韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析3


告知欄


■韓国哨戒艦「天安」と原子力潜水艦の沈没を解析3

現在表示しているスレッドのdatの大きさは512KBです。

1 名前: 恵也 :2010/08/17(火) 07:11:09 ID:hWSobRiC

小型の北潜水艦の魚雷の爆風で、哨戒艦が真っ二つになるものだろうか。
密閉状態での爆発ならともかく、ここは解放状態での爆発でそんな破壊力はない。

むしろハワイでの練習艦「えひめ丸」と原潜との衝突沈没事故を思い出す。
「えひめ丸」も「天安」も半数くらいの乗組員が死亡してる。
最新鋭の設備を備えていて、なんで衝突事故を起こしたのか調べてみた。

潜水艦はソナーで前は見えるが、後ろはスクリューの起こす雑音で見えない。
そのため海中での戦闘行為を想定した演習では、方向転換をたくさんすることで
全方位の艦船の位置を把握する。

[えひめ丸」事件でのソナー解析官は、1,8kmの位置に船を計算したが艦長の
潜望鏡観測で見えなかったからと、独断で8.0kmに地図を改ざんしてます。
方向転換するため、計算が複雑になり計算間違いも多発してたのではないかと思う。

見学者が司令室に16人も入り、見学者に遠慮して声が出せなかったせいもあるが、
艦内におけるソナー解析官と艦長の「権威」に雲泥の差があるためにやった行為。

この行為によって艦長は、急速潜行と急速浮上を命じたために衝突したもの。
潜望鏡は1.5mくらい海面から上げてますが、じっくり見てれば1.8km範囲
に船があれば見えたはずだが、ソナー解析官との二重チェックを過信した為のミス。

哨戒艦「天安」でも同じような経緯で衝突し、原潜までが当たり所が悪く沈没
運転不能になり、韓国潜水捜索部隊が救出に向かい、そのためにハン准尉が
死亡したものと思います。

「天安」は原潜を相手に戦闘演習を行っていたが、いくらなんでもぶつかって来るとは
思わずにいたため、待避が出来なかったんだろう。
だからこの沈没した原潜を見れば、強度的に弱い司令塔付近が損傷してるはずだ。

ーーーー引用開始ーーーー
慰霊祭には米国のスティーブンス駐韓国大使や在韓米軍のシャープ司令官も
列席し、ハン准尉の栄誉をたたえ、ハン准尉の遺族に見舞金を出した。

米高官の参列や見舞金は、韓国軍の中に「米軍の事情で天安艦の捜索が遅れ、
米軍の無理な秘密捜索作戦のせいで殉職者が出た」という反米感情が湧くのを
おさえるためだったのだろう。
http://tanakanews.com/100507korea.htm

304 名前: no name :2010/08/24(火) 21:31:32 ID:uHZJ7VYE

もう恵也、解ったってw

ジンギスカンか共産党軍みたいに大量虐殺しない日本軍やアメリカ軍はダメなんだろ?
もっと日本軍は中国や朝鮮で大虐殺するべきだった、じゃないと無条件でボロクソに言えないじゃないか!

要はこういう事なんだろw

305 名前: no name :2010/08/24(火) 21:56:41 ID:MmWOO2HZ

八路軍=共産党軍の「高い倫理観」(笑)
いやぁ、素晴らしすぎる倫理観ですねぇ
日本軍も見習ってもっと殺せば良かったのに・・・

>○江西省
>殺害された人 18万6千
>死亡した避難民 210万人
>焼失家屋 10万
>略奪された財産 6億5千万ドル
>作物の損失 3千万ドル

>○湖南省
>殺害された人 7万2千
>焼失家屋 12万
>財産の損失 1億3千万ドル

>○河南省
>殺害された人 35万
>家を失った避難民 850万
>焼失家屋 9万8千
>略奪された財産 6千万ドル
>作物の損失 2億4千万ドル
(>>176から再掲)

306 名前: 恵也 :2010/08/24(火) 23:20:09 ID:HFPoqhzx

>> 277 国際法ではこの交戦者 以 外 の 者 が 戦 う 事 は 認 め ら れ

国際法もいろいろあるんだが、どの国際法だ。
交戦者とは戦いを交えてる人のことだけど、現に戦いを交えてたら戦ってるのだから
認められないなんて赤の他人が言っても屁みたいなものだ。

>>276 便衣兵のどこが「偵察要員」だよ、

南京虐殺では便衣兵はほとんど報告されてません。
報告されてるのは逃げてる兵隊が、殺されないように民間人の服を着たもの。
逃亡兵とはいえても、日本軍に敵対してる便衣兵とはいえません。

中国の正規軍でも偵察要員もいれば、休みの日には民間人の格好でいる奴も
いるだろうし、常に軍服を着てるわけではあるまい。
とくに中国兵には輸送人員が足らず、民間人などを徴用したので、まともな軍服
や銃さえ行き渡らない人もいた。

しかしこれらの人も中国軍に雇われた軍隊の一員には変わりはない。
日本軍も大八車などを使った輸送のために、苦力として中国人をずいぶん使ってます。
これらの中国人は軍服は着てないが、戦時国際法上は日本軍の一員になる。

ーーーー引用開始ーーーー
どの中隊も、各自の車両を十台、十五台と持っていた。それぞれの車を四頭から
六頭の馬や騾馬が引き、苦力が長鞭を鳴らして乗っていた。
大八車の行列だけでも、ゆうに一里はあったろう。
(『わが南京プラトーン』179頁から180頁)

307 名前: no name :2010/08/25(水) 00:16:36 ID:OUyYHPf8

>>306
>国際法もいろいろあるんだが、どの国際法だ
>交戦者とは戦いを交えてる人のことだけど、現に戦いを交えてたら戦ってるのだから認められないなんて赤の他人が言っても屁みたいなものだ

お前マジきちがいだなwww
ビックリしたよ
自分が引き合いに出したサイトに書いてあるのに、なんでこんな事言えるんだ???
>>277は お 前 が 引き合いに出したサイトからの引用だぞw

308 名前: no name :2010/08/25(水) 00:26:48 ID:OUyYHPf8

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/256n
>>256で 恵 也 が「4つ条件が挙げられてるが1つ守れば良い」とする証拠としてこのサイトを引き合いに出す
http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/hagurikusen.html

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/277n
>>277がこのサイトに書いてある文章を強調のためのスペース以外の一切の改編無くコピペして反論する

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/306n
>>306で恵也曰く
>国際法もいろいろあるんだが、どの国際法だ
>交戦者とは戦いを交えてる人のことだけど、現に戦いを交えてたら戦ってるのだから認められないなんて赤の他人が言っても屁みたいなものだ

309 名前: no name :2010/08/25(水) 00:36:26 ID:h8BepRnt

結局「名前も判らない首相じゃ話にならん」とかほざいておきながら
自分は名前も判らない「ジョンズホプキンス大学の助教授ら」や、
「韓国の潜水の専門家」を引用した事に関してはまるで無視か。

「韓国の潜水の専門家」はアルファ潜水技術工事のイ・ジョンイン代表。
http://blogs.yahoo.co.jp/lifeartinstitute/41671700.html
http://kptopics.blogspot.com/2010/08/blog-post_08.html
http://blog.livedoor.jp/hangyoreh/archives/1213081.html

「ジョンズホプキンス大学の助教授ら」は
ジョンズホプキンス大学のソ・ジェジョン教授(国際政治学)と、
バージニア大学のイ・スンホン教授(固体物理学)な。
http://www.fccj.or.jp/node/5810
http://www.labornetjp.org/news/2010/0707kisha
http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2010/1277237146772Staff

自分の発言のソースを他人に調べてもらうとか、恥ずかしいと思えよ。
お前は「俺はメディアリテラシーがある」とか二度とほざくなよ。

310 名前: no name :2010/08/25(水) 00:48:31 ID:bauDAYNk

>>309
恵也はクレクレ厨だからね・・・
↓次に恵也はきっとこう言うよ↓

「よく調べたね。カンシンカンシン」

311 名前: no name :2010/08/25(水) 01:00:34 ID:rKGn1cBo

>>306 (基地外)恵也さん、まじパネェっすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

312 名前: no name :2010/08/25(水) 01:02:57 ID:BEteaYVi

>>266
アンタは軍部の当たり前の机上演習を、針小棒大に拡大しデマ流すバカだ!

お前がバカだろ恵也!
日本には陰謀しないと無条件で思える根拠が

>>201第二次大戦以前のアメリカは、外国のことには手出しをしないというモンロー主義
が支配してたから、陰謀なんて行う組織が弱かった。」

ルーズベルト大統領は日本を挑発していたという証言があるが?
第二次大戦以前のアメリカは、外国のことには手出しをしないんじゃないの?
日本を挑発し作戦を練り、金を出し、爆撃機も調達しているのに
外国のことには手出しをしない主義の机上演習ですか?w


(12:08)

313 名前: no name :2010/08/25(水) 01:11:30 ID:h8BepRnt

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2010/1277237146772Staff
ちなみに、ここを見てもらえば分かるけど、ソ・ジェジョン教授は

>>バブルは基本的に球形で、船舶被害の形も球形になる
>>バブルの中では最大膨張部分なので、
>>船舶の材質が耐えられる強度を越えると中の部分が切断される。
>>しかしシミュレーションのどの部分でも天安艦が裂けることは示されない

>>バブルが球形なら船舶の被害も球形になるはずだが、
>>合調団が親切に線でひいたように鋭い物体で押し出された痕跡で、
バブルによるものではない。全く一致しない」とし
>>「バブル効果で切断されたことをシミュレーションでは示せず、
>>シミュレーションが正しいとしても、
>>天安艦の痕跡はシミュレーションとは一致しない

と主張している。これは
>>韓国の発表は「魚雷と艦体の間に海水があり、バブルジェットで艦体真っ二つ」
>>これを似非科学といってるの。
とする恵也のバブルジェットに対する見解とほぼ同じだ。

だが残念ながら、恵也自身が主張した
>>バブルジェットでの破壊力の専門家なんて存在しない
が正しいなら、ソ・ジェジョン教授の主張は似非科学という事になる。

そしてソ・ジェジョン教授の似非科学と同様の主張をしている恵也も、
似非科学という事になるな。

専門家でもないくせに、「バブルジェットでの破壊力の専門家なんて存在しない」
なんて事を調べもせずに勝手にほざくから、こんな事になる。

314 名前: no name :2010/08/25(水) 01:11:57 ID:YOAkoIbU

>>306
http://www.10man-doc.co.jp/static/kochi/00721.html

恵也は掲示板に書きこむより先にやるべきことがあるんじゃないか?w
悪いこと言わんから精神病院行けよ。

http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/hagurikusen.html
このサイトの筆者も可哀想だよな。w
キチガイの都合が良い時だけ持ち出されて、都合が悪くなると『屁みたいなもの』として捨てられるんだから…

恵也には「博愛精神」なんてカケラも無いんだなwww

315 名前: 恵也 :2010/08/25(水) 09:24:27 ID:zsF+kcLK

>>279 ハッキリと「訴えた=主張した側にある」と書いてあるんだけど?

民事裁判と刑事裁判があるのは知ってるよね。
>>258で例示したのは刑事裁判の場合だが、民事裁判の場合と混同しないように。

民事裁判では「被害を受けた」人が「加害者」に弁償してくれと請求する裁判。
その場合は原告が、被告の加害行為をすべて証明しないといけない。

原告がマイクロソフトでエクセルの特許権が侵害されたとして俺が訴えられたら
特許権は最長20年だから失効してない「新しいエクセル」を、俺が使っている
ことを証明し、マイクロソフトが特許料を毎年払ってることを証明し、CD−ROM
1個分の値段を被害受けたとして5000円くらいを請求するわけだ。

しかしここでは、俺があなたに弁償してくれなんて言ってるわけじゃない。
だから俺には証明責任なんて存在しないわけだ。
判ったかな?

>> お前には法律的知識がゼロだ

俺は給料を払ってもらえなくて、簡易裁判というのを起こしたことがある。
あなたは裁判を起こした実績があるのかい?

316 名前: 恵也 :2010/08/25(水) 09:26:02 ID:G8JLopBW

>>282 お前は目に見えない「国家の信用」とかは軽視してるよな?

国家には信用なんてないよ。
外交においては、握手をしながら足で蹴りあってると言う話もあるくらいだ。
国家間のモメゴトを調整する裁判所もあるが、強制力はほとんどない。

インドのゴアの領土権で裁判所はポルトガルに勝訴判決を出したが、インド
は無視をしたけど、何の罰則もない。
これじゃほっといても同じというわけだ。インドの勝ち!

ーーーー引用開始ーーーー
ポルトガルはその後、「インド政府がポルトガル軍や警官の飛び地への領内通過を
認めなかったのは不当」だと国際司法裁判所に訴えた 。でも、国際司法裁判所
の判決って守らなくても強制力はないし(首相が国連軍に逮捕されるわけじゃない)、
インド政府は無視。
61年には残るゴア、ディウ、ダマンもインドに武力併合されてしまい、判決自体の
意味もなくなってしまいました。
(1954年8月1日付『毎日新聞』 より)

>> ブッシュですらイラク統治を国連に丸投げしたように、

丸投げじゃないでしょう。
今でさえアメリカ軍が駐留してるし、イラクの石油の権利はアメリカ企業が握ってるだろ。
ここで大儲けしたのはアメリカ副大統領だったチェイニーだよ。

ーーーー引用開始ーーーー

イラク戦争では、米軍への物資供給・道路整備・キャンプ設置、イラクのインフラ
再建、油田火災の消火などでビッグビジネスが生まれる。このビジネスの大半を
請け負って大儲けしそうな企業がある。テキサス州ヒューストンに本拠地を置く石
油関連サービス会社、ハリバートン社だ。

石油に関することなら、あらゆるビジネスに手を染めている大企業だが、この会社
を1990年代に業界2位の優良企業に育て上げた最高経営責任者、一体だれ
だと思います?

答えは、ディック・チェイニー副大統領。
(イラク戦争で大儲けする企業の元CEOは より)

317 名前: no name :2010/08/25(水) 10:16:13 ID:KvlaFyXn

>>315
いい加減にしろ!キチガイが!
自分の主張した事に責任持てや!

裁判だろうが議論だろうが、主張を始めた側に証明義務が有るんだよ
その主張に反論する側が、お前の主張を立証する義務なんか無いんだよ!

