外国人参政権についてPart2


告知欄


■外国人参政権についてPart2

現在表示しているスレッドのdatの大きさは512KBです。

1 名前: no name :2010/03/10(水) 02:32:54 ID:mUw76w6c

このまま終わるのはもったいないので立ててみた

前スレ
http://bbs.nicovideo.jp/test/read.cgi/question/1251984760/l50

133 名前: no name :2010/03/21(日) 21:50:01 ID:PGUO00XA

外国人参政権 「反対」が「賛成」を逆転

都道府県議会で危機感増大

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100321/plc1003210054000-n1.htm

134 名前: リセットさん :2010/03/21(日) 23:20:56 ID:L/qLraD5

        人
      ノ⌒丿               ノ)
   _/_ ::(   幸せニダ・・・   (;:.:.__)
   /   :::::::\              (;;:::.:.__::;)
  (   :::::::;;;;;;;)∧_∧        (;;:_:.__゚.:.:⌒)
   \_―― )丶`∀´>    _ / /^\)
  //// /       ⌒ ̄_/
 / / / // ̄\   鮮 | ̄ ̄
/ / / (/     \    \___
((/         (       _  )
            /  / ̄ ̄/ /
           /  /   / /
         / /   (  /
        / /     ) / 
      / /      し′
    (  /         
     ) /       ...::::::..:::...:...:..

135 名前: no name :2010/03/22(月) 00:32:11 ID:5CEbZSGj

さて次にバカがどんな詭弁を持ち出すか期待age

>恵也
余裕が有ったらで良いんだが、俺の以下の質問にも答えてくれないかな?

「お前さんは自分自身のことをなにさまだと思ってるの?」

136 名前: 恵也 :2010/03/22(月) 08:08:54 ID:YWHXh2Le

>>117 世界中で外国人参政権を与えている国などほとんど無い

あんた外国のことをどれだけ知ってるんだ。
今から50年ほど前なら、参政権どころは王様から主権まで与えられて
国民とトラブルになり、戦争にまでなったのを知らないのじゃないかね。

参政権とは主権の一部なんだよ。
あんたは知りもしないことを、洗脳から知った気になってしまってるバカ!

ーーーー引用開始ーーーー
イギリスからインドが独立すると「昔の王がプレゼントした領土も返せ!」
と主張するのは当然のこと。

インドに残ったフランスとポルトガルの植民地に対する返還要求が始まり、
54年にはインド人民族主義者のグループが飛び地植民地の実力占拠
に乗り出して、4つのフランスの植民地はインドへの返還が決定した。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/india/datra.html

137 名前: 恵也 :2010/03/22(月) 08:17:32 ID:W2zQhKHy

>>119 「(外国人参政権は憲法違反とした)最高裁判事より俺様の方が詳しい」

アンタは、議論のルールというか基礎さえ出来てない。
「・・」して書くときには相手の文章にするのが常識。
それをアンタの小さな脳ミソで俺の文章を改ざんして書くとは、議論にもならん。

最高裁判事は権力を得た政治家が、自分の好みによって判事にしたもの。
もちろん後で国民審査という形式的な、主権者の承認を得るけどね。
判事とは主権者の召使に過ぎず、憲法とは政治家や官僚をを縛る鎖なの。

政治家に判事にしてもらったという連中が、主権者より偉いはずがないだろ。
いまのアンタは召使に仕えてる、召使の奴隷にすぎん。
本当はあなたもこの屋敷の主人である、主権者の一人なんだけど・・・・

>>マッカーサー草案を無視して「日本語が原文だ」とか言い張ったり、

草案と原文の違いさえ理解できないようだな。
いろんな草案を集めて思考し、書き換えて憲法の草案を作り国会で3分の2以上の
賛成があって後、国民の投票で過半数の賛成で承認されて憲法の原文になる。

日本国憲法を英文が原文なんていう話は、幼稚園児並みの話だよ。
たしか国民投票では95%以上の賛成だったと思うが、そのときにも5%くらいの方は
9条の問題で賛成できなかったようだ。
マッカーサーはオーストラリアに逃げて、対日戦を行ってる時期から憲法草案の準備の
ために専門家を集めてやっていたという。この方は傑物だよ。

138 名前: no name :2010/03/22(月) 09:02:16 ID:FwVQteqr

>>137
>それをアンタの小さな脳ミソで俺の文章を改ざんして書くとは、議論にもならん。
あんたの脳ではいったい何がどうなってるの?

>草案と原文の違いさえ理解できないようだな。
>いろんな草案を集めて思考し、書き換えて憲法の草案を作り国会で3分の2以上の
>賛成があって後、国民の投票で過半数の賛成で承認されて憲法の原文になる。
>日本国憲法を英文が原文なんていう話は、幼稚園児並みの話だよ。
>たしか国民投票では95%以上の賛成だったと思うが、そのときにも5%くらいの方は
>9条の問題で賛成できなかったようだ。
豚じゃなくて在日に変えようかって言ったけど、この様じゃ在日に失礼だね なんて例えればいいんだろう ハウスダスト程度で良いか

突込みどころがたくさんあるんだけど、何これ ボケで言ってるんだよね?本気じゃないよね?

139 名前: no name :2010/03/22(月) 12:47:20 ID:5CEbZSGj

>>137
>マッカーサーはオーストラリアに逃げて対日戦を行ってる時期から憲法草案の準備のために専門家を集めてやっていたという

嘘つくなw
日本国憲法は法学の専門家でもない素人アメリカ軍人が、わずか9日で(実質1週間)で作り上げたんだよ
http://yantake-web.hp.infoseek.co.jp/page106.html
その中には当時22歳のタイプライターの女子まで混じっていた

第一、本気でマッカーサーが日本の憲法を変えるつもりだったら、それはハーグ陸戦法規にも違反する犯罪ですからw
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/kaisetsu/other/hague_rikusen.html
>第四三条
>国ノ権力カ事実上占領者ノ手ニ移リタル上ハ、占領者ハ絶対的ノ支障ナキ限、
>占領地ノ現行法律ヲ尊重シテ、成ルヘク公共ノ秩序及生活ヲ回復確保スル為施シ得ヘキ一切ノ手段ヲ尽スヘシ

まあ、マッカーサーの国際法無視はこれに始まった事じゃない

>第二五条
>防守セサル都市、村落、住宅依ルモ、之ヲ攻撃又ハ砲撃スルコトヲ得ス

>第二七条
>攻囲及砲撃ヲ為スニ当リテハ、宗教、技芸、学術及慈善ノ用ニ供セラルル建物、歴史及傷者ノ収容所ハ、
>同時ニ軍事上ノ目的ニ使用セラレサル限、之ヲシテ成ルヘク損害ヲ免レシムル為、必要ナル一切ノ手段ヲ執ルヘキモノトス

一夜にして10万人の日本人を焼き尽くした東京大空襲や、広島・長崎の原爆投下が、上記規定に違反している事は明白だ
そんな法律無視の大量虐殺者などを

>この方は傑物だよ

などと賛美してみせるとはねw
そ ん な に 日 本 人 が 大 量 虐 殺 さ れ て 嬉 し い か ?

140 名前: no name :2010/03/22(月) 12:59:34 ID:FwVQteqr

ところで、日本国憲法が出来る前の話なのに、なんでその頃の話で
>いろんな草案を集めて思考し、書き換えて憲法の草案を作り国会で3分の2以上の
>賛成があって後、国民の投票で過半数の賛成で承認されて憲法の原文になる。
っていう日本国憲法が出来た後の憲法の成立基準を出してるの?
日本が降伏したとき、どんな要求も受け入れるといっておきながら 受け入れて無かったって言いたいの?
戦力も壊滅状態、国家も世界から完全に独立しかけていたって言うのにGHQに刃向かったって?

141 名前: no name :2010/03/22(月) 13:06:46 ID:5CEbZSGj

>>136
>今から50年ほど前なら、参政権どころは王様から主権まで与えられて国民とトラブルになり、戦争にまでなった

何それ?どこの国の話?
お前が引用した下記だけど、
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/india/datra.html
全然「参政権」と関係ないじゃんw

インド人の愛国的感情によってヨーロッパ人を追い払ったというだけの話
しかもそれは日本が欧米に見せつけた抵抗と根性に感化されたものじゃん

142 名前: no name :2010/03/22(月) 13:42:42 ID:6pDjIEfZ

さすが恵也(笑)期待通りのバカっぷりだぜ

>俺の文章を改ざんして書くとは

ハテ?お前>>91で何て書いたっけ?

>あなたは憲法の前文と第1条を自分で読んだことがあるのかな?
>どんなに読んでも「我が国の国籍を有する者」なんて書いてないのだけど・・・

>>88が「最高裁の判決」だって書いてるのに上みたいなこと書くなら、要はこう言いたいんでしょ?
「俺様の方が最高裁判事より法律に詳しい」
事実、お前はこう>>137で続けて書いてるじゃんw

>最高裁判事は権力を得た政治家が、自分の好みによって判事にしたもの

だから「主権者である俺様の方が偉い」と。
例え偉かろうが間違いは犯すだろうし、偉くなかろうが正しいことだって言うだろうに
少なくとも「主権者」だからって最高裁の判決に対して、「アンタ憲法読んだことある?」なんつうのはあり得ないだろwww
最高裁判事だって司法試験に受かって、色々な裁判をやってきて、そしてようやく最高裁判事になるんだろうに
憲法も知らないのに、最高裁判事に(政治家の後押しだけで)なれるだとか、アンタ頭は大丈夫かい?

143 名前: 恵也 :2010/03/22(月) 14:37:09 ID:ASMAZZVg

>>126 在日以外誰も得をしない時点で

俺にも得があるよ。
日本は民主主義の国であるべきだし、民主主義のためには最低限の条件として
すべての日本に永住してる人間には、同等の参政権があるべきと思ってる。

戦前みたいに政府の暴走で、戦争の災禍に日本が巻き込まれないためにも言論
の保証された民主主義日本を子孫に残したいと思ってるから、俺の得にはなる。

今の日本では民主主義がオザナリにされてしまって、官僚の守護神:検察による政
治家の弾圧や、役にも立たないダム工事、天下りの温存など国民の声がなかなか
政治に届かない状態が多い。

小沢一郎は官僚の大掃除をしようとしたから、官僚とマスコミのタッグを組んだパッ
シングを受けてるんだよ。マスコミも大本営化してるから民主主義が俺は心配だ。

ここには召使であるはずの裁判官や政治家や官僚の奴隷になってるような、憲法
無視の知恵遅れの非国民もいるしな!

ーーーー引用開始ーーーー
太平洋戦争中の日本では、連日、「大本営発表」によって、帝国陸海軍の戦果
ばかりが報じられた。ミッドウェー海戦での海軍の大敗、ガダルカナル戦での陸軍の
大敗を機に戦局が急速に悪化していることは全く報じられなかった。

 そして、大本営発表による華々しい戦果ばかりを聞かされていた日本の国民は、
戦況を客観的に認識することもできず、「帝国陸海軍の不敗神話」を信じ破滅的
な敗戦に巻き込まれていった。
http://www.asyura2.com/09/senkyo60/msg/347.html

144 名前: 恵也 :2010/03/22(月) 14:57:01 ID:apgtvZIA

>>128 日本国民すなわち我が国の国籍を有する者を意味する

この言葉はおかしいと思わないかな??
延々と説明はしてるが、この部分の文章は最高裁判事によるごまかし言葉だよ。
国籍の保有者が日本国民であるとは、憲法には書いてありませんので勝手に
判事が難しい言葉を並べて憲法前文と第一条から「明らかである」としたもの。

常識的には日本国民とは(日本国の民)という意味で日本という国に永住し
てる人間のことにすぎない。
それを強引に判事が国籍の保有者を、国民と定義したに過ぎません。

憲法前文で言う「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやう
にすることを決意」の主語は、国籍という政府が与えた形式的なカードを持つ
人間でなく、日本国に永住してる民と見る方が文意が通じます。

政府の行為を規制する主語が、国籍保有者としたら政府が勝手に国籍を取り
あげた場合、元国籍保有者が政府を規制することは出来ません。

結論::最高裁の判事にもヒラメ人間が多い。

ーーーー引用開始ーーーー
私が、「警察も裁判所もムチャクチャですね」と切り出すと、「最高裁にも裏金が
あったりしますからね」という言葉が返ってきました。

「知ってますよ。誰か本に書いてるらしいですね」と言うと、「これですよ」と1冊の
本を出してこられました。
http://www.asyura2.com/10/senkyo81/msg/862.html

145 名前: no name :2010/03/22(月) 15:04:28 ID:6pDjIEfZ

>>143
>すべての日本に永住してる人間には、同等の参政権があるべき

語るに落ちたなw
お前は外国人参政権問題に何らの知識も無い!

まず、日本の「永住者」には二通りあって、1つが戦前から日本に住む「特殊永住者」
2つ目が単に10年間在住しただけの「一般永住者」である
それを歴史も経緯も全く違うのに「全ての永住者は〜」などと語るとは、お前は永住者に対する敬意すらない

次に、「一般永住者」に外国人参政権を与えている国などほとんど無い!
アメリカ…永住権=グリーンカード取得条件はかなり厳しく、しかもそれでいて参政権は与えられない
イギリス…英連邦とEU加盟国にはしょうがなく与えるが、その他には「絶対に」適用されない
フランス…マーストリヒト条約によってEU加盟国には与えるが、外国人参政権などは「論外」

単に「永住者だから」という理由で外国人参政権を与えている国なんてほとんど無い!

いい加減質問に答えろよ!

ど う し て 帰 化 し な い の ?

