm6W9ELZ

>>54 永遠に若者でなければ可笑しい
そこに噛みつくのかw
頭おかしいな、コイツ
若者であろうが何だろうが、10年も病気(不景気)をわずらってる若者にまず与えるのは栄養だろうに
キチガイすぎるだろ、お前

>弱体化した病人に、あなたは手術をするな、薬は副作用が恐いから飲むなと
当たり前だろ?バカだなコイツ
「手術に耐えうる体力の無い病人には手術はやらない」
お前には医者としての常識もないらしいな
わざわざ手術などやらなくてもこの病人には自然治癒力がある
今までろくな栄養を与えられなかったから弱体化しただけの話だろうが

>元気なときには、変に切ったり薬を飲ませるべきではないが、
ふざけんな、バーカ
手術に耐えられない病人を殺す気か?
お前は殺人大好きだもんな
手術には耐えられるだけの体力が必要だし、デトックスは健康人がやる物だ
10年以上も病気してた病人にやるべき内容ではない

>病気になったら病変部を切り取り、薬を飲ませるのが早く回復する鉄則で今がそのチャンス
キチガイの妄想はいい加減にしろ、経済学に無知なくせに
お前の話の前提条件として「必ず手術に耐えうる体力がある」事が絶対の前提だろうが!
勝手にその前提条件を無視して何が「今がチャンス」だ! 詐 欺 師

63 名前: no name :2011/01/12(水) 19:00:17 ID:Dm6W9ELZ

>>54 だが今の日本の経済状態じゃ、断食だけでは治りそうもないよ
当たり前だろ?
小泉の登場した2001年時点で10年、今から見れば20年、病気(不景気)が続いていた日本国を「断食」(緊縮財政)で治そうなんてお前イカレてるよ
今の日本に必要なのは「点滴」「注射」などの「栄養補給」。早い話積極財政だろうが。

>小泉元総理は切る位置も薬の選定も間違えた、ヤブ医者だったの
いいや、切るべき時でない時に手術を選んだヤブ医者というべきです
だから小泉内閣当初、株価は一気に7000円とかにまで落ち込んだんだろうに
「小泉は株価を二倍にした」は嘘ではない。確かに6000〜7000円まで落ち込んだ株価を12000円にはした。
だがこんなの、「小泉登場前の元々の株価に戻っただけ」じゃねーか。
つまり小泉改革など、外国人投資家含め、誰も期待してなかった証拠だ。

>肥大化した財務省を中心にした公務員、
肥大化した証拠を出せよ、嘘つき

>隠れ公務員というシロアリを退治しスリム化する手術が必要なんだよ
これまた、お前がろくに統計が読めていないだけだろ
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5190.html
上から二番目の統計が目に入らないのか?
日本の官僚は中央省庁はフランスの9分の1、イギリスの8分の1、アメリカの半分近くの数だ
どこが「肥大化」してるんだ?
そしてお前の言う「隠れ公務員」はこの図では「公社公団・政府系企業」と書いてあるが、
ドイツ・イギリス・フランスと比べても「多すぎる」数字ではない
地方公務員だって軍人だって特別日本だけが「肥大してる」なんて物は無い!

嘘つき恵也はいい加減にしろよ

64 名前: no name :2011/01/12(水) 19:10:13 ID:Dm6W9ELZ

>>54
>むかし独裁権を持つ天皇でさえ、官僚には”前例がありません”と妨害されてナカナカ動けず
>とうとう頭にきて”俺が前例だ”とドヤシつけたとかいうけど
証拠を出せよ、嘘つき恵也
日本の天皇は奈良・平安時代から大日本帝国憲法に至るまで「独裁者」ではない
歴史の捏造すんな!キチガイ!

結局、「改革が不充分」なんて言ってるのは日本広しと言えども小泉・竹中一派だけ。
お前は小泉・竹中が嫌いなはずなのに、その手のひらの上で踊らされてる哀れな知的障害者に過ぎん
どうせ真に改革が成って弱肉強食の世界が到来したら負け組に陥るしかない階層のくせにw
あ、改革以前から負け組だったかw

65 名前: no name :2011/01/12(水) 19:21:05 ID:5wXnUdMj

そもそも公務員労組は民主党の支持基盤なのに公務員削減なんか
出来るわけないだろw
実際に出来てないのが何よりの証拠だ。

66 名前: no name :2011/01/12(水) 19:22:49 ID:Dm6W9ELZ

>>56
>心の中で命じるものが宗教であり、外部の社会が正しいとして命じるものが道徳
じゃあ外部に布教活動してる宗教団体は全部偽物だな

>あなたの話は、学なんていえる学問の程度のものかな
>俺にはなんか小さなヒヨコが、大きな格好をしたくて小さな羽根を目いっぱい拡げて相手を脅しつけてる感じがする。
>ヒヨコはヒヨコ並みで良いと思うけど・・・
負 け 犬 の 遠 吠 え 第二段乙ですw
もう学術的には一切反論できなくなったから悪口三昧に走るんですね?解りますw
この負け犬の遠吠え、そっくりそのままお前に返すよ
チャーチルの本も読まずにチャーチルの思想を妄想で語ったお前こそ、間違いなく
「俺にはなんか小さなヒヨコが、大きな格好をしたくて小さな羽根を目いっぱい拡げて相手を脅しつけてる感じがする」
そのものズバリじゃんw
欧米政治思想を調べもしないで妄想だけで語ったお前こそ、
「俺にはなんか小さなヒヨコが、大きな格好をしたくて小さな羽根を目いっぱい拡げて相手を脅しつけてる感じがする」
自分自身がやってる事を他人に責任転嫁するなよw
悔しいか?反論できなくなったから悪口しか書けなくて悔しいか?w
お前の悪口が真に迫れば迫るほど、お前が学術論争の 負 け 犬 である事を人様に御披露目しちゃってるからなw

67 名前: 削除済 :削除済

削除済

68 名前: no name :2011/01/12(水) 19:43:08 ID:Dm6W9ELZ

>>56 唐生智をそんなに責めてもね、殺される立場じゃ俺だって逃げるよ
>大人しく南京に留まって、日本軍の標的になってもな
出ました!「日本軍は絶対悪!中国軍は絶対善!」と言わんばかりのキチガイの妄言!
お前がいくら「日本軍は絶対悪なんて言ってない」などと強弁しようが、お前のやってる事はそのものズバリこれだ。

なんで敵前逃亡する司令官が無罪放免なのやら?キチガイ恵也は頭が本当に狂ってる!
日露戦争の旅順司令官や、第一次大戦の青島要塞司令官が、部下や民を置き去りにして自分だけ敵前逃亡したかよ!
日本軍はそういう正規の手続きを踏んで降参した敵将を冷遇して殺したかよ?
やる事やってないくせに何が「日本軍の虐殺」だ!

そもそも唐生智は南京放棄を決定した蒋介石に噛みついて、南京死守を認めさせた張本人じゃないか!
コイツがいなかったなら南京戦は起こらなかったはずだろうが
自分から南京戦をやりたいですと志願しておきながら、最後には兵も民も見殺しにして自分だけ逃げ出した唐生智は、
何度非難されても非難しすぎる事はない

>最終的には処刑されてしまった沈博施参謀みたいになっても・・・・
敵前逃亡した唐生智がそれを知ってるわけないだろ!
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/nanking/nanking-jiken-9-1.html
そもそも「捕虜の反乱」が原因だった幕府山事件を持ち出すとはね
お前は幕府山事件については完全に論破されたはずだが?
こちらの質問に何一つ、否、わずか一つの質問にすら答えられなかったじゃないか
「論破されてなどない!」と言うのなら、何度も質問されている次の質問に答えなさいよ
一度たりとも答えた事がないくせにw

Q.日本軍が最初から虐殺目当てだったのなら、どうして虐殺やる側の日本軍に死傷者を出す必要があったのか?

69 名前: 恵也 :2011/01/12(水) 19:55:45 ID:IrGFIQ/8

>>42 「天皇家」の個人事業みたいに書くお前は、天皇に悪意でもあるの?

神道といっても宗教団体であれば、無数に分派が出来るのは当たり前。
改めて調べてみたら国家神道(神社神道)という、明治以降の政府に支援
された神道と、支援されない教派神道(13派)というのがあります。

国家神道は戦後GHQ指令で禁止され、政教分離が行われました。
たとえば黒住教という教派神道は、天照大神を万物創造の神とし人をその
分霊という教えを持ってます。神道とは日本に発生した民俗信仰。

>> 中国仏教の影響は受けただろうが、「インド仏教の影響」ではない
インドで生まれた仏教という意味で使ったのだけど。
中国の仏教もインドの仏教もムチャクチャ種類が多いでしょう。

それにインドで大乗仏教も生まれ、それが大乗経典、小乗経典と共に
中国経由で日本に伝わったもの。
今は小乗経典もタイやベトナム経由でも伝わってますが、内容は中国
経由のものと少し違うものや、欠損してる物もあります。

インドでは仏教徒は少ないけど残っているよ。

ーーーー引用開始ーーーー
私はカルカッタに本部のあるインドの仏教教団・ベンガル仏教会の一僧侶として、
昨年8月までの3年余りの間、様々な儀式に出席させていただきました。
(仏教の話 より)

70 名前: no name :2011/01/12(水) 19:56:21 ID:Dm6W9ELZ

>>56 あなたの出してくれたURLなんて見る気がしないから、遠慮しとく
自分の都合が悪いソースは見ないんですね?解りますw
そして正しい歴史は一切無視して、妄想だけで延々論破された話を繰り返すわけだ、幕府山事件のようにw
壊れたテープレコーダーか?お前はw

>反論されたら、アンタが簡単に負けるからだろ
出た!論争相手を負かした事など一度もないくせに、早くも勝利宣言ですかw
資料を出されても全て難癖つけて無視、妄想だけで語った挙げ句に勝利宣言するだけのキチガイでしょ?
チャーチルにしろ、経済学にしろ、欧米政治思想(自由主義・デモクラシー)にしろ、幕府山事件にしろ