例えばキチガイは「日本軍は幕府山で14000人の捕虜を虐殺した」と主張した
だったらそれをお前が証明すべきだろうが
反論する側は「彼らには捕虜資格が無い」「捕虜が反乱したから自衛で殺した」などなどと主張するわけだ
当然ながら証拠つきで
その「証拠」に対してお前は「悪口」しか言ってねーだろ!
「それはデマだ」とか「博愛精神が無い」だとか
「デマ」と決めつけるならその主張を証明する証拠を出せよ
法律面の話で博愛精神とかあやふやな物を持ち出してんじゃねーよ

お前自身博愛精神なんかカケラも無いキチガイのくせに

318 名前: no name :2010/08/25(水) 10:34:57 ID:KvlaFyXn

>>316
>国家には信用なんてないよ

ハイハイ、キチガイの妄想
お前は海外に行った事が一度も無いからそういう馬鹿馬鹿しい事が言える
一応指摘しておくけど、マグロ漁船で一時的に上陸した事を「海外に行った」とは言わねーから普通

パスポートを使って海外に行けば、日本のパスポートがどれだけ世界中で信用されているかよく分かるよ

>外交においては、握手をしながら足で蹴りあってると言う話もあるくらいだ

これはあくまで「物の例え」「比喩」であって、
実 際 に や っ て る わ け じ ゃ な い ぐらいの事は判るよね?
もしかしたら、実際に本当にやってると思ってたの?
だとしたら鼻で笑ってやるけど

>インドのゴアの領土権で裁判所はポルトガルに勝訴判決を出したが、

それ何十年前の話だよ?
今とは時代がかなり違うだろうが

>丸投げじゃないでしょう

へー、ニュースにもなったのに否定するんだ?
じゃあ、その証拠を出して?

まあ、イスラムテロリストはクズばかりだから国連機関ですら攻撃しているが
こんな事を繰り返せば、自分達の立場ですら危うくなるとは思わないのか
http://kamomiya.ddo.jp/%5CSouko%5CC05%5CDe_Mero%5CTero.htm

319 名前: 恵也 :2010/08/25(水) 12:02:20 ID:Gzwpkin2

>>302 日本軍はただ虐殺するだけで良いのに、

1万3000人くらいの捕虜を1000人くらいで処刑するんだ。
捕虜に気づかれず慎重に計画したとしても、これ位の犠牲ですんだのなら大成功。

ーーーー引用開始ーーーー
南京城北側の幕府山砲台を占領したところから始まっている。
 「第一大隊百三十五名で一万三千余捕虜を降し、敵を武装解除」。そして
「島流し」と書かれたスケッチには虐殺の模様が詳述されている。
 「中央の島に一時、やる(送る)ためと言って船を川の中ほどにおいて、船は遠
ざけて四方から一斉に攻撃して処理したのである。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/yamada/kurihara.html

>>301 激戦地と解ってながらただの市民が軍隊と一緒に留まってるわけがないし

間違い!
日本軍がこれほどの進撃速度で来るとは、中国軍関係者でも意外感で見られてる。
まあ捕虜も取らず、輸送部隊もほとんど付かず、食料もなしに日本軍が進撃するとは
思わなかったんだろう。

中国軍としては、ずっと遠くの方で持ちこたえてる予定であり最優先に弾薬などを
送った句容などの陣地が突破されたため、幕府山、紫金山での弾薬が不足し大
量の捕虜になったもの。
むしろ市民も軍も激戦地となる予定の場所と時間を間違えたといえる。

>> 解放された6000人近くの「非戦闘員」
この話は怪しい。
両角行作大佐の手記だとそうなってるが、これは戦後になって作られたもの。
幕府山の捕虜総数は二ヶ所に分かれていて、2万5000人という話もあります。

ーーーー引用開始ーーーー
二万二千から二万七千の幅で可能性を持つ数値の 代表値として二万五千人
を捕虜総数として取りあげることにする。
http://www.nextftp.com/tarari/bakufusan1.htm

320 名前: 恵也 :2010/08/25(水) 12:03:33 ID:pCnpkDv7

>>303 明智光秀なんかも三日天下だが、明智光秀を愚か者扱いする者などいない

俺は愚か者扱いするよ。
とくに主君である織田信長を暗殺し、タッタ3日の天下を取ったばか者。
部下としての有能性はあったようだが先を見る目はまったくゼロ。

今の世の中にも会社を興して、すぐに潰し親戚知人に大迷惑をかける奴が多いが
こいつらも先を見る目がなく人を使えぬ愚か者。
指導者といのは、結果責任というものからしか判断は出来ない。

>> 福沢諭吉が高く評価していたんだから
あなたは人の判断まで偉人に頼るんだね、他力本願というか福沢諭吉の独立自尊
の思想がまったく理解出来てない不肖の弟子のようだ。

高く評価するのなら俺には、クーデターを起こすような人間は除外する。
南京戦で司令部命令として「捕虜の殺害電文」を勝手に出した出した長勇なんて、
日本では十月事件というクーデター計画の首謀者の一人として捕まったのに、温情
で中国という出世コースから外れた地位にやられた人間。

こんな奴は十月事件の時に、死刑にしておいたら日本があれほどの虐殺行為を
南京ではしなくて済んだかもしれない。

ーーーー引用開始ーーーー
十月事件の計画概要は、軍隊を直接動かし、要所を襲撃し、首相以下を暗殺する
というもので、決行の日を10月24日早暁[1]と定め、関東軍が日本から分離独立する
旨の電報を政府に打ち、それをきっかけにクーデターに突入するというものであった。

具体的には桜会の構成員など将校120名、近衛歩兵10個中隊、海軍爆撃機13
機、陸軍偵察機、抜刀隊10名を出動させ、首相官邸・警視庁・陸軍省・参謀

本部を襲撃、若槻禮次郎首相以下閣僚を斬殺および捕縛。その後閑院宮載仁
親王や東郷平八郎・西園寺公望らに急使を派遣し、組閣の大命降下を上奏させ、
荒木貞夫陸軍中将を首相に、さらに大川周明を蔵相に、橋本欣五郎中佐を内
相に、建川美次少将を外相に、北一輝を法相に、長勇少佐を警視総監に、小林
省三郎少将を海相にそれぞれ就任させ、軍事政権を樹立する、

321 名前: no name :2010/08/25(水) 13:00:36 ID:xdIpK/Ey

>>319
だから人の質問に答えろよ

なんで単に虐殺するだけなのに、虐殺やる側に死傷者を出す必要が有る?

この問いに何ら答えてねーだろ、オメーは

>捕虜に気づかれず慎重に計画したとしても、これ位の犠牲ですんだのなら大成功

何が「大成功」だ、キチガイ!
単に虐殺するだけなのに死者を出してる時点で 大 失 敗 だ

つくづく日本側の死者の存在は無視するねぇ
二度と 博 愛 精 神 なんてほざくなよ!

>むしろ市民も軍も激戦地となる予定の場所と時間を間違えたといえる

だったら戦闘が始まってからでも逃げ出すだろうが
誰が好きで軍隊と一緒に攻撃される道を選ぶか!
軍隊と一緒にいれば問答無用で攻撃される、少なくとも逃げれば逃げられるとは限らなくても軍隊と一緒にいるよりは安全だ
何せ中国軍は負けそうになれば民間人から略奪や追いはぎを初めて便衣兵になるんだからな

>両角行作大佐の手記だとそうなってるがこれは戦後になって作られたもの

戦 史 叢 書 にそう書いてあるんだよ
両角なんてどこにも出てきてねーだろ!

戦史叢書は陸軍の公式見解と見ても良いんだぞ?

322 名前: no name :2010/08/25(水) 13:37:09 ID:xdIpK/Ey

>>320
どの職場でも無能扱いされたキチガイがお偉い事ばかり書いてるね
お前が戦国時代の人間だったら足軽で一生を終えてただろうくせに

明智光秀の謀反は成功確率がかなり高かったんだけど
柴田勝家は遠く富山県にいて、羽柴秀吉は遠く岡山県西部にいて、徳川家康は堺に遊びに行っている
そんな状態で3日天下で終わるなんて想像できるわけがない
特に秀吉が高松から姫路まで2日で移動できるなんて計算できるわけ無い
お前、お遍路やったんじゃないのかよ?
お遍路って車かなんか使うのか?
高松から尼崎まで4日で大軍勢を移動できるとでも思ってんのか?

お前は『明智光秀は敗れた』という歴史を知ってるから偉そうにほざいているだけだ

>指導者といのは、結果責任というものからしか判断は出来ない

だったら、惨めな人生のお前には一切の発言権は無いね

323 名前: no name :2010/08/25(水) 14:15:03 ID:JFDogWAv

>>321
同意

キチガイ恵也は、『日本軍は虐殺も満足に出来ないシロウト集団』と思ってるらしい
もしくは>>319を読む限りでは、『たかだか7人の死者ぐれぇ何だよ?日本人は何人殺されても虐殺にならない』と言いたいのか

いずれにしても恵也は日本人差別主義者だから
日本人の犠牲は犠牲じゃなく、『大成功』扱いするんだから

324 名前: no name :2010/08/25(水) 14:25:03 ID:URyR6WV+

いや…恵也の場合、日 本 人 が 死 ん だ か ら 「大成功」なんでしょ
ジンギスカンや毛沢東みたいな大量虐殺狂を賞賛する殺戮マニアだから
なんたって恵也は博愛主義者(と書いて"皆殺し"と読む)だそうだからw

325 名前: no name :2010/08/25(水) 16:00:50 ID:+6Z9Zz0u

自分が引用したサイトですら、都合が悪くなると「屁みたいなもの」扱いするキチガイwww

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/256n
恵也がこのサイトを引き合いに出す↓
http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/hagurikusen.html

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/277n
このサイトに書いてある文をコピペして反論する

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/306n
すると恵也曰く
>国際法もいろいろあるんだが、どの国際法だ
>交戦者とは戦いを交えてる人のことだけど、現に戦いを交えてたら戦ってるのだから認められないなんて赤の他人が言っても屁みたいなものだ

326 名前: no name :2010/08/25(水) 18:09:26 ID:ov88gozV

>>319
キチガイの戯言もいい加減にしやがれよ?
もう何回も指摘されてるがな、日本軍が虐殺を目当てにしていたなら死者を出さないんだよ
わざわざ揚子江岸まで五キロ近く捕虜を歩かせる必要も無いんだよ
船を集める必要も無いんだよ

その場か近くで機関銃を準備して待ち受け、一掃すれば良いだけだろ!
日本軍に死者を出してる時点で、日本軍に虐殺意思など無いのがよく分かるわ!
底無しの無知蒙昧のど阿呆
常識知らずのキチガイが!

327 名前: no name :2010/08/25(水) 18:21:24 ID:ov88gozV

結局、恵也の言う「博愛精神」とは日本人を含まない相手だけなんだな
日本人は何人殺されても無視して省みないのが博愛精神か
日本人が10人近く殺された済南事件でも「大した事件じゃない」とか言いやがったクズ野郎だし
北朝鮮か中国からの核ミサイルだって、「当たった時は運が悪かったと諦めなさい」などと対策を考える側を批判するし

二度と恵也みたいな非国民=売国奴のクズに博愛精神を主張してもらいたくはない

328 名前: no name :2010/08/25(水) 18:29:50 ID:LW8DHXVM

恵也の支離滅裂語録(その1)

88 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日: 2008/09/06(土) 13:33:45 ?2BP(0)
>>81
>4大卒と何年も前からウソをついて、

なんだ、その4大卒って???

大学には沢山あるが、どこを4大というのかね。
相手を嘘つきというのなら、コピペくらいして書きこしなさい。
デマに振り回されるぞ、そんないい加減な思考法じゃ。

329 名前: no name :2010/08/25(水) 18:33:08 ID:mfZfCdPI

戦争は軍隊が終わらせると思ってる低能恵也w

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/347n
347 名前: 恵也 : 2010/08/09(月) 14:38:20 ID:u7Of+oj4
>軍隊の目的は戦争の終了であり、戦闘の終了ではない

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/379n
379 名前: 恵也 : 2010/08/10(火) 16:48:28 ID:AfG5mGt7
>戦争の終了が外務大臣や政治家だけで終わらせれるか考えてみろ。
>今みたいに、テロリスト容疑者を建物ごと爆弾で破壊するようでは、戦争は永遠に終わらん。
>軍人がまともじゃないからだ

330 名前: no name :2010/08/25(水) 18:37:58 ID:yhKKwPfv

自分には激甘、他人には口うるさい泥棒恵也

509 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿 日: 2008/11/09(日) 19:32:20 ?2BP(0)
>>505
>恵也がエクセルなんてソフトをちゃんと使える訳がないじゃないか

これでも友人にソフトを借りて、俺のパソコンにもエクセルを入れてるよ

870 名前: 恵也 投稿日: 2008/11/ 14(金) 11:55:58 ?2BP(0)
>>856
>どうしてトリップ無くなったの?

どんな状況になっても、裁判で勝つための選択肢を増やしたいから
裁判は勝たなきゃ正義にならん
俺は過激な言葉を平気で使うけど、用心深い性格でね

121 : 恵也:2008/11/22(土) 11:06:30 ? 2BP(0)
>>117
>やましい事があるからトリップを消して書き込んでいる
>自分が正しいと思ったらそんな事しないよな

単細胞!
人間は不必要な揉め事には、近づかない本能がある
降りかかった火の粉は払うのに全力を尽くすけど、火の粉の下に無理して入るバカはいないよ
あんたはバカの仲間だ!

405 名前: 恵也 : 2010/07/20(火) 12:00:12 ID:3xAYO0Pu
>>394 裁判が怖いからってトリップ消してんじゃねーよ

すべてマイクロソフトさんに証明してもらおうと思ってね
細々した証明義務は裁判に訴えた原告の方にあるんだよ

510 名前: 恵也 : 2010/07/24(土) 11:34:56 ID:PSpNBfFg
>俺も韓流の映画はDVDコピーでよく見てるが、キモウヨさんにはDVDコピーを貸してくれる友人さえいないのじゃないかな

54 名前: 恵也 : 2010/07/29(木) 10:31:55 ID:aDBe0e1+
>録画したDVDを友人から借りて、タダで見させてもらったことは10回以上はある。
>しかしそれだと、好みの韓流映画が見れない。
>今は「明成皇后」という閔妃暗殺をテレビ映画化したのを、1巻140円で借りてみてる

331 名前: no name :2010/08/25(水) 18:38:06 ID:LW8DHXVM

恵也の支離滅裂語録(その2)

80 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日: 2008/09/06(土) 12:06:51 ?2BP(0)
>>68
>結局貴方がいつも言っている「バクハツ」はしたのかい?