まあ、お前みたいな人間の屑に帰化なんてしてもらいたくもないけどw

146 名前: no name :2010/03/22(月) 15:11:51 ID:6pDjIEfZ

外国人参政権について
http://www.youtube.com/watch?v=Py4QnV6Y5BI&feature=youtube_gdata

ニコニコにもあるが、俺今見れないんだよね
とりあえず恵也(笑)はオランダの現状を知ってから外国人参政権を云々しろ

147 名前: no name :2010/03/22(月) 15:21:26 ID:kDtRvmQ1

>>144
>常識的には日本国民とは(日本国の民)という意味で日本という国に永住してる人間のことにすぎない

バカ言うなw!
日本国民って書いてあるものを日本人に読ませれば十人中九人は(日本の国民)と理解するだろうよwww
日本国の民とかいうお前のおかしな日本語でも、ほとんどの日本人はそこに永住者は含めないだろうさ!

>それを強引に判事が国籍の保有者を、国民と定義したに過ぎません

強引なのはどっちだよw
国語辞書の定義すら無視したくせに、盗人猛々しいってお前知らないよな?

148 名前: no name :2010/03/22(月) 16:40:40 ID:Oys24YNf

>>143
「すべての日本に永住してる人間には、同等の参政権があるべき」
永住外国人という状態が異常だと思わないのか?
在チョンには在日特権があるがそれは無視して日本人と同等の参政権を要求するのか?
それこそ民族差別だろ。


「戦前みたいに政府の暴走で、戦争の災禍に日本が巻き込まれないため」
政府が暴走しなくても戦争になったが?
どこまでお前は馬鹿なのか。

149 名前: 恵也 :2010/03/22(月) 17:03:55 ID:3udSkuZs

>>132 韓国朝鮮人の悪意はいやというほど知ってるから

あなたは朝鮮人に嫌悪感を持ってるようだが、あなたにも朝鮮人の血は混じってるよ。
俺は先祖を3代たどっても純日本人ではあるが、それ以上となると戸籍をずいぶん調べ
ないと良くわからん。

13代のご先祖をたどると、計算上では1万人のご先祖がいる。
天皇陛下でさえ50代をたどると、朝鮮人の母親がおられます。
一般人である俺たちじゃ、せいぜい5代くらいだろうがそれでも30
人もご先祖がおられる。

右翼の笹川氏が「人類、みな兄弟」といわれたが、そう思わないで
あなたみたいに人種で嫌悪感を持つ人は、ご先祖に嫌悪感を持つ
不忠の子孫になってしまうぞ。
アンタにも朝鮮人の血は混じってるんだけどね。

>>140 日本国憲法が出来た後の憲法の成立基準を出してるの?

勘違いしてた、悪い!
日本国憲法は大日本帝国憲法で天皇の命により、国会の3分の2以上の賛成があり
憲法改正が成立しましたが、国民投票は行われてません。
イタリアでの憲法の国民投票と、俺のなかでゴチャマゼになって勘違いしたようだ。

日本ではマッカーサー草案を元に改正草案が出されその1ヵ月後の、1946年4月衆議
院選挙が行われて、それが実質上の国民投票の役目を行いました。
女性参政権も認められ、72%という異常に高い投票率で在日朝鮮人もその時は
参政権があり、投票してます。

在日朝鮮人の参政権が剥奪されたのは、6年後の1952年総務省の局長通達です。

ーーーー引用開始ーーーー
国民主権をうたった内容で、あたかも国民が決めた憲法のような体裁をとっている
ことが問題なのだ。筆者はそのころ生まれていないが、わが父母の世代は一度も
国民投票を行っていない。
http://www.yorozubp.com/0605/060504.htm

150 名前: 恵也 :2010/03/22(月) 17:13:10 ID:3udSkuZs

>>141 全然「参政権」と関係ないじゃんw

関係あるよ、参政権は主権の一部。
外国人参政権どころか主権まで、インドでは王様がポルトガルに与えてたんだよ。
参政権を与えるどころか、司法権も領土権もすべてだ。

だからあなたが言う「外国人参政権」を与えていた国は、現実にインドのゴアに
存在してたわけだ。判らないかね???

ーーーー引用開始ーーーー
インドによるポルトガル領のゴア接収(1961)ですが、これは
「既存の国際法に従うなら、これを肯定しうる論拠はどこにもない」とされて
います。それにもかかわらず、インドの行為は「反植民地主義の直接行動とし
て新興国から広く支持された」ようで、この場合、国際法上の違法行為が道義
的には正当と評価されたようでした
http://www.han.org/a/half-moon/hm069.html

>>142 最高裁判事だって司法試験に受かって、色々な裁判をやってきて、そしてようやく

間違い!
下級裁判所の判事は司法試験の資格が要りますが、最高裁の判事はいりません。
内閣の任命によって選ばれますので、普通の官僚などが任命されます。
厚生省や大蔵省の役人も、判事になってるよ。

下級裁判所の判事は、最高裁判所の判事の指名した名簿から内閣が任命します。
国民審査なんて、ロクに調べないで信任してるのじゃないの、アンタ無責任だね。

ーーーー引用開始ーーーー
最高裁判所裁判官 国民審査の判断資料をお探し中の、すべての皆さまへ。
http://homepage2.nifty.com/misoshiru/mg/judgedata.htm

151 名前: no name :2010/03/22(月) 17:25:28 ID:kDtRvmQ1

>>143
>戦前みたいに政府の暴走で、戦争の災禍に日本が巻き込まれ

歴史を勉強しろ
日本は好きで戦争したんじゃなくて、追い込まれてやむを得ず戦争せざるを得なかったのだ!
戦前から日本の政治をよく知る近衛は、戦後になっても以下のように言ってるが?
まさか、いくらお前が恥知らずだったとしても、「近衛文麿より俺様の方が戦前の国際情勢に詳しい」とか言わねーよな?
以下引用

http://www.geocities.jp/vivelejapon1945/mansyu.html
>思ふに満州事変の有無に拘らず日本の周辺には列国の経済ブロックによる経済封鎖の態勢がすでに動きつつあつたのである。
>英帝国中心のブロック、米ブロック、ソ連ブロック等で、世界の購買力の大半は日本に対して封鎖状態にならんとしてゐた。
>人口からいへば英帝国の四億五千万、米国一億二千万、ソ連一億六千万、
>合計七億以上であるから世界総人口の三分の一である。
>しかもこれは文化のもっとも発達した国々を含んで居るから、その購買力たる三分の一に止まらず、
>恐らく半分以上或いは三分の二以上にも上がるであろう。
>これだけのものが満州事変の有無に拘らず、また国際連盟の脱退の如何に拘らず、日本に対して閉ざされんとする情勢にあつた
>列強の経済ブロックの暗雲が、次第に日本の周辺を蔽はんとしつつある時に、
>この暗雲を貫く稲妻の如く起こつたのが満州事変である。
>たとへ満州事変があの時あの形で起こらなくとも、晩かれ早かれこの暗雲を払ひのけて、
>日本の運命の道を切り拓かんとする何等かの企ては、必ず試みられたに違ひない。
>満州事変に続く支那事変が遂に、大東亜共栄圏にまで発展せねばならなかつたのも、同じ運命の軌道を辿つてゐたのである・・・

152 名前: 恵也 :2010/03/22(月) 17:39:40 ID:kdAFcw78

>>147 十人中九人は(日本の国民)と理解するだろうよ

同じことだろう。
日本国の民でも、日本の国民でもどこが違うのか、どこが不都合なのか意味不明。
俺には同じイメージなのだけど・・・

どちらでも良いことを、なんでそんなに目くじらを立てるのかね・・・
あなたには文章力がないけど、どうせ書くのならイメージの違いを書いてくれんか。
さもないと、議論にさえならない!

それから言っておくが、言葉の定義を問題にするのなら薄っぺらな簡易辞書やネット
辞書じゃなく、広辞苑くらいの定義を調べてから書いてくれよな。
「国民」の定義にも編者によってたくさんあることくらい、アンタ判らんのかね?

153 名前: no name :2010/03/22(月) 17:45:25 ID:kDtRvmQ1

>>150
>参政権は主権の一部

オイオイ…それが理解できるなら、外国人に主権を安売りする事が許されない事だって理解できるはずだろうが
お前は何を言ってるの?自分で矛盾している事に気づいてないの?

お前が言うとおり「参政権は主権の一部」なんだよ
であるからこそ「国民主権」の原則に則って「外国人には主権を与えない」と言ってるの。
それは「差別」じゃなくて「当たり前」なの
「参政権は主権の一部」なんだから、国民に非ざる者=非国民には与えられないんだよ

154 名前: no name :2010/03/22(月) 17:54:56 ID:Oys24YNf

>>152
「「国民」の定義にも編者によってたくさんあることくらい、アンタ判らんのかね?」
つまりチョンコの都合のいいように解釈しているわけか

で、>>148について答えていないが?バカだから答えられないのかな?w

155 名前: no name :2010/03/22(月) 17:57:47 ID:kDtRvmQ1

>>152
お前は小学生から国語の勉強やり直せ
通常「日本国民」と言う場合に「日本に住んでいる人」なんて考える奴なんかいない
日本の国籍を持つ者というのは絶対に外せない

お前にとっては残念だろうが、広辞苑以上に権威のある大漢和辞典だって「国籍を持つ」と書いてある
国民には永住者は含まないんだよ
あえてお前の曲がった定義に付き合うなら「日本住民」と呼ぶのが相応しい
これなら必ずしも日本国籍を持つ者とは限らないからな

それすら理解できないくせに「国民主権」などと語り「参政権は主権の一部」などとご託を垂れるのは頭がおかしいのか?

156 名前: no name :2010/03/22(月) 18:47:36 ID:FwVQteqr

>>152
広辞苑を開いても インターネットで検索しても 辞書を開いても
人に聞いても 日本国憲法の原文を見ても 
すべて「日本国籍を持つ」と書かれてあるし言われるよ

ねえ、反論できない文をスルーして、それについて叩かれてるけど今どんな気持ち?
ねえ、どんな気持ち?

マジレスしたところできっと聞き流すんだろうね きっと
言葉すらロクに語ることが出来ないなんて、それは人間じゃないよね
暗黒腐敗有害物質とでも名付けておこうかな

157 名前: no name :2010/03/22(月) 18:56:29 ID:kDtRvmQ1

http://voiceplus-php.jp/archive/detail.jsp?id=267

恵也(笑)の話によれば、杉並区長は「ノミの心臓」の「外国人嫌い」ということになるか
つまり、これも全て被害妄想と嘘のタワゴトというの?

158 名前: 恵也 :2010/03/22(月) 19:40:15 ID:dCWNx6ya

>>153 「国民主権」の原則に則って「外国人には主権を与えない」と言ってるの。

国民に対する定義が、あなたと俺とでは違ってるの。
俺は国の民(日本に永住してる国民)に主権が存在すると理解してるが、あなたは
国籍というカードの保持者を国民と定義してるわけだ。

国民主権とは、外国籍であっても永住してたら自動的に参政権を与えても憲法上
合法であり、外国に永住してる日本国籍の人間には日本の参政権がないというわけ。

国民にあらざるもの=外国に永住してる人
国民とは国の民すなわち、日本に現実に住んでる人間のこと。
日本に住んでなければ、日本の現実が判るはずがないよ。

沖縄戦でも現実に沖縄にいなければ、戦争の災禍にも巻き込まれないだろう。
そこにいてこそ、生死も含めすべての人が一蓮托生なの。

ーーーー引用開始ーーーー
敵機襲来にがくぜんとする。壕に逃げ込むのがやっとであった。兵隊におにぎり一個
すらも配給できずにとてもくやしかった。兵隊は飢えと緊迫した戦況に殺気立った。

壕を捜し求めてうろつく住民に、作戦の邪魔になるとか果てはスパイと疑われて,壕
に入る事を拒否された。
http://www.city.yamato.kanagawa.jp/koucho/virtual/kioku/kioku1.htm

>>155 広辞苑以上に権威のある大漢和辞典だって「国籍を持つ」と書いてある
>>  国民には永住者は含まないんだよ

それならその記述を詳しく書いてくれ。
アンタの口先だけでは、さすがの俺だって信用できないよ。

広辞苑には「国籍を保有する者」も国民とする意味もあるが、そのほかにも「国家の統治権の下にある人民」、「国家を構成する人間」、「国中の民」とする定義もある。

大漢和辞典とは、漢字や漢語を日本語で翻訳したものだろう。
日本語の詳細な説明には少し、広辞苑より格が落ちそうだけど・・・・

159 名前: no name :2010/03/22(月) 20:19:44 ID:TrbBYhNb

>>158
>国民主権とは、外国籍であっても永住してたら自動的に参政権を与えても憲法上合法であり、
>外国に永住してる日本国籍の人間には日本の参政権がないというわけ

あんたは不在者投票の制度も知らんのですかね?

お前に聞きたい
お前の勝手な自己流定義が正しいと仮定するなら、「外国籍の永住者」と「外国籍の非永住者」の違いは何だよ?
「生死も含めすべての人が一蓮托生なの」に、永住者には参政権が与えられて、非永住者には与えられないのは差別じゃないのか?

もっと言おう。
「日本国籍を持つ日本人」と「外国籍の永住者」が「同権」と言うのは、日本人に対する差別じゃないのか?

他にも、「日本国籍を持つ日本人」が「外国籍永住者」より得する点はどこに有るんだよ?
まさか「得する点」があるのは「差別」とか言い出すつもりか?

160 名前: 恵也 :2010/03/22(月) 22:59:46 ID:wXnwmmbZ

>>151 戦前から日本の政治をよく知る近衛は、戦後になっても以下のように言ってるが?