>そんな程度の知識で、知ったかぶりされても・・・・
ハイハイ、お 前 が 言 う な
どうせお前、ツンデレなんだろ?
「ボクちゃん無知無教養だから教えてもらいたい!
でも頭は下げたくない!メンツがつぶれちゃう!
だから挑発して向こうが頭に来て勝手に説明始めるのを待とうっと!
ボクちゃん、頭良い!」
要するに、テメーが言いたい事はこういう事かw
素直に「教えてください。お願いします」と言えば済む話なのにねぇw
二次元美少女のツンデレならともかく、60越えたジジイのツンデレなんてキモいだけですから

71 名前: no name :2011/01/12(水) 20:13:30 ID:Dm6W9ELZ

>>57 「人を殺すのはこうするんじゃ」
ハイハイ、この話も嘘・デタラメで片付いた話だよな?
1、殺された兵士の名前も部隊名も不明
2、戦前はおろか戦後になっても遺族が騒がない
3、身近にいた副官が見ても聞いてもいない
4、この話自体、伝聞の伝聞で証拠価値がない
お前みたいな論破された話に固執する頭が固い奴がろくでもないのには同意するがね

>傲慢で良いだろ。傲慢でないから主人面した公務員がエバルの
これが四国でお遍路をやった奴が言う台詞か
お遍路をやると傲慢になるのなら、俺は子供にも孫にも四国のお遍路をやると傲慢になってバカになると説明してやろう

第一、公務員だって日本国憲法上「主権者」の一人なんだがね

>主権者ってのは良いとこばかりじゃなくそれなりの義務だって多いんだぜ
お前が何を義務やったよ?ろくに税金も納めてないくせに
日本国憲法の三大義務の中で「勤労の義務」「子供に教育を受けさせる義務」はお前は果たしてないだろ!
納税だって不充分にしか果たしてないくせに

>家族などは集合名詞だが、主権者は個別概念だろ
また勝手なオレ日本語か…
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E4%B8%BB%E6%A8%A9%E8%80%85&stype=0&dtype=0
「国民」が『集合名詞ではない』とか言い出すようならお前終わってんぞ?

72 名前: no name :2011/01/12(水) 20:35:02 ID:oYU08UzQ

>>58 国民全体の総意というのは、国民投票をやらないと出てきません
だったら「主権者の意思」だって同じくアンケート調査か国民投票をやらないと解らないわけだが?
お前が「主権者としては」と書いた時、お前はちゃんと他の主権者にも尋ねたんだよな?
俺は聞かれた覚えがないけど?

お前一人の考えなら「俺としては」で良いじゃねーか
ただ「俺様は主権者」って言いたいだけだろ?

>総意というのは国民1人1人(主権者)が自由に発言し、討論のなかで思考し全主権者の投票ではじめて、総意というものが出てくるもの
その前に「国民1人1人が勉強して知識がある」という前提条件が必要だろ!
マスコミや宗教団体の師匠、テレビの知識人の受け売りで済ませるような国民が、
果たしてどうやって「自由に発言」出来るんだよ?
果たしてどうやって知識がない国民が「討論」出来るんだよ?
そんな国民の発言、お前みたいな嘘とハッタリで終始するのがミエミエだろうが

>第三者の主権者の判断がいるの
専門家だって主権者の一人なんだから、まずは専門家を中心にした第三者の関与からだろうが
不勉強な国民はまず勉強から始めろよ
猪瀬直樹が道路公団民営化に参加したり東京副知事になったり、まずは専門家を招けば良いだろ

お前はスイスのレファレンダムをもてはやしたくせに、その背景を全く知らなかったじゃないか
スイスは行政府と立法府が憲法上でも別れていなくて一緒である
従って日本より行政の暴走が起きやすいからレファレンダムという制度を取った
このぐらいの知識もないくせに何が「スイスを見習え」だよ?

73 名前: no name :2011/01/12(水) 21:01:05 ID:oYU08UzQ

>>59 俺は覚えてないのだが、酒飲んでたせいかな・・・・
お前の頭が悪いからだ。以上。
都合が悪くなるといつでも酒のせい。俺様は悪くないって言いたがるよな?お前って?
これ見た奴が「そうだ!悪いのは酒で恵也の脳みそが足りないのは悪くない!」とか思うと思ってるのかよ?酒乱キチガイ!

>でもラットさんが何者であっても俺はたいして興味はない
>今の俺に、なんかの役に立つのかね
ハイハイ、所詮は閔妃殺害事件もお前にとっては「酒の肴」だもんな
事実についてはどーでもいいわけだ
つまり事実関係についてはもう敗北を認めたんだなw

>この話はネトウヨの連中がよく使うが、
ハァ?お前は過去に「アンタが言ってるだけ」と決めつけただろうが
いつから「ネトウヨの連中がよく使う」なんて言い出したんだよ?
コロコロと主張を変える卑怯者だ
ついでに言えば、このマレーシアの少女も「ネトウヨ」かよw
http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/page048.html
>アイーシャさんにもう一度尋ねた・・・。
>「日本がコタバル上陸しなければどうでしたか」
>「マレーシアという国はなかったでしょう。今もブリティッシュの植民地のままでしょう」
都合が悪くなると「ネトウヨ」と決めつけて事実からは目を塞ぐキチガイ恵也!

>50年植民地というのは不可能でしょう
今まで100年植民地にやってきたのに、150年の植民地は不可能とか頭大丈夫か?
ガンジーは独立どころか自治権すら取れなかったとお前ですら認めたくせに
ドイツのヒトラーは、インド独立を訴えたチャンドラボースに「インドの独立はあと150年は無理」と言い放ったそうだ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B9
ヒトラーがそんなに先が見えなかったのかよ?
ヒトラーは白色人種の「常識」を語ったんだろうがよ

74 名前: no name :2011/01/12(水) 21:02:11 ID:MsTavvi/

>第二次大戦が始まった頃はすでに、民族自決の機運が強くそれに対抗は出来んでしょう
ハァ?対抗していたから、どこも独立してなかったんだろ?
当時、有色人種の国で「独立」していたのは日本・タイ・トルコ・リベリア・イラン・イラクなど数えるしかないだろうが、アホ!
しかもこの内トルコはどちらかと言えばヨーロッパに近いし、リベリアは完全にアメリカの属国だし、イランイラクはイギリスの属国だ
有色人種の独立国なんてほとんど無かっただろうが

>フィリピンでもアメリカやスペインに弓を引いてたし
で、勝ったかよ?
ボロボロに惨敗した挙げ句に、お前はそんなフィリピン人を罵ったくせに

75 名前: no name :2011/01/12(水) 21:15:11 ID:MsTavvi/

>>60 日本のデモクラシーの問題点は、制度がデモクラシーに追いついてないこと
違うね
お前みたいに無知で不勉強なくせに「俺様は主権者様々だから専門家はひざまずけ」みたいな勘違いバカがいる事だよ

第一「ムダ」「ムダ」って言うがね、それを作るのに働いた労働者、そして協力したコンクリートやセメント業者には、
少しもムダじゃないんだが?
相も変わらずケインズ経済学も知らないで妄想だけで語るキチガイだ

今は不景気なんだし利用者が少ないのは当たり前
不景気の時の利用者実績を根拠に語るほど愚かな話は無い
景気を回復させて好景気にした上で、「それでも利用者が少ないからムダ」というならまだ解る
お前はろくに経済学を知らない愚か者
http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/ichiran.htm
つべこべほざく前に、まずこのぐらい読んでからにしろよ

お前は小泉改革に反対したお前にとっては「反小泉」の同志のサイトですらボロクソに罵るつもりか?
お前がもてはやす、小泉にはめられた植草一秀氏もこのサイトとほぼ同じ事を主張してるのに
お前は植草一秀も「経済がわからず空理空論をもてあそぶ愚か者」とでも呼ぶのか?
そんなつもりがないなら、まずは上記のURLぐらい読んで植草一秀の主張を理解してくれよ

76 名前: no name :2011/01/12(水) 21:41:39 ID:MsTavvi/

>>65
それは正しい
確かに民主党には出来ないだろう
(やる必要性も感じないけど)
と言っても俺は自民党支持者でも民主党支持者でもない

>>69
>神道とは日本に発生した民俗信仰
解説乙。珍しく誉めてやるよ。わざわざお前が調べてきてくれたんだからな。金ももらわずに。お疲れさまでした。うん、偉い!
その上で、だったら
「日本の天皇家の神道は」(>>26)
この一文は訂正しろよ
「神道とは日本に発生した民俗信仰」であるなら「天皇家」関係ないだろ

>インドで生まれた仏教という意味で使ったのだけど
>>26を読んでそのように理解するのは不可能
これまた素直に訂正すれば良いだけだろ、別にお前のメンツがつぶれるわけでなし…

>それにインドで大乗仏教も生まれ、それが大乗経典、小乗経典と共に中国経由で日本に伝わったもの
小乗経典はほとんど伝わってないだろ
お前の話が本当なら、明治の開国時代にタイとかを旅行した日本の坊さんがあまりに日本と違って驚くわけもない
お前の好きな般若心経も日本に伝わった短い奴ではなく、小乗のは倍以上に長くストーリーもある叙事詩である

>インドでは仏教徒は少ないけど残っているよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E4%BB%8F%E6%95%99
ほとんど「滅んだ」と言っても良いだろ。近年になって復興しただけの話だ

で、>>1へのツッコミ。
>>1が本当にインドに細々と生き残った仏教の影響だと言うなら、それを証明してくれ
日本の神道がインドの価値観を説明する根拠になどなるわけないし、仏教の影響をお前が主張するのなら、
インドにわずかしかいない仏教徒の影響があって「右が偉い」って事になった事を証明してくれ

77 名前: no name :2011/01/12(水) 23:11:23 ID:XkgWe3FK

よくもこんなキチガイ恵也を!

78 名前: no name :2011/01/12(水) 23:52:02 ID:ySTMFX65

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/it/media/index.cfm?i=i_insight105
■■エラー■■

ファイルが見つかりませんでした

ましてマイクロソフトはWindowsやオフィスで利益率80%を超えるという超ぼろ
儲けをしている。社会的な責任を果たしていないと思うのは僕だけではないだろう
http://www.venven.jp/ven0313/kora/kora12.html
404 ページが見つかりません

お前の出してくれたURLよりは遥かにマシだと思うけど?