アンタね、俺がいつ「バクハツ」なんて書いたんだ。
俺は書いた覚えが無いのだが、あんた妄想の毛があるんじゃないの?
違うというのならコピペして出してくれんかな。

(コピペであっさり返されたw)

53 :恵也 ◆1BgPjyxSE. []:04/10/22 02:37:54
>>44
>ところで原発ってどうやったら爆発するの?

冷やすのをやめたら爆発します。
送電線が切れて、冷却装置の電源がなくなっても簡単に爆発するよ。
水蒸気爆発は、火薬が爆発するくらいの力を持つ。

332 名前: 恵也 :2010/08/25(水) 18:38:13 ID:8YQTixFS

>>317 その主張に反論する側が、お前の主張を立証する義務なんか無いんだよ!

反論する側は、証拠を持って反論すればいいの。
証拠さえなくては反論できないから、相手にソースソースと泣いてしまうネトウヨ。
結論として言えることは、アンタが議論のイロハを知らない知能だということだ。

だから刑事裁判や民事裁判の被告になったつもりで、ソースソースと泣き喚く、
議論と裁判の差さえわからん知能程度だ。

>> 彼らには捕虜資格が無い
捕虜資格がないなら殺していいという、戦時国際法があるというのかな。
戦時国際法の目的は、人間や財産の保護を目的とした人道的なもの。

目的を無視して「彼らには捕虜資格が無い・・・から殺していい」なんて条文解釈で
の我田引水だろ。

俺は捕虜資格があると理解してるが、解釈が違うというのなら「殺してもいい」という
ソースを出す責任はあなたじゃないかな。
だいたい逃げ回る逃亡兵に、交戦者としての資格がないなんてムチャクチャな論理だ。

交戦者でなければ敵国に属する個々人だ。個々人なら兵隊が勝手に殺していい
のかね、それともどちらにも属さない第3の定義をアンタは新しく作るのかな。
第3の定義なんて戦時国際条約にないものだろ、ないものは殺していいという新しい
論理なのかい。

ーーーー引用開始ーーーー
ハーグ条約 (1899年)
 「19世紀には文明の進化とともに、戦争において、
敵国に属する個々人と、戦闘員からなる敵国その
ものとの概念が明確に区別されるようになった。武
器を持たない国民は、その命も、財産も、名誉も可
能な限り戦争で奪われることがないようにすべきで
あるという原則がますます認識されるようになって
きた」

333 名前: 恵也 :2010/08/25(水) 18:40:21 ID:EZZKulSt

>>318 マグロ漁船で一時的に上陸した事を「海外に行った」とは言わねーから普通

海外に行ったとは、普通考えると旅行もあろうし、留学も、兵隊としても、仕事でも
いろいろあると思うけど、身体が外国に運ばれたら海外に行ったというのじゃないかね。

アメリカ兵は日本国内でパスポートなんて持ってないけど、彼等は日本に来たんじゃないの
それともパスポートの存否で区別したいのかな。
日本の常識とはずいぶん違ってると思うが・・・・・

>> 実 際 に や っ て る わ け じ ゃ な い ぐらいの事は判るよね?
外交じゃ当たり前の行為でしょう。
俺が外交官で、北朝鮮と交渉するのなら顔でニコニコして握手はしても、拉致
被害者の取戻しでは、金をちらつかせ餌を撒き、脅したりすかしたり足のケタクリアイ。

普天間基地で外交を任せてもらえれば、一度思いやり予算のゼロから始めるね。
ゼロにした場合と無条件撤去に思いやり予算の復活だ。
日本の外交官はヘタレが多すぎ!

334 名前: no name :2010/08/25(水) 18:41:49 ID:LW8DHXVM

恵也の支離滅裂語録(その3)

509 名前: 恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日: 2008/11/09(日) 19:32:20 ?2BP(0)
>>505
>恵也がエクセルなんてソフトをちゃんと使える訳がないじゃないか。

これでも友人にソフトを借りて、俺のパソコンにもエクセルを入れてるよ。


868 名前: 恵也 投稿日: 2008/11/14(金) 10:55:14 ?2BP(0)
>>850
>違法行為を止めろと言うのが違法行為なのか、初めて知った。

これくらいも知らなかったの?

強盗が襲ってきても、止めさせるために暴力で捕まえるのは合法行為。
しかし抵抗できなくなった強盗に、暴力を使うのは過剰防衛で違法行為。

奥さんの浮気は亭主にとっては、違法行為ではあるけどそのことを事実
だからといって、不特定多数に言いふらすのは奥さんのプライバシーに
対する違法行為。

結局、相手が違法行為だからといっても、限度というものがあるわけだ。

それに俺は、ソフトの個人的利用のコピーは違法行為と思ってない。
コピーを売って商売しては違法だがね。

(結局裁判が怖くなって2ちゃんねるから逃げ出しました)

335 名前: no name :2010/08/25(水) 18:41:50 ID:yhKKwPfv

自分で書いた事ですら記憶できず他人に当たり散らすキチガイの図w

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1274840128/437n
437 名前: 恵也 : 2010/06/27(日) 18:08:28 ID:77+E8kqS
>冷戦時代でも少なくとも、フランス並みにはなって欲しかったね

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/167n
167 名前: 恵也 : 2010/08/01(日) 13:59:26 ID:v0Fv1N/g
>日本だってお金もないし、不景気になってるのに、
>この際だから米軍基地も全面撤去し、思いやり予算もゼロにして、日米関係を最初から作り直せ!

↑矛盾?支離滅裂?↓

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/55n
55 名前: 恵也 : 2010/07/29(木) 11:22:23 ID:6+ZpnPcs
>>48 「日本はアメリカから自立して在日米軍を追い出し、フランス並みの国になれ」と言ったはずだ

そんな事を言ったかな・・・

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/213n
213 名前: 恵也 : 2010/08/03(火) 13:39:18 ID:ZgdOYvD2
>言葉の意味がずいぶん違うのが、アンタは理解できないかな
>くれぐれも人の言葉を「・・・」付きで書くときには正確にしなさい!

336 名前: 恵也 :2010/08/25(水) 18:42:27 ID:a/VuDPgO

>>318 それ何十年前の話だよ?

ゴア占領は日米安保より10年ほど新しい。

ーーーー引用開始ーーーー
 ポルトガルは、自由通行を求めて、国際司法裁判所に提訴します。通常、国際
司法裁は、当事国双方の同意が無いと裁判できませんが、インドは、一方的提訴
を認める選択条項に署名していたため、こうした訴訟が可能でした。
 1957年には判決が出て、両地域に対するポルトガルの主権が認められます。しかし
一方で、軍隊に対する通行権は認められなかったため、結局、ポルトガルは両地
域を奪還することはできませんでした。

 さらにインドは、非武装の群集で、残るゴアやディウの占領を試みます(1955年)。
今度は、ポルトガルが実力を行使しました。ポルトガル軍の銃撃により、22名が死亡
し多数の死傷者が出る惨事になります。
 国際的な非難の高まりを無視して、サラザール首相はなおも交渉を拒絶します。
1960年にインドが提案した、特権維持を認めた妥協案も相手にしませんでした。

1961年、ついにインドは最終手段をとる決心をします。いわゆるゴア武力解放です。
現地のポルトガル総督府も、こうしたインド側の動きを察知していました。本国政
府に対して、増援部隊を送るよう要請を行い、守りを固めようとします。

 総督は、「ショリソを送られたし。」という電文を打っていました。ショリソとは、チョリ
ソ・ソーセージのこと。これは、対空砲弾を意味する暗号でした。
 ところが、本国政府が送ってよこしたのは、本物のソーセージだったのです。暗号
を忘れるほど、ポルトガルの政府組織は腐敗していました。
 物質戦力比は隔絶、人的面でもこれでは、勝敗は戦う前から明らかだったのです。
(山猫文庫第二壕 より)

337 名前: no name :2010/08/25(水) 18:47:13 ID:LW8DHXVM

ようやく真打来たかw
どーせ支離滅裂なんだけどな

>>332
>反論する側は、証拠を持って反論すればいいの。

そらそうだ
だから「お前以外の」人は皆ソースを出している
出してないのは恵也 た だ 一 人 だ!

>証拠さえなくては反論できないから、相手にソースソースと泣いてしまうネトウヨ。

お前が主張するソースを要求してんだよ
お前が「デマ」と断定するならそのソースが必要だし、お前が「○○」と主張すればそのソースが必要になる
そ れ だ け の 話 だ ろ う が
ソースも出せない妄想インチキ野郎のくせによく言うわ!

>結論として言えることは、アンタが議論のイロハを知らない知能だということだ。

そ っ く り そ の ま ま お 前 に 返 す よ
都合が悪いソースは無視
自分が引用したサイトですら「屁みたいなもの」などと言い出す
もしくは何の証拠も出さずに「デマ」と決め付ける
お前のどこが「議論のイロハ」を知ってるんだ?

間違いなくお前が議論のイロハを知らないキチガイだ

338 名前: no name :2010/08/25(水) 18:53:34 ID:Y/IZu2EM

>>336
少なくとも今の話じゃねーだろーが
第二次大戦直後の時代じゃねーか

339 名前: no name :2010/08/25(水) 18:53:40 ID:LW8DHXVM

>>332
>捕虜資格がないなら殺していいという、戦時国際法があるというのかな。

へー、じゃあ「資格が無い連中を保護せよ」と命令する戦時国際法があるのか?
かたっぱしから論破されたキチガイが

まず捕虜に関するジュネーブ条約の「捕虜」の定義・・・
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/sougou/ko_hou/1929.htm

【第一条】
(俘虜の語義)本条約は第七編の規定を害することなく左の者に適用せらるべし

(一)陸戦の法規慣例に関する千九百七年十月十八日の「ヘーグ」条約付属規則第一条、第二条及第三条に掲ぐる一切の者にして敵(註)に捕へられたる者
(二)交戦当事者の軍に属し海戦又は空戦中に於て敵に捕へられたる一切の者但し捕獲の状況が本条約の適用を不可能ならしむる場合は此の限りに在らず然れども右の除外は本条約の基本的原則を害することを得ず捕へられたる者が俘虜収容所に達したるときは直に右の除外は消滅すべし

次にハーグ条約第一条から第三条を引用する
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/kaisetsu/other/hague_rikusen.html
第一条[民兵と義勇兵]
戦争ノ法規及権利義務ハ、単ニ之ヲ軍ニ適用スルノミナラス、左ノ条件ヲ具備スル民兵及義勇兵団ニモ亦之ヲ適用ス。

一 部下ノ為ニ責任ヲ負フ者其ノ頭ニ在ルコト
二 遠方ヨリ認識シ得ヘキ固著ノ特殊徽章ヲ有スルコト
三 公然兵器ヲ携帯スルコト
四 其ノ動作ニ付戦争ノ法規慣例ヲ遵守スルコト

民兵又ハ義勇兵団ヲ以テ軍ノ全部又ハ一部ヲ組織スル国ニ在リテハ、之ヲ軍ノ名称中ニ包含ス。

第二条[群民兵]
占領セラレサル地方ノ人氏ニシテ、敵ノ接近スルニ当リ、第一条ニ依リテ編成ヲ為スノ遑ナク、
侵入軍隊ニ抗敵スル為自ラ兵器ヲ操ル者カ公然兵器ヲ携帯シ、且戦争ノ法規慣例ヲ遵守スルトキハ、之ヲ交戦者ト認ム。
第三条[戦闘員と非戦闘員]
交戦当事者ノ兵力ハ、戦闘員及非戦闘員ヲ以テ之ヲ編成スルコトヲ得。
敵ニ捕ハレタル場合ニ於テハ、二者均シク俘虜ノ取扱ヲ受クルノ権利ヲ有ス。

340 名前: no name :2010/08/25(水) 19:04:21 ID:Y/IZu2EM

やれやれ
キチガイ恵也のいつもの詭弁屁理屈の焼き直しか

バカは死ななきゃ治らない

さっさと死ねクズ

341 名前: no name :2010/08/25(水) 19:04:26 ID:LW8DHXVM

>>332
>戦時国際法の目的は、人間や財産の保護を目的とした人道的なもの。

条文を守るから目的が達成される
お前は条文の存在意義が解ってないキチガイ

>目的を無視して「彼らには捕虜資格が無い・・・から殺していい」なんて条文解釈での我田引水だろ。

我 田 引 水 は お 前 だ
条文を守ってから初めてその法律で権利を主張できる
憲法だろうが法律だろうが国際法だろうが、それは全く変わらない

お前がそういう法律の知識だから、平然とマイクロソフトや韓流ドラマを泥棒できるんだな
少しは恥を知れよ

>俺は捕虜資格があると理解してるが、解釈が違うというのなら「殺してもいい」という
>ソースを出す責任はあなたじゃないかな。

い く ら で も ソ ー ス は 出 て い る ん だ が ?
>>339みたいな「ハーグ条約」と「ジュネーブ条約」という二つの戦時国際法じゃソースが足りないのか?
じゃあお前が>>256で引き合いに出したサイトをソースにするか?
どうせ「屁みたいなもの」とか言い出すんだろ?

>だいたい逃げ回る逃亡兵に、交戦者としての資格がないなんてムチャクチャな論理だ。

「逃げ回る」にしても、ハーグ条約第一条の1234を守ってるんだったら問題ない
守ってないから問題なんだろうが!

一 部下ノ為ニ責任ヲ負フ者其ノ頭ニ在ルコト
二 遠方ヨリ認識シ得ヘキ固著ノ特殊徽章ヲ有スルコト
三 公然兵器ヲ携帯スルコト
四 其ノ動作ニ付戦争ノ法規慣例ヲ遵守スルコト

逃げてようが何だろうが、この四条件が「具備」「fulfill]
されてるなら何ら問題ないよ
交戦者資格はあるし、当然捕虜資格も生じる
その上で日本軍が殺害したなら確かに問題だ

実際にはそうじゃないだろ!