近衛氏は当事者でその発言も理解はできるが、歴史的評価からみると近衛氏の
歴史観は間違ってて、現在の憲法前文の評価が日本国家の総意なの。
その時代には判らなかったいろんな事実が、その後に出てきたからなんだよ。

もっとあなたもいろんな切り口から、歴史観を持ってほしいけどな・・・・
満州事変の前に満州某重大事件というものがあった。
これは満州の実力者であり、日本に協力していた張作霖が現地日本軍に列車ごと
爆殺されてしまった。

これは満州鉄道の治安維持のために派遣されていた、現地日本軍の暴走で鉄道の
保護どころか、満州の属国化を行うために実力者を殺し、中国の仕業として満州全
土を抑えようとしたが作戦が失敗して、それを日本政府がもみ消してしまった。

この作戦失敗で誰も処罰されず、建前としては中国軍の仕業としたわけだ。
この後またまた、現地日本軍が再チャレンジし満州占領に成功したのが満州事変。
成功したから日本政府は実行者を出世させて、手柄さえ立てれば政府が認めて
くれるという悪い意味の実力主義が日本軍に蔓延してしまった。

この後の盧溝橋事変、上海事変など日本の政府の意向を無視した軍の暴走が
始まり、上海事変で戦いを終わらせるつもりでいる計画の日本政府の意向を無
視し輸送計画もないのに300kmも奥の南京まで、現地日本軍が暴走してしまった

なんとか武器だけは無理して送ったが、食料は輸送できず現地調達というカッパライで
敵の首都南京まで進撃して、兵隊の凶暴化を起こしてしまった。
凶暴化した軍隊だからこそ、30万人という無抵抗の人間を虐殺できたんだよ。

161 名前: 恵也 :2010/03/22(月) 23:03:17 ID:wXnwmmbZ

なんとか武器だけは無理して送ったが、食料は輸送できず現地調達というカッパライで
敵の首都南京まで進撃して、兵隊の凶暴化を起こしてしまった。
凶暴化した軍隊だからこそ、30万人という無抵抗の人間を虐殺できたんだよ。

このときの現地司令官松井石根大将の後で、南京占領の責任者になった岡村
寧次大将の手記が残ってます。
張作霖を殺した責任者を重罰にしてたら、日本の歴史は変わってたかも知れんな。
国際連盟から脱退する必要もなくなり、孤立化もしなかったろうに・・・

諸行無常とはいうが、その当時の日本軍はむかしの神兵の面影も消え去ったわけだ。
現地の軍隊の暴走を制御できない日本政府が、最後には日本の10倍くらいの生産
力を持つアメリカ相手に、戦争を吹っかけるという暴走までしてしまったの。

結論::「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのない」ようにするのが
  日本国家の立場で、近衛氏の個人的立場は今の日本政府の立場ではない。

ーーーー引用開始ーーーー
私は華中、華北の戦場で、日本兵が昔日の神兵ではなく、掠奪、強姦、放火
等の非行が少くないことを知り痛嘆した。
http://www.geocities.jp/yu77799/okamura.html

162 名前: no name :2010/03/22(月) 23:57:13 ID:TrbBYhNb

>>160
お前ここ読んだ?
>これだけのものが満州事変の有無に拘らず、また国際連盟の脱退の如何に拘らず日本に対して閉ざされんとする情勢にあつた

実際の国際情勢も近衛が述べた通りで、
1930年にアメリカで関税法が成立、「万里の長城」と揶揄される高関税によって日本製品は閉め出された
じゃあという事で目を転じてアジアに売ろうとしたら、1932年にイギリスはオタワ会議を開催、フランスもそれを見習った
近衛が言うように、日本が全く何もしていない頃から既に米英は日本を追いつめていたんだよ

>満州某重大事件

それはソ連がやったという説もあるけど?

そもそも誰が犯人であれ、張作霖は「善良なる被害者」でも何でもないよ?
あんな国際法も守らない、国家間の条約も守らない、民衆を苦しめるだけの統治者は殺されて当然だよ

そもそも、なんで日本は満州に利権が有ったのか知らないみたいだから解説してやるけど、
日本の満州利権は、日露戦争の日本の勝利によって日本が勝ち取ったものだよ?
当時中国政府=清は何をやってた?戦争を止める為に外交した?ロシアに満州から出てくように訴えた?
実際は日本の支援はおろか、ロシアと裏取引していた始末。
そしてアメリカのポーツマス会議によって日本に与えられたのが満州利権だよ?
中国はアメリカに抗議した?してないよね?そもそも自力でロシアを満州から叩きだそうともしなかったよね?
満州利権は正当なる日本の権利なの。

さて、張作霖はこの正当なる日本の権利に対して何をやろうとした?
「満鉄の利益をよこせ」と言って聞き入れられなかったら、日本から支援を受けている身でありながら反日に寝返った
具体的には満鉄の利益を落とそうと線路を攻撃したり、何より日本人を怒らせた「満鉄平行線」なんてのをぶちあげた
ポーツマス条約という国際法も無視して、正当なる日本の権利を侵害し、おまけに満州人からは搾取するだけの悪政家…
こんな御仁が殺されて何の文句があるの?

163 名前: 恵也 :2010/03/23(火) 00:03:26 ID:+NqGTOEr

>>159 あんたは不在者投票の制度も知らんのですかね?

知ってるよ。
俺はマグロ船に半年ほどのって、オーストラリアまで行ったことがあるけど参政権は
まったく行使してなかったし、そのときに不在者投票なんてやってる人間はいなかった。

今でも遠洋漁業や旅行者で、参政権を行使してる人はごく少ないのじゃないかね。
日本国内のニュースもほとんど来ないような外国で、参政権といっても別世界のこと。
外国に永住してる日本国籍保持者で、何%の方が投票してるのだろうね。

不在者投票は俺も良く使ってるけど、市役所のそばに行くときについでに投票するのみだ。
外国で永住したらとてもじゃないけどワザワザ投票は出来んよ。

>>159 「日本国籍を持つ日本人」と「外国籍の永住者」が「同権」と言うのは、日本人に対する差別

俺はどちらとも日本人だと思ってるから、参政権を与えたら初めて平等になると考える。
終戦直後の選挙で日本でも初めて女性に選挙権が与えられたが、そこで男女平等の
大きな前進になったわけだ。

そのときに「男に対する差別」とか、「男」が「女」より得する点はどこに有るんだなんて
トンチンカンなことを聞く人間がいたのかね。

俺には聞くこと自体が何のために聞くのか、あなたの意図が意味不明。
聞くことで、なんかあなたの役に立つのかな?

164 名前: no name :2010/03/23(火) 00:25:23 ID:m1FgW3NL

>>160
>中国軍の仕業としたわけだ

「火のない所に煙は立たぬ」
どうして当時の日本人が全員「中国人のしわざ」と言われて疑わなかったの?
それは、当時の中国人が疑われるに足る蛮行を働いていたからじゃないか
1927年に中国人は済南事件を起こして軍人でも軍属でもない日本人住民見るも無惨に虐殺した
その殺され方は以下の通り
http://brain.exblog.jp/2809948/
【引用開始】
東条弥太郎
両手を縛られて地上を引きずられた形跡。頭骨破砕。小脳露出。眼球突出
鍋田銀次郎
左脇腹から右脇に貫通銃創
井上国太郎
顔面破砕。両眼を摘出して石をつめる
宮本直八
胸部貫通銃創、肩に刺創数カ所。頭部に鈍刀による切創。陰茎切除
多比良貞一
頭部にトビ口様のものを打ち込まれたらしい突創。腹部を切り裂かれて小腸露出
中里重太郎
顔面壊滅。頭骨粉砕。身体に無数の刺創。右肺貫通銃創
高熊うめ
助骨折損、右眼球突出。全身火傷。左脚の膝から下が脱落。右脚の白足袋で婦人と判明した
藤井小次郎
頭および顔の皮をはがれ、眼球摘出。内臓露出 。陰茎切除
斎藤辰雄
顔面に刺創。地上を引きずられたらしく全身に擦創
【引用終了】

中国人は疑われるに足るだけの行動をやってんだよ!
それに日本の南京事件は持ち出すくせに、「中国の」南京事件は隠すんだね?
以下Wikipediaから引用

>南京事件(1913年) -1913年に袁世凱配下の張勲の軍隊が南京で在留日本人3名を殺害し、居留民の家屋を略奪した事件

そしてもう一つの中国による「南京事件」。済南事件と同じ1927年に行われた蛮行だ
これはヨーロッパも軍を派遣したぐらいで、中国人の乱暴さ、猟奇殺人ぶりは有名だった証拠である
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6_(1927%E5%B9%B4)

こんな事をやってる民族だからこそ、満州事変の時も全く日本人は疑わなかったのだ
それにこんな事をやってる民族だからこそ、「奴らとは話にならない」と力で解決する風潮になるのだ

自業自得と知れ!

165 名前:  ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :2010/03/23(火) 00:42:13 ID:An7S18i9

     ∧_∧
    ( ´・ω・`)     ∧_∧
    /     \   (     ) そうきたかwww
.__|  |    .| |_ /      ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / ..|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  (    .)     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽ.ワロス       \|   (    ) お前が言うと説得力あるなあww
  |     ヽ           \/     ヽ.
  |    |ヽ、二⌒)        / .|   | |
  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|_ .../ /

166 名前: no name :2010/03/23(火) 00:56:01 ID:eO6LEPjV

>>161
「日本政府が、最後には日本の10倍くらいの生産力を持つアメリカ
相手に、戦争を吹っかけるという暴走までしてしまったの。」

日本が戦争を仕掛けなくても戦争は始まっていたが?



>>160
「凶暴化した軍隊だからこそ、30万人という無抵抗の人間を虐殺できたんだよ。」
お前は本当に頭が悪いなw
中国でさえ変わってきているのに。現実みろよwww
(3:10以降から)

167 名前: no name :2010/03/23(火) 00:59:13 ID:m1FgW3NL

>>160はもう無知すぎるな
なんでこんなツッコミどころ満載なの?バカなの?Mなの?

>政府の意向を無視した軍の暴走が始まり

その割には満州事変は「塘沽停戦協定」で終わってるよね?
その後も「土肥原・秦徳純協定」やら「梅津・ 何応欽協定」を結んでいるよね?
どこが「軍の暴走」が始まっていたの?

そもそも当時の陸軍は土肥原や松井石根みたいな日中友好論者が牛耳っていたんだよ?
それなのに日中全面戦争になったのは、ソ連のコミンテルンのせいじゃん
中国共産党に「何が何でも日本と国民党を仲違いさせ戦争させろ」という指示を受けた劉少奇が盧溝橋事件を起こしたんだよ
劉少奇本人が「盧溝橋事件は俺がやった」と自慢気に言ってるじゃん

それでも現地軍は何とか妥協して停戦したのに、中国は「中村大尉惨殺事件」を起こすわ、
それでも我慢したのに今度は上海事変起こすわ…
それでもそれでも日本が何とか妥協すると、中国は「通州事件」なんてのを起こす…
日本がどんなに妥協しようとしても中国が妥協するつもりが全く無かったじゃないですか!

通州事件の時も、済南事件と同じように日本人は見るも無惨に虐殺された
以下引用
【引用開始】
極東裁判における萱嶋元中将(当時支那駐屯歩兵連隊長)証言
「守備隊の東門を出ると、居留民男女の惨殺屍体が横たわっており一同悲憤の極に達した。
・・・日本人はいないかと各戸毎に調査して行くと、
鼻に牛のように針金を通された子供、片腕を切り落とされた老婆、
腹部を銃剣で刺殺された妊婦などの屍体が続々と出てきた
ある飲食店では一家全員首と両手を切り落とされていた。
婦人という婦人はことごとく強姦され見るに忍びなかった・・・
旭軒では7.8名の女が全部裸体にされ強姦刺殺され陰部に箒を差込み、腹を断ち割られるなど見るに耐えなかった・・・」
【引用終了】

こんな事をされて黙っていられるか?
「国家」とは何の為に有るのか?ホッブズのリヴァイアサンを持ち出すまでもない。
「国民の生命と財産を守るため」だろう?
国民の生命と財産が中国人に侵害されているのに黙って見ていたら、日本は国家としての義務も果たせないんだよ!

まあ、当時の近衛内閣のブレーンに尾崎秀実とかいう共産主義者がいて、コミンテルンの意を受けて盛んに戦争を煽ったという事実もあるが

168 名前: no name :2010/03/23(火) 01:24:51 ID:m1FgW3NL

>>160
>南京まで、現地日本軍が暴走してしまった

歴史を全く知らないくせにいっぱしの知識人気取りしないでよ、ああ、ホントツッコミどころ多くて迷惑だわ…

バカに説明するとね?当時は「首都を落とせば戦争が終わる」っていう暗黙の了解があったの
当時の陸軍大臣は杉山元(後に板垣征四郎=戦争不拡大論者)
陸軍次官は多田駿=不拡大論者
陸軍作戦課長は石原莞爾=不拡大論者
外務大臣は広田弘毅=不拡大論者
海軍大臣は米内光政=親欧米派
南京攻略司令は松井石根=日中友好論者

等々、見事に親中的な日本人のオンパレードだったんだよ
だからこそ、さっさと首都を落として講和に持ち込もうと考えたんだよ

そういう苦渋の決断すら知らずに、よく偉そうに語るよね?

あと「南京大虐殺」は「嘘」ですからあしからず

169 名前: no name :2010/03/23(火) 01:42:04 ID:W7FuPoPp

>>158,163があまりにも矛盾すぎて俺には理解できねw
>>158で、
>外国に永住してる日本国籍の人間には日本の参政権がない

とか言っておきながら、

>外国に永住してる日本国籍保持者で、何%の方が投票してるのだろうね
>外国で永住したらとてもじゃないけどワザワザ投票は出来んよ

とか言い出すとかwww
それ「参政権がない」事にならないからw

コイツもしかして知らないのは「国民」の意味や歴史事実だけじゃなくて、「参政権」という言葉の意味も知らないの?