相手が出してくれた情報源に目も通さないとか、暇潰しでも議論する気あんのかよ。
そもそも改めて見直せと言ってるんじゃなく、
いちいち全部貼らないと「極一部」とか言い出すお前の嘘を批判してるんだけど?
で、結局お前が吐いた「アンタが言ってることだろ」「ホラ話もタイガイにしときな!」
という嘘への謝罪はまだ無しか。

俺が出したのではなく他の人が出してくれたURLなんだが、
まあこれはいいや。それだけ嘘ばっかり吐いてりゃ他人が信じられなくなるかもな。
で、結局お前が吐いた嘘への謝罪はまだ無しか。

>>反論されたら、アンタが簡単に負けるからだろ。
>>そんな程度の知識で、知ったかぶりされても・・・・
いいえ、たった三行上のお前の態度が嫌なんです。
単なる税制の仕組みを勝ち負けに持っていこうとするお前が嫌なんです。
本当に勉強していたら、「勝ち負け」の話になりようが無い事ぐらいは分かりますので。
それを勝ち負けに持ち込むために吐くであろうお前の屁理屈が嫌なんです。
まあ別に俺が簡単に負けるなら負けるで別にいいけど、
だったらその程度の知識で知ったかぶりしてる俺に説明してくださいよ。
「俺なりに勉強した」というのが嘘じゃないんならな。

>>今の俺に、なんかの役に立つのかね。
半年前の話なんだが?
何で「今の俺」なんだ?
半年前にお前が「ラッド博士なんて自慰史観のサイトでしか見付からない」と主張したんだが?
礼も侘びも無かった半年前のお前の品性は、「今の俺」から見てどうなんだ?

79 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 09:24:19 ID:uwpwBJqc

>>68 なんで敵前逃亡する司令官が無罪放免なのやら?

司令官が逃げ出すのが、何でいけないのやら意味がわからん。
戦争に勝てるのならともかく、負けるのが確実に思えたら撤退するのが司令官
の義務であり、部下に対する責任だ。

あなたは生きて虜囚の辱めを受けずという信念を持ってて、部下と一緒に全滅
するのが司令官の義務とでも信じ込んでるのかい。

>>正規の手続きを踏んで降参した敵将を冷遇して殺したかよ?
降参するのに正規の手続きなんてその当時あったのかな。
戦争の混乱の中では、生き死にの現場だからタイミングを失えばドモならんし
四角四面な正規なんて考えれるのかい。

ハーグ陸戦規定1899年の前文でも、実戦で発生するすべての状況に適合する
条文は不可能だとみとめて、司令官の捕虜などに対する独断処理を禁止してます。

ーーーー引用開始ーーーー
参加各国は書かれた条項が欠如するからといって専断的な野戦軍司令官に
任せるという方向を指向しているわけではない。
http://ww1.m78.com/topix-2/hague.html

>> 南京死守を認めさせた張本人
この時は周りの状況を「南京死守が可能」とみて主張したの。
状況は刻々と変化するんだから、戦術が変化するのは当たり前だろ。

80 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 09:25:54 ID:DX2JCuRF

>>68 「捕虜の反乱」が原因だった幕府山事件を持ち出すとはね
その見解は捕虜を殺した部隊の幹部が、戦後になって手記にして出したもの。
たとえて言えば殺人犯が、死んでしまった被害者が喋れないのを悪用してその
ミスを指摘し「俺は悪くない、被害者の責任だ」と自己弁護を言ってるようなもの。

加害者側の幹部ではなく、下士官の証言では最初から「始末する」命令でした。
捕虜には中洲へ移動させるという言い訳で、ジュズ繋ぎで連行してます。

ーーーー引用開始ーーーー
上からの「始末せよ」の命令のもと、この捕虜群を処理したのは入城式の一七日
であった。捕虜たちにはその日の朝「長江の長洲(川中島)へ収容所を移す」と
説明した。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/yamada/kurihara.html

>> 一度たりとも答えた事がないくせにw
答えたはずなんだが、あなたが見なかっただけだろ。
日本軍に被害が出た理由は、あまりにも多い捕虜で日本軍兵士が少なかったから。
あなたは敵味方の人数がどのくらいか判って書いてないでしょう。

下士官の栗原証言では「我が大隊が135人」という話から虐殺した両角業大佐
の65連隊全員でも500人くらいで、13500人の捕虜を殺したわけだ。

幕府山の中国兵には弾薬の輸送が追いつかず、弾薬ナシになったのでこんな
大量の捕虜を両角連隊が確保したもの。

そのため日本軍兵士間の連絡がうまくいかず、遠くの位置にいる日本軍兵士の
姿が見えない状態で日本軍の銃撃が始まり、捕虜の誘導からタイミングよく逃げ
出しそこなった日本軍兵士がいた為だ。

81 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 09:42:01 ID:PmXE20s1

>>68 敵前逃亡した唐生智がそれを知ってるわけないだろ!

唐生智は「日本軍が捕虜を取らないで虐殺すること」を知ってたよ。
中国軍の幹部が戦闘で、負けた部下がどんな状態になってるか全く情報
がないとでも思うのかな。

日本軍は自分達の食べる食料も現地調達で、捕虜を捕まえても食べさせる
食料もないし、捕虜を監視する余裕の兵もいない状態なんだよ。
だから敵兵を捕まえたら、抵抗出来ないようにしてからドンドン殺してたの。

有名な作家の火野葦平という方も、南京戦に参加しておられましたが親族
に送られた手紙でその間の事情がわかります。

ーーーー引用開始ーーーー
貴様たちのために戦友がやられた、こんちくしよう、はがいい、とか何とか云ひ
ながら、蹴つたり、ぶつたりする、誰かが、いきなり銃剣で、つき通した、八人
ほど見る間についた。

支那兵は非常にあきらめのよいのには、おどろきます。たたかれても、うんとも
うん(ママ)とも云ひません。つかれても、何にも叫び声も立てずにたほれます。

中隊長が来てくれといふので、そこの藁家に入り、恰度、昼だつたので、飯を
食べ、表に出てみると、既に三十二名全部、殺されて、水のたまつた散兵濠
の中に落ちこんでゐました。
山崎少尉も、一人切つたとかで、首がとんでゐました。
http://www.geocities.jp/yu77799/hinotegami1.html

82 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 10:26:09 ID:QJ0FiU7u

>>63 日本の官僚は中央省庁はフランスの9分の1

ここで話してるのは、お役人の人件費の問題なんだよ。
形だけの中央省庁官僚数を比べても屁みたいなもの。

地方の出先官僚や、追い出された天下り官僚の団体職員など複雑怪奇な
役人天国は親方日の丸の日本くらいのものじゃないかね。

アメリカでは大統領が交代すると、役人のトップには大量の外部から大統領
支持者が入ってきて、お役人の総入れ替えが生じる。
日本みたいなお役人天国じゃ、お役人が腐敗するのは当たり前だ。

>>65 そもそも公務員労組は民主党の支持基盤なのに公務員削減なんか

今の菅直人政権じゃ無理でしょう。
公務員削減なんて大仕事で、小泉みたいな偽削減じゃ話にならん。

>>66 じゃあ外部に布教活動してる宗教団体は全部偽物だな

自分の信じてる真理から、自分に命令するのが宗教なの。
外部から正しい行動だとして、自分に命令するのが道徳。

布教活動は、教祖や経典が真理だと自分で信じ、布教が自分にも相手にも
役に立つと考えて、自分に命令してやってるの。

まあ団体で行動してたら、自分でイチイチ考えなくなってしまうけどね。
大規模宗教団体だと、豪華客船と同じで船長が進路を考えて乗客は考えない。
乗客は船長を信じるだけだ。

83 名前: no name :2011/01/13(木) 10:35:18 ID:80Fy861o

>>79
>司令官が逃げ出すのが、何でいけないのやら意味がわからん

お前は頭が悪いからな
会社が倒産しそうになったら社長が財産持って夜逃げするのが「素晴らしい司令官」みたいに思う馬鹿だからなw

>戦争に勝てるのならともかく、負けるのが確実に思えたら撤退するのが司令官の義務であり、部下に対する責任だ

いいや、責任持って降伏交渉するのが司令官の義務であり、部下に対する責任だから
日露戦争のロシア司令官だって青島要塞のドイツ司令官だってやりました
中国人だけなぜそれが出来ない?

第一「負けるのが確実に思えたら撤退するのが司令官の義務であり、部下に対する責任だ」なら、黙ってバックレてんじゃねーよ
唐生智は部下にほとんど伝達せずに自分だけ逃げたんだよ
軍事行動の一環としての撤退じゃねーんだよ、バカ
命惜しさに部下の命も救わずに自分だけ逃げ出したクズ司令官だろうがよ!

>あなたは生きて虜囚の辱めを受けずという信念を持ってて、部下と一緒に全滅するのが司令官の義務とでも信じ込んでるのかい

違います
お前はバカか?
旅順要塞のロシア司令官や青島要塞のドイツ司令官が敵前逃亡したか!

84 名前: no name :2011/01/13(木) 10:49:24 ID:kL7lrrbw

>>79
>降参するのに正規の手続きなんてその当時あったのかな

ありました
勉強しなさい、クズ!

>戦争の混乱の中では、生き死にの現場だからタイミングを失えばドモならん

そんなのテメーの都合だから
テメーの都合をこっちに押し付けるなよ!
正規の手続きを踏まない者は捕虜として認められないし認めなくて良い
そんなの東郷平八郎だって言ってるだろ

>ハーグ陸戦規定1899年の前文でも、実戦で発生するすべての状況に適合する条文は不可能だとみとめて、司令官の捕虜などに対する独断処理を禁止してます

それ以前に、捕虜資格がない人間は捕虜の扱いを受けられないのは常識
お前は未だにハーグ条約第一条も理解してないんだな
頭悪すぎだよ

>この時は周りの状況を「南京死守が可能」とみて主張したの

唐生智が「バカだった」証拠だろうが
南京戦など蒋介石は当たり前、ドイツから派遣されていたファルケンハウゼン軍事顧問ですら勝ち目がないし民を巻き込むと反対していた
文官は汪兆銘を始め、みんな南京戦に反対していた
それらの声を無視して一人で南京死守を主張したのが唐生智だろうが

>状況は刻々と変化するんだから、戦術が変化するのは当たり前だろ

単に人前でかっこつけただけだろうが!
唐生智は無能にして無策なのは明らかだろ!
ファルケンハウゼン軍事顧問ですら南京戦に勝ち目なしと言っていたのに、このうすら馬鹿にどんな戦術があったのか言ってみろ!
どうせ説明出来ないくせに

85 名前: no name :2011/01/13(木) 11:08:10 ID:+dEPyT/0

>>80
>その見解は捕虜を殺した部隊の幹部が、戦後になって手記にして出したもの

いいえ、福島民友の新聞記者も調べてそのように書いてます
無知乙

>加害者側の幹部ではなく、下士官の証言では最初から「始末する」命令でした

「始末する」は「殺す」じゃないんだよ、馬鹿
例えば武装解除して追放するだけでも「始末」になります

>捕虜には中洲へ移動させるという言い訳で、

たかが「言い訳」でわざわざ船を探させるかよ!バーカ!
お前ってホント都合が悪い内容は忘れ去るよな?認知症でも病んでるのか?