342 名前: no name :2010/08/25(水) 19:10:30 ID:LW8DHXVM

>>332
>交戦者でなければ敵国に属する個々人だ。

馬鹿まるだしw
彼らは交戦者資格が無いのに戦っていた
その段階で単なる市民とは扱いが変わる

武器を持って違法に戦っていた連中と、善良な市民を一緒くたにするんじゃねーよアホ

>個々人なら兵隊が勝手に殺していいのかね、それともどちらにも属さない第3の定義をアンタは新しく作るのかな。

「市民」なら殺しちゃマズイな
それが本当に善良な市民ならな
だけど、南京は市ではない
戦 場 だ

日本は南京占領の3日前に南京の開城勧告を出している
それを聞き入れず、南京を戦場にしたのは中国だろうが

>第3の定義なんて戦時国際条約にないものだろ、ないものは殺していいという新しい論理なのかい。

そんなの当たり前だ
法律は「保護する」為に設けられたのだから保護する対象については細かく規定している
つまり書いてない事に関しては原則自由だ
保護の対象外なんだから

343 名前: no name :2010/08/25(水) 19:22:38 ID:LW8DHXVM

>>333
>海外に行ったとは、普通考えると旅行もあろうし、留学も、兵隊としても、仕事でもいろいろあると思うけど、
>身体が外国に運ばれたら海外に行ったというのじゃないかね。

普通の人間なら、そんな程度の体験を仰々しく「海外に行った経験がある」なんて言わないよw
まして、「俺様は海外を知っている」なんて思い込むはずもない

>アメリカ兵は日本国内でパスポートなんて持ってないけど、彼等は日本に来たんじゃないの
>それともパスポートの存否で区別したいのかな。

またまたバカだなw
ウィーン条約も知らないらしい
在日米軍は「アメリカ」から「アメリカ」へ渡ったに過ぎないのだからパスポートが必要なわけもない
在日米軍基地は日本領内だがアメリカ領土と一緒・・・大使館の敷地と同じ扱いだ
日米地位協定に書いてある
http://www.jca.apc.org/~runner/chiikyoutei.html
第9条(軍隊構成員等の出入国)
>2 合衆国軍隊の構成員は、旅券及び査証に関する日本国の法令の適用から除外される。
>合衆国軍隊の構成員及び軍属並びにそれらの家族は、外国人の登録及び管理に関する日本国の法令の適用から除外される。
>ただし、日本国の領域における永久的な居所又は住所を要求する権利を取得するものとみなされない。

>日本の常識とはずいぶん違ってると思うが・・・・・

常識はずれのキチガイの常識とは確かに「違ってる」ね

344 名前: no name :2010/08/25(水) 19:28:01 ID:LW8DHXVM

>>333
>外交じゃ当たり前の行為でしょう。

実際にやってるわけじゃなくて、単に「物の例え」「比喩」である事は解っていたのか?それとも知らなかったのか?どっちだ?

>俺が外交官で、北朝鮮と交渉するのなら顔でニコニコして握手はしても、
>拉致被害者の取戻しでは、金をちらつかせ餌を撒き、脅したりすかしたり足のケタクリアイ。

それはあくまで「比喩」だって事ぐらいは理解できているんだよな?
実際にやったら「暴力外交官」扱いされてクビになるぞ?

まあ、外国語の解らない恵也じゃ外交官にはなれないし、国家的信用
も知らないお前には安心して任せられんわな
どうせ金正日に良いように利用されてポイ捨てが関の山だ

>普天間基地で外交を任せてもらえれば、一度思いやり予算のゼロから始めるね。
>ゼロにした場合と無条件撤去に思いやり予算の復活だ。
>日本の外交官はヘタレが多すぎ!

出来もしないくせに大見得切るなよ
どうせお前みたいな欲得まみれのキチガイにそんな真似は絶対に無理
金で転ぶか、女で転ぶか、「急死」させられるかのどれかだなw

345 名前: no name :2010/08/25(水) 19:36:39 ID:LW8DHXVM

>>332
>俺は捕虜資格があると理解してるが、解釈が違うというのなら「殺してもいい」というソースを出す責任はあなたじゃないかな。

>>256でお前が引き合いに出したソースから引用するよ?
ハッキリと「交戦者資格を獲得して初めて晴れて捕虜の権利を得る」と書いてあるから
まあ、どうせキチガイに言わせれば「屁みたいなもの」なんだよなw

>まずは交戦者の資格についてになります。
>交戦者とは実際に武器を持ち、戦う事を認められた「兵士」を指します。
>国際法ではこの交戦者以外の者が戦う事は認められていませんし、交戦者以外の者を攻撃する事も認められていません。
(中略)
>陸戦条約を適用されるには、この交戦者の資格を満たしていなければいけません。

>自分勝手に戦っては駄目です。
>遠くからでも判る標識を身に付ける事。自衛隊の場合、軍服+日の丸の組み合わせが必要ですね。
>自分は交戦者であるとの意思表明をしなくてはなりません。
>この国際法を守ること。当然ですね。
>これを守っていれば軍隊(組織)の適用がされます。と同時に敵に発見され次第、問答無用で攻撃されるのですが。
>条約の中には捕虜の人道的扱いについての規定があるので、資格の無い兵士(ゲリラ兵)は捕虜として扱ってもらえない事になります。
>大抵は犯罪者として良くて裁判、最悪の場合その場で射殺ですね。

>また、民兵にしろ、義勇兵にしろ、第1条の条件を満たしていれば交戦者と認められます(第2条)。
>そして交戦者は敵に捕まった時には捕虜として取り扱ってもらえる権利を持っている事になります

346 名前: no name :2010/08/26(木) 02:04:15 ID:ps4xOGta

>>332
なんだ?このキチガイw

このキチガイが証拠もなく「デマ」「と見る」「思う」を連発するから証拠を要求されてんだろうが
証拠もなく勝手に決めつけて断定してる奴が100%悪いのに、どうして証拠を要求した側が批判されんだ?

何の証拠もなく勝手に決めつけて断定するだけで「証明義務が果たされた」と思ってんのか、このキチガイは

どこの職場でも役たたずの無能だったくせに、何の資格が有って人様を批判できるんだ?
聖人君子じゃなきゃ批判しちゃいけないはずじゃなかったのか?
マイクロソフトからドロボーした犯罪者のくせに

>聖人君子でもないくせに、他人のことをよく言えるものだ
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1277890140/504n

347 名前: no name :2010/08/26(木) 12:24:11 ID:8AXmsWRH

恵也は無知だから朝鮮は欧米諸国から見放されるほどの未開国だった事も知らない

イギリスが大韓帝国に派遣した総領事、ウォルター・ヒリアーが書き残す韓国事情

http://blog.ohtan.net/lite/archives/50955430.html
>朝鮮について、いくらかでもご存知の人々にとって、現在朝鮮が国として存続するには、
>大なり小なり保護状態に置かれる事が絶対に必要であるのは明白であろう
>日本の武力によってもたらされた名目上の独立も朝鮮には使いこなせぬ特典で、絶望的に腐敗しきった行政という重荷に朝鮮はあえぎ続けている。
(中略)
>清国軍が朝鮮から撤退後は日本がその役目を請け負った。
>最も顕著な悪弊を改革する日本の努力はいくぶん乱暴に行われはしたものの真摯であったことは間違いない

348 名前: 恵也 :2010/08/26(木) 12:27:49 ID:tvWjMOKl

>>337 だから「お前以外の」人は皆ソースを出している

ソースは俺の方が量的には出してると思うけど。
ただし俺のは、俺の主張が主観的な妄想じゃなくほかにも同じような主張が
存在してるという証明の為が多いけどね。
その点あなたのは、カタカナ交じりの読みにくい昔の日本語が多い。

>>338 少なくとも今の話じゃねーだろーが

日米安保は今の話しだし現在に日本をガチガチに縛ってる。
国際司法裁判所の判決を無視したゴアの話はインドを自由にしたが、日米安保で
日本は対米従属派と対米自立派に二分されてしまった。

ーーーー引用開始ーーーー
日清・日露、そして韓国併合を経て、われわれ日本人は中国人をチャンコロ、
韓国人をチョン、ロシア人を露助と公然と侮蔑するようになった。

人間として、謙譲の美徳を失い、傲岸不遜になってしまった。自意識が肥大化し、
自分たちはアジアの一員だということを忘れ、西洋列強の一員と自らを認識し、
西洋帝国主義の真似をし始めた。・・・・・・・・・・・・・

抑止力をアメリカに頼るという発想自体が、自立からは程遠い。
抑止力とは、自国は自分の力で守るということだ。
http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/907.html

349 名前: 恵也 :2010/08/26(木) 12:30:02 ID:VHPMb/hV

>>339 命令する戦時国際法があるのか?

戦時国際法にはハーグ条約の1899年と1907年、ジュネーブ条約1929年などがあるけど
その前文には、国民の命や財産を保護するという規定が書いてあります。
この規定はこの条約に署名した「国家に対する命令」といえるでしょう。

ハーグ条約(1907年)第23条では、
「兵器を捨て、または自衛の手段尽きて降を乞へる敵を殺傷すること」が禁止され

また、ジュネーブ条約(1929)第2条には、
「俘虜に対する報復手段は禁止す」
これらの規定の思想は、人道主義、博愛主義が根本にあるが、あなたの思想には
この一番大切な肝心の思想がない。

>>341 い く ら で も ソ ー ス は 出 て い る ん だ が ?

その条文のどこにも殺していいなんて文章はないけど・・・
あなたと俺との文章理解力の差なのかね。

>> ハーグ条約第一条の1234を守ってるんだったら問題ない
1234全部の必要はないよ。
ダイタイ戦争に負けて逃げ回ってる時には、ほとんどの兵隊はBの重たい武器は
捨ててるし、部隊がバラバラになったら➀の責任者もいなくなるだろ。
それでも正規の軍隊の兵士には違いがない。

その規定は民兵や義勇兵だけに適用するもので、正規の軍隊には無条件で交
戦者として適用するもの。

>> この四条件が「具備」「fulfill]
具備とは十分に備わることで、4条件全部とはどこにも書いてありません。
民兵に十分に武器が備わっていたら、特殊徽章なんてなくても交戦者だろう。
責任者がいなくて統制が出来てなくても、これも交戦者。
戦争法規を知らない連中でも交戦者。

あなたのいう思想なら「軍ニ適用スルノミナラス、左ノ条件ヲ具備スル民兵」ではなく
「左ノ4条件ヲ全テ具備スル軍、民兵及義勇兵ニ適用」という表現でなければならん
アンタの文章理解力には問題がある!

350 名前: 恵也 :2010/08/26(木) 12:31:23 ID:lIC8/FBA

>>342 武器を持って違法に戦っていた連中と、善良な市民を一緒くたに

武器を持って侵入してきた敵と戦うのは善良な市民の義務。
けっして違法な行為じゃないよ。
まあ今の俺なら、鹿を殺した長い鉄のバールを持って戦うのかもね。

ただし銃を持った敵には正面からは戦いはしない。
歩哨がいても、こいつ等も油断することがあるだろうから、敵兵が寝てるところ
を襲うくらいかな。昔の日本軍がやった自殺のための玉砕攻撃なんて願い下げ。

アッツ島で玉砕した日本軍は、武器さえない状態でバンザイ突撃をやったという。
「生きて虜囚の辱め」をなんでそんなに怖がったんだろう。
あの東条英機のバカタレのせいで、こんな洗脳まで兵隊にしてしまった。

>>343 在日米軍基地は日本領内だがアメリカ領土と一緒・・・大使館の敷地と同じ

俺が言ってるのは、米軍基地の外(完全な日本領土)だよ。
そこでもパスポートなしで生活できるというのが、日米地位協定。
大使館の敷地と基地は同じ扱いだが、その外の完全な日本領土でも自由に通行
し買い物をして酒飲んで居れるわけだ。日本が植民地である証拠かな。

>>345 国際法ではこの交戦者以外の者が戦う事は認められていませんし

この文章は著者の見解に過ぎず、俺の見解とは違う。
あなたと著者とが同じ見解というだけの話だ。

>> 兵士(ゲリラ兵)は捕虜として扱ってもらえない事になります。
ゲリラ兵とは遊撃戦をおこなう小部隊のことで、そんな兵士でも捕虜資格はある。
愛国者ではあっても犯罪者ではないし、戦争での犯罪なら軍法会議で裁判されます。
また降参して武器を捨てたら、ゲリラ戦を行った兵士として捕虜になるだけの話だ。
降参しなければ射殺されます。

351 名前: no name :2010/08/26(木) 12:32:22 ID:8AXmsWRH

イザベラ・バードは1894から97年にかけて3年間韓国を旅行し、長文の紀行文を書いている
やはり恵也は無知だから、それも知らない

http://blog.ohtan.net/lite/archives/50955430.html
>堕落しきった朝鮮の官僚制度の浄化に日本は着手したのであるがこれは困難きわまりなかった。

>日本は朝鮮人を通して朝鮮の国政を改革することに対し徹頭徹尾誠実であり、じつに多くの改革が制定されたり検討されたりしていた。
>また一方では悪弊や悪習がすでに排除されていた。

>日本は朝鮮式機構の複雑多岐にわたる悪弊と取り組み、是正しようとした。
>現在行われている改革の基本路線は日本が朝鮮にあたえたのである。
>日本人が朝鮮の政治形態を日本のそれに同化させることを念頭に置いていたのは当然であり、それはとがめられるべきことではない

>経験が未熟で、往々にして荒っぽく、臨機応変の才に欠けたため買わなくともいい反感を買ってしまったとはいえ、
>日本には朝鮮を隷属させる意図はさらさらなく、朝鮮の保護者としての、自立の保証人としての役割を果たそうとしたのだと信じる

352 名前: no name :2010/08/26(木) 12:41:48 ID:8AXmsWRH

キチガイが来たよw

>>348
>ソースは俺の方が量的には出してると思うけど

どこが?
未だ>>1さえ証明してないのにw

>ただし俺のは、俺の主張が主観的な妄想じゃなくほかにも同じような主張が存在してるという証明の為が多いけどね

自分に都合が良い情報だけフリーパスなんだろ?
都合が悪い情報は難癖つけて無価値扱いするくせに

>その点あなたのは、カタカナ交じりの読みにくい昔の日本語が多い

そんなの当たり前だろ
議論だったら捏造をしてない証拠としても、出来る限り「原文」を出すもんだ

漢字カナ混じり文が「難しい」って低能すぎるだろ

>日米安保は今の話しだし

だからなんだよ
インドの話は今の話じゃねーだろ、キチガイ!