さらしあげ

170 名前: no name :2010/03/23(火) 03:23:03 ID:W7FuPoPp

>>160
>現在の憲法前文の評価が日本国家の総意なの

バカも休み休み言えって
「国家の総意」どころか、国民はお伺いさえ立てられていない

第2に、GHQは日本に同情的な情報は一切検閲して日本人に教えなかった
検閲しているという事自体、アメリカは日本人に知らせなかった
その代わりに「日本は悪」という情報はどんなに怪しげなものでもフリーパスだった
これでは冷静な判断など下せるわけもない。よってこの「国家の総意」とやらは無効である

第3に、日本国憲法を作ったのはアメリカ人である
敗戦国が戦勝国の横暴に抵抗、反対できるはずもない
従って憲法の歴史観とやらは「戦勝国の論理」でしかない

それぐらい知ってなさいよ、偉そうに講釈垂れる前に。

やっぱり「外国人参政権を与えるべし」と言ってる連中と、「軍部が暴走」「南京大虐殺30万」とか言ってる連中は重なるんだね
南京大虐殺30万とか、今や完全に否定されてる嘘話を鵜呑みにできるから、
外国人参政権についてもありとあらゆる嘘や詭弁が押し通せるんだね

171 名前: no name :2010/03/23(火) 04:43:10 ID:YdbDWBrY

>恵也
http://wiki.livedoor.jp/iza_nami/
お前、izanami好きだろ?

172 名前: 恵也 :2010/03/23(火) 08:02:41 ID:RhpsTDus

>>162 日本が全く何もしていない頃から既に米英は日本を追いつめていたんだよ

なんかその表現は、悪いことはすべて他人のせいに押し付ける思想を感じる。
自分が貧乏なのも身体のグワイが悪いのも、すべて社会や医者のせい。
独立心や自己責任感の欠如があるんじゃないかね。

その当時の日本は、今と違って完全な独立国で進路は自分で開拓できてたはず。
米英が追いつめたなんて書いてるが、なんで追い込まれるような対応をしたんだろうね。
真珠湾を奇襲攻撃した責任までを、相手国の責任にしてしまうのには抵抗を感じる。

日本は歴史的にも、大きな戦争では奇襲攻撃をして緒戦を飾りその勢いで戦争終結
まで突っ走り経済的発展を遂げてきた。
日清戦争も日露戦争も日本が、戦力を準備して相手の準備がととわないうちに敵主力
部隊に奇襲攻撃をして成功してます。

日清戦争も日露戦争も清やロシアに追いつめられて、日本が戦争を吹っかけたとでも
あなたは言うのかな、なんか結果から逆にたどって相手国の責任にした理論に思える。

>>そもそも誰が犯人であれ、張作霖は「善良なる被害者」でも何でもないよ?

あなたは自分自身では、張作霖爆殺を調べてないでしょう。
なんかあなたの話は、偏った1つの本からしか知識を得てない感じがする。
この事件の犯人は戦後になってやっと、日本でも本格的に調査されて計画者や
その実行者などの名前までが特定されてます。

日本が戦争に負けてるからこそ、日本人でも事件の真相を知ることが出来たもの。
南京虐殺にしても、日本が戦争に勝ってたら永遠になかったことになったでしょう。
戦敗国のマイナス面だけは、穴の毛まで脱がされて調べられるのが戦争の現実。

張作霖は満州の民衆の利害を背負った代表者だったんだよ。
民衆を苦しめるだけの統治者では、実力者としての地位は保てません。

張作霖の息子は蒋介石と手を組み日本軍に対抗し、国民党と共産党の連立
の立役者にまでなってる。これは満州の民衆の支持があって出来るポジションだ。

口先だけの指導者では大政党を動かすことは不可能なこと。
あなたの論理は、世間知らずの空理空論に過ぎん。

173 名前: 恵也 :2010/03/23(火) 08:21:53 ID:lJBQfshN

>>139 日本国憲法は法学の専門家でもない素人アメリカ軍人が、わずか9日で

間違い!
マッカーサーはオーストラリアに負け戦で逃げ込んだときから、日本占領後の
憲法までスタッフを集めて準備してます。

10日くらいで作られたというのは、松本憲法草案が出されてからとてもじゃないが
採用できない内容だとして本格始動して、10日間必要だったという意味であり
憲法発布の記念品である、日本政府が作った銀杯は、アメリカの豪州時代の
のスタッフにも送られてます。

素人が考えても、純粋に10日間でこれだけの憲法が出来るはずがないだろう。
この憲法にはキリスト教の少数派であるクエーカー教の影響がある。
今上天皇はクエーカー教徒の家庭教師に、若い頃教えてもらっておられます。

ーーーー引用開始ーーーー
白州によれば、新憲法が公布されると、政府はこれを記念して「銀杯一組」を作り、
関係者に配ったという。白州がその銀杯をホイットニーに届けた際に、ホイットニーは
この贈り物を喜んだ。

そして、「ミスター・シラス、この銀杯をあと幾組もいただきたいんだが・・・」と言いだした。
その日、ホイットニーの部屋には、ケーディス以下何人かのスタッフが詰めていたが、彼
の言う幾組という数字は、このスタッフの数をはるかに上回っていた。
白州はその点を問いただすと、ホイットニーはつい口を滑らせたのである。

「ミスター・シラス、あの憲法に関係したスタッフは、ここにいるだけではないんだ。日本に
来てはいないが、豪州時代にこの仕事に参加した人間が、まだほかに何人もいるんだよ」
http://www.yorozubp.com/0408/040818.htm

174 名前: no name :2010/03/23(火) 12:52:07 ID:YdbDWBrY

>その当時の日本は、今と違って完全な独立国で進路は自分で開拓できてたはず

「自分で開拓した」結果が満州事変なり、大東亜戦争なんですが^^;
バカかw

>米英が追いつめたなんて書いてるが、なんで追い込まれるような対応をしたんだろう

当時の白人諸国は有色人種を差別するのが当たり前だった
イギリスの偉大な歴史家、アーノルド・トインビーですらイギリスの植民地インドに行った時、現地人を「喋る樹木」扱いしていた
不世出の偉大な歴史家でリベラルだった人ですらそうなのだから、その他諸々の白人諸国の差別意識など推して知るべし

>真珠湾を奇襲攻撃した責任までを、相手国の責任にしてしまうのには抵抗を感じる

歴史に無知なお前が抵抗を感じるのは勝手だけど、真珠湾には日本の責任はもっとありませんから

>日清戦争も日露戦争も日本が、戦力を準備して相手の準備がととわないうちに敵主力部隊に奇襲攻撃をして成功してます

嘘つくな!日本軍の活躍をねじ曲げる奴は死ねよテメー!
「奇襲攻撃」自体は確かにそうだったが、それは日本に限らない
普墺戦争も普仏戦争もクリミア戦争もボーア戦争も「奇襲攻撃」から始まった!
そして「相手の準備がととのわないうち」に攻撃をかけたなど、全くもって無礼千万だ!
準備がととのっていないどころか、清にしろロシアにしろ、日本以上の兵器や膨大な人員を用意していたじゃねえか!
お前、日清戦争の時、朝鮮や後方の満州に何万人の清兵が駐屯していたのか知らねえの!
清は海軍力だけでも、定遠、鎮遠という最新鋭の戦艦を持っていて日本以上だった
日露戦争など、北清事変以降満州にロシアは居座っていて大量なロシア軍がいたではないか!
「準備がととのっていない」だ?ふざけるのもいい加減にしろ!

日本は率直に清が駐屯する朝鮮、そしてロシアに脅威を感じてたんだよ!
そんな日本の苦しみも分からないバカは死ねよ!

175 名前: no name :2010/03/23(火) 12:55:39 ID:YdbDWBrY

>民衆を苦しめるだけの統治者では、実力者としての地位は保てません
>これは満州の民衆の支持があって出来るポジションだ

バカいえ!お前は当時の中国を民主主義国家と混同してんだよ!
ヤクザの親分は「民衆を苦しめるだけの統治者」だが、「実力者としての地位」を保ってるだろうが!
当時の中国人指導者は、国民党の蒋介石も含めてみんなヤクザか暴力団の親分みたいな連中だったのだ!
歴史を知らないにもほどがある!

>口先だけの指導者では大政党を動かすことは不可能なこと

ヒトラーがいるだろうがw
口先だけで泡沫政党ナチスを大政党にし、国家権力を握ったのは何なんだ?
少なくとも「暴力だけ」じゃねーぞ?

それに、お前当時の「国民党」を今の日本の「自民党」とか「民主党」なんかと同じだと思ってんだろ?
あれは近代的な政党じゃないし、民主主義政党でもない!

>あなたの論理は、世間知らずの空理空論に過ぎん

お前の論理は、歴史を世間知らずの空理空論のくせに後出しジャンケン式に批判するものに過ぎん
「当時の視点」とか「国際情勢」という視点が全く抜け落ちているんだよ!

176 名前: no name :2010/03/23(火) 14:29:47 ID:jOQrejS6

新たに近所の本屋で【国民】を調べた
いい加減、無知で嘘つきで詭弁使いの恵也はいい加減にしろ!
「国籍を持たない外国籍永住者」を国民と呼ぶお前のバカ定義は一般的じゃねーんだよ!

「ポケット版実用国語辞典」武蔵野大学教授、松村武夫監修(成美堂出版)
1、その国の国籍をもっている人々。
2、国家を構成する人々。人民。

「読みやすい大きい活字の実用国語新辞典」立教大学名誉教授、井上宗雄、立教大学名誉教授、水口志計夫監修(新星出版社)

その国の国籍をもち、国家を構成する人々。ネイション

177 名前: no name :2010/03/23(火) 14:57:15 ID:jOQrejS6

http://www.yorozubp.com/0408/040818.htm

相変わらず恵也は、自分が引き合いに出したものもろくに読んでないのなw
本当に日本人かよ?

>マッカーサーはオーストラリアに負け戦で逃げ込んだときから、日本占領後の憲法までスタッフを集めて準備してます

それが本当ならハーグ陸戦法規違反の犯罪なんだよ!
第一お前は以下の文章は読めないのかな?

>白州は「週刊新潮」の回想の中で…(中略)着手されていたと推測していた。

白州個人が「嘘つき」というわけではなくあくまで「一般論」として書くが、
後からなら何とでも言える「回想」であって、おまけに証拠も何もない「推測」でしかない
お前は「推測」って言葉の意味も知らないの?「推測」をさも「歴史的事実」であるかのように語るお前ってIQ0の知恵遅れだろ?

それにお前は自分が引き合いに出したくせに次の文章は読めないのかな?

>パールハーバーも「ルーズベルトは少なくとも数時間前には知っていた。
>しかし、それをキンメル(太平洋艦隊司令長官)に連絡しなかった。
>だまし撃ちのかっこうにしたほうが、アメリカ人の日本への敵がい心を高め、世論を統一できるからです。」と書いている

つまり、「日本政府が、最後には日本の10倍くらいの生産力を持つアメリカ相手に、戦争を吹っかけ」というのはお前の妄想なんだよ!

178 名前: no name :2010/03/23(火) 15:25:10 ID:NkVfyiwu

>>173
残念なぐらい馬鹿だね 死んだほうが身のためだと思うよ
で、結局GHQがだしたのが日本国憲法の原文で良いんだよね?
認めるよね?
日本がそれを改良したのが草案だってあんたは言ってるけど、何を改良したか知ってる?
1、翻訳 2、天皇主権の字を一斉排除
これだけなんだけど

あと、広辞苑での「国民」の詳細について、国籍が無くても国民にあてはまるってほざいてるけど、
日本国籍を持つ民っていう条件がそろわない限り それは国民では無いんだよ?
よく、〜また〜ってあるけど、あれはその定義を含めての〜また〜だから
つまり、国民の定義に入ってる全ての条件が満たされて無いと国民じゃないんだよ おk?
そしたらきっと国家を構成する人々には殆どが当てはまらない、とか帰ってきそうだから説明しとくと
参政権を持っているひとは、国を左右できる権利がある つまり国家を構成する人々 という風になるわけで
きっと馬鹿だからこれだけ説明しても反抗してきそう だから決定的なことを言おうか
国民が、日本に住んでる人全員のことをあらわすなら、何で「外国人参政権」なんて名前の法案があるの?
なんで在日外国人って言う言葉があるの?
何で在日学校があるの?
この質問に答えない限り国民がどうのこうの言う資格は無いよ

179 名前: no name :2010/03/23(火) 16:35:37 ID:pDWZu5PS

「当たり前な事」が常識として基本生活を営む日本社会でありたい。
不穏で反社会的、更には反日的思想で世の中を乱す人達をちゃんとテロリストとして裁ける社会にしていきたい。

偽善と欺瞞で満ちた犯罪者の詭弁よりも、切実で無実だった被害者達の声を取り上げるべきだ。
損得構造で反日活動が美味しい状況ならば、反日活動が割りに合わない物に是正していくべきだと思う。

180 名前: no name :2010/03/23(火) 17:25:27 ID:HtVdpCvu

とりあえず日本が滅びるのは時間の問題だということだ。

181 名前: no name :2010/03/23(火) 18:39:03 ID:k+kA4tl/

>>173
>松本憲法草案が出されてからとてもじゃないが採用できない内容だとして

こういう奴に限って、大日本帝国憲法も松本草案も一字一句読んだ事がない
憲法改正は果たして必要だったのか?