日本軍は揚子江の向こう側に捕虜を輸送する為に船を探させてます
過去スレに証拠資料があるから探してきなさい
いちいちお前のアルツハイマーには付き合ってられないので

>答えたはずなんだが、あなたが見なかっただけだろ

出ましたw
またまた勝手な勝利宣言!w
「答えた」っていうなら、さっさとアンカー引っ張って見せてくれよ?簡単だろ?

>そのため日本軍兵士間の連絡がうまくいかず、遠くの位置にいる日本軍兵士の姿が見えない状態で日本軍の銃撃が始まり、
>捕虜の誘導からタイミングよく逃げ出しそこなった日本軍兵士がいた為だ

お前の屁理屈は省いて簡単にまとめるならこういう事か?

「日本軍は虐殺も満足に出来ない無能でバカ揃いだった」

ふ ざ け ん じ ゃ ね ー よ ! ク ズ !
そもそも死んだのは「捕虜の誘導からタイミングよく逃げ出しそこなった日本軍兵士」だけじゃない
将校や下士官まで死んでるって、以前に出されたサイトに書いてあっただろ
「赤紙いくら」の兵隊と違って、将校は簡単には「代え」がきかないんだぞ?
将校一人育成するのに、どれだけの苦労が必要か計算も出来ない愚か者!

最初から虐殺目当てならわざわざ六キロも歩かせるわけないだろ!
捕虜を集めて手榴弾を放り投げた方がまだ効率が良いわ!

86 名前: no name :2011/01/13(木) 11:30:37 ID:cXmYev7W

>>81
捕虜になるにはまず交戦者資格を得る事が絶対に必要
http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/hagurikusen.html
自分が引用したくせにろくに読んでないで赤っ恥さらしたのをもう忘れたのか、恵也は

ハーグ条約第一条に書いてある4つの条件を満たしてない戦闘集団には捕虜の権利はない!
軍隊ならハーグ条約第一条の4つの条件は「満たしていて当然」である
これを満たしていない軍隊など「軍隊」の名前で呼ぶのもけがらわしい違法戦闘集団だ
敵前逃亡するような司令官がいる中国軍など、ハーグ条約第一条に照らして捕虜資格がない

そして今まで不思議な事に誰も指摘してこなかったから俺が指摘してやる
ハーグ条約云々以前に、中国軍には捕虜資格がない
当然日本軍にも中国の捕虜になる資格がない
日中は国際法上「戦争状態」ではないからだ
日本も中国もお互いに宣戦布告はしていない
つまり日本が当時呼称していたように「支那事変」であって戦争ではないのだ

だから中国だって日本人の捕虜を見るも無惨に虐待して虐殺している
お前はなぜこれを批判しないのか?
「戦陣訓」の有名な一節「生きて虜囚の辱しめを受けず」がなんで書かれるに至ったのか、恵也はまるで知識がない
中国人の捕虜になった日本兵が無惨な死にざまで殺されているのを知ったからだ
生きながらにして地獄の責め苦を与えられて殺されるよりは、まだ死体を損壊させられた方が本人にとってもマシだ
「日本軍は捕虜を取らなかった」と批判するなら、じゃあ恵也は中国軍による日本軍捕虜がどういう扱いだったか調べてみろ!

87 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 11:35:27 ID:PmXE20s1

>>63 そしてお前の言う「隠れ公務員」はこの図では「公社公団・政府系企業」と書いてあるが、

それは利害関係者の公務員が書いたもので当てにならないよ。
むしろ別の視点から調べたほうが、事実に近いと俺は思う。

公務員という種族は、天下り先や第3セクターなど奇妙なものを作っても面白
いことに給与を公務員に順ずるとして決める本能がある。
金儲けを目的とする純粋な民間であれば、公務員給与なんて当てにしないで
人が集めれる給与しか与えはしない。

国会で民主党議員が聞いた答弁で、人事院総裁が「公務員給与に順じ」て
国が支払った税金、保険料などの人数を900万人くらいだという答弁をしてます。

だからこの 人数x給料=すべての公務員人件費だろう。
社会保険庁や第三セクター、車検場の職員などすべてが公務員準拠してる。
その総合計はバブル期の国家の総収入である60兆円になります。

ーーーー引用開始ーーーー
経営コンサルタントとして世界的に非常に有名で非常に評価が高い大前研一
氏も同じく 本当の公務員人件費
「国家・地方公務員及び税金や保険料等支出の民間人成りすまし隠れ公務
 員人件費含む」が 年間60兆円あるのではないかと指摘している。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/4965/1278296095/236

「独占的な公共事業事務サービスを行う団体の職員」と定義しなおすと、たとえ
ば、道路関連4公団職員はもちろんのこと、その系列下にある株式会社、いわ
ゆるファミリー企業(86社)の職員も含まれることになります。

高速道路の切符を切るだけの公共サービスでも25社が関わっており、年間900
億円の人件費が公団から支払われています。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~seimiya/2003.9.20-2.htm

>>62 今までろくな栄養を与えられなかったから弱体化しただけの話だろうが

逆だよ。
あまりに栄養価の高い贅沢なステーキやマグロばかり食べていたので、太りすぎ
家から出ることも出来ない体重になって、身動きが出来ない病人になってしまったの

体力がない病人どころか、太りすぎて病人になったのが現在の日本。
官房機密費をマスコミ関係者に配ったり、外務省機密費で競走馬を職員が
買ったり高価なぶどう酒を捨てたりして、それで体力がないなんて言えるかな。

88 名前: no name :2011/01/13(木) 11:42:48 ID:r8W7lOQY

>>82
>ここで話してるのは、お役人の人件費の問題なんだよ

ハァ?また恵也の都合が悪くなったから論点すり替えかよw
>>54のどこに「お役人の人件費の問題」なんて書いてあるんだ?
今初めてお前が言い出したんだろうが!
「役人が肥大化した」と言うから諸外国との比較サイトをソースに出せば、今度は「お役人の人件費の問題」にスライドするか
いつまでも詭弁と論点すり替えは終わらないねぇ
まぁとりあえず「お役人の人件費」が肥大化したというなら、まずその証拠を出せよ!
諸外国と比べて日本が特別おかしいとする証拠をさあ

>形だけの中央省庁官僚数を比べても屁みたいなもの

自分では調べる能力すらないくせに
ちなみに「中央省庁官僚数」だけでなくて地方公務員や軍人、お前の言う「隠れ公務員」もきちんと比較されてますので
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5190.html

>役人天国は親方日の丸の日本くらいのものじゃないかね

ハイハイ、その証拠を出せよ
国際比較もちゃんとやってな?

89 名前: no name :2011/01/13(木) 11:51:31 ID:GPKAhH+k

>>82
>ここで話してるのは、お役人の人件費の問題なんだよ
恵也は「これでうまく話題をそらせた」とほくそ笑んでるだろう
だが現実は哀れであるw
http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-10483001253.html
>日本は、数字が発表されているOECD23カ国で、公的部門の人件費は最低です。
>デンマーク、 スウェーデン、フィンランド、ポルトガル、フランスと比べると、日本の公的部門の人件費は半分以下です。
>23カ国の平均が10.4%ですから、日本の公的部門の人件費は各国平均の6割しかないのです

論点をすり替えたらますますドツボにハマったでござるの巻w

90 名前: no name :2011/01/13(木) 11:57:38 ID:QH/S0WQN

>>82
>今の菅直人政権じゃ無理でしょう
小沢でも無理だよ

>公務員削減なんて大仕事で、小泉みたいな偽削減じゃ話にならん
偽削減の割には、事実日本の公務員数は世界最低レベルだけど?
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5190.html
恵也は統計が読めないのか?

>外部から正しい行動だとして、自分に命令するのが道徳
ハァ?
じゃあ池田大作に絶対的に帰依してる学会員は「宗教」じゃないのかよ?
あんなのが「道徳だ」なんて言ったら孔子が怒るぞw

91 名前: no name :2011/01/13(木) 12:15:13 ID:LreVCGTX

>>87
>それは利害関係者の公務員が書いたもので当てにならないよ

恵也は「どこの」「誰が」まとめた統計なのかすら読めないらしいw
上から二番目の統計の話をしてるはずなのに、これが「利害関係者の公務員が書いたもの」と見えるのは頭がイカれているのだろう

>大前研一氏も同じく

お前、この「大前研一氏」って義務教育廃止論者で民主党批判の急先鋒だぞ?
頭大丈夫か?
大前研一氏は民主党の子供手当てや高校無料化などまったく評価せず批判している
「国公立の小学校・中学校・高校・大学は全て民営化して私立にするべし」とか言ってる人なんだけど
この人に言わせれば、国公立の先生も「隠れ公務員」にカウントされているはずなんだけどね
そんなに隠れ公務員を叩くなら、国公立の学校の先生も準公務員なんだから非難しなさいよ?
高校無料化なんて論外で、むしろ国公立の高校は全て民営化せよと主張しなさいよ
お前は全ッッッッッく知識が無いのな?
「大前研一氏」がどういう思想の持ち主かも知らなかったんだろ?

