先の読めないお話作り


■先の読めないお話作り

現在表示しているスレッドのdatの大きさは321KBです。

1 名前: no name :2009/11/29(日) 21:30:57 ID:s9EA1SuI

皆でお話を作りましょう



昔々あるところにおじいさんが


所ジョージが倒れているのを見つけました


おじいさんは所ジョージを・・・・


↑的な。それではスタート


昔々あるところに

773 名前: no name :2010/07/31(土) 11:33:01 ID:IqjsoslZ

一方、大福と格闘中のBOSS達。
ポケットティッシュで鈍くし、
エコバックで動きを止め、
定規で砕き、
コピー用紙で裂き、
銀食器に盛り付ける。

一連を繰り返し、
現れたのは、

シャアこと、味噌買い少女。

「おみそ1キロが198円。おみそ1キロが198円。きのう256円で買ったのに」

BOSS達は攻撃を止めた。
「これは…買い物童(かいものわらし)ね。」
「買い物童、ですか?」
「ええ、そうよ。セールの日、特に火・水曜日にでるやつでね、前の日
に買ったものがセール日で安いのを見て、『ああ、どうして昨日買って
しまったんだろう。一日待てば安かったのに』と言う様な後悔を延々繰
り返しているの。…これを祓うのは、なかなか厄介ね」

774 名前: no name :2010/08/01(日) 13:47:04 ID:3bDLQ+7R

「味噌を……味噌を下されい」
かすれた声がし、BOSSと金田(はんにゃ)の振り返った先にいた
のはお騒がせ異世界ラブカポーであった。
「あ、あんた達!?」
驚愕する彼らの声も脳裏には届いていない様子で、子らは続ける。
「味噌……味噌を……ジーク・ジオン」
「どうすればいいの!?」
金田(はんにゃ)が喘ぐ様に問うと、BOSSは苦悶の表情で叫んだ。
「あんた達!聞きなさい!!」
「……」
ぱたりと子らの声が止んだ。BOSSは畳み掛ける様に言った。
「明日の方が絶対に安いわよ!!」
「あっ」
「ぐう」
途端、びくりと痙攣しながら一声上げると、味噌買い少女の前で、
カポーはどう、と地に伏した。気を失った様である。

775 名前: no name :2010/08/22(日) 01:23:52 ID:QReH6geA

翌日、近くのスーパーへ味噌を買いに行った。
しかし、メキシコ湾原油流出事故が原因で味噌は高騰していた…
理由?……なんやかんやで高騰していた。

776 名前: no name :2010/08/24(火) 01:45:10 ID:GlO3lGCt

すると隣に立っているおじさんが
味噌を段ボールごと買っていった。
不思議に思って聞いてみると味噌買い少女の祖父だとのことだ。
その祖父は昔貿易会社の社長で、ジオン軍に支援物資もしていたそうだ。
おじさんは一礼をして段ボールを抱えて去って行った。
(段ボールごと買っていった理由が聞けなかったな・・・)
その後目的の味噌を手に取り、0,3のシャーペンと小豆味のコーラも買った。
しかし、自転車がパンクしていたため、仕方なく歩いて帰ることにした。


―――まさかおじさんがあのことに関わっているとは
この時は誰も思わなかった・・・

777 名前: no name :2010/09/30(木) 21:57:38 ID:Ehm4SLJy

シャアこと味噌買い少女の祖父は、とある川の土手に腰をおろした

778 名前: no name :2010/10/15(金) 21:58:05 ID:qkyuxIHP

ふと空をみたら飛行機雲が何かしらの文字を描いていた。
それは孫からの追加の買い物の知らせだった。
『味噌は白味噌』
簡潔に用件が語られていた

779 名前: no name :2010/10/15(金) 22:06:35 ID:+j1x1sSW

100万人の右上ユーザー・・・か

780 名前: no name :2010/10/19(火) 01:57:38 ID:IHdIuZvT

「もう、限界じゃないかしら?」
「何が?」
BOSSの急な問いに金田(はんにゃ)は問い返す。
「この物語についてよ。今回がちょうど800。もしキリと言う言葉に相
応しいタイミングがあるというのなら今しかないわ。この機会を逃せ
ばこの物語は永遠にアゲられることも無く、消滅してしまうのよ?!」
BOSSが目に涙を溜めながら叫ぶ。