戦前「天皇機関説」で攻撃された美濃部達吉は、「大日本帝国憲法で充分」と戦後になっても主張している
以下Wikipediaから引用

>占領軍は国家の根本規範を改正する権限を有しないとの理解を前提に、新憲法の有効性について懐疑的見解を示し、
>しかも国民主権原理に基づく憲法改正は「国体変更」であるとして反対。
>枢密院における新憲法草案の審議でも、議会提出前の採決で唯一人反対の態度を示し、
>議会通過後の採決も欠席棄権するなどして抵抗し、「オールド・リベラリストの限界」といわれた

「国家の総意」でも何でもない、戦前に弾圧された法学の専門家は「憲法改正なんて不要」と言っていた!
松本草案は、この美濃部達吉を含んだメンバーで周到に議論を重ねた成果である!
それが「とてもじゃないが採用できない内容だ」とされたのは、日本を弱体化させたかったアメリカの手前勝手な理屈に過ぎない

182 名前: 恵也 :2010/03/23(火) 23:23:23 ID:pJk2m+1v

>>164 それは、当時の中国人が疑われるに足る蛮行を働いていたからじゃないか

戦争の混乱の中では、いろんな蛮行が行われてしまうのは世の常。
問題は戦争の中で、日本にも中国にも言論の自由がないがしろにされお互いの
言い分が報道されずに、特に日本マスコミが日本軍の情報だけで満たされたため。

今の小沢一郎報道のように、検察情報だけがダーダー漏れの検察正義論で世論
を煽ってるように、日本軍正義論で日本世論を煽ったための悲劇。
気に入らない敵対者の情報を聞くのが、日本人はむかしから不得意だったんだろう。

80年もたってやっと、あなたみたいな例外はあるけど両方の言い分が俺たちの耳にも
届くほどに知識の共有が出来るようになったと言うべきだろう。

ーーーー引用開始ーーーー
しだいに日本軍に悪感情を抱くようになってきたので、現在こそ中国問題解決のため
「南方に対し断然たる膺懲の挙にいづるの好機なりと信ず」と具申し、参謀本部と
現地は本事件を利用して南軍を膺懲することに完全に意見の一致をみた。
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/santou.html

>>167 当時の陸軍は土肥原や松井石根みたいな日中友好論者

大軍を300kmも食料も持たせずに南京まで進撃させる行動が、なんで日中友好
なんだろう、俺には理解不能だよ。
松井石根はタンに中国事情にくわしい軍人だったという話じゃないかな??

183 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 08:33:41 ID:8K0HfNnU

>>174 清にしろロシアにしろ、日本以上の兵器や膨大な人員を用意

常備戦力の差というべきだろう。
がっぷり四つでの戦争では、常備戦力が圧倒的に多い大国には勝てないから
奇襲攻撃を計画し、食料や武器弾薬を蓄え輸送を準備し、奇襲を実行したの。

その成功体験が日本指導者に悪影響し、アメリカという生産力が10倍もある国
にまで戦争を吹っかけるという暴走が起きてしまったんだよ。
俺は開戦の前に宣戦布告を通知するという手続きを、日本がやらなかったのは
天皇の意思を無視した、一部官僚の意図的サボタージュと見てる。

どう考えても開戦の直前に、日本の大使館が宴会を行いながら暗号文の解読
職員がいなかったといういい訳が信じられん。

その点、アメリカは相手国に先に手を出させて正当防衛という正義を看板にする
才能に恵まれてる。
ベトナム戦争においても、北ベトナムの軍艦の攻撃を受けて北爆を開始したり謀略
だとしても建前上は国家の正当防衛になるいい訳を作るわけだ。

満州事変は、満州鉄道の警備を任されてた現地日本軍が日本政府の命令もなし
に暴走して成功してしまったもの。この成功体験が日本軍の劣化を早めたんだろう。
日本の敵対勢力にとっては、話し合いの最中にだまし討ちをされて負けたわけだからね。

ーーーー引用開始ーーーー
米国では卑怯な騙まし討ちの犠牲者2300名、その失われた人命に最大限の敬意
を払っている。正確に言うと,真珠湾攻撃における米国人の死傷者は,犠牲者という
よりは,英雄の扱いである。

敵に,やられたても英雄として尊敬する理由は,卑怯な騙まし討ちにあったからである。
正々堂々とした闘いでは,負けるはずがない。強い米国軍人でも,平和のオリーブの
枝を差し出しているので,それを信じた。なのに騙まし討ちで殺された---
http://www.geocities.jp/torikai007/pearlharbor/1941.html

184 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 08:41:36 ID:f2nCQ1gx

>>175 口先だけで泡沫政党ナチスを大政党にし、国家権力を握ったのは何なんだ?

俺はヒットラーを口先だけの指導者とは見てない。
ドイツの経済危機を、無料高速道路をドイツ全土に張り巡らせ的確な公共事業を行
って、第一次大戦の賠償金を踏み倒し経済の建て直しを行ったのは実力ある指導者。

ポーランド侵攻の前に、病気かなんかで政界から引退してたら天才的政治家として歴
史に残ってたろう。
悪行をやるにも口先ばかりではなく、それなりの実力がなければ出来はしないよ。

しかし実力がありすぎて、暴走したのが日本軍なんだよ。
実力を過信し中国人を雇って軍隊を作り、その傀儡軍隊が日本に歯向かって起こした
事件が通州事件であり、日本軍の失敗をもみ消しするのにマスコミ操作をしたもの。

いくらなんでも日本軍がつくった軍隊に、日本人が惨殺されてては格好がつかんだろう。
日本には言論の自由がなかったからこそ、当時の軍隊が暴走し政府まで暴走したの。

ーーーー引用開始ーーーー
保安隊が日本側に対して反乱を起こし、約200名の日本人居留民(ただしこのうち
約半数は朝鮮人)を虐殺した、という事件です。

この事件は、日本の「暴支膺懲」を煽り立てる絶好の材料とされ、今日でも「南京
虐殺」の免罪符のように利用されることが珍しくありません。
http://www.geocities.jp/yu77799/tuushuu/tuushuu1.html

185 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 08:47:09 ID:tW0Chkf4

>>176 その国の国籍をもち、国家を構成する人々

これは意味が違うよ。
「ポケット版実用国語辞典」の意味は、国民は1の内容もあるし2の内容もある。
俺の持ってる広辞典に、交通機関という説明には(車、船など輸送機関)と書いてあるが
これは車も交通機関で、船も交通機関という意味。

国民という説明も、国籍を持つ人も国民だし、国家を構成する人も国民という意味で
けっして国籍を持ちかつ、国家を構成する人だけが国民というという意味じゃありません。

ですから日本という国家を構成してる「外国籍の永住者」も国民という説明です。

>>178 1、翻訳 2、天皇主権の字を一斉排除

それは言い過ぎだよ。
憲法9条での「前項の目的を達するため」という文言の挿入。
これがなければ自衛隊は憲法違反になってしまうよ。

ほかにもいろいろあったようだぜ。

ーーーー引用開始ーーーー
GHQ草案の「外国人は法の平等な保護を受ける」という規定や人権条項の
いくつかは削除され、国民主権条項も曖昧にされた。
http://www.interq.or.jp/kanto/just/war/sinkenpou.html

186 名前: no name :2010/03/24(水) 10:13:20 ID:e/m1Xu+m

>>185
で?それじゃあなんで日本国民と外国人とが区別されてるの?説明できないからってスルーは酷いね

多分自分で国民の意味を調べたんだろうねー
だけどね、俺が言ってるのは広辞苑成立の基本条件においてのことを言ってるんだよ?
勝手に改ざんしないようにね?
あと、在日は国家を構成はしてないことを忘れずにね?

あと、なんかいっつもわけの分からない引用を貼ってるよね?
なんでいつも文字ばかりの引用?
内容をよく見てみよう 明らかに内容自体が反日だよ?片寄りすぎた文章じゃ、何のために引用しているか分からないね

>GHQ草案の「外国人は法の平等な保護を受ける」という規定や人権条項の
>いくつかは削除され、国民主権条項も曖昧にされた。
条約違反だからだよ

187 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 10:19:37 ID:YHIAhEf6

>>177 パールハーバーも「ルーズベルトは少なくとも数時間前には知っていた。

これはデマでしょう。
情報というのには玉石混交で、どこまでが本物でどこまでがデマか判断は難しい。
それも平和な状態で、奇襲攻撃での戦争開始となったら意識的な偽情報まで
流されてしまい、1人の政治家に過ぎないルーズベルト大統領にも初体験だ。

本当に奇襲攻撃を確信してたら、非常警戒態勢を全軍に命令したはずでそれが
まったくない状態であったということは、うわさの段階だったという事。
日本軍も無線封鎖したりして、相手に気づかれないようにしてたし準備は十分。

非常警戒態勢下で、攻撃を受けてもアメリカ人の日本への敵愾心にはほとんど
変わりはないよ。
宣戦布告を受けないで、祖国が奇襲攻撃をされたという事実には変わりがない。

当時の日本軍は、軍自身を過大評価し、敵を過小評価する癖が出ていた。
日中戦争でも当初はすぐ終わるような、楽観的な見通しで戦争を始め敵の首都
南京を占領しても終戦にならず、世界の激変が日本軍には見えなかったというべき。

ーーーー引用開始ーーーー
中国軍は,兵力は多いが弱いと過小評価していた日本軍は,高圧的な態度で
臨めば,中国が譲歩すると錯覚していた。
http://www.geocities.jp/torikai007/japanchina/1937.html

188 名前: no name :2010/03/24(水) 10:25:20 ID:e/m1Xu+m

>>187

まあ、その調子でどんどん書き込めば、在日の印象がどんどん悪くなってこっちとしては願ったり叶ったりだよ

189 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 11:17:00 ID:F9buCT6+

>>186 それじゃあなんで日本国民と外国人とが区別されてるの?

日本の最高法規である憲法には、外国人という区別は書いてありません。
下位法規である国籍法には外国人という区別はありますが、ここで議論して
るのは最高法規の憲法です。

憲法上では、国籍の所持者だけを日本国民とする表現はない。
だから国籍保持者だけを日本国民とする国籍法が、憲法違反の法律で
ある(憲法14条:家柄による差別)というのが、俺の主張。

国家を構成するとは、日本に住み、働いて、税金を日本政府に納めてれば
それで十分なの。
国家を動かす政治家であろうと、タダの土方や掃除婦のおばさんでも国家を
構成する重要な地位なんだけどな。

ーーーー引用開始ーーーー
第十四条 
すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分
又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
http://www.ron.gr.jp/law/law/jp_kenpo.htm

>>明らかに内容自体が反日だよ?

反日って言葉が怪しいのだけど・・・
日本に反対することを言ってるようだが、今の日本政府の方針に反対しても
愛国精神から反対してる方もたくさんいると思うよ。

むかしの日本が暴走してる時期に、戦争反対を唱えれば刑務所に入れられたが
戦後になったらその方たちのほうが日本の将来には良かった考えだった。
暴走し戦場化した政府の方針で、300万人の日本人が死んでしまったわけだからね。

国家の戦場状態が終わって、洗脳が解け人間は初めて落ち着いて考えれるもの。
戦場から離れて考え、それから人間として後悔した先輩方はたくさんおられる。

ーーーー引用開始ーーーー
戦場は人間が人間であることを拒否する場である。人間のままでは戦闘はできない。
人間が人間でなくなる状況を私の体験で話そう。
http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/backnumber/03/tominaga_saihanron.htm

190 名前: no name :2010/03/24(水) 11:29:59 ID:P+fG+jOu

恵也はろくに調べもしないくせに嘘やデタラメは大好きだね

>戦争の混乱の中では、いろんな蛮行が行われてしまうのは世の常。

「世の常」の三文字で日本人の被害者を片付けるような人間の屑はさっさと豆腐の角に頭ぶつけて死ね!
「世の常」だったら、お前には南京大虐殺30万も非難する資格が無いだろうが!
それとも何か?
「中国人の日本人虐殺は世の常の一言で免罪されるが、日本人の中国人虐殺は世の常ではないほどひどかった」とか言い出すつもりか?
ふざけるのもいい加減にしろと何回書けば読めるんだよ?

>今の小沢一郎報道のように、検察情報だけがダーダー漏れの検察正義論で世論を煽ってるように、

馬 鹿 言 う な !
サンデープロジェクトでもテレビタックルでも、検察批判論しか見た事がねーよ!
大体、小沢なんて天皇の政治利用はするわ、中国や韓国には日本を売るわ、別に逮捕されても日本人は困らないから。

>両方の言い分が俺たちの耳にも届くほどに知識の共有が出来るようになった

その割にはお前は「中国人の言い分」しか言わねーよな!
何が「両方の言い分」だ!お前は何一つ日本側の言い分は採用しない!見ない!聞かない!
いい加減さっさと死ね!

191 名前: no name :2010/03/24(水) 11:58:49 ID:e/m1Xu+m

>>189
ココまで丁寧に国民を教えてやったのに返されるとは思っていなかったw
国民は国籍関係ない→広辞苑で調べれば「自国の国籍を持つ〜」と書いてある
→それが全部では絶対無い→政治ではそう区別されてある→政治家達が勘違いしてる
→そもそも広辞苑の基本条件として、本来使われている言葉の全ての意味がかかれているること、
それを全てみなしてその言葉が現れるようにならなければいけないと言うのがある
→でも憲法には国籍を持つのが国民だとはかかれてない 政治家は差別している→無限ループ突入

最高法規の憲法で出てきている言葉の意味を全部調べてから読み直そうね?
国民は、その国の国籍を持つものじゃないと国民じゃないんだよ?
世界の常識として何処に行ってもそう成り立っているんだよ?
まあ、とある国を除いてだけどね
あと、お前はお前等は中国、韓国、朝鮮の血を告いでいる って言ってたよね?
だから何?って言うしかない訳で 

>反日って言葉が怪しいのだけど・・・
>日本に反対することを言ってるようだが、今の日本政府の方針に反対しても
>愛国精神から反対してる方もたくさんいると思うよ。
それは愛国者なんだけど 区別も付かないの?

反日って言うのはお前みたいな奴のことなんだよ?頭大丈夫?医療保険入ってる?

192 名前: no name :2010/03/24(水) 12:02:03 ID:P+fG+jOu

http://www.youtube.com/watch?v=Py4QnV6Y5BI&feature=youtube_gdata
恵也!都合の悪い動画はやっぱり見ないか?この人間の屑の 卑 怯 者 が!

>俺には理解不能だよ

だからさあ、「首都を落とせば戦争が終わる」という暗黙の了解が有ったと書いてあるだろ!ドアホが!
日中全面戦争を避けるためにも日本は首都を落とす必要が有ったんだよ!
そしてこの裏では中国に駐在しているドイツ大使トラウトマンを介して、早々と和平を提案していたんだよ
しかし蒋介石に和平の意志はなく(出せず)、毛沢東率いる共産党は蒋介石を「弱腰」と突き上げていた
結局トラウトマン工作は実らず、蒋介石はなんと南京市民を見捨てて逃げ出した!
跡を継いだ南京司令の唐生智も蒋介石の前では威勢のいい事ばかり言っていたくせに、さっさと南京市民も軍も見捨てて逃げ出した!
つまり南京大虐殺が「仮に有った」としても、その責任の90%以上は責任者が次々と逃げ出した中国側にあるんだよ!