>現在に日本をガチガチに縛ってる

そう思ってるのはキチガイだけだから
被害妄想もいい加減にしな

>国際司法裁判所の判決を無視したゴアの話はインドを自由にしたが、

一歩間違えば戦争になってんだぞ?
ポルトガルが大人だから引いてやったんだよ

>日米安保で日本は対米従属派と対米自立派に二分されてしまった

「どうでもいい派」が一番数が多いはずだけど
キチガイの頭ではイエスかノーかしかないのか

353 名前: 恵也 :2010/08/26(木) 12:49:32 ID:zMV6GV43

>>347 イギリスが大韓帝国に派遣した総領事、ウォルター・ヒリアーが書き残す

この時期は、日本が朝鮮を植民地にするのをイギリスは認めるから逆に
イギリスがインドを植民地にするのを日本も認めろというバーター取引する
思想を広げるための書簡。

まあこの当時までは、日本とイギリスがお互いに協力して国際社会で
少しでも楽をしようとしたんだろう。ロシアの南下を阻止する同盟国として
日本の強化をイギリスとしても歓迎してたわけだ。

日露戦争が終わってからは、イギリスの対応は激変して行った筈だが・・・
満州鉄道の権利を、戦争資金を出したユダヤ資本に分けてやらなかったから、
この頃から日本はガリガリ亡者になって周りが見えなくなったのかも知れん。

354 名前: no name :2010/08/26(木) 12:55:44 ID:8AXmsWRH

>>349
>その前文には、国民の命や財産を保護するという規定が書いてあります
>この規定はこの条約に署名した「国家に対する命令」といえるでしょう

言えねーよ
それに 質 問 を 曲 解 す る な よ
>>339はこのように質問してんだよ

>「資格が無い連中を保護せよ」と命令する戦時国際法があるのか?

さっさと「資格がない連中」を保護しなければならない証拠を出せよ
前文にもどこにもそんな事書いてないからな?

>ハーグ条約(1907年)第23条では

ハーグ条約1条を無視するなよ
1条を守った上での23条だろうが!
それに23条には禁止事項がまだ書いてある
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/kaisetsu/other/hague_rikusen.html
>ロ 敵国又ハ敵軍ニ属スル者ヲ背信ノ行為ヲ以テ殺傷スルコト

つまり便衣兵やゲリラは存在自体が違法だ
市民の格好をして市民を装って兵隊に近づき、隙を見て攻撃するのは「背信の行為」だろうが!

>また、ジュネーブ条約(1929)第2条には

ジュネーブ条約自体、ハーグ条約の1条から3条の要件を満たすことを前提にしてんだよ
満たしてない者はジュネーブ条約の保護の対象外だ!

>これらの規定の思想は、人道主義、博愛主義が根本にあるが、あなたの思想にはこの一番大切な肝心の思想がない

人道や博愛を語るなら、中国人の卑怯な戦法によって殺される日本軍にもその対象を向けろよ

ホント、お前キチガイだよな

355 名前: 恵也 :2010/08/26(木) 13:02:12 ID:kUvtomY3

>>352 一歩間違えば戦争になってんだぞ?

ポルトガルとインドは戦争して、ゴアをインドが取ったんだけど???
まったくインドの敵ではなかったがね。
武力解放という字が読めなかったのかな???

356 名前: no name :2010/08/26(木) 13:11:26 ID:8AXmsWRH

>>349
>その条文のどこにも殺していいなんて文章はないけど・・・
>あなたと俺との文章理解力の差なのかね

バカ?
ハーグ条約にしろジュネーブ条約にしろ「保護の対象」を事細かに書いてある物だ
お前自身がこの条約の「目的」を書いてんだろ!

だから「保護の対象」として条約に書いてある 者 を 除 け ば あとは自由なんだよ

国際法にしろ国内法にしろ、法律ってそういうもんだろうが!
「〜してはならない」と 書 い て な い 事 に 関 し て は 自 由 なんだよ

お前の詭弁もいい加減にしやがれよ
お前がマイクロソフトからドロボーしたのだって、
「友人からソフトを借りてダウンロードしてはならない」
と法律に 書 い て な い か ら やったんじゃないのか?

「書いてない事は禁止されてない」はお前ですら知っている「常識」だろうが!

>1234全部の必要はないよ

ふざけんな、全部の必要は 有 る
「具備」「fulfilling」の意味ぐらいいい加減に分かれよ

>ダイタイ戦争に負けて逃げ回ってる時には、ほとんどの兵隊はBの重たい武器は捨ててるし、
>部隊がバラバラになったら➀の責任者もいなくなるだろ

そんなの 中 国 軍 だ け だからw
どこの世界の軍隊に、そんな低レベルな軍隊がいるか

>それでも正規の軍隊の兵士には違いがない

義務を放棄したんだから、権利も放棄したんだよ

>その規定は民兵や義勇兵だけに適用するもので、

そんな事、どこにも書いてありません

>正規の軍隊には無条件で交戦者として適用するもの

「軍隊」の定義を知れよ
Wikipedia引用されてもまだ理解しないのか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E9%9A%8A#.E5.AE.9A.E7.BE.A9

軍隊は言われるまでもなく1234全てを守ってないといけないんだよ

357 名前: no name :2010/08/26(木) 13:24:31 ID:8AXmsWRH

>>349
>具備とは十分に備わることで、4条件全部とはどこにも書いてありません

嘘つくなよw
お前が広辞苑を引用した時「必要なものが」十分備わっている事を「具備」と書いたよな?
なんで「必要なもの」という定義を隠すんだ?

ハーグ条約には「左ノ条件ヲ具備スル」と書いてある
その「左の条件」として挙げられているのは「4条件」だ
「どれかで良い」なんて一言も書いてない

日本語理解力がゼロだな
具備に「1つでいい」なんて意味は無い

>民兵に十分に武器が備わっていたら、特殊徽章なんてなくても交戦者だろう
>責任者がいなくて統制が出来てなくてもこれも交戦者
>戦争法規を知らない連中でも交戦者

お前が勝手にそう思うのは自由だけど、交戦相手がそのように思ってくれるかどうかは別問題だから
恐らく認めないだろうね
その場で処刑か、運が良くてもゲリラとして死刑になるね
お前が引用したサイトにも書いてあるな

>左ノ4条件ヲ全テ具備スル軍

具備自体に「必要なものが十分備わっている事」の意味があるんだからわざわざ繰り返すわけがない
「馬から落馬した」レベルの日本語理解力しか無いキチガイw

そもそも英語では「fulfill」=「full fill」を求められてんだから、お前の詭弁は通用しないな
「full」と書いてあったら、「全部」の意味だから

358 名前: no name :2010/08/26(木) 13:45:36 ID:8AXmsWRH

>>350
>武器を持って侵入してきた敵と戦うのは善良な市民の義務
>けっして違法な行為じゃないよ

誰も、それ自体を「違法」なんて書いてないし、お前本当に日本語分かってないな

「便衣兵と市民は違う」って書いてあるんだよ!
同じ平服を着ていても、便衣兵は違法、市民は合法=殺したら罪に問われる
そう主張してんだよ!
キチガイは日本語を勉強しろよ

さて、善良な市民が抵抗するのが「義務」と考えるなら、ますます1234を守らねばならない
自衛隊に体験入隊すらしてないお前ごときが「義務」を主張するなどチャンチャラおかしい

>敵兵が寝てるところを襲うくらいかな

どうぞご自由に
その代わりそれは違法だから、捕まっても権利を主張すんなよ?

ハーグ条約23条
>ロ 敵国又ハ敵軍ニ属スル者ヲ背信ノ行為ヲ以テ殺傷スルコト

第26条
>攻撃軍隊ノ指揮官ハ、強襲ノ場合ヲ除クノ外、砲撃ヲ始ムルニ先テ其ノ旨官憲ニ通告スル為、施シ得ヘキ一切ノ手段ヲ尽スヘキモノトス

大阪の池田小学校や秋葉原で殺人した連中と同レベルの殺人鬼扱いされるだろうね

>「生きて虜囚の辱め」をなんでそんなに怖がったんだろう

キチガイには想像力が無いからね、妄想力だけは人一倍だがw
アメリカやイギリスが、インディアンや植民地人にどのような奴隷労働を強いてるか知れば理解できるよ
降伏したら奴隷生活が待ってるってね

>あの東条英機のバカタレのせいで、こんな洗脳まで兵隊にしてしまった

そんな事実は無いって論破されたよね?
東条は戦陣訓の製作に何にも関与していない
「完成した時の陸軍大臣だった」というだけだ
戦陣訓の作成を決定したのは畑俊六陸軍大臣の時代で、東条は中国大陸で戦っていて日本にいない
実際に作成に関わったのは今村均であり、東条の子分でもない
おまけに島崎藤村ら、民間の知識人や法学者なども協力している
東条英機に何の責任が有るんだ?キチガイ

359 名前: no name :2010/08/26(木) 14:08:15 ID:8AXmsWRH

>>350
>大使館の敷地と基地は同じ扱いだが、その外の完全な日本領土でも自由に通行し買い物をして酒飲んで居れるわけだ。

その理屈なら、大使館員が買い物して酒飲んでれば「植民地」かw
どこに「植民」された人がいるんだ?
本当の植民地とは、パレスチナのイスラエル占領地やウイグル、チベットみたいなのを指すんだよ

>この文章は著者の見解に過ぎず、俺の見解とは違う
>あなたと著者とが同じ見解というだけの話だ

だ か ら こ の サ イ ト を 引 き 合 い に 出 し た の は ど こ の 誰だよ

360 名前: no name :2010/08/26(木) 14:19:56 ID:8AXmsWRH

>>350
>ゲリラ兵とは遊撃戦をおこなう小部隊のことで、そんな兵士でも捕虜資格はある

ねーよ、アホ
このサイトを>>256で引き合いに出したのはお前だろうが!
ろくに中身を読んでないんだな
http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/hagurikusen.html
>ここで間違ってはいけないのは、ゲリラ兵とゲリラ戦は少し意味合いが違うという事です。
>ゲリラ兵は一般市民に隠れて戦う、言い換えれば一般市民を巻き込んで戦う者を示していますが、
ゲリラ戦とはジャングル等に隠れて敵兵力を撹乱したり、不意打ちを仕掛ける作戦を指します。
>従ってゲリラ戦は、交戦者の資格を持つ正規軍が戦う場合もあるのです

自分の引用したサイトも読まないキチガイw

そもそも引用が卑怯なんだよな、このキチガイ
「資格の無い兵士(ゲリラ兵)は捕虜として扱ってもらえない」と書いてあるのに、平然と「資格の無い」を抜いて引用する無神経さ
「資格がある」なら当然ながら捕虜の資格も生まれる
「資格がない」から捕虜の資格も無い
それすら理解できないのか!

なんで 資 格 が な い 兵士にそんな権利が有るんだよ
いい加減にしろ、このクズ!

361 名前: no name :2010/08/26(木) 14:36:04 ID:hQ8GI1wO

>>360
資格の有る無しは重要な問題だよな
恵也は馬鹿すぎる

以下喩え話

一生懸命に働いて、ようやく一戸建ての家を買いました
家族揃って新天地で頑張ろうと改めて心の準備を固めました
するとそこに一人の乞食(恵也)がやって来ました
「俺様はこの家を買ってないが住む権利がある。
日本国憲法には全ての国民が健康で文化的な生活を送る権利があると書かれている。
従って1円も出さんが住んでやる」
乞食恵也はこう言いました

362 名前: no name :2010/08/26(木) 15:07:04 ID:hQ8GI1wO

>>353
日英同盟は1902年という常識ぐらい持ってなよ
ついでにイギリスが日英同盟を考え出したのは1900年に起こった義和団事件からだから
義和団事件の後、ロシアが満州から撤兵しないのを見て日本と組んだの

このイギリス公使の話は1897年だから日英同盟関係ないね

363 名前: no name :2010/08/26(木) 16:14:43 ID:su44woG9

>>353
>イギリスがインドを植民地にするのを日本も認めろというバーター取引する思想を広げるための書簡

イギリスのインド征服はとっくに終わっとるがなw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E9%A0%98%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E5%B8%9D%E5%9B%BD
なんでこんなのがバーターになるなんて考えられるのか理解に苦しむわ

>日露戦争が終わってからは、イギリスの対応は激変して行った筈だが・・・

ハイハイ、また 嘘 だ ね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%8B%B1%E5%90%8C%E7%9B%9F
>その後、第二次(1905年)、第三次(1911年)と継続更新され、 1923年8月17日に失効した。

日露戦争後もしっかりと更新されてるんだよ、バカ恵也w

>満州鉄道の権利を、戦争資金を出したユダヤ資本に分けてやらなかったから

バカも休み休み言ってなw
「満鉄」と「ユダヤ資本」は何の関係もない
満鉄の共同経営を求めたのは ア メ リ カ 人のハリマンだ
イギリス人でもユダヤ資本でもない

ちなみにユダヤ資本が日本を支援したのは事実だが、それはロシアの反ユダヤ政策に反発したからだ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%95#.E3.83.AD.E3.82.B7.E3.82.A2.E3.83.BB.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.A8.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82
>のちシフが高橋に語ったところによれば、融資の理由はロシアでの反ユダヤ主義(ポグロム)に対する報復だったと言われている。
>1881年、また1903年4月にはロシアで大規模なポグロムが起こっていた。
>「ロシア帝国に対してたちあがった日本は神の杖である」とのち回想録に記している

>この頃から日本はガリガリ亡者になって周りが見えなくなったのかも知れん

ちなみに満鉄の共同経営に日本は乗り気だったから
総理大臣の桂太郎(軍人)も山県有朋(軍人)も
反対したのは外務大臣の小村寿太郎(文官)だからね

ここでも「軍人が戦争を望む」「文官は平和を愛する」の馬鹿恵也理論が破綻してるなw

364 名前: no name :2010/08/26(木) 16:32:45 ID:su44woG9

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%82%92%E6%AE%B2%E6%BB%85%E3%81%9B%E3%82%88-%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC/dp/4105284029

こんな本もあるよな
アメリカは真珠湾攻撃のずっと前から日本との戦争を望んでいた
イラクやアフガンに謀略をしかけるアメリカが、日本には謀略をしかけなかったなんてキチガイの妄想は破綻してるな

365 名前: no name :2010/08/26(木) 23:15:27 ID:UBo/Qui5

>>355
それはインド政府によるポルトガル領ゴアの侵略戦争だろうが!
パリ不戦条約はどこに行ったんだ?

本当にキチガイ恵也のご都合主義もいい加減にしろよ
なんで日本の行動は「侵略」で、インドの行動は侵略じゃないんだよ!