……全く、こういう奴がたまに入り込んでくるから話が崩壊しがちにな
るんじゃねぇか。 そう金田(はんにゃ)が心の中で囁く。

「で?どうしろって言うんだ?」金田(はんにゃ)は問い返す。
「だから、その具体案、つまりテコ入れの方法を考えよう!!って言い
たいのよ。」
BOSSが他の皆を見渡しながら答える。
「テコ入れか…そんな言葉久々に聞いた気がするよ。」
「だな……いや、テコ入れなんて俺は専門外だ。」
相川と明神が交互に答えた。

考える皆を見ながら金田(はんにゃ)は提案した。
「じゃあ、とりあえず皆に聞けば良いんじゃないですか?」
   _間_
「え?金田(はんにゃ)君。君の言う皆って誰?」
BOSSが代表して金田(はんにゃ)に聞いた。
「じゃあ、とりあえず私から言わせて貰おうかしら?」
そこにいたのは、金田【はんにゃ(直美)】だった…

781 名前: 削除済 :削除済

削除済

782 名前: no name :2010/10/31(日) 02:21:37 ID:5+Ql1B2X

 彼女は後悔していた。激しく。いや、ぶちまけると言った表現の方
が良いだろうか。
 明神を中心に進んでいた戦いに終止符が打たれてから2ヶ月。
ある一つの信念の元集まっていた彼らは、その役割を終えバラバラ
になった。

明神の死。

という代償を払い戦いは終わった。そして物語も終わりへと向かって
いた。  向かうはずだった。

いわゆるエピローグというものがもしこの物語にあるのだとしたら、こ
の<<782で語られるはずだった。

しかし、彼女の元に届いた情報で状況は一変した。


何者かの手によって<<781は削除された、と。

783 名前: 削除済 :削除済

削除済

784 名前: no name :2010/11/04(木) 23:44:36 ID:fnAkP/yf

2010年 11月4日 AM 04:52 相川宅

相川は携帯のけたたましい着信音に起された。ベッド側の
時計を見て時刻を確認する。自然と舌打ちが出る。
「はい。相川。」
ぶっきら棒に電話に出た。普段はこんな乱暴に出る事は無
い。相手がわかってるからこその対応である。
「あ。相川さん。小鳥遊です。もしかして今起きました?
おはようっス。仕事の依頼ですよ。」
電話の向こうでシャキシャキと話す男がいる。相川とは1つ
しか年の差は無いが、この男はいつもこうである。いや、元
気過ぎる。むしろ、自己PRでは短所として評価されるべき
だ、と相川は常々思うわけである。若いって良いなぁ、等と
自分をクールダウンさせつつ
「依頼?ったく、今何時だと思ってんだ。そういう報告は事
務所で良いだろ。だいたい  。」
「依頼人がいらっしゃってます。」
1つの年の差を有効活用しようと、えらそうに説教を垂れよう
とする相川を遮る様に小鳥遊は答えた。
「いる?何処に?  え?今、事務所にいるの?」
相川は再度時計の時刻を確認しながらが訊く。
「1時間後に来れます?出来るだけ早く来てもらえるとありが
たいです。いや、今すぐ来てください。」
「わかった、わかった。30分ぐらいで向かう。それまで、依
頼人の相手をしといてくれ。あと、一応だが用心しろよ?」
「ええ。その辺りは心得てます。ですけど、依頼人は女性の
方ですよ。」
「女? なら、尚更用心しろ。すぐ向かう。」
そう言うと、相川は電話を切った。
さて、とりあえずコーヒーでも飲むか。いや、依頼人が女性
であるならば、シャワーを先に浴びとくか。
相川はタオルを片手に風呂へ向かった。

785 名前: 今後の特定アジアとの付き合い方 :2010/11/05(金) 15:13:36 ID:/OP9/NFL

特定アジア・・・中国、韓国、北朝鮮
日本独自で孤立を目指すか 実質、鎖国 右派寄り 
連携協力関係(共同体構想)を目指すのか  左派寄り

786 名前: 削除済 :削除済

削除済

787 名前: 削除済 :削除済

削除済

788 名前: ??? :2010/11/05(金) 20:30:22 ID:7T+Vv1+i

ナニヤッタテンネン?