>松井石根はタンに中国事情にくわしい軍人だったという話じゃないかな??

貴様ごとき人間の屑が、心底から日中友好を願った松井大将を馬鹿にするか。
四の五の言う前に、お前はWikipediaでも何でも、まずは松井石根大将の事を調べてから語れよ、反日野郎!

松井大将は日中両国の戦死者を悼む為に中国の土も取り寄せて「興亜観音」を作らせた
そして毎日毎日日中両国の戦死者の冥福と、日中友好を祈願していたんだよ!
http://www.arakawas.s akura.ne.jp/backn009/kouakann/kouakann.html
http://www.geocities.jp/bane2161/kouakannon.htm
http://www.history.gr.jp/~nanking/gmatsui.html

恵也よ…世の中にはお前みたいな屑ばっかりじゃなくて、立派な人格者もいるって事だ!

193 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 12:12:03 ID:zJv1e9cg

>>125 古代の国家と近代国家を同一視するドアホウ!

国家は国家に間違いはなかろう。
言葉とは制度に変化がおきても、あまり言葉の意味を変化させては
相手にあなたの意思を伝えれないぞ。

単純明快な言葉使いをしなければ、言葉の役割をなさなくなってしまう。
右翼や左翼という言葉があるけど、この言葉に国粋主義や民族主義、
宗教の原理主義、共産主義など諸々の意味を付け加えたら、聞く人間
によってイメージがバラバラになってしまう。

最初に使われたフランス革命での、国王を大切にする思想集団を右翼とし
すべての人間の平等を目指した集団を左翼に名付けたことからも、日本に
おいては天皇を大切にする思想を右翼とすべき。

だから国民という言葉も、単純明快にして古代にも現代にも通用し、簡単
に判るような使い方をするのが大人の常識なんだが、アンタは子供のイメー
ジで勝手に言葉を複雑怪奇にしてしまう癖がある、知恵遅れのドアホウ!

194 名前: no name :2010/03/24(水) 12:14:48 ID:e/m1Xu+m

>>189
お前が日本のことをまるで分かりきってるみたいに語るなよ

>憲法上では、国籍の所持者だけを日本国民とする表現はない。
>だから国籍保持者だけを日本国民とする国籍法が、憲法違反の法律で
ある
>(憲法14条:家柄による差別)というのが、俺の主張。

誰がそんなこと言ったの?言ってごらんよ 日本国民という単語は憲法では、広辞苑に乗っている意味とは
全く別の意味で乗せてあります って誰が言ったの?妄想はいい加減止めてくれないかな?

ましてやお前は戦争真っ只中で、戦いに勝つしか日本を救う手段は無く、そんな状況で命がけで戦って来た
日本人に対して「暴走した」「無駄死に」「洗脳」 なんて言うんだね

ねえ、お願いだから死んでくれないかな?いや、死ねよ

195 名前: no name :2010/03/24(水) 12:22:19 ID:e/m1Xu+m

>単純明快にして古代にも現代にも通用し、簡単に判るような使い方をするのが大人の常識なんだが

昔の日本人に 「国家は国家に間違いはなかろう。
言葉とは制度に変化がおきても、あまり言葉の意味を変化させては
相手にあなたの意思を伝えれないぞ。

単純明快な言葉使いをしなければ、言葉の役割をなさなくなってしまう。
右翼や左翼という言葉があるけど、
この言葉に国粋主義や民族主義、
宗教の原理主義、共産主義など諸々の意味を付け加えたら、聞く人間
によってイメージがバラバラになってしまう」
って言っても一つも伝わらないよ?大人の常識って奴がなって無いんだね

死ねよ 

196 名前: 2010年財布最新品、新素材入荷!! :2010/03/24(水) 12:28:54 ID:vW3PySqB

2010年財布最新品、新素材入荷!!

ルイヴィトン、ブラダ、シャネル、エルメス、バレンシアガ、
グッチ、ティファニー、フェンディ、クロエ、バーバリー、セリーヌ 、
ドルチェ&ガッバ―ナ、ミュウミュウ

◆ スタイルが多い、品質がよい、価格が低い、実物写真!
◆ ご入金頂いてから最速4日、遅くとも7日程度でご指定場所へ発送出来る予定でございます
◆ 商品送料を無料にいたします
◆信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です。
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います。
◇ S級品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
◆ 当社唯一のURL: http://www.baggb.com

197 名前: no name :2010/03/24(水) 13:19:34 ID:P+fG+jOu

>>183
>常備戦力の差というべきだろう

ハァ?お前真性の馬鹿だろ?
それだけの「常備戦力の差」が有ったと お 前 で す ら 認識しているのにお前の言いぐさは、

>日清戦争も日露戦争も清やロシアに追いつめられて、日本が戦争を吹っかけた

ってか…
常備戦力のとてつもない差のある国が満州や朝鮮にやって来る事自体日本には脅威なのに、
>独立心や自己責任感の欠如があるんじゃないか
とか言うとはねぇ…
いい加減詭弁使うなよ!

>その成功体験が日本指導者に悪影響し、アメリカという生産力が10倍もある国にまで戦争を吹っかけるという暴走が起きてしまったんだよ

これもお前の嘘
日本は強硬意見を唱えていた陸軍でさえ「アメリカは東京を攻撃できるが日本はワシントンを攻撃できない」と認識していた

一方アメリカは真珠湾の35年近くも前(というより日露戦争中の1904年)に、既に日本を仮想敵にしたてあげていた
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E8%A8%88%E7%94%BB
http://www.youtube.com/watch?v=Z9AzDAn-AKw

そしてこのオレンジ計画が正式に認められた同じ年1924年には「排日移民法」を成立、日本人移民は迫害された
http://vaccine.sblo.jp/article/952802.html

第一次大戦で日本が得た正当な権利、山東半島も日本は無理やり返還させられた
1927年に日本人居留民が虐殺された済南はこの山東半島にある
もし、どこかの馬鹿の低能が言うように「虐殺は世の常」だったなら、ここで日本は山東半島を返さなきゃ良かったのかもね

1929年にアメリカ初の世界大恐慌が起こる
アメリカは自分が火付け役のくせして世界中からアメリカ資本を撤退しドイツ経済は奈落の底に突き落とされた
そして自由貿易体制や資本主義体制にも逆らう関税法を翌年1930年に制定した
まだ日本では満州事変(1931)も国際連盟脱退(1933)もやっていないのに、だ

198 名前: no name :2010/03/24(水) 13:25:47 ID:4NyEsoN2

ヒント・南京大虐殺は大嘘。

199 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 13:28:53 ID:FJfLXULW

>> 天皇の政治利用はするわ、中国や韓国には日本を売るわ、

政治利用と簡単に言うけど、天皇はもともと政治的存在。
諸外国との友好親善と国民の統一が、日本のための存在理由だろう。
むしろ天皇の陰に隠れて、勝手な内部規約を作って官僚が天皇の行動にイチャモン
つけて抵抗する方が非国民というべき。

日本を売るなんてやってるのは、自民党政権だろう。
小泉純一郎なんて、国家の収入が50兆円くらいなのに、売れもしないアメリカ国債
を30兆円も購入してる。
これを日本を売る行為といわずに、何を売るというのだ!!!!

ーーーー引用開始ーーーー
成十五年一月から平成十六年三月までの十五カ月間で、小泉総理、何と三十五
兆二千五百六十五億円という史上最高のドル買い介入をしたわけであります。
http://www.asyura2.com/10/senkyo82/msg/438.html

200 名前: no name :2010/03/24(水) 13:29:00 ID:6qcChUsA

なにを根拠に発言してるんですか?
明確な資料でもあるのか?

201 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 13:34:54 ID:FJfLXULW

>>190 お前には南京大虐殺30万も非難する資格が無いだろうが!

それも戦争の混乱の中では、世の常だろ
モンゴルの英雄ジンギスカンも、戦争で都市のすべての人間を殺したことも
あるしキリスト教の旧約聖書でも、たくさんの町の人間を神の命令だとして
赤ん坊から羊や牛まで全滅させてる。

202 名前: no name :2010/03/24(水) 13:37:01 ID:P+fG+jOu

そもそもアメリカに満州事変を批判する資格なんて無いだろうが
以下Wikipediaから引用

>アメリカ合衆国はパナマ運河を建設することを千日戦争で疲弊したコロンビア共和国上院に拒否されたため、
>パナマの持ち得る経済効果、ならびにラテンアメリカ地域における軍事的重要性から分離・独立を画策した結果、
1903年11月3日にコロンビアから独立を果たした。
>新たに制定された憲法ではパナマ運河地帯の幅16kmの主権を永遠にアメリカ合衆国に認めるとの規定があり、
>以降パナマはアメリカ合衆国によって事実上支配されることになった。

アメリカは満州事変と同じ事をパナマ運河でやってるくせに、よく日本を批判できたもんだ
よくこんなアメリカを、恵也は無邪気に手放しで絶賛できるもんだw

>実力を過信し中国人を雇って軍隊を作りその傀儡軍隊が日本に歯向かって起こした事件が通州事件であり、
>日本軍の失敗をもみ消しするのにマスコミ操作をしたもの
>いくらなんでも日本軍がつくった軍隊に日本人が惨殺されてては格好がつかんだろう

お前の言う内容が100%正しいとしても、
だ か ら と い っ て 民 間 人 大 量 虐 殺 が 正 当 化 さ れ る わ け が な い
それにお前の持ってくるサイトの人もまるっきり馬鹿だねw

>(ただしこのうち約半数は朝鮮人)

朝鮮人だから何だと言うのか?朝鮮人が殺されたのに日本人が怒るのはダメだってか?
そもそも当時の朝鮮はとっくに日本に合併していて「日本人」そのものである!
わざわざ「(ただしこのうち約半数は朝鮮人)」などと強調する意味など無い!

203 名前: no name :2010/03/24(水) 14:10:43 ID:P+fG+jOu

>情報というのには玉石混交で、どこまでが本物でどこまでがデマか判断は難しい

つまり恵也は「俺様はそれができる唯一の天才だ」と思い上がっているわけかwww
恵也自身が持ち出したサイトのくせに、恵也にとって都合の悪い情報は全て「デマ」として片付け、
都合の良い部分は針小棒大に拡大解釈して「本物」だと主張する
しかも引用元の筆者が予期してないやり方で

それが歴史を語る者の態度かよ?

204 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 14:47:23 ID:gBmREem1

>>192 都合の悪い動画はやっぱり見ないか?この人間の屑の 卑 怯 者 が!

俺のネットでは動画は見れない。
あまりにも田舎で、ISDNさえ圏外なので電話回線しかつなげない。
タダの電話回線で動画を見ろうとしても、そら無理な相談だよ。

暗黙の了解なんて存在してないことの、言替え言葉じゃないのかな。
日本としては敵の首都を陥落させたら、戦争が終わると甘く考えてたんだよ。
蒋介石が降伏してくるのを、日本としては首を長くして待っていただけの話。
むしろ南京虐殺を蒋介石が知って、蒋介石は和平工作をあきらめたもの。

ーーーー引用開始ーーーー
4.松井は蒋介石がトラウトマンによる和平斡旋を拒否したのは、南京での
日本軍の残虐行為が原因であると考えており、そのことを田中に語った。

5.松井は残虐行為をやめさせたいと望んでいたが、あれが精一杯であった
と田中に何度も述べた。

6.松井は田中に、残虐行為の責任者として、中島第16師団長を名指
ししたことがある。

7.松井の部下で田中が責任ある者として名をあげたのは、谷寿夫第6師
団長、佐々木到一第33旅団長。
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=3367;id=sikousakugo

205 名前: no name :2010/03/24(水) 15:01:10 ID:P+fG+jOu

まあ、無知の恵也がどんなに嘘ついても「ルーズベルトは知っていた」ってのは最早歴史の定説ですから
今や「どのぐらい前にルーズベルトは知っていたか?」という段階になってるしw

http://homepage3.nifty.com/yoshihito/pearl.htm
http://blog.goo.ne.jp/bongore789/e/aca58fb81122dc18bcc210be428c07ab
http://www.unkar.org/read/news23.2ch.net/news/1188054764
http://sidenkai21.cocot.jp/m591.html
http://electronic-journal.seesaa.net/article/11318252.html

206 名前: no name :2010/03/24(水) 15:04:41 ID:P+fG+jOu

>>204
Not Foundってなに?Not Foundってwww

207 名前: no name :2010/03/24(水) 15:45:57 ID:P+fG+jOu

>暗黙の了解なんて存在してないことの、言替え言葉じゃないのかな
>日本としては敵の首都を陥落させたら、戦争が終わると甘く考えてたんだよ

ナポレオンはどうしてロシア遠征に負けたの?
サンクトペテルブルグが落とせなかったからだよね?

ヒトラーはどうしてソ連に負けたの?
モスクワが落とせず、またベルリンがソ連に占領されたからだよね?

スペイン内戦はどうやって終わったの?
マドリードが陥落したからだよね?

アロー戦争も北京が陥落したから終わったし、ヒトラーの西部戦線もアムステルダムやブリュッセルやパリが陥落したから終わったんだろうに

何が「暗黙の了解なんて存在してない」の?
この嘘つきが!