366 名前: no name :2010/08/26(木) 23:22:55 ID:K+IPHbUR

>>ただし俺のは、俺の主張が主観的な妄想じゃなくほかにも同じような主張が
>>存在してるという証明の為が多いけどね。
妄想家が別の妄想家を連れてくる事に何の意味があるんだよ?
ノストラダムスの信者が何万人で妄想を並べても人類は1999年に滅びなかった。
ミステリーサークルの信者がどれだけ
「ミステリーサークルは人間には作れない」と妄想を吠えても、
賞金を懸けてミステリーサークル大会を開けば、
精巧なミステリーサークルが簡単に作られたのが現実だ。
妄想をどれだけ集めても証拠にもソースにもならないんだよ。

と言うかお前、自分の主張と全く違う引用なんざしょっちゅうじゃないか。

>>これらの規定の思想は、人道主義、博愛主義が根本にあるが、
その「人道主義、博愛主義」の手段として、テロやゲリラが認められてないと
何度説明説明されりゃ気が済むんだ?
市民を巻き込むテロやゲリラに交戦者としての権利を与え、
捕虜としての権利を与える事の、どこが「人道主義、博愛精神」なんだよ?
だったら市民の格好して市民を巻き込み放題じゃねえか。
「市民」と「市民に紛れ込んだゲリラ」を区別する手段が無い事は、
お前自身が認めていただろうが。
お前って、ゲリラやテロリストは「人道主義、博愛精神」を持ち出すけど、
市民は核爆弾が落ちてきても「運が悪かったと思って諦めなさい!」で終わりだよな。
本当に「人道主義、博愛精神」が犯罪者にしか向かない奴だな。

核爆弾が落ちてきて、自分が「運が悪かったと思って諦める事にしている」ではなく
他人に「運が悪かったと思って諦めなさい!」だもんな。
自分と違う意見の持ち主を「人道主義、博愛精神が無い」と罵倒する事と言い、
大した「人道主義、博愛精神」だよ。

367 名前: no name :2010/08/26(木) 23:48:36 ID:K+IPHbUR

>>1234全部の必要はないよ。
「具備」「fulfill]を辞書で調べてなお、理解が出来ないのか、
相手が飽きるまで理解出来ないふりで逃げ回ってるのか知らんが、
実際に1234全部を備えない場合を想定しようか。

例えば軍服や徽章、兵器を調達し、軍隊の基礎動作も全部練習した
頭のおかしな軍隊マニアが、軍服を着て堂々と兵器を携帯、
歩いて一分の近所にある駐屯地に向かって発砲したとする。
この軍隊マニアは1以外全てを備えている事になるが、
恵也の論理だとこの軍隊マニアにも交戦者資格がある事になり、
逮捕したら犯罪者ではなく捕虜として扱わなければならなくなるな。
どこの国に引き渡すんだよ?

例えば某国指揮官が、相手国の市民になりすまし、
相手国の市民を巻き込みながら戦うよう命令したとする。
この場合1を備えている事になるが、これのどこが「人道主義、博愛主義」だよ?

第一市民からすれば軍隊が「自分達は軍隊です」とアピールするから、
軍隊や戦闘から逸早く離れる事が出来るんだ。
ちょっと戦争当時国の市民の立場に想像力を働かせたら分かる事だろうが。
仮に「具備」「fulfill]の意味が本当に分からなかったとしても、
何で「1234全部の必要はないよ」なんて戯言が出てくるんだよ?

368 名前: no name :2010/08/26(木) 23:59:51 ID:K+IPHbUR

>>ダイタイ戦争に負けて逃げ回ってる時には、
>>ほとんどの兵隊はBの重たい武器は捨ててるし、
>>部隊がバラバラになったら➀の責任者もいなくなるだろ。
まず軍隊は敗走時もバラバラには逃げない。

>>それでも正規の軍隊の兵士には違いがない。
それは職業が兵士というだけで交戦者という訳ではない。
犯罪を犯した警察官でも職を解かれるまでは警察官だが、
犯罪捜査や逮捕等を行う権利は剥奪されるのと同様だ。

そして、完全に指揮官を失いバラバラに敗走せざるを得なくなった場合、
敵国軍隊に誰何されたら降参する。軍隊ではそう教育される。
そうでないと国際法は助けてくれないからな。
これは自衛隊の場合、二年で任期が切れる任期制隊員が
前期教育課程で叩き込まれるレベルの知識。

369 名前: no name :2010/08/27(金) 00:03:23 ID:3M/JGxV+

>>364
バカ恵也は自分に都合の悪い情報は無視する卑怯者だよ

バカ恵也
>>201第二次大戦以前のアメリカは、外国のことには手出しをしないというモンロー主義
が支配してたから、陰謀なんて行う組織が弱かった。」

ルーズベルト大統領は日本を挑発していたという証言があるが?
第二次大戦以前のアメリカは、外国のことには手出しをしないんじゃないの?
日本を挑発し作戦を練り、金を出し、爆撃機も調達しているのに
外国のことには手出しをしない主義の机上演習ですか?w

(12:08)
って反論したら無視。
前からバカ恵也は論破されたら無視する臆病者。

370 名前: 恵也 :2010/08/27(金) 00:27:50 ID:Jlypx304

>>345 >>256でお前が引き合いに出したソースから引用するよ?

真面目に読んでるとは感心だね。
残念ながら著者の解釈と俺の解釈は、全部が全部一緒じゃない。
俺の作ったHPなら統一性はあるけど他人じゃ仕方ないよ。

371 名前: no name :2010/08/27(金) 00:59:27 ID:Y2IEUZwj

>>真面目に読んでるとは感心だね。
その程度でいちいち感心するという事は、
引用するサイトの文章も真面目に読んでないという事だな。
まあ今更驚くほどの事でもないが。

372 名前: no name :2010/08/27(金) 02:22:59 ID:59fKyRUj

>>370
>真面目に読んでるとは感心だね

クソフイタ
何に感心してんだよw
そんな特別スゴい事か?

>残念ながら著者の解釈と俺の解釈は、全部が全部一緒じゃない

なら、最初からその旨を断っておくか、別のもっと都合が良いサイトを出せば良いだろが
いくらなんでも自分で引き合いに出しておきながら「屁みたいなもの」は無いだろ
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/306n

>俺の作ったHPなら統一性はあるけど他人じゃ仕方ないよ

なら、何度も言われてるけど自分のHP作れば?
ここでやるべき事なのか?

373 名前: 恵也 :2010/08/27(金) 08:49:57 ID:JNKF6MAO

>>354 「資格がない連中」を保護しなければならない証拠を出せよ

「資格がない連中」というのはあなた個人の見解。
個人的見解の仮定の問題まで国際条約に書くはずないだろ。

そもそもハーグ条約など戦時国際法での捕虜規定は、国家が雇ってる軍隊
(正規の軍人)に関することだが、戦争となったら交戦者というものに軍人以外
の民間で作った兵(民兵)や義に駆られて自分で戦いだした兵(義勇兵)等もいる

これらの交戦者で捕虜になった人を、人道的な取り扱いをするためにルール作り
して判りやすくしたのが、捕虜に関する戦時国際法の目的。
このルールを作らないと冷酷な兵隊に捕まったら、何されるかわからん。

この目的を忘れて「捕虜の資格がない連中」と兵隊個人が決めて殺してもいい
なんてあなたみたいに言い出したら、人道的取り扱いなんて出来るはずがない。

たとえどんな戦法を取ろうと、交戦者が武器を捨てて降参したら捕虜なんだよ。
戦法が違法である疑いがあれば、軍事裁判にかけて処刑するのが戦時国際法だろ。

幕府山では、軍事裁判どころか上海派遣軍の意向だけで1万3000人を1000人
くらいの兵隊で処刑されてしまった。

山田少将も本当は嫌で16師団に引き渡したかったようだが、引き受けてくれなかった。
捕虜の押し付け合いがやられたが、結局ババを山田少将が引いてしまった。
しかしババを引いたからといっても、この虐殺行為は完全に戦時国際法違反だよ。

ーーーー引用開始ーーーー
山田少将は捕虜の処置に関して、15日に本間少尉を使いに 出しただけではなく、
翌日、相田中佐も南京に送っています。この意味も興味 があるところです。
・・・・・・・・・・
山田旅団長が本間騎兵少尉を南京に派遣したのは、飯沼少将の日記にある「依
テ取リ敢ヘス16Dニ接収セシム」(※3)という上海派遣軍の指示を実行に移すべく、
第16師団司令部との連絡をとるためであったと考えられます。

それにたいして第16師団司令部は捕虜の接収を拒否し、捕虜の「始末」(「皆殺
せ」)を命じたのだと思われます
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/yamada/eichel.html

374 名前: kazuki :2010/08/27(金) 11:32:20 ID:LBXIUwli

>>373

それって日中戦争の時の話だろ?
当時の日本が戦時国際法なんて守るわけないだろ
議論するだけ無駄だよ

375 名前: no name :2010/08/27(金) 11:33:32 ID:59fKyRUj

>>373
>「資格がない連中」というのはあなた個人の見解

ハァ?馬鹿じゃねーの?馬鹿は死ねよ
こと問題は中国軍に限らず、日本軍だろうがアメリカ軍だろうが「資格が無ければ保護されない」の
この話の舞台は中国戦線(南京戦)だから中国軍を批判する形だけど、どこの国だって資格が無ければ保護されないの

軍隊以外の個人で1234全てを満たすのは難しいんだよ
だからスイスでは民間人のゲリラを禁止している

http://blogs.yahoo.co.jp/t3abu1127/4509176.html
>国際法では、敵と戦う権利があるのは軍隊だけです
>民間人による戦闘は、違法なゲリラ行為とみなされ大して効果がないばかりか、
>ゲリラ狩りという名の民間人虐殺を招く事になるので絶対にやってはいけません

民間人では1234全てを満たす事が不可能だからこう書いてあるの

>個人的見解の仮定の問題まで国際条約に書くはずないだろ

個人的見解と思ってるのはお前だけなの
キチガイだからそんな事も解らないの?

とにかく、法律は「書いてない事は自由」ですから
制限内で戦えばそれで充分
書いてない事イコール制限の外に在るものは何したって構わないの
国際法だろうが国内法だろうが、法律ってそういうもんだよ

>そもそもハーグ条約など戦時国際法での捕虜規定は、国家が雇ってる軍隊(正規の軍人)に関することだが、
>戦争となったら交戦者というものに軍人以外の民間で作った兵(民兵)や義に駆られて自分で戦いだした兵(義勇兵)等もいる

んな事はお前に説明されなくても皆解ってんだよ
だったらハーグ条約1条の1234を全部守れよ

376 名前: no name :2010/08/27(金) 11:37:09 ID:59fKyRUj

>>374
一応士官、指揮官クラスなら知ってるよ
守るか否かは別だけど

そもそも戦時国際法は罰則ないし、「軍の作戦行動にさしつかえない限り」という重要な条件が書いてある
「軍の作戦行動にさしつかえるから守りませんでした」でも通用するからね

377 名前: no name :2010/08/27(金) 11:58:17 ID:59fKyRUj

>>373
>これらの交戦者で捕虜になった人を、人道的な取り扱いをするためにルール作りして判りやすくしたのが、捕虜に関する戦時国際法の目的

「博愛」「人道」を語るなら、卑怯なゲリラに不意討ちされて殺される軍隊側の権利も見ろよ

>このルールを作らないと冷酷な兵隊に捕まったら、何されるかわからん

そんなの当たり前。今まで激しく抵抗して何人何十人何百人も殺してきたくせに「降伏すれば無罪放免」なんて通るわけがない

それに昔から捕虜みたいな制度はありました
太平記には"小楠公"楠木正行が捕らえた敵を傷の手当てをして送り返す話があります
ヨーロッパだってナポレオンは捕虜になってます

成文化されていなかっただけの話です

>この目的を忘れて「捕虜の資格がない連中」と兵隊個人が決めて殺してもいいなんてあなたみたいに言い出したら、
>人道的取り扱いなんて出来るはずがない

じゃあ同じ理屈で返すわ
交戦当事者同士が両方とも条約を守るのでなければ、人道的取り扱いなんて出来るはずがない

>たとえどんな戦法を取ろうと、交戦者が武器を捨てて降参したら捕虜なんだよ

誰もそれを否定してないよ、気が狂ったのか?
「交戦者が」武器を捨てて降伏すれば、確かに捕虜の権利を得ます
そして、その 交 戦 者 の定義は、ハーグ条約第1条〜第3条で書いてあります
要は、第1条の1234を「具備」「fulfilling」している者が交戦者になります
具備していなければ、権利は有りません

>戦法が違法である疑いがあれば、軍事裁判にかけて処刑するのが戦時国際法だろ

必ず軍事裁判にかけよとはどこにも書いてありませんが
そもそも最前線で悠長に裁判が開けると思えるキチガイっぷりはスゴいわ

378 名前: no name :2010/08/27(金) 12:14:03 ID:59fKyRUj

>>373
>幕府山では、軍事裁判どころか上海派遣軍の意向だけで1万3000人を1000人くらいの兵隊で処刑されてしまった

嘘つくんじゃねーよ!いい加減にしろ!
幕府山で死んだのは1000人、残りの13000人は 逃 げ た ん だ

>これは15日、山田旅団が幕府山砲台付近で1万4千余を捕虜としたが、非戦闘員を釈放し、約8千余を収容した
>ところが、その夜、半数が逃亡した。
(戦史叢書)

この時点で残りは4000人だし、そもそも捕虜になっていながら勝手に逃げた時点で懲罰して良いんだよ、アホが
ジュネーブ条約に書いてあるだろが

>警戒兵力、給養不足のため捕虜の処置に困った旅団長が、十七日夜、揚子江対岸に釈放しようとして江岸に移動させたところ、
>捕虜の間にパニックが起こり、警戒兵を襲ってきたため、危険にさらされた日本兵はこれに射撃を加えた。
>これにより捕虜約1,000名が射殺され、他は逃亡し、日本軍も将校以下7名が戦死した
(戦史叢書)

なんで日本軍が最初から虐殺を意図していたなら、「7名の戦死」を出す必要が有るんだよ?
都合が悪い質問・ソースは無視するキチガイが

379 名前: no name :2010/08/27(金) 12:31:16 ID:59fKyRUj

>>355
そうじゃなくて、ポルトガルが総力を挙げてゴア奪還に来て全面戦争になる危機だって有ると書いてあるんだよ

ゴアを発展させたのはポルトガルだろうが
バスコダガマが占領してから500年近くポルトガルが繁栄させてきたんだよ
文句があるなら外交交渉でやれよ

香港やマカオは、中国政府の外交努力の結果として武力なしで返還されただろうが

380 名前: no name :2010/08/27(金) 15:08:48 ID:7tCzsHHq

この様子では、未だに恵也は「純債務」と「粗債務」の違いも解ってないんだろうな
日本が外国に貸した莫大な金は、全部びた一文も返済されないと考えるのが恵也の経済理解だからな

お前はニワトリを飼ってるんだったよな?
養鶏で日本政府のやってる経済政策を説明してみよう

今お前は一羽のニワトリを持っている
20年前までは絶好調だったが、20年間ずっと体調不良で痩せ衰えていたニワトリだ
今の日本政府のやってる事は「餌代もバカにならないし赤字だから」と餌を粗悪品に変えて、しかも餌の量を減らしてる状態だ
餌が悪い、量は少ない、でありながら「もっと卵を生め!もっと卵を生め!」と急かしているのが今の日本政府の経済政策だ
「ニワトリ」は日本経済、「餌代」は公共事業や福祉、「卵」は税金の比喩なのは解るよな?