789 名前: no name :2010/11/06(土) 23:42:38 ID:tLk+RqTN

2010年 11月4日 AM 05:27 相川事務所

事務所前まで来て相川は立ち止まった。ココに来るまで、事務所
の周辺を念入りに調べて来た。職業柄。依頼を受ける時は逃走経
路を確保してから、仕事場へ向かうのが相川の習性となっている。
事務所の中からは笑い声が聞こえてきた。どうやら、小鳥遊の接
客とやらは上手くいってるようだ。相川は警戒のスイッチを切り
ドアノブを捻った。
小鳥遊と依頼人の女性はテーブルをはさみ、向かい合ってソファ
に座っていた。だが、相川がまず驚いたのは、依頼人の女性が予
想よりもはるかに若かった事だ。依頼してきた時間帯から、モン
スターみたいなオバサンを想像していたのだが、そこにいた女性
は若く。しかも美人だった。
「相川さん。来るの遅いっスよ〜。30分普通にオーバーしてま
すよ〜。」
面を食らって立っていた相川に気付いた小鳥遊が声をかける
「・・・遅れて申し訳ありませんでした。身なりを整えるのに時
間がかかってしまいまして、あ。申し遅れました。わたくしが相
川守です。」
小鳥遊の言葉をガン無視して答える。スーツでパリッと決めて、
シャワーを浴びたのも正解だったな。等と考えながらソファに腰
を下ろす。
「いえ、そんな・・・こんな非常識な時間帯にこちらに来た私が
悪いんです。」
慌てて手を振りながらその女性は答える。相川がチラリと横に座っ
ている小鳥遊を見る。
「あ・・・依頼人の月見里(やまなし)さんです。月見里香さん
です。」
小鳥遊も慌てて答える。
相川は月見里を一瞥した。新調したてのスーツを身に纏い。髪は
セミロング。おそらく20代前半だろう。化粧は薄い。色白で清楚
な女性。・・・正直、好みのタイプである。
「それでは、早速依頼の話に入りたいと思います。どのようなご
用件でしょうか?」
疚しい考えに入る前に相川は仕事脳に切り替える。

790 名前: no name :2010/11/07(日) 00:07:37 ID:0hNzc9cJ

少し間があった。そして、スッと相川を見据えて月見里
は口を開いた。
「お願いします。母を見つけ出して欲しいんです。」
「み、見つけ出す?」
相川と小鳥遊は同時に応えた。というか、小鳥遊は依頼
の内容を聞いていなかったのか。この30分間何をして
いたのだろう。
「お母様を探し出して欲しい。その様なご依頼でしたら、
私共より警察という機関をお訪ねになった方が良策かと。
なにせ捜索能力が桁違いに高い。こちらはたった2人で
すから。」
相川はこれでもかと言わんばかりの笑みを浮かべ答える。
小鳥遊がその笑顔にヒイている様子が視界の隅に映った。
「・・・その・・警察へは行けない事情があるんです。」
「ほう・・それはまた。どのような?」
申し訳なさそうに呟く月見里に間髪いれずに訊く。勿論、
相川が想定した通りの回答だった。警察へ頼めるならそ
ちらの方が遥かに安全であり、確実だ。それをせず、こ
ういう如何わしい所へ来てる時点で曰くつきの事情があ
るのは言うまでも無い。
「その前に、見て頂きたいのがあるんです。」
そう言うと、月見里はカバンの中からノートPCを取り
出し、電源ボタンを押した。