92 名前: no name :2011/01/13(木) 12:31:38 ID:P5gYHgN0

>>87
>あまりに栄養価の高い贅沢なステーキやマグロばかり食べていたので、太りすぎ
>家から出ることも出来ない体重になって身動きが出来ない病人になってしまったの

嘘だね
証拠を出せよ
http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/jpost14-6-1.htm
この人も言ってるし、植草氏も言ってるが、「GDPに比べて公共投資が極端に少なかったのが不況の原因」だから
「贅沢なステーキやマグロばかり食べていた」とする証拠を出せよ

>官房機密費をマスコミ関係者に配ったり外務省機密費で競走馬を職員が買ったり高価なぶどう酒を捨てたりしてそれで体力がないなんて言えるかな

言えるね
断言するよ
お前の挙げた例はどれもこれも「不必要な物に金を使っていた」証拠であって、
「贅沢なステーキやマグロばかり食べていた」証拠じゃないので
例えて言えば、病人の病気を治したり栄養を与える事は無視してシャネルやグッチのブランドを買いあさるバカ女みたいな話だ
本当に「栄養」となる公共投資が決定的に不足していたのが不況の原因だ
http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/jpost14-6-1.htm
>「公共投資」が少なすぎたことが不況の原因である
>政府支出の伸びは、低かった
>1970年から2000年までに、実質GDPが2.56倍(年度ベース)に増えたのに対して、
>実質政府支出(中央および地方)は同じ期間に2.38倍の伸びでしかなかったということが示されている
>1980年から2000年までの期間をとっても、GDPの伸び1.66倍に対して、政府支出の伸びはそれを下回って1.51倍と低い
>90年代について見てみても同様であって、たとえば95年から2000年までの期間になると、
>実質GDPの伸び(同じく年度ベース)はすっかり低くなって1.04倍でしかなかったが、
>実質政府支出はマイナスの伸びであって、0.96倍と落ち込んでいる。
>この政府支出のうちに含まれている「公共投資」にいたっては、0.87倍に抑え込まれている
>つまり、90年代後半には、公共投資が13%も削減されたわけである。

93 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 12:55:18 ID:R3DOCRFA

>>71 この話自体、伝聞の伝聞で証拠価値がない

たしかに伝聞の伝聞だが、話した人間、聞いた人間、又聞きした人間が
はっきり判るし、信憑性がある証言。

長勇→藤田(上海特務機関)→徳川義親(最後の殿様)
最後の殿様は長勇とも親しく、藤田氏はクーデター計画のスポンサーで長勇の
大親分に当たり、同郷の人間。危険な話でも内緒にしてもらえる気安さもある。

殺された兵士は名誉の戦死として、遺族には軍の名誉の為に説明されぬはず。
副官とは誰の証言なのかわからんけど、同じ穴のムジナには証言能力はない。

現場はいつも長勇が仕事場とする上海派遣軍司令部ではなく、下関埠頭で
あり佐々木到一少将指揮下の16師団38連隊が侵攻した場所と思われるが、
南京占領直後の南京で、佐々木少将らと長勇中佐が酒盛りをした証言があります。

また軍の輸送隊にいたカメラマンが、下関埠頭でたくさんの遺体を目撃した証言
もあり、最後の殿様の証言の信憑性は非常に大きい。

ーーーー引用開始ーーーー
その夜(十三日)、鼓楼の近くにある中国銀行で、電気はないのでローソクを
ともし、持ってきた缶詰を開け、一升瓶の詮を抜いて、原田熊吉、長勇、佐
々木到一といったつわものと祝杯をあげたことを覚えている。
http://www.geocities.jp/yu77799/hukuda1.html

大虐殺のうわさが…
 ようやく足止めが解除されて、ある日、荷物受領に揚子江岸の、下関埠頭
へ行きました。すると、広い河岸が一杯に死体でうまっているのです。 岸辺の
泥に埋まって、幅十メートル位はあろうか、と思われる死体の山でした。

揚子江岸で大虐殺が行われた、というその現場でしょうか、軍服を着た者はほ
とんどなく、大部分が平服の、民間人で、婦人や子供も交じっているようでした。
(村瀬守保氏の写真と記録  より)

94 名前: no name :2011/01/13(木) 13:18:50 ID:WXN4EvpR

>>93 信憑性がある証言
なんでそれだけで「信憑性」が生じるんだよ?バカじゃん?

>殺された兵士は名誉の戦死として、遺族には軍の名誉の為に説明されぬはず
戦後は?
徳川がちゃんとこの話のウラ取ったのかよ?

>副官とは誰の証言なのかわからんけど、
以前に教えられたくせにもう忘れたのか
大西一(当時、大尉)という名前すら忘却するんだな
どうせお前の都合が悪い話は見ない、聞かないだもんな
「長参謀がそのような命令を出したと言うことを見たことも聞いたこともありません」

>同じ穴のムジナには証言能力はない
出たよw
これまた以前にも教えられた日本軍の構造も忘れ去ったんだな
以前に 完 全 に 論破されたくせにw
日本軍の副官って、上官が好きに選べたわけじゃないんだけど?
副官が「同じ穴のムジナ」なんて99%有り得ない
運良く上官と同じ思想の副官が付く場合も有るけどそんなの稀なんだよ
大抵は上官とは何の縁もゆかりもない人間が付くのが普通
そんな人間が戦後になっても長勇をかばう為だけに嘘をつくなんて有り得ないから

お前みたいな人間のクズじゃあるまいし

そもそも、長勇は参謀だから
参謀に一兵士に対する指揮権なんか有るわけもないw

95 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 13:31:45 ID:uwpwBJqc

>>71 第一、公務員だって日本国憲法上「主権者」の一人なんだがね

公務員も主権者の1人ではあるが、公僕という国民の使用人としての立場上
その権利は制限され、言論の自由や表現の自由は一般人と違い小さい。
まあ主権者としては1ランク下なんだよ。

そうしないと許認可権などの権力があるから、言動が一般人への強制になる。
お役所の内部では、そのため公務員には政治的な自由は存在しません。

>> お前が何を義務やったよ?ろくに税金も納めてないくせに
これは真面目に払ってるよ。
おかげさんでまた、3月になったら税金の申告で頭が痛いよ。
なんて書こうか・・・・

>>「国民」が『集合名詞ではない』とか言い出すようならお前終わってんぞ?
この言葉は、個別概念と集合概念の両方に使われます。

「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」では集
合概念だが、「国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて」
では個別概念。
言葉というのはあなたが考えるほど、単純明快なものじゃありません。

>>72 「主権者としては」と書いた時、お前はちゃんと他の主権者にも尋ねたんだよな?

なんで俺が尋ねないといけないのか、意味がわからん。
全主権者に尋ねるその役目は、権力と給料を貰ってる公務員だろう。

>> 果たしてどうやって知識がない国民が「討論」出来るんだよ?
知識は討論の間に、いろいろ考え調べて作られていくもの。
最初から知識のある人なんていないよ。

>> 専門家を中心にした第三者の関与
誰がその専門家を集めるんだね。
集める時に作為があれば、結論は決まってしまうだろ。

小沢一郎の検察審査会は、委員を集める時に作為があり、第二回の審査会
は開かれないのに開かれたとした、幽霊審査会で捏造されたらしいね。
訳のわからん奴が専門家を集めたって、そんなものというのは信用できません。

96 名前: no name :2011/01/13(木) 13:31:53 ID:DKLKcKxd

>>93
>また軍の輸送隊にいたカメラマンが、下関埠頭でたくさんの遺体を目撃した証言もあり、

ハイ、これ嘘
そもそも「足止め」なんて無かったし、新聞記者は早ければ陥落当日に入城していた者もいました
その彼らが誰一人虐殺を見ていないのに、この人間だけが見たなど頭がおかしい
そもそも軍服を脱ぎ捨て便衣兵になった可能性もある
軍服の死体が無い=民間人を殺したなんて言えるわけもない

「南京での事件ねえ。私は全然聞いてない。もしあれば、記者の間で話に出てるはずだ。
記者は少しでも話題になりそうな事は話をするし、それが仕事だからね。
噂としても聞いた事もない。朝日新聞は現地で座談会もやっているが、あったのなら、
露骨ではないにしても抵抗があったとかそんな話が出るはずだが。
南京事件はなかったんだろう。」
(東京朝日新聞・橋本登美三郎上海支局長の証言)

「(南京虐殺は戦後になって)はじめて聞いた話です。
第六師団でそんなことはありませんでした。
先ほどの話同様、谷中将が処刑されてからの作り話でしょう。
戦後、中国の言い分に合わせた話がよく作られています」
「十三日、十四日は城内掃蕩で、残虐行為などありません」
「(私は南京に)翌年の一月十日頃までいました。
この間、南京のあちこちに行きましたが、虐殺といわれることは見ていません。
また、強姦もあったといわれますが、すでに慰安所ができてましたから、戦後いわれていることは嘘です」
(大阪毎日新聞五島広作記者の証言)

97 名前: no name :2011/01/13(木) 13:43:11 ID:pMpm9YH1

※東京日日新聞佐藤振寿カメラマンの証言
「(南京城内の様子は)十三日はまだ戦闘があって、中国兵があちこちにいて危険でしたが、城内はおだやかでした。」
「(十四日は)もうこの日は難民区の近くの通りでラーメン屋が開いており、日本兵が十銭を払って食べていました
それと十四日頃は中国人の略奪が続いて、中山路を机を運んでいる中国人や、店の戸をこじあけ手を差し込んで盗んでいる中国人もいました
この日も一部ではまだ中国兵との戦いは続いてました。」
「十六日は中山路で難民区から便衣隊を摘出しているのを見て、写真を撮ってます
中山通りいっぱいになりましてね、頭が坊主のものとか、ひたいに帽子の跡があって日に焼けているものとか、はっきり兵士と分かる者を摘出してました
髪の長い中国人は市民とみなされてました。
「(虐殺は)見てません。虐殺があったといわれてますが、十六、七日頃になると、小さい通りだけでなく、大通りにも店が出てました
また、多くの中国人が日の丸の腕章をつけて日本兵のところに集まってましたから、とても残虐行為があったとは信じられません」
「(南京事件を聞いたのは)戦後です。アメリカ軍が来てからですから、昭和二十一年か二十二年頃だったと思いますが、
NHKに『真相箱』という番組があって、ここで南京虐殺があったと聞いたのがはじめてだったと思います
たまたま聞いてましてね
テーマ音楽にチャイコフスキーの交響曲が流れた後、機関銃の音キャーと叫ぶ市民の声があって、
ナレーターが、南京で虐殺がありました、というのですよ
これを聞いてびっくりしましてね。嘘つけ、とまわりの人にいった記憶があります
十年ほど前にも朝日新聞が『中国の旅』という連載で、南京では虐殺があったといって中国人の話を掲載しましたが
その頃、日本には南京を見た人が何人もいる訳です
何故日本人に聞かないで、あの様な都合よく嘘を載せるのかと思いました
当時南京にいた人は誰もあの話を信じてない」