実際に養鶏やってるお前から見ても、こんな日本政府の経済政策は間違ってると思うだろ?

まともな飼い主なら、まずは大幅な赤字覚悟で医者に見せたり、良質な餌を大量に与えてニワトリの体調を回復させる事を目指すはずだ
ニワトリの体調が回復しさえすれば、わざわざ飼い主が急かさなくても良質な卵をいくつも生んでくれるようになる
結果的に赤字だって解消されるわけだろ?
「医者」は子供手当てや麻生のやった定額給付金みたいな直接的なバラマキの比喩で、
「良質な餌」は大幅な減税や、公共事業、社会福祉などの間接的なバラマキの比喩だって解るよな?

あまりにも馬鹿馬鹿しい経済政策をやり続けているから日本経済の赤字は増えるし景気は回復しないんだよ

381 名前: 恵也 :2010/08/27(金) 15:39:49 ID:/12i0sXN

>>369 ルーズベルト大統領は日本を挑発していたという証言があるが?

俺のパソコンじゃ見ることは出来んが、ルーズベルト自身はイギリスが苦戦するの
を見てなんとか、早急に日本を敵にして参戦したかったという事だろう。

しかしアメリカ国民の多くが、モンロー主義に影響され、外国のことには干渉せず
参戦しないという意思を持ってました。それが激変したのが真珠湾攻撃なんだよ。
おかげさんで世界の憲兵になってしまい、外国にアメリカ政府は干渉しっぱなしだ。

考えたら戦後65年間で、何カ国に内政干渉して政権を引っ掻き回したんだろう。
チリのアジェンデ政権、パナマのノリエガ政権、キューバのカストロ政権、イラクの
フセイン政権、ベトナム戦争、ベネズエラのチャベス政権など日本は世界にとって
本当にまずい事をしてしまった。

一番の原因はアメリカの軍事費が大き過ぎることだ。
アメリカに対する思いやり予算などまで入れたら、世界の軍事費の50%くらいを
使っているのだから、軍が暴走するのも仕方ないかな・・・・

でもこの際、チャベスがやった相互軍事援助協定の延長をしないというやり方で
日米安保の自動延長をしないと声明し、第七艦隊だけの寄航を認めるという
やり方で普天間基地など大きな米軍基地を撤去させたいものだが・・・・
一歩間違えばアメリカがマスコミや検察を使って、日本政治に干渉するかもな。

ーーーー引用開始ーーーー
決定的に米国を怒らせたのは,1951年以来の米国との相互軍事援助協定
を延長しないと声明したことであろう.日本で言えば安保条約の廃棄通告である.
9月初め,チャベスは国防省本部からアメリカの軍事代表団が退去するよう要請した.
http://ha6.seikyou.ne.jp/home/AALA-HOKKAIDO/jousei/2002chavez.htm

382 名前: no name :2010/08/27(金) 16:51:00 ID:9A1OpFY8

>>381
>しかしアメリカ国民の多くが、モンロー主義に影響され、外国のことには干渉せず参戦しないという意思を持ってました。

だからルーズベルトが謀略を働く必要が有ったんだろうが
ルーズベルトはアメリカ国民がやる気になる為にも、大失敗のニューディール政策から国民の目をそらす為にも、早急に戦争参戦を望んだんだよ

だから何度も言うが、グリーア号事件とか自作自演をやってるだろうが
http://www1.clovernet.ne.jp/ponnpe/newpage13.html
自作自演で参戦の口実にするアメリカの行動は、ルシタニア号事件とかトンキン湾事件、メイン号事件などなどいつもの姿だろうが

米墨戦争ではアラモの砦を口実にし、米西戦争ではメイン号事件を口実にし、第一次大戦ではルシタニア号事件を口実にし、
ベトナム戦争ではトンキン湾事件を口実にし、アフガン戦争では911を口実にしたのがアメリカ合衆国だ

アメリカは大統領が戦争を望むと、なぜか都合よく開戦の口実が生まれる国だ
それがどうして、「日本に対しては謀略しなかった」「謀略が少なかった」なんて思えるんだ?

明らかに真珠湾はアメリカにハメられたのが正しいだろ

383 名前: 恵也 :2010/08/27(金) 17:07:27 ID:8fU6IAcQ

>>378 (戦史叢書)

水戸黄門の印籠みたいに信じておられるようだが、信頼性は非常に低い。
防衛庁が旧軍人などに作らせたもので、30年ほど前に完成したものだが
南京での戦闘に関しては、あまりにも雑に作られてる。

戦後に作られた両角手記を、完全に信じてるようだしね。
しかし戦史叢書が完成した4年後に、栗原証言が毎日新聞にでてます。

栗原証言を読むと戦史叢書が旧軍人達による「言い訳だけの怪しい手記」であり
軍の幹部だけの証言で、下級兵士など第三者による証言の客観性が感じれない。

両角手記では、両角が上海派遣軍の殺害命令を無視したという言い訳だが当時
の日本の軍隊でそんなことがあるとは思えん。

考えれるのはそんな命令を出す担当者に対し「重要な問題だから筆記命令にしてくれ」
といって断り、筆記命令が来る前に捕虜を解放してしまうことだ。
フィリピンでの筆記命令請求のような豪傑幹部が何十人も南京にいたら、虐殺は
出来なかったろうに。無責任幹部の「伝達」でこんな悲劇が起こってしまった。

ーーーー引用開始ーーーー
米此軍の投降者は、まだ正式に捕虜として容認されていないから、各部隊は手許
にいる米此軍投降者を一律に射殺すべしという大本営命令を伝達する。
貴部隊も之れを実行せよ。
http://www.geocities.jp/yu77799/minkanjin.html

>> 「7名の戦死」を出す必要が有るんだよ?
日本語の言葉使いが出来ないようだ。
常識的な日本人なら「7名の戦死」という犠牲者を13000人の捕虜殺害行為で
日本軍が出してしまったというべき。
捕虜の整理をしていた為に、その捕虜集団から逃げ出すタイミングが遅れたのが
戦死の原因だと聞く。

384 名前: no name :2010/08/27(金) 17:23:36 ID:CRjAemoC

>>383
>水戸黄門の印籠みたいに信じておられるようだが、信頼性は非常に低い。
>防衛庁が旧軍人などに作らせたもので、30年ほど前に完成したものだが南京での戦闘に関しては、あまりにも雑に作られてる。

その証拠を出して?
いい加減に日本語を理解しろよな?
証拠も何も無く「信頼性が低い」なんて勝手に断定するだけならサルにだってやれるんだよ
さっさとその主張の証拠を出せよ
なんで証拠を要求する側が批判されんだよ?

>栗原証言を読むと戦史叢書が旧軍人達による「言い訳だけの怪しい手記」であり
>軍の幹部だけの証言で、下級兵士など第三者による証言の客観性が感じれない。

その栗原証言ですら「自衛の発砲」と主張してるがw

>うす暗くなったころ、突然集団の一角で「××少尉がやられた!」という声があがり、すぐ機関銃の射撃が始まった
(中略)
>これは「虐殺」ではなく「戦闘」として行ったもので、その時は「戦友の仇討ち」という気持ちであり、我が方も9名が戦死した。
>殺したなかに一般人は一人もいない。
>当時日本軍の戦果は私たちの13,500を含めて7万といわれていたが、
>現在中国で言うような30万、40万という「大虐殺」などとても考えられない。
>私たちも真実を言うから、真の日中友好のために、中国側も誇大な非難は止めてもらいたい。
(偕行社『南京戦史』)

死者が「戦史叢書」とは違うが、内容は一緒だ
日 本 軍 に 死 者 が 出 た という点もな

>当時の日本の軍隊でそんなことがあるとは思えん。

これまた証拠を出せよ

385 名前: no name :2010/08/27(金) 17:25:19 ID:9A1OpFY8

>>383
戦史叢書が信用ならないなら、お前の引用する妄想サイトはもっと信用できないな

386 名前: no name :2010/08/27(金) 17:28:17 ID:CRjAemoC

>日本語の言葉使いが出来ないようだ。

「具備」程度の意味すら理解できないお前に日本語の言葉遣いを語る資格は無いなw

>常識的な日本人なら「7名の戦死」という犠牲者を13000人の捕虜殺害行為で日本軍が出してしまったというべき。

本当に「常識的な」奴なら、虐殺する側に死者を出すなんて有り得ないと考えるよ
計画的に虐殺するのに、どうして死者が出るんだよ?

>捕虜の整理をしていた為に、その捕虜集団から逃げ出すタイミングが遅れたのが戦死の原因だと聞く。

証拠を出せよ
やっぱり、キチガイだから「日本軍は虐殺の仕方も解らないド素人集団」と思っていたのか

387 名前: no name :2010/08/27(金) 17:32:09 ID:ywxocNBF

>>383
話をそらすなよ卑怯者w

最初から虐殺を意図していたなら、どうして死者を出してるんだ?

さっさとこの質問に答えてみろよwww
死者の存在こそが、日本軍に虐殺意図など無かった証拠だな

388 名前: no name :2010/08/27(金) 17:46:01 ID:CRjAemoC

「戦史叢書」が信用できないなら、実際に幕府山にいた人々の証言・日記など

※斉藤次郎(12/18の日記)
>十二中隊の戦友が流弾に腹部を貫通され死に近い断末魔のうめき声が身を切る様に聞い悲哀の情がみなぎる、・・・・

※伊藤喜八郎(12/18の日記)
>大隊本部に行った、そして午后銃殺場所見学した、実にひどいざん場でした。
>我軍に戦死十名、負傷者を出した。・・・・

※中野正男(12/17の日記)
>警備。
>小隊員中××××、××××ノ両名歩哨服ム中、敵敗残兵ノタメ手榴弾ヲナゲツケラレ負傷ス。

※宮本省吾(12/17の日記)
>最後の取るべき手段として捕虜を解放することとし、揚子江岸に連行したところ、暴動が生じたのでこれを射殺した
>中隊死者一傷者二に達す。

※平林貞治(連隊砲中隊小隊長)
>結局、仲間が6人も死んでしまっているんですよ。
>あれは偶発であり、最初から計画的に皆殺しにする気なら、銃座をつくっておき、兵も小銃をかまえて配置し、
>あ の よ う に 仲 間 が 死 ぬ ヘ マ は し ま せ ん

389 名前: no name :2010/08/27(金) 20:17:00 ID:u/4BxwCB

ナチスドイツは計画的にユダヤ人を虐殺していたんだが
ドイツ人が虐殺対象のユダヤ人に殺されたなんて事例が有ったのか?

普通、虐殺やる方が死ぬわけないだろ
もし死ぬのなら、

1、日本軍は虐殺も満足にやれない素人集団
2、日本軍に虐殺意図が無く不意を突かれた

このどちらかだろ
常識的に考えれば2以外考えられない

恵也はただのバカ
常識知らずのキチガイ

390 名前: no name :2010/08/27(金) 21:14:03 ID:CRjAemoC

 ┌─────────┐
 │ 基地外警報!!!  |
 │   基地外警報!! |
 └―――──――――┘
      ヽ(´ー`)ノ
         (  へ)
          く

                     |\
┌──────────┘- \
│  気の触れた方が          \
│                     /
└──────────┐- /
      ヽ(´ー`).ノ       |/
        (  へ)
        く
                  - = ≡三                    |\
               - = ≡三  ┌──────────┘- \
               _ = ≡三    │                     \
                ̄ = ≡三    │     いらっしゃいます       /
               - = ≡三  └──────────┐- /
        (´ー`)        - = ≡三                     |/
      ( ヽ ヽ)
       /  >

391 名前: no name :2010/08/27(金) 23:57:11 ID:3M/JGxV+

>>381
>ルーズベルト自身はイギリスが苦戦するのを見てなんとか、
早急に日本を敵にして参戦したかったという事だろう。
しかしアメリカ国民の多くが、モンロー主義に影響され、外国のことには干渉せず
参戦しないという意思を持ってました。それが激変したのが真珠湾攻撃なんだよ。

バカ恵也くん、日本はアメリカが義勇軍の名目で先制攻撃を仕掛ける事を知っていた。
また、経済封鎖される等の圧力があり戦争は不可避とみて真珠湾を攻撃した。
ちなみにアメリカは真珠湾が攻撃される事を知っていた。
それでもまだ

「陰謀なんて行う組織が弱かった。」

なんて事を言うの?

392 名前: no name :2010/08/28(土) 00:27:21 ID:H9rl90Z5

>>383
>捕虜の整理をしていた為に、その捕虜集団から逃げ出すタイミングが遅れたのが戦死の原因だと聞く

お前日本軍なめてんのか?
自衛隊もろくに知らない、体験入隊すらやった事がないヘタレのくせに

こんな馬鹿馬鹿しい話が有るわけない!
兵隊は赤紙一枚でいくらでも交換がきくかも知れんがな、将校や下士官はそんな簡単に交換出来ねーよ
将校一人育成するのに何年かかると思ってやがる?
このロクデナシのキチガイが!