791 名前: 削除済 :削除済

削除済

792 名前: no name :2010/11/14(日) 23:44:29 ID:ibT3zekN

月見里のPCが起動している間。相川の中で嫌な思考が拡がっていた。
またか・・・
大概、こういう時は例の掲示板がらみの話である。いい加減、関連性は無い
。と、ハッキリ言っておきたいわけなのだが・・・
そう考えながら、相川はふと小鳥遊を見る。
そう言えば、この男も例の掲示板を見てココに来た男である。
2ヶ月前まで続いていた戦いを掲示板で見て感動した、是非仲間に入れて欲
しい。そう言ってきたのが2週間前。
今は大学生らしいのだが、ココのところ毎日朝から来ている。だから真偽の
程は定かではない。そして、それを確かめる気も無かった。
ただ、ネットの掲示板の情報からココを突き止めた、という情報収集能力を
評価して雇う事にした。
実は相川が人を雇うのは今回が始めてである。
元々、人と「きょうどう」する。という行為自体好きではないし、雇うとい
う人の上に立つ立場も好きではないからだ。
だから、今回の雇用の話は相川の中では革命だ。と言っても過言ではないの
である。

793 名前: no name :2010/11/17(水) 21:18:27 ID:TQvuc9kh

そこへ窓ガラスが突如揺れだした。
何事がとカーテンを開くと窓ガラスに依頼主のペットのオラウータンの頑五郎が「キーキー」と鳴きながら今にも窓を破壊しようとしていた。
戸惑いを覚えつつ襲われたときの為にシザーを構えた。
その時!!

794 名前: no name :2011/02/20(日) 09:31:37 ID:lxgT+ahs

乾いた銃声と共に頑九郎が窓から血しぶきを上げながら弾き飛ばさ
れ、ロープを手にした、突入部隊と思しき装備の一団が次々に飛び
込んで来る。
「ええと何だったかしら……頑九郎ー!?」
黒子の差し出す台本を眺めつつ依頼人の月見里が叫んだが、彼女も
アサルトライフルの銃口を顎に突き付けられ、黙り込む。
同じ様にホールドアップされている相川と小鳥遊。身動きすれば、
全員が口を封じられるだろう。
フルフェイスの一人が銃口を向けたまま沈黙を破った。
「相川まもるんだな?」
「いえ、違います」
「嘘をつけ、この野郎!」
相川をホールドアップしていた別の一人が、素早くライフルの銃把を
彼の腹に叩き込み、正直者の相川は地べたに這いつくばる羽目になっ
た。
「お、おかしくなっちゃう……!」
「もうおかしいだろ。特に頭が」
「くっ、何処でそれを……」
自分の交友関係で口の軽そうな者を思い浮かべる相川に構わず、彼に
名を訊ねた男が指示を出した。
「おい、立たせろ」
腕を掴まれて引きずり起こされる相川は顔をしかめながら言った。
「おい、ご婦人の前でハレンチ行為は勘弁だぜ?」
「そんなつもりはない」
「えっ……ははーん、つまり衝動的にやっちゃう訳か、下衆が」
「アホか!」
今度こそ相川に訊ねていたフルフェイスの男の拳が彼の顎を的確に
捉え、相川は昏倒した。

795 名前: no name :2011/02/20(日) 17:33:51 ID:Vwe7/71q

話として成立して無いから先が読めないんだよな
ある意味スレタイの通りか。2chなクヲリティーは期待できないのね・・

796 名前: no name :2011/03/13(日) 14:29:26 ID:zKjb2Mb9

なんとなくアゲ

797 名前: Mr、T :2011/03/13(日) 15:42:19 ID:wFUbbY4t

とあるある日いつものようにすごしていたエリンがいた・・・。
エリンがおもった
「こんな世界から出たい」とおもった・・そのとき!!天変地異がおこりエリンもまきこまれた・・・。
エリンが目を覚ますと・・
そこはエリンのみたことのないせかいっだった、まるでエリンの創造していた世界だったエリンは、喜び走り回ったその時ある老夫婦が歩いていたのでエリンは、話しかけた
「ここはどこですか?」
「ここは昔はエリアルの国と呼ばれていたけど今では殺人島と呼ばれているんだよ」
「なぜそんな風な名前がついたのですか」
とエリンは、聞いた。
老夫婦は答えた
「なぜかってそれはねある人がこの島で殺略ゲームをしたんだよ、参加したくなくてもこの島の者は強制的に、参加させられてたくさんの人が死んだそれは今でも続いているんだ私たちはなんとかして逃げてきたんだ」
エリンは、逃げ出したくなったしかし逃げている途中に殺されるのはいやだと思いどうしようもできなかった。
エリンは思った
「私はこんな世界を望んだんじゃない」と
次ぎえ続く