>むしろ南京虐殺を蒋介石が知って、蒋介石は和平工作をあきらめたもの

お前「推測」で叩かれたばかりなのにまた同じ事をするのかw
鶏は三歩歩けば全て忘れるそうだが、お前は鶏並みだなw
「考えており」って何?「考えており」って?
しかもお前が「単に中国に詳しいだけ」と矮小化した松井大将の発言だよ?
都合の良い部分は採用する態度はやめてよね?普段は松井大将に敬意なんて微塵も感じてないのに

実際は蒋介石は南京大虐殺など「知らなかった」というのが事実だ
http://shupla.w-jp.net/datas/Nanking.html
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/nanking.html

>「東京裁判」において断罪された被害者数一つ採っても、「南京大虐殺」があまりにも「虚構」である事が分かるのです。
>この時、検察側が起訴状や陳述等に挙げた数字は、
>「員数不詳な数 万」・「概略26万人」・「数万」・「我が同胞27万9586人」・「被殺害者確数34 万人」・・・。
>そして、判決文でも「総数は20万人以上であった」・「十万人以上の人々が殺害され」・・・。
>つまり、「虐殺」されたと称する南京市民の数が確定されていないのです。
>更に言えば、東京・世田谷区とほぼ同程度の面積だった、当時の南京の人口は、外国人記者の記録で15万人、
>最も多く見積もっても25万人だったとされ、その内、国民党軍 (蒋介石 軍)の兵数が3万から5万人。
>と考えると、「市民」の数は20万人前後と言うのが妥当な数なのです。
>ここで「30万人」と言う主張は早くも崩れ去ってしまいました。

208 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 16:16:37 ID:vYkxV9oR

>>197 日清戦争も日露戦争も清やロシアに追いつめられて、日本が戦争を吹っかけた

俺が言ってることが良くわかってないようだ。
「追いつめられて」という言葉で正当化できるのなら、すべての戦争は正当化できる。

アメリカがイラクを占領したのも、大量破壊兵器という幻に追いつめられて攻撃したのだし
アフガンもアルカイダのテロにアメリカがに追いつめられたのだし、攻撃のための万能薬だ。

日本はその万能薬が使えないように、国外に出ての自衛隊使用を憲法9条で禁止したの。
小泉総理のバカタレが破ってしまったけど、残念ながら憲法には罰則規定がない。
軍人にもいろんなのがいるが、総理にもいろんな奴がいるからな。

>>198 南京大虐殺は大嘘。

事実だよ。
嘘といってる人間が、大嘘つき。

ーーーー引用開始ーーーー
逃げ場を失った大群衆が最後のあがきを天に求めたためにできた巨大な
人柱≠ナある。なぜあんな人柱ができたのか正確な理由はわからない
が、おそらく水平撃ちの銃弾が三方から乱射されるのを、地下にはむろん
かくれることができず、次々と倒れる人体を足場に、うしろ手にしばられて
いながらも必死で駆け上り、少しでも弾のこない高い所へと避けようとした
のではないか、と田中(栗原)さんは想像する。

そんな人柱″が、ドドーツと立っては以朋れるのを三回くらいくりかえし
たという。一斉射撃は一時間ほどつづいた。少なくとも立っている者は一
人もいなくなった。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/yamada/kurihara.html

209 名前: no name :2010/03/24(水) 16:49:29 ID:P+fG+jOu

>>208
馬鹿じゃないの?
お前は一方で「日本軍は弾薬も食糧も不足したまま南京戦に行った」と書いた
その同じ日本軍が、人口20万しかいなかった南京で「30万人殺した」のか?
馬鹿か!どこにそんな殺すべき「人口」も「動機」も「必要性」も「弾薬」も有ったんだよ?
弾薬も食糧も枯渇していた日本軍が、原爆二個分の人口30万を殺せた?しかも相手は20万しかいなかったのに?

妄想はチラシの裏でやってくれw

210 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 16:59:15 ID:Dp7rUKEN

>>206 Not Foundってなに?

悪い、HPが死んでいたようだ。
南京虐殺に関する尋問調書での、田中隆吉氏の証言です。

ーーーー引用開始ーーーー
問 南京残虐事件(レイプ・オブ・ナンキン)に松井大将は関係があるか。
答 松井大将が命じたものではないが、彼の部下が史上最悪の残虐行為を
やったのである。
問 松井はそれを知ってやめさせる命令を出したと思うか。
答 あとで松井はわたしに、やめさせるため全力をつくしたが、力が足りなかった、
責任を感じると話した。
問 松井は責任者を処罰したか。
答 イェス。しかし処罰は軽いもので、マネゴト程度にすぎなかった。松井は南京
占領と同時に講和しようと考えていたが、この事件でだめになってしまったと語った。
問 松井は責任者の名前を言ったか。
答 中島(今朝吾)第十六師団長の名をあげ、この部隊は上海の日本商店すら
掠奪した、と怒っていた。
問 他にもいるか。
答 谷寿夫中将、佐々木到一中将である。とくに佐々木が悪かった。
問 陸軍は事件の調査をやったことがあるか。
答 イェス、憲兵隊が実施し、わたしはその報告書を読んだ。
問 それによって軍法会議が開かれたか。
答 十四年春、我々は松井大将、中島師団長を軍法会議にかげるよう主張し
たが、中島(鉄蔵)参謀次長の猛反対で実現しなかった。
問 この件で松井と会ったか。
答 彼は兵務課長だったわたしを二度訪ねてきた。彼は大アジア主義者で米英
との開戦を主張していた。
問 あなたが事件のことを初めて知ったのはいつか。
答 十三年三月頃だ。私は朝鮮で連隊長をしていたが、松井軍の参謀から同
じ師団の連隊長へ移ってきた長勇大佐から聞いた。
問 彼は何と言ったのか。
答 南京東方の鎮江付近で多数の捕虜を殺したこと、兵士たちの強姦があまり
ひどいので慰安所を開設した、と述べた。

211 名前: no name :2010/03/24(水) 17:11:35 ID:P+fG+jOu

>>208
>その夜は片はしから突き殺して夜明けまで その処に石油をかけてもし、

あのさあ、当時日本では「石油の一滴は血の一滴」と言われるほど貴重品扱いだったんだけど?
日米戦争だって、直接的には「石油」が原因で始まったもんだし。

食糧や弾薬も不足したまま南京戦に突入した日本軍が、万単位の人々全てをキレイさっぱり消し去るほど豊富に石油を持っていたっての?
すげー怪しげな証言なんだけどw
万単位の人々をキレイさっぱり消し去るほどの石油って何リットル必要?それとも何ガロンかな?

それに本田勝一の本を引き合いに出している時点で信憑性ゼロですからw
文化大革命当時の中国に行って、一切ウラ取らずに中国共産党の用意した自称被害者の語る内容を垂れ流しただけ
全く歴史的価値の無い駄本だよ

212 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 17:19:55 ID:UShAblyf

>>207 実際は蒋介石は南京大虐殺など「知らなかった」というのが事実だ

間違い!
蒋介石の回想録に南京虐殺の最中の、彼自身の日記が出てます。
南京で大虐殺や蛮行が行われてる事実を、蒋介石は情報として知っていました。

ーーーー引用開始ーーーー
『倭寇(日本軍)は南京であくなき惨殺と姦淫をくり広げている。野獣にも似たこの
暴行は、もとより彼ら自身の滅亡を早めるものである。それにしても同胞の痛苦は
その極に達しているのだ』(一九三八年一月二十二日の日記)
http://www.geocities.jp/yu77799/shoukaiseki.html

>>209 人口20万しかいなかった南京

間違い!
その当時南京では、直近の調査では100万人の人口でした。
戦争の大混乱の中では、正確な人口調査は行われてません。
よって、20万人の南京人口というのは間違い!

無抵抗の降伏した捕虜や市民を殺すのには、大量の弾薬は不必要。
食料さえ不足してた日本軍は、国際安全区委員会が確保していた避難民用の
城外にあった食糧や燃料まで徴発してます。

ーーーー引用開始ーーーー
★第14号文書 (ラーベより日本大使館へ・・・・1937年12月27日)
・・・
中国軍は10万担の米(当方の3万担とは別に)を南京郊外に保管して
おりましたが、その大部分は南京占領の際貴軍の手中に落ちました。
・・・
http://www10.ocn.ne.jp/~war/kome.htm

213 名前: また中国人の工作かよ :2010/03/24(水) 17:25:23 ID:FI6kLmhk

南京事件(なんきんじけん)

天京事変 - 1856年に太平天国軍が天京(南京)で4万人を虐殺した事件。
天京攻防戦 - 1864年に清朝側の湘軍が天京を陥落させた時、老人や女性・子供を含む20万人を虐殺した事件。
南京事件 (1913年) - 1913年に袁世凱配下の張勲の軍隊が南京で在留日本人3名を殺害し、居留民の家屋を略奪した事件。
南京事件 (1927年) - 1927年に蒋介石の北伐軍が南京で起こした外国領事館と居留民に対する暴虐事件。



南京大虐殺 - 1937年に日本軍が南京で起こした虐殺事件。事実存否や規模、殺害人数などを巡って現在でも議論が続けられている。



南京大虐殺548年
東魏の降人侯景、南京(建康)を陥落、徹底的破壊され大虐殺。
589年 隋、陳の南京(建康)を陥落、徹底的破壊。大虐殺。
618年 隋の煬帝、南京(江都)で殺害され、南京大虐殺。 
十国五代時代 戦乱で南京(金陵)大虐殺続発。
1273年 元軍、南京(建康)攻略略奪、南京大虐殺。
1368年 朱元璋、南京(金陵)攻略、南京大虐殺。
1645年 清軍、南京乱入略奪、南京大虐殺。
1842年 英軍、南京突入、南京大混乱。 
1853年 太平軍、南京乱入。腐敗清軍南京略奪。
1856年 天京事変,太平天国軍が天京(南京)で4万人を虐殺した事件。
1862年 ウォードの常勝軍、南京(金陵)乱入。南京大虐殺。
1864年 曾國軍、南京乱入。南京大虐殺。清朝側の湘軍が天京を陥落させた時、老人や女性・子供を含む20万人を虐殺した事件。
1911年 辛亥革命、南京略奪。
1913年 南京事件 - 1913年に袁世凱配下の張勲の軍隊が南京で在留日本人3名を殺害し、居留民の家屋を略奪した事件。
1927年 国民党の国民軍、南京占領。南京事件。     
支那軍、日本等の公使館に乱入、日本人等に陵辱虐殺強奪を繰り返す。
日本政府、隠忍自重する。
支那、日本を侮る。暴戻支那のイメージを情報工作し日本に擦り付ける。
1949年 中共軍、南京乱入、資本家の財産強奪、国民党員金持ちを大虐殺。

すいません、どの南京の事ですか?

214 名前: no name :2010/03/24(水) 17:50:48 ID:P+fG+jOu

>>212
間違いもなにも、当時実際に南京にいた外国人が…日本人でも中国人でもない外国人が「多くて20万」って言ってんだけど〜
お前は当時南京に住んでいた人間より詳しいのかな?

>その当時南京では、直近の調査では100万人の人口でした

その内ほとんどは、蒋介石も軍司令官唐生智も逃げ出した南京に見切りをつけて逃げ出しました
つまり逃げ出すだけの金も食糧も無い貧乏人だけが、当時の南京に残っていたんだよ〜
その数20万としたのは、日本人でも中国人でもないヨーロッパ諸国の人ですから

無知なのは分かったから、さっさと死んで

215 名前: no name :2010/03/24(水) 17:53:07 ID:0cnQ9yhl

ゆとり「俺には関係ない」
〜それから数年後〜
ゆとり「在日に殴られて金全部とられたんだけどどうにかしろyo」
k察「何もないのに電話してくんなクソゆとりが牢屋にブチこむぞ」
ゆとり「あの時もっと真面目に考えてれば・・・ぐすっ」

↑人任せ、自分には関係の無いことだと言い張っていると、こういうことが近い将来起こる

216 名前: no name :2010/03/24(水) 18:13:13 ID:P+fG+jOu

>蒋介石の回想録に南京虐殺の最中の、彼自身の日記が出てます

どこにも「30万人殺された」なんて書いてありませんよ〜
それに蒋介石が一度たりとも国際連盟に「南京大虐殺30万」で訴えに行かなかったのはなんで?どうして〜?
蒋介石自身、南京大虐殺「30万」なんて知らなかったし、知っていても「信憑性が無い」と分かっていたからでしょ〜

そもそも30万人虐殺が本当に有ったなら、当時南京に住んでいた外国人が大騒ぎするはずだ
なのに全く「日本人が南京で30万人殺した」などと大騒ぎしていない
これについて恵也はどう詭弁をもてあそぶのか?
例えば、アメリカ人ティンパーリは以下のように南京について書いている

>埋葬による証拠の示すところでは、4万人近くの非武装の人間が南京城内または城門の付近で殺され、
>その内約30パーセントはかつて兵隊になったことのない人々である

つまり、この話では虐殺被害者数12000人という事になる
戦争で軍人が死ぬのは当たり前なのだから、虐殺数にカウントするのは民間人だけだ
そもそもこの話自体、どうやって軍人と民間人を分けたのか不明だし、中国人には便衣兵というゲリラもいた
従って12000という数ももっと減る可能性もある

どこに30万人殺したと外国人が大騒ぎした報道があるのか?
このティンパーリ氏は中国国民党の顧問で中国贔屓だったのに、30万なんて書いてない

217 名前: no name :2010/03/24(水) 18:50:35 ID:P+fG+jOu

当時南京に住んでいた外国人が作った組織が報告した件数は以下の通り
以下引用

>南京暴行報告分類表(国際委員会の報告)

12月12日〜12月18日
殺人26件、傷害9件、連行334件(複数報告1件)、強姦112件(複数報告4件)、略奪その他30件

12月19日〜1月10日
殺人6件、傷害11件、連行25件(複数報告1件)、強姦115件(複数報告2件)、略奪その他30件

1月11日〜2月7日
殺人17件、傷害24件、連行31件(複数報告1件)強姦84件(複数報告3件) 略奪その他119件(複数報告1件)
【引用終了】

全部ひっくるめても「殺人49件」なんだけど〜?
どこに「30万人という無抵抗の人間を虐殺」した根拠があるの?

しかもこの報告、中国人が報告する通りに言われるままにまとめた物、当然ながら1件もその目で見たものではない
当時外交官補だった福田氏によれば、
事件発生の報を受けて強姦や掠奪の現場に到着したところ、何も無い、住んでいるものもいないということが幾度もあったそうです)

218 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 20:02:21 ID:I/ddZibU

>>207 ナポレオンはどうしてロシア遠征に負けたの?