マイクロソフトのエクセルや韓流ドラマを泥棒するしか能がない犯罪者のくせに

393 名前: no name :2010/08/28(土) 00:34:44 ID:5TrykVj4

恵也は60年生きてながら何の実績も残せなかった無能です
にもかかわらず、他人も自分と同レベルか自分以下の無能だと勝手に考えられる自意識過剰のナルシストです

394 名前: no name :2010/08/28(土) 03:29:40 ID:TJzPb/Tx

つい最近「恵也」を初めて見た人の為に「恵也ってこんなヤツ」

恵也「俺は○○と思う」
A「そんなわけ無いよ。証拠はコレだ。http//・・・」
恵也「そんなもの見る価値も無い。怪しいHPしか持ってこれないあなたは洗脳されてるのだろう」
B「○○と思うならお前がそう思う論拠を出せよ」
恵也「何故俺の考えを俺自身で証明せねばならないのか?あなたは議論のイロハも分かってない知恵遅れ」
C「○○なんて言ってるのはお前だけだよ」
恵也「俺を支持している人はわざわざレスをしないだけ。あなたは世界中の人間の思考が分かるのかね?」
D「wikiにすら○○だなんて書いてないぞ」
恵也「wikiには本当の事は書いてない。辞書も素人が作ってるから役には立たない。常に俺だけが正しい事を言っているんだが・・・」
E「仮に○○だとするとこっちの××は嘘ってことになるんだが、お前は××が正しいって言ってたよな?どっちなんだよ」
恵也「誰が○○だと言った、このバカモンが!こんな所にあなたの理解力の無さが透けて見える」
F「専門家の○○じゃない論拠を日本語訳してやったよ」
恵也「あなたの足りない頭で勝手な事するんじゃないよ!意味がまるで変わってしまう」
G「じゃあ、原文張ってやるよ」
恵也「バカ者!ここは日本だアメリカじゃない。あなたはアメリカと言う虎の威を借る狐で、あなた自身に全く中身が無い」
H「何しに来てんだよ。荒らしは消えろ。」
恵也「暇つぶしに来てるんだが、何か悪いかね?」
I「だったら自分のブログでも立ち上げてやれよ」
恵也「何でお前の言う事を聞かなくちゃいけないのか。お前は何様だ!」
J「エクセルを違法コピーしたクセに威張るな」
恵也「友人から借りてコピーするのは合法。規約を盾に脅迫するマイクロソフトが違法」
ネトサヨ「違法行為を違法と言う事が違法。だから恵也は正しい」

1人のネトサヨに熱狂的な支持を受けてはいますが、誰がどう見てもキチガイです

395 名前: 恵也 :2010/08/28(土) 07:02:17 ID:WpscLRs+

>>379 ポルトガルが総力を挙げてゴア奪還に来て全面戦争になる危機

肝っ玉のない奴だ!
総力を挙げた戦争を吹っかけるのは、損得でやるもの。
昔の植民地を手にいてる利益と、インドまで行って戦争する費用と計算し
マイナスが多すぎるのでポルトガルは引き下がったの。

その当時の世界の大国だったイギリスでさえ、インド独立を認めて退却した
のにポルトガル程度の国家が、4億人のインドという国を相手に利権集団
の欲に引きずられて勝てるはずがない。

それにあなたはゴアの周辺がどうなってるのか知らないのじゃないの。
側にはダマンやディウという港もあるし、内陸地にダドラ等の飛び地もインドの
王様からプレゼントされて、ポルトガルは所有していたんだよ。

俺に言わせたらインドは十分に話し合いを持って努力したと思ってる。
ガリガリ亡者のポルトガル政府相手には、武力行使も必要。
インド政府は必要最小限の被害で、国土を取り返したというべき。

ーーーー引用開始ーーーー
ダドラとナガルアベリーがポルトガル領になったのは、18世紀に一帯を支配していた
マハーラーシュトラの王がポルトガルとの友好のお返しとしてプレゼントしたから。
私が住んでる大宮にはかつて「南部領」や「紀州藩鷹場」と呼ばれた地域があった。
南部藩は岩手県、紀州藩は和歌山県で、埼玉とは遠く離れた場所の所領になっ
てたのだが、これはもともと幕府の直轄地だったところを、将軍が何かの気まぐれで
南部藩や紀州藩に「ご褒美」として所領を分け与えてしまったため。
(インド政府が「通せんぼ」してあえなく消滅  より)

396 名前: no name :2010/08/28(土) 08:11:31 ID:/DXnPpwK

>>395
どこに「インド政府はポルトガルと外交した」なんて書いてあるんだよ?
キチガイだから書いてある事は理解しないが、書いてない事は妄想だけで勝手に補うのか?

そもそもイギリスとポルトガル比べたら、当時はポルトガルの方が断然上だから
第二次大戦でドイツ軍に連日連夜爆撃されたイギリスと、第二次大戦に不参加のポルトガルとを比べれば誰でも解るよ

そして、ポルトガルがそんな弱腰を見せたから東チモールがインドネシアに征服されるハメになったんだ
単なるポルトガルが弱腰で失敗した話を持ち出して嬉々としてるキチガイが

397 名前: no name :2010/08/28(土) 08:25:20 ID:Zwdqk2zr

恵也の掲示板でのやり取りの姿のごく一例を挙げる

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1280193397/480n
>ジンギスカンがあれだけの人口で、世界を占領した
>これは軍隊が本物の軍隊で、権力機構がしっかりしていて占領地の人心を掴めたからなんだよ

この反対に日本軍は人心を掴めなかったと恵也は言う
日本軍が中国大陸で色々と犯罪行為したのは事実であっても
しかしだからと言ってそれに対するモデルとして「ジンギスカン」を例に出す馬鹿っぷりはなんだかな〜
ジンギスカンは、征服戦争中、大量虐殺・皆殺ししていた征服者だ

http://www.nobitown.com/dom011102.html

例えばこのサイトにも明らかだ
しかしこれに対する恵也の答えは・・・

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/4n
>モンゴル軍が皆殺しにしてたという話はほとんどデマ
>本当に皆殺しにしてたら、モンゴルの人口じゃ世界制覇なんて無理な相談
>確からしいのは、ジンギスカンの使者を殺害した町が皆殺しにされたというくらいだろう
>理由のない皆殺しはやってないよ

このように恵也は言う
しかし「ジンギスカンが皆殺ししてない証拠」は何も無く、ただ恵也が「思ってる」事だけを書いてあるにすぎない
モンゴル軍による大量虐殺・皆殺しは様々なサイトでも書かれている歴史の定説だ
歴史の定説を恵也は自分が「思う」だけで完全否定する・・・恵也はどんな話題でもこういう人
どんなに証拠を出してもそれを自分に都合よく歪曲するか、無視するか、「思う」で全否定するだけ
しかも自分の立論の根拠・証拠は一切書かない。ただ恵也が「思う」だけの話だ
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/16n
ジンギスカンが虐殺者だったとは、ここで紹介された以上にいくらでもサイトが見つかる
しかし恵也はまた何の証拠も出さずに次のように主張する

http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1281996669/62n

黄禍論者がジンギスカン論を書いた証拠などどこにも有りませんし、最後の一文に至っては、
「モンゴル人は自分の都合が良いジンギスカン聖人君子像を捏造せよ」
と言ってるに等しい
1000年近く昔の人物をモンゴル人が調べたからってどう変わる?

このように何の証拠も出さずに、もしくは自分の都合が良いサイトは匿名・証拠無しサイトでもフリーパスが恵也だ

398 名前: 恵也 :2010/08/28(土) 10:13:52 ID:5ivb15o1

>>377 具備していなければ、権利は有りません

占領軍と戦う意思があり、その条件を一部でも具備していれば権利があります。

>>382 明らかに真珠湾はアメリカにハメられたのが正しいだろ

明らかに日本が暴走したというべき。
真珠湾攻撃は、日清戦争や日露戦争、満州事変に続く奇襲攻撃の誘惑に
引きずられてしまい、成功体験から来た日本軍の暴走。

399 名前: 恵也 :2010/08/28(土) 10:16:00 ID:at5PCC3A

>>384 その証拠を出して?

俺の主張が間違いだと思うのなら、その証拠を出しながら間違いを指摘すべきだろ。
戦史叢書の完成時期や、栗原証言の発表時期など間違いというのなら指摘してくれ。
それが議論というもの。
議論での証拠とは自分で見つけるものと思うけど・・・・

>> その栗原証言ですら「自衛の発砲」と主張してるがw
間違い!
「自衛の発砲」なんて栗原氏は言っておられません。
反対側で少尉が殺されたから注意しろという警告があり、その後で射撃命令が出てます
この警告はむしろ無抵抗の捕虜を撃つ精神的負担を軽減するためのデマだったと考え
られ兵士が「射撃しやすくなる」手段に使われたもの。

他の証言では日本軍兵士で死んだのは、捕虜の中で整理をしてて逃げるのが遅くな
ったためという者がありました。

ーーーー引用開始ーーーー
田中(栗原)さんのいた位置とは反対側で、捕虜に反抗されて少尉が一人殺された
らしい。「刀を奪われてやられた。気をつけよ」という警告が伝えられた。

田中(栗原)さんの推測では、うしろ手に縛られていたとはいえ、さらに数珠つなぎに
されていたわけではないから、たとえば他の者が歯でほどくこともできる。危険を察知
して破れかぶれになり、絶望的反抗をこころみた者がいたのであろうが、うしろ手にし
ばられた他の大群もそれに加われるというような状況ではなかった。
 一斉射撃の命令が出たのはそれからまもないときだった。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/yamada/kurihara.html

400 名前: 恵也 :2010/08/28(土) 10:17:59 ID:vcngZszI

>>388 あ の よ う に 仲 間 が 死 ぬ ヘ マ は し ま せ ん

仲間が死ぬようなことをしたからヘマというが、常にヘマをしないということは不可能、
幕府山でもそのヘマが出てしまったの。

平林貞治中尉の証言の不自然さを分析した方が居られました。
たしかに虐殺肯定者にたいする、反論したいための不自然な証言が多すぎる。

ーーーー引用開始ーーーー
騒動の場面は始まりも、中身も終わりも明らかでない。本人が何をしたか、何を
思ったかもまるで書かれていない。
http://www.nextftp.com/tarari/hirabayashi3.htm

>>391 アメリカは真珠湾が攻撃される事を知っていた。

俺はアメリカ大統領は知らなかったとみてる。
政府にはいろんな玉石混交の情報が入るけど、それを真実らしいものと偽者を
区別する部署があります。

この部署を通過しなければ、アメリカ大統領には伝わらないし伝わってもそれを
信用するかしないかは個人の資質の問題。
ブッシュ大統領みたいにイラクに大量破壊兵器が存在すると信じたバカもいるし

FBIにはその情報が入ってたようだが、真偽の区別が付かなかったのでCIAという
大規模な新しい外国スパイ組織専用の統括組織が作られたという。
だからアメリカが知っていたというのはデマ。

米空母が真珠湾にいなかったのは、飛行機を運搬するための作戦行動中だった
に過ぎません。輸送船で運搬するより簡単で安上がりだったからだろう。

401 名前: ggoff :2010/08/28(土) 10:21:30 ID:1r7x3BaD

コピー商品市場→www.ggoff.com←
ルイヴィトン、シャネル、グッチ、エルメス、クロエ、ブラダ、ブルガリ ドルチェ&ガッバ―ナ、バレンシアガ、ボッテガ?ヴェネタののバッグ、財布の販売、通販。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
ロレックス、ブルガリ、フランク ミュラー、シャネル、カルティエ、オメガ、IWC、ルイヴィトン、オーデマ ピゲ、ブライトリング、グッチ、エルメス、パネライ、パテックフィリップの腕時計の販売、通販。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
ルイヴィトン、シャネル、グッチ、コーチ、ブラダ、D&G、バーバリー、クリスチャン?ディオール、エンポリオ?アルマーニ、フェンディ、ポリス、レイバン、ロベルト カバリ、ヴェルサーチのの眼鏡、サングラスの販売、通販。
○必ずご満足頂ける品質の商品のみ販売しております.
○ 品質を最大限本物と同等とする為に相応の材質にて製作している為です.
○ 絶対に満足して頂ける品のみ皆様にお届け致します.
人気の売れ筋商品を多数取り揃えております。全て激安特価でご提供.お願いします。
http://wuzhicheng.109.sql.sh.cn

http://www.abbbao.com

402 名前: 恵也 :2010/08/28(土) 10:39:18 ID:nkWAfDvn

>>396 どこに「インド政府はポルトガルと外交した」なんて書いてあるんだよ?

あなたは俺が出したHPさえ見ないで書いてるんじゃないかね。
もっといろいろ検索して、その間の事情を詳しく自分で調べてから書きなさい。

ーーーー引用開始ーーーー
インドに植民地を保有していたのは、英国だけではありませんでした。フランス、そして
ポルトガルも小さな植民地を残していたのです。
 独立したインドは、当然、両国に対しても植民地の返還を求めてきます。
フランスは、交渉の末、住民投票を条件として返還を容認します。1954年までには、
仏領インドは消滅しました。
 これに対して、ポルトガルは交渉を拒絶します。おそらく、わずかでも譲歩を見せたな
ら、インドばかりでなく、ほかの植民地でも独立運動が激化することを恐れたのだと思
います。当時、ポルトガルは、依然としてアンゴラ、モザンビーク、東ティモールなどを領
有する植民地帝国でした。

ポルトガルのサラザール首相は、インドの死守を命じ檄を飛ばします。
指令に従い、「アルブケルケ」も、インドのゴアに展開して、ポルトガル軍艦旗を翻します。
 インド側も、徐々に実力行使を行い、しめつけを強めます。手始めに、内陸部のダト
ラとナガル・アベリの通行を制限すると、1954年7月には、「義勇兵」を送り込みます。

わずかな警察部隊を蹴散らし占領。独立を宣言させて、併合してしまいます。ポルト
ガルは、通行制限のため、増援部隊が送れなかったのです。
ポルトガルは、自由通行を求めて、国際司法裁判所に提訴します。通常、国際司
法裁は、当事国双方の同意が無いと裁判できませんが、インドは、一方的提訴を
認める選択条項に署名していたため、こうした訴訟が可能でした。

1957年には判決が出て、両地域に対するポルトガルの主権が認められます。しかし、
一方で、軍隊に対する通行権は認められなかったため、結局、ポルトガルは両地域を
奪還することはできませんでした。
(山猫文庫第二壕 より)

403 名前: no name :2010/08/28(土) 10:57:00 ID:Zwdqk2zr

>>398
>占領軍と戦う意思があり、その条件を一部でも具備していれば権利があります

いつまで詭弁をもてあそんでんだ?
テメェの詭弁は誰にも通用してねーんだよ

具備=必要な条件が充分に満たされていること

ハーグ条約の原文は『左ノ条件ヲ具備スル民兵及義勇兵団ニモ亦之ヲ適用ス』
なら、「左に挙げた条件が充分に満たされている民兵と義勇兵」という意味だろうが!
日本語が解らないキチガイが!

お前に他人様の日本語能力を語れる資格は無い!

英語版だって「fulfill」し続けている(〜ing)事が絶対条件だ
Fullに「1つ」なんて意味はねーよw

ついでに軍隊については、
>戦争ノ法規及権利 義 務 ハ、単ニ之ヲ軍ニ適用スルノミナラス
と書いてある
すなわち民兵や義勇兵に与えられた義務も、当然軍隊は守る義務がある

>明らかに日本が暴走したというべき

なんでこのキチガイは、ベトナム戦争やアフガン・イラクには謀略するアメリカが「日本には謀略しない」と思えるのやらw

やっぱり気がふれてんだな

名前
メール
コメント
新着レスの表示 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50