798 名前: no name :2011/03/13(日) 16:23:58 ID:ixEtLsqm

エリンは老夫婦を問い詰めた。
「貴様たちが私をここに呼んだのかッ!?」
老夫婦は答えた
「そうじゃ。お前さんがこの世界から出たいとおもっとったようじゃからのう・・・」
「ふざけるな!元の世界に戻せ!」
エリンは老夫婦に叫んだ
「無理じゃ。いっか生きてしまったからには、
もう戻r「いい年して厨二病なのはわかったからはやく元の世界にかえせぇぇぇぇぇぇぇ!!!」
「……はい……」

こうしてエリンは元の世界に戻りました。
するとそこは戦場のど真ん中!

はたしてエリンの運命は!?

>>799に続く

799 名前: Mr、T :2011/03/13(日) 16:26:28 ID:wFUbbY4t

うえのやつはうそですよ

800 名前: Mr、T :2011/03/13(日) 16:41:42 ID:wFUbbY4t

本当の続くはこれです
エリンは老夫婦に聞いた
「あなた達はどうやって逃げたのですか」と
「それは・・・ほかの者達の死で生き延びたのだよ」
エリンは思った
「私、この人たちについていくと殺される」と
老夫婦が聞いた
「私達と一緒に行動しよう」と
エリンは言った
「いいえ、けっこうです」と
老夫婦が言った
「ついて来なさい」と
「いいえだいじょうぶです」
その時老夫婦の感情が変わり
「いいからついて来いっていてんだろ!!」
と言ったエリンは怖くなり逃げ出した。
中略
そしてエリンは目を覚ました。
そしてこう思った
この世界が一番いいと・・・

801 名前: no name :2011/05/17(火) 00:55:55 ID:UZQp1n79

このスレの管理者からこのスレの話をどうにか進めてくれないかと言う催促の
メールが届いた。
エリン、相川、じゅげむ…etc.
いろんな方との連絡が取れず、私だけ連絡が取れたという事らしい。
私だって、暇では無いと言うのに。

先日、ウチの課に持ち込まれた難事件が解決せず長引いている。
世間にはまだ、公表されてない案件ではあるが…まぁ、ここで話す事に問題は無
いだろうと思う。
それに、ここで話す事で何か事件に関するヒントが得られ…そんな事はないか。
とりあえず、私と上司の2人しかいないこの「特殊事件捜査管理課」に舞い込んで
きた事件のあらましでも語って、時間を稼ぐと言うのもありだと思い、管理者側の
要求を引き受ける事にした。

出来れば、ここに書かれた話は外で話す事控えてもらいたい。マスコミに嗅ぎつか
れ、ややこしい話になるのはうんざりだ。余計な仕事を増やしたくない。
(その辺り、管理者の方が何とか対処してくれますよね?)

私の自己紹介がまだだった。
このスレで何故か何度か出てきている相部満子、ただの刑事だ。
半年前に明神を捕まえられなかった責任を負い、今の課に異動してきた。

802 名前: no name :2011/05/17(火) 03:53:18 ID:D4pvLz7K

あげるよ

803 名前: no name :2011/05/17(火) 05:09:34 ID:Go7BpAkP

先の読めないお話
「お話の続き書いたぞー」
「ふむ。どれどれ…… 字が汚くて先が読めねぇ……」

804 名前: no name :2011/12/24(土) 15:36:32 ID:2G/soAzN

「サンタ?サンタってあのサンタ?」小鳥遊は確認する。大事なことなので。
「そう。1日だけ働くと言われる伝説の爺さんだよ。」
相川はまた面倒臭そうに答える。
「相川さん、爺さんには見えないっスけど・・・」
「特殊メイクして出かけてんの。さすがに地肌は見せられんわな。」
12月24日 AM6:00
この日は、小鳥遊に相川が「俺サンタだから。」と言う理由で仕事を全面的に
任せる。
と言うジョークから始まった。