冬将軍に負けたから。
今から考えると、真冬にロシアと開戦してたらロシアに勝てたかも知れん。
そうしたらフランス革命が目指した民主主義もロシアに根付いたかも知れんね。

ヒットラーも冬将軍には用心してた様だけど、冬が来るのが早すぎたという。
こいつの場合モスクワよりも、むしろスターリングラード攻防戦がポイントでしょう。

もっと大きい失敗の原因は、2000万人もソ連人を殺して進撃したこと。
こんなことをやって、長い目で見ればソ連国民の支持を受けるはずがない。

スペイン内戦はフランコ将軍の人間的な大きさの問題だろう。
対抗者になるライバルが、あまりにも小さ過ぎ名前さえ残ってない。

219 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 20:07:34 ID:I/ddZibU

>>211 当時日本では「石油の一滴は血の一滴」と言われるほど貴重品扱い

これは時期が違う。
南京虐殺の当時は、中国側にはドイツが付き日本とアメリカは貿易が自由で
それほど悪化していず日中戦争を認めると、日本に対する貿易が中断されると
いう恐れがあったために戦争じゃなく「事変だ」とごまかしてアメリカと貿易を続け
なんとか、石油や鉄鉱石を輸入できてました。

真珠湾攻撃後には石油が輸入できず、飛行機の燃料にも劣悪燃料しか使えず
飛行機の最高速度もずいぶん落ちてた様だよ。

南京占領したときには、南京が近代都市だったために自動車などのインフラは整
備され現地調達で徴発して、タダで軍隊は手に入れられました。
徴発というのは軍隊によるカッパライだから、長続きは出来ません。

無抵抗の捕虜さえドンドン殺してたら、軍隊の凶悪さは酷くならざるを得ない。
この捕虜殺害がなければ、無抵抗の南京市民を兵隊が殺すこともなかったろうに。

ーーーー引用開始ーーーー
中隊長が来てくれといふので、そこの藁家に入り、恰度、昼だつたので、飯を食べ、
表に出てみると、既に三十二名全部、殺されて、水のたまつた散兵濠の中に落ち
こんでゐました。山崎少尉も、一人切つたとかで、首がとんでゐました。

散兵濠の水はまつ赤になつて、ずつと向ふまで、つづいてゐました。僕が、濠の横に
行くと、一人の年とつた支那兵が、死にきれずに居ましたが、僕を見て、打つてくれ
と、眼で胸をさしましたので、僕は、一発、胸を打つと、まもなく死にました。

すると、もう一人、ひきつりながら、赤い水の上に半身を出して動いてゐるのが居る
ので、一発、背中から打つと、それも、水の中に埋まつて死にました。
泣きわめいてゐた少年兵もたほれてゐます。
http://www.geocities.jp/yu77799/hinotegami1.html

220 名前: no name :2010/03/24(水) 20:47:47 ID:4j5pq0iY

恵也のアホは動画が見れないらしいので

●「30万人」に学術的根拠ない 南京事件で中国人学者
http://www.nippon-foundation.or.jp/inter/topics_dtl/070131.html

●上海社会科学院:程兆奇
根本的には、私は学者として多くの史料などを読んで感じたことですが、東京裁判は、
やはり多くの問題があると思います。多くの問題を残しております。
http://www.tkfd.or.jp/admin/files/seminar010307.pdf#search='上海社会科学院 程'

動画が見れる人は

 
(3:10から)

221 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 21:29:45 ID:+NcKeyi9

>>214 日本人でも中国人でもない外国人が「多くて20万」って言ってんだけど〜

バカかお前は!!!
20万人という人口を、外国人の立場でどうやって調べるんだよ。

俺が知ってる範囲では、南京を逃げ出す寸前の南京市長が安全区委員会の
方に20万人くらい残ってるのじゃないかという、噂話を残して逃げ出したと聞く。
戦争の大混乱の中では、たとえ元市長さんといえども正確な人口なんて判る
はずもないし最低限、調査員やたくさんの市の職員を動員しないと無理なこと!

ーーーー引用開始ーーーー
、「20万人説」の根拠とされる「国際委員会」の推定値は、「安全区内」を対象
としたものです。占領時にこれ以外の地域にどの程度の住民が残っていたかについ
ては、当時の「国際委員会」文書に明確な言及はありません。
http://www.geocities.jp/yu77799/jinkou.html


>>216 蒋介石が一度たりとも国際連盟に「南京大虐殺30万」で訴えに行かなかったのはなんで

日本軍に南京市を占領されてては、蒋介石には被害者数を調査する手段がない。
蒋介石に調査権が出来たのは、日本が無条件降伏をした1945年8月以降のことだ。

実際に蒋介石政権は、調査権を行使して1年半後に南京軍事法廷の判決を残してます。
こんな事件じゃ、南京の支配権をもってもこのくらいはかかるでしょう。
東京裁判では終戦の3年後に判決を出してるから、倍くらいの時間がかかったわけだ。

ーーーー引用開始ーーーー
遺体を焼却、証拠を隠滅されたものは、単燿亭など一九万人余りに達する。このほか
個別の虐殺で、遺体を慈善団体が埋葬したものが一五万体余りある。
被害者総数は三〇万人以上に達する。
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

222 名前: no name :2010/03/24(水) 21:31:05 ID:mvndKc3s

>>218
>冬将軍に負けたから

バーカ!そんな単純なもんだったら、ナポレオンは再び兵をかき集めてロシア遠征すればいいだけじゃんw
冬将軍以外に怖いものがないんなら、何度でも攻めればいいだろw

>もっと大きい失敗の原因は、2000万人もソ連人を殺して進撃したこと。

その前に、ソ連人の犠牲を強いる形で戦争指導していたスターリンの責任は?
訓練もろくに施さず、そこらの農民にひたすら「人海戦術」させて足止めしたのは、
独ソ戦に限らず朝鮮戦争でだって中国共産党軍はやっていただろうに


>>219
>これは時期が違う

何が違うの?「ほぼ同じ時期」なんだけど〜?
国家総動員法によって石油が貴重品扱いされたのは1938年、
一方、南京虐殺の期間は1937年12月〜38年1月、つまり国家総動員法と同じ年。

で、自分に都合が悪いツッコミは無視するのはやめてちょうだいね?
お前が言う「食糧も弾薬も不足した日本軍」が、どうやって30万も殺せたの?
その「方法」は?そしてその「意味」は?その「理由」は?

223 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 21:31:49 ID:F48O2kbg

>>217 当時南京に住んでいた外国人が作った組織が報告した件数は以下の通り

安全区委員会が日本に対して報告をした件数に過ぎない。
この委員会の目的は、避難民の保護が最大目的であり調査は仕事ではありません。

避難民の保護のために、委員会がつかんだ被害報告件数を日本に訴えてその善処
を日本軍に要求したものに過ぎません。
だからこの件数の1万倍くらいの被害が、南京市民にあったと見るのが大人の常識。
あなたのは子供の論理に過ぎん。

>>強姦や掠奪の現場に到着したところ、何も無い、住んでいるものもいないということが

これは実際にあったと思うが当事者だけど、どれだけ信用できるのだろうね。
強姦や略奪なんて、訴えられたからといって現場に行っても犯行が終わって何時間も
たってる跡を見てるのだし、戦争の大混乱の中で若い外務省官僚に何がわかるんだろう。

ーーーー引用開始ーーーー
この福田氏は、「南京事件」に関して、いくつかの証言を残しています。私の確認できる
限りでは、5種類の「証言」が存在しますので、まずそれを時系列で並べてみましょう。
http://www.geocities.jp/yu77799/hukuda1.html

224 名前: no name :2010/03/24(水) 21:42:20 ID:mvndKc3s

>戦争の大混乱の中では、たとえ元市長さといえども正確な人口なんて判るはずもない

て事は「最近の調査で百万人」というお前は嘘つきだったって事だね(笑)

225 名前: no name :2010/03/24(水) 21:55:50 ID:mvndKc3s

http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

お前の引用したサイトの話は信憑性ゼロだよ

>また日本軍の将校二人が殺人競争をおこない、ひとりは一〇五人を殺したがもうひとりが一〇六人を殺して勝利した

こんな事実はない!
これは毎日新聞記者の創作であった事が証明されている
日本刀一本で何人の人が殺せるか考えてみればあまりにも馬鹿馬鹿しい嘘話だって誰でも分かる

>同月十九日、六〇歳を越えた農村婦人謝善真は、日本軍に中華門外の東岳廟で刀を使って刺殺された。
>そのうえ竹ざおを陰部に挿入され、いずれも残酷非道このうえないものであった

これは日本軍のやった事では絶対に有り得ない!
「犯して、殺して、最後に竹をつっこむ」なんて発想は日本人には有り得ないのだ!
むしろこんな事を好んでやるのは済南事件や通州事件で見られたように「中国人の」風習だ!

つまり一事が万事、「中国人ならこうする」と中国人が妄想した事を、あたかも日本軍がやったかのように喋っているに過ぎないのだ!

226 名前: 恵也 :2010/03/24(水) 22:12:10 ID:v8UVwxlZ

>>222 南京虐殺の期間は1937年12月〜38年1月、つまり国家総動員法と同じ年。

国家総動員法は日中戦争で、戦争資材が足らなくなり作られたものだろう。
南京虐殺が行われた時期にはまだ、アメリカやオランダ、フランスなどからまだ
日本に対する貿易制限が行われてない。

軍事物資の貿易制限が行われてきたのは、日中戦争にたいする嫌がらせで
アメリカなどから行われたもの。
国家総動員法が公布されたのは、1938年4月、実施されたのは5月で南京虐殺が
終わってしまった時期であり、その言い訳は通じません。

降伏して武器を捨てた捕虜や、抵抗しない市民の殺害なんて軍隊にとっては簡単なこと
殺す人数が多いし、兵隊も多いし、いろんな殺害方法で殺してるよ。
殺害した一番大きな理由は、中国軍の源である兵隊になれる男の殲滅だろう。

ーーーー引用開始ーーーー
私の雇つて居ります料理人、それは十五歳の子供でありますが、其の子供が約百名
の中国人と共に、南京の街の城壁の外部に、約五十名づつ二団になつて連れて行か
れたのであります。其の際彼等は手を括られていたのであります。

前で括られ、前の方から日本兵がそれを殺し始めたのであります。
http://www.geocities.jp/yu77799/magee.html

227 名前: no name :2010/03/24(水) 22:15:57 ID:mvndKc3s

http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

第一、これが全部本当だと仮定しても、責任者は死刑になってんだから文句ないじゃん
谷中将以外にも1068人もの日本人が、戦勝国のリンチによって死刑判決を受けている
つまり今さら蒸し返す内容でもない

恵也ごとき無知が戦前日本を批判するために持ち出す資格などはない!
「首都を落とせば戦争が終わる」という当時の常識すら知らずに偉そうに戦前日本を批判する権利など、恵也ごときにない!

228 名前: no name :2010/03/24(水) 22:22:28 ID:mvndKc3s

>国家総動員法は日中戦争で、戦争資材が足らなくなり作られたものだろう

なに?南京大虐殺の頃にはふんだんに石油があったのに、わずか3ヶ月後には足らなくなって「国家総動員法」?
馬鹿も休み休み言ってくれw

少なくとも国家を動かす官僚はお前よりは頭いいですから

229 名前: no name :2010/03/24(水) 22:38:20 ID:4j5pq0iY

恵也のバカは自分に都合がいい証言だけ引用し都合が悪い証言は無視
する低脳だな。

いい加減に中国の国家機関である上海社会科学院の発表に反論しろよ?
●「30万人」に学術的根拠ない 南京事件で中国人学者
http://www.nippon-foundation.or.jp/inter/topics_dtl/070131.html

●上海社会科学院:程兆奇
根本的には、私は学者として多くの史料などを読んで感じたことですが、東京裁判は、
やはり多くの問題があると思います。多くの問題を残しております。
http://www.tkfd.or.jp/admin/files/seminar010307.pdf#search='

230 名前: no name :2010/03/24(水) 22:43:43 ID:mvndKc3s

>強姦や略奪なんて、訴えられたからといって現場に行っても犯行が終わって何時間もたってる跡を見てるのだし、

ハイ、その根拠は?
南京安全区は日本の世田谷区程度の大きさでしかない
急いで駆けつければ「何時間」も必要なわけがない
そして当時南京安全区以外には人は住んでいなかった
蒋介石や唐生智と一緒に逃げ出したのだから
大砲の雨がドンドン来る中「人がいる」と思えるお前の頭はどうかしている

>戦争の大混乱の中で若い外務省官僚に何がわかるんだろう

ならばその当時も現場も知らない、「国民」の意味も分からないキチガイに外務官僚以上の何がわかるんだろう(笑)

231 名前: no name :2010/03/24(水) 22:55:19 ID:mvndKc3s

>>185
>これは意味が違うよ。

少なくとも「外国籍永住者を含む」とかいうお前のバカ定義は「実用」的じゃない事は確かじゃんw
はい、論破〜

>ですから日本という国家を構成してる「外国籍の永住者」

構成していません!
例えば国民主権の集大成たる国会に外国籍永住者はいる?
市町村議会に外国籍永住者はいる?いないよね?
従って外国籍永住者が「国家を構成している」事実はどこにもありまんよ〜

議会に議員を送り込んで、初めて「国家を構成している」と呼ぶんだろw

232 名前: no name :2010/03/24(水) 23:20:19 ID:e/m1Xu+m

>>226
外来種がよくココまで日本語を覚えられたね
何度も証拠を出したり、動画を出したりしてるのにあっさり無視か
それどころか虚言を吐くのかー 
証拠を出せば「信憑性が無い」の一点張りだね 他の事を喋ってみなよそれとも喋れないの?

名前
メール
コメント
新着レスの表示 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50