98 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 13:47:27 ID:wVT9sHX4

>>94 参謀に一兵士に対する指揮権なんか有るわけもないw

アンタは実社会経験が不足してるのじゃないの。
直接の指揮権がなくても、エライサンの指図は通るのがのが現実の世の中。
よっぽどトンチンカンな命令でなければ、現場の人間は抵抗できないよ。

たとえ正規の命令系統から流れてきた命令に重大な欠点があっても、それを
拒否するには、相当に胆力がないと実行はできんもの。

フィリピン戦では、捕虜殺害命令に現場の連隊長が拒否してます。

ーーーー引用開始ーーーー
電話の相手は兵団の高級参謀松永中佐であったが、私は話の内容の意外
さと重大さに、一瞬わが耳を疑った.
 それは

 「パターン半島の米比軍高級指揮官キング中将は、昨九日正午部下部隊
を挙げて降伏を申し出たが、日本軍はまだ之れを全面的に承諾を争えていない。

其の結果米此軍の投降者は、まだ正式に捕虜として容認されていないから、
各部隊は手許にいる米此軍投降者を一律に射殺すべしという大本営命令を伝達する。

貴部隊も之れを実行せよ。」
http://www.geocities.jp/yu77799/minkanjin.html

99 名前: no name :2011/01/13(木) 13:57:38 ID:pMpm9YH1

>>95 その権利は制限され、言論の自由や表現の自由は一般人と違い小さい
嘘つき乙
日本国憲法では天皇だろうが政治家だろうが公務員だろうが一般人だろうが「法の下に平等」である
公務員が「格下である」と言うならその証拠を出せ
http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM
第14条
すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない

差別大好きの恵也の存在は子供の教育に悪いな
差別主義者の恵也は日本国憲法違反の存在だから

ちなみに日本国憲法で「平等」とはこの条文に書いてあるだけ
「金持ちから財産を奪え」的な恵也のキチガイ主張は、日本国憲法によっても正当化されないから

>これは真面目に払ってるよ
一般人よりは〜る〜か〜に微々たる雀の涙みたいな額でしょ?
あっちこっちの仕事場を裸足で逃げ出したお前に金があるわけないしな

100 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 14:49:31 ID:CT9wajJX

>>97 虐殺があったといわれてますが、十六、七日頃になると、小さい通り
>> だけでなく、大通りにも店が出てました

これは事実でしょう。
南京城内だけでも40平方kmある場所で、この時期には城外の捕虜殺害が
実行されてただけで一般市民への殺害はあまり行われてません。

この時期は中国兵捕虜を、埠頭で流れ作業的に殺害してるので、外国人
新聞記者に処刑場面が目撃されてます。

日本の新聞記者はそんなものを写真にとっても、記事にしても日本国内では
検閲のため発表出来ないので全く興味がなく、集まりもしませんでした。
しかし外国人記者には発表できるので、ニューヨーク・タイムスなどで世界に
どんな状況になってるのか公表されてます。

ーーーー引用開始ーーーー
『ニューヨーク・タイムズ』37年12月18日 T・ダーディン

上海行きの船に乗船する間際に、記者はバンドで200人の男性が処刑されるの
を目撃した。殺害時間は一〇分であった。処刑者は壁面 を背にして並ばされ、
射殺された。それからピストルを手にした大勢の日本軍は、ぐでぐでになった死体
の上を無頓着に踏みつけ、ひくひく動くものがあれば弾を撃ち込んだ。

この身の毛もよだつ仕事をしている陸軍の兵隊は、バンドに停泊している軍艦か
ら海軍兵を呼び寄せて、この光景を見物させた。見物客の大半は、明らかにこ
の見せ物を大いに楽しんでいた。
(笠原十九司『南京事件』より)

101 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 14:51:23 ID:rWyNLntm

>>97 日本には南京を見た人が何人もいる訳です
南京といってもイササカ広いんだよね。
国際安全区とした場所が4平方kmだが、南京市となると400平方km
城外の西洋人の目に付かない場所に、分からないように連行して殺害してます。

日本人新聞記者でも中には、目撃し戦後になって公表した人もいる。
朝日新聞社支局付近の大方というところで、目撃してます。
こういったことは見に行かないと、部屋の中にいては見れないものなんだよ。

ーーーー引用開始ーーーー
朝日新聞の今井正剛記者は、1956年12月号の『文芸春秋』に、「南京城
内の大量殺人」を書いた。1937年12月15日の夕日がさす中、朝日新聞
支局附近、大方巷で見た大量殺人の光景を次のように書いている:

〔支局近くの夕陽の丘だった。空き地を埋めてくろぐろと、4、5百人もの中国人
の男たちがしゃがんでいる。空き地の一方は崩れ残った黒煉瓦の塀だ。その塀
にむかって6人ずつの中国人が立つ。

2、30歩離れたうしろから、日本兵が小銃の一斉射撃、バッタリと倒れるのを
飛びかかっては、背中から銃剣でグサリと止めの一射しである。ウーンと断末魔
のうめき声が夕陽の丘いっぱいにひびき渡る。次、また6人である。

つぎつぎに射殺され、背中を田楽ざしにされてゆくのを、空き地にしゃがみこんだ
4、5百人の群れが、うつろな眼付きでながめている。・・・。親や、夫や、兄弟
や子供たちが、目の前で殺されてゆく恐怖と憎悪とに満ち満ちていたにちがいない。

悲鳴や号泣もあげていただろう。しかし、私の耳には何もきこえなかった。パパーン
という銃声と、ぎゃあつ、という叫び声が耳いっぱいにひろがり、カアッと斜めにさした
夕陽の縞が煉瓦塀を真紅に染めているのが見えるだけだった。

102 名前: no name :2011/01/13(木) 14:58:38 ID:sq5pxU3G

おい恵也!

名前: no name :2010/10/27(水) 16:18:09 ID:w+LKSyIi
証言なんか証拠にならないから証拠だして
証言なんか証拠にならないから証拠だして
証言なんか証拠にならないから証拠だして

というバカが発狂するぞ
その辺でやめとけw

103 名前: no name :2011/01/13(木) 15:08:21 ID:QpGiwPTo

俺が>>1の相手をしてる全員の総意を代弁してやろう

証拠も出せないで逃げるつもりならハナからスレなんか立てるなカス

104 名前: no name :2011/01/13(木) 15:37:35 ID:hn4HRpVn

>>102
それどのスレだよw
証言が証拠にならないとかwww
何その根拠www

105 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 16:09:16 ID:u/ACEvQ2

>>75 植草一秀も「経済がわからず空理空論をもてあそぶ愚か者」とでも呼ぶのか?

いや、俺は植草氏はヒイキしてるし、その経済理論には賛成してるところが多い。
あなたの幼稚な自称乗数経済論とは雲泥の差がある。

>>76 「神道とは日本に発生した民俗信仰」であるなら「天皇家」関係ないだろ

日本の民俗信仰の一番有力な一派なのが天皇家の神道だろ。
天皇家の儀式は全て、天皇家の神道から来てるよ。

俺が驚いたのは、天皇陛下の相続時には新しい小屋を作り天皇と皇太子2人
だけでお休みになられて、初めて皇太子から天皇になられます。
戦前の神社神道はすべて天皇家からは完全分離されてました。

>> 小乗経典はほとんど伝わってないだろ
小乗経典は大昔から伝わってるけど、お釈迦さんの初期のお経だとして
死なれる晩年に残された大乗経典とその価値が違うとされただけ。
はっきり言えば倉庫の奥に、置いておかれた流行に乗りそこなったお経。

大乗経典はお弟子さんの話で、小乗経典だけが、お釈迦さんの直説なん
だけど誤解されて日本に伝わったんだが・・・・。

>>般若心経も日本に伝わった短い奴ではなく、小乗のは倍以上に長く
なんか勘違いしてるよ、アンタ!
般若経は1世紀頃に作られた大乗経典で、小乗経典じゃないぞ。
お釈迦さんは紀元前500年頃に活躍した方だ。

>>78 404 ページが見つかりません

悪い、古いHPで無くなってた様だ。
ーーーー引用開始ーーーー
Windows OSは85%、Office製品を合わせても利益率が70〜80%になって
いるのではないかというお話。なんつーか恐ろしいまでの数字ですね。商売を
やっている人たちがあまりのショックに大笑いしてしまいそうです
http://d.hatena.ne.jp/yoshida65536/20021127

106 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 17:42:54 ID:toGA3NA4

>>90 じゃあ池田大作に絶対的に帰依してる学会員は「宗教」じゃないのかよ?

こいつらは宗教だよ。
学会員は信者になったから、池田大作の言葉を真理として動いてるわけだ。
その真理に逆らうと地獄におちる心配をしてる。

道徳は逆らったら、周りの社会に白目で見られるだけの話だが、宗教に
逆らったら、地獄にまで落ちて不幸にまで心をされるんだよ。

>>91 そんなに隠れ公務員を叩くなら、国公立の学校の先生も準公務員

先生は公務員だろ。
俺の知ってるやつらは余裕のある年金生活してるぞ。

>> 上から二番目の統計の話をしてるはずなのに
統計の基礎数字は総務省統計課のデータだろ。
ここは公務員がやってるのじゃないの。

>>義務教育廃止論者で民主党批判の急先鋒だぞ?
良いのじゃないの、何か悪いんかね????
勉強の嫌いな人間に、無理やり学校に行かせる必要はないよ。

107 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 17:49:12 ID:bdjeQI6i

>>92 お前の挙げた例はどれもこれも「不必要な物に金を使っていた」証拠であって、

それが問題なんだよ。
必要なものを俺は否定してるわけじゃないし、必要な公共事業を否定
してるわけでもなく、四国の環状高速道路は早急に完成させるべき問題。

しかし外務大臣が外国に行って、1日泊まるだけで100万円なんてホテルは
遠慮すべき。
こいつらは召使の立場なんだからセイゼイ5万円くらいのところで我慢すべき。
こんな贅沢するから、部下の官僚が高いぶどう酒を購入して腐らせるの。

>>99 公務員だろうが一般人だろうが「法の下に平等」である
>> 公務員が「格下である」と言うならその証拠を出せ

公務員法で規定されてます。
(政治的行為の制限)というのがあって、一般人とは法の下では差別されてます。
一般人と同じような政治運動をすることは出来ません。

憲法14条にも例外があるわけだ。
公務員に対しては例外を認めないと、憲法の体系自体が壊れてしまうんだよ。

ーーーー引用開始ーーーー
第三十六条 
職員は、政党・・・・の役員となつてはならず・・・・・勧誘運動をしてはならない。
http://cebc.jp/data/law/jp/chikoho.htm

>>あっちこっちの仕事場を裸足で逃げ出したお前に金があるわけないしな
メープルリーフ金貨を持ってて、その売却利益が昨年末に出てしまったのでね。
悪いが、いくらくらい税金を取られるのか心配だよ。

108 名前: no name :2011/01/13(木) 18:17:08 ID:mIbbhB+8

>>1が言ってほしいことはこうだろ

あっそ、ふーん、で?だから何?