「サンタの仕事ってどんな事するんスか?」当然、納得のできない小鳥遊が食
い付く。
「お前、信じてないだろ・・・」相川が冷めた視線で小鳥遊を見た。
「当たり前じゃないっスか。昨日の夜、明日は早めに来いと言い。来たらいき
なり俺サンタだから今日の仕事は頼む。・・・は無いっスよ。さすがに馬鹿な
俺でもわかりますゥ。」と、ドヤ顔の小鳥遊。
「馬鹿なお前に何がわかるんだ。あのな・・・サンタって世間的にはいないっ
て事にされてるけど、本当にいるんだぜ。」
「いないですよ。プレゼントって、アレ親が用意してるんじゃないっスか。」
「それはサンタの負担減らす為だよ。年々サンタ人口が減ってるから、サンタの
負担減らす為に協力してもらってんの。で、サンタ達は世界中の親のいない子供
達にプレゼント配ってんだよ。」
相川の理に適っていそうな論述に一瞬論破されそうになる小鳥遊。
「いや・・・でも、空飛ぶトナカイなんて見たこと無いし・・・」
「なんだ?イブと言う今日。何か予定でもあるんですか?」相川がえげつない質
問をしてくる。
「無いですけど、何か?・・・それは、相川さんも知ってるでしょ。ただ、その
理由が気に入らないだけですよ。普通にデートとかで良いじゃないっスか。なん
で、そんな嘘つくんです?」
不貞腐れ。自暴自棄。なんかそんな言葉が似合う小鳥遊になっている。
それを見るに見かねた相川が
「わかったよ。じゃあ、ついて来いよ。お前には今日、俺の護衛してもらうわ。
護衛しながら俺の仕事ぶりでも見てな。」
「・・・護衛?護衛って何の脅威から相川さんを守るんスか?」
「そんなん決まってるだろ。サンタ狩りする連中からだよ。」
何を当たり前な事を。そんな事を言いたげな顔をする相川なのであった。

805 名前: 無有 :2011/12/24(土) 16:52:01 ID:1gqQPRpO

「やだよ」
瞬時に断られてしまった。

806 名前: no name :2011/12/30(金) 15:59:04 ID:0S+39bvk

「いいよ」
瞬時に了承した。

807 名前: no name :2012/05/12(土) 11:02:41 ID:HOvwE3rA

12月24日 AM11:25

結局、サンタの仕事と言う名目で相川は出掛けてしまい。
一人寂しくクリスマスを過ごす予定だったはずなのだが・・・
現在、小鳥遊はある依頼の関係で近くで営業しているCafe「Vacancy」にいる。

808 名前: no name :2012/07/21(土) 21:54:41 ID:szGhY4w4

店内には相変わらず誰も居ないようで、小鳥遊はカウンター席に腰を下ろした。
チラッと腕時計を見る。指定された時刻にはまだ早いようで、時間潰しにと雑誌
に手を伸ばす。
「2ヶ月ぶりの更新かい?」
Vacancyのマスターが小鳥遊に語りかけた。
「うるせぇ…コッチもいろいろと忙しんだよ。」
小鳥遊がムスっとした顔で答える。
「そんなムスっとしたお客さんには……はい。ブレンド」
「頼んで無ぇーよ。」
「喫茶店に来て何も頼まないつもりかい?お代はツケでいいからさ。」
「そこで「今日は僕の奢り。」とか言うのがさ…」
ぶつぶつ言いながら、アフォードされるように小鳥遊はカップに口をつける。
寒いのだ。アツいコーヒーを出されたら誰でもそうするだろう。
小鳥遊渾身のいいわけである。

809 名前: no name :2012/07/22(日) 21:58:17 ID:l/r0qM7p

猫舌なのにアツいコーヒーをがんばって飲み干しつつ2年の月日が過ぎた・・・

810 名前: no name :2012/07/22(日) 22:15:05 ID:pZka8tXP

    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-


                          /⌒ヽ   _,,-''"
                       _  ,(^ω^ ) ,-''";  ;,
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
                     (.゛ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ

811 名前: no name :2013/01/25(金) 01:36:09 ID:0qeyBwZk

やれやれだぜ・・・

812 名前: no name :2013/01/26(土) 01:55:06 ID:JsnlA3qt

???「突然終わらせてすまない、終わりにしたのはこれ以上書くと執筆者の命が持たないからだ。
・・・ん?どうして命が危ないんだ、だと?それは書いた本人にしか分からないよ。
・・・おっと、この物語には関係ない話をしてしまったね。
次からは・・・そうだな、丁度いい、これを見ている人にやってもらおうとしよう・・・『先の読めないお話』を」

813 名前: no name :2013/01/26(土) 02:43:18 ID:GOripWIX

         /^>》, -―‐‐<^}
       /:::::::/,≠´:::::;::::::::ヽ.
.      /:::::::〃:::::::::/}::::丿ハ
     /:::::::::i{l|:::::/ ノ/ }::::::}
      /:::::::::::瓜イ-‐ ´ ‐ ,':::::ノ
.     /:::::::::::::|ノヘ.{、 ( フ_ノノイ   おしまい♪
   /:::::::::::::::| /}`不´} ::::::::

814 名前: no name :2013/01/26(土) 13:21:09 ID:wL8XQmW+

実は終わる終わる詐欺でしたとさ おしまい♪

815 名前: no name :2013/01/27(日) 19:08:50 ID:w3F5VMVv

とにもかくにもだ。兎にも角にも…「おわり」と「おしまい」
の話をするとするならば、尾張の美しいお姉妹達の話は、しなけ
ればならないだろうな。いや、是非やらせて欲しい。

上から瑠夏、燐、未来、あとは…誰っだったかな?
なんか織田っちが
「天下布武ゥ〜ゥ↑」
とかブイブイ言わせていた頃、尾張の右上の方で慎ま
しく暮らしてたんだよな。

ところがだ…

816 名前: no name :2013/02/10(日) 15:29:42 ID:H6lp91/S

チェック

817 名前: no name :2013/10/22(火) 22:39:34 ID:ngBTa38L

お ま た せ

818 名前: マリオ :2013/10/23(水) 02:14:43 ID:gak0s2xk

24日の2時からシルチケで予約枠をとったのですが、メンテナンスの関係でできなくなったのですが、シルチケの返還とかしていただけないんでしょうか?
早めの返答お願いします。

819 名前: クッパ :2013/10/25(金) 10:03:37 ID:e8A2xbtE

と言われたところで目が覚めたのだ。
ピーチよ、お前はどんな夢を見たのだ?

820 名前: no name :2013/10/25(金) 21:39:50 ID:nNaGOp7h

ピーチ・・・?
・・・あぁ、確か前世の俺が女だった頃の名前だったな
ピーチ・・・ピーチ・・・


桃食べたい(´・ω・`)

821 名前: no name :2013/10/27(日) 23:13:48 ID:4YRkU7GY

    ―― [] []
   | l ̄ | |
   |_| 匚. |
      | |
       |_|     / ̄ ̄ ̄\
          / ─   ─ \
 [] [] ,-,  /  (●)  (●) \
   //   |    (__人__)     |
 匚/  / ̄ヽ\     `⌒´   /  ,.r-、  桃買いに行こ        /              ⌒\  P{三)
    /ヽ/^y          /\  \/\ノ
   (、、J   |        /   ヽ /  /
       /       /     \___/
从从   (        /
Σ  ヽ、  へ      \
Σ  /  ̄   \     \
Σ_ノ \、__ / \      ヽ
            \    〉
            /   /
            /   /
           /  /
           \二フ

822 名前: no name :2013/10/31(木) 01:35:38 ID:oSb8sEwS

つヘイストピーチ

823 名前: no name :2017/04/25(火) 15:07:15 ID:Or31alYu

早い(小並感)

名前
メール
コメント
新着レスの表示 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50