この議論にすらなってない引用スライドショーを見続けることに何か意味があるのなら是非詳しく教えてくれ
それは「時間の有効活用」に値するのか?

109 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 18:24:18 ID:61BKg01N

>>94 そもそも、長勇は参謀だから

この人は上海派遣軍の参謀第二課の課長という要職なんだよ。
しかも日本国内ではクーデター未遂事件を起こして、中国に飛ばされた
豪傑で、上司をなんとも思わない下克上人間。

しかも沖縄では参謀長に出世して、沖縄全土を火の海にして自決した
心の冷たい人間。

ーーーー引用開始ーーーー
第三十二軍の参謀長の長勇は満州事変の際、三月事件・十月事件を起こ
した桜会の指導者である。かれは米軍上陸の直前、軍の目的は戦争に勝つ
ことであって、県民の生活を救済するためではない、住民に食糧は渡せないと
声明している。しかし当時司令部には肉・酒など豊富な贅沢食品が山積み
されており、かれらはスコッチやブランデーを傾けつつ作戦を練っていたらしい。

米軍の中部海岸上陸に際して、住民はガマとよばれる洞窟に逃げ込んだ。
そのひとつチビチリ・ガマに逃げ込んだ住民が、集団自決をしている。米兵は
皆殺しにする、女は辱めれれる、いざという時には自決せよ、という教育がさ
れていた。このガマで、中国戦線やフィリピン戦線の従軍者がいて、住民を
虐殺した話をしており、その復讐が行われるという恐怖もあった
(降伏・敗戦・終戦 より)

110 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 18:25:47 ID:sSbmASVt

>>97 東京日日新聞佐藤振寿カメラマンの証言

この方の記述で、その当時の日本の検閲体制が判ります。
今の世の中もずいぶん似てきましたが、日中戦争当時に比べるとマダマダ
比べ物にはならない。

従軍記者だから日本軍と同行し、日本軍ヒイキになるのは仕方がない。
イラク戦争で従軍した記者からはアメリカ軍への悪口は流れてこないでしょう。

ーーーー引用開始ーーーー
オリジナルのフィルムはすべて大阪本社に送られました。軍は当時、従軍許可
を出し、軍の作戦に妨げにならない範囲で戦場での撮影も許可しましたが、
撮ったものは必ず検閲を受けなければばならず、検閲を通ったものだけ発表を
許すということになっていました。

当時、現場の僕たちは新聞が読めないから、何が不許可になったのか、一切
知りませんでした。当時、撮っても検閲に通らないと教えられていたのは、日本
兵でも中国兵でも死体の写真でした。
(「不許可写真1」より)

>>104 証言が証拠にならないとかwww

これはずいぶん昔に俺が、ネトウヨに言われた言葉だ。
この程度の理解力しかない単細胞が、南京虐殺ネトウヨには多すぎる。

まあ実社会の裁判も知らず、証言では水掛け論になるのではと誤解したんだろ。
第三者証言というのは今の裁判では非常に大きな、証拠として採用されてます。

111 名前: no name :2011/01/13(木) 18:41:26 ID:TJcjwELi

長過ぎてレスを読むのが疲れる。
3行で何をしているか説明してくれると幸いだ。

112 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 18:59:08 ID:gN54mc9M

>>96 そもそも「足止め」なんて無かったし、新聞記者は早ければ陥落当日に入城していた者もいました


「足止め」はありました。
松井石根大将は、南京城内に激戦を潜り抜け凶暴になった軍を城外に
足止めして、軍紀が緩んでない部隊だけを入れようとしましたが各師団から
無視されて乱入してしまいました。

そのために、占領当初には10万ほど乱入した兵士にたった20人くらいの憲兵
しか居なかったので軍紀が極端に緩んでしまいました。

松井石根大将の命令を真面目に守ったのが、輸送部隊にいた村瀬氏の
部隊であって、功名心にかられた谷中将の第6師団と中島中将の第16師団
が桃太郎の鬼退治みたいに財宝をかっぱらってます。
中島中将も生き残ってたら戦犯として絞首刑でしょう。

ーーーー引用開始ーーーー
第6師団長穀寿夫から南京守衛を受け継いだ第16師団長中島今朝吾は財宝
を満載して日本に帰った一人である。彼は蒋介石的文房四宝(紙、墨、筆、硯
の文房具セット)を盗んみ帰った。

社会学家スミスが率いる国際安全区委員会の職員たちは南京付近の6県(揚
子江北の江浦、六合兩県、江南の江寧、句容、シスイ、高淳四県)的農村と
南京の家庭を3か月間(1938年3月8日から6月15日)の調査を実施し、その結
果を《南京戦禍記実》にまとめ、1938年に南京で出版した。

調査の結果、南京市内の家屋は89パーセントが破壊され、うち2パーセントが
戦闘によるもので、放火によるものは24パーセントで、残りの63パーセントは
略奪と強盗によるものであった
(呉 天威 氏より)

113 名前: no name :2011/01/13(木) 19:27:48 ID:6LCKT6/x

>南京の家庭を3か月間(1938年3月8日から6月15日)の調査を実施し、その結
>果を《南京戦禍記実》にまとめ、1938年に南京で出版した。

日本軍の占領下にある南京で出版したのか?w
バレバレの嘘っぱちじゃないかw
恵也は相変わらず捏造が大好きだな。

114 名前: no name :2011/01/13(木) 19:32:38 ID:6LCKT6/x

>>112
>調査の結果、南京市内の家屋は89パーセントが破壊され

9割も破壊されたら、東京大空襲後の東京の焼け野原並みの状況に
なっているはずだが、見え透いたデタラメな数字を出すのも程ほど
にしておけよ低能君。

115 名前: no name :2011/01/13(木) 20:00:34 ID:Md2g+zix

>>95 「国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて」では個別概念
なんでだよ?w
集合名詞としても通じるだろ
お前が詭弁をもてあそぼうと必死なだけだ

>なんで俺が尋ねないといけないのか、意味がわからん がわからん 全
尋ねていない以上、お前に「主権者としては」なんて書く資格はない
単なる「お前一個人の意見」だろうが
そんなに「俺様は主権者様々だ」ってアピールしたいの?
他に何の取り柄も無いからって

>知識は討論の間に、いろいろ考え調べて作られていくもの
最初から調べもしないで討論に参加するな!クズ!

>最初から知識のある人なんていないよ
だから「討論の前に」勉強すべきなんだろうが
なんでバカで不勉強で最低限の知識も無い「ならず者」を国民の総意を決定する討論に参加させねばならんのだ
愚劣極まるだろ
こういう欠点があるから、欧米ではデモクラシーの制限が常識になったんだよ

恵也の愚かさこそが、200年前に欧米政治思想で語られた「デモクラシーの問題点」そのものだから

116 名前: no name :2011/01/13(木) 20:15:44 ID:Md2g+zix

>>95 訳のわからん奴が専門家を集めたって、そんなものというのは信用できません
少なくとも無知で不勉強な「ならず者」が集まるよりははるかにましですから
お前みたいな嘘とハッタリと知ったかぶりを繰り返す奴よりは余程まし

>>98
>直接の指揮権がなくても、エライサンの指図は通るのがのが現実の世の中
キチガイの「現実」は「軍隊の非常識」だから

>よっぽどトンチンカンな命令でなければ現場の人間は抵抗できないよ
いいや、抵抗できますし抵抗するのが軍人の義務です
軍隊は仙谷官房長官が述べたように「暴力装置」なんですから、幾重にも一般社会とは違う「現実」が存在します
キチガイの主張が正しいのなら、226事件並みの事件が何百回起きてもおかしくなかろうに
軍隊の命令系統はしっかりしてるのが当たり前なんですよ
参謀が一兵士に命令するなど有り得ません

何なら、他に「参謀が一兵士に命令した」証拠を出しなさい

117 名前: no name :2011/01/13(木) 20:25:37 ID:Md2g+zix

>>100 一般市民への殺害はあまり行われてません
ハァ?「あまり行われてない=少しは行われていた」のに「噂」にもならず、身の危険も感じずに店を開いていた?
やっぱりお前はキチガイだな

>この時期は中国兵捕虜を、埠頭で流れ作業的に殺害してるので、
捕虜資格が無い者は「捕虜」とは呼びませんから
ジュネーブ条約を100回読み返せ

>検閲のため発表出来ないので
また嘘かよ!
「検閲など無かった。好きな事は好きなように書けた」と橋本登美三郎は戦後にも言ってるぞ?
お前は馬鹿か?
朝日新聞上海支局長の橋本より、なんでお前程度の低能の方が当時の検閲の実態に詳しいんだよ?

118 名前: no name :2011/01/13(木) 20:52:01 ID:Md2g+zix

>>101 日本人新聞記者でも中には、目撃し戦後になって公表した人もいる
お前の出した「今井正剛」は嘘つきだと証明されてますから
・当時「今井正剛」と同宿した記者仲間が彼が虐殺を見たなどと言ってるのを聞いていない
・「今井正剛」は社内の評判が悪く「見てきたように嘘を書く」と批判されている

東京朝日新聞足立和雄記者の証言
「あの人はいけませんよ。
今井君は自分で見て記事を書く人ではなかった。危険な前線には出ないで、いつも後方にいたと聞いている。
南京もカメラマンなど何人か死んでますからね。
今井君は人から聞いた話を脚色して書くのがうまかった。
筆をはしらせるというのかな。しかし、文はうまいとされていた」

>朝日新聞社支局付近の大方というところで、目撃してます
その「目撃談」には矛盾が多すぎで、今やまともな歴史家は誰も相手にしてませんw

1、二万名が支局の前を歩いて通り過ぎるというのに、先述の足立記者やその他の日本人記者が誰も記憶していない
2、二万人が闇夜の中行進するのに、一時間もかからない
マラソンでは先頭と最後尾の通過には一時間以上は必ずかかる
3、途中から後を追いかけた軽装の今井記者は追いつけなかった
今井記者の目の前で歩いていたはずの二万人の兵士を、なぜ軽装の人間が追いつけないなどあろうか
支局から下関までは四キロもあるのだ
4、同行したとされる中村カメラマンの証言がない
5、十五日に二万人に及ぶ大規模な便衣兵狩りを行ったという日本側の記録は無い
外国人の記録にも大規模な集団連行はない。
便衣兵の摘発が最大規模だった十六日でも六千人から七千人
十六日の摘発なら外国人の記録にも日本側の記録にも残っている
6、二万人の死体というと、一人六十キロとしても百二十トンになる
百人やそこらで数時間で投棄処理するのは無理
7、立って半畳、寝て一畳などと言う
大人が横になるには約一平方メートルが必要。
二万体を並べると奥行き二メートル、幅千メートル(一キロ)くらいの面積が必要
そんな死体の山など誰も見ていない

119 名前: no name :2011/01/13(木) 20:59:22 ID:Md2g+zix

>>101
>支局近くの夕陽の丘だった
>親や、夫や、兄弟や子供たちが、目の前で殺されてゆく恐怖と憎悪とに満ち満ちていたにちがいない
(※今井は見てません)

>悲鳴や号泣もあげていただろう。しかし私の耳には何もきこえなかった。
(※見てないのだから当たり前)

>パパーンという銃声と、ぎゃあつ、という叫び声が耳いっぱいにひろがり、
(※中国人が日本語が発するわけがない)

>カアッと斜めにさした夕陽の縞が煉瓦塀を真紅に染めているのが見えるだけだった
(※虐殺ルポのはずなのにずいぶんどうでもいい風景描写を綺麗に書くものだ)

どう見ても架空の 小 説 です。本当にありがとうございます。

120 名前: no name :2011/01/13(木) 21:09:56 ID:Md2g+zix

>>105
>いや、俺は植草氏はヒイキしてるし、その経済理論には賛成してるところが多い
すぐにバレる嘘つくなよw
一冊も読んだ事が無いくせに
読んでいたなら「小さな政府が良い」とか「小泉改革は改革が不充分だった」なんて言えるはずもないw
お前が「贔屓」にしてるのは「植草氏は小泉にハメられた」というお前に都合が良い部分だけでしかない
お前の植草氏の言及がそれ以外に存在しないのが、証明してるじゃないかw
「勝手に決めつけるな!俺様は植草氏の本を読んだんだ!」というなら、ちゃんと経済学に言及してみなさいよ!
まあ無理でしょうがw

>あなたの幼稚な自称乗数経済論とは雲泥の差がある
出ました!w
一冊も読んでないくせに勝手に妄想で決めつけw
経済学には無知で逃げ出したくせに負け犬の遠吠えは黙ったら?

121 名前: no name :2011/01/13(木) 21:34:05 ID:Md2g+zix

>>106
>先生は公務員だろ
>良いのじゃないの、何か悪いんかね????
>勉強の嫌いな人間に、無理やり学校に行かせる必要はないよ

あれ?お前は、民主党信者・小沢信者じゃなかったっけ?w
高校無料化・子供手当ては三倍にしろがお前の理想だったはずだろうが
なのに「義務教育廃止論を支持する」???
小沢信者って頭悪いな〜

義務教育廃止がお前の理想なら高校無料化なんて全くの「愚策」だろうが
無料化なんてやればバカでもチョンでも猫も杓子も「せっかくだから」と高校に行くようになる
義務教育とほとんど同じになるだろうが

お前の主張すべきは「義務教育廃止」「国公立学校の有料化(私立化)」「高校無料化停止」だろ
これなら確かに「小さな政府」にも矛盾しないからな

恵也って頭悪すぎw
隠れ公務員を叩く為なら反民主党の評論家すら持ち出すとかw

122 名前: no name :2011/01/13(木) 21:48:19 ID:eyTHzoug

俺は>>102に一億円貸して踏み倒された
>>104に拉致監禁され拷問された

証言は無条件で証拠になるんだろ?

123 名前: no name :2011/01/13(木) 21:57:25 ID:Md2g+zix

>>106
>統計の基礎数字は総務省統計課のデータだろ
で、統計が信用ならない証拠はまだかよ?
口先ばかりの屁理屈野郎!

この統計が信用ならないなら、信用できる統計(グラフ)を出せよ!
まず話はそこからだ

>>107
>必要なものを俺は否定してるわけじゃないし、必要な公共事業を否定してるわけでもなく、

嘘をつくなよ
小泉改革は「改革そのものが間違いだった」じゃなくて、「改革が不充分だった」と考える奴が、
「必要な公共事業を否定して」いないとか、明白な嘘だろうが!
未だにケインズの乗数理論も知らず、不景気の時代の利用者実績を根拠に短絡的に「ムダだ」と切り捨てるお前に
公共投資の何たるかが理解できるわけがない
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1287925662/267,279,290
こんな事を書いてる奴が「必要な公共事業を否定してるわけでもなく」なんて有り得ないだろうがw
「必要な公共事業を否定してるわけでもな」いのが本当なら、今すぐ下の人に謝罪しなさいよ!
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1287925662/234n
自分ではこのような計算式すら書けないくせに、経済学を知ったかぶりするな!

で、「贅沢なステーキやマグロばかり食べていた」(>>87)の証拠はまだかよ?
日本に必要な栄養(公共投資)が本当に供給されていたのなら、とっくの昔に景気は回復している

124 名前: no name :2011/01/13(木) 22:08:56 ID:bIpQMFaK

>>110 第三者証言というのは今の裁判では非常に大きな、証拠として採用されてます

あっそ
じゃあ「恵也は下着泥だ〜」って証言すれば即証拠なんだw
こんなんじゃ誰でも他人を犯罪者にでっち上げられるねえw
お芝居の上手な俳優なら、気にくわない奴を誰でも犯罪者にできちゃうわけかwww

恵也と自称法学部のネトウヨ連呼厨(ニート)は面白いこと言うね

125 名前: no name :2011/01/13(木) 23:06:49 ID:cFQNeS1o

>>122>>124
馬鹿だなぁ、何でそんなに単純なの?
裁判所では証拠(証言)調べするでしょ?
狂言が通じるほど甘くないよ。

126 名前: 恵也 :2011/01/13(木) 23:13:45 ID:dJcxVYSq

>>83  責任持って降伏交渉するのが司令官の義務であり、

馬鹿かお前は!
降伏したって、どの道殺されるのなら、俺だって可能性がある逃げる方にかけるよ。
幕府山や紫金山の要塞にもたくさんの中国軍将官がいたのに、全員殺されてるだろ。

南京城の司令官だけ助けてくれるはずがないよ、
中国軍の最高司令官蒋介石なら別かも知れんけどね。
流れ作業で殺されてはたまらんよ!

16師団長中島今朝吾の日記です。
1000人以上の兵隊の処刑って大変だったようだぞ。

ーーーー引用開始ーーーー
一、後に至りて知る処に依りて佐々木部隊丈にて処理せしもの約一万五千、
 大平門(太平門)に於ける守備の一中隊長が処理せしもの約一三○○
 其仙鶴門附近に集結したるもの約七八千人あり尚続々投降し来る

一、此七八千人之を片付くるには相当大なる壕を要し中々見当らず一案と
 しては百二百に分割したる後適当のヶ処(箇処)に誘きて処理する予定なり
(笠原『南京事件』p.154-155)

>>84 正規の手続きを踏まない者は捕虜として認められないし認めなくて良い

そんな事をいっても、戦争に負けたら責任者は戦犯として絞首刑にされるよ。
戦争に勝てば助かるけどな。

>>お前は未だにハーグ条約第一条も理解してないんだな
第一条は前文の精神で解釈しないといけません。
憲法だって前文の精神で、第一条から理解するのが常識だろ。

>>85 福島民友の新聞記者も調べてそのように書いてます

その新聞記者も戦後になって書いたのだろう。

127 名前: no name :2011/01/13(木) 23:17:11 ID:cFQNeS1o

>>124は頭おかしい


もっと勉強してくださいw

128 名前: no name :2011/01/13(木) 23:26:48 ID:LoGcZF1n

裁判所で証言を調べるのが分かってる時点で、
「証言はきちんと調べないと証拠はならない」って分かってんじゃん。
何で恵也が出してきた証言は無審査で即証拠採用なんだよ。

129 名前: no name :2011/01/13(木) 23:32:06 ID:eyTHzoug

>>124
>>56で恵也が
>あなたの出してくれたURLなんて見る気がしないから、遠慮しとく。
↑こう言ってる
自分に都合の悪い証言・証拠は全て無視、逆に自分に都合のいい証言は無条件で採用
採用の場合、数レス前の恵也自身の発言に矛盾していてもOk
また発言の一部を意図的に抜き出しての誤誘導や、証言が虚言である事を証明する為の
論理展開を抜き出しての捏造を10年間日常的に行ってる
更に恵也の引用する証言は既に嘘である事が論破されていたり、時代考証が無茶苦茶、物理的にありえない、
そもそも関係無い話等、三流小説家ですらもっとまともなものが書けると思える程度のもの
この書き込みが嘘だと思うなら恵也の関わった全てのスレを覗いてこいよ

ちなみに>>102,104は「被害者側が、加害者に対して賠償金を払うべき」と主張してるキチガイで、たびたび恵也擁護に出現する連中だ

130 名前: no name :2011/01/13(木) 23:34:49 ID:7w3QxcD0

>>125つまり「証言即証拠」じゃないじゃん?

名前
メール
コメント
新着レスの表示 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50